1/4ページ

このカタログをダウンロードして
すべてを見る

ダウンロード(835.9Kb)

【ADAS/自動運転】バーチャル・テスト・ドライビングを活用した、先進運転支援システムと高度自動運転システムの開発と評価

製品カタログ

完全自動運転の開発と評価に向けて

CarMakerの製品ファミリである CarMaker、 TruckMaker、MotorcycleMaker は、全体の交通流や複雑な道路インフラ、複数の環境センサを使って再現される、複雑な現実世界のテストシナリオを容易に再構築できます。洗練されたドライバーモデルである IPG Driver は、特に先進運転支援システムの相互作用を対象としています。

◆詳細は、カタログをダウンロードしてご覧ください。

このカタログについて

ドキュメント名 【ADAS/自動運転】バーチャル・テスト・ドライビングを活用した、先進運転支援システムと高度自動運転システムの開発と評価
ドキュメント種別 製品カタログ
ファイルサイズ 835.9Kb
登録カテゴリ
取り扱い企業 IPG Automotive株式会社 (この企業の取り扱いカタログ一覧)

このカタログの内容

Page1

ADAS/自動運転 Virtual Test Drivingを活用した、先進運転支援システムと高度自動運転システムの開発と評価
Page2

高い安全性、インテリジェンス、自動制御。 これが自動車の未来です。 マニュアルから自動運転まで広範囲にわたり、 IPG Automotiveは、様々なシナリオ生成をサポートします。 IPG Automotiveは、高度な運転支援システムと自動運転機能分野の開発者が抱えている問題に精通しております従来と比較する と、今日の車両開発は、車両本体だけでなく、あらゆる交通環境、例えば、交通信号、歩行者、駐車車両、周辺の渋滞状況、路面 標示などが関係しています。膨大な量の要因を考慮しなければならないということは、以前よりもさらに多くのテストが必要になってくると いうことになります。正にバーチャル・テスト・ドライビングがあなたの助け船になり、バーチャルの世界における開発業務の大半をお手伝い します。 シナリオジェネレーション バーチャル・テストは、ますます複雑になる実世界をモデルとして、同じように構築することに重点を置いております。車両開発のあらゆる システムは、あらゆるシナリオで機能性をテストされる必要があります。さらに、幅広いテストケースと複雑なシナリオは、自動かつ効果的 な方法でテストしていく必要があります。バーチャルのシナリオを作成するために、IPG Automotiveが提案する実用的な方法は、以下 の通りです: ・ 改良されたシナリオエディタを使い、道路のレイアウトをゼロからGUIを使って手作業で統合 New ・ マップデータのインポート 例:HERE社製ADAS RP in 7.0 ・ 実世界の計測データの活用 例:atlatec社または3D Mapping社製(日本国内パートナ様のデータも可能) ・ マヌーバベースのトラフィックの作成。または、実トラフィックシナリオをインポート (シナリオRRR[Record-Replay-Rearrange]) ・ 外部ツールを活用し、道路環境を作成 例:PTV社製 VISSIM
Page3

新しいセンサモデルが追加されました。 開発段階で、必要なセンサモデルを選ぶことができます。 センサのテストと開発 テストの自動化と再現性 周辺環境は、例えば、レーダ、ライダ、超音波、カメラなどに バーチャル・テスト・ドライビングは、必要である機能レベルと信頼 よって、認識されます。IPG Automotiveのセンサモデルでは、 性のあるアプリケーションが達成されるまでテストし、既存機能の 開発内容によって最適なセンサモデルのクラスが選択できます。 最適化を計ります。バーチャルの世界で有益性が高いのは、 詳細度によって分けられた3つのクラスから、多種多用なセンサ 以下の通りです。 モデルを提案します。 ▪▪テストマネージャで、自動レポートを作成する ▪▪ラピッドプロトタイピングやコンセプト検証のための理想的な ▪▪自動モードで、幅広いマヌーバカタログを実行する    センサ 例:Euro NCAP   例:オブジェクトセンサ、ラインセンサ、フリースペースセンサ ▪ HPCクラスタ向けの並列テストを実行する ▪▪機能の開発とテストのための NewHiFiセンサ in 7.0   例:レーダセンサ、グローバルナビゲーションセンサ ▪▪コンポーネント用またはシグナルプロセッシング開発とテスト CarMaker製品群は、先進運転支援システムと自動 運転の機能について、効率性、再現性と自動モードの 向けのRawシグナルインターフェイス 観点から、開発、テスト、検証、実証を行います。   例:カメラRSI、 レーダRSI N e w 超音波RSI i n 7 .0 rFproの高解像度   ※RSI利用時は、高性能なグラフィックカードが必要です。
Page4

China | France | Germany | India | Italy | Japan | Korea | Nordics | Turkey | UK | USA IPG Automotiveは、バーチャル・テスト・ドライビングのグローバルリーダーとして、車両開発向けの革新的なシミュレーション・ ソリューションを開発しています。シームレスな使用を考慮し設計された当社のソフトウエアとハードウエア製品は、コンセプト実証 (POC)から検証またはリリースに至るまで、開発プロセス全般にわたって活用できます。ユーザにバーチャル車両全体を使って 新しいシステムの開発とテストを行っていただけるIPG Automotiveのバーチャル・プロトタイピング技術は、自動車のシステムズ エンジニアリングを促進します。 IPG Automotiveは、ADAS/自動運転、パワートレイン、ビークルダイナミクスという3つのアプリケーション領域でのバーチャル 開発に特化したエキスパートです。当社のCarMaker製品群は、現実に近い環境で、高度に再現された車両モデルを統合す ることによって、先進運転支援システムと自動運転機能の開発とテストに関連した諸課題に取り組むべく、世界中で使用され ております。詳細なセンサモデルは、車両周辺環境で起こりうる影響を考慮しつつ、インフラと交通流といった要素に左右されま す。この環境モデルを用いて、バーチャルでありながら実世界と同じ状況を実現できます。 IPG Automotiveは、①品質、②徹底したユーザ志向、③効率性、④イノベーションの促進、そして⑤長く続くパートナーシップ を指針としております。 IPG Automotive 株式会社 〒105-0003 東京都港区西新橋2-9-1 PMO西新橋9F Phone: +81-3-5826-4301• Email: sales-jp@ipg-automotive.com • www.ipg-automotive.com © IPG Automotive GmbH, Karlsruhe | 2018