1/23ページ

このカタログをダウンロードして
すべてを見る

ダウンロード(19.5Mb)

【今さら聞けない基本から解説!】ステンレス容器の配管用継手

ハンドブック

ヘルール継手、ねじ込み継手、フランジ継手、チューブ継手… 今さら聞けない「継手の基本」から、各継手の取り付け事例まで詳しく解説した、継手の選定ガイドです。

ステンレス容器や配管に欠かせない継手に関する技術小冊子です。
ステンレス容器をご検討中の方や、新人研修・社内勉強用に最適な技術資料です。

第 1 章 容器と設備をつなぐ陰の立役者!各継手の特長をご紹介

1-1 へルール継手
1-2 ねじ込み継手
1-3 フランジ継手
1-4 チューブ継手

第 2 章 各継手のメリット・デメリット一覧

第 3 章 目的別!継手の選定ガイド

部品等を取り外すことがある / 部品の数を少なくしたい /
コンタミや異物混入を防ぎたい/コストを抑えたい /
がっちり固定したい / チューブを取り付けたい

第 4 章 継手の取り付け事例

4-1 アルコール供給容器
4-2 100ml加圧容器 ヘルールタイプ
4-3 加温ジャケット付傾斜底容器
4-4 薬液噴霧用圧力容器

第 5 章 よくある質問

第 6 章 用語の解説

紙の冊子をご希望の方は、ホームページの請求ページよりご請求ください。

このカタログについて

ドキュメント名 【今さら聞けない基本から解説!】ステンレス容器の配管用継手
ドキュメント種別 ハンドブック
ファイルサイズ 19.5Mb
登録カテゴリ
取り扱い企業 日東金属工業株式会社 (この企業の取り扱いカタログ一覧)

このカタログの内容

Page1

ヘルール継手、ねじ込み継手、フランジ継手、チューブ継手… 今さら聞けない「継手の基本」から、 各継手の取り付け事例まで詳しく解説!
Page2

概 要 ステンレス容器を貯蔵容器以外に使用する場合、使用目的により容器に対して様々な要求が あります。 容器への材料の投入や、容器から製造機器へ材料を排出するために、配管用の各種継手類 を取り付けて使用しています。 ここでは弊社のステンレス容器で多く使用している様々な継手類について解説いたします。 ただし、ここに書かれているのは一般的に知られている各種継手類の紹介になります。 材料や用途により、これ以外にも多くの種類の継手があります。 容器をご検討の際には、目的等に合った最適な部品や周辺機器をご提案いたします。 この解説書をステンレス容器ご検討時の参考にして頂ければ幸いです。 ご注意 この解説書は継手製造メーカーからの協力により作成されたものではなく、今までに弊社の ステンレス容器で使用してきた継手類についてまとめた物です。 あくまでステンレス容器に必要な継手の一部を簡単に書きましたので、様々な用途にあった 部品や機器の全てを網羅できてはおりません。 疑問やご指摘等がございましたら弊社までお問い合わせください。
Page4

目 次 概 要 第 1 章 容器と設備をつなぐ陰の立役者!各継手の特長をご紹介 1-1 へルール継手 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 1 1-2 ねじ込み継手 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 4 1-3 フランジ継手 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 6 1-4 チューブ継手 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 8 第 2 章 各継手のメリット・デメリット一覧 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 10 第 3 章 目的別!継手の選定ガイド ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 11 部品等を取り外すことがある / 部品の数を少なくしたい / コンタミや異物混入を防ぎたい コストを抑えたい / がっちり固定したい / チューブを取り付けたい 第 4 章 継手の取り付け事例 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 12 4-1 アルコール供給容器 4-2 100ml加圧容器 ヘルールタイプ 4-3 加温ジャケット付傾斜底容器 4-4 薬液噴霧用圧力容器 第 5 章 よくある質問 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 14 5-1 ヘルール単体、パッキン等の購入はできますか? 5-2 使用しているメーカーはどこですか? 5-3 継手のメーカーを指定することはできますか? 5-4 ヘルール付きの製品を、ねじ込み継手に変えて製作できますか? 5-5 1.5Sのヘルールに1Sのヘルールを接続したいのですが、可能でしょうか? また、クランプバンドとパッキンはどのサイズを選定すれば良いでしょうか? 第 6 章 用語の解説 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 15 6-1 管用テーパーねじ、平行ねじ 6-2 サニタリー 6-3 シールテープ 6-4 パイプとチューブ 6-5 レーティング 6-6 IDF規格
Page6

