1/16ページ

このカタログをダウンロードして
すべてを見る

ダウンロード(2.9Mb)

製油所排水処理システム_セイスイ工業

製品カタログ

処理コスト削減と環境保全を両立するNETIS登録技術と同じ技術を用いた 製油所排水システム

大量の汚泥が発生する現場で有効な 「製油所排水処理システム」

1. 仮設処理
常設とは違い必要に応じて一時的な設置が可能
2. 処理コスト圧縮
従来、産業廃棄物処理していた汚泥を、現場にて固形物と水に分離脱水! 脱水減容化したことで産廃コストを最大80%削減
3. 工期短縮
連続的に汚泥を分離脱水する事で従来技術に比べ施工性が向上!工期を最大30%以上短縮
4. 故障や災害時の緊急トラブル対応
お問い合わせから最短3日で納入!24時間運転にも対応し最速でトラブルを解決
5. 環境保全
産業廃棄物として処分されていた水を分離することにより、経済性の向上だけではなく 地球環境への負荷の抑制が図れる

このカタログについて

ドキュメント名 製油所排水処理システム_セイスイ工業
ドキュメント種別 製品カタログ
ファイルサイズ 2.9Mb
登録カテゴリ
取り扱い企業 セイスイ工業株式会社 (この企業の取り扱いカタログ一覧)

この企業の関連カタログ

このカタログの内容

Page1

詳解資料 <精油所編> 処理コスト削減と環境保全を両立するNETIS登録技術と同じ技術を用いた 製油所排水システム
Page2

はじめに 大量の汚泥が発生する現場で有効な 「製油所排水処理システム」 1. 仮設処理 常設とは違い必要に応じて一時的な設置が可能 2. 処理コスト圧縮 従来、産業廃棄物処理していた汚泥を、現場にて固形物と水に分離脱水! 脱水減容化したことで産廃コストを最大80%削減 3. 工期短縮 連続的に汚泥を分離脱水する事で従来技術に比べ施工性が向上!工期を最大30%以上短縮 4. 故障や災害時の緊急トラブル対応 お問い合わせから最短3日で納入!24時間運転にも対応し最速でトラブルを解決 5. 環境保全 産業廃棄物として処分されていた水を分離することにより、経済性の向上だけではなく 地球環境への負荷の抑制が図れる 2
Page3

製油所排水処理システムについて システムの概要 製油所内の水処理設備改修時や更新時をはじめ、長年の水処理により堆積してしまった含油汚泥、何らかの原因でその排水や汚泥に油や有害物、 有機物が含まれていた時など、その排水や汚泥を短時間で水と固形物に分離し、廃棄物の総量削減、有害物の不溶化、経済性、施工性の向上など、 従来には無かった画期的な工法です。 従来技術との比較 従来工法では排水や汚泥の処理量が多い場合、バキュームカーでの場外運搬が困難だったり産廃費用が高額になる問題や、高濃度汚泥や有機汚 泥、汚泥に含まれる粒子が非常に小さい場合や油を含んでいる場合にはフィルター等を用いる脱水機では処理が不十分になるなどの問題がありま した。 弊社の仮設汚泥減容化プラントは遠心脱水機などを使用することで、工場の生産ラインを止める事もなくその場で24時間連続運転で処理する 事も可能であり、油、有害物、有機物を含む排水や汚泥、急激に増加してしまった汚泥の減容化など幅広く対応出来ます。 また、汚泥を固体と液体に分離することで、発生汚泥の大幅な減容化が出来るため処理量が多くなるほど産廃費用の削減につながります。 3
Page4

汚泥減容化について バキューム処理とのメリット・デメリット比較 バキューム処理 仮設汚泥減容化システム ・処理量が少ない場合、そのまま ・処理量が多い場合、減容化することで メリット 産廃をした方が安価で工期短縮。 処理費用の削減と工期短縮ができる。 ・処理量が多い場合 ・処理量が少ない場合、バキューム処理 ①処理費用が高額になる。 と比較して処理費用が高額になる。 ②運搬できる量が制限され デメリット 工期が伸びてしまう。 ・設置・運転調整・撤去に数日掛かる。 ③工期中に全量受け入れ出来ない。 ・原水濃度が高い場合 ・運転管理をする人員が必要。 希釈する為、処理量が増加する。 〇 処理量が少ない場合 → バキューム処理 〇 処理量が多い場合 → 仮設汚泥減容化システム (バキューム処理量が300㎥以上だとメリットを出せる可能性大!) 4
Page5

