1/2ページ

このカタログをダウンロードして
すべてを見る

ダウンロード(2.6Mb)

仮設水処理はじめてガイド

ハンドブック

産業廃棄物量と産廃コストを削減し地球環境保全につなげる 仮設水処理プラント

セイスイ工業では社会の様々なシーンで発生する「水処理のお困りごと」に全力で対応いたします!
こちらのマップでご紹介するソリューションのほか重金属や油分を含んだ汚泥処理、汚染土壌の除染なども対応できます。
仮設水処理は従来の「バキューム処理」に代わる新たな選択肢として、多くの企業・自治体様にご評価をいただいております。

このカタログについて

ドキュメント名 仮設水処理はじめてガイド
ドキュメント種別 ハンドブック
ファイルサイズ 2.6Mb
登録カテゴリ
取り扱い企業 セイスイ工業株式会社 (この企業の取り扱いカタログ一覧)

この企業の関連カタログ

このカタログの内容

Page1

脱水機レンタルのご紹介 産廃コスト 設備更新時の 緊急・災害 削減 代替え トラブル対応 スクリューデカンタ式遠心 ■脱水機レンタルラインアップ 分離機を60台以上保有して 処理能力 駆動電動機 寸法 ※1 おり、工場・下水処理場・浄水場・ 発電所・製油所等、全国各地に 型式 脱水処理 本体側 差速側 消費電力 幅 長さ 高さ 総重量(t) 耐摩耗 防爆仕様 産業廃棄物量と産廃コストを削減し地球環境保全につなげる ※2 レンタルを行っています。 (㎥/h) (kW) (kW) (200V) (mm) (mm) (mm) ※3 セイスイ工業では、防爆遠心 分離機(PTM540)も取り MW-4 5 18.5 ‒ 60A 2000 2755 1940 2.3 ○ ‒ 扱っております。 仮設水処理プラント HS-400MW 8 30 ‒ 70A 2100 3635 2205 4.5 ○ ‒ 【その他レンタル機器】 HS-450MW 12 37 ‒ 90A 2100 4800 1855 6.5 ○ ‒ セイスイ工業では社会の様々なシーンで発生する「水処理のお困りごと」に全力で対応いたします! ● 各種ポンプ こちらのマップでご紹介するソリューションのほか重金属や油分を含んだ汚泥処理、汚染土壌の除染なども対応できます。 ● 各種タンク HS-500MW 18 45 11 100A 2100 5800 2230 8 ○ ‒ 仮設水処理は従来の「バキューム処理」に代わる新たな選択肢として、多くの企業・自治体様にご評価をいただいております。 ● かくはん機 HS-550MW 22 45 15 120A 2100 5800 2230 8.5 ○ ‒ ● 各種ホース ● 薬注設備 HS-600MW 30 75 22 150A 2400 7500 2500 14 ○ ‒ セイスイ工業 ● し渣除去機(ロータマット) 水処理課題解決マップ 浄水場 ● 膜処理ユニットなど PTM500 30 75 22 150A 2260 6520 2137 12.5 ○ ‒ トラブルで浄水設備が 十分な能力を 機材レンタル 発揮できない… 下水処理場 PTM540 30 75 22 150A 2260 7500 2300 14.5 ○ ○ 脱水機やタンク、 ゴミやし渣が多くて ポンプなど機材だけ 既設水処理設備では ※1 処理能力については処理液や処理固体の性状、処理の目的などにより変化します。 災害対応 レンタルしたい 処理ができなくなった! ※2 MW型機は内部に超硬チップを使用しており、土砂、鉱物紛等の混入泥水処理も可能です。 災害・水害による ※3 消費電力は(200V時)の最大電流目安(A)となっています。 汚泥処理応策が ない・・・ 高濃度泥水・廃水 固形物濃度が高くなり 既設水処理設備で 処理が追い付かない・・・ 仮設水処理を動画で紹介 土木工事 食品工場 矢板打設で発生する 泥水の処理に 食品工場での 時間とコストがかかる・・・ 排水処理に トラブルが発生した! 私が解説 大規模処理 水処理能力増強 してます 様々な仮設水処理プラントの導入効果や、 バキュームカーによる 処理量が増えてしまい ビジネスパートナーの声をたくさんの動画で 産廃処理費用が 既設水処理設備では 高額になり 処理が追い付かない! ご紹介しています。こちらのQRコードから 困っている・・・ スマートフォンでアクセスしてください。パソコン 発電所 「セイスイ工業動画」 工場排水 発電所での からは で検索! 排水処理に 既設水処理設備の トラブルが発生した! トラブルで 工場の稼働が止まり 早く復旧したい! 製油所 設備更新 課題解決は 含油汚泥や 水処理ナビで! 大規模改修で 油分排水処理に 仮設水処理のお問い合わせ 水処理設備の 困っている… 代替機がない・・・ 〒265-0045 千葉県千葉市若葉区上泉町424-18 ちばリサーチパーク内 電話:043-312-0895 電話受付時間9:00~17:30[ 土(隔週)・日・祝日除く] メール:mizu@seisui-kk.com FAX:043-312-0897(営業) 043-312-0898(機材) https://seisui-kk.com/ Vtuverハルナ
Page2

