1/6ページ
カタログの表紙 カタログの表紙 カタログの表紙
カタログの表紙

このカタログをダウンロードして
すべてを見る

ダウンロード(11.1Mb)

2023年1月25日発行のFA・自動化の専門メディア「オートメーション新聞」PDF版です。

その他

展示会名 主要FA企業 出展内容、新連載 現役生産技術シマタケの 「電気エンジニアのツボ」など掲載

2023年1月25日発行のFA・自動化の専門メディア「オートメーション新聞」PDF版です。

安川電機 自家消費型太陽光発電システムの導入・提案に役立つ特設サイト公開 、
野村乳業 広島県三原市に食品工場新設、
ファナック ファナックニュース2022-IV を公開、国内&海外情報などFA・自動化の最新ニュースを紹介。

このカタログについて

ドキュメント名 2023年1月25日発行のFA・自動化の専門メディア「オートメーション新聞」PDF版です。
ドキュメント種別 その他
ファイルサイズ 11.1Mb
取り扱い企業 オートメーション新聞社 (この企業の取り扱いカタログ一覧)

この企業の関連カタログ

この企業の関連カタログの表紙
オートメーション新聞_2021年2月17日号
その他

オートメーション新聞社

この企業の関連カタログの表紙
産業用ロボットナビ Vol2 ダイジェスト版
ホワイトペーパー

オートメーション新聞社

この企業の関連カタログの表紙
産業用ロボットナビ Vol.1 ダイジェスト版
ホワイトペーパー

オートメーション新聞社

このカタログの内容

Page1

2023年(令和5年) 1 25 第315号(水曜日発行) 3万3000円(税込) Automation News 発行所:©ものづくり.jp株式会社 〒231-0062 神奈川県横浜市中区桜木町1-101-1 クロスゲート7階 TEL:050-3503-9311 2022年に新たに追加されたLighthouse と  はL 提  言 社名 所在地 、i LGエレクトロニクス 米国・Clarksville 第g 先進的な工場 ユニリーバ ブラジル・Indaiatuba 4h Flex ブラジル・Sorocaba 次t でに事よアく製のい晴総晴い今え 多おりぶあ差中り世  コカコーラ アイルランド・Ballina 産h 「Lighthouse」 P 業o 来はがりリが造E受朗じ朗。年、今数会、りるがの、界あ MantaMESH ドイツ・Frottstadt 革u る有日、ン、衰V注』てな2の中回頂い筆に良あコ昨的け ダノン ポーランド・Opole 命s の史本中グ円退シに、受れ0中小はいし者賀いるロ年にま ボッシュ トルコ・Bursa をe は以に国(安なフ見多注ど2小製、た、も詞雰。ナのコし しLが高し年e「は  明前回は製基どト舞く環も3製造製。勇多 に年ロて 境波年造業造 気く交 囲や Cipla インド・Indore 白の帰じ造調、にわの 対明ナお CEAT インド・Halol をリ てi選崎たは」L、世 指ー はg出工。新にi世 & 界 は高の業界業 づの歓 気っ で膨すめのを悲よれ中 すけ禍め再日 ジョンソン・エンド・ジョンソン インド・Mudund 定ド 3hさ場(日たつ 界 Mondelez インド・Sri City しす 件tれ 本にいgの経晴しキのの界 け方会 のと あ大る諸日背観るる小 るとはで 3日 天』ー吉予の ら々も お活 るなの外本景的自で製 警比終と 目h、群てる か36てh先済 ででワ凶測内 れと勢 正況 。受で国回とな動あ造 戒較息う Dr.Reddy's Laboratories インド・Hyderabad とo日馬 と注、か帰し報車ろ業ああーをを外 る賀い 月を で取心すにご起本 Contemporary Amperex Technology 中国・Yibin D先 ら工、t進フ 件本 X なu本県進 は場2h的ォ こが中ら)た道エうはるるド占立環 コ詞がありにる向ざ Sany Heavy Industry 中国・Changsha の るsに高的 Pを0oなー ろ舞小膨」「もン。過。。はって境 メ交つる戻はとかい 推 。eあ崎な &追2u工ラ 目でG Wistron 中国・Zhongshan がい製大なリ目ジ自去『今『てつを ン歓い。し雲、っま フォックスコン 中国・深圳 進 とる市工 )G加2s場ム 『込造などシにン動に天年天みつ踏 ト会て久つ泥世てす動の 天ん業仕にョつの車な気は気た、ま をでお方つののお。 美的集団 中国・佛山 を場 に製 レノボ 中国・Hefei おダ速進くプ台g場も1界支 ハイアール 中国・Hefei りーさ技共ラ、hがの8経援 22高 ユニリーバ 中国・Tianjin 、シせ術有ク指t選で年済す 株式会社アルファTKG社長 高木 俊郎 ハイアール 中国・Qingdao Lッてのしテ針hば、かフる 向造 ウェスタンデジタル 中国・上海 iプい導、ィとoれ毎らォ目 gがく入製スなuて年スー的 Mondelez 中国・Suzhou 年 h期たと造をっsい世タラの 崎 Huayi New Material 中国・上海 t待め活業内てeる界ームも 製はに いにめラ響レ上ィ業ら 『 騰年の課険気 造、本今。消らザを」げアはれ 天2 な、課題で晴 Advanced Semiconductor Engineering 台湾・高雄 hさの用で外ベに。中トがと 立す格年 滅れ合否にに報好る ど突題があ朗 ウェスタンデジタル タイ・Babg Pa-in oれリをのにスはLのし2、 アジレントテクノロジーズ シンガポール uてー加先広ト灯i工た0世は 国で還は した意定よよ道決一 気0 、然に存る』け業 とに流、 た円以でりるの算方 生の直在。と P&G 日本・高崎 し国す海 22Cフ(多でs3で てでs 際る外 こ高降き庶「通にで 晴2 活円面し「い て 的元に とが、な民コり沸、 圧安す、人っ Flex ※ ブラジル・Sorocaba %(リヨくはe2、2いもe の シーメンス ※ ドイツ・Amberg 、アカー、、がの世0る活同 36工 サ年流 の、30いのス、い完 朗3 迫にる多手てて 地 プと出 意突年が生ト電て成 が襲とく不浮 Alcelik ※ ルーマニア・Ulmi アジ)ロ続中あL界 発士 メアがッい国りi3 2。0 なの 位 ユニリーバ ※ インド・Dapada リ太32パてが、gカ 3 議コ ラなし 義然以、活プ気い品 な年 連わ思の足か を イるた は霧上1をッ・るメ 日れわ中」れ ウェスタンデジタル ※ 中国・上海 カ平%・ 失 がに9圧シガ。ー のたれ小とて っチ。仕 極晴わ8迫ュス円カ れ中 ご。る製いい ハイアール ※ 中国・Tianjin E34地h国年 が洋、中 %域t以1 論ミ がュ件場 てェ特事 めれた5す・な安ー と諸。造うる ●●95●● マイクロン ※ シンガポール 8圏A東Mと別h上月 行ニ %)P・E最分oで時 わテ おーにが てるり年るイどは・ ど小 く物昨業深の ※はSustainability Lighthouse 、がAアAも布u1点 れィ りン中日 大よ苦の悪ンのメ大 報価年が刻は 、の国本 きうしプ影フ値デ企 が も製 じ高22こな危  さメ産でけ   さgn方生選L  12品ど別4L ハれッ業、て4 ばi2 日 っ 日れhaを産 て%産先で%A るかン る仁し導あ日に上し械 『日に続実機付の営こら帰日 ノるセ見世ド月 ~4世 本たtb満性れg0 本 いが業進はとT 。?ので。も、入る本もげて受 波造 コ刊匹増績械け打方の始は本 ー。2本界イ17 に。hiたと、h2 プ、産、なA 『 導は 多イが中に楽効い注 ロ工敵加は工るち針流ま必企 バ 0市最ツ日 21月界 ー 2「大・か 17 関 olす持こt で る 2 ロ14業58っM追選 最と入日 いメ行では観果る最 高業 ナ業すと、業興手とれっ須業 連 uiS続のh年 は 。 セ%、%て( 新問で本 とーわ、、的に。高 しの 禍新るな『会味をしをてとの メ 3ハ級ハら 日日最 す stu可うoに 3 スが16がい中 マえ明の 思ジれ昨ななも紙額 か り前は深講、察おな中 ッ 」ノのノ21 る eys能ちuは 産消%半る南 シばる中 うと 年ん報 ン、い小 のた 言面に ら聞 高 、年、いじ 及で匹 』吉 のは い 国しりっ国 セ がーBー日 ハ大 と に t性7s36 件 業費が導。米加出 レ(比22事て内、、た撤 をそ未製 が 『と道 は 開バto バに こ 選Laの件e件 目 と財医体産) 違』 、 催ーBーか ノ ーの ろ 出ii両ががの な、薬な業が 導の来造 、 過なを いと しは敵 回、ベ過12年実い製国多。退 つ、』 復こル去・のがる造内くこや 入答が業 こ くし D にい 去 すえ待は れ 不て 当う 最 つ補と 凶 X 鮮の』最5鍛あ。