汚泥減容化について 「有機汚泥」を遠心分離機によって脱水する利点 今までバキューム車等により廃棄されていた汚泥には、放流出来る水分が含まれており、脱水する事により今まで 廃棄されていた水分を固形物と分離する事で廃棄物量を減らす事が可能です。 今まで廃棄 脱水処理前汚泥 120 されていた水分 は放流 SS 濃度 1% 100 80 Dry SS(固形物量) 1t 60 汚泥量 100㎥ 脱水処理後の 40 (固形物+水分) (1t+99㎥) 廃棄物量 20 分離された水分量 100㎥/6.7㎥=14.9 99㎥-5.7㎥=93.3㎥ 0 1/15に減容化 93.3㎥が放流可能 脱水処理前 脱水処理後 100 8 80 6 脱水処理後汚泥 60 4 含水率 85% 40 2 20 Dry SS(固形物量) 1t 0 0 0 1 2 3 4 5 6 7 8 9 101112 85 80 75 70 65 60 汚泥量 6.7㎥ SS濃度(%) 含水率(%) (固形物+水分) (1t+5.7㎥) ※.減容化率はSS濃度と含水率により変わります。 5 含水率85%時 脱水処理後の汚泥量(㎥) ( ㎥ ) SS濃度1%時 脱水処理後の汚泥量(㎥)
Page6

汚泥減容化について 「無機汚泥」を遠心分離機によって脱水する利点 今までバキューム車等により廃棄されていた汚泥には、放流出来る水分が含まれており、脱水する事により今まで 廃棄されていた水分を固形物と分離する事で廃棄物量を減らす事が可能です。 今まで廃棄 脱水処理前汚泥 120 されていた水分 は放流 SS 濃度 5% 100 80 Dry SS(固形物量) 5t 60 汚泥量 100㎥ 脱水処理後の 40 (固形物+水分) (5t+95㎥) 廃棄物量 20 分離された水分量 100㎥/10㎥=10 95㎥-5㎥=90㎥ 0 1/10に減容化 90㎥が放流可能 脱水処理前 脱水処理後 30 20 25 15 脱水処理後汚泥 20 15 10 含水率 50% 10 5 5 Dry SS(固形物量) 5t 0 0 0 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 65 60 55 50 45 40 35 30 汚泥量 10㎥ SS濃度(%) 含水率(%) (固形物+水分) (5t+5㎥) ※.減容化率はSS濃度と含水率により変わります。 6 含水率50%時 脱水処理後の汚泥量(㎥) ( ㎥ ) SS濃度5%時 脱水処理後の汚泥量(㎥)
Page7

現場事例|最終放流地(ガードベースン)汚泥処理 ご相談内容 廃棄物量の比較 製油所内の最終放流池に含油汚泥が1,800㎥堆積していて、これ以上汚泥 2000 83% が増え続けると放流水の水質が悪化してしまうので困っている。 1500 削減 効果 1000 台船によるポンプ浚渫と仮設汚泥減容化処理プラントを稼動させることによ 500 り油を含んだ汚泥も問題なく処理し、そのまま廃棄してしまう方法に比べ廃 0 棄物の量を1,800㎥から300㎥までと1/6にまで減容化できました。また、 バキューム工法 セイスイの技術 堆積した汚泥を除去したことにより、放流水が増加した際も放流基準を維持 ※脱水ケーキの含水率は土質により変わります。含水率が高い程、廃棄物量も増えてきます。 しながら放流できるようになりました。 処理前 処理後 原水 処理水 脱水ケーキ(脱水固体)含水率82% 7 ( ㎥ )
Page8

現場事例|ご提案内容 今回の汚泥処理は最終放流池(ガードベースン)に溜まった含油汚泥です。工場は稼働しているので常時排水が流れてくる為、水を抜かずに台船によるポンプ 浚渫と仮設脱水減容化プラントでの処理をご提案しました。 まず、最終放流池に台船を浮かべポンプを汚泥が溜まっているところまで沈めてから汚泥を送水します。汚泥は池全体にありますので台船を少しずつ移動させ てはポンプで汚泥を除去していきます。送られてきた汚泥は汚泥貯留槽に溜めてから一次処理として遠心脱水機に送り水と固形物に分離します。分離された一 次処理水に油が混ざる事も想定し、二次処理では凝集剤を使い油分を完全に取り除いた後、最終放流池に戻していきます。 弊社では、処理実施までのご提案資料作成・現地確認・薬品テストなどを無料で行っております。 お客様が納得できる処理方法をご提案するため、全国各地訪問させていただきます。 仮設汚泥減容化プラント フロー図 8
Page9

