1/6ページ

このカタログをダウンロードして
すべてを見る

ダウンロード(9.8Mb)

2022年8月3日発行のFA・自動化の専門メディア「オートメーション新聞」PDF版です。

その他

アズビル京都に調節弁の流量試験設備を新設、テクノフレックス 千葉県船橋市の千葉工場を拡張、 パナソニック エナジー 米国カンザス州に車載用リチウムイオン電池工場を新設、など掲載

2022年8月3日発行のFA・自動化の専門メディア「オートメーション新聞」PDF版です。
2022年5月度 配電盤・分電盤・制御盤生産実績、日本航空電子工業 高速光通信市場に向けた50Gbps PAM4 光通信モジュールを試作開発、コネクシオ 冷温庫の遠隔監視用IoTソリューション発売、ミネベアミツミ M&Aでコネクタ事業強化へ、などFA・自動化の最新ニュースを紹介。

このカタログについて

ドキュメント名 2022年8月3日発行のFA・自動化の専門メディア「オートメーション新聞」PDF版です。
ドキュメント種別 その他
ファイルサイズ 9.8Mb
取り扱い企業 オートメーション新聞社 (この企業の取り扱いカタログ一覧)

この企業の関連カタログ

オートメーション新聞_2021年2月17日号
その他

オートメーション新聞社

産業用ロボットナビ Vol2 ダイジェスト版
ホワイトペーパー

オートメーション新聞社

産業用ロボットナビ Vol.1 ダイジェスト版
ホワイトペーパー

オートメーション新聞社

このカタログの内容

Page1

2022年(令和4年) 8 3 第298号(水曜日発行) Automation News 発行所:©ものづくり.jp株式会社 〒231-0062 神奈川県横浜市中区桜木町1-101-1 クロスゲート7階 TEL:050-3503-9311 F億円円高リ がウ業てを安ク売円減万%7比算3  A円で、はテイ響ン利は奏のダ上のの円減億0は月三 シ減前営1ィンいの益過し影ウ高増3、の円・、期菱 ス少年業%セダた影は去て響ンは収3純3、営1売第電 部 2 JARA「2022年1―3月産業用ロボット統計」 テと同利増グス格響、最第とが中減4利3 %上1機 ムな期益のメト好と上高1価あ国益億益9業増高四の 材 0 おので新額減ーボる  生 事っかは3ンリと部海を四格っ・と9が億利のが半2 り勢、しは、スッと日 業たら26トーな材ロ記半改た上な2 45 6益1前期0 調 2 、い国た四生)ト、本 の。124の・っ調ッ録期定が海っ0・5は兆年連2 今の内。半産はの2ロ 売う174売モた達ク。とが、ロた080・59 6同結3 達 3 年 後弱自順期額、受0ボ 上ち9億億上ビ。難ダ営し功円ッ。万%007期決年 にま動 のが受注2ッ 注り車調数5注・2ト 産 B 減は減円2は3  分テ野品なで営年高 難 3 意な産に値・額生年工 )制収60の、・、月オ 野リやなっ、業同は がど業成と7が産4業中自 は御減・1営0売期ム でーリどた44 長 利期1 響 月 必ので し%前・―会 、機益51業%上第ロ 上 のなチの。億 か9 要懸のをて増年出6( 動 売器と%9利減高 益 1ン 海 設どウデ半円はら0 き 期 だ念伸続けはと同荷月J 国 額 上 高事 な減億益のは の 備のムジ導の 33 1 。点び 過な期実期A 業っの円は1前四半2 ダロ 投脱イタ体マ3億億 増 第 も悩て去っ比績のR 車 は た80、53 8年 0 ウッ 資炭オル・イ0円円 出みい最た3(産A市 6(。億純・4同期2 ンク を素ン関電ナ7減で 収 1 て、る高。・会業) 産 ・I 円利84期決3 影 中関バ連子ス億少、 四 き中一を生3員用に 2217 1A の益%億比算年 心連ッ分部と円。前 減 て国方更産%ベロよ 長 低生響・マ年業% 響 0業のは 向ンしに 益 半 場業 期 160億円設備投資 額の四い72数の半億は半の  引制調産が上イ同利減 億利4な通けのた、 は増半ず%5は減期円3期7受 く御に制大海ナ期益の 円益兆し期が影が国 、加期れ増18少以で・連万注 納機推約きロスかは1 し 、は7。見減響、内 三 決 2。かもの台・と来23続1台 億 期器移をくッとら10 減 純77売通少な上外 菱 算 0四ら22、1なの0%の8数伸 遅のし受、クな111 利%0上ししど海で 電 生産能力増強図る 2半702生%っ82減増6は 延需たけ4ダっ180 収 益増0高はたにロ需 2期四21産増た四0の加00 問要。た・ウた0億億 はの億は全。よッ要 機 年で半07額の。半年2、台・ 題拡 こ5ン。億円円 減 52円7体 りクが 第の期年億は6生期第4受で3 び円 に大 と月の中円で。 %7、%変 中ダ拡 SCREENホールディングス 1生連第円5万産ぶ22注7% 対と でと影国の前営 増0営増更 国ウ大 四産続3。・4台り四0額四増 四半期 ら委シしーる対力らし 益 増円%決2  るの 工 向に0すの社建ュるP半に市長ィ  10荷% 加期と1出増 な半 い託ッ、トた応の毎て オ の、増算3サ 先 。イ2 場滋上よ億るた3設ー「E導、場がンS 年億額増国。かも9荷の総っ期悩 、をプ複ナめ。強年は 13営のは年ン ン1 「賀さっ円。め社とブS事体滋の続グC 第円はの内 ら28額6出たを 消開契数 E供化10、 億業3、3ワ 5 S県せて。総ので、  3業製賀 くスR 2。39出 70億は万荷。超 費始約社ーM給を%2 ム 4利9売月テ ダ0 3彦る生今投設の国フ―)造県需半はE 四い・1荷 四2円53台 え 過 地しをとシS安進以0 ロ 1益1上期ク 行 ス億 ―根計産回資備生内ァ5の装彦要ッ ト 拡導、E 半ず04台 半0。・3数 てみ 生て結パプと定め上2 ン 0は億高第ノ 手 リ円 5事画能の額投産グイ(新置根大体長N 期れ%6数 期年こ24は 過 産いんー 戦性るの0 0 37 8は1ス ーと 」業。力設は資能ルブエ工事事 製期ホ かも増台は 連第れ%36 去 をるでトを略をこ供年 万・0 16四の 加。生ナ拡的高と給度 円70・半2 配 ・し (所 を備約を力ー)ス場業業を造的ー ら2の、1 続3も増台・ 最 モて 滋の 20投1実増プ」・と(所背装なル 504総・ の四両の、1 高 去 速さ産ー大パめで能か 、%万8期0 捉 ビい 賀新 %資6施強会のキなSに景置成デ 四20出4 増半方2総% と懸 活加中度分業都下でて拠高にさ 行で動益億純 高リ 業㍍積53ロに産4や・力組機増の1県 期し装製さ連車なら281数半 用え旬の的停市ではい点め近せ わの車と3利 え はテ 開。は0階ー増開」、キ工み能強生)彦 か、用造が続製っ70%9は期 をてか稼な止封は、るでていて れ設、な4益 1ィ 始210建をし始と建ュ場立やに産は根 ら2な業続で造た四2増77連 ス、ら働生と鎖4上。並い場お 、備電っ0は 増 兆セ を0万平で実てか連設ー「て装向を、市 50ど向く前業。半0の台・続 最 タ4はに産なで月海ま行る所り 半投子た0 59 6グ 予2 方、現効ら結 ブS機置け担枚高 四2のけが年向国期年1、0の念 ー月稼回再り工はロた生。の、 導資部。万・ 1メ 定43㍍建す率出す中  3能・てい葉宮 半1好が、割け内連第7輸%増 トか働復開、場上ッ直産1生市 体が品半円8 収 0ン し年5 3、築る的荷る の 「ス―をユ部、式町 期年調半電れが向続39出増加 ・ 拡ら正しで5全海ク近をQ産場 な積等導の% 増 0ト て1 延面。なまこ リ3強ニ品生洗4 連第さ導子と2けの四8額の。 大E常、40月体工ダの開で比・ ど極の体増増 億の い月4べ積鉄生でとSー(化ッ仕産浄8 続2が体・な四は増半億は5輸も高 しM化6%にが場ウ動始は率顧 部的市、収の 円売 るの平床は骨産従で3)エ。ト分能装0 で四持や電り半自加期円5万出 、S。月程部操はンきし4を客 材に場自増11 益 、上 。操方面4造フ来生―」ス主のけ力置― 前半続実機弱期動とか。・4台 00高この円は8し 進7産上 のは ど響の テサ 億億スの営 め搬置半二クCでる0県ー半ビCの 総 器 た公多ての住付め強ネ  が調 年 %億はの6、45。売通ん月を海 重、部がを供 円円テ見業 の入)導丁スR、。8上ビ導スR設ま工 に同。