1/16ページ

このカタログをダウンロードして
すべてを見る

ダウンロード(3Mb)

エアインデックス『MINIDEX&MINITABLE series』

製品カタログ

使いやすいエア・アクチュエータの総合カタログ

割り出し機構をコンパクトにユニット化、シンプル構造で使いやすいエア・アクチュエータをご紹介しています。
MINIDEX、MINITABLEなどの各種製品の概要をはじめ、特長や寸法・仕様などを掲載しています。

【掲載内容】
■エアインデックス用途例
■MINIDEX F Series
■MINITABLE Series
■製品取扱い上の注意

※詳しくはPDF資料をご覧いただくか、お気軽にお問い合わせ下さい。

このカタログについて

ドキュメント名 エアインデックス『MINIDEX&MINITABLE series』
ドキュメント種別 製品カタログ
ファイルサイズ 3Mb
登録カテゴリ
取り扱い企業 加茂精工株式会社 (この企業の取り扱いカタログ一覧)

この企業の関連カタログ

TCGラック/リング&ピニオン「TCG series」
製品カタログ

加茂精工株式会社

超薄型差動減速機 「PSR/PSL series」
製品カタログ

加茂精工株式会社

ボール減速機「BR/JFR/SFP series」
製品カタログ

加茂精工株式会社

このカタログの内容

Page1

NEW MDFseries 特許登録済 割り出し機構をコンパクトにユニット化、シンプル構造で使いやすいエア・アクチュエータ A simple and easy-to-use air actuator with the compactly unitized indexing mechanism KAMO SEIKO CORP.
Page2

目次 Contents 無給油/Oilless 無給油/Oilless MINIDEX F Series MINITABLE Series ● エアインデックスシリンダ MDF・・・・・・・・・P 4 ●エアインデックステーブル MT・・・・・・・・・・P10 Air Index Cylinder Air Index Table 製品取扱い上の注意 Precautions for handling ・・・・・・・・・・・・・・P14
Page3

エアインデックス用途例 Use Examples of Air Index 回転方向 Rotational direction 回転方向 Rotational direction テーブル駆動(MT) 可燃性溶剤の充てん装置(MT) Table drive( MT) Combustible solvent filler( MT) 回転方向 Rotational direction ワークの振り分け(MDF) バルブの切り替え(MDF) Work sorter( MDF) Valve selector( MDF) 目次 Contents 無給油/Oilless 無給油/Oilless MINIDEX F Series MINITABLE Series 回転方向 Rotational direction ● エアインデックスシリンダ MDF・・・・・・・・・P 4 ●エアインデックステーブル MT・・・・・・・・・・P10 Air Index Cylinder Air Index Table 製品取扱い上の注意 Precautions for handling ・・・・・・・・・・・・・・P14 ツールチェンジャーの駆動(MDF) Tool changer drive( MDF)
Page4

MINIDEX ミニデックスは、非常に単純な要素により構成されています。これは、 MINIDEX is composed of very simple elements. This means that MINIDEX is highly (Fシリーズ) 耐久性に優れ故障が少なく、また保守・安全性の良いことを示します。 durable with little trouble and highly maintainable and safe. The cams at both ends of the カムピストン両端のカムにより、カムピストン片道で 1 割出を完了しま cam piston enable the completion of one indexing with one-way motion of the cam piston.   す。これにより、割出時間の高速化が可能になります。(従来比) This shortens the time required for indexing (compared with conventional types). MDF20 MDF30 ❶ ベアリングナット Bearing nut 駆動部・割出機構をコンパクトにユニット化 ❷ 深溝玉軸受 ❷ Deep groove ball bearing ❾ Wカム方式により高速・省エネ・高寿命を実現 ❸ ワンウェイクラッチ (従来タイプ比較) ❺ One-way clutch ❽ ❹ フォロアキャップ Compactly unitized drive unit and indexing mechanism Follower cap ❻ Double-cam system has realized high speed, great energy-saving eect and long life O リング (compared with conventional types). ❼ ❺ O-ring ❺ ❺ ❻ チューブ Tube ❹ ❸ カムピストン ❼ ■ 型式表示 .. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .  ❷ Cam piston 4 ❶ Model and type notation シャフト ❽ ■ ミニデックスとは .. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .  Shaft 5 What is MINIDEX ? ❾ カムキャップ ■ 動作原理 .. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 5 Cam cap Operating principle サークリップ ■ 外形寸法 .. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 6 Circlip Outside dimensions エアポート ■ 仕 様 .. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 7 Air port Specifications ※ 図は MDF30 です。 ※ The above figure shows MDF30. エアポート . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . ※ シール部分は全て JIS 規格品です。 ※ All seals are JIS-compliant. ■ 割出時間  7 ※ 逆回転は内部のワンウェイクラッチ作用のためにできません。 ※ Air port Inverse rotation is disabled by the action of the internal one-way clutch. Indexing time ■ 割出トルク .. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 8 Indexing torque ■ MDF選定計算手順 .. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 8 動作原理 Operating principle Calculation procedure for MDF model selection 内部ピストンが片道動くごとに 1 割出を完了します。 One-way motion of the internal piston completes one indexing. 1. 割出完了(停止) Indexing completed (at a stop) 2. 割出中 Indexing in process 3. 割出完了(停止) Indexing completed (at a stop) Air supply 給気 Air exhaust 排気 ● エアシリンダ感覚での割出が可能 ● Indexing as if using an air cylinder シャフト カムキャップ カムピストン フォロアキャップ Shaft Cam cap Cam piston Follower cap ● 一方向エンドレス回転 ● One-way endless rotation ● 両軸タイプの為、回転方向を選びません ● Double-shaft type to accept any rotational direction シャフト カムキャップ カムピストン フォロアキャップ シャフト カムキャップ カムピストン フォロアキャップ Shaft Cam cap Cam piston Follower cap Shaft Cam cap Cam piston Follower cap ● 累積誤差ゼロ ● Zero accumulated error ● ワンウェイクラッチ内蔵により、シャフトの戻りは発生しません ● Built-in one-way clutch to prevent shaft return Air exhaust 排気 Air supply 給気 シャフト カムキャップ カムピストン フォロアキャップ ● 確実な割出停止構造により、オーバーランは発生しません ● Secure indexing stop mechanism to prevent overrun Shaft Cam cap Cam piston Follower cap カムピストンとカムキャップが噛合っている状態です。 バルブ切替により、カムピストンが右(左)方向へ直動 カムピストンとフォロアキャップが完全に噛合い、1 します。カムキャップ(フォロアキャップ)との噛合い 割出を完了します。 が外れると、フォロアキャップ(カムキャップ)との噛 合いが始まりカムピストンが回転します。 カムピストンの回転はシャフトに伝達されます。 The cam piston and the cam cap are in engagement. When the solenoid valve is switched, the cam piston moves The cam piston and the follower cap become in complete directly to the right (left). When the cam piston is disengaged from engagement, and complete one indexing. 型式表示 Model and type notation the cam cap (follower cap), the cam piston starts engagement with the follower cap (cam cap), and rotates. The rotation of the cam ご注文の際は、下記のようにご明記ください。 When placing an order, specify the model as follows. piston is transmitted to the shaft. 例) MDF 型 番 割出数 MDF30-12 〈MDF30 の型番で 12 割出タイプ〉 ex.) Model No. Number of divisions MDF30-12〈Model MDF30 with 12 divisions〉 仕様・詳細についてはホームページにてご確認ください。http://www.kamo.co.jp For the specifications and the details, refer to our website http://www.kamo.co.jp
Page5