現場事例|仮設汚泥減容化プラント 現場内の限られたスペースに機材を設置するため、配置は弊社で提案させて頂いております。 (写真1) 写真1 現場全景 最終放流池に台船を浮かべポンプで溜まっている汚泥を取り除 いていきます。(写真2) 送られてきた汚泥を汚泥貯留槽に溜めていきます。汚泥の平均 濃度は 1%でした。(写真3) 写真2 浚渫状況 写真3 浚渫汚泥状況(濃度1%) 9
Page10

現場事例|仮設汚泥減容化プラント 一次処理で汚泥貯留槽に送水されてきた汚泥は、時間当 たり15㎥を遠心脱水機で水と固形物に分離していきま す。(写真4) 分離された脱水ケーキ(固形物)の含水率は78%でした。 (写真5) 写真4 遠心脱水機設置状況(HS-600MW) 写真5 脱水ケーキ(含水率78%) 二次処理では 一次処理水に油分を含んでいた場合に、凝 集剤で油分を取り除きます。沈殿した油を含んだ固形物 は汚泥貯留槽へ戻し再び脱水処理をします。(写真6) 遠心脱水機で分離された二次処理水は、最終放流池へ戻 していきます。 (写真7) 写真6 反応・処理水槽 写真7 処理水 10
Page11

その他の事例 -タンククリーニング時に発生する含油汚泥の産廃コスト削減- タンク内の含油汚泥減容化処理 1.処理の目的 製油所内の浮き屋根式タンクの点検の際に、底部に堆積した含油汚泥 を脱水減容化する事を目的とする。 2.遠心分離機での処理の特徴 ①バキューム処理と比較して大幅に産廃費用を削減出来る。 ②処理量が多い汚泥でも短期間で連続的に処理できる。 ③他の脱水機と比較して短期間・省スペースでの設置が可能。 現場全景 遠心分離機 HS-500MW×3台 3.処理プラントの概要 ①処理条件 汚泥総量 14,000㎥ 原水濃度10% ②処理能力 30㎥/h ③工事期間 1.5ヵ月(24時間/日稼働) 4. 効果 汚泥量14,000㎥から2,800㎥まで脱水減容化出来、タンク内を空に する事が出来ました。 油分吸着材添加状況 脱水ケーキ(含水率52%) 廃棄物量の比較 経済性の比較 80%削減 70%削減 バキューム工法 セイスイの技術 バキューム工法 セイスイの技術 原水状況(濃度10%) 処理水状況 11
Page12

その他の事例 -最終放流池に堆積した含油汚泥の浚渫- 最終放流池の含油汚泥減容化処理 1.処理の目的 製油所内の最終放流池に堆積した汚泥が、放流水の増加で巻き上がり 放流水質が悪化する為、その汚泥を浚渫し除去することを目的とする。 2.遠心分離機での処理の特徴 ① 堆積した汚泥を除去する事で、放流水が増加した際も放流基準を維持 し放流できる ② 処理量が多い汚泥でも短期間で連続的に処理できる。 ③ 既設設備を稼働しながら汚泥を減容化できる。 3.処理プラントの概要 ①処理条件 汚泥総量10,000㎥を3,000㎥まで濃縮 最終放流池浚渫状況 遠心分離機 HS-500MW ②処理能力 10㎥/h(汚泥の濃度、性状により変動あり) ③工事期間 1.5ヵ月(8時間/日稼働) 4. 効果 最終放流池に堆積した汚泥を全て取り除き、汚泥量10,000㎥から175 ㎥まで減容化した事で水質も良くなり廃棄物量の削減も出来ました。 廃棄物量の比較 経済性の比較 98%削減 80%削減 原水(濃度3.5%) 脱水ケーキ(含水率70%)/処理水 バキューム工法 セイスイの技術 バキューム工法 セイスイの技術 12
Page13

