1/4ページ

このカタログをダウンロードして
すべてを見る

ダウンロード(1.3Mb)

パワートレイン【RDE値、実走行環境での燃料消費、熱マネジメントの最適化】

製品カタログ

CarMaker、TruckMaker、MotorcycleMakerを活用したRDE値、実走行環境での燃料消費、熱マネジメントの最適化

CarMaker、TruckMaker、MotorcycleMakerで構成されるCarMaker製品ファミリは、車両、ドライバー、道路環境、交通流、周辺環境の統合されたモデルを備えた、包括的で使いやすいオープン統合テストプラットフォームです。提供されるモデル環境を閉ループアプリケーションで使用すれば、オフィスおよびHILシミュレーションにおけるパワートレインシステムの開発と解析や、テストベンチでの試験に必要な実際の負荷耐久サイクルが生成されます。

◆詳細は、カタログをダウンロードしてご覧ください。

このカタログについて

ドキュメント名 パワートレイン【RDE値、実走行環境での燃料消費、熱マネジメントの最適化】
ドキュメント種別 製品カタログ
ファイルサイズ 1.3Mb
登録カテゴリ
取り扱い企業 IPG Automotive株式会社 (この企業の取り扱いカタログ一覧)

このカタログの内容

Page1

パワートレイン CarMaker、TruckMaker、MotorcycleMakerを活用したRDE値、実走行環境での燃料消費、 熱マネジメントの最適化 SOLUTIONS FOR VIRTUAL TEST DRIVING
Page2

Karlsruhe Institute of Technology (IFKM) Source: Silke Voss Fotografie CarMaker を、パワートレイン領域に活用するメリット 実走行時の負荷耐久サイクルは、パワートレインシステムの開発、解析、テストの基礎となります。多くの場合、車両測定によって得ら れる速度とトルクのデータ、または簡素化された前後方向のダイナミクス車両モデルをシミュレーションとテストベンチを使用して、新しい パワートレインのコンセプト、コンポーネント、システムにおける燃費計算や熱マネジメント、耐久性、有害物質排出量(NOx,CO2)を 評価します。しかし、このアプローチでは、実際の走行条件を再現し、車両全体のシステム評価及びキャリブレーションを実施する事が 困難となってきました。 CarMaker、TruckMaker、MotorcycleMakerで構成されるCarMaker製品ファミリは、車両、ドライバー、道路環境、交通流、周辺 環境の統合されたモデルを備えた、包括的で使いやすいオープン統合テストプラットフォームです。提供されるモデル環境を閉ループ アプリケーションで使用すれば、オフィスおよびHILシミュレーションにおけるパワートレインシステムの開発と解析や、テストベンチでの試験 に必要な実際の負荷耐久サイクルが生成されます。このタイプのマヌーバベースの閉ループシミュレーションとテストベンチ試験には、入力 値としての実際の負荷耐久サイクルは必要ないため、閉ループアプローチの柔軟性が非常に高くなります。 車両速度と実際の運転シナリオによって定義されるドライブサイクルは、代表的なドライバーモデルによって運転されるバーチャルプロト タイプを使用して簡単に実行することができます。IPGDriverは、事前に設定された目標速度に従うことも、走行コースと車両挙動に 基づいて運転速度を選択することもできます。道路データインポート機能、サードパーティー・ツールへのオープンなインターフェースとその モデル統合機能、リアルタイム演算パフォーマンスを備えたCarMakerは、パワートレインのアプリケーションに非常に優れたオープン統合 テストプラットフォームを提供します。 CarMakerを使用したバーチャル・テスト・ドライブでは、パワートレイン、シャーシ/サスペンション、ブレーキシステム間のすべての相互 関係を考慮しながら、パワートレインシステムをシームレスに開発、解析、テストすることができます。ハイブリッド電気自動車の開発と テストはもちろん、現在、未来におけるあらゆるパワートレインコンセプトにおいても、実際の走行燃費、走行性能、有害物質排出量 (NOx, CO2) を評価するにはこの手法が不可欠です。
Page3

