1/2ページ

このカタログをダウンロードして
すべてを見る

ダウンロード(1.1Mb)

航空宇宙部品・自動車部品熱処理炉用 AMS2750対応温度センサ

製品カタログ

航空宇宙部品、自動車部品などの熱処理に使用する炉内の温度計測に最適な 温度センサです。AMS2750にも対応しています。

熱電対製品について
納入製品を個々に校正した場合、校正時の加熱部位に起電力特性の変化が生じ、ご使用時のセンサ挿入深さによっては起電力特性変化の影響を受ける場合があります。
AMS2750の3.1.2.6項には「個々に校正したセンサの代わりに、校正したロールから製作したセンサを使用してもよい」とあり、この手法を活用することで温度センサ
校正時の加熱による起電力特性変化を回避することができます。当社のMIケーブル(卑金属熱電対タイプ)は、この「校正したロール」に求められる右記の要件を満たしています。

MIケーブルについて
● -269 ~ 1,260℃までの広い温度範囲で使用可能
● シース外径の2倍の半径まで曲げ加工が可能
● 酸化マグネシウムで絶縁することで長寿命を実現
● 腐食性雰囲気等の条件下でも使用可能

プッシュプルコネクタ付き温度センサについて
● ラッチングシステム採用で時間を大幅に短縮
● プラグを差し入れるだけできっちりロック
● プラスチック製で軽量&清潔

このカタログについて

ドキュメント名 航空宇宙部品・自動車部品熱処理炉用 AMS2750対応温度センサ
ドキュメント種別 製品カタログ
ファイルサイズ 1.1Mb
登録カテゴリ
取り扱い企業 株式会社岡崎製作所 (この企業の取り扱いカタログ一覧)

この企業の関連カタログ

1000℃を超えて使用できる高温用シース熱電対
製品カタログ

株式会社岡崎製作所

宇宙用温度センサ技術を応用した極低温用温度計
製品カタログ

株式会社岡崎製作所

このカタログの内容

Page1

AMS 2750 COMPLIANT TEMPERATURE SENSORS FOR HEAT TREATMENT OF AEROSPACE & AUTOMOTIVE PARTS 航空宇宙部品・自動車部品熱処理炉用 AMS2750対応温度センサ 航空宇宙部品、自動車部品などの熱処理に使用する炉内の温度計測に最適な 温度センサです。AMS2750にも対応しています。 各種温度センサ プッシュプルコネクタ付き 温度センサ AMS2750規格では、温度センサ は取替え頻度が高くなるため、コ ネクタ方式を多く採用しておりま す。当社では、プラスチックコネク 優れた耐久性と安定性を兼ね備えた タの採用により軽量・小型化を実現。 製品をラインナップしています。 プッシュプル式セルフラッチングシステムによりプラグを差し入れるだ けできっちりロックします。脱着時 間を大幅に短縮できます。 MIケーブル JCSS校正 JCSS認定シンボル MIケーブルは金属管の中に熱電対線 や導線を封入し、その周囲を無機絶 縁材で固く充填したものです。 MIケ ー ブ ル はφ0.08 ~φ30mmな ど当社独自の技術により国内唯一、 素材から一環して自社設備で製造し 岡崎製作所の温度計校正室は、国際MRA対応JCSS認定 ています。 事業者です。JCSS0079は、当校正室の認定番号です。
Page2

