1/24ページ
カタログの表紙 カタログの表紙 カタログの表紙
カタログの表紙

このカタログをダウンロードして
すべてを見る

ダウンロード(5Mb)

減速機メーカーによる予知保全ソリューション

製品カタログ

住友重機械工業がご提案する、減速機・ギヤモータの予知保全ソリューションについてのご紹介

このカタログについて

ドキュメント名 減速機メーカーによる予知保全ソリューション
ドキュメント種別 製品カタログ
ファイルサイズ 5Mb
取り扱い企業 住友重機械工業株式会社 (この企業の取り扱いカタログ一覧)

この企業の関連カタログ

この企業の関連カタログの表紙
サイクロ減速機
製品カタログ

住友重機械工業株式会社

この企業の関連カタログの表紙
サーボモータ用遊星歯車減速機 『IBシリーズ』
製品カタログ

住友重機械工業株式会社

この企業の関連カタログの表紙
ベベル・バディボックス減速機Hシリーズ
製品カタログ

住友重機械工業株式会社

このカタログの内容

Page2

INDEX 当社の保全ソリューション    保全ソリューションサイクル 02    予知保全×全国に広がるサービスネットワーク 03    予知保全×減速機メーカーとしてのノウハウ 05    予知保全×充実のサポート体制 07 状態監視システム(CMS)  CMSラインアップ 09 TYPE-P 11 S-CMS 13 CycloSMART 15 TYPE-I-8/16 17 TYPE-I-G 19 海外営業ネットワーク 21 01
Page3

住友重機械がご提案する 保全ソリューション 減速機の導入支援から、設備保全計画や新規設備導入のサポートまで 設備を安心して長くお使いいただくための一貫したソリューションをご提案します。 分解整備 変減速機導入支援 新規導入サポート 減速機の導入・更新の アドバイスや最適な 全国に広がるサービス・販売網を 保全サービスのご提案 駆使した迅速な対応 減速機メーカーとしての 保全ソリューション 解決策の提案 保守・点検 減速機メーカーのノウハウを 全国のサービスセンター・ いかした保全計画・分解整備・ 認定サービス店による 新規導入に向けたご提案 保守・点検 診断 状態監視システム(CMS)を活用した、 異常時報告・定期レポート・推奨対策のご提案 CMS機器の選定 導入支援 診 断 問題解決 減速機の機種や使用環境に CMS機器の設置、診断データ お客様のご要望に応じて、 異常時の問題解決提案から 応じ、豊富なラインアップの ベースの構築、しきい値の設 自動しきい値判定から詳細 分解整備の実施まで一貫 中から最適な CMS製品を 定など、当社エンジニアが 分析まで柔軟に対応 して対応 ご提案 対応 状態監視システム(CMS)*で減速機の状態を見える化 一歩先の予知保全へ * CMS :Condition Monitoring System 減速機メーカーによる予知保全ソリューション Sumitomo Drive Technologies 02
Page4

予知保全 全国に広がるサービスネットワーク 迅速なサポートが受けられるから いつでも安心 当社は減速機メーカーとして 日本随一のサービスネットワークをもっています。 状態監視システム(CMS)による予知保全と 当社のサービスネットワークにより 適切なタイミングで迅速なサポートを 提供します。 * 測定値をお客様 PCで管理するオンプレミスタイプもあります。 * AWS:Amazon Web Services * Amazon Web Services、AWSは米国その他の諸国における、 Amazon.com, Inc.またはその関連会社の商標です。 03
Page5

全国各地のサービスセンター・ 認定サービス店で 迅速なサポートが受けられる さまざまな場所で使われる減速機だからこそ すぐにサポートが受けられる体制が重要です。 お客様に安心して当社製品をお使いいただくために 全国にサービスネットワークを展開しています。 安心の国内サービスネットワーク 異常の検知や測定データの分析により整備や部品交換が 必要になった場合、全国に広がるサービスネットワークを 駆使して迅速に対応します。 サービスセンター 認定サービス店 海外でのサポートもお任せください 海外 20拠点以上の当社のサービスセンターが、お客様の減速機の安全を守ります。 主要な海外拠点には日本人スタッフが駐在しているため、日本語での対応も可能です。 減速機メーカーによる予知保全ソリューション Sumitomo Drive Technologies 04
Page6