その他の事例 -既設脱水機の代替え処理- 曝気槽の含油汚泥減容化処理 1.処理の目的 既設脱水機の更新期間中に代替え処理を行うことを目的とする。 2.遠心分離機での処理の特徴 ① 既設水処理設備と同等の処理が出来る。 ② 処理量が多い汚泥でも短期間で連続的に処理できる。 ③ 既設設備を稼働しながら汚泥を減容化できる。 3.処理プラントの概要 ①処理条件 汚泥総量1500㎥ 原水濃度1.3% ②処理能力 5㎥/h(汚泥の濃度、性状により変動あり) ③工事期間 2ヵ月(8時間/日稼働) 遠心分離機 MW-4 自動薬品溶解装置 4. 効果 工場を稼働させながら問題なく処理を行う事が出来ました。汚泥量 1500㎥から80㎥まで減容化した事で廃棄物量の削減も出来ました。 廃棄物量の比較 経済性の比較 95%削減 70%削減 原水(濃度1.3%) 脱水ケーキ(含水率76%)/処理水 バキューム工法 セイスイの技術 バキューム工法 セイスイの技術 13
Page14

その他の事例 -最終放流池に堆積した含油汚泥の浚渫- スラップ排水汚泥減容化処理 1.処理の目的 製油所内の最終放流池に堆積した汚泥が、放流水の増加で巻き上がり 放流水質が悪化する為、その汚泥を浚渫し除去することを目的とする。 2.遠心分離機での処理の特徴 ① 堆積した汚泥を除去する事で、既設水処理設備の負荷を軽減できる。 ② 処理量が多い汚泥でも短期間で連続的に処理できる。 ③ 既設設備を稼働しながら汚泥を減容化できる。 3.処理プラントの概要 ①処理条件 汚泥総量10000㎥ 原水濃度1% ②処理能力 15㎥/h(汚泥の濃度、性状により変動あり) 遠心分離機 HS-500MW 自動薬品溶解装置 ③工事期間 3ヵ月(8時間/日稼働) 4. 効果 最終放流池の堆積汚泥を取り除き、汚泥量10,000㎥から350㎥まで減 容化した事で水質も良くなり廃棄物量の削減も出来ました。 廃棄物量の比較 経済性の比較 96%削減 80%削減 原水(濃度1%) 脱水ケーキ(含水率70%)/処理水 バキューム工法 セイスイの技術 バキューム工法 セイスイの技術 14
Page15

全体の流れ 弊社では、処理実施までのご提案資料作成・現地確認・薬品テストなどを無料で行っております。 お客様が納得できる処理方法をご提案するため、全国各地訪問させていただきます。 お客様のご質問やご要望に、弊社営業担当が対応致します。 1 お客様からのお問合わせ 弊社ホームページ、もしくはお電話にてお問い合わせ下さい。 お客様の現場状況を確認の上、ご要望に合わせて処理費用の概算をお出し致します。 1~4までの工 2 弊社プランの提示 ご連絡していただいたお客様には、ご要望内容によっても異なりますが、概算見積、処 理計画案、類似した過去の現場事例、処理フロー図等を送付しております。 程は、最短で1 週間程度で無料 お客様との合意が得られた後に現地の作業現場の確認や、 にてご対応致し 3 現地確認や打合せ 処理対象物のサンプリング試験を行います。 ます お客様にて弊社プランを確認・ 4 この時点で正式なご発注書類を頂戴しております。 採用後、御発注 すべての設置作業と共に、運転指導を行います。 5 処理実施 通常の貸して終わるレンタル業とは違い、弊社は各現場に合った運転方法までサポート いたしますので前もった知識や技術は必要ありません。 運転開始後も、 作業中に何かわからないことや、トラブルが発生した場合もお電話一本で弊社担当が問 6 充実のアフターサポート 題解決にあたります。 もちろん、現場へ再度出向いてご確認する場合もございます。 作業終了後、弊社で撤去作業を 7 行います 15
Page16

セイスイ工業株式会社 本社周辺案内 〒265-0045 千葉市若葉区上泉町424-18 TEL.043-312-0895(営業・機材センター兼用) FAX.043-312-0897(営業) FAX.043-312-0898(機材センター) 弊社にお越しの方は、右の案内図を参考にしてください。 お車でお越しの方へ 道路(都心より) 京葉道路または首都高湾岸線利用 → 宮野木JCT.東関東自動車道・佐倉 I.C.より約9km 道路(成田空港より) 東関東自動車道利用 → 佐倉I.C. より約9km ※「ちばリサーチパーク」HPより抜粋 16