1/4ページ

このカタログをダウンロードして
すべてを見る

ダウンロード(7.1Mb)

Form 3 & Form 3L採用事例:株式会社 愛和義肢製作所

事例紹介

「Form 3L」で義肢装具は次のステージへ - デジタル×職人技術で注目を集める愛和義肢製作所

医学知識と高度な制作技術が求められる義肢装具の世界において、完全オーダーメイドの義手、義足で名を馳せる企業がある。愛和義肢製作所は、本物と見間違うほどの高精度な義手・義足を制作する企業だ。微細な皺や浮き出る血管まで再現するシリコン製の義肢は大手メディアでもたびたび紹介され、日本全国に多くの顧客を抱えている。その技術は義肢に留まらず、映画やテレビ制作の現場からも評価が高い。

創業者の林 伸太郎氏は老舗の義肢制作会社を経て、2003 年に自らの会社を設立。アナログな制作手法が主流の義肢装具の世界で、2018 年にFormlabsの3D プリンタを導入した。それまで蠟(ろう)や石膏などで制作していたマスターモデルを完全に3D プリントに置き換えたのだ。現在は「Form 3」と「Form 3L」を併用し、職人の技術をデジタル化する研究も始めているという。日本全国から来るオーダーにフル稼働で対応する同社に、デジタル化の経緯と今後について伺った。

このカタログについて

ドキュメント名 Form 3 & Form 3L採用事例:株式会社 愛和義肢製作所
ドキュメント種別 事例紹介
ファイルサイズ 7.1Mb
登録カテゴリ
取り扱い企業 Formlabs株式会社 (この企業の取り扱いカタログ一覧)

この企業の関連カタログ

デスクトップSLA光造形3Dプリンタ Form 3+
製品カタログ

Formlabs株式会社

大容量SLA光造形3Dプリンタ Form 3L
製品カタログ

Formlabs株式会社

このカタログの内容

Page1

USER STORY: 「Form 3L」で義肢装具は次のステージへ―― デジタル×職人技術で注目を集める愛和義肢製作所 PRODUCT: COMPANY: 3D プリンタ Form 3、Form 3L 株式会社 愛和義肢製作所 医学知識と高度な制作技術が求められる義肢装具の世界において、完全オー ダーメイドの義手、義足で名を馳せる企業がある。 愛和義肢製作所は、本物と見間違うほどの高精度な義手・義足を制作する企 業だ。微細な皺や浮き出る血管まで再現するシリコン製の義肢は大手メディア でもたびたび紹介され、日本全国に多くの顧客を抱えている。その技術は義肢 に留まらず、映画やテレビ制作の現場からも評価が高い。 創業者の林 伸太郎氏は老舗の義肢制作会社を経て、2003 年に自らの会社を 設立。アナログな制作手法が主流の義肢装具の世界で、2018 年に Formlabs の 3D プリンタを導入した。それまで蠟(ろう)や石膏などで制作していたマス ターモデルを完全に 3D プリントに置き換えたのだ。現在は「Form 3」と「Form 3L」を併用し、職人の技術をデジタル化する研究も始めているという。 日本全国から来るオーダーにフル稼働で対応する同社に、デジタル化の経緯と 今後について伺った。
Page2

FORMLABS USER STORY : VOL.10 : AIWA GISHI Co.,Ltd. デジタル化によって、生産性は 10 倍に 「職人技をいかにデジタルで残していくかというのは重要 な課題です。限られた職人しかできない作業をデジタル化 することによって、新人など技術力の高くない職人も作業 に携われるようになり、フラットな組織になります。ベテラン の職人も一つの作業にかかりっきりになっていた状況から 開放されることで、技術力を深めたい他の作業に注力でき るようにできるなど、全体的に利点は多いと思います」 内製化したことでデータの取り込み方や造形する際の向き やサポート材の位置など、外注では実現できない細部の品 質まで追求しつつ、生産性を大きく向上させることに成功。 現在は林氏を中心に若い義肢装具士が日本全国からの Form 3 で造形したマスター(右)と、シリコンで射出成形したものに着色 オーダーに対応している。 を施した義耳(左) 義肢は欠損していない側の手や指、脚で型を取り、左右反 「これまで私の世代ではろうそくでマスターを作っていまし 転させてマスターを作成するのが基本だ。この左右反転さ たが、スキャンしたデータを『Form 3』や『Form 3L』で造形 せたマスターモデルのクオリティが義肢装具士の腕の見せ するようになってからは生産性が10倍向上したと実感して どころだ。一方で習熟までには長い期間を要することや、 います。少人数のチームで効率的に作業分担でき、夜間や 個々の技術力の差によるクオリティのばらつきが課題と 祝日でも3Dプリンタが稼働するので、患者様への提案のバ なっていた。近年、さまざまな業界で少子高齢化に伴う働 リエーションも増えました。Formlabsの3Dプリンタは顧客 き手不足や職人の技術承継が課題とされている。義肢装具 満足度の向上に大きく寄与しています」 業界も例にもれず、優れた技術をいかに後世に残すべきか を林氏も模索していた。 その解決策の一環として愛和義肢製作所は2018年に 「Form 2」を導入し、3Dスキャナを活用してマスターデー タのデジタル化に踏み切った。国内に留まらず海外でも職 人による手作業が主流の義肢装具制作の業界において、デ ジタル化は珍しいケースだ。しかしデジタル化は業界の命 運に関わる課題だと、林氏は指摘する。 愛和義肢製作所 代表取締役 林 伸太郎氏 Form 3Lで造形した手のマスター(左)とシリコン製の義手(右)。血管やしわ、微細な色合いまで再現する技術は、TVドラマ・映画制作業界からも注目されている。
Page3