MINIDEX ミニデックスは、非常に単純な要素により構成されています。これは、 MINIDEX is composed of very simple elements. This means that MINIDEX is highly (Fシリーズ) 耐久性に優れ故障が少なく、また保守・安全性の良いことを示します。 durable with little trouble and highly maintainable and safe. The cams at both ends of the カムピストン両端のカムにより、カムピストン片道で 1 割出を完了しま cam piston enable the completion of one indexing with one-way motion of the cam piston.   す。これにより、割出時間の高速化が可能になります。(従来比) This shortens the time required for indexing (compared with conventional types). MDF20 MDF30 ❶ ベアリングナット Bearing nut 駆動部・割出機構をコンパクトにユニット化 ❷ 深溝玉軸受 ❷ Deep groove ball bearing ❾ Wカム方式により高速・省エネ・高寿命を実現 ❸ ワンウェイクラッチ (従来タイプ比較) ❺ One-way clutch ❽ ❹ フォロアキャップ Compactly unitized drive unit and indexing mechanism Follower cap ❻ Double-cam system has realized high speed, great energy-saving eect and long life O リング (compared with conventional types). ❼ ❺ O-ring ❺ ❺ ❻ チューブ Tube ❹ ❸ カムピストン ❼ ■ 型式表示 .. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .  ❷ Cam piston 4 ❶ Model and type notation シャフト ❽ ■ ミニデックスとは .. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .  Shaft 5 What is MINIDEX ? ❾ カムキャップ ■ 動作原理 .. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 5 Cam cap Operating principle サークリップ ■ 外形寸法 .. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 6 Circlip Outside dimensions エアポート ■ 仕 様 .. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 7 Air port Specifications ※ 図は MDF30 です。 ※ The above figure shows MDF30. エアポート . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . ※ シール部分は全て JIS 規格品です。 ※ All seals are JIS-compliant. ■ 割出時間  7 ※ 逆回転は内部のワンウェイクラッチ作用のためにできません。 ※ Air port Inverse rotation is disabled by the action of the internal one-way clutch. Indexing time ■ 割出トルク .. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 8 Indexing torque ■ MDF選定計算手順 .. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 8 動作原理 Operating principle Calculation procedure for MDF model selection 内部ピストンが片道動くごとに 1 割出を完了します。 One-way motion of the internal piston completes one indexing. 1. 割出完了(停止) Indexing completed (at a stop) 2. 割出中 Indexing in process 3. 割出完了(停止) Indexing completed (at a stop) Air supply 給気 Air exhaust 排気 ● エアシリンダ感覚での割出が可能 ● Indexing as if using an air cylinder シャフト カムキャップ カムピストン フォロアキャップ Shaft Cam cap Cam piston Follower cap ● 一方向エンドレス回転 ● One-way endless rotation ● 両軸タイプの為、回転方向を選びません ● Double-shaft type to accept any rotational direction シャフト カムキャップ カムピストン フォロアキャップ シャフト カムキャップ カムピストン フォロアキャップ Shaft Cam cap Cam piston Follower cap Shaft Cam cap Cam piston Follower cap ● 累積誤差ゼロ ● Zero accumulated error ● ワンウェイクラッチ内蔵により、シャフトの戻りは発生しません ● Built-in one-way clutch to prevent shaft return Air exhaust 排気 Air supply 給気 シャフト カムキャップ カムピストン フォロアキャップ ● 確実な割出停止構造により、オーバーランは発生しません ● Secure indexing stop mechanism to prevent overrun Shaft Cam cap Cam piston Follower cap カムピストンとカムキャップが噛合っている状態です。 バルブ切替により、カムピストンが右(左)方向へ直動 カムピストンとフォロアキャップが完全に噛合い、1 します。カムキャップ(フォロアキャップ)との噛合い 割出を完了します。 が外れると、フォロアキャップ(カムキャップ)との噛 合いが始まりカムピストンが回転します。 カムピストンの回転はシャフトに伝達されます。 The cam piston and the cam cap are in engagement. When the solenoid valve is switched, the cam piston moves The cam piston and the follower cap become in complete directly to the right (left). When the cam piston is disengaged from engagement, and complete one indexing. 型式表示 Model and type notation the cam cap (follower cap), the cam piston starts engagement with the follower cap (cam cap), and rotates. The rotation of the cam ご注文の際は、下記のようにご明記ください。 When placing an order, specify the model as follows. piston is transmitted to the shaft. 例) MDF 型 番 割出数 MDF30-12 〈MDF30 の型番で 12 割出タイプ〉 ex.) Model No. Number of divisions MDF30-12〈Model MDF30 with 12 divisions〉 仕様・詳細についてはホームページにてご確認ください。http://www.kamo.co.jp For the specifications and the details, refer to our website http://www.kamo.co.jp
Page6

■MDF20 型 式 Model MDF20 MDF30 割出数 4・6・8 4・6・8・10・12 Number of divisions ※1) 4×M4 深さ 10 4×M4 深さ 10 割出時間  sec 0.1~ 0.1~ on 4×M4 Depth 10 4×M4 Depth 10 i Indexing time direct 4×4.5 キリ tional 基準マーク 4×4.5 キリ 6 5 a 4×4.5 Drill ot Reference mark 4×4.5 Drill 回転方 割出精度 ※3) キー溝巾 3P9 深さ 1.8 キー溝巾 3P9 深さ 1.8 向 R ± arc・min ( o R tat Indexing precision ±30  Key depth width 3P9 depth 1.8 ) (R) Key-way width 3P9 depth 1.8 ion 許容慣性モーメント ×10-4kg・m2 12.5 25 Allowable inertia moment 割出トルク ※2) N・m 0.13~1.3 0.3~3.5 Indexing torque 30 30 最高使用圧力 MPa Max. working pressure 0.7 P1 ポート P2 ポート 最低使用圧力 P1 Port P2 Port MPa 2×M5 Min. working pressure 0.2 16 35 35 16 許容ラジアル荷重 (21) 4 (93) 4 (21) N 14.7 29.4 Allowable radial load (143) 許容スラスト荷重 N 9.8 24.5 Allowable thrust load 質 量 kg 0.5 0.9 Mass weight P1加圧 P2加圧 P1加圧 P2加圧 内部容積 3 Internal volume cm 12 11 26 24 ※1 割出時間は、負荷及び割出数によって異なります。詳しくは、下記グラフを参照してください。 ※1 The indexing time depends on the load and the number of divisions. For details, refer to the below graphs. ■MDF30 ※2 割出トルクは、使用圧力及び割出数によって異なります。詳しくは、下記グラフを参照してください。 ※2 The indexing torque depends on the working pressure and the number of divisions. For details, refer to the below graphs. ※3 仕様表以下の高精度品は、別途ご相談下さい。 ※3 For higher precision than the specifications, consult with us. 4×M5 深さ 12 4×M5 深さ 12 4×M5 Depth 12 4×M5 Depth 12 direction nal 基準マーク 4×5.3 キリ 7 7 io 4×5.3 キリ otat 4×5.3 Drill 回転方 R Reference mark 4×5.3 Drill 向 R .5° o 2 キー溝巾 4P9 深さ 2.5 (R ta 1 ) (R) キー溝巾 4P9 深さ 2.5 tiona 割出時間 Indexing time 1 Key depth width 4P9 depth 2.5 Key depth width 4P9 depth 2.5 割出時間は、負荷に応じて下図のグラフより算出してください。 Calculate the indexing time according to the load by referring to the below graphs. ※ 1割出(内部ピストン片道時間)に要する時間を示します。 ※ The indexing time shows the time required for one indexing (for the internal piston to make one-way motion). 2×Rc1/8 ※ グラフの線を超えた範囲での動作は、破損の原因となる為おやめ下さい。 P1 ポート P2 ポート MDFは、停止端にて衝撃が発生します。ワークのズレ等がある場合は、スピコン(メーターアウト)で速度の調整を行って下さい。 P1 Port P2 Port 16 32 58 16 ※ Do not operate beyond the range indicated by the graph lines, or break would be caused. (21) 5 112 5 (21) An impact is caused at the stop end. If there is any resultant abnormality, such as work displacement, adjust the speed with the speed controller (in the meter-out circuit). (164) MDF20 MDF30 -12 -10 30 30 25 12.5 10 10 0-8 0-6 0-4 0-8 0-6 -4 2 2 2 3 3 30 5 5 1 1 0.1 0.1 0.1 0.5 1 0.1 0.5 1 割出時間 Indexing time sec 割出時間 Indexing time sec 回転方向 回転 157.5° 方向 R φ50 φ37 φ28h7 φ22h7 φ10h7 φ8h7 φ8h7 φ22h7 φ10h7 φ37 φ28h7 φ50 40 慣性モーメント Inertia moment  ×10-4kg・m2 慣性モーメント Inertia moment  ×10-4kg・m2 ctio n n dir e ect io l al dir 40
Page7

