1/2ページ

このカタログをダウンロードして
すべてを見る

ダウンロード(2Mb)

在庫適正化ソリューション

製品カタログ

在庫を削減するためには在庫をカラー診断!

在庫を減らしたい経営層と、多めに持ちたい現場。相反する利害関係から、在庫適正化は永遠の課題とも言われています。在庫適正化ソリューションでは、データにて要注意品目を色分けすることで在庫削減すべき対象品目を絞り込むことができ、在庫滞留の要因分析・在庫削減の対策検討を可能にします。必要なのは基準日の在庫データと入出庫データなど一般的な社内にあるデータのみなので、すぐに始められます。

このカタログについて

ドキュメント名 在庫適正化ソリューション
ドキュメント種別 製品カタログ
ファイルサイズ 2Mb
登録カテゴリ
取り扱い企業 ウイングアーク1st株式会社 (この企業の取り扱いカタログ一覧)

この企業の関連カタログ

生産現場で効果を生むIoTデータ活用事例集
事例紹介

ウイングアーク1st株式会社

大量の製造データを高速集計!データ活用ツール「Dr.Sum」
製品カタログ

ウイングアーク1st株式会社

このカタログの内容

Page1

生産管理 / 購買ご担当者様必見! 在庫適正化ソリューション
Page2

課題 ... 在庫の適正化できていますか? 在庫削減すべき対象品目を絞り込む 在庫金額の多い順に並べる、部門で絞る、品目分類で絞る、 BOM(部品表)を用いて製品に紐づく材料に絞るなど。 在庫増の原因を分析し、在庫削減の方策を立てる 滞留した要因を分析し、滞留解消の見通しを確認。関連部門と対策を検討し対応する。 在庫削減の効果測定をする 様々な切り口から、在庫金額推移を確認。 これで 2 ! 主要製品の重要部品だし、近々使い切るからOK 1 解決 理由は主要部品の生産中止部品 3 要注意 1 欠品を恐れて余裕持ちすぎ 赤黒 4 要注意 2 単色 50 要注意 3 40 在 カラフル 1 : 部門や品目分類などから対象品目を 庫30 金 絞り込み、要注意品目を特定 額20 2 : 要注意品目の在庫場所を確認 10 3 : 入出庫の動きを、時系列に確認 0 4 : 今後の動きを確認 部品・材料 または 製品 活用プロセス 1 2 過去と未来の在庫の色で目星を付ける 動きで問題点を確認 3 関連部署と対策を検討 ここが シンプルなデータ構成 ポイント 必要なのは基準日の在庫データと入出庫データなど、一般的なデータのみ。 ノウハウを凝縮したテンプレート あらかじめ可視化すべきポイントを押さえているからすぐに始められる。 カスタマイズも OK お客様の業務に応じたカスタマイズも可能。(別途費用) 必要システム 現場担当者がデータ活用するための「フロントデータベース」。 大容量データも高速に。 ビジネスのあらゆるデータを可視化する BI ダッシュボード。 データを必要なカタチで、シンプルに可視化します。 〇 掲載内容は、2019年6月現在のものです。 SOL007A1806