の製のの日 を0てーハ見ド  ばiと3(G工内るで 高景い、助大 明発と高%圧るこ生造中傾本 中1い)ノ本イ 同れgし件東E場でPは れはっ、 が惑事水気る今金々 』表発額増機。の産の小向へ 心9るでー市ツ バ見 ばNて最 事さ実準ム。後で的 が 『を表のと械日事性強製はの に年。毎バでメ ー本 工たhて目京ヘ(は&、 場。tは、都ル茨日G群 P 経Oい新 実れにのー昨ののに 鍛うし)2の本実向化造昨製 世にコ年ー、ッ で h日消日ス城立高馬 & 営でるマ でる驚設ド今動押報 貢 圧けた18年受鍛を上を業年造 界はロ4(ドセ メ市 は o本費野ケ県製崎県 G はあのシ あ御愕備がの向し道 献 機て。年連注圧裏へ経はか回 中ヨナ月ハイ主 、 uで財市ア日作工高 高 かー禍にノツ催 ッ開 国 s初メ)日立所場崎 崎 語た大社んの材加家さを ど手 らロ前行ー北の 内 eめーに野市大が市 工 を。パ長だ発価工族ま紹こ簡不 す 静コ延しと正『材増不少い安 にロしよなを波なえ足は。泰 6ッのわフ部産 セ催 で にてカ続工)み、に 場 紹こニの。注格の的に介こ単足 5パ2れァの業 消 選Lーく場とか国あ 介のッ奥と元の会中将すでなは る 考ナたうり背高くて」顕少』 え禍こ』『景ししもは著子な す苦クさてか高社小来る、問外 らの着2 業をるやに以0 な向便通業発ロ先(テル る境にまもら騰で製の。筆題国 ば 4開い3ハ見集産デイ上0 ど上性業停期ジ進Aィツ 。を陥がう大であ造後静者で人 事 れにとと積に』て、深で高ど よがす極外で成最刻あ齢、 、っある的国あり新でり化そ 0催てはノ本め業ジンの社 がをのパ止間ーのIビイーま 能製であル場造ブエ用剤「「費 事Dり仕れ量苦る業継岡がは労 今 0で初、ー市る分タダ来が 評実向ー日やをデ) ンで製力造もるがはしリア洗「ボアさ 務X、切しのし。。者県直な働 実 てる風に人る立マあ、にう 日下。潮外労。たシる中よ簡 0、めコバと世野ルス場出 価現上ト数試活ジ、テ ン 全の品を技ト同高品てーケ剤レーリれ 所に工っい受め昨従のの近い者 の 社世てローな界で化トを展 さし、ナの作用タ機ィ 、 体バ開有術ッ社く質いズア「ノル でよ場て悲注ら年業息Mで。で 物 火こが国働数なン。小り単 中との中人者年いをど製、に 以界かナメっ最はをリ記し れて生ー短のしル械、 デ でリ発しとプ工、のる」製ジア エるド 上50ら禍ッて大最中ー録、 ー衣たい産の縮た、・学人 ー はり操い鳴案れは員子社出 解 小 タ、ュかて品ク場世要。な品ョ」」 料 、克業るで件たコ30が。会 決 語 なト小労の前。導ん造労問 製っレ製働活、人入な業働屋 がカ初がセい級も心4し22 。る能発化め製テ習工コデーらい質ラの界求日ど「イ、、ル用 受服が事あががロ人経社っ で 造たン造者用移材しにの人は 出国め落2るの注と・、万 こ力注、の品クな知ネジチ販る管スな中レ本をフ」台柔」洗 注し悪務る舞、ナの営長た き 業がド業をが民不て受「口卸 展かてち0。産目す0特人 との利流操開ノど能クタェ売。理のかにベ市製ァ、所軟や剤 処た化所がい近や金すと事 る の、はに活話法足も注人のさ 理物しが、込隣鋼属る奥実 ほ 人冷、蔓用題改の人が手減な 出てとすシルntornす トスPマコ発でで  2価らム受自に  量資エ)ョ・chnadる リ」Oーン・、、1 0をにのけ己なL 選 の源ネ」ントee nu予 ー、」トジ実エ東月 フ 1多 ネ 2受専実、評るi 出 築ンにの年化トM務きッががこロりえのにとや 削をルと ラ( ―ss定 3け門地プ価にg 減節ギし  E「 フャ装レ で人尽最のを)社所ずクコ舞な。、、キわ請工 よな部め 野社  ンイDMft。 Xグやァパのク京25 ァ 月 プ な約ー、変 年る家検ロをはh さ あ材き新『推をでの、とロいし事人残ャた求場 びが長、 市ア高 スンiaorテ Pリ「クン展トビ日 ク 27 様 日 コ の必に査ジ記、t れ るのる技波進活は人工なナ込て務材業パる書へ 世らや77 生ル木 どし管デ化フダfkriー Oーロト」示ロッか ト 環、理ジを ス要よをェ入Wh る 。ア。術高し用、手場りにんい所採が 界、欧年 まフ俊 シ仕発の ォスfimaマ 」ンボリと会ニグら ま ン リ ー でな ジ ケがる受クしeo に シD活し、し現不が、罹だたは用常 事行指 のグ米に れァ郎 境炭にタもートenalを なフデー、「クサ27 ジあ最けト審bu スX用』大、在足稼工患直。ギを態テを・示 製ロのア 。T( 造ー海マ 2Kた 対素よルたメリrgt 「 どァッE「ネスイ日 イ ャ ノ 東展 ュる終、チ査かs は タ化にの成事Rが働場し後こリ試化ィこ経書 業バ外ダ 0Gか 策排っ化らーアe iTI 製ククXスプ開ト パ ま ベ 京示 ン ー。評さーをらe ンとお克功務P招でへた、こギみすーな理の をル子入 1社ぎ をはけ服を所Aいきの。不にリてるを 処発 な会社 4長・ 呼とし済0で版のAトてに る車 イ月シ「素造 ー シ ビ ョ ッ会 る目成環性る年月価ル 担、るは収工(たな指事幸大のも事超 し 見 理行 て観社後 年。と びし、発のあイ選Sリい主 「業まト25ョフをの 。に、境や。1にをは うまD、め程ソ災く示務に量状結態え て いなか き点のもしにア大役ダ31し 込て産展実るン出Eーる眼 オ界たで日ンァ網D 入働へ持選月最W、 仕さXRてのフ難な書所しの態果とるるどら たか社海て海ジ学。専月9お みの業の現イダでAは。を ーの同開かWク羅X 組に化Pい大トでっもはて新ではな業が、売 。ら長外見外ア時電 5) ン みベにAる幅ロあた発大奥規仕採っ務、広上 日を販聞をを代 務ま気 で3株 W グ一 っきの続ば て方 可れに 終e4 を海振加とンス、Nイパ置 ト先時催らeトし、 な対 公審b月狙外興速連ドトイかンーい モ端開さ東eリた自 のテ実な。省ボる。行パさ案事用てが従範処 本務売を訪中か通取ア年式 い 能る おめ本広問心ら信締マ長会 っかとを携ネリンらドトた ー技催れ京kー総動 e サ堂 ど応 式査でま e る 性に 構ラ現ど23人ッ。事でニま件をゼお増来囲理 k イ トに も、、は発 を送で てら製テにシードはネナ形 テ術でるビ」イ合化 受信に いの造ーよア4ネ初シーと ィが、。ッがノ展、 と評人社、表けし自 る投拠マる4・シめアカな ブ集自 グ、ベ示脱 さ価材会生と、、己 。資点と経・0アて。ンっ ワま動 サ1ー会炭 れ項育・産な24 11評 「にO「向ー ス関」ウけル 日本の工場こそ世界を照らすLighthouse・灯台となれ  マわ、ェ部ド ーる物流ア品 」 と場g要占でこな日成だ人そァ産る地主情どiけし拠立るhtラ選国ihとでった ト技 、 ・ラ・物術 ウ かをhでめはとい本長。まれブが。消要け選gらて点1。thンば。gtて働て企 搬ブ材 ら充t 流が ェ あ、な。こが可内でをが国そのななばhれはだ社日hoスれ最hhもいも業 送ル料ア 始実hり外い目と将能向い見作内れ最市くれtて、。の本ouをてもtoおて、は続日&2るォ  E集のEなラ まさo、貨。のは来性きるてらにに適場もてhい日こみはusはい数huめい世もい本G年Lーダ XまDXどブ るせu国をそ前世をがと れ帰対 いoる本と。? eじる多 sでる PるXPのル の、s内稼のの界見あ外。 日 るっし地 にあ なu。はL だて日生 先る 残 sがめのくo 界ちてで高版iラボ eたこでろ3は崎がgムス だそeにぐた事と据る向ち 本 いs世欧iりとeあヨはLuのいとスんカ日工発hか会 く本産 進▼ ま製め象同えかきゃ の 定0 O 。の、 とe界米g るでで 的世 はいもりー米is分こはゴ、所立場表tら議 (と社全」 光灯ば造にでじては、ん 製け いに中中h米え世、ロ系ge布と一いそ目、がさh、で こは稼 な界 ゆ業も右土や言どち 造で う日に国t と、ぐ 工で 系ば界 関な・展も を台 欧ッ企hのをだつとことG選れo先有 連っ団示行 世といのG往俵らうちゃ 業大 の本影にh企、中系パ業t数 ▼の 業日に 認でなEば、u進名 や海力 場は 特て体会わ 界し光振D左になまらら の騒 復ぎ を、は企響大o 企中。hが 見 る世誇め働っヘれ日s的な 集いが合れ にてを興P往立けでがお活だ、外を作中、業力きuの系広業にドo多と界りらくたルた本eな世 4る参計る 届マ放がのすっれも前かだ。半一強り国寂ががくs現企がのLイuい、の。れ人。ス。かの工界 ・。加で。 けザつ最20るてばな向しとし導部め、はしほあ水e地業っLiツs国最Lこた々選ケこら2場経 5 す1 るーLも%こ勝いいきな言か体のて地じくとるをに生はてig、eはもiれ場にばアれは0で済 面 る4 こ工i重をとつけ。で話うもフ生い産めもんL空関産日いghフに中Lgは所とれにでP2あフ ) 予2
Page2