開通コ子鉱で、化クミ 増円15う3純・0上期で以日の 電半門追考給 クン と、ム通利 拡、の体目(E総22 3益ス体はE備た費 必社 買信ネ会テコ2にタネ の、・ち0利10 見い降本一 機導別い慮不 ノ 予営はし益 張据組製3富E工年―城を製、E投国は 要は い工ク社ッネ0向・ベ 住本 減だ輸を 少っ出上 したは回 9営5I億益%億高 るので部 器体で風し足 想業売では 整えみ造0山N費10 郡担造熊N資内80 な、 業タ化クク2けスアミミ た中、っ 0業%A円は増円は通11しと増実機 と関はとたに スワ し利上、1 備付立装0県 は月7益う装本 にグ億 中さ 付のメとをタ2てイミ 鉱 が国前た 0利増Bを2の、・はし産施種 電連、な先よ て益高う1 をけて置―高S5の)城新置エSつル円 核ま け普ーしミメ年Mッツツネ 多 、と年。 億益のは見・9営4 ても。の 機業電っ行る い18ち3 行を、(1岡P億竣を町棟のリPいー。 製ざ を通カ、ツー7&チミ ベ そ韓同 円は4、込63業%変い着さ並 品界機た手生 る33F0 う担検洗)市E円工建小(保アEてプ 品ま 開株ー合ミカ月A事はミアテ の国期 。18 8売む%0利増更る実ら行 、向部。配産 。50A億 。う査浄は本ワ。予設谷熊守でサ、3 でな 始式のわ電ー29を業、 ・3上。増億益のな。にに生 産け門 な影 00シ円 23た、装、郷ーS定す2本サのーS社 、機 しの本せ機の日進のココッ通 他向が のけ好 はF 幅の円%万比算3  伸コ のびーお機器向門(高品陽業 は23は23す反県4郡向槽要造ク 工年 京  グアリを絶 い続微地 需Aコな3、増円29は年本 電Oズよ械おけで23はの光機 5年15年る田い)山けな部装ォS費7 都ア 試ア 半クンコ対 ク信 にで増域 要・ネ増億純の、%、3多 びネ 子Aメび業よのは・78販関械 億10億9。22わと市、ど品置ーCは月 (ズ 験ズ 導セグアにネ 翳前。が 好民ク収3利3営増売月通 部機ン電界び電、0 売連業 円月円月郡―きい 郡の、(ツR55の 京ビ 体ス、事な り年中拡 調生タ増0益 億 待 設ビ と・事益0は億 業の上期信 本増ク 品器ト子向コ子半%9が業界 。の。予山4市わ 山生石洗でE億竣 都ル 、製②業く が割国大 4利54高第工 多収タ の関業機けネ部導増0増界向 竣い定工)勿き池台工産英浄はE円工 府は 備ル ⑤品モとなクを見れはし 円車業と02 益億は1業 安載(な万49は1前四の 通 販連界器のク品体) 加向け 工わで場を来工 場能ガ装、N。予 船、 を京 セ、ーしら えと2て 売業向、電タ、関。0しけお 、き、の拡町場1(力ラ置半  定 井ア ア ン④タ、な てな四ア に分通っ円2029年半2 信増事 工益業 が界けア子、電連電0、のよ 総工総竣張酒(―福向ス)導S で 郡ズ ズ新都 サアー①いタ きり半ジ よ野信たの%090同期0 業 増向おミ部産子業子万売電び 工場工工整井福15島上洗の体P 、 )ビ ビ設に ーナ、ベ事 て、期ア り)・。大増万90期決2 加けよュ品業機界部円上機太 費は費は備七島―県に浄主製E 総 にル ル 、ロ③ア業事Mい勢連は の14円上タ季た在調野準調分機続イ伸 ( 42上機生置P設導設動と5し 会  測量ア  たのしバ術工 今槍ソ⑦⑥ 伸る 10億、高ー節。庫。はのに野導しン長 高器活のD備体備車な0、 (日 販22 用試ズ 新。流たル開業 回」フ電コ業 長。 億円営はト要情政車S受伸は入、フ。 ・はの用販関お関お関っ0売 S本 無験ビ 設 量製ス発市 はとト源ネ を欧 円、業27。因報策載D注長生で光ラ通 1 %23販品売連よ連よ連た万上 E半 売年 響設ル し 試品タ、場 、位 、ク強& 続米 を純利%通もシも分ソがし産生コ投信 増億売業が業び業び業機。(円高 A導 高6 室備京 た 験特ンな向 そ置ウエ⑧タ化 け向 見利益増期あスあ野ケ継、拡産ネ資分 )3が界増界設界設界 は J体 )(都 試 設性ダらけ の付 無/ てけ 込益はの予りテっはッ続足大拡クの野 と2減向加向備向備向械13 2 )製 公月 ア むは25 2想スムて、 。元に大タ好は な0少けしけ機け機け部・ S 流の 験 備試ーび調 なけを線ス いは 。33%0はロ事伸顧ト民もよ。の調、 っ0しのた搬器の器の門68 は造 E表度 体空 設 を験ドに節 かて /イ る引 8 、装 騒気 備 新のにグ弁 のい「通ッ A 。き %増0、ー業長客が生高りF自が通 た万、設が送、生、生は%億 2置 A 音用 は 設た対ロの ⑥る8信チへ 続 増の億売スはしの好分水順A動継信 。円売備、装F産半産、自増)8 0協 J 計流 、 しめ応ー技 コ。本/、 き 目値と事しる業関た  6本ンビ区区リル器10  2自 っ4均置円の均置た造導2 う動aシのク価る設 要な合り流気4国 く通クけ機信る車のク水電フ にネ 指提で業たたへす新自0金ズリ))ュコ事月三 た6)の。2)の。装体2 。運sス協と試国備ま求らわ既量用―際 コ信タ、器イ。載製タコ気ィ住向ク す供、競販めのるた動人5」(テを、とーオ業1菱 。億は販日8は販日置製年 転―テ調し験際はたにずせ存試流2標 ネ、の車向ン本向造なネ機ッ鉱けタ 。や顧争売、取ソな運に)億大ィ新菱シーの日電 販動 6、売本4前売本の造6 ・Dムオて手規、新もグての験量―準 ク産製載 多け販どク器トテた/ 社客力体環りリモ転経円阪ー会和ョト販か機 社車 2 46高製5年額製販装月 自E「ー組順格I設対ロ、流設試3I タ業造用けフ通市売各タ用端ッ動ス 会へを制境組ュビ社 、ラ 課の強を変みーリ会営 、市ソ社(ンモ売らは従福リ「大(ー子、2 統機 0・(F億比(半売置度 OHトみをにEし応ー国量備験にE 事、販途 信場を種、各子クきイ 統 三 073P8 14 3導高との 動」aメ込制準Cたでバ内試。設準C 業車売向民向工を行コ車種等はとッ 題新化構化をシテを合業島ュメ阪東テ会自0 菱合器 万% D4・ 体をF日 計にrーみ御拠な流きル市験こ備拠6 を載をけ生け業強いネ載端の、なチ 解たす築に加ョィ見 員区ール市京ィ社動2 円減カ製01カ製公P本 測よmシ、ロすど量る市場設れとし0 展と行の機、はみ、ク用子電プるの 決なるし対速ンー据する約、シコ福都ブ、車2 電 との月造0%月造表D製 をるoョ同ジるに試。場の備に水た5 開幅いコ器F、と特タコ、子レ。強 を価こ、応す事にえ。3資ョモ島港ソメ機年 機 な2平装万増平装し製半 行自nン社ッ評よ験 のみとよ用空3 し広、ネ向A通すに等ネ防・ス 化 イアて ッミい 激しい生存競争のなか「変わらない・挑戦しない」でどう生き残るの? チツる 事ミ。 業のい だのをか日のをるのるあ理っ反に的違勝いたで内極のっタ数れど生でと解ず人か「メをだ とコず け意作、本か認こことる由て発と大うち。ちは市端激てイ々もにみ、しで、とら偉だ眺り 製ネれ で見っ変の?めとの抵。、いしら多何残こに、場なし心ンの証苦出やてき勇い強大▼め、 品クも はをてわ製人たは時抗いDる、わ数かっの待こも話いにだ研明労すは知な敢ういな最て行て人シは切は  ポタミ なぜいら造手こ、代すつX。無れのをて状ちの限か生響か究でしなりらいにの反精近いき残のン関り、偉 ー・ネ いひくな業不とジ、るの推D意、人すい況受まらも存いら成打たか新れの意は発神印る詰っ心プ係抜い人 トスベ だ聞のいの足とリ変勢時進X識理々るくを まれし競てこ果ちの、しるだ思、をを とまてにルなきまた ろいだ選競や同貧わ力も者がに由は必た打けるでるれ争くそを勝だ他いア」表過受持 象心っい突にくだ風 あーフ うてろ択争他じのるは何の遅足を過要め開未は日なのるの修っろの理イ。示去けつ に 残がたくき言、。に ち の るをォ 。みう肢力国。未こ存か苦れをつ去がにし 企本い真▼圧めてう研論ン相すのる人 沸時の刺い物し言 と生リ たかでがのそ来と在を労て引けのあは、来は業のがっ製倒てき。究やシ対る慣の々 っ たきにださ当事かえ 名 しみオ い?ど下発れをにすはのいってしる、新 と製、た造的きたし者考ュ性人習がは 立はろりてのしば言 て出を と うが展を享反るじ理る張変が。こしジそ造人だ業なた。かかえタ理々に常、のつ、う、て本、発と いせ補 思抵明っでど受発。め由とるわらしれいリこ業手中は説アこしら方イ論の盲だ平がの偉。時い質そ言さ るる完 う抗るて相うすししよは言存るみかま時貧での不に大得イの結のをンのこ目。凡こで人何代るをんのれ 。関し の勢いい対考る抵かうこわ在こやしで代し働環足あ変力ン言局反次の提とに平なれオのかをか捉な一る 係シ は力未く的えこ抗しとこれにと慣圧とでかく境でる革でシ葉は発々言唱をな凡人だス名悩超らえこ部も 性ナ 私側来なにるとす今すにるなに習倒はもな人下国。期もュはそなと葉者理らな々。ス言んえ、、とのの にジ
Page2