CarMakerテストベンチの統合 テストベンチでの"実走行"のシミュレーション 従来のパワートレイン アクセルスピリット シーリーズハイブリッド パワースピリット パラレルハイブリッド CarMaker 電気自動 主な適用領域 機能 ▪▪エネルギー効率、排気量とパフォーマンスの調査 ▪▪車両、ドライバー、環境をシミュレーションする閉ループ ▪▪パワートレインコンセプトと制御の分析、テスト ▪▪パワートレインの統合及び最適化制御 ▪▪車両熱マネジメントと最適化 ▪▪ハイブリッド、電気自動車、および従来のパワートレインを備え たバーチャルな車両プロトタイプ設定のためのリアルタイム   シミュレーション環境 主要アプリケーション ▪▪データ・セット・ジェネレータを使用するバーチャル・ビークル・ ▪ HEV/BEV および従来のパワートレインコンセプト解析   プロトタイプの作成 ▪▪エンジン、トランスミッションの開発と最適化 ▪▪エミッション試験対応可能で設定変更も可能なドライバモデル ▪▪エンジン、パワートレイン、ローラーダイナモメーターのテスト ▪▪テストシナリオジェネレーション RDXテスト・ジェネレータ   ベンチにおける X-in-the-Loop 試験 ▪▪道路データのインポート(GPSおよびマップベース) ▪ RDE(実走行時の排出ガス) 検証 ▪ AVL CRUISETM、DymolaTM、GT-SUITE、LMS Amesim®、 ▪▪実際のエネルギー消費 MapleSim®、Ricardo WAVE、SimulationX®、Simulink® ▪▪バーチャル上の電動化/ハイブリッド化 などの異なるツールからのモデル統合が可能 ▪▪耐久性テスト ▪ Functional Mock-up Interface (FMI) ▪▪パワートレイン/エンジンECU のキャリブレーションとテスト ▪▪ナビゲーションシステム、DOEツール、PLMシステム等サード・ パーティ・ツールへのオープンなインターフェース ▪▪運転ストラテジーとドライバー挙動の調査 ▪▪バーチャルxCU統合(例: QTronic Silver) ▪▪エレクトロニック ホライゾン: 道路プロパティセンサまたは    スタンダードを使ったエネルギーマネジメント予測 ▪▪量産されているテスト・ベッドパッケージをエンジン、パワーADASIS-v2 トレイン、シャシーダイナモまたは、e-motorテストベッドと接続
Page4

SIMULATION SOFTWARE • REAL-TIME HARDWARE • TEST SYSTEMS • ENGINEERING SERVICES China | France | Germany | India | Italy | Japan | Korea | Nordics | Turkey | UK | USA SOLUTIONS FOR VIRTUAL TEST DRIVING IPG Automotiveは、バーチャル・テスト・ドライビングのグローバルリーダーとして、車両開発向けの革新的なシミュレーション・ ソリューションを開発しています。シームレスな使用を考慮し設計された当社のソフトウエアとハードウエア製品は、コンセプト実証 (POC)から検証またはリリースに至るまで、開発プロセス全般にわたって活用できます。ユーザにバーチャル車両全体を使って 新しいシステムの開発とテストを行っていただけるIPG Automotiveのバーチャル・プロトタイピング技術は、自動車のシステムズ エンジニアリングを促進します。 IPG Automotiveは、ADAS/自動運転、パワートレイン、ビークルダイナミクスという3つのアプリケーション領域でのバーチャル 開発に特化したエキスパートです。当社のCarMaker製品群は、現実に近い環境で、高度に再現された車両モデルを統合す ることによって、先進運転支援システムと自動運転機能の開発とテストに関連した諸課題に取り組むべく、世界中で使用され ております。詳細なセンサモデルは、車両周辺環境で起こりうる影響を考慮しつつ、インフラと交通流といった要素に左右されま す。この環境モデルを用いて、バーチャルでありながら実世界と同じ状況を実現できます。 IPG Automotiveは、①品質、②徹底したユーザ志向、③効率性、④イノベーションの促進、そして⑤長く続くパートナーシップ を指針としております。 IPG Automotive 株式会社 〒105-0003 東京都港区西新橋2-9-1 PMO西新橋9F Phone: +81-3-5826-4301• Email: sales-jp@ipg-automotive.com • www.ipg-automotive.com ©© IIPPGG AAuuttoommoottiivvee GGmmbbHH,, KKaarrllssrruuhhee || 22001186