1/12ページ

このカタログをダウンロードして
すべてを見る

ダウンロード(4.4Mb)

高精度成形研削盤 HPG500シリーズ 精密成形研削盤 PFG500シリーズ

製品カタログ

自動研削サイクルを目的によって選択、より剛性を高めた成形研削盤。

・太いといし軸と超精密級のコロガリ軸受を採用したユニット構造で、抜群の剛性を持たせたうえ発熱量は最小限です。前後方向に正確な位置決めが必要な成形研削盤として最適な構造となります。

・全手動タイプ(タイプ/DXIIタイプ)、左右自動(Cタイプ)、上下左右自動(Pタイプ)、全自動等(Aタイプ)お客様の加工内容に応じて選択することができます。

・全自動タイプは粗研削→精研削→零研削の全自動サイクルに加え、上下最小設定0.1μの微細切込みを標準装備。精密研削加工に威力を発揮します。

関連メディア

このカタログについて

ドキュメント名 高精度成形研削盤 HPG500シリーズ 精密成形研削盤 PFG500シリーズ
ドキュメント種別 製品カタログ
ファイルサイズ 4.4Mb
登録カテゴリ
取り扱い企業 株式会社岡本工作機械製作所 (この企業の取り扱いカタログ一覧)

この企業の関連カタログ

精密平面研削盤PSGSA1シリーズ
製品カタログ

株式会社岡本工作機械製作所

精密平面研削盤PSG-GXシリーズ
製品カタログ

株式会社岡本工作機械製作所

超精密平面研削盤UPG-CAシリーズ
製品カタログ

株式会社岡本工作機械製作所

このカタログの内容

Page1

High Precision Form Grinding Machine HPG500 Series Precision Form Grinding Machine PFG500 Series 株式会社 岡本工作機械製作所 本 社 〒379-0135 群馬県安中市郷原2993番地 TEL 027(385)5800 FAX 027(385)5880 営 業 本 部 〒379-0135 群馬県安中市郷原2993番地 TEL 027(393)6661 FAX 027(385)1144 仙台営業所 〒981-1106 仙台市太白区柳生7丁目2番5番(シャトルプラザ F3) TEL 022(741)1777 FAX 022(741)1788 北関東営業所 〒379-0135 群馬県安中市郷原2993番地 TEL 027(385)5300 FAX 027(380)2020 首都圏営業所 〒224-0032 横浜市都筑区茅ヶ崎中央50-17 C・M Port6階    TEL 045(949)3788 FAX 045(949)3789 静岡営業所 〒422-8067 静岡市駿河区南町11-10(Aフラット1階) TEL 054(204)0898 FAX 054(204)0899 富山営業所 〒939-8281 富山市今泉西部町11番地9号(LONG-1ビル1階) TEL 076(421)1625 FAX 076(421)2543 名古屋営業所 〒468-0051 名古屋市天白区植田1丁目2003-2 TEL 052(800)2101 FAX 052(848)2771 大阪営業所 〒564-0063 吹田市江坂町2丁目2番6号(紙谷第2ビル) TEL 06(6339)0121 FAX 06(6339)0304 広島営業所 〒721-0973 広島県福山市南蔵王町3丁目13-3 TEL 084(932)6363 FAX 084(932)6366 福岡営業所 〒812-0063 福岡市東区原田3丁目6番8号 TEL 092(611)5286 FAX 092(611)5379  注 意
Page2

高精度の要求に応える機械追従精度。 使い勝手・熱変位対策・環境対策を考慮に 入れた小型成形研削盤。 岡本工作機械は1953年に平面研削盤の国産 1号機を開発して以来、日本の研削盤メーカー のパイオニアとして高精度・高品位な研削盤 を開発・提供し、国内外で高い評価を得てい ます。 HPGシリーズ・PFGシリーズは平面・成形研削 が可能な研削盤となっており、小さいワーク表 面の極微細な研削で平面の寸法を確保する目 的や、ピッチ・溝・形状精度を出すために多く使 用されます。 といし成形を行うには、作業者の熟練技術が 必要になります。汎用で思い通りに行う方法・ 簡易NCプログラムで数値のみを入力する方 法があり、どちらも高精度のといし成形が可 能です。 操作方法は全手動タイプから全自動タイプま でのラインナップを用意し、利用者に最適な選 択が可能です。また油圧レス構造を採用した HPGシリーズは熱変位対策・環境対策・メンテ ナンスが容易になりました。 HPG・PFGシリーズは思い通りの操作を実現 します。 CONTENTS 目次………………………………………………1~2 機種ラインナップ……………………………… 3~4 HPG500NC ……………………………… 5~6 HPG500NC(S)……………………………7~8 NCソフト紹介…………………………………9~10 HPG500……………………………………11~12 PFG500DXⅡシリーズ…………………………13 PFG500Ⅱシリーズ………………………………14 機械仕様 ……………………………………………15 外形図 ………………………………………………16 標準付属品…………………………………………17 特別付属品…………………………………17~22 1 HPG500 Series/PFG500 Series HPG500 Series/PFG500 Series 2
Page3