  2022年(令和4年)8月3日   (2) 析プ やのとPン  「計ロー 横 梱軽しiクA Tブ 防河 安川電機 リモートI/O A D   新 包量てcロB 形 ア製、kボB B L 化酸 約 プ品1eッは Sレー 炭素 電 製 リの・rト、 ケピ5」「パ  B 8 2ザガ 素、爆 機 品 ーッ㌔のFラ 0ス な一 シキ㌘新lレ 0分 ど酸 各90ョンま製eル パ 」 プ ・ ングで品xリ ラ にと精設 防8円売仕D形  仕ロ 種サ 加い度置T爆0かし様Lレ横 レ えうのコD仕台らた品Sー河 ー 1.5kgま 軽量製品特化 、特安スL様の。。を8ザ電 1 ー  で ル 一長定トS品販2価72ガ機 様 種 酸を性の8も売0格月0スは ブ ビ リ 化有と低2含を2は25 0分、 台 形 ピッキング・梱包 EC需要マッチ 炭し高さ0む計37日」析プ ス ン 素、信、0)画年7かの計ロ 品レ 通ラ ま酸頼測は。(度0ら防「ー で ク た素性定、 非1万発爆Tブ 濃をー リモートI/O「SLIO I/Oシリーズ」 がイ用仕ックボィ方換ッ毎開需ット =なに 不ン途分キラトン向、キ分発要ケ通同写る対 ロ  度炭安直べ触ンサ す直は ザ 最すきrOeTッリ  信 可のにけンンルグ転配ン90しのー販製真「応 ボ ま同素定接て媒テン測る接メ 度 ガ 大る、CFrRトー「 ズなし取  イ 欠ス対まグブハ、換置グピ、高ジの品=Iし た時あし測堅をナプ定こかタ 64たネAINOワズS 」リ、得安 なピ応で、ルン2、が、ッ1まン隆はをR、 、測るた定牢用ンリ方とつン 個めッTBeLー」L 約モ上に川 食ー。、供解ド次トで整ク㌔りグ盛、発Bク ッ サ定い酸でないスン式が高の ス ののトなUtIクはI 90ー位必電 ネ 品ド特さ給除リ梱ッき列の㌘にさにE売 ラ ト ンをは素、レた効グはで速濃 測開分 モバワどS/N(、O 種トコ要機 ン ・とにま、、ン包プ、方高の合れよCし3ス プ実メと欠ーセ率方、きに度 ジスー)、IKM各  類Iンとは 飲適生ざ小3グかロ商向速製わたる・た6最 リ現タ、損ザンが式一る同を 析 ュカクにEP、E種I を トな、 料応産ま包D、らー品ので品せ商、ネ。5速 ン。ン一のにサ良よ般。時1 定発計 ープに接t、EC通/ 7/Oロる工 ッ、性ラなのピス、デの転ピをて品パッ 」と グ の酸なよにくり的 測台 ルラ接続hPtH信O 月 ー各場 装 濃化いる比、メな 定で をは続でeRhAネシ 25「ラ種な ア と分替かち生タnk 機ト1要デョし30「ロ 途医 日Sか通ど しにえら上産ルソMま能ウ0やジン、コOボ小向薬 「とー関    るで0在換用置 ル を合で配使(ラ取 かLら信で ト て短時数げラツフaたをエ0要タコクンmッ型け品 Rなル節T ッロT がの0、がすの にま構わき線用マイり らI い縮間時まイイトs「提ア0件ルンラトn のに、 Mる型機H 、タ℃測容るな はた築せるをすスン付 販O 独ネの 立ッデ るすも間でンンウtA供、以を接トスロiトパ開消 R の構K 今イま定 こい 、、でてこ最るタ拡け 売 しトジ ッ 。る数にのへ技エeBすハ上満続ロ最ーCコラ発費 」回アには トボH 回プで可易とプ デIき柔と大こ/ 可 開Iたワタ こ時短時の術アrBるーのた、ー高ラoンレし財 を転ク適、 独 防をと能にでロ ジ/る軟か5とス張能 始/コール 対 と間縮間導を」  。ド追す将ルの」rトルたな 受モチしロ 自  K 爆販8な行、ー タO。なら系でレモで しOンクデ をか。を入使のTP ウ加た来とモをeロリ。ど 注ジュたボ え ジ 設関 仕売5温 設ブ ルモ シ、統、ー 、 シ ュ た パにー 可ら切数といデwi エソめの内ー搭 ーン の 開ュエモッ 様し0度る置形 入ジ ス用に1ブ し 。リク対タ プ 能数り日立、ジic アフの需蔵シ載Cラク 用 始ーージト 計節回 をて℃が。やを 出ュ テ途分つ)ーか ート応の 応 しルタュの 転 追いま6現交採 力ー ムに割のをルも 関をダ速関主ラた た 簡 モ ダxC な場加 でハク通は TクE小  シ壁 を そチロ( 節一、機節軸ーT同。 の」の防る面し 幅ブ。信、SSスT型内 リ掛 実さろャグ2 機体ブ、部受リH製 単機ジ 防、防爆。でた 広、ネ機熱KU「Tラ外 ーH 現らっネ入、 構化レモにとンK品 爆米爆適 使こ いHッ器対R」NSッ電 ズU でにてル出48 にしーーはしグ製は ュ 規国規合 用と 収Dト収策シをHUク機 SB き、い)力、 適たキタ欠、をの、 格、格規 でで 納Dワ納、リ発W」「( Eボ る省るモ(16 しロな、かロ回ク剛 ・ 「お「格 きよ に等ー用施ー売EとS大 Tッ スス。ジ2点 たボどエせボ転ロ性 ー FよIは るり 適かクの工ズしシ壁K阪 Tク クペ ュ、) アッのンなッ機スに 効構 MびE、 よ多 しら用小性Sたリ掛R市 S リー ー4や クト要コいト構ロ優 ル 率 (カCI うく たサ通型をE。ーHシ中 Uス「 ュス ル、ア チの素ー減ののーれ に UナEE にの サー信19考T ズUリ央 」N ー化 が8ナ イバ機㌅慮T SBー区 H  線くブでトこ回クュ 化 計 得やX欧S ズー器ラしS Eボズ) W スたュ設じに保状レ ま化、等配をと転ロエ は同を国」州、 をま、ッたU TッSは E がめー置や、守配ス サービス概念図 たが構の線負で機スー が適 、社進の。のC 可、ル・専組点線タ 制可造取ケ荷、構ロタ レのめ防今防a 能迅の配用み をー の ーにプー ョカをIきく  御能の ーで大のー。 レて爆後爆n 。速み線工立検採ミ 冷同シ「ルシRンイ、o、なコ 「 ド。簡りブきき主ラ剛 可 ー 回 ザーい規も指a 内外電機 収納ラック2種登場 な交後具てが容用ナ温ソョ冷ショeパゼ低T届くネ ラ 略 ル、な軸ー性 ザく格、令d メ換にが時 しル 設リン温リンaッン価をいてク イ 化しや中モ受リに 光ガ。の他「a ンが電不に易、や 備ュ」庫ーセdケの格活た シ バ /性チ空ーとン優 (ーをのズッyーたで用そ もオ 冷、 は 省もュ構メすグれ 能合 をス 認のA) テ可子要はな設階 照分 証地T」 能防口に能き移ー可け納築19通E 取スラ ナ能モで、よ置段 冷シ発遠」ト ジめ実しの は 本 配高ー造ンるをた 射析 取域E、 にぎ部広。、動ム能がにな㌅信シ壁りタイ ンなジ、ねうや形 蔵ョ売隔とらI「の現た日 簡、 しなはいケ左では。容適どラ機リ掛換ーン ンし監しくoSソでデか単I 温 直わ要 上こしで体 回 高ク方(波ガし てが、開ー開き、19易し、ッ器ーHえはア 張S出・スッリ  庫はた視てらTmリきジらにT 庫 動りなロさと、本と 転 速ト式T長ス、 いらク口ブきる25㌅なてネクやズU可別ッ 、S力出カプー「 、、。