第1章 容器と設備をつなぐ陰の立役者!各継手の特長をご紹介 1-1 ヘルール(フェルール)継手 ヘルールとは、組み付け・分解が簡単で洗浄が容易な継手です。 「サニタリー配管」「サニタリー継手」とも言われています。 ヘルールは接続部に溝があり、十字形状のガスケットを間に 挟んでクランプバンドで締め付けて固定します。 締め付けは手締めで簡単に固定でき、工具が要りません。 パッキン 溶接ヘルール ヘルール取り付け例 両ヘルール 両ヘルール クランプ クランプ 溶接ヘルール ○用途 工具不要で組み付け・分解ができるため、洗浄等で取り外しの多い部分に使用されます。 ヘルールの配管内部には凸凹がなく洗浄性に優れており、液だまりもしにくいため、異物混入や 菌の発生のリスクを抑えます。 このような特長から主にサニタリー仕様の医薬、化粧品、食品関連等で使用されています。 また、ヘルールは低圧、低真空用にも使用できます。 ○規格 ・IDF/ISOサイズ (ステンレス鋼サニタリー管) 弊社ステンレス容器で主に使用している規格になります。 弊社使用サイズの例 呼びサイズ 1S 1.5S 2S 3S 4S 内径 (ID) mm φ23 φ35.7 φ47.8 φ72.3 φ97.6 (IDF・・・国際酪農規格 ※廃止 ISO・・・国際標準化機構) 1
Page7

・ガス管サイズ (配管用ステンレス鋼管 JIS) メーカーによって寸法が異なる場合があるため、同じメーカー品で組み合わせます。 弊社使用サイズの例 呼びサイズ 10A 15A 100A 150A 200A 内径(ID) mm φ14 φ17.5 φ108.3 φ158.4 φ208.3 ・その他の規格 国によって3A規格/DIN規格/SMS規格等が使われています。 海外製の機器等と接続する際には注意が必要です。 へルール選定時の注意 同じ規格でもメーカーや種類により寸法、締め込み部分の角度が異なる場合があり、 異なるもので接続した場合、液漏れ等の問題が生じる可能性があります。 新規にタンクや周辺部品を購入する際には、既存の設備のヘルールの規格・サイズや メーカーを把握した上で、同じものを選定しましょう。 ○周辺部品 ヘルール継手を使用する際に必要な周辺部品です。 ガスケット クランプバンド ヘルールの形状・サイズに合わせて十字形状や 加圧容器にも使えるように丈夫にできています。 ツバ付き、網付き等があります。 メーカーやサイズにより形状は異なります。 ○材質 ヘルール材質:SUS304、SUS316L ガスケット材質:弊社では白色のシリコンガスケットが標準ですが、PTFE/フッ素ゴム/EPDM/NBR/ サニクリーン等、内容物や用途に応じて材質を選定します。 色付きのガスケットや金属製のガスケットを製作しているメーカーもあります。 クランプバンド材質:弊社ではSCS13(SUS304相当の鋳鋼)製の鋳造品を主に使用しています。 2
Page8