■MDF20 型 式 Model MDF20 MDF30 割出数 4・6・8 4・6・8・10・12 Number of divisions ※1) 4×M4 深さ 10 4×M4 深さ 10 割出時間  sec 0.1~ 0.1~ on 4×M4 Depth 10 4×M4 Depth 10 i Indexing time direct 4×4.5 キリ tional 基準マーク 4×4.5 キリ 6 5 a 4×4.5 Drill ot Reference mark 4×4.5 Drill 回転方 割出精度 ※3) キー溝巾 3P9 深さ 1.8 キー溝巾 3P9 深さ 1.8 向 R ± arc・min ( o R tat Indexing precision ±30  Key depth width 3P9 depth 1.8 ) (R) Key-way width 3P9 depth 1.8 ion 許容慣性モーメント ×10-4kg・m2 12.5 25 Allowable inertia moment 割出トルク ※2) N・m 0.13~1.3 0.3~3.5 Indexing torque 30 30 最高使用圧力 MPa Max. working pressure 0.7 P1 ポート P2 ポート 最低使用圧力 P1 Port P2 Port MPa 2×M5 Min. working pressure 0.2 16 35 35 16 許容ラジアル荷重 (21) 4 (93) 4 (21) N 14.7 29.4 Allowable radial load (143) 許容スラスト荷重 N 9.8 24.5 Allowable thrust load 質 量 kg 0.5 0.9 Mass weight P1加圧 P2加圧 P1加圧 P2加圧 内部容積 3 Internal volume cm 12 11 26 24 ※1 割出時間は、負荷及び割出数によって異なります。詳しくは、下記グラフを参照してください。 ※1 The indexing time depends on the load and the number of divisions. For details, refer to the below graphs. ■MDF30 ※2 割出トルクは、使用圧力及び割出数によって異なります。詳しくは、下記グラフを参照してください。 ※2 The indexing torque depends on the working pressure and the number of divisions. For details, refer to the below graphs. ※3 仕様表以下の高精度品は、別途ご相談下さい。 ※3 For higher precision than the specifications, consult with us. 4×M5 深さ 12 4×M5 深さ 12 4×M5 Depth 12 4×M5 Depth 12 direction nal 基準マーク 4×5.3 キリ 7 7 io 4×5.3 キリ otat 4×5.3 Drill 回転方 R Reference mark 4×5.3 Drill 向 R .5° o 2 キー溝巾 4P9 深さ 2.5 (R ta 1 ) (R) キー溝巾 4P9 深さ 2.5 tiona 割出時間 Indexing time 1 Key depth width 4P9 depth 2.5 Key depth width 4P9 depth 2.5 割出時間は、負荷に応じて下図のグラフより算出してください。 Calculate the indexing time according to the load by referring to the below graphs. ※ 1割出(内部ピストン片道時間)に要する時間を示します。 ※ The indexing time shows the time required for one indexing (for the internal piston to make one-way motion). 2×Rc1/8 ※ グラフの線を超えた範囲での動作は、破損の原因となる為おやめ下さい。 P1 ポート P2 ポート MDFは、停止端にて衝撃が発生します。ワークのズレ等がある場合は、スピコン(メーターアウト)で速度の調整を行って下さい。 P1 Port P2 Port 16 32 58 16 ※ Do not operate beyond the range indicated by the graph lines, or break would be caused. (21) 5 112 5 (21) An impact is caused at the stop end. If there is any resultant abnormality, such as work displacement, adjust the speed with the speed controller (in the meter-out circuit). (164) MDF20 MDF30 -12 -10 30 30 25 12.5 10 10 0-8 0-6 0-4 0-8 0-6 -4 2 2 2 3 3 30 5 5 1 1 0.1 0.1 0.1 0.5 1 0.1 0.5 1 割出時間 Indexing time sec 割出時間 Indexing time sec 回転方向 回転 157.5° 方向 R φ50 φ37 φ28h7 φ22h7 φ10h7 φ8h7 φ8h7 φ22h7 φ10h7 φ37 φ28h7 φ50 40 慣性モーメント Inertia moment  ×10-4kg・m2 慣性モーメント Inertia moment  ×10-4kg・m2 ctio n n dir e ect io l al dir 40
Page8

割出トルク Indexing torque 配管方法 Piping method トルク特性は割出数によって異なります。グラフを参照して選定下さい。 MDFは複動エアシリンダと同様に、本体側面のエアーポートにエアーを供給すれば1割出を行います。配管は下図を参考に行って下さい。 The torque characteristics depend on the number of divisions. Select the torque characteristics by referring to the below graphs. In the same way as double-acting cylinders, MDF performs one indexing when air is supplied to the air-intake port located in the side of the main body. For the piping diagram, refer to the following figure: ※ グラフの線を超えた範囲での動作は、破損の原因となる為おやめ下さい。 • エアポート2か所の流路切り替えには電磁弁を使用して下さい。 ※ Do not operate beyond the range indicated by the graph lines, or break would be caused. • For flow channel switching for 2 intake ports, use a solenoid valve. ※ 抵抗負荷の場合、製品の割出トルクTと負荷トルクTaは以下の関係を持たせてください。 • 電磁弁は必ずダブルソレノイドを使用して下さい。 T≧Ta×n  n:余裕率(2以上)  (シングルソレノイドバルブの場合、非常停止時にピストン位置によっては、次の割出を行ってしまう事があります。) ※ For the resistance load, relate the product indexing torque T to the load torque Ta as follows: • For the solenoid valve, be sure to use a double solenoid valve. T≧Ta×n n: Safety factor (≧2)  (When a single solenoid type is used, the next indexing could be performed in an emergency case depending on the position of the piston.) • 回転速度はスピコンで排気側を絞り、停止時に衝撃の無きよう調整して下さい。 MDF20 MDF30 • In adjusting the rotational speed, throttle the flow rate on the exhaust side with the speed controller to prevent any impact at the time of stopping. 1.4 4 3.5 1.2 スピコンはメータアウトを使用 Set the speed controller in the meter-out circuit. 3 1 2.5 0.8 2 0.6 1.5 0-43 0.4 1 SOL1 SOL2 0.2 0.5 最高使用圧力 0.7MPa 0 0 Max. working pressure: 0.7MPa 0.2 0.3 0.4 0.5 0.6 0.7 0.2 0.3 0.4 0.5 0.6 0.7 ※ 電磁弁 Solenoid valve エア圧力 Air pressure MPa エア圧力 Air pressure MPa MDF選定計算手順 Calculation procedure for MDF model selection ①使用条件の確認 ①Confirmation of operating conditions ●使用圧力の確認 ● Working pressure range MDF の使用圧力範囲は 0.2 ~ 0.7MPa です。 The working pressure range of MDF is 0.2-0.7MPa. ●使用する割出数 ● Number of divisions 割出数は、仕様表 P.7 を参照ください。 For the number of divisions, refer to the specifications on P. 7. ● ※ 電磁弁は5ポート2位置ダブルソレノイドバルブ Desired indexing time ●希望割出時間 The indexing time is set for each model. Do not operate faster than the set indexing time, or 又は、5ポート3位置ダブルソレノイドバルブ(プレッシャセンタ推奨)を使用 各型式で最小割出時間が設定されています。これより早い運転は早期破損の原 early break would be caused. For the solenoid valve, use a 5-port 2-position double solenoid valve or a 5-port 3-position double solenoid valve 因となるため、お止めください。 (pressure center is recommended). ②Confirmation of the load inertia moment ②負荷慣性モーメントの確認 Calculate the load inertial moment to be attached to MDF. MDF に取付ける負荷の慣性モーメントを計算します。 ③Confirmation of the applied load ③負荷荷重の確認 Calculate the radial load and thrust load externally acting on the shaft. 外部からシャフトに作用するラジアル荷重、スラスト荷重を計算します。 ④Selection of the model Select the model that can satisfy both the ② load inertia moment and the ③ applied load. ④型式選定 ②負荷慣性モーメント及び③負荷荷重を満足する型番を、選定してください。 ⑤Setting of the indexing time Confirm the indexing time according to the inertia moment by referring to the indexing time graphs ⑤割出時間の設定 on P. 7. 割出時間のグラフP.7より、慣性モーメントに応じた割出時間を確認してください。 ※ The indexing time depends on the load and the number of divisions. ※割出時間は、負荷及び割出数により異なります。 ※ Do not operate beyond the range indicated by the graph lines, or break would be caused. Since MDF has no reduction mechanism, an impact is caused at the stop end. When stopped, the ※割出時間グラフの線を超えた範囲での運転は破損の原因となります。 impact may affect the work, etc. on the table. To avoid this, provide a work displacement ※MDF に減速機構はありません。よって停止端では衝撃が発生します。停止の際、 preventing device or adjust the speed with the speed controller (in the meter-out circuit) according テーブル上のワーク等に衝撃が伝わることがあります。その場合は、ワーク位置ず to the impact extent. This is not reflected in the indexing time set value in the specifications. れ防止を設けるか、衝撃程度に応じてスピコン(メーターアウト)で速度の調整を 行って下さい。仕様表の割出時間は、上記を加味した設定にはなっておりません。 ⑥When torque acts due to external force, etc. Confirm the torque value of the desired model by referring to the indexing torque graphs on P. 8. ⑥外力等でトルクが作用する場合 ※ The indexing torque depends on the working pressure and the number of divisions. 割出トルクのグラフ P.8 より、使用したい型番のトルク値を確認してください。 ※割出トルクは、使用圧力及び割出数により異なります。 8 9 割出トルク Indexing torque  N・m 20- 2 4 0-6 20-8 割出トルク Indexing torque  N・m 30 3 - 0 30 6 -10 -12 30-8
Page9

