1/1ページ

このカタログをダウンロードして
すべてを見る

ダウンロード(1Mb)

土留部材引抜同時充填工法 鋼矢板を残置せず安心して引き抜けるオンリーワン技術。リユース、汚染土壌対策に有効 

製品カタログ

軟弱地盤等で仮設土留めを行う場合には、鋼矢板やH杭引抜により周辺の民家や埋設物などに多大な影響を及ぼすことが多く、引抜くことが出来ないまま残置されていました。また、ため池や河川堤防堤防工事においては、鋼矢板等の引抜時にできた水みちが原因となって起きる洪水時の堤防決壊の恐れが問題視されています。 本工法はこれらの問題の解決策として、200件を超える実績を重ねてきました。 
 引抜きによって発生する空隙に対して、予め設置しておいた充填管より複数の鋼矢板を連続的に引抜と同時に充填することで特許取得しNETIS登録されました。事業損失防止、コスト削減、鋼矢板の再利用による環境負荷の低減に役立ちます。水中での施工も可能です。

関連メディア

このカタログについて

ドキュメント名 土留部材引抜同時充填工法 鋼矢板を残置せず安心して引き抜けるオンリーワン技術。リユース、汚染土壌対策に有効 
ドキュメント種別 製品カタログ
ファイルサイズ 1Mb
取り扱い企業 協同組合Masters 地盤環境事業部会 (この企業の取り扱いカタログ一覧)

この企業の関連カタログ

土留部材引抜同時充填工法 NETIS No.SK-080012-VR
製品カタログ

協同組合Masters 地盤環境事業部会