○形状 ヘルール継手には様々な形状があります。用途に応じて最適な形状を選択します。 溶接へルール 片ヘルール付パイプ 両ヘルール ヘルールエルボ ヘルールチーズ 片方にヘルールが付 片方がヘルール、片方 ヘルール同士をつなぐ 下部排出の容器から 1方向から2方向へ流 いた継手です。溶接に がストレート形状のステ 中間継手です。サイズ 横の配管へ接続する 路を分岐する際に使 てタンクに取り付けま ン レ ス パ イ プ で す。 変 換 用 に 両 端 の ヘ 際等、流路を曲げる際 用します。 す。 溶接にてタンクに取り ルールサイズが異なる に使用します。 付けます。 レデューサーもありま す。 ヘルールキャップ ソケット型ジョイント ニップル型ジョイント フランジ型ジョイント ホース口 配管や部品と接続しな ニップルをヘルールに ソケットをヘルールに フランジをヘルールに ヘルールとホースを接 い場合等、末端の閉鎖 変換します。ねじ込み 変換します。ねじ込み 変換します。 続します。抜け防止の に使われます。 継手の圧力計等に使 継手のボールバルブ 凹凸(タケノコ)があり、 用します。 等に使用します。 柔軟材のホースをホー スバンドで締め付け固 定します。 ○関連製品 ヘルールを使用している製品をご紹介します。 ワイパー付のぞき窓 偏心投入ホッパー ヘルール式広口ボトル 流入管 ヘルールオープン加 圧容器 ヘルールに取り付けで 通常のホッパーよりも クランプバンドで締め 容器へ液体を静かに きる、ワイパー付きのの ブリッジ・ラットホールが 込む、気密性に優れた 流し入れて、泡立ちや ストレート形状で洗浄し ぞき窓です。 発生しにくい偏心形状 ステンレスボトルです。 跳ね返りを防ぎます。 やすい加圧容器です。 のホッパーです。 3
Page9

1-2 ねじ込み継手(ニップル・ソケット) 「おねじ」のニップル継手と、「めねじ」のソケット継手を 片ニップル継手 ソケット継手 組み合わせて使用します。 テーパーおねじ(R) 平行めねじ(Rp) 頑強な固定方法で、ほとんど外す事が無い配管に 使用します。 PTFE製のシールテープや液体シール剤を おねじに巻き付けてから締め込みます。 継手類組立例 組み付けには、スパナやパイプレンチを使用します。 ねじ込み式 ねじ込み式 安全弁 ボールバルブ ○用途 チーズ あらゆる配管部分に使用されています。 ただし、真空配管では低真空~中真空の領域にしか ロング 両ニップル 両ニップル 用いられていません。 ○構造 管用(くだよう)ねじの種類には「テーパーねじ」と「平行ねじ」があります。 弊社は耐密性を目的としていますので、「管用テーパーおねじ(R)」「管用テーパーめねじ(Rc)」 「管用テーパーねじ用 平行めねじ(Rp)」を使用します。 組み合わせは「(R)+(Rc)」 と 「(R)+(Rp)」になります。 「管用平行おねじ(G)」と「管用平行めねじ(G)」もありますが、こちらは機械的な結合を目的とした 組み合わせのため、シールテープによるシールができず漏れの原因になります。 ○一般的なサイズ JISのガス管サイズの例 呼びサイズ 1/4B 3/8B 1/2B 3/4B 1B 外径 mm φ13.8 φ17.3 φ21.7 φ27.2 φ34 内径 mm φ9.2 φ12.7 φ16.1 φ21.6 φ27.6 4
Page10

○材質 材質:SUS304、SUS316、SUS316L ○形状 ねじ込み継手には様々な形状があり、用途に応じて最適な形状を選択します。 ソケット 片ニップル 両ニップル チーズ ホース継手 プラグ ねじ込み継手同士 容器を溶接してね ねじ込み継手同士 三方向にねじ込み 柔軟材のホース用 末 端の 閉鎖 用 を取り付けます。 じ込み継手を取り を取り付けます。 継手同士を取り付 で、ホースバンドで です。 付けます。 けます。 締め付け固定しま す。 ○関連製品 ねじ込み継手を使用している製品をご紹介します。 ボールバルブ付密閉 ノズル付蓋 液送ユニット ソケット型ジョイント ニップル型ジョイント 容器 平鋼脚付 蓋に継手を付けた特 加圧容器用の蓋ユニッ ニップルをヘルールに ソケットをヘルールに 液体の小分けに便利 注加工例です。 ト です。加圧口、液送 変換します。ねじ込み 変換します。ねじ込み です。ノズルの先端が 口、安全弁、圧力計が 継手の圧力計等に使 継手のボールバルブ ねじ込み継手の為、接 セットになってます。 用します。 等に使用します。 続が可能です。 5
Page11