割出トルク Indexing torque 配管方法 Piping method トルク特性は割出数によって異なります。グラフを参照して選定下さい。 MDFは複動エアシリンダと同様に、本体側面のエアーポートにエアーを供給すれば1割出を行います。配管は下図を参考に行って下さい。 The torque characteristics depend on the number of divisions. Select the torque characteristics by referring to the below graphs. In the same way as double-acting cylinders, MDF performs one indexing when air is supplied to the air-intake port located in the side of the main body. For the piping diagram, refer to the following figure: ※ グラフの線を超えた範囲での動作は、破損の原因となる為おやめ下さい。 • エアポート2か所の流路切り替えには電磁弁を使用して下さい。 ※ Do not operate beyond the range indicated by the graph lines, or break would be caused. • For flow channel switching for 2 intake ports, use a solenoid valve. ※ 抵抗負荷の場合、製品の割出トルクTと負荷トルクTaは以下の関係を持たせてください。 • 電磁弁は必ずダブルソレノイドを使用して下さい。 T≧Ta×n  n:余裕率(2以上)  (シングルソレノイドバルブの場合、非常停止時にピストン位置によっては、次の割出を行ってしまう事があります。) ※ For the resistance load, relate the product indexing torque T to the load torque Ta as follows: • For the solenoid valve, be sure to use a double solenoid valve. T≧Ta×n n: Safety factor (≧2)  (When a single solenoid type is used, the next indexing could be performed in an emergency case depending on the position of the piston.) • 回転速度はスピコンで排気側を絞り、停止時に衝撃の無きよう調整して下さい。 MDF20 MDF30 • In adjusting the rotational speed, throttle the flow rate on the exhaust side with the speed controller to prevent any impact at the time of stopping. 1.4 4 3.5 1.2 スピコンはメータアウトを使用 Set the speed controller in the meter-out circuit. 3 1 2.5 0.8 2 0.6 1.5 0-43 0.4 1 SOL1 SOL2 0.2 0.5 最高使用圧力 0.7MPa 0 0 Max. working pressure: 0.7MPa 0.2 0.3 0.4 0.5 0.6 0.7 0.2 0.3 0.4 0.5 0.6 0.7 ※ 電磁弁 Solenoid valve エア圧力 Air pressure MPa エア圧力 Air pressure MPa MDF選定計算手順 Calculation procedure for MDF model selection ①使用条件の確認 ①Confirmation of operating conditions ●使用圧力の確認 ● Working pressure range MDF の使用圧力範囲は 0.2 ~ 0.7MPa です。 The working pressure range of MDF is 0.2-0.7MPa. ●使用する割出数 ● Number of divisions 割出数は、仕様表 P.7 を参照ください。 For the number of divisions, refer to the specifications on P. 7. ● ※ 電磁弁は5ポート2位置ダブルソレノイドバルブ Desired indexing time ●希望割出時間 The indexing time is set for each model. Do not operate faster than the set indexing time, or 又は、5ポート3位置ダブルソレノイドバルブ(プレッシャセンタ推奨)を使用 各型式で最小割出時間が設定されています。これより早い運転は早期破損の原 early break would be caused. For the solenoid valve, use a 5-port 2-position double solenoid valve or a 5-port 3-position double solenoid valve 因となるため、お止めください。 (pressure center is recommended). ②Confirmation of the load inertia moment ②負荷慣性モーメントの確認 Calculate the load inertial moment to be attached to MDF. MDF に取付ける負荷の慣性モーメントを計算します。 ③Confirmation of the applied load ③負荷荷重の確認 Calculate the radial load and thrust load externally acting on the shaft. 外部からシャフトに作用するラジアル荷重、スラスト荷重を計算します。 ④Selection of the model Select the model that can satisfy both the ② load inertia moment and the ③ applied load. ④型式選定 ②負荷慣性モーメント及び③負荷荷重を満足する型番を、選定してください。 ⑤Setting of the indexing time Confirm the indexing time according to the inertia moment by referring to the indexing time graphs ⑤割出時間の設定 on P. 7. 割出時間のグラフP.7より、慣性モーメントに応じた割出時間を確認してください。 ※ The indexing time depends on the load and the number of divisions. ※割出時間は、負荷及び割出数により異なります。 ※ Do not operate beyond the range indicated by the graph lines, or break would be caused. Since MDF has no reduction mechanism, an impact is caused at the stop end. When stopped, the ※割出時間グラフの線を超えた範囲での運転は破損の原因となります。 impact may affect the work, etc. on the table. To avoid this, provide a work displacement ※MDF に減速機構はありません。よって停止端では衝撃が発生します。停止の際、 preventing device or adjust the speed with the speed controller (in the meter-out circuit) according テーブル上のワーク等に衝撃が伝わることがあります。その場合は、ワーク位置ず to the impact extent. This is not reflected in the indexing time set value in the specifications. れ防止を設けるか、衝撃程度に応じてスピコン(メーターアウト)で速度の調整を 行って下さい。仕様表の割出時間は、上記を加味した設定にはなっておりません。 ⑥When torque acts due to external force, etc. Confirm the torque value of the desired model by referring to the indexing torque graphs on P. 8. ⑥外力等でトルクが作用する場合 ※ The indexing torque depends on the working pressure and the number of divisions. 割出トルクのグラフ P.8 より、使用したい型番のトルク値を確認してください。 ※割出トルクは、使用圧力及び割出数により異なります。 8 9 割出トルク Indexing torque  N・m 20- 2 4 0-6 20-8 割出トルク Indexing torque  N・m 30 3 - 0 30 6 -10 -12 30-8
Page10

