1/2ページ

このカタログをダウンロードして
すべてを見る

ダウンロード(665.7Kb)

【ヤマザキマザック株式会社】MotionBoard事例紹介

事例紹介

「RFIDタグで工場内のすべてのモノを可視化したい」現場の期待値を超え続ける、独自の物流管理BI「ID TRACKING PLUS」

ヤマザキマザック株式会社様のMotionBoard活用事例です。
詳細はカタログをダウンロードしてご覧ください。

このカタログについて

ドキュメント名 【ヤマザキマザック株式会社】MotionBoard事例紹介
ドキュメント種別 事例紹介
ファイルサイズ 665.7Kb
登録カテゴリ
取り扱い企業 ウイングアーク1st株式会社 (この企業の取り扱いカタログ一覧)

この企業の関連カタログ

生産現場で効果を生むIoTデータ活用事例集
事例紹介

ウイングアーク1st株式会社

大量の製造データを高速集計!データ活用ツール「Dr.Sum」
製品カタログ

ウイングアーク1st株式会社

このカタログの内容

Page1

製 造 「RFIDタグで工場内のすべてのモノを可視化したい」 現場の期待値を超え続ける、独自の物流管理BI ヤマザキマザック株式会社 世界のものづくりを支える 工作機械メーカー、 ヤマザキマザック。 同社が現在、最も注力している分野の一つがスマートファクト リーだ。2019年11月、主力工場である美濃加茂製作所を スマートファクトリーとして刷新し、稼働を開始した。そこで 新たに導入したのが、「MotionBoard」で開発した独自の物流 管理BI、「ID TRACKING PLUS」。「ID TRACKING PLUS」は、 RFIDタグを活用することで、すべての部材の「位置」「数量」 「滞留時間」を可視化し、物流の管理や最適化を実現するBIだ。 同社は今後、「ID TRACKING PLUS」を自社の他工場にも横展 開し、「Mazak iSMART Factory」を通じて新しい工場のあり 方を顧客にも提案していく予定である。 ヤマザキ マザック株式会社 iSMARTプロジェクト 藤木 周平氏 植松 慎平氏 石田 修一氏 長谷川 雄基氏 ・ 部品加工と組立の工程を物理的に離れた別々 ・ すべての部材にRFIDタグを貼付することで、 ・ 輸送のタイムラインを把握できることで部材の の工場で行うためには、モノの流れ(物流)を 「位置」「数量」「滞留時間」を可視化した 受け入れがスムースになり、生産性が向上した システムで管理する必要があった ・ 部材の滞留時間を色を変えて表示すること ・ 部材や台車がどこにあるかを可視化することで、 ・ 多品種少量生産のため部品管理が複雑であり、 で、ボトルネック(どこで部材が滞留しやすい 在庫の適正化と資産管理が徹底された 部品探しに時間がかかることがあった のか)が直感的にわかるようにした ・ 部品探しの時間が大幅に短縮された ・ 人の報告と実態にずれが生じていた(データ ・ 工場間の輸送ではトラックに部材を積載す で実態を把握する必要があった) る時刻などを記録することで、部材の受け ・ 現場のニーズをスムースにBIに反映できるため、 入れ準備をスムースに行えるようにした 現場から活発に要望があがってくるようになった
Page2

導入製品・サービス MotionBoard ビジネス全体のあらゆるデータを可視化するBIダッシュボード。 データを必要なカタチでシンプルに可視化。 「部材の可視化」という 製造業IoTの難関にいどんだ  スマートファクトリー化を推進する、工作機械メー カーのヤマザキマザック。主力工場(美濃加茂製作 所)の再編により、工場間の物流管理システムが必 があった。同社では「ID TRACKING PLUS」の導入に  BIの開発メンバーの一人、長谷川 雄基氏はこのよ 要になった。そこで、MotionBoardによってすべて より、以前のように人が部材を探す時間が大幅に短縮 うに語る。同社にとって、BIツールは処理能力や使 の部材(原材料・仕掛品)の位置・数量・滞留時間を されたことで生産性が向上。在庫の適正化や資産管 いやすさだけではなく、デザインの美しさや視認性 可視化する独自の物流管理BI、「ID TRACKING PLUS」 理の徹底にもつなげた。1.5km離れた二つの工場間の のよさもそなえていることが重要だった。グループ を開発。人が部材を探すための労力が減り生産性が 輸送においては、RFIDタグで加工工場の出荷情報を リーダーの石田 修一氏は、次のように語っている。 向上したほか、在庫の適正化や資産管理の徹底にも 記録することで、組立工場の担当者はほしい部品が今  「弊社は、デザインを大事にする文化があります。 つながった。 どこにあるのかが、「ID TRACKING PLUS」を見れば 今回のツールについても、自分たちが使うだけであ 「ID TRACKING PLUS」は、RFIDタグを活用するこ わかるようになった。美濃加茂製作所の再編は、生産 れば、最低限の機能的要素を満たしていればいいわ とで工場内のすべての部材の「位置」「数量」「滞留 性を5割向上させることを目標としている。「I D けですが、工場見学に来ていただくお客様の目にも 時間」を可視化し、物流の管理や最適化を実現する TRACKING PLUS」の導入は、この目標達成に向けた 触れる以上、それにふさわしい意匠性をそなえてい BIだ。工作機械メーカーである同社は多品種少量生 生産改善に大きく寄与している。 ることが重要です」 産が基本。1台の加工設備で数百種に及ぶ部品加工  BIの活用は現場の活性化にもつながった。「BIを  同社は今後、「ID TRACKING PLUS」を自社の他 を行っており、多種多様な加工品が工場内を渡り歩く。 使っている現場から、こういうデータの見方はできな 工場にも横展開する。「Mazak iSMART Factory」 そのため、短納期を実現しようとすると、非常にこま いか、こういうデータは集計できないかといった要望 を通じて、新しい工場のあり方を顧客にも提案して かい工程管理が必要になり、人が把握するには限界 が毎日のようにあがってきます」。 いく予定である。 現場を驚かせた、「MotionBoard」の処理能力 ヤマザキ マザック株式会社 設立 : 1919年 本社所在地 : 愛知県丹羽郡大口町 UR L : ht tps : //www.mazak . jp/ サイト内でより詳しく ご紹介しております。 https://www.wingarc.com/ product/usecase/206.html E-Mail: tsales@wingarc.com [ 本 社 ]TEL: 03-5962-7300(代) [ 名古屋 ]TEL: 052-562-5300 [ 仙 台 ]TEL: 022-217-8081 [ 新 潟 ]TEL: 025-241-3108 [ 大 阪 ]TEL: 06-6225-7481 [ 福 岡 ]TEL: 092-292-1092 [ 札 幌 ]TEL: 011-708-8123 [ 広 島 ]TEL: 082-535-5291 〇掲載内容は、2020年 4 月現在のものです。〇各製品・サービスの仕様、デザイン等は、改良のため予告なく一部変更することがあります。 〇記載の会社名・製品名等は、弊社および各社の商標または登録商標です。 CSALL010A2004