ソ、くソaュるタす設に モ、メボせでそ体は モ ににをD半濃そ る隙ッ部ルの ㍉パたいッ。ハSB能売プ アI、力プはズS保自 リ新シリrー現ルぐ置詳 ジ別カッて配れ 別 ジ 測設採L 度の 。間シを入ど。㍍ネめるト小ブEボ。りし ク 通、ラ、」L 温社 ュたンュtシ場化にでし の ュ途要トい置ぞを置 ュ 定置用S導を吸 のョ設出ち前ピル、。ワ規収Tッ のて セ、信ア、電のI ーア素のるのれコき ー すしし)体測光 なンけ線ら面ッマ一軽ー模納Tク キい サ位、ナデ源製O コネクシオ ルーが関。自独ンに ル るててとレ定度 いゴて用でド 置 遠 をムす節 由立パす 「 た直い呼ー チウ人量クL用Sス ャる リ カロジ、品  すを 通ムいにもアでンでで機AのU「 ス。 ー決ウグタ分ラI 自部べ部 度さクる R M め接るばザる検 線でる上設は2トも取器N壁」N タア なめン入ル配イ/ ュTサ をのや知化ー食力度庫 由品てに がせトこ R 、か。れ分可知 を埃。下置右段フ作りのの掛はH ージ ど、タ力入、ンO ボE、温拡遠ドに、シ品化チ、 隔 自や備必 向る化と 」 リつダる光変し 可を開面可開階レ業付収構型、W にャ 。拡、・力バアシ ー通ア度張隔ア加温ョメしェ冷 ド信プ監す監のえ度ンーたッ凍 Tジ  可手 を品しな計適搬で在 出の る置るア (続伝 技伝なメ多を光目る可調オ ルG「場拡  を、リ視る視開、異。カいク庫 監 」ュN 搬首 す選てるがし重、に す面ま。が上ル 1技送同術送りタ値進通しP能よン同をbPに大日 オ統ケのがへ閉電常温ー医、、 のーT る定あ。簡た量軸組 る積た 不にタ 秒術の社がす光ル変め信、Aなり/社試pA向が本 光50 日 ー合ー 性関 ル監シた 可、も力の度向薬記保 ルN 必・るま単独な数 スか、 要、イ やたは重るフケ調てモ同M多多オは作sMけ続航 本 能容含のア管け品帳冷 「 視 I「は 能節 要設こたに自どやみ ペら光 とサム 当、め、要たァー通きジ技4値くフ、し光4、く空 イ視ョめ 通G 。易め使ラ理の・作車 Wi、 3モ が計とモ行の幅リ合 クガの いン性 た わ り25の光とめイブ信たュ術変変の(こた通」多高電 航 ンダンの にた用ーをソ化業) S―手 ㎏ジ な・でジえロ広ーせ トス吸 うプに のG独フな、バルは。ーを調調情Nれ。信を値速子セ 信b空 ワッ、 機設状ト自リ学をの 」 W首 Nにュ く組一ュるボいチ ル濃収 特リ優 B自ァる光ー通、光ル適技技報Rま モ用変光工 ンシLン 能備況通動ュ・省温 シR関 T向ー 、みかーよッ設長る 面度分 徴ンれ 変aのイ。変で信通にの用術術伝Zで ジい調通業 p電 一 リI節 N上ル 完立らルうト備、こ 積を布 がグて 調u光バ 復情と常よ試しにで送)の ュた技信は モ 子 ゲ複  1トでグ伝池ン をぐで ーSモ 成て部化に設に可と 法算図 あ装い 回d接ー 調報異のる作た着あが変光 ー50術市、 s ー数同」リきネ搬持サ産運に一 ジ  工 トの時をッるッはちは業用デ括 括 ルロめク ―せズ 込品(え類# るま 可てく在下度を 等化ィ 発/17「ラ  送にた要う数 業 ウセ接採クシト見15、用開ー提 商ボら機同Cた」 む)食、。30ラ。で 能も含すで、採 に、ン同売123Lンシ コU 可基。素高) ュ ェン続用製ュで通年4ワ始タ供 品テか構製01新の 。で品物F、イ の 。安むるの圧用 使乾グ製し・00Cプー 能づこ技周と イサ数。「ナ簡しの㌢イで収し 提 。ィなで品」グ可 の・流A#ン 工 定ガガ測力し え燥や品た57/―搭シ ンV ないの術波い ーP で情は Zイ単1長角ヤき集、 半ク動手はをレ搬 活医業自50ア 数 しスス定がた る、Uは。kW 3LH載ー ベラ シ 光たた開設う 収報最 ダに0寿のレると設 球スき首、開ー性 用 界動、ッ たのやや変 、接V、 タ0CSコエ アン 通50び発計高 ルA 集を大 Bー取0命小ス。遠置 供 状・をの独発ド能 ニ薬品や化#プ を 濃測ダ、動こ 紫着イU イ(―15ンス ー 信G、を技速 す1 60 Rエり㍍、型温 隔し のモ実よ自し「を ー 三工70は 削 度定ス複すと 外剤ンV プ1M―ベは シ装プ モbそ進術信 試M る台台 Tレ付、電、度 監て 全ジ現うのたI向 ズ・品程の# 減 測にト数るで 線のキコ )・S1ア、 ー置  搭 ジpのめな号 この、 Tクけマ波電セ 視す 方ュすなリ。W上 も化業に4 10 で 定おを種環、 硬硬のー 」0 15 2装U エ ュs技てどを 作4 向ーるなン Sさ 見粧界加種、 き がい多混境温 化化硬テ をkW―0置V ス 載 ー伝術きの扱 こドルタン用イ携 能かきシグやー監と とアこンサしとをま。ら、ュ表温ビ視が 可ーソら応化わサ 能程塗で品 でにに わンア的替ッ 不可行方 るの射外・プク能でとア用 りを0ではオ光ら発 送ル がのとス、、専容た リPボ示度スシで 能トフ3可しらイ新とを布、のエき位対 かプ速にえチラ要能方向照。あ距部0出にな低I装の 組持0、光ン導れ展今波を で開でイ開電用易他 アCーなのでスき とでト㌔能、ずズグな自、外姿ンる置し り積度操スやンで。向に射 る離ハkW力もた温R置卓 んつG1並ボ波てさ後形試 き閉設ッ閉流ソにの ルやドどロ提テる な可ウ㌘な最、はレる動製観勢ド。決て や算デ作イ、プ交Uに対器 ワをンのは対めでカ。上 で製bデ列ー路いせはを作 るな備チセセフす設 タスでをグ供ム。 る搬エに範大制従ー。化品検をエ め高 す時ジでッラ点換V取しは ー変ド2、応、のッコタ い品pバ伝ドをる、本確し 。どの等ンントる備 イマ見統、しはデ 。性ア拡囲可御来ド す洗査制フ を速 い間タきチン灯でラりてコ ク更ル段1で熱Uトーイ くのsイ送伝用車標技認、 も稼とササウゲ情 ムーる合ア、クー 能の張を搬方製は る浄や御ェ 行か 。計ルるなプ、きン付、ン に可操切・きにVフルプ 。開のスを送い載準術し良 監働組、やエー報 監トこ監ラ温ラタ のア。1質法品、 こなグすク うつ は表。ど出消るプけ直ベ も能作り5る弱照ィドの 発伝当行、た用化をた好 視状み押振アトと 視フと視ー度ウ収 向ッ既㌔量をか本 とどリるタ こ高 一示コは力灯。は変角ア 対。で替kW。い射ルミコ に送たうさ機途がさ。な す態泡し動をウの もォがダト表ド集 上プ存㌘の最ら体 がのーこや と精 目やン直切ス 工更・流 応厚、え/ラワがタラン も速りこら器や進ら 光 るやエボセ採ェ連 可ンでッロ示サや がデのか対適変の 可工スと製 が度 でラベ感りイ 具が平れ すみ照。1ンー可ーーベ 取度8とに内、めに 伝
Page3