■ 型式表示 .. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .10 Model and type notation ■ ミ二テーブル内部構造 .. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .11 Internal structure of MINITABLE ■ 外形寸法 .. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .11 Outside dimensions ■ 仕 様 .. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .12 Specifications ■ エア圧力と許容負荷トルク .. . . . . . . . . . . . . . . . . .12 Air pressure and allowable load torque ■ 割出し時間 .. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .12 Indexing time ■ MT選定計算例 .. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .13 Calculation example for MT selection ※回転方向は、テーブル面上から見て時計方向が右(R)。右図は左(L)を示す。 ■ 配管方法 .. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . ※The rotational direction (R) is clockwise viewed from the table top. 13 The right drawing shows the counterclockwise direction (L). Piping method ※右図の取付穴位置の関係をスタート位置として、設計してください。 ※Treat the mounting hole position in the right drawing as the start position in designing. 15 M6 × 11 14 M6 × 10 例) MT100S-4R 〈MT100S 型の 4 割出で右回転タイプ〉 ex.) MT100S-4R〈MT100S type, 4 divisions, clockwise rotation type〉 10 11
Page11

■ 型式表示 .. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .10 Model and type notation ■ ミ二テーブル内部構造 .. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .11 Internal structure of MINITABLE ■ 外形寸法 .. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .11 Outside dimensions ■ 仕 様 .. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .12 Specifications ■ エア圧力と許容負荷トルク .. . . . . . . . . . . . . . . . . .12 Air pressure and allowable load torque ■ 割出し時間 .. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .12 Indexing time ■ MT選定計算例 .. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .13 Calculation example for MT selection ※回転方向は、テーブル面上から見て時計方向が右(R)。右図は左(L)を示す。 ■ 配管方法 .. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . ※The rotational direction (R) is clockwise viewed from the table top. 13 The right drawing shows the counterclockwise direction (L). Piping method ※右図の取付穴位置の関係をスタート位置として、設計してください。 ※Treat the mounting hole position in the right drawing as the start position in designing. 15 M6 × 11 14 M6 × 10 例) MT100S-4R 〈MT100S 型の 4 割出で右回転タイプ〉 ex.) MT100S-4R〈MT100S type, 4 divisions, clockwise rotation type〉 10 11
Page12

MT選定計算例 Calculation example for MT selection 【使用条件】Operating conditions ●ワーク慣性モーメントの算出 型 式 MT100 MT125 備考 テーブル径:φ230 mm(D ) ワーク高さ:40 mm ワーク数:4個(n) Calculation of work inertia moment Model Remarks t Table diameter : φ230 mm (Dt) Work height : 40 mm Number of works : 4 2 回転方向 R・L R・L 回転テーブル面上からの方向 1 dw Rotational direction Direction viewed from rotating table top テーブル厚さ:20 mm ワーク材質:鉄 Jw=(  8 × Mw × Dw2 + Mw ×(  2) ) × n Table thickness : 20 mm Work material : Iron 割出数 2・3・4・5・6・8 2・3・4・5・6・8・10・12 ⑯は準標準品 材 質:鉄 ワーク質量:0.4 kg(Mw)  =( 1/8 × 0.4 × 0.042 + 0.4 × 0.092) × 4 Number of divisions ⑯ is a semi-standard product. Table materia l: Iron Work mass : 0.4 kg (Mw) 割出速度  = 133( × 10-4 kg・m2) sec 0.8~ 1.0~ スピコン調整(値は無負荷時) テーブル質量:6.5 kg(Mt) ワークPCD:180 mm(dw) Indexing speed Speed controller adjustment(Value with no load) Table mass : 6.5 kg (Mt) Work PCD : 180 mm (dw) 割出精度 ± arc min 3 2 ワーク径:φ40 mm(Dw) 作業荷重:1960 N ●総慣性モーメントの算出 Indexing precision Work diameter : φ40 mm (Dw) Operational load : 1960 N Calculation of total inertia moment 許容負荷トルク N・m 11.7 29.4 4割出 エア圧0.4MPa時 J = Jt + Jw Allowable load torque For 4 divisions under air pressure 0.4MPa プレス機  =( 430 + 133) × 10-4 kg・m2 許容慣性モーメント ×10-4kg・m2 125 ※1250 ※2、3割出のみ1125×10-4kg・m2 Press machine Allowable inertia moment ※ 2 and 3 divisions: 1125×10-4kg·m2  = 563( × 10-4 kg・m2) ロッキングトルク N・m 11.7 29.4 エア圧0.4MPa時 Locking torque For air pressure 0.4MPa 仕様表よりMT125を仮選定 内部容積 From the specification table, MT125 is tentatively selected. cm3 250 500 Internal volume 最高使用圧 MT125仕様 MPa 0.7 0.7 MT125 specifications Max. pressure 最低動作圧 推奨テーブル径 MPa 0.3 0.3 φ250 > φ230……………………… OK Min. working pressure Recommended table diameter サブテーブル径 mm 180 250 推奨径 積載重量 15 kg > 8.1 kg …………………… OK Sub-table diameter Recommendable diameter Loading capacity 積載重量 最大 kg 3 15 最大積載時の高速運転不可 慣性モーメント 1250 × 10-4 kg・m2 > 563 × 10-4 kg・m2…… OK Laden max. mass weight High-speed operation not acceptable when the loading capacity is maximum Inertia moment スラスト N 980 2940 作業荷重(スラスト) 2940 N > 1960 N………………… OK 作業荷重 Thrust テーブル停止時における外荷重 Operating load (thrust) Working load ラジアル External load when table stops Radial N 245 490 以上よりMT125に決定 質 量 kg 5 10 From the above, MT125 is definitely selected. Mass weight 割出速度は負荷により異なります。  Indexing speed varies according to the load. ●テーブル慣性モーメントの算出 ●割出し時間の算出(カタログP12より) Calculation of table inertia moment Calculation of indexing time( from the catalog, P.12) 1 J =   × M × D 2 割出時間 =1.0 + 563(3-1.0)/1250 = 1.9秒 t 8 t t Indexing time = 1.0 + 56(3 3-1.0)/125 = 1.9sec  = 1/8 × 6.5 × 0.232  = 430( × 10-4 kg•m2) ※割出し時間は内部ピストン・往復にかかる時間です。 ※ The indexing time is the time required for a stroke of the internal piston. ※2秒を目安に停止時の衝撃程度に応じてスピコン(メータ・アウト)で速度の調 整を行ってください。 ※ Adjust the speed with a speed controller (meter-out) according to the degree of stop-causing impact aiming at 2 sec. 配管方法 Piping method 無給油仕様です。回転テーブル側に割出用の配管をしてください。 Oilless specifications. Lay the piping for indexing on the rotating table side. 割出時間=t+(負荷慣性モーメント(3-t))/許容慣性モーメント Indexing time = t+( Load inertia momen(t 3-t))/Allowable inertia moment MT100 J=1/8MD2=1/8×5×0.22=250×10-4kg・m2 MT125 J= 1/8MD2 = 1/8×5×0.22 = 250×10-4kg・m2 12 13
Page13