コンパクトでありながらハイパフォーマンスを実現 業界最高峰の高精度を実現する小型成形研削盤シリーズ 高度な手動といし成形を行う汎用機・容易にといし成形を行うNC 機をラインナップ High Precision Form Grinding Machine Precision Form Grinding Machine HPG Series PFG Series 汎用タイプ : HPG500 PFG500DX Series NCタイプ : HPG500NC 全自動 PFG500DXA 上下左右自動 PFG500DXP 高速反転タイプ : HPG500NC(S) 左右自動 PFG500DXC 全手動 PFG500DX PFG500 Series 全自動 PFG500A 上下左右自動 PFG500P 左右自動 PFG500C 上下・前後スケールフィードバック 汎用性に特化した 全手動 PFG500 標準装備、 小型サイズの研削盤、 油圧レス構造で高精度加工を実現 業界最高峰の精度を実現 HPG500 PFG500 機種の読み方 PFG500DXAL R:右ハンドル といし反時計回り 型式 L:左ハンドル といし時計回り A:全自動 C:左右自動 左右前後V-V 摺動面には伝統のキサゲが P:上下左右自動 施され、高精度の送りを実現します ※PFGのみ HPG500NCL HPG500NC(S) (高速反転タイプ) 3 HPG500 Series/PFG500 Series HPG500 Series/PFG500 Series 4
Page4

HPG500NC NC対話ソフトにより成形研削の自動化 コンセプトは『汎用機と同じ』ように使えるNC成形研削盤。 HPG 500の汎用性を残し、容易にといし成形をNC操作で実現します。 汎用性を残したまま、熟練作業者が行うといし成形をNC制御で実現します 豊富なオプション 使いやすさ NC対話ソフト 高精度・高剛性 ●従来のHPG500のハンドル操作を ●手動ハンドル作業による高精度の ●上下・前後送りは最小設定0.1μm。  そのまま踏襲。  作業を対話ソフトでサポート。 ●繰り返し位置の誤差0.1μmを実現。 成形ドレス 丸ピン研削 機上測定 非磁性体研削チャック  新たに搭載されたNC装置により、  単純な研削サイクルとといし成形を ●従来機比フレーム幅1.25倍、 標準 3方向ドレス装置 OP 芯なし研削装置 OP 測定装置(寸法・形状) OP バキュームチャック  高度な作業を対話ソフトで実現し、  ソフトで解決することで生鮮性向上。  質量1.35倍の高剛性仕様。  研削サイクル・といし成形を簡易化。 ●量産ワークには加工レシピ登録で ●PFG500シリーズと比較し、といし軸  画面入力時間を大幅短縮。 剛性54%アップ。 ●オプションで対話式による 上下・前後スケール  コンタリング機能・Gコードプログラム フィードバック標準 油圧レスで省エネ・環境対策 等の複雑加工にも対応。 量産向けドレス 微細ドレス 機上測定 丸物加工 OP ロータリードレス装置 OP ツインロータリードレス装置 OP 測定装置(厚み) OP 円筒研削装置 MADOKAⅡ ●従来は高精度オプションであった ●消費電力量削減効果  スケールフィードバックを標準装備。        -1,313kg・kWh  前後軸と上下軸の高い位置決めで ●CO2排出量削減効果 汎用とNCの両立で多彩な研削をサポート  精度の高い成形研削を実現します。      -199.2kg-CO2/L 汎用 前後凹凸研削 高精度の平面研削 左右反転位置決めドグ 前後の指定位置できっちり停止。 ハンドルでの平面研削はもちろん、 前後ハンドル操作でも指定した位置 粗・中・精の自動切込みに自動ドレス 以上は進まない機能もあります。 サイクルを標準で搭載しています。 コンタリング研削(Gコード) ピッチ研削 Gコードによる複雑形状加工に対応。 対話ソフトは等間・不等ピッチも用意。 左右・前後ハンドル 上下・前後軸の高い位置決め制御で 加工に合った薄といしへの成形も可能。 ※左右ハンドル標準は丸ハンド 高精度の成形研削を実現します。 上下手パハンドルと ルです。 ジョグ送りスイッチ NC HPG500NCL テーパ研削 円弧(R)研削2軸NC同期制御機能を搭載。 テーパ研削同様の2軸同期制御。 左右軸への上下軸の同期制御で、 円弧の動きで面取りR加工に最適。 ワンハンドル操作で2軸斜め送り。 超硬金型パンチの研削抜群の効果。 5 HPG500 Series/PFG500 Series HPG500 Series/PFG500 Series 6
Page5

