1/4ページ

このカタログをダウンロードして
すべてを見る

ダウンロード(6.5Mb)

【事例】電力ケーブルの地絡事故・火災対策に /   部分放電の位置特定 / CV・OFケーブルの活線診断

製品カタログ

ケーブル部分放電の位置を特定。 停電せずにケーブルの診断が可能。 ケーブル絶縁劣化の予兆を把握。

■メリット
活線状態の電力ケーブルの部分放電測定が可能で、設備の停電が不要です。

モニタリングにより部分放電の発生を早期検知し、点検インターバル中の事故を予防します。ケーブルの地絡事故や火災事故を防ぎます。

油分析とは異なる部分放電法を用いることで、部分放電の発見を補完します。油分析で良判定でも部分放電による事故に至った事例もあります。

■従来の手法との違い
部分放電の自動判定により、測定者の熟練技術が不要です。
ボイド放電・電気トリー、コロナ放電、沿面放電の区別ができます。

最大の課題であったノイズに埋もれた部分放電を発見できます。ウェーブレット変換を用いた信号処理[特許技術]

部分放電の分類や劣化の進行度合いを把握することで、部分放電の重症度を評価できます。
部分放電の強度と頻度を時系列にトレンド管理することで、劣化の進行速度がわかります。


■部分放電とは
電力ケーブルの絶縁部に小さな隙間が発生すると、部分放電が発生します。
部分放電は放電を繰り返し徐々に絶縁劣化が進行し、最終的には絶縁破壊に至ります。
絶縁劣化の初期症状にあたる部分放電をモニタリングすることで、電力ケーブルの地絡事故や火災を未然に防ぎます。

■測定可能なケーブル
高圧から特高、超高圧ケーブルまで電圧に問わず測定が可能です。(1kV~500kV)
CVケーブル、OFケーブルの種類を問わず測定できます。

■事例
国際空港で繁忙期に4時間の停電が発生しており、高圧ケーブルの信頼性に不安があり、
部分放電モニタリングを実施。ケーブルの仕様はCVケーブル、45kV、総長4.13km。
モニタリングを開始して1ヶ月後、ケーブルの6箇所で部分放電を発見。その中の1つはボイド放電に分類。
部分放電の傾向としては放電頻度が上昇しており、劣化進行が見て取れた。
部分放電モニタリング開始から1年後、ケーブルの部分放電が10箇所に増えていたため、ケーブルの張替を実施した。
ケーブルを分解したところ、部分放電痕がみつかり、部分放電モニタリングの有効性が実証された。※部分放電の位置特定は±10mの精度です。

■ラインナップ
恒久監視
部分放電モニタ MS-Plus

期間監視
部分放電モニタ MS-Portable

スポット測定
部分放電測定器 MS-Pico

■アクセサリ・オプション
分割型高周波CTセンサ

キャリブレーター : 校正治具

GPS同期装置 : 部分放電モニタ間に光ケーブルを敷設することが難しい場合、GPSをつかって各部分放電モニタを同期します。 

光同期装置 : 光ケーブルを介して部分放電モニタ間の通信および同期します。

このカタログについて

ドキュメント名 【事例】電力ケーブルの地絡事故・火災対策に /   部分放電の位置特定 / CV・OFケーブルの活線診断
ドキュメント種別 製品カタログ
ファイルサイズ 6.5Mb
登録カテゴリ
取り扱い企業 株式会社サンコーシヤ (この企業の取り扱いカタログ一覧)

このカタログの内容

Page1

電⼒ケーブルの⽕災対策 部分放電の位置を特定︕ 部分放電モニタ 高周波CTセンサ 部分放電の位置特定
Page2

活線状態で絶 診断 活線状態のケーブルに発生する部分放電を測定します。絶 破壊の初 症状にあたる 部分放電をとらえることで、問題の早 検知が可能です。 部分放電信号をCTセンサ CTセンサはジョイント部やケー で捉え、部分放電モニタで ブル終端部のアース線に接続 信号処理 PC 部分放電モニタ 部分放電の位置特定 CTセンサに到達した部分放電信号の時間差を利⽤して部分放電の発生位置を特定しま す。位置特定の精度は±10mとなります。 T1 T2 部分放電発生 ノイズに埋もれない 出技術 部分放電法の 大の課題であった部分放電信号がノイズに埋もれる問題を解決。 ウェーブレット変換を利⽤した⼿法でノイズに埋もれる部分放電信号を 出します。 特許技術 緑:ノイズ 赤:部分放電信号
Page3

測定者による判断が不要 部分放電を⾃ 判定するため、測定者による判断が 要です。 内部PD:99.7% (例:ボイド放電、電気トリー) コロナ放電:98.8% 化進⾏の 握 振 頻 幅 度 時間 部分放電は進⾏していない 部分放電が進⾏している 測定対象・実績 1kV〜500kVの電⼒ケーブルの測定が可能です。CVケーブル・OFケーブルの種類 を問わず測定できます。世界で1000 所以上の測定実績があります。
Page4

環境に合わせたオプション 地下ケーブルのジョイント部や地上ケーブル終端部など環境に応じたオプションを ⽤意しています。 地中ジョイント部 光ケーブルを介して各部分放電モニタを通信および同期します。 光ケーブル 可搬型光ケーブル 地上ケーブル終端部 ①モバイル回線とGPSを使って各部分放電モニタを通信および同期します。 GPS 無線 無線 GPS ②モバイル回線を使わずに、モニタリング終了後に2つのPCに蓄積されたデータ を統合する方法も可能です。 GPS GPS 測定器の種類 ・1ヶ⽉程度のモニ タリング ・10分程度のスポット測定 ・持ち運び可能な キャリーケース ・ハンディタイプ ・防水性能 IP65 ・外部電源不要 部分放電モニタ 部分放電測定器 MS-Portable MS-Pico