1/2ページ

このカタログをダウンロードして
すべてを見る

ダウンロード(2.1Mb)

大量の製造データを高速集計!データ活用ツール「Dr.Sum」

製品カタログ

設備データを現場で価値ある情報に変える設備データ活用

このカタログについて

ドキュメント名 大量の製造データを高速集計!データ活用ツール「Dr.Sum」
ドキュメント種別 製品カタログ
ファイルサイズ 2.1Mb
登録カテゴリ
取り扱い企業 ウイングアーク1st株式会社 (この企業の取り扱いカタログ一覧)

この企業の関連カタログ

ダッシュボード MotionBoard Ver.6.0
製品カタログ

ウイングアーク1st株式会社

【製造業8社による事例集】MotionBoardを使った見える化
事例紹介

ウイングアーク1st株式会社

このカタログの内容

Page1

生産技術 / 生産管理部門のご担当者様必見! 製造データに 更なる価値を与える データ活用ツール Excelで大量のログを高速集計 グラフィカルなリアルタイム可視化 リアルタイムデータ処理 セ ン サ ー 設 備 データベースの専門知識は不要
Page2

生産現場でのデータ活用が進む3つの特長 ITの専門 従来の IoT システムでは、センサーを1個追加するだけで大きなシステム改修が必要でした。 知識不要 Dr.Sumなら設定画面で、PLCやセンサーデータの収集・加工、テーブル作成・蓄積・集計が行えます。 集計は使い 生産レポートやデータ分析を Excel で作成するのは簡単ですが、大量データが扱えなかったり、 IoT データの取り込みが困難です。Dr.Sum なら Excel の使い勝手はそのままに、大量で最新の 慣れた 設備データを高速に集計可能です。また、BI ダッシュボード「MotionBoard」と組み合わせれば Excelで リアルタイムでのグラフィカルなデータの可視化も可能です。 現場で 社内の個別のシステムにデータが散在していると、横断的なデータ活用が進みません。 例えば、検査データとそのときの製造パラメーターを組み合わせて分析すれば品質向上のカギが 自由に 見つかるかもしれませんが、手間がかかるとカギは埋もれたままです。 データ分析 Dr.Sum なら異なるデータソースから自由に項目を選んで分析が可能です。 ■ 生産現場での Dr.Sumの活用例 生産レポート生成 … IoT データから、生産実績や設備稼働実績の Excel レポートを生成 不良要因分析 … 検査データと製造時のデータから、不良と関連の強い製造パラメーターを特定 設備の予知保全用データ分析 … 大量の過去センサーデータを高速集計して設備故障につながる特徴量を抽出 そのほか、原価管理、在庫管理、作業能率分析など様々なデータ活用に利用可能 ■ 現場データの収集 ~分析環境構築を簡単に~ 一般的なデータ収集システム Dr.Sum ● データベーススキーマ設計 ● OPC -UA 対応ゲートウェイ設定 ● 設備データ取得プログラム開発 開発不要 ● データ加工設定 ● データ加工 / 蓄積プログラム開発 ● Excel で自由分析、もしくは、 ● データ可視化 / 分析プログラム開発  MotionBoard でリアルタイム可視化 ● データベースチューニング ● チューニングなしでも高速集計 工 場 E モデル 設備異常時のリアルタイム通知 IoT データ収集 ミリ秒 リアルタイム処理 設備機器の分析 データ加工 REST % MQTT 高速データ集計 ℃ インタラクティブな報告書の作成OPC UA 外部アプリケーション連携 PDF PPT XLS Dr.Sum E モデル 価格表 Dr.Sum データベース 【IoTデータ利用限定モデル】(Eモデル) ※1 価格はすべて税抜き価格です。標準価格には初年度の年間保守料金を含みます。 テーブル インメモリ 製品名 製品型番 標準価格 年間保守費 ベース件数 サーバー数 格納件数 Dr.Sum E500 1 億件 1 1 億件 SUM-E500-LAS 2,300,000円 300,000円 Dr.Sum E2000 4 億件 1 4 億件 SUM-E2000-LAS 3,450,000円 450,000円 掲載内容は、2019年6月現在のものです。 BIleaflet58A1906