HPG500NC(S) 高速反転仕様 高速・高精度・高効率加工を実現 金型パンチ等の小形成形ワークに最適。ハイスピードストローク研 削仕様のHPGシリーズ最新鋭機。 反転精度と操作性で差を付けるハイスピードストローク研削 左右高速反転による金型パンチ高速研削 左右反転位置 金型パンチの加工に必要なカキアゲ研削・行き止まり研削の左右高速反転研削。高速反転 使いやすさ 高速反転 ティーチング画面 を行うことでサイクルタイムを大きく短縮することができます。 [ 高速反転時(240往復/分)の位置決め精度15μm達成 ] ●HPG500NCシリーズの上位機種。 ●左右高速反転機構により、15μm以下 左右反転ティーチングは2通り。  左右テーブル高速反転仕様に変更。 の反転精度を実現。高品位の行き止ま ●上下ハンドル近くのスイッチ  研削加工例  手動・自動送り時の反転精度と速度 り研削が可能。 ●操作画面による設定  を向上させ、使い勝手を更にアップ。 ●ショートストローク仕様では15mm ●高精度手パハンドル  ストロークで324往復/minを実現。 90R  で上下切込みを実現。  最小送り量0.1μmから 50  の設定が可能。 6 多彩な加工形状 油圧レスのベルトモータ駆動採用のメリット HPGシリーズは左右の駆動方式に電動ベルトモータ式を採用。 従来の油圧駆動方式に比較して、メンテナンス改善・熱変位対策・環境対策が可能となります。 1 管理者の負担を排除! 2 CO2排出削減でエコ! 作動油がないため、油交換の必要がありません。 作動油をなくすことで産業廃棄物の廃油処理によるCO2 油交換の煩わしさ、規制・地方条例等から工場の管理負担 排出656kg/kWh(排出係数2.93kg-CO2 /kg×40L× の軽減につながります。 全国平均6.59)を削減。 作動油なし 作動油 3 消費電力を年間60%削減! 4 熱の発生要因を排除 テーブル駆動に関係するエネルギー損失を約60%削減。 油圧駆動方式では油の温度調整 年間電気使用料の節約ができます。 が非常に難しくなりますが、その 要因を排除しました。 膨張 HPG500NC(S) 低温 高温 7 HPG500 Series/PFG500 Series HPG500 Series/PFG500 Series 8 4 0.5
Page6

HPG500NC/HPG500NC(S) NC対話ソフト紹介 HPG500NC/HPG500NC(S)では対話ソフトによる簡易的な 研削条件の設定を実現しました。 ドレスメニュー 研削サイクルメニュー プランジ研削モード 各標準研削モードでは総研削量 と精研削量を指示。ワンパスの 切込量を指定して研削を開始し ます。途中での自動ドレス指示も 可能です。 といし成形パターン一覧 座標確認画面 といし成形は合計で8パターンを用意してます。細溝といし・丸形状といし・角度といし等に 上下前後スケールフィードバック 簡単にNC成形を実行。自由型といし成形はマクロプログラムでといし成形を行います。 標準研削モード 採用で高精度の位置決め精度を ①外周型 ②両凸R型 ③片凸R型 ④V型 ⑤角度型 ⑥R+テーパー ⑦片凹R型 ⑧自由型 プランジ・トラバース・サイド・テーパ研削を対話プログラム化。 実現。 前後ティーチングを行うことで手動ハンドル作業を行っても、ティー チング位置より、テーブルが進まなくなる機能もあります。 初期画面 形状研削モード ドレス点ティーチング ロータリードレス装置(OP) 形状研削モードでは段差・等間 ピッチ・不等ピッチなどの研削を 標準の3方向ドレス装置はNC画面で3点を OPでロータリードレス装置を搭載した場合、 対話で行うことができます。 ティーチング。手動での平ドレスでも使用可能。 対話画面で対応可能。 トラバース研削 経路図確認 トラバース平面研削時、前後反転位置のロック機能を搭載。 といしの経路を図式にして 手動ハンドル操作時でもティーチングした範囲のみ反転を行います。 確認可能です。 微細研削や確認をしにくい研削 を行う場合は目安となります。 円弧・テーパ同期機能 手動ハンドル使用時、上下ハンドル 外周ドレス 両凸Rドレス 加工・ドレスデータ保存 の動きに合わせて前後軸を同期 させることが可能です。 溝研削など、といしを細くする際に使用。 丸溝研削など、といしを丸くする際に使用。 よく使用する研削サイクル・ドレス設定は登録が 外径幅を指示するのみでといし成形。 外径と角度を指示するのみでといし成形。 可能。量産や使用頻度の多いサイクルは登録を して作業を簡易化。 9 HPG500 Series/PFG500 Series HPG500 Series/PFG500 Series 10
Page7

HPG500 油圧レス構造の採用で徹底した熱変位対策 上下追従精度、前後位置決め精度の追求を目的として開発された 業界最高峰の高精度を実現したNEWモデル。 操作パネル 高精度 高剛性 徹底した熱変位対策 ●上下・前後送りは最小設定0.1μm ●といし軸の剛性比は従来機の1.45倍。 ●油圧レス構造を採用し、熱変位の最大要因 ●上下送りにローラーガイドを採用し、 ●フレーム大型化で前後安定性を確保。 を排除。  従来機と比較して追従性は格段にアップ。 ●主軸モータからの熱がスピンドルにつた ●左右・前後スライド面はV-V摺動面を わらないよう断熱効果の高い特殊材料  採用し伝統のきさげ摺り合せによる 上下・前後スケール をモーターフランジに使用。  高精度仕様。 フィードバック標準 ●PFG500シリーズではオプションであった 【OP】上部ドレス装置電動式 使いやすさ スケールフィードバックを標準装備。  高い位置決めを正確に行います。 【標準】上部ドレス装置手動式 ●前後送りにACサーボモータを使用し ティーチングで反転位置を任意に設定。 上部ドレスとの組合せサイクルで 行き止まりのある工作物でも簡単に 加工時間を短縮  自動研削が行えます。 HPG500操作パネル ●従来機では操作盤上に設けられていた 上下送り用のパルスハンドルを切り込み 上部ドレスのみでも抜群の精度!単一・累積ピッチ精度±0.3μm 倍率スイッチと共にサドル脇に移動。 上下切込量切替スイッチ 自動等間ピッチ送りサイクル加工データ(オプション) 構成 加工時間 32分40秒 ■室温 23±0.5̊C ①総加工溝数 10本 ■加工方式 プランジ間欠切込み ②総研削量 0.9000mm ■加工物材質 ASP23(HRC 56~58) ③精研削量 0.0200mm ■使用といし HW500J10V29U ④エアーカット量 0.0100mm 形状測定 - - - 上下切込手パハンドル 左右・前後ハンドル HPG500 11 HPG500 Series/PFG500 Series HPG500 Series/PFG500 Series 12
Page8

