1/20ページ

このカタログをダウンロードして
すべてを見る

ダウンロード(8.7Mb)

TOX® - パワーパッケージ【空油圧シリンダー】

製品カタログ

2~2000 kNの幅広い出力レンジ

油圧システムを内蔵し、自動的にパワーストロークを行う、省エネタイプのエア駆動シリンダです。
弊社の技術により、空気圧シリンダと油圧シリンダの特長を生かした製品です。

TOX®-パワーパッケージは油圧機構を有しているにもかかわらず、圧縮エアーのみの供給で作動します。
制御は一般的な複動式シリンダと同様に行えます。

■特長
・高ストローク頻度
・長寿命
・低いエア消費量
・低いノイズレベル
・低いメンテナンスコスト

このカタログについて

ドキュメント名 TOX® - パワーパッケージ【空油圧シリンダー】
ドキュメント種別 製品カタログ
ファイルサイズ 8.7Mb
登録カテゴリ
取り扱い企業 トックスプレソテクニック株式会社 (この企業の取り扱いカタログ一覧)

この企業の関連カタログ

プロダクトレンジ(パワーパッケージ・サーボドライブ・パワーカープ)
製品カタログ

トックスプレソテクニック株式会社

TOX® - サーボプレスシステム
製品カタログ

トックスプレソテクニック株式会社

TOX®-プレス 〜優しい力持ち〜
製品カタログ

トックスプレソテクニック株式会社

このカタログの内容

Page1

TOX®-パワーパッケージ 空油圧シリンダー 出力 2 ~ 2000 kN
Page2

TOX®-パワーパッケージ 2~2000 kNの幅広い出力レンジ TOX®-パワーパッケージ 比類なき品質 空油圧シリンダ TOX®-パワーパッケージは 油圧部内臓のコンパクトデザインで、 油圧システムを内蔵し、自動的にパワー 取り付けや制御も簡単です。 ストロークを行う、省エネタイプのエア駆動 機械式駆動装置、クランク機構、油圧式 シリンダです。 駆動装置、大容量空気圧シリンダ等に比 弊社の技術により、空気圧シリンダと べて明らかに優れた代替機器と言えます。 油圧シリンダの特長を生かした製品です。 仕様用途: 出力レンジは2~2000kN、パワーストローク TOX®-パワーパッケージは油圧機構を は~80mm、早送りストロークは~400mm。 有しているにもかかわらず、圧縮エアー あらゆるプレス用途にご使用頂けます。 空/油圧分離機構 のみの供給で作動します。 (特許) 制御は一般的な複動式シリンダと同様に 行えます。 シンプルな構造で、可動部分が少ない   作動ピストン 為、高い耐磨耗性と長い寿命です。 また、早送り工程での衝撃が小さいので、 工具が傷まず、低騒音です。 必要空気量が少ないため、小さい接続 バルブ断面積で、非常に高い速度を得 られます。それによりシステムアップの 際の費用とスペースを更に節約することが 出来ます。 油圧測定ポート TOX® 社製品ご利用による利点 + 信頼のグローバルサービス + 弊社又は、御社でのトレーニング にも対応可能です。 + 様々な業界における異なるアプリ ケーションでの仕様実績(自動車 + 遠隔操作でのサービスにも対応 産業、白物家電業界、医療技術 しています。 など) + 較正や、修理のサービスもあります。 + トックス® プレソテクニックは計画から 立上げまで強力にサポート可能な 御社のパートナーとなれます。 2
Page3

ク頻度 + 高ストロ ー + 長寿命 費量 + 低いエ ア消 ベル ノイズレ ト 油圧上死点ダンパー(ZHD) + 低い ス ンテナン スコ パワーストローク切り替え弁 ツールを保護します。 + 低いメ 増圧ピストン スプリング ( line-Xシリーズは空気圧仕様) 簡単に使用可能な高出力シリンダ バイパス弁 (ZLB) 穴あけや高速ストローク時に トックス®-パワーパッケージは 油圧室での負圧発生を防ぎます。 様々なデザイン/包括的アクセサリー (line-Q / line-Xに標準装備). を備えた完全なドライブシステムです。 殆どのアプリケーションで外部ガイド機 構なしで使用可能であり、取付方向も 制限がありません。 様々なアプリケーションに使用可能な理想的なシリンダです かしめ, 接合 リベット 挿入/圧入 ナット/スタッド インサート類取付 絞り加工 フランジ加工 締め付け 穴あけ加工 コイニング プレス加工 クランプ 刻印 圧縮加工 絞り 3
Page4

