1/2ページ

このカタログをダウンロードして
すべてを見る

ダウンロード(4.3Mb)

【事例】ガス絶縁開閉装置GISの予防保全 / 設備の稼働を止めずに診断可能 / AEセンサで目視ではわからない異常を発見 / 設備の長寿命化

製品カタログ

GISの部分放電測定 / 油入変圧器やケーブル終端部にも適用可能

■DFA300とは
変電所・工場設備内の変圧器やガス絶縁開閉装置および高圧ケーブルにおける部分放電を検知する装置です。
部分放電はGISの絶縁部などに発生する微弱な放電で、放電を繰り返し絶縁劣化を進行され最終的に絶縁破壊に至ります。
絶縁劣化の初期症状にあたる部分放電を測定することで、GISの地絡事故を未然に防ぎます。

■DFA300はこのような方にオススメです。
①設備は点検したいけど稼働は簡単に止められない方

②GISやケーブル終端部、油入変圧器の予防保全をしたい方

③定期点検インターバル間の事故が不安な方

■特徴
設備の稼働を止めずに、絶縁診断が可能
設備にストレスをあたえない診断方法
AEセンサにより部分放電を検知

このカタログについて

ドキュメント名 【事例】ガス絶縁開閉装置GISの予防保全 / 設備の稼働を止めずに診断可能 / AEセンサで目視ではわからない異常を発見 / 設備の長寿命化
ドキュメント種別 製品カタログ
ファイルサイズ 4.3Mb
登録カテゴリ
取り扱い企業 株式会社サンコーシヤ (この企業の取り扱いカタログ一覧)

このカタログの内容

Page1

GISの部分放電測定 設備を止めずに絶縁診断が可能 部分放電測定器 AEセンサ GIS 変圧器 ケーブル終端
Page2

部分放電測定 無停電で部分放電を測定 活線状態のGISに発生する部分放電を測定するため、設備を停止せずにGISの絶縁 診断ができます。 部分放電 部分放電測定器 AEセンサ GIS内部で発生した部分放電 DFA300 信号をAEセンサで検知 部分放電信号 各種センサ 測定対象に合わせてDFA300に接続するセンサを選択します。 [GIS、ケーブル終端部に適用] [油入変圧器に適用] AEセンサ TEVセンサ AEセンサ TEVセンサ CTセンサ 30kHz 150kHz 測定例・測定対象 GISや変圧器、ケーブル終端部が測定対象になります。 GIS ケーブル終端部 油入変圧器 ■お問い合わせ