(3)   2022年(令和4年)8月3日 を頻な品モの  1都計社ロ  チを合スは  す繁いのノが一 日渋5をジイ パ、わイ、プ るにモ組をボ度 用取ノみ固ル締 儲かるメーカー 101 か谷拠含ーン イ ネ表せッ1ロ  ら区点むズフ ン ル示たチ9グ NECA「制御機器の基礎知識」 新 途りで上定トめ 順のを東ジィ でデ操と8ラ に付すげすのた 改善の急所 項 次新統京ャニ 5フ プバ作表5マ シリーズ第5弾 はけねにる利ら 移拠合・パオ ロイ盤示年ブ 製 、取。はと点緩 ボりし欠きでま 日本カイゼンプロジェクト 転点し神ンン グスや等頃ル   をに、奈はテ ィ ラと監をに表 D【とのい構E  品 ル外かかやすな 会長  柿内幸夫 開8東川、ク マタ視組操示 )プし基方造C日 ブプ トししせ製。い 始月京の本ノ 拠ニ ブッ盤み作器 編ロて礎を、A本 】グ、知掲正)電 ルロ ・ 士務術本く(【 ののに場すど取れっまは 東ズフ点 し オ でもピHれル 」ラ「識載しは気 表グ サ (所マ経り株略 用で付合。がりばてせ必 京ジィは移た の容ュM、化 を 制」しい、制 経所イ団の) 途すけは例必置な何んず 急所69 テャニ、転。 点ン テ 使易ーI機し 発マ 歴 にかた、え きら度。し クパオ東・ 用にタ機械た 行ブ 御シて選制御 機リいび御機 無示ラ ー 営長ス連改柿 要 ル 工 タの善内】 はらり金ばにやなもスも ノンン京統 に使の能操も し 器ーる方機器 学改ー研を幸柿 向、外型段な合い回パ最 改段 ロ(テ・合 統ク 耐え知を作の た表のズ「や器工 器 示 )善(修通夫内 いボしな取るわし転ナ適 善取 ジ東ク品す え、識持にと = 基の制上の業 料 てルたどり せ、さなと ー京ノ川る 合ノ る製がち特し 写器礎第御手原会 (マ ビ ス 、コ平講じ技幸 か 多ン成師て術夫 いトりを替 作工せどは ポり セ本ロのす 適造な、化て 真(知5機な理( 摩サ29も、士  なはす頻えら業具なをい ン社ジイる ロ 応現くコし生 。P識弾器使やN 大ル年務世事1 いこる繁のでなのけ使え イ替 タ、ーン拠 ジ 性場てンたま でP 学タ度め界務9 ンえ ビン)る中所 回のわこ使を備レ すモ トの ス(ーニベー 2有ト技ドな特ーー年 ローーレ  はが 5 ジト、。で  の数ちとわ固のスし。ノ 、川シオイ) しー 5しッ術ッどにカザ創テジのキー日 生受 1 ネ、柿経実所 段だ型がれ定構機か と K崎ョンツ、 万てプ完トに針ーー業レー米ンザ立 日立産機 産け ダ ス工内済践長年 取け交分てす造やし い Sの ・、サ ズ ㌦いレ成ピ打状を技でシズ・グー産 設入 D ス学幸産しと東 り時換かいるを成型 う P武ンメおイ (るベ度ーちの提術、ス社テシ技機 備れ ク博夫業てし京 の間のりるの見型を こ オ蔵ズ・モよプ 移 約。ルがン付金供のさはをレス術シ のら ウ ー士技省いて生 たと時まこにて機交 と フ小ジリびレ 6資の高マけ属しレま、買シテをス 操れ ル 術先るモま び手はすとボみな換 に ィ杉 ーイス 億本シくー刻をてーざ1収スム用テ 作、 ) 客技士進。ノれ に間ボ。がルるどす な スオャソン・ 転 8金ェ、カ印鉄いザま9しテメいム 米 ・い 員術事技日づ。 かをルす多トとのる り 、フパリフイ 2約ア世ーす製るーな7たクーたは マレ 制ま ン編 け毎トないが型設プ ま 川ィンュィノ 55を界はる品。マレ1。ノカマ、 御で ーー 実「「フ岡B教 わ ら必 いるれそだる 改段 善取 どン規業えkyを選内 崎  る野自ル分食アキとン 業0月0 北カザ てに 現ち儲ォ大S授 れ何せ要本ととかうとこ 、グ模に方i―高ぶ容新オ な。な動ー野品ッン合ク日員万期万 い欠 ロを すょかー学)、 て種まで当思考らだすと 活にで集をnBめこにオフ お ど車トに、プグわジ立は㌦の円 米 るか るこるド客特慶 い類せすにいえもっるに でり き替 動適短中採gaると応フィ 、 、を加飲を事せェ産1(売) ーー 。せ 42っメ発員別應 もんかすまてずたとな 内 時す用(sAでじィス 同 へ航通え料広業るッ機6約上、 さな 発 のとー 教招義 る ののか?べすはっと、り るえ 容した間る。Aec効てス) 社 販 路空じ、、げのこトは1 55高2 で らい ー ヒ改カ企授聘塾 だボ? て。もとしこま !! に にエのエ1Bdt率働で。 は 、てテ化る製とプ、人億は0 企 に製 ン善ー業。教大 ル 本の っそてれす   合 ミリ人W iやくは  今 を重北レ粧。品でリ同。円約2 デ品 トが  の 」企改に 著授学 とト 数本 たうもま。 ボ わリーアで)Wv創場、 年 拡工米シ品従ラ、ン社 )41 ジと ド行 な業善イ 書(大 しが を数 いで、でそ とル せアテやののoi造所仕 4 大業でスな来イマタの 。2年 タな ノ「2学 た使 減が なあこはう てなィ小作考rt性を事 月 す分ののどのンーーイ 従0 12 販業 ルっ どをの カ0院 。変急ベーイ1ビ  用ンれ 用をち 一ら 思ト えを (F区 るフ働シタき働 サオ立イTト  合 市途や社に マ はうウテー・り化 え所 路 シゼ1ジ どでプば二で外ょボで、 〒渋渋▽。ィきョル、く ーンしナ)・ミ 場向電を独 を ブ同拡にェムタ設、・ る〈 ン〜ネ うきのいつきせっルき一 。見 1谷谷新 ス方ントポ場 ビラ、ミはテス 弁 にけ子買・ ル書大なイにを備近I :1ョ42ス しなよいのまるとトま種 た 5ガ3住 環」のラス所 スイミク合クミミ会 進レ機収フ 拡 表はしり機送収の年大0ン・0ス ていうのモせだ緩をせ類 0ー―所 境に時ントを ンスス弁ノと 出ー器しォ そて、能る集見はo き1を01ク もでなでノんるめ抜んの ら ―デ25= をふ代スコ選 「機ミ」会ロコス社 しザな、ト 大買 示 m ミ 器んいそなIしえ現 T な項起―6ー 今しやあをかまるかかボ 0ン―東 実さのフロぶ 械がを社ジア を てーど医ン なるのどoてる場の 変〉こス)ル のょりれ固?穴だな?ル 、 0フ18京 現わ「ォナこ e部提9「ーコと いマの療エ のプ。利もT上化で普 革」すタ、( ボう方ば定 式けく ト 0ロ、都 しし新ーやと v品供月D(ンC設 るー特用ナ 収 基ロ 用担ゲ位やの及 を、、」ン静K ルかでクで をでて に 2ンN渋 ていしメデが i調すにTCセC立 。カ殊器ジ へ 礎グ 範うーシ、機に ト?代ラき 活型も 統 )トB谷 いオいージで y達る設ダCプT ー用具ー かラ 囲よトスデ会よ マ目 一 取会 まい減 んボばを 1  04C2系  主開( ド式わて来取管ら ッ指改般 り社以しろらなかル、変 年2万%A0C矢 チし善社 替の前ょいすど?トせえ は0円増E2A野 矢野経済研「2022年機械系国内CAE」 な発メ でサずい像り方、 事をビ きイ、るな扱法設 ン、の団 えプ、うろボな をめら 新2との市2E経 業加ー るト誰。