2023年(令和5年)1月25日   (2) リ「・ししE  活利 っねくいね育るホす るずがをた気かでけて  ーL でな地てるとるるっとをく今。から片くなけ道ない街 ズC 密て、D星 施軽照和 星和電機 リンクス 産業用コントローラ 必ア図いこものこた十使なで 十奮手な人るをくるを をI 閉 明電 要プアると親かと若代用っは 数闘にいやが尋な光歩 発P形 工量 性・を機 なリプよはしもを者のすて地 し街と他若ねっ景い 売」「L   新 情がリう迷くし知は頃る誰図 年て並思人者てたをて しLE をコリは 高ンニ、  報登だだ惑なれら他か。もア 前いみうのでい。ほい たCDめパュ産 複防 ッiT  湿 ケnOリ 「製 が場け。行いなな人らひ彼プ のたと人手はるたとて 。B灯 しで 為他いくにスょもリ こ光見がをな様まん道 P たクー業 次 器防トア用 軽 ーuNン ・ ジx」ク 品 化Oをス 々日な だ人。な道マっがは と景比ス煩い子にどを 」シ具湿化ルL と常く とに少っをホとス見 ではべマわ。を交見尋 目生便 思尋なて尋ですマや あわなホせ内見番かね 度2と軽イの  量数密 しS発は ・ 閉 たと売、 Lラ 産ソしD サ 範2コ量メ「同 報のる機るそ  に一にかす接の 囲㍉ンクー重製 に客感器感ばそ よ会しらま触前 は㍍パラジい品 ・ ナマ モ形 業フたC 用ト。24 i ー 関先度部度にれ くとよ他すなに スイをクスに・は / コP同V す開は品はあに 使いう人多し現 20実トの対長、 ℃現サ7しい産 コ ンL製対 nズ る拓同営鈍る必 わうととくにれ 、」業 感期じ業くた要 れ難いのな過る か。イ・ でもなめな 出しう出っごか ら使ズ0業と用 デ防 トC品応 ビ ロ「はの 度は スプ 販あ情っ情情 しいこ会てすら  ラ用の㌔界い照 ン 爆 ーC、小 u ス ラO産型 は 型 。D業産 売る報て報報 た言といい時他 50温7㌘最う明 TON E用業 xパ 強員。にいには 。葉でをる間人 かの昭関る関常 が一大。がと をい快ズは様℃ パルL TRI Sラ用 Oドラン いお基Iーウuすd a  Yズコ っ情和す。すに  妙期事だまの 示るなは15。と す。まフ㎸標し 固さぶロ。準 ク なたロ当いそこ工れ を ま訪るらはた 有らしスL耐、 い。グ初状れと場た 担うっ問会、、。 統E Sウズトこ始り本oシエxでuCs最 Sパン 、 D 設エパロれめ、機Tョアがにlop新 」イト 定アイーまる開能通ンと調Oembの ををロ Pイ エにさトC雷塗 かしをは況以ぐで。 当またし社新そ客 ネ省をガBサ装 ト 灯 、選利ラでこ封が信コし整S peC 組ベー ソ定用開のとし組、ンて済と4urP みーラ らか出情だ外らはし 注情すく。てが聞こ先 ルエ低ラPーは 」し 報っにい〇か るい みあでに開 ギネ減スシジ耐 と大し提たは 〇し 人け るる〇工拓 ー性しでリ性塩 合器 フにで発自がてみ見トPみしをtrU 込ス「 L 化 ト始はや社です込えロLでて搭eyで んにT 具 開ま、産できぐまるーCソL載  あ で、R 」 発りハ業のるにれ化ラやフiしMPる パLI C 言半、 し 供。何かを、 意報がば とこ〇場活 消能て不ー能仕 か、ー用コ。使ての、モトn、oiR ベ わはPとその分作そ 出電 ことをが動 れ「Rしん情かっの て気 ろを作あの  電W費 ◀「▼ っら 組 引使にてな報らて会 きや か知っっ第 ま力の効 「 を入 LL の置動シ 写ロ拡   た始 っっ努カ中もずい社 て機 らってた一 たの高率 CC 取スすスこ真ー張Eシ のめ 込てめタでな、るや く械 始ていか歩 リ削効も りペるテれ=ラボxー にな み ニ減率2 IB ー 回ー電ムまを「ーpシ 対け とれ いて柄か質よ にい飛分 がてん ュにと0 PP しス源等で発Cドrー しれ 、そそかもなら問う はこびかそ、質で ー貢な3 をとはでの売X型eエ 、ば うれら販のとをに 払手 」シ」シ 込 つ 相と込っんそ問し ア献り・ リリ 考P筐は画しシのsス 同な まなで、売にいす仕 手をまたなれしま ルす、8 慮C体、像たリ照sは 製ら 話相う員矢っる向 が知なこ経ってっ にる消lm しと型照処。ー明規、 品な 工題手るに継てこけ 話っくと験きくた 伴。費/ たので明理 ズコ格P はか 場をがさ話ぎもとる っの ーー ス り ズズ み をたてはをりれ。 シ配、を検 」ン対C の見話がす早知だこ し。は相何だる親 ののい ス線設駆査 =ト応I か性テで る幅の設実 敷つをる義にらっと てそ始手度っ人切 手モ複 、、ン、ま。にで定際 地けし。理質なたで て くのまのもたもに 間デ数 内耐レ電た 削開かの にるて は問い。あ 「第れたら懐し。い聞 をルの シーシーエス 拡張ボード型照明コントローラ 部衝ス源産 減発らア 入こく なし間だり るめなにて たい 削にシ も撃金は業 す工スプ ◇減統リ 過に属D用 る数タリ く人もが画待かま  見一ら何がにと情っっ し合ー 電も筐Cの ことーケ のにと目やつ、れ仕 事と咲入を報てた てしズ PCI Express規格対応 圧優体24専 と納トー が話にに標間なて掛 務いいる知入観ら いてを 保れでV用 が期でシ る選一 護る放、設 でをきョ 成しし入語にぜい品 る歩所うてとっ手察、 。定つ 数続ア2可 配の内照にCドIな画ムーれテ やほ熱ス計 き大るン 功かてる、壁端るや に花い花たのすあ をすッ0能照線設部明対I)/ど像でスにム のけ出。会に数掛が。 材 かる壇。第るら 耐50も来/粉2蒸 しZ灯に防  拡れプWで明が置にコ応 でOの入使の対設 メの部tiA2r 供の保短 一てて必社け多何 料 塩℃向製22じ、気同たB器対爆星 張ば。の、は不ス組ンしE広ボ制力用画し計 ラほ出hFN3n通給保護絡 らいに端 力は 入 る」。に例一こゆ 接き死の の 。と「きえ歩とる 歩近てな行 思あればでが注 使と上品)ん水 製。P具応と和 で、同2合4要ペみトたxくー御ボさ像同が 出か力 i  2e信も護な損 でしく観事れの使数 いのい敷あ相意 用なしかの防素 防 品 」「し粉電 き出製タ計チとー込ロ拡p使ド機ーれ処製必 力タも5、2、tポ保機ど傷 あてれ察案たかうが な花な地る手を とり、ら両爆、 爆 ア(は シLたじ機 る力品イ出ャなスめー張rわ(器ドる理品要 にッH・B・R、ー証能も保 っいたを内絵。の積 」観 がは花内この払 な、ナマ スイ使方(セZ、 リZ防んは 。