1/1ページ

このカタログをダウンロードして
すべてを見る

ダウンロード(407.2Kb)

事例別13_シャフト表面の不良検査装置

事例紹介

シャフト表面の傷、打痕等を自動検出します。インライン化した場合、不良品を発見時に機構側へ排除信号を送り、自動判別まで可能にしました。

このカタログについて

ドキュメント名 事例別13_シャフト表面の不良検査装置
ドキュメント種別 事例紹介
ファイルサイズ 407.2Kb
取り扱い企業 アイエスシー株式会社 (この企業の取り扱いカタログ一覧)

この企業の関連カタログ

検査装置事例集
事例紹介

アイエスシー株式会社

事例別01_ガラス素材の表面傷検査装置
事例紹介

アイエスシー株式会社

事例別02_ギアの不良検査装置
事例紹介

アイエスシー株式会社

このカタログの内容

Page1

Case13 シャフト表⾯の不良検査装置 検査概要 シャフト表⾯に発⽣する傷、打痕等を⾃動検出します。インライン化の場合は 良品・不良品の結果より、機構側へ排除信号を送り、⾃動判別も可能です。 機能概要/特徴 ・ローラでシャフトを回転させる機構のスタンドアロンの検査装置です。 ・キャスター付きで、移動も可能です。 ・シャフトサイズによって、1台のカメラを移動撮像し、シャフトサイズが 450mm(検査領域⻑:410mm)までは2分割、450mmを超えた場合は、 3分割にて撮像します。 ・検出傷精度︓ピンホール最⼩傷(5/100φ)、傷の最⼩サイズは5/100[mm] と なります。 ・検査スピードは、シャフト⻑さ及び太さにより変化します。 (例︓⻑さ400mm、太さφ12.5mmの場合は約3秒) ・インライン化により、⾃動判別後排除信号を機構側へ送信し不良品の排除を⾏う。 検査の内容 ■装置/システム 項⽬ 仕様 カメラ カメラは最⼤ラインレート35KHz 検査部 照明 検査物最⼤幅600mm照射 搬送部 シャフト回転機構 処理⽅式 傷検出専⽤アルゴリズム 検査処理部 測定対象物と検出内容 シャフト(円柱棒)の傷、打痕他 測定精度 ⼨法精度35μ ■処理の流れ 回転しながら撮像⇒シャフト表⾯の傷、打痕を検出⇒判定結果⇒良品・不良検出 ■検査画像/処理結果 傷検出処理 傷検出部 処理結果 筋傷 (0.07mm) 検査シャフト展開図 上記結果の⾚部分が不良個所