どいと置 グ2実法 にレあ。なルど 色てれ 型0予8場年市済 か0行人 関スる 改ト、 分分な コ年測9はの場研 前年比5.4%増予想 市 と速) 。かで会を方い・ 場 すさ」 らも員詳法っ据 ら1を日 係職自 善に作 けかい ロかし1前機を究 るせの ダN・し、た付 問9通本 す場動 をつ業 でりの ナらて億年械調所 動 。るシ ウE非く今具、保 題年じカ るで車 実い時 きやで ウ2い8比系査は こス ンC会解後体守 ・6てイ す、部 行て間 ますあ イ0る55国し機 円安 輸出型製造業が好調 とテ ロA員説の的・ ■いカシど企報供課月日ゼ べ段品 しのを せくれ ル2。0・内、械 をム ー公問し将な保 詳るイョ勉業提、題に本ン 向 細。ゼッ強間供新へ設をプ と見 たを行1たプて るIつネ2器イ    0・な8年継応にのき行ス ら速スるTム用Dハ長に販機  ・ ンプ会の、たの立さロ 思た段。2で0としの とDいッ0、ッ産 2026 I 209り2は続を伴製く動感 なしテこの開い形ウ年関売械3 入 指、、ワそなソ。らジ いら取 割き0こアボ 、Cてト2産チ業 0万%、2前し含う造落制染 る、ムと技発た状を取わを部0 会 導工セイれ技リ企にェ ま、り 強、件ろイル コ 、ワ1業 D 、用 年C 2円増2億年てめク業ち限拡 成グ開で術に製処持りる通品0 ・ は 会場ミワら術ュ業良ク し改替 も段に、デト ロJIー年用産イ 市  「 2との05比おたラ各込で大 長ロ発m力強造理つ組非じの0 こ な見ナイのやー間くト ょ善え 短取上大アを ナaTクのル業ー ま  国 年な8251りIウ社ん経防 をーをeをみ業のミん効て開万 ち ど学ーガ基素シビす うでに 縮りる小出リ 禍p調機国ー サ はっ410・、Cドはだ済止 目バよv掛を向高スで率、発点 ら を会・ヤ礎材ョジる 。きボ で替改合しス 前a査器内タ用ネ 場で 内 、た6年072T化在が活の 指ルりiけ持け度ミきの部・を 行、ワガとへンネこ るル きえ善わをト のn会市産ー無ッ 規平産 円。億は万%0投へ宅、動た すで一y合つシ技とた解品製超 っ公ーヤなののスと !! ト ま時がせ行ア 2に社場業な線ト 業 安 5同円減2資の勤日はめ 。の層のわCス術、ノ消調造え ・ て開クなる情提のを  を し間実てっッ 0よのに用ど機ス 模均用 傾 42との0を対務本大の さ加シせCテを3ウに達・る 2022年5月度 のる工   るけR間続た模の1 200 ネ 配と業日 2022 2と、)平け。も成9 配電・分電・制御装置生産実績 電、会本 生年 0見25均、今約長年 億5.9 ッ とのお活I維でも傾のや向 能ニ年 人SSム  予8り用M持調建向業電が のュ半サを」U筐ミ 利筐 ト 測9、さの管査築に績機続 追ー、ー突の % M体ス 用体 閉鎖型 特別高圧・ 数量 4,031面 ・2(配 5 2て0・成2後1をを 円 ワ し1前れ普理や物あはない 加アUビ破ユ 設ミ 配電装置 高圧配電盤 分0J電 産月 1い09長0も5果上 ー て億年る及ま設のり大どて なルIスしーI計の 者設 生産額 85億5900万円 電2S制 年る億%率2右0た回 い8比機でで計3、き輸お どやデ開たザ ソア 5計 前年同月比 0.1%増 ・2I御 度 の。円で(6肩億しる に成ク る55会、管、次建く出り 、組ザ始。ーFフル 万ソ 低圧配電盤 数量 3,114面 制年Aシ 額の 産 規成 年上円、24 迫長機 。0・がC理施元設回型、 利立イか 数Rトミ 御5)ス 配 業 模長Cまがに市・ る 器 04増Aす行モ分復製自 用見ンら がA「フ ミ人フ 生産額 37億9800万円 装月にテ は電 用 にをAでり達場5 」 万%えEるかデ野す造動 者積の約 5MMレ ス ミ超ト 前年同月比 4.1%増 置度よム ・ 無 迫続G年をし規% 円増てがBらルでる業車 か機リ2 万EIー 325 分 合計金額 123億5700万円  3ち0の 電 無すなンー加スデPと線 都  価10 をに調便調 トにら 分電盤 産業用分電盤 数量 2万2324台 億閉0生 ・ 線る敷トル。化ジC急機 品サ 提寄達性達今をサ寄 5鎖万産 の地や需ワ タの拡器 川ン 供与リをサ後継ーせ 生産額 43億1600万円 制 ネ に 7型円額 億 格月 御 ッがやイ要イよル活大の 区ミ サ ししー高ーも続ビら 前年同月比 8.2%減 0配だは 装 ト困ケンもヤっ化用。前 )ュ ンをか て、ドめビオしスれ 0電っ3 難ーフ堅レ やにタ年 はー い「タ、スンてのた 住宅用分電盤 数量 20万2871台 万装た2 円置 ワなブラ調スてペよブ比 、ロ ミ値ら く時イ顧とラきア意 生産額 30億9700万円 円置。4 ー環ル等でバ需ーるレ73 2ン ュ 方間ム客しイたッ見 ク 要 ー上製 前年同月比 24.4%増 (はこ億 JSIA 境をの、ッ パ現ッ・ 0( ロげ品 針価ののてン。プを 11の9 接で設広プクがー場ト8 2東 だ値削部の部 デも 合計 74億1300万円 ・2う2 続の置大ラホ増レのや% 2京 ン 。」減品利品 ーと 制御盤 監視制御装置 数量 3万5784式 増億そ0視万  9 し れ・均続をたやクや 年をた維上の 器示押式 げくの品年 生産額 82億2100万円  )1の万制円分% たまて6成き後動A構、 ぶ値た持昇高主。灯し押値す全L価10 前年同月比 26.6%減 と0他円御(電増 設たい%長2押くG築メ り上めすな騰要 、ボし上る製L格月 な0開(装6盤) 備製るで率0し装Vにッ 。げ。るど、原 7タボげ。品形を3 その他の 数量 3万6916台 っ万閉26置・は。 の造。拡(2し置・加シ す同ので物材 センタす を/改日 開閉制御装置 生産額 45億0100万円  た円制・は1 74 ネ装 大C6てのAえュ る社が、流料 グスンる 15L定受 。(御6 82%億 いす着C32場スー内てもネか導や化化ッ置 すA年い普M、ネ のが困従費や メイスの 〜Lし注 前年同月比 5.9%増 5装%億増1 るる実A・6はイサ産お有ッら入安は・トな るGまる及Rロッ は製難来用部 ンッイは 35C、分 合計金額 324億9200万円 ・置減2)3 。とにG2年、ッネ業り力トイ容定、Iワど とRで。がとボト 二品に価の品 トチッ、 %形表か 日本配電制御システム工業会統計より作成 9は)1。0 し成R%ま2チッ用、とがー易性速oー固 見)年引拡いッワ 十価な格大価 表、チ照 値を示ら %45、0監0 て長でので0市トイ国し最サさ、度Tク定 ら23平き大っトー 数格っを幅格 示表、光 上除灯製 https://www.neca.or.j p/publication/11519/ h t t p s : / / w w w kaizenproject jp/
Page4