MT選定計算例 Calculation example for MT selection 【使用条件】Operating conditions ●ワーク慣性モーメントの算出 型 式 MT100 MT125 備考 テーブル径:φ230 mm(D ) ワーク高さ:40 mm ワーク数:4個(n) Calculation of work inertia moment Model Remarks t Table diameter : φ230 mm (Dt) Work height : 40 mm Number of works : 4 2 回転方向 R・L R・L 回転テーブル面上からの方向 1 dw Rotational direction Direction viewed from rotating table top テーブル厚さ:20 mm ワーク材質:鉄 Jw=(  8 × Mw × Dw2 + Mw ×(  2) ) × n Table thickness : 20 mm Work material : Iron 割出数 2・3・4・5・6・8 2・3・4・5・6・8・10・12 ⑯は準標準品 材 質:鉄 ワーク質量:0.4 kg(Mw)  =( 1/8 × 0.4 × 0.042 + 0.4 × 0.092) × 4 Number of divisions ⑯ is a semi-standard product. Table materia l: Iron Work mass : 0.4 kg (Mw) 割出速度  = 133( × 10-4 kg・m2) sec 0.8~ 1.0~ スピコン調整(値は無負荷時) テーブル質量:6.5 kg(Mt) ワークPCD:180 mm(dw) Indexing speed Speed controller adjustment(Value with no load) Table mass : 6.5 kg (Mt) Work PCD : 180 mm (dw) 割出精度 ± arc min 3 2 ワーク径:φ40 mm(Dw) 作業荷重:1960 N ●総慣性モーメントの算出 Indexing precision Work diameter : φ40 mm (Dw) Operational load : 1960 N Calculation of total inertia moment 許容負荷トルク N・m 11.7 29.4 4割出 エア圧0.4MPa時 J = Jt + Jw Allowable load torque For 4 divisions under air pressure 0.4MPa プレス機  =( 430 + 133) × 10-4 kg・m2 許容慣性モーメント ×10-4kg・m2 125 ※1250 ※2、3割出のみ1125×10-4kg・m2 Press machine Allowable inertia moment ※ 2 and 3 divisions: 1125×10-4kg·m2  = 563( × 10-4 kg・m2) ロッキングトルク N・m 11.7 29.4 エア圧0.4MPa時 Locking torque For air pressure 0.4MPa 仕様表よりMT125を仮選定 内部容積 From the specification table, MT125 is tentatively selected. cm3 250 500 Internal volume 最高使用圧 MT125仕様 MPa 0.7 0.7 MT125 specifications Max. pressure 最低動作圧 推奨テーブル径 MPa 0.3 0.3 φ250 > φ230……………………… OK Min. working pressure Recommended table diameter サブテーブル径 mm 180 250 推奨径 積載重量 15 kg > 8.1 kg …………………… OK Sub-table diameter Recommendable diameter Loading capacity 積載重量 最大 kg 3 15 最大積載時の高速運転不可 慣性モーメント 1250 × 10-4 kg・m2 > 563 × 10-4 kg・m2…… OK Laden max. mass weight High-speed operation not acceptable when the loading capacity is maximum Inertia moment スラスト N 980 2940 作業荷重(スラスト) 2940 N > 1960 N………………… OK 作業荷重 Thrust テーブル停止時における外荷重 Operating load (thrust) Working load ラジアル External load when table stops Radial N 245 490 以上よりMT125に決定 質 量 kg 5 10 From the above, MT125 is definitely selected. Mass weight 割出速度は負荷により異なります。  Indexing speed varies according to the load. ●テーブル慣性モーメントの算出 ●割出し時間の算出(カタログP12より) Calculation of table inertia moment Calculation of indexing time( from the catalog, P.12) 1 J =   × M × D 2 割出時間 =1.0 + 563(3-1.0)/1250 = 1.9秒 t 8 t t Indexing time = 1.0 + 56(3 3-1.0)/125 = 1.9sec  = 1/8 × 6.5 × 0.232  = 430( × 10-4 kg•m2) ※割出し時間は内部ピストン・往復にかかる時間です。 ※ The indexing time is the time required for a stroke of the internal piston. ※2秒を目安に停止時の衝撃程度に応じてスピコン(メータ・アウト)で速度の調 整を行ってください。 ※ Adjust the speed with a speed controller (meter-out) according to the degree of stop-causing impact aiming at 2 sec. 配管方法 Piping method 無給油仕様です。回転テーブル側に割出用の配管をしてください。 Oilless specifications. Lay the piping for indexing on the rotating table side. 割出時間=t+(負荷慣性モーメント(3-t))/許容慣性モーメント Indexing time = t+( Load inertia momen(t 3-t))/Allowable inertia moment MT100 J=1/8MD2=1/8×5×0.22=250×10-4kg・m2 MT125 J= 1/8MD2 = 1/8×5×0.22 = 250×10-4kg・m2 12 13
Page14

MDF for MINIDEX 1.危険防止のため、作動中は回転部に触れないでください。 1. Do not touch the rotating part during operation for hazard prevention. 1.ミニデックスシリーズは、機構上ほぼ等速的な運動をしますので、停止 1. Since MINIDEX Series structurally rotates at a nearly constant speed, an 2.非常時、即停止してエアーや電源を遮断するような安全性重視の設計を 2. In designing the indexing, put the emphasis on safety so that air supply and power 端で衝撃が発生します。停止端にてワーク等のビビりが発生する場合は、 impact is caused at the stop end. If the work, etc. resultantly chatter at the stop 行ってください。 supply can be shut down in no time in case of emergency. スピコンで速度の調整を行って下さい。 end, adjust the speed with the speed controller. 3.本品を着脱するときは、必ず電源 OFF と圧力 OFF を確認してから行っ 3. When attaching or detaching this product, be sure to confirm that both air supply and power supply are OFF beforehand. 2.負荷に応じて、対応できる割出時間が設定されています。設定時間より 2. The applicable indexing time is set according to the load. Do not operate at a てください。 higher speed than the set time. も高速な運転はおやめ下さい。 4. Confirm that the operating pressure is set to 0.7MPa( 7kgf/cm2) or less. 4.使用圧力は 0.7MPa(7kgf/cm2)以下としてください。 3. Reference values of piping sizes for Air Index( pipe I.D.) 3.エアインデックス配管サイズ参考値(管内径) 5. Use clean air for use in driving MINIDEX Series or MINITABLE Series. Attach MDF30 : 4 mm, MDF50 : 4 mm 5.ミニデックスシリーズ、ミニテーブルシリーズを駆動する空気は、清浄 an air filter to this product or near the valve to remove drain, dirt, etc. from the MDF30:4 mm MDF50:4 mm な空気を使用し、本品もしくはバルブの近くにエアフィルタを取付けド air. Drain the air filter at regular intervals. レンやゴミなどを取り除いてください。 6. When piping MINIDEX Series or MINITABLE Series, flash the pipe beforehand. また、エアフィルタのドレン抜きは定期的に行ってください。 Note with care that if dirt, seal debris, etc. generated from piping work enter the product, malfunction, such as packing damage, could be caused to the 6.ミニデックスシリーズ、ミニテーブルシリーズに配管する前に配管内の MT for MINITABLE product. フラッシングを十分に行ってください。配管取り付け中に発生した、ゴミ、 シール材などが混入するとパッキン類の欠損など、作動不良の原因とな 7. For internal sealing, all standard seal materials are used. Worn or broken seals りますのでご注意ください。 could cause air leak and resultant output degradation. To replace seals, 1.ミニテーブルシリーズは等速回転ですので、高速の場合、停止端で衝撃 1. MINITABLE Series rotate at a nearly constant speed. At a high speed, impact is contact us for consultation. が発生します。前記の方法で徐々に速度を上げ、停止端にてテーブルの generated at the stop end. If the table does not “dance” at the stop end when 7.内部のシールは全て規格品を使用しております。 “オドリ” がないようならばほぼ安全です。しかし、所定のサイクル内で the speed is raised slowly as described above, it is nearly safe. Nevertheless, 8. This product is oilless. use the product as slow as possible within the prescribed number of cycles. シールの磨耗や破損はエア洩れとなり、出力の低下を招きます。シール できる限り低速でお使いください。 交換につきましては弊社にご相談ください。 9. When using this product at any place where the product is exposed to water 2. When air is supplied to the indexing side, the product stops at 5 – 7° before the droplets, oil droplets or power dust, protect the product with a cover or the like. 2.割り出し側へエアを供給しますと、所定割り出し角より 5°~ 7°手前で specified indexing angle. Then, when air is supplied to the locking side, the 8.無給油で使用できます。 停止し、次にロック側へエアを供給しますと残り角 5°~ 7°回りながら product turns by the remaining 5 – 7°and is locked. 10. Do not additionally process this product. If you want to do so, contact us for ロックされます。 9.水滴、油滴などが掛かる場所や、粉塵などが多い場所で使用する場合は、 consultation. 3. When incorporating the product into an automatic machine, use a timer or a limit switch カバーなどで保護してください。 3.自動機に組み込む場合は、タイマ、またはリミットスイッチにて制御し for controlling. In the case of limit switch, mount the LS dog at the table end or table side. 11. As a selector valve, use a 5-port, 2-position single solenoid valve(. As a manual selector valve, use a 4-way or 5-way valve.) ます。LS ドグは、テーブル端か、テーブルサイドに設けてください。 10.本体への追加工はおやめください。追加工を希望される場合は、弊社 4. When the product is set and used horizontally( on a level with shaft), apply laterally balanced load with respect to the rotational center. If the load is までご相談ください。 12. MINI TABLE makes indexing by alternatingly supplying air to 2 air ports. 4.横設置(軸水平)にてご使用の際は、回転中心に対し左右のバランスの lopsided, like arm or the like, the product could run away in the rotational MINIDEX F Series … One-way motion of the piston makes one indexing. 取れた荷重としてください。アーム等、片荷重の場合、回転方向に先走 direction. 11.切替バルブは 5 ポート 2 位置シングル ソレノイド(手動バルブの場 MINITABLE Series … Reciprocal motion of the piston makes one indexing. りすることがあります。 合は 4 方弁または 5 方弁)をご使用ください。 The port on the table side is for indexing, and the port on the lower side is for the 5. When the product is set horizontally, the superimposed load is decreased by locking. 5.横設置の場合、積載質量は半減します。故障の第一原因は、過負荷運転 half. The primary cause of failure is the break of the cam or the break of the 12.エアインデックスは 2 つのエアポートへ交互にエアを供給することに によるカムの破損と、平行ピンの破断です。この場合は、作動不能にな parallel pin due to overload operation. In this case, malfunction will be caused. より、割出を行います。 13. In trial operation, start the operation at a very low speed, and then slowly increase Inform us of your situation, and we will solve the problem quickly. ミニデックスFシリーズは、ピストン片道で 1 割出します。 the speed. If the operation is started at a high speed, the internal cam could be ります。状況をお知らせ頂ければ速やかに対処します。 broken. 6. Do not face the table top downward during operation. ミニテーブルシリーズは、ピストン往復で 1 割出します。テーブル側 6.テーブル面を下向きにしての使用はおやめください。 が割出用、下側がロック用エアポートです。 14. Key must be prepared by customer. 7. Minimize the outside dimensions and weigh(t e.g., by using aluminum) of the sub-table, etc. 7.サブテーブル等は、極力外形を小さく、軽く作ってください。(アルミ等) 13.試運転は、ごく低速にて行い、徐々に速度を上げてください。初回か 15. Be sure to read the “Safety and Instruction Manual” attached to the product 8. Reference values of piping sizes for Air Index( pipe I.D.) 8.エアインデックス配管サイズ参考値(管内径) ら高速にしますと内部のカムが破損する恐れがあります。 before starting the operation. MT100 : 4mm, MT125 : 5mm, MT100:4 mm MT125:5 mm 14.キー材はお客様にてご用意ください。 16. Be sure to set the speed controller in the meter-out circuit. 15.ご使用前に付属の「安全と取り扱いに関する説明書」を必ずお読みく ださい。 16.スピコンは必ずメーターアウトを使用してください。 14 15
Page15