TOX®-パワーパッケージ ラインナップ Sタイプ (スタンダード) line-Q シリーズ + サイズとコストのバランスを追求 + 短納期 出力: 10 – 300 kN 全ストロ ーク長: 最大 200 mm パワーストローク長: 最大 52 mm 供給エア圧: 0.2-0.6 MPa l i n eQ Type Q-S line-X シリーズ + 多様なアプリケーションに対応する様々なバリエーション + 精密な制御/調整に対応 + 高速ストローク 出力: 11 – 1727 kN 全ストローク長: 最大 400 mm パワーストローク長: 最大 69 mm 供給エア圧: 0.2-0.6 MPa X Type X-Sl i n e 特殊タイプ + 様々なリクエストに対応 + 全てのアクセサリーが適用可能 出力: 2 – 1740 kN 全ストローク長: 最大 400 mm パワーストローク長: 最大 80 mm 供給エア圧: 0.2-1.0 MPa Type S 4
Page5

K ( ) 内のタイプ コンパクト 2ヶ月 以 1 ストロ ーク 00 0,00 0,0 す。 1 を保証 しま 動作 Type Q-K X-KT システム + 増圧部と先端シリンダ部の分離タイプ + 長パワーストローク仕様可能 + 先端シリンダのON/OFF切り替えが可能 出力: 2 – 2000 kN 全ストローク長: 最大 400 mm パワーストローク長: 最大 400 mm 供給エア圧: 0.2 - 1.0MPa Type X-K X-KT System タイプ RP (刻印用シリンダ) タイプ P / VH (スポット溶接用シリンダ) タイプ RZS / RZK / RZH (ロボットガン用シリンダ) 出力: 2 – 80 kN 全ストローク長: 最大 200 mm パワーストローク長: 最大 12 mm 供給エア圧: 0.2- 1.0 MPa Type K 5
Page6

TOX®-パワーパッケージ 動作原理 原位置 早送り行程 K 1 E H 空気圧による早送り行程: 主制御弁(H)を切替。作動ピストン(1)が 抵抗を受けて止まるまでストローク、パワーストローク弁(K)が切り 替わり、圧縮エアがチャンバー (E)に流入します。 細部に至る継続的な開発 トックス®-パワーパッケージは発売以来、 数十年にわたり改善を続けています。 X弁 しかしながら、その独創的かつシンプルな 3 16 9 10 1 1 1 2 13 14 15 動作原理は今日でも色褪せるものではあ りません。 1 トックス®-パワーパッケージ はインロー 付きのフランジ部で取り付けられます。 取付用の別タイプのオプションもご用意 しております。 2 作動ピストンの戻り端には高い耐久性 を持つダンピング用ウレタンが装備され ています。 これは高速/高サイクル の動作に有用です。 3 全てのシール部品は包括的な長期 テストにより、最適化されています。 11 1 2 4 5 6 7 8 オイルレベル 4 特殊なシール部品により使用する圧縮 インジケーター エアには潤滑油が必要ありません。 流量弁 流量弁 (前進側) (後進側) 5 2点支持ピストン 2 4 パワーパッケージはコンパクトでありなが ら、大型の油圧設備・シリンダーと同等 1.2 制御弁 の高出力で作業を行うことが出来ます。 3 1 5 安定した動作を実現する為、作動ピスト ンは2点支持となっております。 6 7 高圧測定と制御の為の接続 8 オ イルレベルインジケーター (アクセサリー)完全な油/空分離 (以下のような機能に対応します。) エア式/電気式の検知スイッチが装着可能 シール間に配置された環状溝と大気 開放孔により油圧部へのエア混入を防 • 加圧力制御 ぎます。 • 1次エア圧の測定 9 注油ニップル • アナログメーター 10 与圧オイルリザーバー 密閉式で常時加圧されており、注油の必要が ほとんどありません。 6
Page7