予知保全 減速機メーカーとしてのノウハウ 難しい分析も 減速機のプロに任せられるから安心  状態監視システム(CMS)による 保全の最適化 故障による 早期発見による ダウンタイムの短縮 設備の延命化 測定データから異常値を把握する 減速機の異常をいち早く発見し適切 ことで、最適なタイミングでの適切な な処置を行うことで、設備の延命化 処置が可能となり、故障によるダ につながります。 ウンタイムを短縮できます。 部品交換・保全工数 長期点検データによる の削減 効率的な更新計画 事前に異常を検知できるため、突発 長期間蓄積された点検データは、 対応の工数を削減できます。常時 正常時 /異常時の状態把握の参考値 監視により定期点検の工数削減も となり、中長期的な更新計画に役立 期待されます。 ちます。 遠隔監視で 減速機の状態を 点検作業を安全に 数値で管理 遠隔監視ができるため、高所など 減速機の状態を数値で管理する 危険な場所やアクセスしづらい場所 ことで、データに基づいた分析や にある減速機を安全に点検すること 多数台の一括管理が可能となり、 ができます。 保全レベルの向上につながります。 05
Page7

減速機メーカーのノウハウをいかした 当社エンジニアの分析で 最善の保全を 異常時の報告や定期レポートの他、測定データの 分析をもとにした保全計画へのフィードバックなどを 当社のエンジニアがサポートします。 複雑な分析は当社にお任せください。 減速機メーカーとして長年培ったノウハウと 状態監視システム(CMS)で測定したデータを掛け合わせることで お客様の設備保全活動の高度化を実現します。
Page8

予知保全 充実のサポート体制 熟練のエンジニアによる診断・整備対応と 保全に対するアドバイスで、ずっと安心 エンジニアによる訪問診断 熟練したエンジニアが現場 に伺い、減速機の精密な 診断を行います。 分解整備 全国のサービスセンター・ 認定サービス店で減速機の 分解整備や部品供給を迅速 に行います。 当社の熟練したエンジニアが お客様の減速機の安全を守ります 07
Page9

導入や保全に関するアドバイスも充実 減速機更新のご相談 長年お使いいただいた減速機の更新について 的確な機種の選定を行います。 生産終了品や取合寸法の互換性がない 機種についてもご相談を承ります。 新規設備導入のアドバイス 減速機メーカーとしてのノウハウを いかし、新規設備の導入に向けたより よい提案を行います。 保全説明会の開催 ご要望に応じて、減速機の日々の 点検や取扱方法、トラブル対応などに 関する保全説明会を開催します。 減速機メーカーによる予知保全ソリューション Sumitomo Drive Technologies 08
Page10

状態監視システム(CMS)ラインアップ お客様のご要望に応じた、最適な診断サービスをご提案 09
Page11

*1測定値をメール送付により保存可能 *2当社検証試験では、軸回転40r⁄minでの歯面損傷の検知達成 減速機メーカーによる予知保全ソリューション Sumitomo Drive Technologies 10
Page12

TYPE-P 測定したい部位の異常を簡単に検知できるポータブルタイプ 診断結果モニタ こんなお客様に最適 現場ですぐに診断したい! 1台で複数製品を測定 したい! システム構成 ・測定したその場でのしきい値判定と、日常点検としての傾向監視ができます。  ・クラウドのデータを分析して報告書を提出します。 ・測定値のメール送付により、お客様 PCへの保存も可能です。 特長 1 ポータブルタイプ 製品仕様 1台で多くの減速機の測定が可能 CMS機器本体にセンサがついており、計測したいタイミングで機器本体を測定対象に都度取り付けて計測します。 CMS機器 1台で多くの減速機の測定が可能なため、導入コストを抑えることができ、スモールスタートで始められます。 2 現場測定・傾向監視どちらにも対応 測定したその場で簡易診断 蓄積データの傾向監視 測定したその場で、スマートフォンなどのデバイスで データを長期間蓄積することで、日常の保全活動の 測定結果からしきい値判定ができます。 一環としての傾向監視ができます。 3 分析はプロにお任せ 当社エンジニアによる分析と報告 クラウドシェアすることで、振動データを当社エンジニアが分析し、報告書を提出します。 11
Page13

診断結果モニタ 使用デバイス 測定時:スマートフォン、タブレット クラウドデータ確認時:PC スポット計測画面 振動傾向値と周波数分析結果 ・測定値はすぐにデバイスに表示されるため、その場で (クラウドに保存) 数値を確認することができます。 ・クラウドにアクセスすることで、これまで測定した ・オーバーオール測定値は、アラーム状態、警告 結果の傾向を簡単に把握することができます。 しきい値、危険しきい値などと共に表示されます。 ・各測定ポイントの周波数分析結果も確認すること ができます。 ・測定結果は自動的にクラウドに保存されるため 測定後のデータ保存や分類作業は不要です。 傾向監視結果 周波数分析結果 製品仕様 センサ接続数 1 応答周波数 10kHz 計測内容 加速度、速度、温度 あり 周波数分析 (通常の周波数分析と包絡線処理) 通信方式 Bluetooth 使用温度範囲 -20~60℃ 保護構造 IP65 サイズ /質量 45× 45× 135mm / 0.2kg 測定機器 減速機メーカーによる予知保全ソリューション Sumitomo Drive Technologies 12
Page14