チをプ力ンるやるラボeれ入とやカ検はだ もチD0l0SUトしを産護 っ標20用にZチO1 ーI爆防、 まャ複を60ネ。Pたでーsて出接、メ査、っ 対パMをu  4Sもて備業、 た準℃温対OレN台 ズP型爆ガ たン数ラWル Cめ、ドsい力続PラシPた 応ネI備eF8BEいえ用静  だのがれたむたで 。塗か度応NンEで を」Lのス シネ枚イ/接 と電P型規るボすL用スC。 。ル2えtD5、tる、と電 現っよ面ための。も を察上いっよ入 にた げ開てっ手だ入。 ま装ら範。E)1ガ 発「E両蒸 ール接ン1続 の源Cの格PーるCのテベそ 産や・、o、、Rh。長し放 在たう会人にがと多 を拓くてすか手情 たもスプ  ラ囲従21と/ス 売LD方気 業カ0外oWCSe 期て電 の。なのとは先にく 上期る情るらす報 ョあ て電ガ照 等クをク影光ーのと発テケ 営 観目友面決かの げで。報の何るは 化合ー 効も固ス減現サ7しい産 ンる同い圧ー明こにス抽のしをク不が光ッン 位なierネ 業 察的好会でく顧 養か 殊食  てあ客かかのも役 ししズ合率1有トし、イ・、」業 とサ製る可出出の活テ出凹た照に良でパプス 環性T ネどntCッ か がで関にあ客客 うらいっ数どとたのに たてをわを9エ削、施ズ1業と用 のン品。変力力ほ用レす凸画射対項きタの制 境薬H T いめで立 。選一せ達8ネ減作工の㌔界い照 共リは 制やにかでオる情像しし目、ー照御 下剤K H ッ主e Aト ら 重あ係出っ先が くたがう ト要tITワ 新 要りをてたに必 にかまかうにあて 定つて成・ルを業作7㌘最う明 同ツグ 御、合トき法フ報の、てを多ン明機 でのは な、作来。潜要 はらだが目情るる のの、し7ギ可時業2と軽イの 開オル もPわリるをォや差各複見面を点能 も影、 K ワ規、/、ー 規 ー格MPEク 客 情前るてそりだ 1売少決的報。た 手モ複てlmー能間の2コ量メ「 発ーー 可Mせガ。用ト模分方数る検設灯で 、響強 クにo、tも 開 報途のくの込っ 社りなまにを め 間デ数い/消に短負㍉ンクー重 とトプ 能Wてー いメ様で面方検査定・最 通を磁 をルのるW費し縮担㍍パラジい なメ会 と制の入 たトの、か向査やす消大 非 と対dPhE 常伴場 の応bret るをるてるるが観うしいば えななかすれをるなは拓 省にシ。の効たとををクスに・ るイ社 な御ト力 検リ情ワらか、複る灯16 環うや 通。uorh 。入。いの顧分察とた。商現なっくられで上の目な活 力統リ 高率。コ軽実トの対長 。シで っ、リや 査ッ報ー撮らワ数このス 境特腐 磁 信上sfne 手見れで客かかすらそ談実いて新新ばはげかをい動 するばはのるらる何うテはとし規規動現る」し。が メ・  内に で円 しも る力見な物。入はと考 顧活ま客客機在たとて販な ラ0オ オムロン 性匹 性 ー ラ開。価てO 大はるく事日るずしえ ー客動いへ開付のめ問新売く 「対ム 能敵 発機格いP き相 、を頃情だてるマに終、の拓け営とえ規員 S応ロ がす 、し械 発る はるC な手力よ無か報。もとはな了テ拡はが業答ば客に な 「っ Tのン S小 で や 既てメ 。ー 一かがく駄らのお食名発らとー販開弱事え売開なた C小は 揮直 観に訪重のい刺生ななマ活拓い情るり拓ぜわ シ型、 W型 で動 超 存いー6 U 歩ら養 のるカ万 A と情わ察見問要ずつ交しけるが動で。か。上を大け リボU き・ れしてすさとこ換なれ。見にはだらこげす変で ーーS Iボ る回 高 Pコー8 に な報 Lンが0 も ズドB 高転 0 3 Rー 機案 耐 Cト自 対 」カ やロ前0 応 み を 応能 し非 マコメ研究所 電流出力タイプの変位センサー ㊦「㊤ 奥発 食 のといパでモ 込 販すなにはー SS小 み行売 カド た磁 売るい合高シ WT型 用きし L性 領わ機ョ ICボ 途にた メカ M・ 案直 を。 目初域ず能ン に出ー 力P  Rシー に制。 ガ超 内動 指年を自でコ もやな タ―マ カリド 適約 ラメ どフト装電ー細ス製 真売リスイールイ高 イ6コ メーカ しの 特ィリ置子ン回で造半。しンロンルねド耐 部・回 す度タ動高ン 最ロど 。5ー化額ト 適ボに プ2メ ラズメ 、あ 殊工ソや線を路はプ導 たグー、スじ、食 品転 0ゲででロ とッ内 の0研 」ラ 解る ラ 環程グフ描描パ超ロ体 =をラクプ、ボに 0ッきコー なト蔵 リ」究 像組 境なラォ画くタ微セの 写発ーロラボー対 台トてスラ っアさパーサズ能で〜るま変検位コ 売―ニシ所 てーれクスー設。、最。ざ位出置イ独す6アリは プi非aog・熱ルR9M度㍍  こトマしー度 るて飛能内し耐な鋼オ 適す電金のとな満比 い度よ 要よ極が いムるトがと計薄50大有まセでをル自る2変ー、 しs対 EE3対チカ0Xをかオ と、ウたリは 。優散をと、荷ど、ー従。る荷で特軸いの透そる・り特求る端存 るの磁。非比で型㍉ 効なンき非を開。1位ズ変 てi応L対 M策ェメ」9持らム がS 変石エ常べ、ボ㍍8長磁サ、接使発 」セと位 ン。ン6 れす実ほ既重のチス来 機を構長受高磁磁れ。高高にさ耐に在 。 いo)i応V/を素ラを9つ1ロ でマ マグ・ たる現ぼ存性特タテの 器帯成をけ水気率に 耐度最れ食嫌し 位のアに、スデご0 石ー従触用技 =ンしセ るn、n)i1備子を採1セ7ン きウト の能殊ンナス 等びし併に準をが対 食な先る性い、 量絶ー小デリィと0は最をと来でし術 写サてン 。をUk、s・えを発用」ン0は◇るン、 ウシ4 耐環。同 ンャM 食境腐等直が鋼、イテ でた、せ適のほ1し が非端。を、磁 測対シさッーのに㍉小検比のリ、の 真ー、サ ラS(Ci3て搭売しとサ0、 。トCトッと 性下食の動大とセトン の粒磁持し非と・同 求磁技 極特気 定位リくドブ省指㍍1出べリニ磁可 =「電ー イBPaoMい載した「素㌨4 かSなタ12 をで性耐・幅比ラ系レ 使子場つた磁ん0製 め性術 限殊の な置ンコスセサ定ま0でてニア石飽 をM流「 ン3omnのるしたSM子㍍0 らマしをM 発も薬荷回にべミ非ス 用を環特高性ど0品 ら・向 ま薬影 ど検ダンペンイ可で0きさアにの和 発P出M ア Ce(G。、。WX「の0 選ウ、用。 揮極剤重転向るッ磁鋼 に制境殊硬性帯5は れ高け で剤響 ッVLrPi0発ペI9I感㌨ ぶンC意ロ すめが性案上とク性、 最御や合度能び未、 て精で ににを 重負荷用電磁接触器 高頻度開閉能力を持った クラッパー形電磁接触器 AC200~550V 80~600A DC100~220V 80~600A
Page3

