このカタログをダウンロードして
すべてを見る

ダウンロード(2.5Mb)

1000℃を超えて使用できる高温用シース熱電対

製品カタログ

従来、高価な白金系熱電対でしか実現出来なかった1000℃を超える高温環境下で使用出来るシース熱電対のご紹介

従来、高価な白金系熱電対でしか実現できなかった1000℃を超える
高温環境下で使用できるシース熱電対です。
又、特殊合金を採用したシースによって1260℃の環境下でも劣化を軽減。

このカタログについて

ドキュメント名 1000℃を超えて使用できる高温用シース熱電対
ドキュメント種別 製品カタログ
ファイルサイズ 2.5Mb
関連製品
登録カテゴリ
取り扱い企業 株式会社岡崎製作所 (この企業の取り扱いカタログ一覧)

この企業の関連カタログ

このカタログの内容

Page1

HOSKINS2300® SUPER COUPLE® 1000H&1000N(SC1000H&1000N) 高温用シース熱電対 大幅な コストダウンを 優れた耐久性と安定性 長寿命実現 従来、高価な白金系熱電対でしか 特殊合金を採用した 実現できなかった シースによって 1000℃で2000hrの試験でも 1000℃を超える高温環境下で 1250℃の環境下でも 酸化せず長期使用が可能。 使用できるシース熱電対。 劣化を軽減。 1250℃、2000hr 左 SC1000HHOSKINS2300® 右 SC1000N 加熱耐久試験後の シース外径φ8.0 シース外径φ3.2 シース外観写真 金属シース材に特殊合金を採用しているため高温時、金属表面に強固な酸化被膜が生成 し自己防御形合金に進化します。結果、シース自体の高温酸化及び劣化を軽減させ、さ らに外部アタック物質の浸透を阻止し、エレメント自体の劣化もセーブされ安定した出 力を得ることができます。(裏面の当社試験データを参照してください。) 非加熱時の断面粒界写真 1000℃、2000hr 加熱時の断面粒界写真 酸化試験 HOSKINS2300® インコネル600 HOSKINS2300® インコネル600 同条件環境下であれば従来のステンレス系シースやインコネル系シースに比べ、数倍の 寿命が期待できます。
Page2

HOSKINS2300® / SC1000H&N ●仕様 シース外径(mm) φ0.25 φ0.5 φ1.0 φ1.6 φ3.2 φ4.8 φ6.4 φ8.0 HOSKINS2300® ― ― 1000 1100 1200 1260 1260 1260 最高使用温度 SC1000H 700 900 900 1000 1000 ― ― ― (℃) SC1000N ― ― ― 800 900 1050 1050 1050 ※ステンレス(参考) 500 600 650 650 750 800 800 900 エ レ メ ン ト K(シングル) K・N(Nは2300のみ()シングル・ダブル) 許 容 差 ASTM E230 SP・STD / IEC・JIS1・2 ※JIS C1605の常用限度を基準としています。但し、φ0.25、φ0.5はNCF600相当シースです。  ここで言う最高使用温度とは公開資料、社内試験等を参考に記載しているものであって保証値ではありません。 ●高温耐久試験 5 空気中1250℃加熱耐久試験 a-HOSKINS2300®(Kエレメント)φ8.0 温 b-HOSKINS2300®(Kエレメント)φ6.4 度 c-HOSKINS2300®(Kエレメント)φ4.8 出 0 力 の 変 a 化 -5 b (℃) c -10 0 200 400 600 800 1000 1200 1400 1600 1800 2000 時間(hr) 5 空気中1250℃加熱耐久試験 a-HOSKINS2300®(Kエレメント)φ 3.2 温 0 b-SC1000H(Kエレメント) φ3.2 度 出 -5 力 a の -10 変 化 -15 (℃) b -20 出力異常 -25 0 100 200 300 400 500 600 700 800 900 1000 時間(hr) 5 空気中1040℃加熱耐久試験 温 度 出 0 b 力 a の 変 化 -5 a-HOSKINS2300®(Kエレメント)φ 1.6 (℃) b-SC1000H(Kエレメント) φ1.6 c c-SC1000N(Kエレメント) φ1.6 -10 0 500 1000 1500 2000 2500 3000 3500 4000 4500 5000 時間(hr) 〔ご使用上の注意事項〕 当高温用シース熱電対の特長は高温使用時に自己防御形合金シースに変化しますが、使用後に曲げると酸化物が割れシースが破損する 恐れがあります。又、使用前に曲げる場合にはシース外径の10倍以上及び同一部分での曲げは避けてください。 神戸営業部/〒651-0087 神戸市中央区御幸通3丁目1-3 TEL(078)251-8200 FAX(078)251-8210 国 際 部/〒651-0087 神戸市中央区御幸通3丁目1-3 TEL(078)251-8200 FAX(078)251-8210 東 京 支 店/〒103-0016 東京都中央区日本橋小網町18-3 TEL(03)5641-0200 FAX(03)5641-9100 茨 城 支 店/〒310-0803 茨城県水戸市城南2丁目1-20 TEL(029)300-1770 FAX(029)300-1774 北関東支店/〒360-0037 埼玉県熊谷市筑波1丁目181 TEL(048)529-2611 FAX(048)529-2613 千 葉 支 店/〒290-0054 千葉県市原市五井中央東1丁目8番地12 TEL(0436)24-3594 FAX(0436)24-3694 横 浜 支 店/〒231-0006 横浜市中区南仲通3丁目32-1 TEL(045)227-1071 FAX(045)227-1074 名古屋支店/〒460-0003 名古屋市中区錦2丁目15-22 TEL(052)202-5230 FAX(052)202-5822 京 都 支 店/〒607-8085 京都市山科区竹鼻堂ノ前町46番地1 TEL(075)595-5771 FAX(075)595-5772 大 阪 支 店/〒550-0001 大阪市西区土佐堀2丁目2-4 TEL(06)6447-2610 FAX(06)6447-2611 高 砂 支 店/〒675-0064 兵庫県加古川市加古川町溝之口700番地 TEL(079)457-5007 FAX(079)454-5589 岡 山 支 店/〒700-0821 岡山市北区中山下1丁目2-3 TEL(086)223-3465 FAX(086)223-0962 広 島 支 店/〒730-0015 広島市中区橋本町10-10 TEL(082)223-0888 FAX(082)227-7235 北九州支店/〒802-0005 北九州市小倉区堺町2丁目1-1 TEL(093)521-5300 FAX(093)521-5060 長 崎 支 店/〒850-0055 長崎市中町5-23 TEL(095)825-5337 FAX(095)825-5227 CAT. NO. OMC-8007 初 版 発 行 2016年 6月 1000部 第2版1刷発行 2016年 12月 1000部 高温用シース熱電対_OMC-8007.indd 2 2016/12/14 13:23:10