1/2ページ

このカタログをダウンロードして
すべてを見る

ダウンロード(199.8Kb)

エッジAIの開発事例 危険領域判定

事例紹介

「エッジ AI とは何か」「どのような利用技術があるのか」をアンドールでの開発事例でご紹介

『エッジ AI』とは、IoT 機器や測定装置などが設置されている現場(エッジ)で AI 処理を行うことを意味する言葉です。 装置から見て外部(インターネット)との境界をエッジと呼び、エッジでデータ処理を行うことをエッジコンピューティングと呼びます。

エッジAIではエッジコンピューティングでAI処理を行います。インターネット経由しクラウド上で AI 処理を行う場合は『クラウド AI』と呼ばれます。 AI の演算処理は非常に負荷が重く、従来は専用サーバやクラウド AI で処理する方式が一般的でしたが、 近年の AI アルゴリズム、ハードウエアの進化により、IoT 機器などで AI の推論処理を実行することが可能となりエッジ AI が急速に増えている事例をご紹介

関連メディア

このカタログについて

ドキュメント名 エッジAIの開発事例 危険領域判定
ドキュメント種別 事例紹介
ファイルサイズ 199.8Kb
登録カテゴリ
取り扱い企業 アンドール株式会社 (この企業の取り扱いカタログ一覧)

この企業の関連カタログ

3次元CAD【CADSUPER Works】
製品カタログ

アンドール株式会社

2次元CAD【CADSUPER Lite】
製品カタログ

アンドール株式会社

2次元CAD【CADSUPER】
製品カタログ

アンドール株式会社

このカタログの内容

Page1

エッジ AI の開発事例 三角コーン認識による危険領域検知 ディープラーニングによる画像の物体識別と、前述のPOSEを組み合 わせることで、より自由度の高い危険領域検知システムを開発しまし た。 物体識別では、あらかじめ三角コーンを学習し画像内から識別する ことができます。このデモでは、「赤い三角コーン」を危険領域とみな し、POSEで認識した人が赤い三角コーンに接近すると画面上の文字 で危険を通知します。 デモ動画の途中で赤い三角コーンが追加されます。それまで安全領 域だった場所が危険領域として認識されている点になります。 専門の技術者が対応! 詳しくは www.andor.co.jpでご確認を!
Page2

エッジ AI の開発事例 姿勢推定(POSE) AIのアプリケーション例としてよく目にするものに人間の姿勢推定で あるPOSEがあります。リアルタイムに画像内の人の関節位置を推論 しフレームで人の位置を表示します。動画でも静止画でも利用可能 で応用範囲の広い技術です。 当社では、本技術をベースとしたエッジAIのデモを開発していており 、以下でご紹介いたします。 また「エッジAI ラズパイでの試作事例」 として、シングルコンピュータのラズベリーパイとUSBカメラを使用し て実際にPOSEを動かすまでの手順を解説いたしました。 専門の技術者が対応! 詳しくは www.andor.co.jpでご確認を!