(3)   2023年(令和5年)1月25日 取染  り拡新 巻大型 くにコ 儲かるメーカー 環よロ 境りナ 改善の急所101  FA業界掲示板 は、ウ 項 大私イ 日本カイゼンプロジェクト ■ 東芝インフラシステムズ、中国の物流ロボットメー ブルで、「電気の公  制御盤、分電盤では電動化、インテリジェント化で きたル くちス 会長  柿内幸夫 カー・ムシニー社と業務提携 害」とも呼ばれる高 システムの規模が拡大しており、取り込まれる電気配 変を感  東芝インフラシステムズは、物流ソリューション事 調波が引き起こす新 線(端子)の数も す可ら思っ全こがたわ 業拡大に向け、中国の物流ロボットメーカー・ムシニ たな問題に、三菱電 増えるなか、端子 。能のいてくれ当りり ー社と戦略的業務提携契約を締結した。 機などグループ三社 の組立、端子への そ性多まし違また前ま こがくすまっでりとし 急所81  ムシニー社は中国蘇州市(江蘇省)に拠点を持ち、 が 結 束 し て 挑 み 、 配線は人が手作業 で ったの前思た ア高 は。 物流施設や工場他で活用できる棚搬送ロボットや、各 2021年6月に高圧交 で行うため、相当 たも全でっ。 フい 元そ 流負荷開閉器「ハー の手間と時間が必 方のてなてこ 空現 種搬送、区分ロボット等をラインアップし、海外売上 タと にし 戻てもへのくいれ け場 比率が50%以上の物流ロボットメーカー。 モニックスセーバ」の発売で結実するまでの道程を振 要になる。そこで ー思ら、多と前なたま  東芝インフラシステムズは現在、画像認識技術やロ り返っている。 同セミナーでは、 コいなそい変提りこで る改 ロまいれとわが、と当 意善 ボティクス技術を応用したピッキングロボット、デパ ■ 安川電機、自家消費型太陽光発電システムの導入・ 組立性向上と配線 レタイズロボットを開発し、WES(Warehouse 提案に役立つ特設サイト公開 時間の短縮に貢献できるTE connectivity社のDINレ いすこ がッ違で元ナ 味で 設がすそ求トうはにに 空 Execution System)を製品化しており、今回の業務  安川電機は、自家消費型太陽光発電システムの導入 ール用端子台を紹介する。 備、必こめを新な戻お 提携により製品ラインアップ拡充と販売網の拡大、安 ・提案に役立つ特設サイトを公開した。自家消費型太 ■ 金沢と京都で産業オープンネットセミナー、2月6、 やそ要でら自しくるい 間 ラのが新れらい、のて を 定供給の実現を目指す。売上目標は2030年度で250億 陽光発電の基礎知識とメリット、導入の課題・注意点 7日開催 イた出しま生商こをは 円。 などを紹介している。  産業オープンネット展を共催する8協会が「産業オ ンめていすみ品れ期、 をにく事。出やま待そ ■ 菱電商事、パーパスを制定  ープンネットワークセミナー」を金沢と京都で開催す 設はる業 すマですれ   菱 電 商 事 は 、 4 月 の 社 名 変 更 「 株 式 会 社 R Y O る。 置新のを こーとるら すしで起 とケはのが DEN」を前に、2050年に向けたグループビジョン: セミナー・イベント情報  産業オープンネットワークセミナー金沢会場、2月6 「100年企業として環境・安心・安全でサステナブル 日(月)10時~16時20分。場所:金沢勤労者プラザ ででる な社会の実現に貢献する」を目指すにあたって、企業 405研修室。 きす「 現新 な。新 場規 理念体系を再定義し、経営理念の上位概念として新た ■ 三菱電機、産業用・協働ロボットMELFA登録サー  産業オープンネットワークセミナー京都会場、2月7 いそた に「パーパス」・「バリューズ」を制定した。 ののな 改事 ビス登録キャンペーン 日(火)10時~16時20分。場所:京都テルサ 中会議 で空空 善業 ■ ファナック、ファナックニュース2022-IVを公開  三菱電機は、産業用・協働ロボットMELFA登録サ 室。 諦間間  ファナックは、「ファナック ービスについて、サイトへの情報登録キャンペーンを  定員は各会場50人(先着申込み順)。参加費は無 めを」 にに て用が よ必 ニュース2022-IV」を公開し 実施している。期間は4月28日までで、登録者100人 料。 い立必 た。JIMTOF2022の出展内容の るて要 っ要 にAmazonギフト券をプレゼントしている。   申 し 込 み 方 法 、 お よ び セ ミ ナ ー の 詳 細 情 報 は てな 解説のほか、新製品として小型  MELFA登録サービスに情報を登録すると、ロボッ (https://www.sangyo-open.net)。 めす経 生空 I/O「FANUC Slice I/O」、 トの点検・更新目安時期になるとメールでお知らせし 士務術本く(【 よ。営 (所マ経り株 う何者 み間 CNCの新機能、協働ロボット てもらえるほか、登録情報を参照してロボットの管理 略 CRXシリーズの3機種(CRX- 経所イ団の) とか 歴 出は 作業の効率化が可能になる。 生産終了 営長ス連改柿 思新の 53A, CRX-203A/L, CRX- っし方工 タの善内】 せ、 ■ カナデン、製品サイト開設1周年記念キャンペーン 253A)、CRXアーク溶接パッ  カナデンは、「カナデン製品サイト」の開設1周年 学改ー研を幸柿 ていも 。 )善(修通夫内 もこ多 ケージ、ロボドリル新機能ロボ を記念したキャンペーンを行っている。アンケートに ■ オムロン、2023年12月末でMOS FETリレー そとい、コ平講じ技幸 多ン成師て術夫 れをの ドリルα-D3B Plusシリーズな 回答すると、抽選で10人にamazonギフト券がプレゼ G3VMシリーズ一部商品を生産終了 摩サ29も、士  を始で どを紹介している。 ントされる。期間は2月10日まで。  オムロンは、2023年12月末でMOS FETリレー 大ル年務世事1  また工場見学として、本社敷地内にある修理工場を 学タ度め界務9 不ずっどて来か にす  同サイトは、カナデンが取り扱い可能な製品やソリ 「G3VMシリーズ」の一部商品を生産終了する。最 ビン)る中所 要あてのるへらしもる 5 取り上げている。 ューション、工事、施工業者情報を網羅した情報サイ 終受注は2023年12月末、最終出荷は2024年3月末。 ジト、。で  なる生工必の考かな場 1 ネ、柿経実所 モ」み場要チえしら所 ■ 北陽電機、3D測域センサ(LiDAR)用ROS2ノード ト。掲載されている全てのメーカーは、見積もりの取  推奨代替品は、G3VM-61A1とG3VM-61B、 ス工内済践長年 ノと出にはャる私なが 〝urg3d_node2〟を公開 得から、メーカーとの面談や製品説明、技術対応が可 G3VM-61B1がG3VM-61AY1、G3VM-61D1と ス学幸産しと東 を断せもあレとのいな ク博夫業てし京 捨言る「りン、長かけ  北陽電機は、AGV・AMRなどの自律移動ロボット 能。現在300社、850製品、製品動画260本が掲載され G3VM-61E、G3VM-61E1がG3VM-61DY1、G3VM- ー士技省いて生 てし空改まジそ年られ に最適な3D測域センサ(LiDAR)シリーズ向けの ている。 61D1(TR)とG3VM-61E(TR)、G3VM-61E1 ル 術先るモま てま間善せをれのでば 客技士進。ノれ 、すがにん諦で経すど ROS2ノード〝urg3d_node2〟を公開した。 ■ 三菱電機、2月10日に東京FATECで「MELSOFT  (TR)がG3VM-61DY1(TR05)。G3VM-62C1は  ROS(Robot Operating System)はロボット開発 員術事技日づ。 ラ。必よ。め将験。う MaiLab体感セミナー」(無料) G3VM-61AY1を2個使用、G3VM-61AY1はG3VM-  三菱電機、2月10日に東京・秋葉原の東京FATEC 61DY1を2個使用、G3VM-62F1(TR)はG3VM- えラ代始み間こ減工イ フレームワークのデファクトスタンダードであり、世 実「「フ岡B教 ばイ金め出はとら程ン 界中で普及している。また既存の課題を解消した で「MELSOFT MaiLab体感セミナー」を開催する 61DY1(TR05)を2個使用。 現ち儲ォ大S授 融ンはるし大をしをを ROS2への移行が進められていることもあり、同社は (定員10人)。  G3VM-351AとG3VM-351BはG3VM-351AY1、 すょかー学)、 通をゼとたきしま改短 るこるド客特慶 も作ロき空いてす善縮 今後のROS2需要を見越して測域センサ用ノードを開  MELSOFT MaiLabは、データの収集、オフライ G3VM-351DとG3VM-351EはG3VM-351DY1、 42っメ発員別應 利るで、間は生。しし 発した。 ン分析、リアルタイム診断を実現するソフトウエア。 G3VM-351D(TR)とG3VM-351E(TR)はG3VM- のとー 教招義 く時すそでずみこてて ヒ改カ企授聘塾 のもねの新で出れ、、  ROS2ノード〝urg3d_node2〟は、3D測域センサ データ分析知識がなくても、AIによるアシスト機能 351DY1(TR05)。G3VM-352CはG3VM-351AY1を ン善ー業。教大 で皆。空事すしだ在設 『YVT-35LX-F0』、『YVT-35LX-FK』など や直感的な操作性でデータ活用を実現する。 2個使用、G3VM-352FはG3VM-351DY1を2個使用、 トが に著授学 成でそ間業。たけ庫計 」企改イ書(大 功行ののを生空のをや VSSP2.1に対応したセンサで利用が可能。また、一  セミナーでは、MaiLabの特長や機能の紹介に加 G3VM-352F(TR)はG3VM-351DY1(TR05)を2 な業善ノ「2学 般的なROSノードと同じくオープンソースで公開し え、MaiLabの実機操作としてサンプルデータを使用 個使用。 どをのベカ0院 せあげ社のがの す確 。変急ーイ1ビ てらて全空、でお。率 ている。 して、MaiLabの操作をひと通り学べ、データセット  G3VM-401AとG3VM-401BはG3VM-401AY1。 え所シゼ1ジ 削ゆ、体間新あ金 は ■ 三菱電機、シミュレータ「NC V i r t u a l  の可視化や波形データでの異常検知の操作も体験でき G3VM-401DとG3VM-401EはG3VM-401DY1。 る〈ョン〜ネ りる社でや事れが :1ン42ス 取ム内の作業ば有 大 Simulator」を解説する特集論文を公開 る。 G3VM-401D(TR)とG3VM-401E(TR)はG3VM- 大0を・0ス るダに生業をとり 幅  三菱電機は、FAサイト内の産業向け情報メディア ■ 三菱電機、3月17日に東京FATECで「製造現場のデ 401DY1(TR05)。G3VM-402CはG3VM-401AY1を き1起01ク こを潜産余始も余 に な項こ―6ー と顕ん効力めかっ 向 「The Art of Manu ータ活用基礎講座」 2個使用、G3VM-402FはG3VM-401DY1を2個使用、 変〉すス)ル に在で率はるくて 上 facturing―ものづ  三菱電機は、3月17日に東京秋葉原の東京FAテク G3VM-402F(TR)はG3VM-401DY1(TR05)を2個 革」」タ、( よ化いを、たでい し くり」に特集論文 ニカルセンター(東京FATEC)で、1日限定のFAト 使用となる。 を、、ン静K っさる上会めする ま 「製造業のスマー レーニングスクールの特別講座「MELSOFT  ■ オムロン、2023 マ目 一 テ間 て トファクトリー化 MaiLabで学ぶ製造現場のデータ活用基礎講座」を実 年4月末で環境 ッ指改般 ン面改生 チし善社 シ積善み を支援するシミュ 施する。限定100人。 センサ2JCIE - ン、の団 ャはで出 レ ー タ 〝 N C    講座では、データの収集、オフライン分析、リアル BL01と2JCIE-BL グ2実法 ル、生す か0行人 な新みこ Virtual Simulator〟」を公開した。 タイム診断ができる「MELSOFT MaiLab(マイラ 01-P1生産終了 ら1を日 の事出と  「NC Virtual Simulator」は、製品設計から試 ボ)」を使い、データ活用の基礎知識から具体的な分   オ ム ロ ン は 、 問9通本 で業さで 題年じカ すへれす 作加工までのプロセスをデジタル化し、作業効率・生 析方法までを、実習機を用いて学ぶことができる。基 2023年4月末で環 ・6てイ 。のた。 産性向上に貢献する高精密シミュレータ。 礎から学ぶことで、より効果的にデータ活用を進める 境センサ「2JCIE- ■いカシど企報供課月日ゼ 諦ポ空 詳るイョ勉業提、題に本ン ■ 三菱電機、FAサイトで「〝電気の公害〟高調波対 ことができるようになる。受講料金は2万2000円(税 BL01」と「2JCI 細。ゼッ強間供新へ設をプ 見にめ 策の最適解」記事を公開 込)。 E-BL01-P1」の ・ ンプ会の、たの立さロ つあな  三菱電機は、FAサイト内の産業向け情報メディア ■ 立花エレテック、1月31日WEBセミナー「産業用途入 指、、ワそなソ。らジ 生産を終了する。 けるい 会 導工セイれ技リ企にェ まムで 「The Art of Manufacturing―ものづくり」に記事 向け新製品 DINレール端子台」 最終受注は2023 は 会場ミワら術ュ業よク しダ改 「【ハーモニックスセーバ篇】三菱電機グループの総  立花エレテックは、1月31日にWEBセミナー「産 年4月末、最終出 こ な見ナイのやー間くト ょやめ ち ど学ーガ基素シビす う改て 合力が導き出した〝電気の公害〟高調波対策の最適 業用途向け新製品セミナー ~ダイナミックコネクタ 荷 は 2 0 2 3 年 7 月 ら を会・ヤ礎材ョジる 。善現 解」を公開した。 とプッシュインを組合わせたDINレール用端子台~」 末。推奨代替品は 行、ワガとへンネこ 余場 っ公ーヤなののスと 地の  記事では、顧客の受電設備で相次ぐ原因不明のトラ を開催する。 なし。 て開クなる情提のを を中 https://www.kaizenproject. jp/
Page4