で の操作 ンダと 同様 力! アシリエ 当 の出 シリン ダ相 油圧 パワーストローク 戻りストローク K 5 1 2 E 1 2 E H 空油圧パワーストローク: 増圧プランジャー (2) が油圧高圧室 (5) 戻りストローク: 主制御弁 (H)を切り替えると、パワーストローク弁 (K) に進入し、油圧を高圧にします(最大400bar)。 この高油圧は作動 は自動的にチャンバー(E) 内の圧縮エアを排気します。 ピストン (1) の後方で発生し、パワーストロークとなります。 増圧プランジャー (2) はスプリング力により押し戻され作動ピストン(1) は空気圧により原位置に戻ります。 背圧ライン 13 増 圧ピストンはパワーストロークの間、 高出力を発生します。スプリング パワーストロークへのエア供給 リターンによる単動方式により、複動 流量弁 方式に比べてパワーストロークにおける 3 16 9 10 1 1 1 2 (パワーストローク)13 14 15 省エネルギーを実現しています。 14 パワーストローク弁 早送りストロークからパワーストロークへ の切換は、任意の箇所で抵抗が生じ た際に自動的に行われます。 切換時間は“X弁”により調節可能で す。内蔵タイプ、コンパクト外付けタイプ があります。 15 制御 11 パワーストローク弁はフランジに取り付 1 2 4 5 6 7 8 けられているか、または一体化されて Oil Level います。 Indicator 全体としては 一般的な複動式空気圧 Pneumatic シリンダーと同様に4/2または5/2 or electric 油圧圧力スイッチ 方向弁で制御可能です。 ZDO 2 4 1.2 16 エンドポジションダンパー 3 1 5 TOX®-パワーパッケージ line-Q及び 赤: オプション アクセサリー line-XはSタイプ(4tonクラス以上)と 同様に、特許取得の油圧エンド ポジションダンパーが内蔵されており、11 特許取得の過充填防止装置。 - オイルリザーバーへの常時加圧 戻りストロークの際の衝撃を緩和しま 適当油量を超えた分は内蔵リリーフ エアー供給をしていない状態で す。特にツール重量が重い場合に バルブにより排出されます。 もオイルリザーバー部へ一定の 最適です。 圧力をかけ、取り付け姿勢に 左右されない動作が可能となり ます。 12 内臓スプリングは2機能を有します: 例)ロボットハンドリングによ る使用。 - 増圧ピストンの戻りストローク力 の発生 7
Page8

他種ドライブとの比較 1 空油圧 トックス®-パワーパッケージ トグル機構とエアシリンダー 速度 ストローク ストローク (毎分) 100 (毎分) 100 75 75 50 50 25 25 24 kN 80 kN 300 kN 1000 kN 24 kN 80 kN 300 kN 1000 kN 出力 出力 出力 パワーストローク パワーストローク 早送り行程   戻り行程 早送り行程 戻り行程 距離 距離 メンテナンス + 最小限の消耗部品 + 摺動部の摩耗が早く、ガタが出やすい + 修理の際にも設備からの取り外しが容易 + 複雑な取り付け + 数百万ストロークの使用に耐えるシール類 + 流量の大きなバルブ/エア接続が必要 + 要注油のサインが出ても、必要な油量は比較的少ない 品質 + ストロークの速度と出力は別々に制御可能 + 適切な設定を行えばソフトタッチが可能 + 早送り行程は低出力/ソフトタッチでツールへの低ダメージ + 出力はストロークと共に増加し、制御は不能で + 圧力スイッチ/表示計で出力の制御/確認が可能 ストロークに依存する + 自動的なパワーストロークへの切り替え + 入力が大きいと機構を破損 + 対象材料の厚みの公差等は吸収される + 複雑な設定作業が必要 + 精度の高いガイドの為のダブルベアリングによる作動ピストン + トグル機構自体にガイド機構が必要 柔軟性 様々なストローク長で使用可能。 ストロークは安定。用途の選択性は無し。 特殊な例では繰り返しパワーストロークを行って、 長いパワーストロークを行うことも可能。 環境性能 + クリーンルームでも使用可能 + クリーンルームでも使用可能 + 低い騒音レベル + 低い騒音レベル + 低エア消費量による低騒音 + 低エア消費量による低騒音 短所 長いパワーストロークが必要な場合は長いタイプ 大きな出力が必要な場合は機構部/フレームが のシリンダとなる。X-KTシステムの適用が可能。 かなり大型化する 8
Page9