FORMLABS USER STORY : VOL.10 : AIWA GISHI Co.,Ltd. 圧倒的な進化を遂げた 私たちは時代に沿った作り方を実践しているし、学生た 「Form 3」「Form 3L」 ちにも積極的に3Dスキャナや3Dプリンタを使わせていま す。現場は世の中の流れを見ながら、自由自在にやり方を 変えていかないと生き残れないことを学んで欲しいと思い ます」 愛和義肢製作所の工房内で稼働する「Form 3L」(手前) 「Form 2」でデジタル化に手応えを感じた愛和義肢製作所 では、2019年に「Form 3」、2021年に「Form 3L」を導入す 「Form 3L」の造形容量は 335 × 200 × 300mm と、「Form 3」の 5 倍以 る。林氏は造形品質と安定性の向上を高く評価する。 上。大人の足や手のマスターも一度にまとめて造形できるサイズを確保し 「『Form 2』でも造形品質は十分でしたが、『Form 3』になっ ている。 て更に良くなったことを実感しています。特に『Form 3L』は プラットフォームが広くなったので、義足など高さのある造 高品質な技術を日本から世界に 形物も分割せずに一度で造形できるようになりました。動 広めるための 3D プリンタ 作が安定しているので、夜間や休日にプリントを任せてお Formlabsの3Dプリンタを活用した制作環境にシフトした ける点も助かっています」 ことで、林氏は新たな展開も視野に入れている。1つ目は データ流通だ。国内外の医療機関とデータをやりとりする どれだけ3Dデータが高精度であっても、造形しないと伝わ ことも近い将来に起きるだろうと予測し、愛和義肢製作所 らない質感や形状がある。その際に患者にとってベストな ではISO 9001とISMS認証(ISO27001)を取得し、セキュリ 義肢が選べるよう、あらかじめさまざまなパターンで造形 ティ保護を重視している。 できる点もデジタル化のメリットだ。林氏はデジタル化の恩 恵は製作者だけでなく、エンドユーザーである患者にもあ 現在、大学と共同でAIを活用したデータ補正も研究してい ると指摘する。 るという。実現すれば、東京から遠く離れた土地でスキャン 「患者様にさまざまな選択肢がある状態を短期間で作って したデータをAIで補正できるようになり、製作期間の短縮 おくことは、手作業の時代にはできなかったことです。一般 化やスキャンする場所の制約を取り払うなど、患者へのメ 的によく言われるように、3Dプリンタは量産には不向きで リットは計り知れない。また、これまで物理的に保管してい はあるけれど、私たちの業界のようなオーダーメイド品の た型もデータに移行することで、倉庫の容量は10分の1に 制作との相性は抜群です。『Form 3L』のような大型のプリ 圧縮し、火災や地震などの災害で型が消失するリスクも解 ンタも扱えるようになったことで、生産性もさらに向上して 消した。 いくでしょう」 デジタル化する職人環境を支える 義肢装具の世界では愛和義肢製作所のようにデジタル化 に踏み切った事例は限られているという。しかし、義肢装具 手仕事の世界は突出した個人の能力が業界を底上げする 士を志す学生や若者らのデジタルに対する関心は非常に きっかけにもなりうる一方で、職人が引退した際などの技 高く、毎年多くの学生を実習で受け入れている。 術承継が課題となる。林氏はAIやデジタルデータを活用す 「ほぼすべての義肢装具士の学校から学生を受け入れてい ることで、これまでの技術の積み重ねが継続し、業界全体 ます。教育では従来の制作手法で学ぶことが中心ですが、 が成長し続けることを望んでいる。
Page4

FORMLABS USER STORY : VOL.10 : AIWA GISHI Co.,Ltd. デジタル環境を駆使する愛和義肢製作所の義肢装具士。自らの生産性を高める一方で、患者一人一人と向き合う時間に重きを置いているという。 「一人前の義肢装具士になるためには長い年月が必要で 職人技をデジタル化で発展させていく上で、常に進化し続 すが、今後はデジタルをどれだけ使いこなせるかが重要な けるFormlabsの3Dプリンタに信頼を寄せている林氏は評 指標となるでしょう。職人は柔軟に新しいものを取り入れる 価する。 べきであり、いつまでも古い形に拘り続けているようでは、 職人も業界も発展しません」 「ハードウェアだけでなくソフトウェアやレジンも良くなり続 けるFormlabsは、常に前進し続けている企業だと感じて 愛和義肢製作所では自社の技術を隠すことなく公開してい います。私たちも常に変化し続けている企業なので、何かを る。医師が他の医師に手術の様子を見学させて技術を共 変えていきたいモノづくり企業にとっては最適なパートナー 有するように、義肢装具士もそうあるべきだと林氏は考え、 だと思います」 業界全体の技術向上を目的に自社のコア技術も惜しげな く伝えている。同社が進める義肢装具のDX(デジタルトラン スフォーメーション)は、後継者不足や技術継承に課題を抱 える企業にとって学ぶべき点が多い。 「デジタル化が進むことで職人は必要とされなくなると心 配する声もありますが、道具が人間の作業を代替できるの であれば、積極的に任せる一方で、人間でしかできない作 業や技術を突き詰めればいい。私たちの業界であれば、患 者様とのコミュニケーション能力を高めていき、満足度の 高い義肢装具を提供していくことが今後進むべき道です」 発行元: Instagram, Facebook, Twitter Formlabs 株式会社 @ FormlabsJapan https://formlabs.com/ja/ ©Formlabs 株式会社 2019 Printed in japan