PFG500DX Series PFG500 Series 上下手パハンドルが制御盤上の手パハンドルに 加工精度で差がついた 当社独自のLSI制御により切込み量を0.1μm単位で設定。 ベストセラー機PFG500の後継機。 自動研削サイクルが可能に。 高剛性コラム構造と防塵対策でグレードアップ。 軸径を極力太くして剛性を与えた 給油箇所に応じて最適の油を送る 上下送り手パハンドル 自動研削サイクル 成形研削に最適の 自動潤滑方式 高精度といし軸ユニット 上下送りにACサーボモータを採用。 粗研削⇒精研削⇒スパークアウト(0~5 ●といし軸を起動すると自動的に電磁 ●極力太くした軸と超精密級のコロガリ軸 手パハンドル1目盛0.1μm、1μm、10μm 回)⇒テーブル右端(反転位置)停止自動  ポンプが作動し、案内面や送りねじに 受を採用したユニット構造で、抜群の剛 の3種類が選択でき、微細切込みが容易。 サイクル研削が可能。セレクタスイッチと  強制給油するため、保守が容易です。 性をもたせたうえ発熱量を最小限に抑え デジタル表示装置で簡単設定。 られ成形研削に最適です。 ●潤滑は前後・上下各案内面・前後・上下 操作パネル 各送りねじと左右案内面の2系統に分離 ●振動に対しても十分配慮し、回転中の振 して給油するため、給油箇所に応じた 動は極めて低く、他社同等レベル仕様・ ■ 上下切込み送り ■ モード切替えスイッチ  最適の潤滑油を使用できます。 同等価格機種と比較して、圧倒的な加工 切込み量設定スイッチで、自動切込み量、 総研削量設定、自動切込み定寸、上下速進 精度の高さを誇っています。PFG500PⅡ操作パネル 寸動送り量を設定できます。いずれの送り ・上下手動送り、それぞれの安全のため 量も0.0001~0.03mmの15段階。 インターロックになっています。 ❶ 各部名称 ■ 総研削量 デジタル表示により総研削量を0.1μm単 ❼ ❶上下切込み軸ハンドル 位で正確に設定、表示できますので、深溝 ❸ ❷といしカバー 研削も容易にできます。 ❸上部ドレッサ装置 ■ 寸動送りボタン ❹サドル あらかじめ切込み量設定スイッチで送り ❺フレーム ❷ 量を設定して、このボタンを押すと、設定 ❻テーブル された量だけ正確に切込まれます。 ❼コラム ❽操作盤 ❻ 10 ❾左右送り速度調整レバー❾ 14 15 10左右反転ドッグ ❹ 11 11前後微動送りダイヤル 16 17 12上下早送りモータ 13といし軸モータ 14前後送り起動停止レバー 12 ❽ 15前後送りハンドル 16左右送り起動停止レバー 13 17左右送りハンドル ❺ PFG500DXALⅡ操作パネル PFG500DXAL PFG500P ❶上下切込み軸ハンドル 13 HPG500 Series/PFG500 Series HPG500 Series/PFG500 Series 14
Page9