大型エアシリンダー 油圧システム ストローク ストローク 速度 (毎分) 100 (毎分) 100 75 75 50 50 25 25 24 kN 80 kN 300 kN 1000 kN 24 kN 80 kN 300 kN 1000 kN 出力 出力 出力 早送り パワー リターン アプローチ パワー 戻り ストローク ストローク ストローク ストローク ストローク ストローク 距離 距離 + 消耗は殆どしない + システム周辺は清掃が必要 メンテナンス + 大型化傾向 + 配管、油圧ユニット、制御等の複雑な接続が必要 + エア補機器も大流量仕様が必要 + 作動油及びフィルターの定期的な交換が必要 + 作動油漏れが起こりやすい + 加工対象へは全出力で接触する。回路等にコスト + 加工対象へは全出力で接触する。回路等にコストを 品質 をかければ回避可能 かければ回避可能 + ストロークスピードは調整可能だがパワーストロークの + ストロークスピードは調整可能 仕組みは無い + 圧力スイッチ/表示計で出力の制御/確認が可能 + ストローク全域で同出力 + ストローク全域で出力が可能 + 対象材料の厚み公差は重要ではなく、調整が不要 + 対象材料の厚み公差は重要ではなく、調整が不要 + 作動ピストンの直進性に精度は無い ストローク全域でいつでも出力可能 ストローク全域でいつでも出力可能 柔軟性 + 高エネルギー消費量 + オイルの廃棄 環境性能 + 設備周辺の汚濁 + 高エア消費量による大排気騒音 + 油圧ユニット(ポンプ)の騒音 + 油圧ユニット(ポンプ)の排熱 本体が大型傾向である為、設備においてもその分、 高エネルギー消費及び周囲環境の汚染 短所 スペースを占有する 9
Page10

TOX®-パワーパッケージ TOX®-パワーパッケージ ライン-Q l ライン Q ライン-Q シリーズはTOX®-パワーパッケージの持つ 殆どの長所を標準装備しています。 そのデザインは2つのタイプがあります。 ストレートでスリムな Q-S コンパクトな Q-K この推奨タイプはTOX®-パワーパッケージの殆どの出力 クラスにラインナップされおり、短納期/リーズナブルな 価格を実現しています。 line-Q シリーズは内部オイルリザーバーへの与圧にコイ ルスプリングを採用し、エンドポジションダンパー、 パワーバイパスも標準装備しています。 さらにシリンダスイッチ用磁気ディスク(ZHU)も装備され ています。 技術詳細: + パワーバイパス ZLB + 油圧エンドポジションダンパー ZHD + ウレタンダンパー付き前進端金属体構造 FUD + 磁気ディスクZHU装着済みによりシリンダスイッチ ZHS及び測長センサーZHWへの対応可能 Type Q-S Advantages + 標準定格クラスラインナップ + 短納期 + 経済的 + 低エア消費量 + 中程度のメンテナンス間隔 Type Q-K 10
Page11

