協同組合Masters 地盤環境事業部会

協同組合Masters 地盤環境事業部会

土留部材引抜同時充填工法研究会

【近接工事や堤防において、鋼矢板等を安心して引き抜けるオンリーワン技術→→→土留部材引抜同時充填工法】

 平成19年に山伸工業株式会社によって開発された「土留部材引抜同時充填工法」は開発以来11年目を迎えました
お陰様で、工事実績も平成22年度から徐々に増加し、平成23年度後半よりさらに加速し、現時点では190件を超えました
土留杭引抜き時の周辺地盤の変状に関しては、土留杭の設置時の施工状況、掘削時の土留杭の変位、土留支保工撤去時の変位、周辺の土留杭引抜きの影響など、多種多様な要素に影響を受けるため、正確に変状予測することは困難です
そうした状況下でもこの間、現場ごとに異なる地盤条件や沈下抑制の必要性を個別案件毎に検討設計して、施工を重ねてきました
190件の中には、地表面の地盤の挙動の他、地中変位を計測する機会にも恵まれ、貴重なデータを得ることができたことは大きな財産となりました
こうした経過の中で、研究会として以下の改良を行い、更なる工法特許も複数取得しました
充填管やその取付方法などにも改良を重ねた結果、鋼矢板を残置する場合に比べて、20~50%程度のコスト削減が可能となりました。
今後は、現場ごとの計測結果をさらに積み重ねて、これまであいまいになっていた、土留杭引抜き時の沈下抑制効果の検証を確実に実施できる希少な工法として広く認知されるよう、さらに努力を重ねて行きます

企業概要

会社名 協同組合Masters 地盤環境事業部会
(きょうどうくみあいますたーずじばんかんきょうじぎょうぶかい)
所在地 〒 550-0012
大阪府大阪市西区立売堀2丁目4番19号 日東ビル2F
設立 2006年3月
事業内容 【地盤環境事業部会】
東日本大震災の復興事業にも当組合員が開発した特殊技術が採用され、組合員がチームとなって現場施工に携わっています
今後、南海地震、首都直下型地震などへの対策、構築物のリニューアル時期の到来に加えて、ゲリラ豪雨対策、東京五輪の準備などに我々の役割は益々大きくなってきます
当事業部の具体的な事業は、組合員が持つ特殊技術の普及活動の他に、NETIS登録支援や登録後の実績確保の支援、入札前の技術提案の支援、建設コンサルタント支援、建設会社現場支援などです。『コスト削減』、『問題点解決型の提案』そして『組合員のオンリーワン技術を、強みを活かせる条件下で提案する』ことをモットーにしています
1、土壌環境に関する技術提案
土壌汚染の調査、修復や、建設汚泥再生、ヘドロ処理などに関しての有効な技術をもった組合員が揃っています
専門性の高い分野において、専門家との連携も体制ができています
2、軟弱地盤においての工法提案
鋼矢板引き抜き時の沈下防止や産廃発生抑制型の地盤改良など、他工法と差別化した特殊工法を提案しています
事業を全国展開中であり、新たな組合員も募集中です
3、施工計画に関する技術支援
建設コンサルタントの設計者の方に対して、Mastersのスタッフの豊富な現場経験を活かして、技術支援のコンサルティングを行います
FAX 022-797-7918
WEBサイト https://www.hikinuki.jp/
業種 建設業
その他の製造業

協同組合Masters 地盤環境事業部会へのお問い合わせ

お客様情報
お名前*
電話番号*
ハイフン付き電話番号をご入力ください。
会社名*

公開中の特集