HPG500シリーズ/PFG500DXⅡシリーズ 仕様 外形図 全自動 上下左右自動 左右自動 全手動 項目 単位 HPG500NC(S) HPG500NC HPG500 PFG500DXAⅡ PFG500DXPⅡ PFG500DXCⅡ PFG500DXⅡ テーブル作業面の大きさ(長さ×幅) mm 500×150 600×140 HPG500NC テーブルの移動量(左右×前後) mm 540(自動時520)×180 520×180 容量 テーブル上面からといし下面までの距離 mm 390 300 HPG500NC(S) チャック寸法 OP:平面研削用(左右×前後) mm 350×150 450×150 工作物許容質量(チャック含む) kg 80 T溝(幅×数) mm×No. T溝なし 12×1 左右送り速度 m/min 0.1~20 0.1~18 - テーブル ハンドル1回転 mm 0.01/0.1/1/20 約115 約100 約115 左右手動送り ダイヤル1目盛 mm 0.0001/0.001/0.01/0.2 - ハンドル1回転 mm 0.01/0.1/1/5 5.0 前後手動送り ダイヤル1目盛 mm 0.0001/0.001/0.01/0.05 0.02 サドル 微動送り1目盛 mm - 0.005 700 882.5 自動間欠送り量 mm 0.008~4 0.5~4 - 1920 1109 ※反転時必要左右スペース2400mm 自動連続送り量 mm/min 0.8~1000 0.8~800 - 粗切込み量 mm - 0.001~0.03(12段) - 自動切込み送り 精切込み量 mm - 0.0001~0.01(11段) - ハンドル1回転 mm 0.01/0.1/1/5 0.01×0.1×1 といし頭 手動切込み送り ダイヤル1目盛 mm 0.0001/0.001/0.01/0.05 0.0001×0.001×0.01 HPG500 スパークアウト 回 0~5 - 上下早送り速度 mm/min 1000 500 400 外径×幅×内径 mm φ180×6~32×φ31.75 といし 回転速度(50/60Hz) min-1 1000~5000 1000~3600 3000/3600 といし軸用 kW/P 2.2/2 1.5/2 油圧ポンプ用 kW/P - 0.75/4 - 上下送り用(ACサーボモータ) kW 0.5 0.4 モータ 前後送り用(ACサーボモータ) kW 0.5 0.4 - 前後送り用(トルクモータ) kg・cm/P - 0.8/4 - 左右送り用(ACスピードコンロールモータ) kW 0.5 0.4 - 電源 所要電力(注水装置セパ付を含む) kVA 5.8 5.5 4.0 3.5 2.5 700 882.5 MPa - 0.25~0.4 - - 1843 1109 ※反転時必要左右スペース2400mm   エアー源 L/min - 60 - - 占有容積 間口×奥行×高さ mm 2460×1446.7×1717 2260×1470×1850 2200×1375×1727 質量 機械本体 kg 1600 1200 1150 1100 1050 2200 PFG500Ⅱシリーズ 仕様 PFG500DX Series 1680 全自動 上下左右自動 左右自動 全手動 項目 単位 PFG500AⅡ PFG500PⅡ PFG500CⅡ PFG500Ⅱ テーブル作業面の大きさ(長さ×幅) mm 600×140 テーブルの移動量(左右×前後) mm 520×180 540×180 容量 テーブル上面からといし下面までの距離 mm 310 チャック寸法 OP:平面研削用(左右×前後) mm 450×150 工作物許容質量 kg 80 PFG500DXAL T溝(幅×数) mm×No. 12×1 テーブル 左右送り速度(油圧) m/min 0.1~18 - 左右ハンドル1回転送り量 mm 100 約115 ハンドル1回転 mm 5 745 ※反転時必要左右スペース2200mm 1372 700 前後手動送り ダイヤル1目盛 mm 0.02 サドル 微動送り1目盛 mm 0.005 自動間欠送り量 mm 0.5~4 - 自動切込送り量 mm 0.002~0.02 - ハンドル1回転 mm 1 PFG500 Series といし頭 手動切込み量 2200 ダイヤル1目盛 mm 0.002 1680 上下早送り速度(50/60Hz) mm/min 300/360 外径×幅×内径 mm φ180×6~32×φ31.75(φ205まで取付可) といし 回転速度(50/60Hz) min-1 3000/3600 といし軸用 kW/P 1.5/2 油圧ポンプ用 kW/P 0.75/4 - モータ 上下早送り用 kW/P 0.1/4 前後間欠送り用(トルクモータ) N/cm(kg cm)/P 78(8)/4 - 電源 所要電力(吸塵注水装置セパ付を含む) kVA 3.0 2.5 1.5 PFG500A 占有容積 間口×奥行×高さ mm 2200×1351×1720 質量 機械本体 kg 1200 1150 1100 1050 ※反転時必要左右スペース2200mm 700 745 15 HPG500 Series/PFG500 Series HPG500 Series/PFG500 Series 16 1727 1720 1717 1717
Page10

