1/2ページ

このカタログをダウンロードして
すべてを見る

ダウンロード(766.4Kb)

PR「IPG Automotive、rFproとの協業でよりリアルな映像が提供可能に」

事例紹介

シミュレーション・ソリューション CarMaker向けに、より現実に近いリアルタイムでの可視化を実現

IPG Automotive は、今年5月より、英rFpro社との協業を行うこととなりました。ドライビング・シミュレータ向けのグラフィックを専門とするrFproは、IPG AutomotiveのCarMaker製品群を使用したアプリケーション向けに、リアルタイムでの可視化を高解像度で提供しています。

このカタログについて

ドキュメント名 PR「IPG Automotive、rFproとの協業でよりリアルな映像が提供可能に」
ドキュメント種別 事例紹介
ファイルサイズ 766.4Kb
登録カテゴリ
取り扱い企業 IPG Automotive株式会社 (この企業の取り扱いカタログ一覧)

このカタログの内容

Page1

(原文はこちらよりご確認いただけます。)

Pr ess Releases (原文はこちらよりご確認いただけます。) 2017/7 IPG Automotive、 rFpro との協業でよりリアルな映像が提供可能に シミュレーション・ソリューション CarMaker向けに、より現実に近いリアルタイムでの可視化を実現 IPG Automotive は、今年 5月より、英 rFpro社との協業を行うこととなりました。ドライビング・シミュレータ向 けのグラフィックを専門とする rFproは、IPG Automotiveの CarMaker製品群を使用したアプリケーション向け に、リアルタイムでの可視化を高解像度で提供しています。 (イメージ: rFproによる、写真と同レベルの可視化が、CarMaker製品群を使ったアプリケーション向けの高度 な仮想シナリオを作成) この協業により、IPG Automotive は、写真と同じ程現実に近く、高解像度な、公道および OEMのテストトラ ックの広範囲なモデルライブラリを提供します。CarMaker 製品群、バージョン 6.0 では、OEM や一次サプライ ヤが、先進運転支援システムにおけるカメラベースのシステムと同様、自動運転機能もバーチャル・テスト・ドライ ビングを使用し、全く新しいレベルでテストできるようになります。 現実に近い可視化により、霧、低位置にある冬の太陽、路面の傷といった高度な仮想シナリオを表現し、 HDR(High Dynamic Range) とリアルタイムでのシミュレーションが可能となります。こうしたプロパティを伴う情 報を rFproから送り、複数の同期されたカメラで使用できます。「この製品拡張は、実際のテスト走行を可能な 限り現実に近く、再現できるようにモデル化する、という私たちのゴールを明確に表しており、また、rFpro が提供 する幅広い機能は、私たちの 3D可視化ツールである IPGMovie を補完してくれる。」と、IPG Automotiveの ビジネスディベロップメント ジェネラル・マネジャーである Martin Elbsは強調します。 rFpro との協業はさらに続く。CarMaker 製品群のシミュレーション・ソリューションを使って作成されたシナリオは、 レンダリング・エンジンを利用して rFpro の環境でも可視化することが可能です。例えば、Carmaker 内で天候 IPG Automotive K.K. Page 1/2
Page2

設定をしても、天候シーンは自動的に rFpro にて再現される。これは、ADAS向けの包括的なテストカタログと ディープ・ラーニングアルゴリズム向けのトレーニングデータも設定できる可能性を示唆しています。 同様に、rFpro で作成された、実世界における試験公道やテストコースの高品質なデジタルモデルは、IPG Automotiveが提供するライダ、超音波センサモデルと組合せることができます。 「カメラアプリケーションに関するパートナーとして IPG Automotive にセレクトしてもらったことを嬉しく思う。」、と rFproのテクニカル・ダイレクタ、Chris Hoyleは言います。「私たちの間には、シナジーが自然に生まれた。rFpro は、素早く、効果的で高品質なレンダリングを目指しており、IPG Automotive は適応するセンサと車両モデル を提供する。これにより、CarMaker 製品群のソフトウェア・ソリューションは補完され、IPG Automotive のカス タマーは、すべてのツールチェーンを HDRにてバーチャルでテストを行い、開発の時間とコストを大幅に下げること ができるだろう。」 IPG Automotiveについて IPG Automotive は、バーチャル・テスト・ドライビングのグローバルリーダーとして、車両開発向けの革新的なシミュレーション・ ソリューションを開発しています。シームレスな使用を考慮し設計された当社のソフトウエアとハードウエア製品は、コンセプト実 証(POC)から検証またはリリースに至るまで、開発プロセス全般にわたって活用できます。ユーザにバーチャル車両全体を 使って新しいシステムの開発とテストを行っていただける IPG Automotiveのバーチャル・プロトタイピング技術は、自動車のシ ステムズエンジニアリングを促進します。 IPG Automotive は、ADAS/自動運転、パワートレイン、ビークルダイナミクスという3つのアプリケーション領域でのバーチャ ル開発に特化したエキスパートです。当社の CarMaker 製品群は、現実に近い環境で、高度に再現された車両モデルを統 合することによって、先進運転支援システムと自動運転機能の開発とテストに関連した諸課題に取り組むべく、世界中で使 用されております。詳細なセンサモデルは、車両周辺環境で起こりうる影響を考慮しつつ、インフラと交通流といった要素に左 右されます。この環境モデルを用いて、バーチャルでありながら実世界と同じ状況を実現できます。 IPG Automotive は、①品質、②徹底したユーザ志向、③効率性、④イノベーションの促進、そして⑤長く続くパートナーシ ップを指針としております。 お問い合わせ先: IPG Automotive 株式会社 〒105-0003 東京都港区西新橋 2-9-1 PMO西新橋 9F Phone: 03-5826-4301 Email: sales-jp@ipg-automotive.com http://www.ipg-automotive.com/jp IPG Automotive K.K. Page 2/2