2023年(令和5年)1月25日   (4) ネプコンジャパン/FACTORY INNOVATION Week 2023 主要FA企業ブース・展示内容紹介 ポカヨケを紹介し、新コンセプト「どこでもポカヨケ」 ■MECHATROLINK協会(ブース:57-44) ■JUKI(ブース:54-1) スマート工場EXPO に加え、「締結場所と締結回数のポカヨケシステム」  MECHATROLINK協会  JUKIは、「自動化、効率化、最適化 お客様ととも 「作業者の安全見守りシステム」「ガス検知の遠隔監視 (MMA)は、スマート工場 に生産プロセスの変革」をテーマに、4つのプロセスイ ■安川電機(ブース:61-1) システム」も展示する。 化の実現に貢献する新世代の ノベーションを提案する。  安川電機は、自動化や省人化、データ活用による製造 ■日本ムーグ(ブース:62-26) 産業用ネットワーク「ME  ①【部品組付作業の自動化】カスタマイズが可能な 現場のDXなど生産効率の向上などのニーズに対し「i³-  日本ムーグは、コントローラ CHATROLINK-4」と「Σ JUKI独自の自動化システム②【部材保管・管理の自動 Mechatronics」コンセプトのもと、ITとOTの融合され ・ドライバ・エンコーダ・入出 -LINK II」について分かりや 化】革新的な部品管理ソリ たものづくりを行いスマートファクトリーを実現し、経 力・通信が一体型になったサー すくそのメリットを説明す ューション③【外観目視検 営課題を解決する具体的なソリューションを提案する。 ボモータ「スマートモータ」を る。多数のラインアップと 査の自動化】属人的な外観 工場での実用事例、パートナー企業との共創事例などを 出品する。コントローラを内蔵 MECHATROLINK対応製品 検査の定量化と測定データ 交えて紹介する。 しているのでモータの情報デー を持つメンバー企業5社(エニイワイヤ、システック、 のデジタル化、トレーサビ タを直接取得でき、予知保全プログラムをスマートモー モベンシス、安川電機、横河電機)による実機展示コー リティ強化による検査工程 タ内のメモリに保存し実行すると、重大な問題になる前 ナーもブース内に設け、お客様の課題相談やシステム提 の効率化④【SMT工程の最 に装置の異常を発見することも可能となっている。 案をする。 適化】新型高速モジュラー  「Class6D」はイーサネットプロトコルに対応し、バ ■コネクシオ(ブース:56-44) マウンタ「RX-8」を中心と ッテリーレスアブソリュートエンコーダを搭載。出力範  コネクシオは、国内・海外での した実装ラインと、実装統 囲は1㌔㍗まで拡張され、既存シリーズと同じコンパク IoT活用をアシストするゲートウ 合システム「JaNets」の融 トなパッケージでより高いトルク密度を提供する。 ェイ端末や導入事例、IoTによる 合により、工程全体での最適化を実現する最新SMTラ ■IO-Linkコミュニティジャパン(ブース:63-73) 遠隔監視を気軽にお試しいただけ インソリューションを紹介する。  メイン展示では、i³-Mechatronicsを具現化した生産  IO-Linkコミュニティジャパンは、製造現場に多数稼 るIoTキットを紹介する。 ■シナノケンシ(ブース:53-24) セルを展示し、データをリアルタイムで分析し、生産現 動しているセンサーや表示灯、そして小型モーター用ド  CONEXIOBlackBear(コネク  シナノケンシは、「自動化」「省人化」のキーワード 場へフィードバックするOTとITの連携の実現の様子を ライバの見える化を実現する通信技術であるIO-Linkに シオブラックベア)は、日本・ア を軸に、多様な製品を展示する。製造現場向けの電動3 見ることができる。このほか検査品質の安定化・省人化 ついて、LIVEデモと対応製品を多数展示する。 メリカ・カナダ・EU加盟27か国・ASEAN8か国、計46 爪ロボットハンドや自動搬送ロボットAMR、コントロ 支援、ワークありきでコトをなす次世代ロボットシステ  IO-Link対応のカラーセンサ、光電センサ、バルブア か国で認証を取得し、これまでの「海外拠点で使えな ーラ内蔵デルタロボットなど、各種製品の展示、デモン ム、工場DXのプロによる工場診断サービスなどを出品 クチュエータ、表示灯、コントローラ、HMIを使い、 い」という課題をクリア、車載利用に適した堅牢性とイ ストレーションを予定。 する。 直径12㍉㍍のカラーボールを転がし色を判別→行き先経 ンターフェースを装備し、AIやエッジ処理に適したス  また、カワダロボティクスのヒト型協働ロボット ■三菱電機(ブース:58-50) 路を決定するカラーボールの識別デモ、IO-Linkデバイ ペックを備えたエッジコンピューティング・ゲートウェ 「NEXTAGE Fillie」と、「電動3爪ロボットハンド  三菱電機は、「デジタルが現場を変える。ものづくり スの情報を産業イーサーネット経由でPLCへ伝達する イとなる。 ARH350A」、「AspinaAMR」がコラボ出展。現場に の未来が変わる。~Digital Manufacturing~」をテー 主要な産業用イーサーネットとの動作デモ、メンバー各 ■オムロンソフトウェア(ブース:62-55) おける部品の搬送や配膳作業の自動化をイメージしてい マとし、多数の最先端FAソリューション・最新のFA機 社の約60種類IO-Link対応製品と開発ソリューションを  オムロンソフトウェアは、オムロンの工場で培った生 ただけるデモンストレーションを実施する。 器・ソフトウエアを出展し、未来のものづくりを提案す 展示する。 産現場でのデジタル活用の知見をベースに、製造現場と ■ファナック(ブース:53-1) る。 ■PicoCELA(ブース:60-80) 管理・経営をデータでつなぐことで、工場の新たな価値  ファナックは、協働ロボットCRXを中心に展示する。  設計・立上げ  PicoCELAは、スマートファクトリーに不可欠な、安 を創造する各種ソリューションを提案する。進捗管理、 CRXは、初めてでも簡単に使え、安全性と信頼性を兼 工数を削減でき 定したWi-Fi環境とエッジコンピューティングを実現す 品質管理、設備管理、運営管理をサポートする ね備えた協働ロボット。ブースでは、協働ロボットの体 る3D「MELSO るメッシュWi-Fi技術を紹介する。 「LightMES」や設備稼働管理システムなど「データ収 験展示に加え、実際の活用例の紹介も行う。特に、30㌔ FT Gemini」、  屋内外を問わず、LANケーブルを減らし、高速・ス 集・分析による業務の最適化」「デジタル活用による自 ㌘も運べて、さらに人の手でアームを簡単に動かせる 製造のあらゆる ムーズ・安定・連続な無線ネットワークを構築するメッ 動化・省力化」のソリューションを通じて現場起点の CRX-25iAが注目製品。他にもシステム設計支援ツール 現場を見える化 シュWi-Fiソリューションを提供し、独自の無線多段中 DXをサポートする。 や診断機能、「止まらない工場」を目指す弊社のサービ する「SCADA 継テクノロジーを搭載したケーブルレス&無線多段ホッ ■Edgecrossコンソーシアム(ブース:62-34) スなど、多彩な展示を行う予定。 ソフトウエア プ技術応用製品・ソリューションの販売、自社開発クラ  Edgecrossコンソーシアムは、会員企業様の製品・ソ ■ユニバーサルロボット(ブース:53-16) GENESIS64」、AIによる現場のデータ分析・診断する ウド管理システムでの人流解析、人数カウント等ビック リューションを組み合わせたデモシステムを構築し、  ユニバーサルロボットは、パレタイジング、マシンテ データサイエンスツール「MELSOFT MaiLab」、運 データの収集・解析を行うことができる。 Edgecross活用によるカーボンニュートラルソリューシ ンディング、組立、溶接、バラ積みピッキングなど、 用・保守段階でのAIによる生産ラインのトラブル解決 ■サトーパーツ(ブース:61-72) ョンを提案する。カーボンニュートラル実現に向け、生 URロボットが活用されている代表的なアプリケーショ するAI搭載映像分析ツール「GX VideoViewer  サトーパーツは、今のまま 産性向上による無駄なエネルギー削減の手法を提案す ンをデモ展示。20㌔㌘可搬の新製品UR20も公開する予 Pro」、ロボットサービスオプションでお得な安定稼働 でも問題はないけれど、解決 る。 定。 を実現する「iQ Care MELFA Support」などを紹介 したら嬉しい! 現場でのち  UR20は、1750㍉ する。 ょっとしたお困りごとを解決 ロボデックス ㍍のリーチと20㌔㌘  また1月26日12時半から西ホールでセミナーを実施す するための電気部品を提案す の可搬重量を持ち、 る。「デジタルと循環するものづくり、三菱電機のDX る。展示会限定のサンプルも ■FUJI(ブース:52-53) これまで以上に多く とその実践」として三菱電機名古屋製作所ソフトウエア 用意している。  FUJIは、【見える。はかど のタスクを処理し、 システム部長市岡裕嗣氏が講師となって講演する。  クリップの常識を変える る。楽になる。FUJIのロボッ より多くのアプリケ ■アズビル(ブース:60-66) 「C-100/C-100-H/C-100-Xシリーズ」、結線時に専用の ト】をテーマに、組み立て作 ーションに適合し、  アズビルは「The New Common and Beyond-持続 工具は不要でカンタン結線可能なコネクター「SL- 業の自動化を実現する『SW- より多くの環境で使 可能な社会のために-」をテーマに、同社が提案する製 4000/4500シリーズ」、結線時に専用の工具は不要! カ BA』、生産工程の自動化に 用することができ 造DXコンセプト〝人の新たなパートナー・ものづくり ンタン結線可能な中継用端子台「ML-7000シリーズ」な 最適な『小型多関節ロボット る。URの特徴であ 自律化システム〟を紹介し体験を提供する。自律型生産 どを出品する。 RXシリーズ』、大気圧プラ る汎用性、使いやす 管理システム、自律型品質管理システム、自律型設備管 ■菱電商事(ブース:63-16) ズマユニットTough Plasma さ、小さな設置面積を取り入れながら、新たな高みへと 理システム、オンライン異常予兆検知システムBiG  菱電商事は、「ヒト×技術のRYODENがカタチにす と6軸垂直多関節ロボットを 性能を引き上げるように設計されている。 EYESを提案する。 るサステナブルな社会」をコンセプトに、テーマは「環 連携した『プラズマ照射装置』、ロボットSIerを支援す ■エヌアイシ・オートテック(ブース:54-30)  また26日12時から展示会場内特設会場で技術セミナー 境・脱炭素・省エネ」「自動化・省人化」「AI・DX」 るDXソリューション『e-Sys』を紹介する。  エヌアイシ・オートテックは、アルミ構造材として利 「アズビルが提案する製造DXコンセプト「頼れる仮想 とし、省人省力のロボットをはじめ、データ活用ソリュ  またメイン展示では、はんだ槽前後工程の自動化ライ 用されるアルファフレームおよび各種工場の自動化装 パートナー〝ものづくり自律化システム〟」を実施す ーションなどの付加価値システムで製造業の課題解決を ンとして、実装基板にコネクタなどのリード付き部品を 置、クリーンブース、ロボット架台等の開発・設計・製 る。 提案する。 挿入する手挿入作業をSW-BAによる自動化に加え、は 造・販売を行っている。ブースでは、ロボットを搭載す ■ヘルツ電子(ブース:61-56)  併設の「国際カーエレクトロニクス技術展(カーエレ んだ槽前後工程において、キャリアへの基板着脱作業を るだけの標準ロボット架台、独自のSI技術を組み込ん  ヘルツ電子は、高い品質が求められる生産工程におけ JAPAN)」(ブース東ホール42-42)にも出展し、テー RXシリーズのスカラロボットを用いて自動化。コネク だロボット制御架台の内部を公開。単にカタチにする る作業者のミスの防止(ポカヨケ)を支援するIoTツー マは「安全・安心」「電動化」「開発環境」として最適 タ挿入からキャリアへの基板着脱、コネクタの浮き検査 『モノづくり』だけではなく、お客さまそれぞれの「新 ル群を出品する。「ネジ・ボルトの締結忘れ防止」「コ な半導体・デバイスに、技術ノウハウ・ソフトウエアを までの一連の工程が、人が介在せずに完了する様子をデ しい価値」をプラスした『次世代のモノづくり』を提案 ネクタの半篏合防止」等の製造現場におけるさまざまな 組み合わせて提案する。 モラインで見ることができる。 する。
Page5