標準付属品 項目 HPG500NC HPG500 PFG500DXⅡ PFG500Ⅱ 項目 HPG500NC HPG500 PFG500DXⅡ PFG500Ⅱ(Sを含む) シリーズ シリーズ (Sを含む) シリーズ シリーズ GRIND-Xといし ○ ○ ○ ○ 6)といしフランジ・といし関係 といしフランジ(6~16mm幅用) ○ ○ ○ ○ 1. 予備といしフランジ といし幅:6~16mm幅 ○ ○ ○ ○ 自動式脱磁コントローラ 磁力調整式 ○ ○ ○ - 2. 予備といしフランジ といし幅:16~32mm幅 ○ ○ ○ ○ 手動式脱磁コントローラ(ナイフスイッチ) - - - ○ 3. マイクロバランサ用といしフランジ ○ ○ ○ ○ 卓上式ドレス装置(ダイヤモンドツール付) - ○ ○ ○ 4. GRIND-Xといし 【周辺機器GRIND-X】カタログ参照 ○ ○ ○ ○ テーブル固定式3方向ドレス装置 ○ - - - 7)作業灯 手動式上部ドレス装置 - ○ ○ ○ 1. LEDライト ○ ○ ○ ○ 上下早送り装置 ○ ○ ○ ○ 2. ハロゲンライト ○ ○ ○ ○ といしガード - ○ ○ ○ 8)油圧油・潤滑油・研削液関係 吸塵口一体型といしガード ○ - - - 1. GRIND-X油圧油 NS-01B 20L×2缶 - - ○ ○ 上下微動送り装置 ○ ○ ○(最小設定0.1μm) ○(A,Pタイプのみ) 2. GRIND-X潤滑油 NS-01B 20L×1缶 ○ ○ - - 前後微動送り装置 ○ ○ ○ ○ 3. 超硬用研削液 ○ ○ ○ ○ テーブル右端(反転位置)停止装置 ○ ○ ○(A,Pタイプのみ) - 4. 潤滑油循環方式 標準 標準 ○ ○ スパークアウト装置 ○ ○ ○(A,Pタイプのみ) - 9)指定色 色見本必要 10)といし軸関係 上下切り込み精粗切替え装置 ○ ○ ○(A,Pタイプのみ) - 1. といし軸無段変速装置 1.5kW用 2.2kW用 標準 標準 ○ ○ 深切込み定寸装置 ○ ○ ○(A,Pタイプのみ) - 2. といし軸モータ馬力アップ 2.2kW 標準 標準 ○ ○ プランジカット両端切込み装置 ○ ○ ○(A,Pタイプのみ) - 3. ベビースピンドル MAX:7,000rpmといし径φ80×8×φ25 ○ ○ ○ ○ SUS製防水カバー及びノズル - ○ - - 4. テーパノーズ変更 ○ ○ ○ ○ SUS製サドル固定型引き戸カバー及びノズル ○ - - - 11)テーブル・といし頭関係 トランス(100/200V) ○ ○ ○ ○ 1. 上下微動送り装置 1目盛2μm - - - ○ 必要工具及び工具箱 ○ ○ ○ ○ 2. 上下切込み手パハンドル時計回り仕様 ○ ○ ○ - 基礎ボルト及び受け皿 ○ ○ ○ ○ 3. テーブル左右丸ハンドル仕様 標準 ○ ○ ○ 上下・前後デジタルスケールフルクローズ制御 ○ ○ - - 12)油冷却関係 といし軸無段変速装置 ○ ○ - - 1. 油温自動調整機 - - 500DXⅡ以外 500Ⅱ以外 潤滑油循環方式 ○ ○ - - 2. 液冷式といし頭 ○ ○ ○ ○ 漏電遮断機 ○ - - - 13)ドレス装置関係 NC装置  ○ - - - 1. 油圧式上部ドレス装置 - - 500DXⅡ以外 500Ⅱ以外 テーブル左右クランクハンドル - ○ ○ ○ 2. 電動式上部ドレス装置 自動切込みドレス補正付 ○ ○ - - テーブル左右丸ハンドル ○ - - - 3. 両側面ドレス装置 DRT-1 ○ ○ ○ ○ 4. GRIND-X サイドドレス装置 SD ○ ○ ○ ○ 5. GRIND-X 角度ドレス装置 DRA-3 ○ ○ ○ ○ 特別付属品 6. 角度ドレス装置 DRA-5 ○ ○ ○ ○ 7. 25Rドレス装置 DRR-25B ○ ○ ○ ○ 項目 HPG500NC HPG500 PFG500DXⅡ PFG500ⅡS 8. 40Rドレス装置 DRR-40R ○ ○ ○ ○( を含む) シリーズ シリーズ 1)注水装置関係 9. GRIND-X ツインロータリードレッサ ○ ○ ○ ○ 1. 吸塵装置 ○ ○ ○ ○ 10. GRIND-X 立型ロータリードレス装置 OH-125P ○ ○ ○ ○ 14)バイス関係 2. 注水装置 ○ ○ ○ ○ 1. 平型バイス ○ ○ ○ ○ 3. 注水装置マグネチックセパレータ付 ○ ○ ○ ○ 2. GRIND-X ウルトラ精密直角ブロック UB-80/100 ○ ○ ○ ○ 4. 吸塵注水装置マグネチックセパレータ付 ○ ○ ○ ○ 3. GRIND-X ステンレス製サインバイス DV-100-1 ○ ○ ○ ○ 5. 吸塵注水装置手巻式or自動式ペーパーフィルタ ○ ○ ○ ○ 15)ツーリング 6. 液温自動調整機 ○ ○ ○ ○ 1. GRIND-X 円筒研削装置 MADOKAⅡ ○ ○ ○ ○ 2)カバー関係 2. GRIND-X 割出装置 ○ - - - 1. 防水カバー - 標準 ○ ○ 3. GRIND-X 平面研削用反取り治具 SGマスター ○ ○ ○ ○ 2. 吸塵フード - ○ ○ ○ 16)測定関係 3. 吸塵口一体型といしガード 標準 ○ ○ ○ 1. 機上測定装置 非接触式 CCDカメラ仕様 要問合せ 4. 後部衝立カバー 標準 ○ ○ ○ 2. 機上測定装置 接触式 タッチプローブ仕様 要問合せ 3)チャック関係 17)その他 1. 各サイズ平型電磁チャック ○ ○ ○ ○ 1. 磁器除去機 ○ ○ ○ ○ 2. 各サイズ傾斜式電磁チャック - ○ ○ ○ 2. 精密スコヤ I形500mm,刃形100mm、2個1組 ○ ○ ○ ○ 3. 各サイズ永磁チャック ○ ○ ○ ○ 3. ナイフ形ストレートエッジ ○ ○ ○ ○ 4. 各サイズ永電磁チャック ○ ○ ○ ○ 4. 芯なし研削装置 GRIND-SMART ○ ○ ○ ○ 5. GRIND-X ロータリーチャック ○ ○ ○ ○ 6. 脱磁コントローラ(各種) ○ ○ ○ ○ HPG500NCソフト 4)デジタルスケール関係 1. 操作盤表示形前後デジタルスケール装置 - - ○ - 標準 2. 上下デジタルスケール装置 - - ○ ○ ドレスソフト 外周/両凸R/片凸R/V/角度/R+テーパ/片凹R 3. 前後デジタルスケール装置 - - ○ ○ 研削ソフト プランジ/トラバース/等ピッチ/不等ピッチ/凹/凸/手パR・T 4. 上下・前後デジタルスケール装置 - - ○ ○ オプション 5)といしバランス装置関係 ドレスソフト 自由形状 1. といしバランス装置 コロガシ式 BW-260R ○ ○ ○ ○ 対話式コンタリング プログラム1種につき 2. といしバランス装置 天秤式 BW-260 ○ ○ ○ ○ Gコードプログラム プログラム1種につき 3. マイクロバランサ ○ ○ ○ ○ 指定ワーク研削 ワーク1種につき 4. バランスアーバ コロガシ式 L=190mm ○ ○ ○ ○ iCAM 成形研削自動プログラミングソフト 5. バランスアーバ 天秤式 L=190mm ○ ○ ○ ○ UPCAM 17 HPG500 Series/PFG500 Series HPG500 Series/PFG500 Series 18
Page11