S-CMS 機能を絞った簡単操作で導入しやすい常時監視システム 診断結果モニタ こんなお客様に最適 低コストで保全運用 したい! 複雑な設定なし に導入したい! システム構成 ・お客様の現場で完結する簡単なシステム構成により、運用が容易です。 ・計測データ・診断結果は、お客様のパソコンで管理いただきます。 ・アラームを報知するだけの使用方法であれば、パソコンなしでもお使いいただけます。 製品仕様 特長 1 シンプルな診断システム 実効値/ピーク値によるシンプルな診断 振動の実効値/ピーク値だけを使用、基準値と2段階 のしきい値(係数)を設定。 自動でしきい値判定 しきい値を設定する事で減速機の良否を自動で判定。 2 簡単設定 3 1台で多数の減速機を見える化 変動要素の補正 複数台の一括監視に対応 オートキャリブレーション機能により、初期の現状値 減速機の台数に応じて、4chタイプと12chタイプ を基準値として自動設定が可能。 から選択できます。 フィルタリング機能で外乱の振動を除去。 13
Page15

診断結果モニタ 現場で直感的に使用できるユーザーインタフェースです。 使用デバイス PC 簡易診断結果表示 事前に設定した振動のピーク値/実効値の しきい値と現在の状態を、視覚的に把握 することができます。 トレンド表示 簡易診断で蓄積した振動データを時系列に 表示して、変動を傾向管理することが できます。 振動波形表示 振動波形データの確認と保存 ができます。保存したデータは 更に精密な分析などにも活用 ができます。 製品仕様 センサ接続数 最大 4または 12 応答周波数 1.6kHz 計測内容 加速度(オーバーオール) 周波数分析 なし 計測頻度 任意設定(トリガー対応可) 検知ユニット 通信方式 Ethernet または Wi-Fi( オプション) 使用温度範囲 振動センサ : -10~ 85℃ 検知ユニット:-10~ 50℃ 保護構造 IP65相当 振動センサ:∅ 20mm × 12.8mm / 30g サイズ /質量 検知ユニット 4ch :125 × 175 × 60mm / 0.6kg 振動センサ 検知ユニット 12ch:175 × 175 × 75mm / 0.9kg 減速機メーカーによる予知保全ソリューション Sumitomo Drive Technologies 14
Page16

CycloSMART 診断からデータ保存まで現場で完結する高性能タイプ 診断結果モニタ こんなお客様に最適 自社でデータを管理して 高度な振動解析をしたい! システム構成 ・お客様の現場で完結する簡単なシステム構成により、運用が容易です。 ・計測データ /結果診断は、お客様のパソコンで管理いただきます。 ・アラームを報知するだけでの使用方法であれば、パソコンなしでもお使いいたけます。 ※ 1 回転数や負荷信号も同時に取り込めます。 製品仕様 特長 1 シンプルな診断システムで 検知ユニット内に ありながら高性能 3 振動値データを保存 歯車や軸受などの 常設PCが不要で現場での 機械要素の振動成分を傾向監視 傾向値の確認が可能 検知ユニットで周波数分析を行うことで、機械要素の振 PCがなくても検知ユニットで傾向値を確認すること 動成分の傾向監視ができます。 ができるため、現場で簡単に高精度な診断を行うこ とができます。 ※検知ユニットに保存した傾向値および詳細な振動データは、  PCに接続して確認することができます。 2 さまざまな使用条件に対応 4 分析はプロにお任せ 複雑な使用条件下でも監視が可能 ノウハウが必要な設定は当社で実施 回転数や負荷に変動のある使用条件下でも監視 歯車や軸受の諸元に合わせ、必要な設定を当社 ができます。 がサポートします。適切な導入支援により監視を スムーズに開始することができます。 15
Page17