1-3 フランジ継手 円盤状の板同士の間にパッキンを挟み、ボルトとナットで固定します。 ねじ込み継手に比べ、シール性・強度・作業性等も良好で、分解・組立が容易です。 フランジ取り付け例 フランジ パイプ 補強板 密閉蓋 ○用途 フランジ付ボールバルブ 配管内やバルブ類のメンテナンス等で、一時的に配管や 部品等を取り外す必要がある場所等に使用します。 フランジ付きのバルブ等もあります。 高温、高圧の配管用継手としても使われています。 ○構造 主に円盤状の板に接続するパイプを溶接する為の穴が付いています。 円盤周囲にはフランジ同士を固定するボルト用の穴が空いています。 溶接するパイプと同一の材料を使用します。 ガスケット ガスケットには平板円盤やOリング等があります。 ○一般的なサイズ 配管径のサイズと圧力(レーティング)により決めます。 呼び圧力(レーティング):5K、10K等 JISフランジの例 呼びサイズ 25A 50A 100A 200A 300A フランジ外径 mm φ95 φ130 φ200 φ320 φ430 適用配管外径 mm φ34 φ60.5 φ114.3 φ216.3 φ318.5 6
Page12

○材質 材質:SUS304、SUS316L ○形状 フランジ継手には様々な形状があり、用途に応じて最適な形状を選択します。 ねじ込みフランジ ブラインドフランジ 板フランジ ハブ(面座付)フランジ ねじ込み継手を取付ける場 末端の閉鎖用です。 パイプを溶接する場合に使 パイプを差し込み、フランジ 合に使用します。 用します。一般的に小口径、 上面と内径の内側をそれぞ 低圧に使われています。 れに隅肉溶接します。 ○関連製品 フランジ継手を使用している製品をご紹介します。 フランジオープン加圧 粉体回収ステンレス容 フランジ付蓋 フランジ型ジョイント タンク底バルブ 容器 器(フランジ取付用穴 蓋に継手を付けた特 フランジをヘルールに 容器の鏡底に直接取り 付) 開口部がフランジで口 注加工例です。 変換します。 付けるダイヤフラム式 径と容器内径が同じス JIS5Kフランジのネジ穴 バルブです。 トレートタイプなので洗 に合わせた穴付きで、 浄しやすいです。 蓋を機器に直接取り付 けできます。 7
Page13

1-4 チューブ継手 3mm~20mm程度の細いパイプ(チューブ)に使用しています。 継手本体にパイプを差し込み、袋ナットで固定するだけでシールができます。 パイプのシールは内部のリングにより、パイプをカシメることで行います。 リングの材質によっては、パイプの取り付け、取り外しを繰り返しても接続が確実に再現できます。 締め付けはスパナのみで特殊な工具は必要としない、手軽で強固な継手です。 チューブ継手使用例 ねじ込み式チューブ継手 エルボ型 ソケット継手 チューブ継手 PTFEパイプ エルボ型 ソケット継手 チューブ継手 ○用途 さほど取り外しの多くない配管用として使用されています。 シール性は良く、圧力容器や真空容器、半導体容器などに使用されています。 容器内の液体取り出し用やPTFEパイプと組み合わせて液面計などに使用しています。 ○構造 本体、ナット、カシメ用のリングで構成されています。 ユニオンタイプ本体 パイプ リング ナット ○一般的なサイズ 取り付けるパイプの外径サイズの例です。 インチ・サイズ 1/16 1/8 3/16 1/4 5/16 3/8 1/2 5/8 3/4 7/8 1 ミリ・サイズ mm 3 6 8 10 12 14 15 16 18 20 8
Page14

○材質 材質:SUS304、SUS316 ○形状 チューブ継手には様々な形状があり、用途に応じて最適な形状を選択します。 ねじ込みタイプ ユニオンタイプ チーズタイプ エルボタイプ 管用おねじ付き。容器のねじ パイプを繋ぎ合わせる際に使 三方向のチューブを取り付け 弊社ではレベル計のチュー 部に組み込みます。 われます。 ます。 ブに使用しています。 ○関連製品 チューブ継手を使用している製品をご紹介します。 ステンレス容器ヒーターユ 加圧容器 圧送ユニット 液送口 レベル計 ニット 圧力容器と圧送に必要な部 圧送により押し出された液を 容 器 の 側 面 に 取 り 付 け る 短時間で温められるヒーター 品がセットになった、圧送ユ 送り出すジョイントです。パイ チューブ型のレベル計です。 と撹拌機付きのステンレス容 ニットです。 プを通して液を送り出しま 容器に溶接したソケットにね 器ユニットです。 す。 じ込んで取り付けます。 9
Page15