2022年(令和4年)8月3日   (4) がし 増億32  輸て半と512日 入強導好11年本 22年5月 工作機械輸入実績 さく体調8台5工 日本食品機械工業会 21年食品機械調査統計 市 れ、業を8の月作 、半界維万輸の機 74 場 導の持円入工械 ・体設しで台作輸 8製備て、数機入 半導体製造装置がけん引 動 %造投い前に械協 2021年 増装資る年対の会 向 の置の。同し輸に 4は勢 月金入よ 旋盤、研削盤、放電加工機も上向き 01い 比額金る 24は 69は額と 億6依 ・4は、 2022年5月 工作機械類等 機種別 月別 輸入通関実績 食品機械の販売額5731億円 43然 37、2 0台と %880 台数(台) 金額(円) 前年同月比 旋盤 565 27億3235万 65.8%増 とタ増2加53 ウェイタイプユニットヘッド機 0 0 ― と油1 のし億 肉億 た製肉  続ーの万工台8 ボール盤 1365 5066万 201.2%増 もな7醸設、4飲加2肉。麺食機 機明 いが12円機、万 など0造備乳5料工6食 機加種 のり表  た31億、が65円 中ぐり盤 0 0 ― う醸0用投酸0加向0加 械工別 種暗 移需し日 「 。台6研6%と フライス盤 61 1億4284万 118.7%増 設造万機資菌0工け0工 。品で 別は 、0削5増な 研削盤 1494 12億6026万 268.7%増 備食円械が飲万機の万機 い、は のっ 外 動要た本 販き がに。食 75 2盤8のっ 投品。は行料円械設円械 ず飲、 影よ2品 %6が台27た 歯切り盤 7 363万 99.0%減 資の巣、わや。は備。は れ料前 売り 食 響る0機 増万1、億。 マシニングセンター 31 9億6119万 75.0%増 も消ご5れノ健、投内、 加年 す内2械 内 の円4 58 3こ ユニットコンストラクション あ費も・たン康5資食8 も 内工か 動分 向か る食1工 9、9%2の マシン他 0 0 ― っがり0。ア志・が化・ 食品ら 分化年業 億マ4増3ほ れ 放電加工機 658 18億6062万 58.2%増 た拡需% ル向2旺需4 、伸 野、の会 6シ台の5か 。大要増 コの%盛要% 需醸ば た は消食は 食 1ニ、18万旋 その他金属切削型工作機械 2111 1億1100万 1.8%減 しでの ー高増だで増 要造し 、 設費品、 1ン2億円盤 鍛圧機械 556 4億8892万 49.8%減 、味1 ルまのっ精の を用た 備者機2 9グ66、は 半導体製造装置 1463 402億4038万 74.8%増 そ噌6 飲り2た肉3 と機の 業 投の械0 万セ80放5 れや5 料に4。や1 ら械は 合計 8311 478億5188万 69.3%増 務 資健の2 円ン%6電6 に醤億 へ対6 食1 え、、 は康販1 「」 控志売年  設対要2 のどト円は 用 前イ0  え向額の 水備面の9製業の向。、最向一年ン0製 らには食 産がが喪7パ務設け中5 け方かス万麺 れ対、品 健 工作機械受注 2022年6月(確報) も 加減控失億ン用備商食・金商、らタ円機 、応前機 金額(円) 前年同月比 工少えや6・食投品や0 用 全し年械 額品減引ン。械 体た比の 一般機械 246億8000万 46.3%増 4 22 機。ら観0製品資にコ% が少きト国は 年 械 れ光0菓需が対ン減の中し続麺内5 と分2販 自動車 121億6200万 15.1%増 は たの0機要あ応ビの多心たいな外・ し野・売 康 内需 い 電気・精密 80億2800万 24.6%増 、 こ自万械がっしニ2 ののてどで9 ての2実 、 は設%績 航空・造船・輸送用機械 18億 800万 119.2%増 カ 6 1 と粛円は大たた、4そ機は好の内% 苦 前備減等 586億5200万 31.3%増 月 月 ・ か、。、きが冷ス8の械、調ラ食増2 ら外イ2く、食ー1 。外。イ需の 年投のの 志 アジア 516億 500万 19.8%増 % 、出ン・減外やパ億他 食 ン要1 を資5市 下は7況 外需 欧州 151億     16.8%減 度  減 贈やバ5少食野ー3の 用 増が0 戦 前 の 答リウ%し産菜マ0食 な 設増7 回好3を 北米 272億2000万 11.3%増 連 1 品アン減た業加ー0品 ど な加億 っ調1ま 960億5900万 9.9%増 工 7 向ルドの。向工ケ0機 業 どし8 ただ億と 。っ2め 向 日本工作機械工業会 受注統計より作成 年 5 けの需1 けなッ万械 務 が、3 作 た6た が0「 8し争月を回動好は% く機% カ(し月  、02 %たのをキっ車調キ増外上械増内月前、の日 同続 機 食品機械販売額 2021年 施0 業工億 イ万0 減影影上ーた関でー)需回、)需連年受工本 設0精で品3 」 月 械 機種 金額(円) 前年比 ン円2 と響響回プが連5プ。はり航。は続同注作工 へ万米の向0 なででっ。、の0。前9好空一5で月総機作 精米麦機械 145億 200万 1.9%減 の円麦設け0 バと1 ウな年 っ、ロたヨ前大0地月6調機般81比額械機 比1500 受 製粉機械 119億6300万 1.7%減 設。機備の0 た全シがー年型億域比0を・機65 17はの械 注 製麺機械 107億8300万 5.0%増 備内械投設万 ンっ食 旺 ドた品 。体ア、ロ比受円別は億持造械億0・1受工 投食は資備円 でとロッで注をで下5続船、5015注業 製パン・製菓機械 1297億6000万 2.5%減 資化1が投。 や。機 はトシパはの超は回9しい自2億%4状会 17億 醸造用機械 165億1700万 5.0%増 はに・抑資大 外長械 食期調 低ルアは11反え、っ0てず動0円増7況は %円 乳製品加工機械 681億7000万 1.0%減 あよ9えが手 、化査 盛 調コ・、・動たアた0いれ車0を)億(、 っる%らあユ 飲料加工機械 246億4500万 5.2%増 。がウE3でがジが万るも、万超と1確2 たパ減れっー 観し統 前大クU%前、ア、円。前電円えな1報0 肉類加工機械 311億2600万 8.4%増 がッのたたザ 光た計 な巣」 年きラは増月北は前( 年機(たっ0)2 増超 水産加工機械 175億3000万 1.2%減 規ク1。がー どごを 比くイ前と比米中年9 を・31。た0を2 模米4 、で その他食品機械 2481億3000万 5.0%減 人も公 な 16減ナ年好では国比・ 大精・ 。万公年 はや5 中水 ・ら紛同調下自が増9 き密3 4円表6 加 合計 5731億2600万 2.2%減 小精億 小産 さ米2 企加 %ア と額  投の7 投加0 がえく 設 増向全大は食 7輸 資需0乳資工0製響た、 億増加鋼  0な需万・公70需9万 増億2  )け体き13品 が要0製が設万粉いこ海 3)し、機万くと円7需9万で2円22と5年日 ・ 。は構く・機 4出 停が万品一備円機たと外 5。て非種円、も(%向億円は億(年な55本 22年5月 産業機械受注 北2成増6械 好 滞減円加巡は。械。に需 備 0鉱3鉄別を機に5増け9(、315っ0月産 % 米9比加%の 調 し少。工しあイは よ要 0山9金で積器好・)は07製70月た0の業 は7で。増輸 にも たし外機てっン1 っに 万機8属はみ単調5、50・造07の。万産機 前 年 65億7輸の出 と 。、食械いたス・ てお 円械億、、上体。%代402業0・内 円業械 52%アップ 4289億円 輸 億4割出4入 ど そ産はたがタ7 輸け (は3情ボげの外減理9万%向万2需 で機工 同月比 47近比2に ま出 の業1た、ン% 出る 投 16、8報イたみ需)店億円増け円%は 、械業 20い率9関 比 影な・め上ト減 額現 ・鉱0サラ。ではとは5()が(増2 前の会 内外需ともに好調 る 00金は億し 率 響ど0伸流麺の が地 7業0ー・ 1、な22 13、1 56)7 年受に 0万額71て が業%び工や1 減で %の万ビ原 3プり50・非5・で9 同注よ 万円を・0は 大務減な程冷1 少の 増増円ス 9ラ、400製00、3 月額る 資 )加(、動 2ン民億万%造9%外億 比はと 産業機械受注 2022年5月 円(誇40、 き用のかへ食9 し対 機 (15る%0輸 く乳68っの対億 た応 。に26外 億ト需8円増業億増需8 52 4、 は 受注額 前年比 1・ア。万出 設製億た設応6 こが 化よ・需 3案・3()向7)は7 ・22 18ジ 円金 備品1。備の3 と増 学り7が、 7件官03、け2。10 080 ボイラ・原動機 398億3800万 26.7%増 機21%増鉄 0は公03官40内30 %92 鉱山機械 21億3500万 16.7%増 2肉械(飲 て0だ占ー8 の0製% の58億を((・ 万は(車変1械減少・の増好0工0そ(械械 化学機械・冷凍機械 987億7800万 31.6%増 %類の10料機い万っめロ億対90 0パ増機29億6筆19 37 0 円、16、速億、)に6増)調万機万の31、( タンク 19億5600万 76.1%増 )加54・加種る円た、ッ8し億0ンの種億11頭・・% (鉄・外機4卸。よ%加、で円械円他・外冷 と工億3工別。、。そパ5て3万・1別240に08増 6鋼2需は4売運り増に圧3(は(非6需凍 プラスチック加工機械 436億3100万 61.0%増 続機5%機で 北続のが0輸5円製1で000、%%) 0の%の、0・搬14)よ縮7 61外76製%の機 ポンプ 370億7200万 19.1%増 い械1減械は 米い金圧0入0、菓8は00万ア増増、 8増増増鉄0小 。り機0・需・造増増 ・加)加鋼万売機億送2は億0が1業)加械 たの0)の、 のて額倒万金0飲機億、0万円メの)西 械3 を 圧縮機 212億9300万 9.6%増 。38 0。1最 35アは的円額万料械2そ万円)リ1と 1にとに、円、 風1、7%増%の。で 億万続 も 億ジ1にとは円加の6の円)、カ0な欧 %よなよは(外は4機2窯2増加増増タ9含 送風機 14億3400万 14.0%減 4円い4輸 3ア9多な、が工70他)、韓(4っは 増りっりん1需、0は億業0)し)加ン8む 0 鉄0 ) 運搬機械 531億4400万 157.2%増 2(て億入 1か5くっ5続機・0加と台国8億た43 )5た48用5の 、9土0。て、にク7 0 製 金 0ら億、た・い械0万工続湾(・5。億 。9。億・7増鋼万運3石万ポ4プよは億は 変速機 48億3000万 16.2%増 19 0・パ2額 0が1全。8ての%円機い(54 70国2 5金3生・加、円輸0、円ン3ラり石7、 金属加工機械 595億1400万 608.1%増 万7ン3が 万59 0体輸%い28減を械て30・%0別6 億属0産2に情(・0鉄(プ5ス19油8情 円%・0多 円億0の入減る・のはのい・8増0で0 1加0用%よ報14郵万鋼19も億チ億・0報 その他 653億3000万 (減製0い が10 65元の。9 94じ17る1%の万は0 4工0、増り通・便円、・外3ッ5石0通 合計 4289億5500万 52.0%増 13)菓万の 続6万%は2 %億め・。%増5円中万 0機万自)5信0の(外1需1ク6炭万信 ・、機円は い0円をヨ9 増7、2 増の9)国円 0械円動。3機%減9需%が0加0、円機 日本産業機械工業会統計より作成
Page5