仮設水処理プラントレンタルのセイスイ工業 産業廃棄物量と産廃コストを削減し地球環境保全につなげる 代表的な仮設水処理プラントのご紹介 工場の稼働を止めることなく、大量の汚泥を処理できる コストや処理量で諦めていた水処理も可能に! 「仮設水処理プラント」 別冊の総合カタログでは 12のソリューションを 紹介中 現場で汚泥や排水を「水と固形物」に分離する仮設水処理 悩み 既設水処理設備のトラブルで工場の稼働が止まり早く復旧したい。 ● 設備を修理するのに時間がかかり、数カ月間ほど工場を休業しなければならない・・・ ● 修理期間中に既設水処理設備と同等の処理ができる設備があれば・・・ 多くの工場では、終末処理場に送る前に自社で何らかの水処理を行っています。また土木工事現場などで発生する泥水は 解決 現地に仮設プラントを設置し、その場で廃水を処理し排水基準値を満たした水質を担保し放流ができます。 下水道に流すわけにいかないため、やはり水処理が必要になります。工場や土木工事現場などの排水を処理する方法として これまでは、排水や汚泥を外部の処理施設に運搬してから産業廃棄物として処理するという方法がとられてきました。 効果事例 ご相談内容 この方法だと、施設までの運搬費用、産業廃棄物としての処理に多くのコストがかかります。 工業排水処理設備を更新することになり、工事のため2カ月間排水処理が止まることになり ました。その間の代替処理方法を探しましたが、廃水量が30m3/h×24時間と大量のため、 仮設水処理設備での水処理は、排水や汚泥が発生する「現場」に水処理プラントを設置し、バキュームカーによる搬出を バキュームカーで処理をすると4,000万円以上かかる試算でとても困っています。 行うことなく、「現地で「」連続的に」水処理を行う方法です。水は施設内で再利用したり河川に放流するなど自然に返す 効果 仮設脱水プラントを24時間稼動させることで工業用水を常時1時間当たり30m3製造することが こともできます。また、有害物質を取り除いて残った固形物は脱水ケーキとして再生土に使うこともできます。そのため、 現場全景 でき、工場の生産ラインを停止することなく継続生産できました。また、仮設濁水処理前の原水と 比較して約1/62の量まで脱水減容化し、コストも1/4に抑える事ができました。 本来廃棄すべきだった廃棄物量を大幅に削減することができます。投棄される水の量や、排水を外部施設まで運搬する (m3) 廃棄物量の比較 際に使われる車両の燃料や排出される二酸化炭素も削減でき、地球環境への負荷を軽減することができるのです。 処置した水は 10,000 工業用水として 8,000 無駄なく再利用 6,000 4,000 廃棄物を10,000m3から 2,000 160m3まで減容化 現場での水処理で劇的にコストダウン 0 仮設水処理プラント設置例 バキューム工法 セイスイ工業の技術 セイスイ工業の提案する仮設水処理システムを利用する ことで、現地で水と固形物への分離ができるので、従来、 ウォータージェット工法で発生する大量の泥水処理 外部施設にバキュームカーで運搬していた産業廃棄物の NETIS登録 量を劇的に減らすことができます。バキュームカーの運搬 「土木泥水処理システム」 コストと廃棄物処理費用も減らせるので大きなコスト 悩み 土木工事現場における泥水の処理に時間がかかる。 ダウンにつながります。 仮設水処理システム設置例 ● 一般的な土木工事現場から発生する泥水が高濃度のため、水を再利用する為に使っている水処理設備では、時間がかかり作業が進まない・・・ ● もっと短時間で処理する方法があれば・・・ ■仮設水処理システムのメリットまとめ 現地に仮設プラントを設置し、その場で泥水を短時間で再利用可能な水の水質まで再生するので、工期の短縮に (m3) 「有機汚泥」を遠心分離機によって脱水する利点 解決 つながります。また、発生した産廃処理量も減容化し水も再利用できるため、コストダウンにつながります。 脱水処理前汚泥 100 今まで廃棄 SS濃度 1% 効果事例 されていた水分 50 Dry SS(固形物量) 1t ご相談内容 脱水処理後の 鋼矢板打設工事のウォータージェットカッターを使用する際に発生する、大量の泥水の産廃 廃棄物量 汚泥量(固形物+水分) 100m3(1t+99m3) 費用や水道費用を削減したいです。 0 効果 脱水処理前 脱水処理後 分離された水分量 100m3/6.7m3 = 14.9 土木泥水再生処理プラントを稼動させることにより、常時1時間当たり約15m3の泥水を再生する 99m3 - 5.7m3 = 93.3m3 ことができました。また、泥水再生処理前の泥水と比較して、約1/10まで脱水減容化しています。 (m3) (m3) 93.3m3が廃棄対象外 1/15に減容化 現場全景 従来の濁水処理設備による方法に比べ、沈殿待ち時間がありませんので、施工ロスが改善できます。 100 8 含脱 S脱 水水 80 S水 3 処 6 (m /h) 廃棄物量の比較 率処 処 85理 60 理理 16 再生処理した水は %後 1後 4 時の 40 %の 脱水処理後汚泥 無駄なく再利用 汚 時汚 12 泥 20 泥 2 量 量 含水率 85% 8 廃棄物を約15m3/hから 0 0 3 2 4 6 8 10 12 85 80 75 70 65 60 (%) (%) Dry SS(固形物量) 1t 4 約1.5m まで脱水減容化 SS濃度 含水率 ※減容化率はSS濃度と含水率により変わります。 汚泥量(固形物+水分) 6.7m(3 1t+5.7m3) 0 仮設水処理プラント設置例 処理前 処理後