TOX®-パワーパッケージ line-X   line- X ライン-X シリーズはユーザー要求に細部 技術詳細: にわたり適合します。パワーバイパスを標 + パワーバイパス ZLB 準装備し、内部コイルスプリングの代わり にエアスプリングを装備して、増圧ピストン + 油圧エンドポジションダンパー ZHD の戻りストローク力としています。 + ウレタンダンパー付き前進端金属体構造 FUD line-X シリーズは2つのタイプがあります。 + 磁気ディスクZHU装着済みによりシリンダ スイッチ ZHS 及び 測長センサーZHWへの対応 ストレートでスリムな 可能 X-Sコンパクトな X-K + タイプ X-Kにおける増圧部新構造による全長の オプションで以下の様な装備があります。 短縮 ・パワーストローク力調整用レギュレータ ・パワーストローク切替外部制御 ・パワーストローク力調整用電空レギュ レータ Type X-K Type X-S 内部スプリングにエアスプリングを採用 して、前進ストローク速度及びパワース トロークへの切替速度の向上を図って います。 特長 + 豊富なバリエーションと 多様なオプション 次の3ポートにエア接続下さい。 + カスタマイズにも対応 前進ストローク用ポート 後退ストローク用ポート + 最大スピード エアスプリング用ポート + 長メンテナンス間隔 エアスプリングにより、サイクルの向上 だけでなく、メンテナンス間隔の低頻度 化も達成しています。 11
Page12

TOX®-パワーパッケージ TOX®-パワーパッケージ X-KT-システム 遠隔操作シリンダを備えた空油圧システム l i n eX TOX®-X-KT-システムは増圧器 X-ES と、 1つ以上の先端シリンダから構成されます。 必用な出力、取付寸法、サイクルタイム等により 最適な組合せをご提供します。 先端シリンダーには TOX®-油圧シリンダ HZL 又は、 作動シリンダ X-AT が使用されます。 HZL タイプの長所 + 短い全長 + シンプルなガイド構造の作動ピストン + 完全な空/油圧の分離構造 増圧器 X-ES + 前進端の金属体構造 ® (ウレタンクッションはオプション) TOX -油圧シリンダー HZL + オプション: シリンダスイッチ用磁気ディスク ZHU 測長センサー ZKW + 比較的安価 X-AT タイプの長所 + 高い前進/後退ストローク力 + 短いサイクルタイム + ウレタンダンパー付き前進端金属体構造 + 磁気ディスクZHU装着済みによりシリンダ スイッチ ZHS 及び 測長センサーZHWへの 対応可能 増圧器 X-ES + 全サイズパワーバイパス ZLB TOX®-作動シリンダ X-AT + 油圧エンドポジションダンパー Advantages + 省取付スペース + 長パワーストローク + シンプルな制御 + 最大化された多様性とオプション群 + モジュラーコンセプト 技術詳細: + 1台の増圧器に最大6本の先端 シリンダを接続可能 + TOX®-ハイドロスプリットカップリング による分離/接続性の向上 12
Page13

TOX®-パワーパッケージ RZK, RZS, RZH (ロボットガン用) TOX®-パワーパッケージ RZ シリーズは ロボットガン用として開発されました。 本シリーズは取付部で精密な取付位置 調整が可能となっており、ガンタイプの Advantages 設備を製作するのに最適です。 + 特殊取付フランジによる、ガン形式  構造における単純で精密な同芯調整 + 短いサイクルタイム + 長メンテナンス間隔 精密なフランジ取付 本シリーズは取付部のキー溝構造に より、ストローク軸に対して垂直な2方 向に位置調整可能です。 取付部において、シム/キーブロック 部品を使用して調整します。 Type RZS Type RZK Type RZHL / RZHO タイプ RZS タイプ RZK タイプ RZHL / RZHO + ストレートタイプ + コンパクトタイプ + コンパクト + 内部エアスプリング採用 + 内部エアスプリング採用 + 増圧器 X-ES と接続して使用する + 高頻度ストローク/短サイクルタイム + 高頻度ストローク/短サイクルタイム  作動シリンダ +比較的安価 + TOX®-TZ ガン用に標準化された  ストローク長 + 高頻度ストローク/短サイクルタイム + 全ストローク調整機構付き 13
Page14

