セキュリティ設備に戻る

防犯カメラ

監視カメラ(かんしカメラ)とは、何らかの目的で何らかの対象を監視するためのビデオカメラである。主に人間を監視し、犯罪の抑止などの効果を求めて設置されるものは防犯カメラ、活火山や気象を監視し防災上効果を求めるものは防災カメラとも呼称される。広義にはカメラ単体ではなく、撮影した映像の伝送・処理、記録、表示機能を含むシステム全体を指すことがある。英語では video serveillance などと呼ばれることもあるが、一般的に映像監視システムのことをその映像信号伝送方法である closed-circuit television(閉鎖回路テレビ)の略語を用いて「CCTV」と呼ぶことの方が多い。防犯カメラは、窃盗犯罪の抑止という防犯だけでなく、強盗・暴行・強姦犯の逮捕に役立っている。ただ、プライバシー上の懸念から設置に否定的な人も少なくない。

もっと見る 閉じる

監視カメラhttp://ja.wikipedia.org/)より引用

公開中の特集