診断結果モニタ 検知ユニットを PCに接続することで、リアルタイム 監視項目 振動加速度、振動速度 で振動波形の確認ができます。また、検知ユニット (オーバーオール値、周波数分析) に保存したトレンドデータのダウンロードもできます。 使用デバイス PC 診断結果表示 事前に設定した振動値(オーバーオール 値および特徴周波数成分)のしきい値と 現在の状態を、視覚的に把握することが できます。 トレンド表示 蓄積した振動データを時系列に 表示して、変動を傾向管理する ことができます。 周波数分析波形表示 周波数分析波形の確認が可能。特徴周波 数( 回転信号連動)は自動的にハイライト されるため、視覚的に確認ができます。 製品仕様 センサ接続数 最大 4 応答周波数 10kHz 計測内容 加速度、速度 周波数分析 あり(通常の周波数分析と包絡線処理) 検知ユニット内保存:任意設定(トリガー対応可) 計測頻度 検知ユニット PC内保存    :自動設定(測定仕様に依存) 通信方式 Ethernet 使用温度範囲 振動センサ : -20~80℃ 検知ユニット:0~70℃ 保護構造 検知ユニット:IP20 振動センサー:IP67 サイズ 質量 振動センサ:∅ 17.8mm× 13.5mm / 120g / 振動センサ 検知ユニット:114× 50× 105 / 0.5kg 減速機メーカーによる予知保全ソリューション Sumitomo Drive Technologies 16
Page18

TYPE-I-8/16 異常部位の特定や損傷状態まで検知できる高性能タイプ 診断結果モニタ こんなお客様に最適 異常部位と損傷状態を 正確に把握したい! システム構成 ・測定データはモバイル回線で送信するため、煩雑なネットワーク配線は不要です。 ・クラウドのデータを分析して報告書を提出します。 ※ 1 回転数や負荷信号も同時に取り込めます。 ※ 2 診断ソフトウェア(別売)を導入いただくと、クラウドサーバを経由せずにお客様 PCでのデータ管理が可能です。 製品仕様 特長 1 高性能 早期の異常検知 異常部位・損傷状態の把握 周波数分析により特徴周波数の振動値を傾向監視 複数のセンサから得られる振動値を分析することで することで、故障が進行する前の異常を検知します。 異常部位を特定し損傷状態を把握します。 2 さまざまな使用条件に対応 複数台の一括監視に対応 複雑な使用条件下でも監視が可能 減速機の種類や用途に応じて、8chタイプと 16ch 回転数や負荷に変動のある使用条件下でも監視が タイプから選択できます。 できます。 3 分析はプロにお任せ 当社エンジニアによる精密分析に基づく提案 クラウドのデータを精密に分析することで、推奨する対策案を提案します。 17
Page19

診断結果モニタ 減速機の状態をわかりやすいダッシュボード画面で 使用デバイス PC、タブレット 監視できます。 監視対象となる減速機の一覧確認や詳細確認が可能です。 各センサの傾向値や周波数分析結果も確認できます。 設備の一括監視画面 監視対象の状態を一括で表示する ことができます。機器の状態を判り やすい信号表示で示します。 詳細確認画面 一括監視画面で対象を選択すること で、各センサの診断結果および振動 値を表示します。 各センサのトレンド表示 詳細確認画面からセンサを選択する ことで個々のセンサの振動傾向値お よび周波数分析結果を表示します。 製品仕様 センサ接続数 最大 8 または 16 応答周波数 10kHz 計測内容 加速度、速度、変位 周波数分析 あり(通常の周波数分析と包絡線処理) 計測頻度 任意設定(トリガー対応可) 使用温度範囲 振動センサ   :-50~ 120℃ データ収集機 データ収集機  :-40~ 65℃ 保護構造 データ収集機単体 :IP30 専用キャビネット収納時:IP65 振動センサ :37× 25× 26mm / 135g サイズ /質量 データ収集機 : 104× 173× 40mm / 0.6kg 専用キャビネット:300× 400× 130mm / 6.7kg 振動センサ 減速機メーカーによる予知保全ソリューション Sumitomo Drive Technologies 18
Page20

TYPE-I-G 配線が不要で設置の自由度が高い無線タイプ 診断結果モニタ こんなお客様に最適 多数台の製品を 一括監視したい! 省配線で診断したい ! システム構成 製品仕様 特長 1 高性能 早期の異常検知 周波数分析により特徴周波数の振動値を傾向監視することで、故障が進行する前の異常を検知します。 2 さまざまな使用条件に対応 多数台を一括監視 ・ゲートウェイ 1台に最大で100個のワイヤレスセンサが接続可能です。 無線接続 &バッテリー駆動 ・センサ配線が不要で、アクセス困難な場所での診断にも向いています。 ・通信距離は標準で約10m - 30mです。(周辺の環境に依存します。) ・親機まで距離がある場合、センサがリレーして通信することで到達距離を伸ばします。 ・4年間の標準センサバッテリー寿命(センサ構成および測定間隔に依存します。) 3 分析はプロにお任せ 当社エンジニアによる精密分析に基づく提案 クラウドのデータを精密に分析することで、推奨する対策案を提案します。 19