特別付属品 1) 1. 吸塵装置 2) 1. 防水カバーおよび注水ノズル 3) 5. GRIND-X ロータリーチャック 成形研削盤がワンタッチでロータリー研削盤に! ■成形研・平研が5分でロータリー研削盤に変身 ■DDモータによる小型・高トルク、高信頼加工 ■サインバーチャック併用で中凸、中凹加工にも対応 ●出力:0.75kW ■水冷・温式仕様 [防水保護構造:IP63] ●注水ノズルはフレキシブルタイプ ●乾式研削専用。 ●注水装置を併用。 ロータリーチャック本体 アタッチメント ●フィルタ払い落し:手動振動方式 本体のみ φ180×75H φ125×43H 大きさ マグネット ●火花対策 マグネット取付時 φ180×118H 4.0kg 本体のみ 10.0kg Vブロック φ10~φ35 質 量 マグネット取付時 14.6kg 定格トルク 0.6N・m(6・12kgf・cm) 回転数 400min-1 電 源 三相AC 電 流 0.6A 1) 2. 注水装置 CT-1 2) 2. 吸塵フード 4) 4. 上下・前後デジタルスケール装置 5) 2. といしバランス装置 天秤式 BW-260 5) 3. マイクロバランサ といしを研削盤に ●最小読取表示: 取付けたままバラ ●バランスアーバ: ●注水モータ:0.1kW 0.001mm ンシングがOK。正 ●吸塵仕様に併用。 L=190mm ●タンク容量:36L 確で簡単なといし ●防水カバー及び注水ノズルを併用。 動バランス装置。 6) 1.2. 予備といしフランジ 6) 4. GRIND-X といし 1) 4. 吸塵注水装置マグネチックセパレータ付 CT4BM 3) 1. 平型電磁チャック ●といし幅: ●標準といしからCBN、ダイヤモン  6~16mm用(標準仕様) ドといしまで各種 ●といし幅:16~32mm用 ●吸塵モータ:0.4kW ●サイズ ●注水モータ:0.04kW 350×150mm(P=4,8,14) ●タンク容量:40L 450×150mm(P=8,2+12) ●ON、OFFスイッチ付 ※HPG500NCは450×150装 ●防水カバー及び注水ノズル、吸塵 着不可 13) 3. 両側面ドレス装置 DRT-1 13) 4. GRIND-X サイドドレス装置 SD フードと併用。 ●脱磁コントローラと併用。 ●といし成形幅:MAX 36mm ●ドレッシング範囲設定について ●といし成形長:外周より  といし軸上下:研削深さ         MAX 45mm  テーブル左右:ストローク ●ハンドル1回転:2mm  テーブル前後:ドレスの切込み量 ●使用例 ●ダイヤル1目盛:0.01mm  といし側面を簡易な中凹成形や ●使用例 軸心に対して直角にドレッシング  使用といし幅を修正し所定の厚さ 3) 2. 傾斜式電磁チャック HSG-315 が可能。を成形する極薄(0.2mmまで)同  尚、均一な中凹成形は、角度ド 時ドレッシングが可能。 レス装置DRA-3、DRA-5を推 ●315×110×135mm(P=11mm)  薄研削に利用。 奨。 ●傾斜角度:-15˚~+90˚ L ●脱磁コントローラと併用。 29∞35 ●使用例 A ※サインバー内蔵の間接締付方式によ 13) 5. GRIND-X 角度ドレス装置 DRA-3 るロッキング。 25.882 25.882 19●サインバー式 ●ブロックゲージの高さの算式 ※任意の角度はサイン算数表とブロッ ●傾斜角度:±45˚  H=50×sin(45˚-θ)+7(mm) θ=0˚-45˚ クゲージの組合せで角度、平面度が ●ストローク:30mm  H…ブロックゲージの高さ(mm) 迅速に設定可能。 ̊ ˚ ●といし成形角度:180(̊垂直にして  θ…傾斜角度(度) ※平面加工の切換時はダイヤルゲージ 左右90˚)  50…ピン芯間距離(mm) による微動修正不要。 ●使用例 ●といし成形角度により右記図解通り θ  直角な2つの基準面を利用し0~ 据付面及びダイヤモンドツールの方 45˚、45~90˚までの角度成形が可 向を変える。 14φ 能。 50  側面研削で利用するといしの中凹成 形も可能。 110 19 HPG500 Series/PFG500 Series HPG500 Series/PFG500 Series 20 14 H 30
Page12