第2章 各継手のメリット・デメリット一覧 各継手のメリットとデメリットを比較してみました。 ヘルール継手 工具不要で組み立てや分解ができる。 ○ 内面がフラットで洗浄性が良い。 取り外した際にガスケットやクランプバンドも取り外すので × 部品点数が多くなる。 ねじ込み継手 コストが安い。 ○ ほとんど外す事が無い配管に向いている。 頻繁な取り外しは不適。 × 内面に凹凸やねじ山があるので汚れが溜まりやすい。 フランジ継手 ねじ込み継手に比べ、漏れ・強度・作業性が良い。 ○ 組み立てや分解が簡単。 取り付けの際にボルトやワッシャーなどの部品が必要。 × 部品点数が多い。 フランジの板厚が厚く重い。 チューブ継手 PFAチューブ等を簡単に取り付けできる。 ○ チューブが透明の場合、内用液のレベルを見ることができる。 チューブやパイプの取り付け用の継手なので、 × 用途が限られる。 10
Page16

第3章 目的別!継手の選定ガイド 目的に合わせておすすめの継手をご紹介します。 ヘルール継手やフランジ継手がおすすめです。(P.1・6) 部品等を クランプバンドやボルトで取り付けるので、分解や組み立てが簡単に 取り外すことが 行えます。 ある ねじ込み継手がおすすめです。(P.4) ボルトやクランプバンド等の接続用部品が不要なため部品点数を 部品の数を 抑えられます。 少なくしたい + + ヘルール継手がおすすめです。(P.1) コンタミや 内部に凸凹がなく洗浄性に優れて液だまりもしにくい形状なので、 異物混入を 異物混入や菌の発生のリスクを抑えられます。 防ぎたい ねじ込み継手がおすすめです。(P.4) 最も一般的な配管継手で安価なため導入コストが抑えられます。 コストを 抑えたい ねじ込み継手やフランジ継手がおすすめです。(P.4・6) 小径はねじ込み継手、大径はフランジ継手が適しています。 がっちり 固定したい チューブ継手を使用します。(P.8) 簡単にチューブや細いパイプを取り付けられます。 チューブを 口径の大きいホース等にはホース継手が便利です。 取り付けたい 11
Page17

第4章 継手の取り付け事例 継手を取り付けたステンレス容器の特注事例をご紹介します。 4-1 アルコール供給容器 ○化学メーカー様納入 ・レベル計を取り付けて残量管理ができるようにしました。 ・蓋に付けたバルブは供給に対しワーク側で使用しなかった分を戻す際に使用します。 ・蓋にはエアー抜き穴を加工しました。 ・六角ホースニップル(タケノコニップル)で配管に接続します。 ねじ込み式ボールバルブ 穴加工 ニップル継手 ニップル継手 ねじ込み式ボールバルブ チューブ継手 タケノコニップル (ホース継手⇔ニップル継手の ジョイント継手) 4-2 100ml 加圧容器 ヘルールタイプ ○製薬メーカー様納入 ・試薬の保管や圧送用として、ヘルールで密閉する小容量容器です。 ・圧送用の蓋(ヘルールキャップ)には継手が付いています。 圧送時 保管時 チューブ継手 ヘルールキャップ ヘルール継手 ヘルール継手 ヘルールキャップ 12
Page18

4-3 加温ジャケット付傾斜底容器 ○化学薬品メーカー様納入 ・フランジ取り付けヒーターにてジャケット部の水を加温しながら、内容物を撹拌機にて混合します。 ・空焚きを防止するため、レベル計によりジャケットの水量が監視できます。 ・容器内温度はヘルールに取り付けた温度計で確認できます。 ヘルール継手 フランジ継手 チューブ継手 4-4 薬液噴霧用圧力容器 ○化学薬品メーカー様 納入 ・高温の薬液を圧力をかけて噴霧する実験用として、フランジで密閉する加圧容器です。 ・噴霧量はフランジで接続したアクチュエーター(電動弁)により調整します。 ・圧力計と安全弁を蓋に取り付けています。 異径ソケット サイホン管 (圧力計が高温になるのを防ぐためのもの) チーズ ねじ込み式ボールバルブ ねじ込み式ボールバルブ 片長ニップル フランジ継手 ねじ込み式ボールバルブ ソケット継手 フランジ継手 13
Page19