MDF for MINIDEX 1.危険防止のため、作動中は回転部に触れないでください。 1. Do not touch the rotating part during operation for hazard prevention. 1.ミニデックスシリーズは、機構上ほぼ等速的な運動をしますので、停止 1. Since MINIDEX Series structurally rotates at a nearly constant speed, an 2.非常時、即停止してエアーや電源を遮断するような安全性重視の設計を 2. In designing the indexing, put the emphasis on safety so that air supply and power 端で衝撃が発生します。停止端にてワーク等のビビりが発生する場合は、 impact is caused at the stop end. If the work, etc. resultantly chatter at the stop 行ってください。 supply can be shut down in no time in case of emergency. スピコンで速度の調整を行って下さい。 end, adjust the speed with the speed controller. 3.本品を着脱するときは、必ず電源 OFF と圧力 OFF を確認してから行っ 3. When attaching or detaching this product, be sure to confirm that both air supply and power supply are OFF beforehand. 2.負荷に応じて、対応できる割出時間が設定されています。設定時間より 2. The applicable indexing time is set according to the load. Do not operate at a てください。 higher speed than the set time. も高速な運転はおやめ下さい。 4. Confirm that the operating pressure is set to 0.7MPa( 7kgf/cm2) or less. 4.使用圧力は 0.7MPa(7kgf/cm2)以下としてください。 3. Reference values of piping sizes for Air Index( pipe I.D.) 3.エアインデックス配管サイズ参考値(管内径) 5. Use clean air for use in driving MINIDEX Series or MINITABLE Series. Attach MDF30 : 4 mm, MDF50 : 4 mm 5.ミニデックスシリーズ、ミニテーブルシリーズを駆動する空気は、清浄 an air filter to this product or near the valve to remove drain, dirt, etc. from the MDF30:4 mm MDF50:4 mm な空気を使用し、本品もしくはバルブの近くにエアフィルタを取付けド air. Drain the air filter at regular intervals. レンやゴミなどを取り除いてください。 6. When piping MINIDEX Series or MINITABLE Series, flash the pipe beforehand. また、エアフィルタのドレン抜きは定期的に行ってください。 Note with care that if dirt, seal debris, etc. generated from piping work enter the product, malfunction, such as packing damage, could be caused to the 6.ミニデックスシリーズ、ミニテーブルシリーズに配管する前に配管内の MT for MINITABLE product. フラッシングを十分に行ってください。配管取り付け中に発生した、ゴミ、 シール材などが混入するとパッキン類の欠損など、作動不良の原因とな 7. For internal sealing, all standard seal materials are used. Worn or broken seals りますのでご注意ください。 could cause air leak and resultant output degradation. To replace seals, 1.ミニテーブルシリーズは等速回転ですので、高速の場合、停止端で衝撃 1. MINITABLE Series rotate at a nearly constant speed. At a high speed, impact is contact us for consultation. が発生します。前記の方法で徐々に速度を上げ、停止端にてテーブルの generated at the stop end. If the table does not “dance” at the stop end when 7.内部のシールは全て規格品を使用しております。 “オドリ” がないようならばほぼ安全です。しかし、所定のサイクル内で the speed is raised slowly as described above, it is nearly safe. Nevertheless, 8. This product is oilless. use the product as slow as possible within the prescribed number of cycles. シールの磨耗や破損はエア洩れとなり、出力の低下を招きます。シール できる限り低速でお使いください。 交換につきましては弊社にご相談ください。 9. When using this product at any place where the product is exposed to water 2. When air is supplied to the indexing side, the product stops at 5 – 7° before the droplets, oil droplets or power dust, protect the product with a cover or the like. 2.割り出し側へエアを供給しますと、所定割り出し角より 5°~ 7°手前で specified indexing angle. Then, when air is supplied to the locking side, the 8.無給油で使用できます。 停止し、次にロック側へエアを供給しますと残り角 5°~ 7°回りながら product turns by the remaining 5 – 7°and is locked. 10. Do not additionally process this product. If you want to do so, contact us for ロックされます。 9.水滴、油滴などが掛かる場所や、粉塵などが多い場所で使用する場合は、 consultation. 3. When incorporating the product into an automatic machine, use a timer or a limit switch カバーなどで保護してください。 3.自動機に組み込む場合は、タイマ、またはリミットスイッチにて制御し for controlling. In the case of limit switch, mount the LS dog at the table end or table side. 11. As a selector valve, use a 5-port, 2-position single solenoid valve(. As a manual selector valve, use a 4-way or 5-way valve.) ます。LS ドグは、テーブル端か、テーブルサイドに設けてください。 10.本体への追加工はおやめください。追加工を希望される場合は、弊社 4. When the product is set and used horizontally( on a level with shaft), apply laterally balanced load with respect to the rotational center. If the load is までご相談ください。 12. MINI TABLE makes indexing by alternatingly supplying air to 2 air ports. 4.横設置(軸水平)にてご使用の際は、回転中心に対し左右のバランスの lopsided, like arm or the like, the product could run away in the rotational MINIDEX F Series … One-way motion of the piston makes one indexing. 取れた荷重としてください。アーム等、片荷重の場合、回転方向に先走 direction. 11.切替バルブは 5 ポート 2 位置シングル ソレノイド(手動バルブの場 MINITABLE Series … Reciprocal motion of the piston makes one indexing. りすることがあります。 合は 4 方弁または 5 方弁)をご使用ください。 The port on the table side is for indexing, and the port on the lower side is for the 5. When the product is set horizontally, the superimposed load is decreased by locking. 5.横設置の場合、積載質量は半減します。故障の第一原因は、過負荷運転 half. The primary cause of failure is the break of the cam or the break of the 12.エアインデックスは 2 つのエアポートへ交互にエアを供給することに によるカムの破損と、平行ピンの破断です。この場合は、作動不能にな parallel pin due to overload operation. In this case, malfunction will be caused. より、割出を行います。 13. In trial operation, start the operation at a very low speed, and then slowly increase Inform us of your situation, and we will solve the problem quickly. ミニデックスFシリーズは、ピストン片道で 1 割出します。 the speed. If the operation is started at a high speed, the internal cam could be ります。状況をお知らせ頂ければ速やかに対処します。 broken. 6. Do not face the table top downward during operation. ミニテーブルシリーズは、ピストン往復で 1 割出します。テーブル側 6.テーブル面を下向きにしての使用はおやめください。 が割出用、下側がロック用エアポートです。 14. Key must be prepared by customer. 7. Minimize the outside dimensions and weigh(t e.g., by using aluminum) of the sub-table, etc. 7.サブテーブル等は、極力外形を小さく、軽く作ってください。(アルミ等) 13.試運転は、ごく低速にて行い、徐々に速度を上げてください。初回か 15. Be sure to read the “Safety and Instruction Manual” attached to the product 8. Reference values of piping sizes for Air Index( pipe I.D.) 8.エアインデックス配管サイズ参考値(管内径) ら高速にしますと内部のカムが破損する恐れがあります。 before starting the operation. MT100 : 4mm, MT125 : 5mm, MT100:4 mm MT125:5 mm 14.キー材はお客様にてご用意ください。 16. Be sure to set the speed controller in the meter-out circuit. 15.ご使用前に付属の「安全と取り扱いに関する説明書」を必ずお読みく ださい。 16.スピコンは必ずメーターアウトを使用してください。 14 15
Page16