(5)   2023年(令和5年)1月25日 ネプコンジャパン/FACTORY INNOVATION Week 2023 主要FA企業ブース・展示内容紹介 ■ヤマハ発動機(ブース:12-1) ュートラル工場」をコンセプトに、「モノづくり」と ■GUGEN(ブース:59-12) ネプコンジャパン  ヤマハ発動機は、「1 STOP SMART SOLUTION」 「エネルギー利用」の切り口からCO2排出量削減に貢献  GUGENは、「すべての人がすぐに使えるIoTを」を をコンセプトに、表面実装機(マウンター)、クリーム する技術と製品を展示する。 掲げ、製造業を中心とした産業用のIoTに特化したメー ■ジャパンユニックス(ブース:4-40) ハンダ印刷機、ディ  「モノづくり」では、クリーンエネルギーを有効に使 カ。FAエンジニアであれば、特別な知識不要ですぐに  ジャパンユニックスは、「見える化、その先へーヒト スペンサー・接着剤 うためのモノづくり基盤製品、工場の生産性向上に貢献 使えるIoT機器をハード、ソフト、クラウドすべて開発 ・モノ・社会につながるはんだ付自動化設備ー」をテー 塗布機、外観検査 する人協働ロボット、消費電力データの可視化を行うソ している。ブースでは、新商品FALCONNECT、つけ マとし、「見える」だけではなく、より量産現場に活用 機、フリップチップ フトウエアを紹介。「エネルギー利用」では、排出され るだけIoT PUSHLOGを展示する。 できる実践的なソリューション提案につなげていくこと &ハイブリッドプレ たCO2の回収、高効率な水素の製造および水素や都市ガ ■ifm efector(ブース:56-32) ができる設備・サービスを提案する。 ーサー、SMDスト スから発電を行う製品等を紹介する。  ifm efectorは、各工程のデータ収集/分析:ライフ  量産のプロセスコントロールとして、温度や条件など レージシステム、シ  水蒸気を電気分解することで水素製造を行うSOEC サイクル短縮、コストダウン、環境問題への取り組みな はんだ付プロセス、トレーサビリティの徹底を実現する ステム&ソフトウエ (Solid Oxide Electrolysis Cell)および都市ガスから どさまざまな課題において、各工程のデータ取得、分析 ことで、見える化・グラフ化・記録・録画を可能にし、 アなど、電子部品実 取り出した水素を燃料として発電を行うSOFC(Solid による最適化は必須となり、必要なデータはアプリケー 保存データは情報が簡単に共有、連携し、カイゼン速度 装関連機器をフルラ Oxide Fuel Cell)は今回が初出展となる。 ションや規模により異なるなか、同社のmoneoは必要 UPを可能にする。 インアップで展開し ■マクニカ(ブース:59-36) な分だけ活用し、いつでも簡単にデータ量を変更が可 ている。  マクニカは、工場の脱炭素化や省エネの取り組みが思 能。幅広い製品ポートフォリオと組み合わせ、新たな顧  ブースでは、最新SMT製品のフルラインアップ展 うように進んでいない、CO2排出量・エネルギーの見え 客価値、競争力の高い企業になるための課題解決をサポ 示、プレミアム高効率モジュラー「YRM20」、3Dハイ る化、照明・空調設備の老朽化や維持管理、コロナ対策 ートする。 ブリッド光学外観検査装置「YRi-V」、プレミアム印刷 などで課題を抱えている企業に対し、エネルギーマネジ 機「YSP10」などの展示に加え、ヤマハロボティクスホ メントシステムをはじめとした、工場・倉庫、その他施 スマート物流EXPO ールディングスとの合同出展により、半導体後工程から 設に最適な 電子部品実装工程のトータルソリューションを提案す ソリューシ ■愛知機械テクノシステム(ブース:72-52) る。 ョンで、お  愛知機械テクノシステムは、愛知機械工業のグループ ■福西電機(ブース:14-48) 客さまの施 会社として、自動車生産において培った独自の無人搬送  福西電機は、FAソリューションとして各種装置メー 設の脱炭素 車(AGV)の技術により、お客さまの構内搬送の無人 カ―に対してコントローラ、ネットワーク、ビジョン 化・省エネ 化・合理化を提案している。 ・AI関連製品ならびにシステムを提案する。コントロー をサポート  Carry Bee(キャリ  消費電力の見える化では、CO2排出量は全体加熱に比 ラはインテル、ARM CPU搭 する。 ビー)とは、豊富な自 べ局所加熱の方が削減でき、必要な時だけ加熱するレー 載の産業用コントローラ、ネッ  ブースでは、エネルギーマネジメントシステムや 動車生産技術のノウハ ザや大型設備に比べヒータ消費電力が低いこてロボット トワークはフィールドバスシス LED除菌照明、省エネ製品など、工場・倉庫、その他 ウにより開発された無 を使用することで近年話題になるCO2排出量削減目標達 テム、非接触通信機器、ビジョ 施設に最適な、施設の脱炭素化・省エネに役立つソリュ 人搬送システム。工程 成に貢献するソリューションを紹介する。 ン・AIはスマートカメラ+AIソ ーションを紹介する。 間の搬送、生産ライン ■CKD(ブース:13-1) フトなどにフォーカスして展示 ■パナソニックエレクトリックワークス社(ブース: ヘの部品供給、AGV上  CKDは、産業 している。主な取り扱いブラン 57-20) で組立てなどさまざま 分野のものづくり ドは、アドバンテック、アット  パナソニックエレクトリックワークス社は、同社の燃 なシーンで生産工程の を支える空気圧機 マークテクノ、フエニックス・コンタクト、ワイドミュ 料電池工場では系統電源に依存しないRE100化を目指し 合理化を実現すること 器、流動制御機 ラー、マイクロ・テクニカ、SOINN、シュメアザール。 「純水素型燃料電池を活用したRE100ソリューション」 が可能。ブースでは、 器、半導体用ファ ■TE Connectivity(ブース:3-8) の実証を開始しており、ブースではそこでのシステム仕 物流センター向けAGVとなるかご台車搬送AGV・6輪 インシステム機  TE Connectivityは、はんだレス接続を実現するプ 様、水素利活用の利点、実証データの分析結果を基にグ カートに潜り込む超極細AGV・3D LiDAで屋外走行 器、省力機器等の レスフィットピン挿入機P360を展示する。カーエレク リーンファクトリーの展開について紹介する。 するAGV・ビジュアルSLAM AGVなどを展示する。 機器商品から包装 トロニクスの進化により、車載基板への要求も変化して ■鍋屋バイテック(ブース:56-11) ■アルプスアルパイン(ブース:73-52) 機械、産業機械、 おります。用途が拡大しているプレスフィットにおい  鍋屋バイテ  アルプスアルパインは、運送状況可視化サービスをは 照明機械等の自動 て、プレスフィットピン挿入機P360はリール形状のプ ックは、伝動 じめ、物流向けに5G通信端末、高精度測位システムを 機械装置まで製造 レスフィットピンに対応した5ピン/秒の高速生産を実現 ・制御・位置 紹介する。 販売する自動機総 している。 決め・ハンド  5G通信端末は、車載向けに開発した高い信頼性を誇 合メーカー。 ■オムロン(ブース:13-1) リングのため る5Gモジュールを、新市場として期待されるローカル  携帯電話や車載部品などのプリント基板実装工程でク  オムロンは、高精度検査による「見過ぎ見逃しゼ の機械要素部 5G向けに搭載した端末として提案する。長寿命・耐熱 リームはんだの体積と高さの管理が重要視されるなか、 ロ」、定量検査とAIによる「プログラミング工数/スキ 品の開発・製 ・耐湿・耐振など環境耐性に優れ、高い堅牢性で、屋外 同社のはんだ印刷検査機は独自の三次元検査技術によ ル最小化」、品質&製造データを活用した「良品スルー 造・販売、鋳 での使用やセンサ連携をすることで、限定エリア内にお り、業界トップレベルの高精度、高速化を実現してい プット最大化」により「良品モノづくり」の実現に注力 物ソリューシ いて5Gの特長である低遅延・同時多接続・高速通信を る。ブースではリフロー後検査国内シェアトップのオム し、はんだ印刷検査トップメーカーCKDとコラボし、 ョンを行って 生かしたさまざまなデータ伝送を可能とする。 ロンとのコラボレーションにより、新たな価値を提案す 新たな価値を届ける。 いる。  物流資材監視ソリューションは、パレットなどの物流 る。 ■アズビル太信(ブース:9-18)  ブースでは、エアレスで使えるロボットツールとして 資材が返却されず停滞する工程の改善や物流資材のモノ ■ライオンパワー(ブース:9-37)  アズビル太信は、国内でEMS事業(電子基板・精密 「電動ロボットハンド(グリッパ)」、「オートツール 余り・モノ不足の解決を目的としたソリューション。耐  ライオンパワーは、2001年には自社製品の全自動電線 機器の開発設計/基板実装/組立・配線/検査)を展開 チェンジャ」、電力の使い過ぎを防ぐデマンド監視シス 環境性と測位精度を両立した長寿命トラッキングデバイ 加工機の製造・販売を開始。制御盤製造用の全自動電線 し、ブースではそれらの具体的内容を紹介する。産業向 テム、取手に便利な機能(スイッチ、LED、空気圧バ スをパレットやカゴ台車、段積みケグに取り付けるだけ 加工機最高スペックのHI-3000は、15秒/本のサイクルタ け/コンシューマー向け問わず幅広い分野の製品製造に ルブ)がついた「機能つき取っ手」などを展示する。 で位置や動きを可視化することができ、入出庫後の物流 イムで、マーカーチューブの印字・挿入、端子圧着を行 携わっており、開発設計/製造技術ともに多岐に渡るノ ■東芝三菱電機産業システム(ブース:58-20) でも資材の動きを正確に追跡可能となっている。 う。電線・測長・端子の選択を自動で行い、1本ごとに ウハウを持つ。部材の自社調達可(支給も可)。基板コ  東芝三菱電機産業システム(TMEIC)は、製造業プ ■EXOTEC NIHON(ブース:70-22) あらゆる組み合わせの加工が可能。収納は移動式ラック ーティングやポッティング対応可。BGA部品/多層基板 ラント向けを主体とした産業システム・電機品の販売、  EXOTEC NIHONの自動ピッキングソリューション のクシ1本ずつ指定して収納(配線順等に収納)・配線 (高密度基板)の実装実績有。 エンジニアリングおよび工事・サービスならびに製造業 「Skypod」は、最先端のロボット工学の柔軟性と、最 作業を考えた仕様となっており、多くの制御盤製造業者 向け監視制御システム、パワーエレクトロニクス機器お 高性能の従来型オートメーション技術を独自に組み合わ から高評価を得ている。デモ機も展示する。 グリーンファクトリーEXPO よび回転機(大容量モータ等)の開発・製造を事業とする。 せ、3次元立体走行型可能な柔軟性に優れた自動搬送ロ  ブースでは、脱炭素・サステナブル工場の実現に向け ボットが注文品を保管棚(ラック)まで取りに行き、オ ■デンソー(ブース:57-12) て、大容量スーパープレミアム効率(IE4)モータ、二 ペレーターのいるステーションまで搬送するGTP  デンソーは、工場から排出されるCO2の回収・再利用 流体加湿器をはじめとするカーボンニュートラルへの取 (Goods to person)方式の倉庫内保管・注文処理シス に加え、水素や合成メタンなどのカーボンニュートラル り組みの紹介と、回転機診断システム、製造管理システ テムで、倉庫の自動化・効率化を実現する。小売業をは 燃料の生成・貯蔵・活用およびそれらを使用した低炭素 ム等、製造現場のデジタル化に貢献するさまざまなDX じめさまざまな業種に対応する自動ピッキンググソリュ な電力供給を目的とした「デンソーが目指すカーボンニ ソリューションを提案する。 ーションとなる。
Page6