TOX®-パワーパッケージ 特殊タイプ S, K, T と RP TOX®-パワーパッケージ 以下のシリーズはご要望に対して Type S 個別に開発した特殊タイプです。 Sタイプはパワーストローク長調整機構を 装備可能です。 Kタイプは全ストローク調整機構を装備 可能です。 Type S .50 / S .80 パワーストローク長調整機構では、パワー ストロークの長さを設定可能です。 適用例: 様々な厚みの材料上に一定の 深さの刻印を施す。 Advantages 全ストローク調整機構では、全ストローク長 + 最大化された多様性とオプション群 を調整/固定できます。 これは塑性加工、接合工程等に理想的な + 全ての部分が指定可能です。 機能です。 + 特殊設計対応可能 適用例: ツール側でのストッパー廃止 全てのタイプにおいて 取付部の位相や、 エア接続ポートの方向等が、御指定可能 Type K です。 適用例: Z型形状、顧客指定組上げ仕様 技術詳細: + ストローク長、出力、形状のカスタム Type K .51 / K .81  仕様可能 + 内部スプリングのコイル式/エア式  の選択が可能 +供給エア圧:0.6MPa 又は 1.0 MPa  仕様の選択が可能 +全てのアクセサリーが適用可能 特殊なアプリケーションでは個別の ソリューションが必用です。 非常に高速かつ高出力が求められる 刻印用途にもTOX®-パワーパッケージは 右記のラインナップをご用意しています。 タイプ T タイプ RP 高速ターボシリンダー コイニング/ラベリング用途に最適 Advantages + パワーストロークのみの仕様 + 作動ピストンは回り止め機構付き + 最大 550 ストローク/min + 先端チャッキング機構付き + パワーストロークのみ + 内部エアスプリング仕様 + コイルスプリング仕様 +内部エアスプリング仕様 +パワーバイパス装備 + 供給エア圧:最大1.0MPa +1.0MPa仕様も選択可能 + 一定の出力 + 供給エア圧:最大1.0MPa 14
Page15

TOX®-パワーパッケージ ストロークの制御とダンピング ストロークの制御 ZDK ZKHZ TOX®-パワーパッケージのストロークを その個別案件に適するように調整する には様々な方法があります。 次の制御機器ラインナップがあります。 パワーストロークライン用 圧力レギュレータ ZDK 手動でパワーストローク力を調整するこ とが可能です。本体から離れた位置に パワーストローク追加onバルブ ZKHF 取り付けることも可能です。 ZKHF 標準装備のX弁に加えて、外部信号に パワーストローク外部制御切替弁 よりパワーストロークの開放を許可しま ZKHZ す。 パワーストロークへの切替を外部電気 信号により可能とするバルブです。 本品はストローク位置によってパワー ストロークに切り替える必要がある場合 にや、重いツールを上方に向けて ストロークさせる場合、早送りストローク ZHO をステップ送りする場合等に有効です。 ストロークサイクル補助 ZHO パワーストロークon/offバルブ サイクルタイムを向上させる機構です。 ZKHD (約20%向上) パワーストローク切替弁 外部電気信号によりパワーストロークの のサイズアップとなります。 on/off切替が可能です。 例:セットアップモードにて ストロークのダンピング 安全ロッドロックシステム ZSL ストロークダンピング ZED エア供給停止時に作動ピストンが動く のを防止します。 作動ピストンの速度をストローク全域に 内部機構によりピストンをクランプし、 わたり制御可能です。 開放エアの再供給によりアンクランプ この機能は圧入においてスティック- します。 スリップ現象を避けるのに役立ちます。 認証機関により安全装置として認定さ また、対象材料への接触時、良好な れています。 圧入結果、騒音低減、衝撃力の緩和 にも有効です。 打ち抜き衝撃吸収ダンパー ZSD 穴あけ工程等で発生する衝撃力を 緩和します。 その構造により、ストローク端を調整し つつ、ダンピングを行えます。 15
Page16