第5章 よくある質問 弊社に寄せられました継手についての質問と回答です。 5-1 ヘルール単体、パッキン等の購入はできますか? ヘルールやパッキン、クランプ等の販売はいたします。 また、商社や工具店等の代理店を通してメーカーからの購入も可能です。 5-2 使用しているメーカーはどこですか? JIS規格のねじ込み継手やフランジは商社様から購入しています。 ヘルール継手は主に下記メーカー様より購入しています。 敬称略50音順 大阪サニタリー(株)、オサメ工業(株)、協和ステンレス(株)、トーステ(株) 5-3 継手のメーカーを指定することはできますか? お客様のご指定がありましたらそちらを使用することは可能です。 特に指示がない場合や特殊な形状でない限りは上記(5-2)のメーカー様のものを使用します。 5-4 ヘルール付きの製品を、ねじ込み継手に変えて製作できますか? 弊社製品でヘルール継手が付いているステンレス容器は、ねじ込み継手(ニップル/ソケット)に 変更して製作することができます。反対に、ねじ込み継手からヘルール継手にすることも可能です。 5-5 1.5Sのヘルールに1Sのヘルールを接続したいのですが、可能でしょう か?また、クランプバンドとパッキンはどのサイズを選定すれば良いでしょ うか? 1Sと1.5Sのへルールサイズは口径が違うだけで他の寸法は一緒ですので、 クランプバンドとパッキンには互換性があります。 1Sより1.5Sのパッキンは口径が大きい分、開口が広いだけです。 どちらかのパッキンでも問題は有りませんが、1Sのヘルール以外、他の機器を取り付ける可能性が 有る場合は1.5Sのパッキンを準備していた方がよいでしょう。 14
Page20

第6章 用語の解説 継手類に関する用語をまとめました。 6-1 管用(くだよう)テーパーねじ、平行ねじ ・テーパーねじ:ねじの部分の径が先端に向かって傾斜しているねじです。 JIS記号では、管用テーパーおねじ(R)、管用テーパーめねじ(Rc)です。 ・平行ねじ:ねじの部分の径が先端まで同じです。 JIS記号では、管用テーパーねじ用平行めねじ(Rp)、管用平行おねじ(G)、管用平行めねじ(G)です。 管用テーパーねじ用平行めねじ(Rp):気密性を必要とする部分に使われます。 管用平行おねじ(G)、管用平行めねじ(G):気密性が考慮されていないため、機械的接合を目的と する部分に使われます。 テーパーねじ 平行ねじ 傾斜(1/16勾配) 6-2 サニタリー サニタリー(sanitary)とは「衛生的」「清潔」な意味です。 コンタミ(汚染)を嫌う医薬、食品、化粧品などでは必須の言葉です。 サニタリー継手とは、衛生的な継手で洗浄性が良く、コンタミの原因となる汚れ等が溜まりにくい 継手です。 建築業界でのサニタリーは、トイレや浴室、洗面所等の部分を言います。 6-3 シールテープ シールテープ 四ふっ化エチレン樹脂(PTFE樹脂)の未焼成テープの事を言います。 リールに巻かれた薄いテープ状で販売されています。 ねじ部に生じたすき間を埋めるために使用されるシール材です。 配管や継手のおねじに適量(2~3周)を巻き付け、 めねじにかみ合わせます。 6-4 パイプとチューブ 日本においてはパイプとチューブの明確な区別はありませんが、 パイプは太管や配管などで外径に規格があり肉厚により呼び名が変わる、JISのガス管サイズの イメージがあり、チューブは細管や筒状(絵の具のチューブや洋服のチューブトップ等)などで 用途により内外径を変える製造メーカー独自によるサイズのイメージがあります。 15