2023年(令和5年)1月25日   (6) に中間処理施設の新設を行う。 増加に確実に対応する体制を整えていく。  増築面積は332平方㍍(増築後合計面積3158.7平方 ■お多福グループのナカガワ、長崎県大村市に本社と 工場新設・増設情報 1月第4週 ㍍)の鉄骨造。着工は2023年2月、竣工は2024年3 天かす製造の新工場 月。投資総額は2.2億円。  オタフクソースを製造・販売するお多福グループの  中間処理施設は、着工2023年7月、竣工2024年3月 オタフクホールディングスとナカガワ、佐々木商店 【国内】 ■環境のミカタ、静岡県焼津市の工場増改築 の予定。総投資額約6.7億円。 は、ナカガワの本社・新工場の用地として、⻑崎県大 ■日東工業、福島県郡山市に物流センター開設  環境のミカタは、静岡県焼津市利右衛門字天王 ■皆藤製作所、長崎市田中町に電池・バッテリ製造用 村市雄ヶ原町1723-3第2大村ハイテクパーク 区画3 1049-1のアースプロテクションセンター第三工場を 装置の新工場に向け用地取得 の土地を取得した。 増築し、さらに増築後にプラスチックの固形燃料化リ  電池・バッテリ製造向け巻取機メーカーの皆藤製作  新工場は、ナカガワの本社兼⻑崎工場となり、天か サイクルを行う中間処理施設を建設する。 所は、⻑崎市⽥中町での⻑崎工場(⻑崎市⽥中町企業 す(あげ玉)の製造・販売と、青のりや山芋パウダ  同社グル ⽴地用地 区画1)の新設に向け工場用地を取得した。 ー、紅しょうがなどの食品パッケージを担う。事業開 ープは静岡 取得面積は2万2409.12平方㍍。開設は2024年10月を 始は2025年4月を予定。土地面積は4万1839平方㍍。 県 を 中 心 予定している。 【海外】 に、廃棄物 ■新明和工業、小野工場(兵庫県小野市)に大型水中 ■マキタ、タイの工場棟を増設  日東工業は、4月に福島県郡山市に「郡山物流セン 収集運搬・ ポンプ運転検査設備を新設  マキタは、 ター」(福島県郡山市字外河原)を開設する。倉庫面積 処分事業、  新明和工業は、流体製品の生産拠点である小野工場 タイ工場内に は約1万平方㍍。 リサイクル (兵庫県小野市匠台14番地)の敷地内に大型水中ポ 建設されてい  北関東と新潟、東北地区への安定供給に対応するも 事業、行政 ンプの運転検査用設備を新設する。2024年6月の運用 た新棟の増設 ので、物流戦略の根幹となる「翌日配送システム(ワ 受託事業(環境コーディネート事業)を主な業務とし 開始を予定。 が竣工した。 ンデイデリバリー)」の安定的な継続を目指す。同セ て事業を展開している。高まるリサイクル意識によっ  今回の設備投資は、雨水排水分野向け製品のライン  同社は世界 ンターは、物流業務の全てを3PL国内最大手の日⽴物 てプラスチック廃棄物の増加は課題となっている。今 アップを拡充するための大型(大口径)水中ポンプの 8カ国に工場 流グループにアウトソーシングする。 回その需要に応えるため既存工場増改築及び同工場内 運転検査設備となり、検査対応能力はポンプ吐出し量 を構え、生産 250㎥/minまで可能。設備の容量・面積は水槽容量2400 台数の約9割 ⽴方㍍、屋根面積1000平方㍍。投資金額は8.5億円。 を海外工場で ■イリソ電子工業、岩手県花巻市に金型新工場建設 生産している。世界的にニーズの拡大が見込まれてい シマタケの  イリソ電子工業は、岩手県土地開発公社と金型新工 る充電製品の供給量のキャパシティアップと、今後の 現役生産技 術 場建設用地として花巻第二工業団地内の土地売買契約 需要に対してスピーディに製品の製造・供給を行うた を締結した。 めに生産能力の増強を行った。  新工場は、今後のxEV向け車載機器を中心とした ■富士フイルム、韓国平澤市に先端導体材料の工場を コネクタ需要の拡大を見据え、円滑な量産⽴ち上げを 新設 図ることを目的として、岩手県花巻市北湯口第18地  富士フイルムは、電子材料事業の拡大に向け韓国・ 割14番42に金型新工場を建設する。 平澤市に先端半導体材料の工場を新設する。 出張版 ①  敷地面積約1万6595平方㍍。延床面積約1800平方  半導体材料の韓国現地法人であるFUJIFILM ㍍。投資資金約10億円。操業開始は2023年末を予定 Electronic Materials KoreaCo., Ltd.が、韓国平澤 れ理 が1応購サ定 常品 すはま  している。 (ピョンテック)市にイメージセンサー用カラーフィ て由ネあ年し入イし別にがこ。納がさ ろ来 にー報グ ガ   いやッり近てしトたメ困手の 期今て し事日なシをと普ー某皆 ■博多久松、福岡県田川市に食品製造工場を新設 ルター材料を生産する新工場を建設する。新工場には ま原トまくいたやりーっに1 Y段と製さ 最先端の製造設備や品質評価機器を導入し、高品質・ す因やす待まりフ、カて入年 問一、 くや々りョ発   博 多 久 松 いらほ 題番F お感、まン信oはし造ま がに新。っすしリオー 困A u「てメ、 高性能な製品を生産。顧客に近い⽴地を生かして迅速 、つ聞 てがてマーのまずど だ 願じ生し新し は、福岡県⽥ っ関 いた産た聞てT電活ーは 川市大字伊⽥ 供給を図り、顧客満足度の向上と韓国での需要増に対 現いで い、何サク製す、必 とて連 u気動カじ 。私要 思 しこ技。にい 場て色 るそとイシ品 いの まと術 てるbエしーめ の白鳥工業団 応していく。同社はイメージセンサー用カラーフィル の言々 製れかトョを もな いる皆 すをと 不のeンてのま 地に、ふるさ ター材料として80%以上の世界シェアを持ってお 人わと 品で対でン選 非製 まのさ 。紹し 定ででジい生し 介て 期すFニる産て と納税地場産 り、今後、可視光領域にとどまらず、広範囲な波⻑領 増に稼み 実り期すい「 うるか事間 し現 でがAアシ技。 品製造、おせ 域をターゲットとした製品開発を目指す。 設な働るた感、よがる徐メかの、はか て場 コ、技のマ術 でっでとだがまり、」々ー。かい「ら いで ラ今術ツタ担 ち・OEM製  2024年春に新工場を稼働開始し、イメージセンサ 生て過、、あだ 実とにカ 」つ す き働 ム回をボケ当 造販売向けの ー用カラーフィルター材料の現地生産を開始する。 産い去メ新り改遅際言改ー で頃いれ まく 連か中」と兼 納 増た最ー聞ま善れにっ善や はかつば すな 載ら心と申製 食品製造工場 ■萩原工業、アメリカ・テキサス州に包装資材の新工 強り大カ等せさるはてさ商 なら手一 のか すオといし造 場。現地生産を開始 し、のーでんれこ予おれ社 い改に番 を新設する。 でで るーしうま業 期 てラ生も調。てと定らての で善入の 、の こトたブすブ 新工場では、  萩原工業は、アメリカ・テキサス州マッカレンに子 いイ産フべ いものれき人 しさる関 よ出 とメ情ロ。ロ 問 たン量ルて るあ納まては ょれの心 食品開発・製 会社を設⽴し、現地で包装資材の製造を開始する。 造に加え、テ  新工場では、北米の小売業界で果物や野菜の包装資 題 情報がもっと欲しい ストキッチン付きの撮影スタジオを併設し無駄のない 材として使用されているメルタックの需要拡大への対 高効率な商品開発体制を構築する。2024年4月竣工予 応、海上輸送の混乱や輸送期間の⻑期化というリスク メ 定。 の回避を目的として、消費地であるアメリカでメルタ ■佐藤商事、神奈川県厚木市に新工場建設 ックを現地生産する。投資金額は10億円。稼働2024 ー かは かんて けすを といどで○はをはます まえとがも てり ら、ぜ。ないいまる見ました、、○何す、するますよ予市うこきす  佐藤商事は、神奈川県厚木市(森の里土地区画整理 年11月の予定。 カ こ「ひ 対てませそてたてだ細あ個番る漠がまだ。う測場少うまる 事業内)に24億円を投じて土地を取得し、グループ ■山洋電気、フランスのステッピングモータの組立工 れこメ 策、どんのも、うけか 然、で納 とが くれー をそん。手あホれるなと生 目の にしいすと ー とメに期 いつ出我う。い 会社の冨士自動車興業の厚木工場を新設する。 らをカ 取れな のまーしと情2産ので 場を拡大 しー時の うき  新工場の土地面積は5766.6平方㍍。建物面積は  山洋電気のグループ会社でフランスに拠点を置く いやー っに状 情りムい、報かし 待は て慢話 う てカ間問 気、くすを 話 へ にっや て対況 報納ペでユを月て ちな でく納ーが題 にそるれ聞 も 3241.4平方㍍。2023年1月の着工、2024年2月の竣工 SANYO DENKI EUROPE S.A.は、フランス・ はて商 いしに は期ーすー出でい、、期やかが もれだばく 聞 を予定。 Goussainville市のステッピングモータの組⽴工場を の こい社 るてな 見にジねザしする月現回商か解 なにろ製と こ うるに のどっ か関等。ーてなのに在答社り決 り備う品、 え ■トリケミカル研究所、山梨県南アルプス市に半導体 拡大し、同時に本社をVillepinte市から同工場内に移 要 材料の新工場 転する。営業拠点と組⽴工場を併設することでヨーロ の間か すたな 上違らも。目る  トリケミカル研究所は、山梨県上野原市上野原 ッパ市場への製品供給リードタイムを短縮し、カスタ 望    と  ル資危ラ事事第の気 でっなち 安」 8154-217に半導体用材料の新工場を建設する。同工 マイズ製品にも柔軟に供給できる体制とする。 「ケ格険ー担士3生エ すたいろ をと 。りしん 教い 場は半導体需要増への対応と、半導体の微細化に伴う   工場の延床面積は1966平方㍍。うちオフィスが788 電アを物技任、種産ン 気心取取士者機電技ジ す、先 えう 新規材料の生産拠点となる。敷地面積は約3万平方 平方㍍、工場が1178平方㍍。ヨーロッパでの営業拠点 エ理得扱、(械気術ニ る変の て背 で のわこ 欲景 ㍍。2024年に竣工し、2025年前半の操業開始を予定 とステッピングモータの組み⽴てを行い、組⽴能力は ン士。者消現保主担ア 情ジ、心(防D全任当。 はっと しを している。 年間7万5000台。稼働開始2023年6月を予定している。 報ニ行を 理乙設D技技。現 承たは い含 ア動 知り分 でめ ■野村乳業、広島県三原市に食品工場新設 ■ダイフク、インドテランガナ州に新工場を建設 発 学4備第能術エ在 信の 心を)士1士者ネは  野村乳業、広島県臨空産業団地(広島県三原市)に  ダイフクは、インドのテランガナ州ハイデラバード 中ツ 理勉な(種電、ル某でて  ー【 い品 とぜ  ボ士 。さそ幸ひ大 プラントベース専門の食品工場「マイ・フローラ プ にある一般製造業・流通業向けシステムの製造子会社 強ど乙)機第ギ製15 会共ル著 」も 多6、系2ー造年社働】取中 者 れれい検変 ラント」を建設する。 であるVega Conveyors and Automation Private で得で数、22種管メ間員きシプ てにで討だ いしすしと  「マイ・フローラ プラント」は、2023年1月に着工 Limitedに、新工場を建設する。 ブ。メの7級級電理ー働。のマロ ロ ン国)ボ、気士カく工子タフ たて。て思 し、2023年8月の操業開始を予定。同社主力商品であ  第一期で約20億インドルピーの投資を計画してお グ タ家、イ工工、ー電場育ケィ 頃も いい がす たま る乳酸菌飲料「マイ・フローラ」は、腸活(プロバイ り、今後、更なる拡充も計画。2024年の工場完成後は、 懐ぐ だす オティクス)やプラントベースへの消費者の関心の高 自動倉庫はじめ、高速搬送台車、コンベヤ、ソーター かに けが し納 る、 まりを背景に今後一層の成⻑が見込まれるため、需要 などを生産し、生産能力は現在の4倍になる見込み。 Youtube https://shimatake-web.com/ https://www.youtube.com/c/ JapaneseElectricalEngineer