特殊仕様 食品業界向け (ZLM) 防錆仕様 (ZRO) 全ての TOX®-パワーパッケージは食品 ご希望であれば TOX®-パワーパッケージは 製造工程に無害な作動油/グリスが使 防錆仕様が可能です。全ての部品は、クロ 用可能です。 (USDA-H11 認証) ムメッキ/亜鉛メッキ/塗装品/ この仕様、潤滑剤との接触を技術的に ステンレス等で構成されます。 避けることができない食品、医薬品および この仕様は特に食品や包装産業向けです。 化粧品業界での使用に適しています。 パワーストローク位置制御 ZKPr 精密な制御 抗力が発生する以下のアプリケーション Advantages これは パワーストロークの完全な制限に にのみ適用可能です。 より精密なストロークを行う仕様です。 - 圧入組立 + サーボバルブによるパワーストローク - 接合  の制御 パワーストローク制御用のサーボバルブ - ナット/スタッド挿入 は以下のタイプに使用可能です。 + スピード及びパワーストロークの位置 - 刻印(定格150 kNクラスまで)  調整 - リベット - + 絶対位置/相対位置での停止カシメ - Beading over + エア消費の低減 - line-Xシリーズ - 曲げ - 特殊タイプ S, K と RZ + 油圧を減らすことで作業環境の改善- 加圧 (エアスプリング仕様) + ソフトウェア制御によるオーバー  ロードの防止 +単純で安価な制御 + 追加改造可能 制御の仕組み 前進ストロークは5/2弁で制御されます。 パワーストロークは作動ピストンが前進後に のみ増圧ピストンによって発生します。 パワーストロークではそれを発生させる 増圧ピストンが5/3サーボ弁によって駆動 され、複動シリンダーの様に制御されます。 作動ピストンとは独立して制御されます。 Control (PLC) 16
Page17

アクセサリー 典型的なアクセサリー取付け箇所 d c a 出力センサー ZPS c e b シリンダスイッチ ZHU b c アナログ測長センサー ZHW 又は ZKW d 電気式圧力スイッチ ZDO e オイルレベル監視スイッチ ZU a 電気式圧力スイッチ ZDO 出力センサー(ロードセル) ZPS 測長センサー ZHW/ZKW 内部高圧室の油圧を検知し4桁の 本センサーは作動ピストンの絶対 LEDで表示します。 本センサーは作動ピストンの先端に 位置を検出可能です。非接触式 2点の出力設定が 取り付け可能で、押し引き両方の荷重 である為、磨耗することが無く、 可能です。 の検出が可能です。防塵仕様で 汚れ等に強い仕様です。 コンパクトかつ頑強であり、高い測定 精度を有します。 ZKW ZHW シリンダスイッチ ZHU 接続カップリング ZWK 注油ポンプ ZP 全ての line-QタイプのTOX®-パワー TOX®-パワーパッケージとツール部を 適切なメンテナンスを行うことで パッケージはピストン位置を検出できる 接続する為のカップリングです。これに パワーパッケージの長寿命を実現 為に特殊チューブと磁気ディスクを よりTOX®-パワーパッケージのピストン できます。エアを混入させること無く 装備しています。 は横荷重の影響を受けません。パワー 注油が可能です。 これによりシリンダスイッチによる上/ パッケージのピストン先端に取付け可 透明な本体とホースにより注油が 下死点の検出や測長センサーによる 能で、回り止め機構も備えています。 スムーズとなります。 ストロークの検知が可能です。 高さ範囲 60 – 320 mm 17
Page18

TOX®-パワーパッケージ 使用例 プレス機 TOX®-プレス: モジュラー構成による デザインはお客様の個別要求にシンプル かつ経済的にお答えするのに最適です。 専用機械 TOX®-パワーパッケージは数々の専用機 にも使用されています。 圧入機、穴あけ機、TOX接合機、リベット 機、組立機等々。 高出力で経済的、低メンテナンス頻度、 油圧や複雑な制御が不要等の点から ユーザーのニーズを高いレベルで満たし ています。 18
Page19

ガンタイプ設備 TOX®-ロボットガン TOX®-定置式ガン TOX®ガンはエアと制御線を接続する だけの状態で納入されます。TOX®- パワーパッケージはエンドポジション ダンパーを標準装備しており、非常に 高サイクルかつ、ツールに優しい運用が 可能となっています。 程の の製造 工 御社 献しま す。 に貢 最適 化 19
Page20

TOX® PRESSOTECHNIK GmbH &Co. KG トックス プレソテクニック株式会社 Riedstraße 4 〒811-2115 D-88250 Weingarten 福岡県糟屋郡須惠町佐谷1261-1 Find your local contact at: TEL:092-934-4888 www.tox-pressotechnik.com FAX:092-934-4884 info@tox-jp.com www.tox-jp.com 10.201802.en Subject to technical modifications.