熱電対 納入製品を個々に校正した場合、校正 <校正したロールに求められる要件> 時の加熱部位に起電力特性の変化が生 ● 長さ上限 じ、ご使用時のセンサ挿入深さによっ  ・一次標準センサ用 : 60m ては起電力特性変化の影響を受ける場  ・その他の貴金属製センサ : 610m 合があります。  ・卑金属製二次標準センサ用 : 610m AMS2750の3.1.2.6項には「個々に校  ・その他のすべての卑金属製センサ用 :1 ,525m 正したセンサの代わりに、校正した ● 起電力の校正温度間隔 :1 40℃以下 ロールから製作したセンサを使用して ● コイル両端の起電力差 もよい」とあり、この手法を活用する  ・一次標準センサ用 : 0.6℃ ことで温度センサ校正時の加熱による  ・二次標準センサ用 : 0.6℃ 起電力特性変化を回避することができ  ・システム精度試験(SAT)センサ用 : 1.1℃ ます。  ・温度均一性検査(TUS)センサ用 : 1.1℃ 当社のMIケーブル(卑金属熱電対タイ  ・制御用センサ用 : 1.1℃ プ)は、この「校正したロール」に求  ・監視用センサ用 : 1.1℃ められる右記の要件を満たしています。  ・記録用センサ用 : 1.1℃  ・負荷用センサ用 : 1.1℃ MIケーブル プッシュプルコネクタ付き温度センサ ● -269 ~ 1,260℃までの広い温度範囲で使用可能 ● ラッチングシステム採用で時間を大幅に短縮 ● シース外径の2倍の半径まで曲げ加工が可能 ● プラグを差し入れるだけできっちりロック ● 酸化マグネシウムで絶縁することで長寿命を実現 ● プラスチック製で軽量&清潔 ● 腐食性雰囲気等の条件下でも使用可能 仕様などの詳細については、 仕様などの詳細については、 カタログ(CAT. NO. OMS-7007)をご覧ください。 カタログ(CAT. NO. OMC-8005)をご覧ください。 校正 ● 当社校正室は、計量法に基づき経済産業大臣から委 受け入れ国、受け入れ状況の詳細は、IAJapanホー 任を受けた独立行政法人製品評価技術基盤機構の認 ムページを参照ください。 定機関(IAJapan)により、ISO/IEC17025に基づく マネジメントシステム、技術的能力、測定のトレー ● 当社校正室が発行するJCSS認定シンボル付き校正 サ ビ リ テ ィ の 審 査 を 受 け て 認 定 さ れ て い ま す。 証明書が添付された温度計は、不確かさが記載され CQI-9(自 動 車 部 品 熱 処 理 炉 関 連 規 格)は、 ていますので、温度計自体の性能が簡単に把握でき ISO/IEC17025に基づき認定された機関又は同等の ます。 能力を有す機関で校正された温度計を必要とします また、JCSS認定シンボル付き校正証明書は、その ので、当校正室の発行する校正証明書が有効です。 ままトレーサビリティの証明となりますので、ト レーサビリティ体系図を必要としません。したがっ ● 当社校正室は国際MRA対応JCSS認定事業者ですの て、ISO9000シリーズ等の社内設備として管理が簡 で、当社校正室が発行するJCSS認定シンボル付き 単に行えます。 校正証明書は、米国、ヨーロッパ諸国、韓国、中国 等のILAC/MRA署名認定機関の国々で、受入が可能 詳細については、 です。(一例として、米国連邦航空局(FAA)は、 業務案内(CAT. NO. OMC-8013)をご覧ください。 NISTトレーサブルと同等のものとしてJCSS認定シ ンボル付き校正証明書を受け入れています。) 神戸営業部/〒651-0087 神戸市中央区御幸通3丁目1-3 TEL(078)251-8200 FAX(078)251-8210 国 際 部/〒651-0087 神戸市中央区御幸通3丁目1-3 TEL(078)251-8200 FAX(078)251-8210 東 京 支 店/〒103-0012 東京都中央区日本橋堀留町2-3-14 TEL(03)5641-0200 FAX(03)5641-9100 茨 城 支 店/〒310-0803 茨城県水戸市城南2丁目1-20 TEL(029)300-1770 FAX(029)300-1774 北関東支店/〒360-0037 埼玉県熊谷市筑波1丁目181 TEL(048)529-2611 FAX(048)529-2613 千 葉 支 店/〒290-0054 千葉県市原市五井中央東1丁目8番地12 TEL(0436)24-3594 FAX(0436)24-3694 横 浜 支 店/〒231-0006 横浜市中区南仲通3丁目32-1 TEL(045)227-1071 FAX(045)227-1074 名古屋支店/〒461-0005 名古屋市東区東桜1丁目13-3 TEL(052)952-8530 FAX(052)952-8537 京 都 支 店/〒607-8085 京都市山科区竹鼻堂ノ前町46番地1 TEL(075)595-5771 FAX(075)595-5772 大 阪 支 店/〒550-0001 大阪市西区土佐堀2丁目2-4 TEL(06)6447-2610 FAX(06)6447-2611 高 砂 支 店/〒675-0064 兵庫県加古川市加古川町溝之口700番地 TEL(079)457-5007 FAX(079)454-5589 岡 山 支 店/〒700-0821 岡山市北区中山下1丁目2-3 TEL(086)223-3465 FAX(086)223-0962 広 島 支 店/〒730-0015 広島市中区橋本町10-10 TEL(082)223-0888 FAX(082)227-7235 https://www.okazaki-mfg.comをご覧ください。 北九州支店/〒802-0005 北九州市小倉北区堺町2丁目1-1 TEL(093)521-5300 FAX(093)521-5060長 崎 支 店/〒850-0055 長崎市中町5-23 TEL(095)825-5337 FAX(095)825-5227 CAT. NO. OMC-8023 初 版 発 行 2018年 6月 1000部