ノンバックラッシTCG・SFPシリーズ Non-backlash TCG・SFP Series TCG・SFP TCGカムリング&ローラピニオン TCG Cam Ring & Roller Pinion Trochoid Cam Gear ボールねじ・ラック&ピニオンを超えた直線・曲線駆動システムの提案 Introduction of linear and curvilinear drive system superior to ball-type screw and rack & pinion. TCGカムラック&ローラピニオン SFPシリーズ TCG Cam Rack & Roller Pinion SFP Series ノンバックラッシボール減速機シリーズ Non-backlash Ball Reducer Series BR Ball Reducer ボールにより軽快高効率・高精度を実現したノンバックラッシ減速機 Non-backlash reducer with smoothness, high efficiency and high precision 薄型ボール減速機 JFRシリーズ ボール減速機 BRシリーズ realized by the employment of balls Just-fit Ball Reducer JFR Series Standard Type Ball Reducer BR Series パールデックスシリーズ Pearldex Series PDW Pearl Index System 高精度でありながら低価格を実現したインデックス Index Mechanism With High Accuracy At Low Price パールデックス PDWシリーズ Pearldex PDW Series インデックスシリーズ Index Series MINIDEX・MINITABLE Indexing Actuator 複合動作をユニット化、シンプル構造で使いやすいエア・アクチュエータ The compound operation is made a unit. Air actuator that is easy to use because of simple structure. ミニテーブル MTシリーズ ミニデックス MDFシリーズ Minitable MT Series Minidex MDF Series エアインデックス シリーズ適用上のご注意 Cautions for use of AIRINDEX series ◦本製品の最終使用者が軍事関係であったり、用途が兵器などの製造用である場合には、「外国為替管理法」の ◦If the user of the product is a military interest or if the product is to be used in the manufacture of 定める輸出規制の対象となることがありますので、輸出される際には十分な審査及び必要な輸出手続きをお取 weapons, the product may be subject to export regulations prescribed in the Foreign Trade Control Act. Confirm these conditions before exporting the product and take the necessary steps. ◦Our products are り下さい。◦本品は、人命にかかわるような状況下で使用される機器などに使用される目的として、設計、製 not designed and manufactured to be used for the machines or equipment which may affect people's lives. 造されたものではありません。◦本品を特殊用途(航空宇宙用・原子力関連・乗用移動用・医療機器など)での ◦Please contact with Kamo Seiko or local distributor if the products are used for the special applications ご使用をご検討の際には、弊社までご一報下さい。◦本品は厳重な品質管理のもとに製造しておりますが、万 such (aero-space, atomic power, vehicle, medical and etc.). ◦Although our products are manufactured 一本品が故障することにより人命にかかわるような重要な設備、重大な損失の発生が予想される設備への適用 under strict quality control, please install a safety device to avoid an accident which may affect people's lives in applying our products to the important arrangement which may affect people's lives when accident に際しては、重大事故にならないよう安全装置を設置して下さい。◦本製品を特殊環境(クリーンルーム、食品 occurs or the arrangement which may occur serious damage. ◦When this product is used in a special など)に使用される場合は、あらかじめ当社代理店または最寄りの営業所へご連絡下さい。 environment (clean room, food handling facility, etc.), please contact with Kamo Seiko or local distributor. ■このカタログ記載内容は2021年6月現在のものです。■本カタログに記載されている仕様・寸法等は改良のため、予告なく ■The contents in the catalog is as of Jnu. 2021. ■Specifications and dimensions are subject to change without 変更することがあります。■商品のカラーは印刷のため、実物と異なって見える場合があります。■本品の無償修理期間は、 notice. ■Product colors may look different from the catalog due to print. ■AIRINDEX series are warranted to be free from defects in material and workmanship for the shorter period of either 12 months after the date of the 弊社が規定しております仕様条件内でのご使用を前提に、出荷後1年または実稼動2,500時間のどちらか早い到達時期といた shipment or 2,500 hours of operation on condition that the AIRINDEX series are installed properly and operated します。■万一保証期間内において、明確に本品の品質起因による故障、不備が発生した場合、その対応を無償にて実施いた under conditions specified by Kamo Seiko. ■Defects in material and/or workmanship will result in replacement of します。但し実機よりの脱着に関する工数、関連諸経費などは弊社負担外とさせていただきます。■お客様にて分解、改造等 defective unit by Kamo Seiko. The unit should be returned with freight prepaid to Kamo Seiko Corporation. Any をなされた場合の無償修理対応は致しかねます。■弊社では海外においての保守およびサポートは行っていません。■不具 cost in removing and/or installing the unit from/on the machine or facility should be owned by customer side. ■ Kamo Seiko will not accept the free repair in case the unit is disassembled or modified. ■Kamo Seiko does not 合・修理のご依頼は、お買上げの販売店又は弊社サービス部までお問合せください。 offer the services for maintenance and installation abroad. ■Please contact with Kamo Seiko or the local distributor for nonconformity or repair. 21.06