13) 7. 25Rドレス装置 DRR-25B 15) 1. GRIND-X 円筒研削装置 MODOKAⅡ 寸法図 標準仕様 ●ブロックゲージの高さの算式 ●凸R:MAX 25mm 把握径:内爪(外径)  凸R:H=センタハイト(芯高)+R 三ツ爪 φ2~φ70 mm ●凹R:MAX 25mm チャック方式 スクロールチャック  凹R:H=センタハイト(芯高)-R SC3(NO.3) 把握径:外爪(内径)●適用といし径:MAXφ205mm  H…ブロックゲージの高さ(mm) φ24~φ64 mm ●顕微鏡装置と併用時は別途打合せ。  R…希望R テーブル上の振り φ65 ●使用例 標準:左 仕様変更:右   センタハイト…90 モータ位置  アームの取付位置の変更により ※要問合せ ●右図は凸凹成形の場合 モータ 凸・凹Rの自由に成形可能。 回転速度 50Hz: 90-1400r/min (15段階選択式) 60Hz: 90-1500r/min 電源 単相100V 左右×前後×高さ 348×332×145mm 348 90 13) 8. 40Rドレス装置 DRR-40 ●各種成形研削盤に使用できます。 ●ブロックゲージの高さの算式 ●細ピン加工ができます。 ●凸R、凹R:MAX 40mm  凸R:H=センタハイト(芯高)+R 114.5 ●適用といし径: 225  凹R:H=センタハイト(芯高)-R  MAXφ160~180mm(R40の  H…ブロックゲージの高さ(mm) 凸R成形時)  R…希望R ●顕微鏡装置と併用時は別途打合せ。  センタハイト…90 16) 1. 機上測定装置 非接触式 CCDカメラ仕様 16) 2. 機上測定装置 接触式 タッチプローブ仕様 ●使用例 ●15mm凹R成形の場合  凸R・凹R用ドレッサアームの交  H=センタハイト-R 換及び各ブロックゲージとの組  H=90-15 合せにより凸・凹Rが自由に成形  H=75 可能。 ●CCDカメラにて形状等を機上で ●タッチプローブにてワーク高さ 測定。 を機上で測定。 13) 9. GRIND-X ツインロータリードレッサ 本体仕様   左右送り量 1目盛5μm、1回転0.4mm 17) 4. 芯なし研削装置 GRIND-SMART   モ ー タ DC30W   周   速 2000~4500min-1 ●従来製品と比較して鋳物の剛性 ●ご使用の平面/成形研削盤に搭   装 置 寸 法 50×50×44(高さ)mm をアップ、更に各パーツの見直し 載、高精度の丸ピンの研削加工   質   量 5.5kg により内部に切子が入りにくい構 を実現します。 造に設計。 制御装置仕様 ワーク   回転数表示 2000~4500min-1   回転方向選択 正転(上から見て右回転) ローラー CCW   電    源 100V ツインロータリードレッサ   過負荷保護 過負荷を検出した後表示固定、モータOFF保持 制御BOX 特別オプション ファインバブル発生装置 TWIN-BIX    高能率研削の提案 高能率研削【サイクルタイム短縮】 加工能率アップ といし・研削液の長寿命化【消耗品の寿命アップ】  サイクルタイムを大きく短縮可能です。 寿命アップ 13)10. GRIND-X 立型ロータリードレス装置 OH-125P  14) 3. ステンレス製サインバイス DV-100-1 といし摩耗量(μm) 100 BIX 91 90 ●角度設定はゲージブロック使用。 80 ●CBN・ダイヤモンドホイールを簡 ●詳 細については【周辺機 器 70 面粗度アップ 単にツルーイング・ドレッシング GRIND-Xカタログ】を参照下さ 60 超精密研削【加工精度アップ】 55 が可能です。 い。 50 40 ●詳細については【周辺機 器 【精度】 各切込時のRa比較 BIX 6 30 GRIND-Xカタログ】を参照くだ 平行度 0.002/100mm以内 4 4.26 17 20 20 2.6 11 14 10 さい。 直角度 0.005/100mm以内 2 2.3 2.3 10 10 角度誤差 15秒以内 0 05µm 30µm 100µm 150µm 200µm 250µm BIX BIX 総研削量(μm)   21 HPG500 Series/PFG500 Series HPG500 Series/PFG500 Series 22 332 23 105 90 145 130