(5)   2022年(令和4年)8月3日 工場新設・増設情報 8月第1週 製造業向けのセキュアな 【海外】 イに建設する。 ■三洋化成工業、タイのプラスチック用  同社は、中期経営計画Unique 2023に 帯電防止剤の生産設備が稼働開始 おいて、海外事業を戦略事業とし、海外  界面活性剤や殺菌・抗菌剤など化学品 売上高20億円の目標を掲げており、その メーカーの三洋化成工業は、タイの関係 製造拠点となる。 IT環境構築を支援 会社サンヨーカセイ(タイランド)リミ  新工場は、敷地面積1万8278平方㍍、 テッドのラヨーン工場(タイ・ラヨーン 建築面積4957平方㍍。2022年10月着工し、 県)で建設中だったプラスチック用帯電 2024年6月に稼働開始予定。投資金額は 製造業での提案事例 防止剤「ペレスタット』「ペレクトロン』 26億円。 シ シリーズの生産設備を稼働開始した。 ■NOK、ベトナム・ホーチミン市郊外 ュ EcoStruxure  新プラントへの投資額は約34億円で、 の工場内にオイルシール製造の新棟 ナ Machine Advisor 生産能力は1500㌧/年となり、日本、タ  NOKは、自動車生産に欠かせない機 イ イの合計生産能力は4700㌧/年となる。 能部品「Oリング」の需要拡大にともな ダ 装置やラインの プラスチックに添加して半永久的に帯電 い、ベトナム・ホーチミン市近郊にある ー ハイパフォーマンスEdge PC ピンポイント遠隔監視 New Edge PC を防止する帯電防止剤『ペレスタット』 ベトナムNOK工場(ドンナイ省ビエン PS6000 『ペレクトロン』シリーズは、静電気に ホア市アマタ工業団地内)を1.4倍に拡 エ よるホコリの付着やさまざまな障害(電 張し、生産能力を増強した。 レ 子回路の破壊、電化製 ク 品の誤作動)、事故(火 ト 災、爆発)などを防止 リ する目的で幅広く用い ッ られ、近年では、電子 機器・精密部品の包装 ク N ・搬送材料用途を中心 O K とした需要増に加え、 ベ ト ットフォームまで幅広く産業向けソリューションを展開する総合メ 防爆用途など用途の拡 ナ ム  製造業もデジタル化の時代になり、製造現場でのデータ ーカーでもある。現在、各領域に事業展開している強みを掛け合わ 大も進んでいる。 工 活用のためのシステムには今まで以上の高信頼性が求めら せ、UPS提案を進めている。 ■パナソニック エナ 場 の 外 れている。シュナイダーエレクトリックは、製造業など、  シュナイダーがCommercial & Indus ジー、米国カンザス州 観 幅広い産業領域に製品やソリューションを展開している強 と trial( C&I)と呼ぶ、様々な分野のデジタ に車載用リチウムイオ オ みや、ITと設備運用の知見を生かし、製造業、特に工場や ル化を推進するために新たに立ち上げた本 ン電池工場を新設 イ ル 製造現場向けに強固で信頼性の高いITインフラ環境整備、 部の三室 昭佳Commercial & Industrial  パナソニック エナ シ ファシリティマネジメントの提案を強化している。 (C&I)ビジネス開発本部長は「DXの促 ジーと米国カンザス州 ー ル 生 進にともない、IT以外の産業でもネット は、同州への投資誘致 産 ワークの電源とデータ保護が重要視されて 補助金制度である ラ イ 停電・瞬電時のデータ破損を防ぐUPS きている。病院の患者の受付を行うシステ Attracting Powerful ン ムや店舗のPOSレジ、ネットワークカメラ Economic Expansion 三室昭佳C&Iビジネス  製造現場のITインフラとその保護というとサイバー攻撃やセキ などでは、機器が止まると1時間あたり約 (APEX)への同社申 開発本部長 ュリティ対策をはじめに想定しがちだが、データの欠損や破壊の原 1.5億円の損失が発生する可能性があると 請についてカンザス州 因はそれだけではない。落雷によるサージや停電によって電源供給 言われている。UPS導入を薦める場合、多くの産業ではITとファ が承認したことを共同 が止まり、正しくシャットダウンできなかったためにデータが壊れ シリティ部門との話し合いで良いが、製造業の場合、そこに加えて で発表した。 てしまうということはよくある。その対策として有効なのがUPS OT、製造現場や生産システムを管理する部門との調整も必要とな  同社の米国における だが、製造現場での導入はあまり進んでいない。 る。当社はOTも含めてすべての部門に対応できるのが強みだ」と 車載用リチウムイオン電池の製造工場の  同工場は、敷地面積9万5000平方㍍、  UPSはデータセンターや社会インフラ、病院などでの設置率は している。 立地先となる予定。同社はカンザス州に 建屋面積は3万2000平方㍍だったところ 100%に近く、工場でも大型UPSは導入されているが、製造現場や おいて、地域に大きな経済活動と機会を から、Oリング製造棟を1万2000平方㍍ 生産ライン、生産設備での設置はまだ少ない。いわゆる建屋全体を もたらし、最大で4、000人の新規雇用と から2倍となる2万4000平方㍍に増築し、 DX時代だからこそ現場のIT環境も信頼性が求められる カバーする数十~100kVAの中大型タイプは普及しているが、装置 約40億米㌦の投資を生み出すと期待され 合計4万4000平方㍍に拡張した。増築棟 や工程のシステムのみを保護する数kVAの小型タイプは、サーバ  実際にUPSを導入する製造現場のIT環境は増えてきている。、 るプロジェクトを計画している。 では、製造現場のスマートインフォメー ーや医療機器など一部用途を除けば、まだマイナーな部類だ。しか 例えばあるワイン製造工場では、ハイスピードカメラを使った瓶詰  パナソニックグループがネバダ州スパ ション(デジタル診える化)を推進し、 し近年、オンプレミスサーバーや、データの利活用のキモとなるエ めとラベル貼りプロセスをリアルタイムで監視してコントロールす ークスにあるPanasonic Energy of 早期の異常発見・対策、トレーサビリテ ッジ環境にあるエッジPCやIoTゲートウェイの保護に対するニー るため、クラウドでは通信帯域の要件を満たせないため、オンプレ North America(PENA)でリチウムイ ィ(原材料の調達、生産、消費、廃棄に ズが強くなっており、同社はそこに着目して提案を進めている。 での監視制御環境が必要とされた。その際、IT環境がない場所に オン電池の生産を開始してから5年が経 至るまでのプロセスを追跡)を強化。ま も簡単に専用のITスペースが構築できるマイクロデータセンター 過し、現在PENAは世界最大級のリチウ た従業員出入り口に2輪用の顔認証自動 と、それを保護するUPS、精密空調などを設置し、EcoStruxure ムイオン電池工場であり、車載電池セル ゲート設置(渋滞緩和、セキュリティー ITとOT、ファシリティをカバーするシュナイダー IT Expertでリモート監視環境を実現した。またガラス製造工場で の出荷数は60億個を突破している。 強化)や食堂のIT化(配膳数管理によ  もともとシュナイダーエレクトリックは、ITのサーバーやデー も同様に、リアルタイムでの監視制御と高セキュリティ、高信頼性 ■エバラ食品工業、タイに新工場。投資 る廃棄ロス活動)なども進めている。 タセンター向けに「APC」ブランドでUPSや精密空調を提供して のIT環境が求められ、上記同様のシステムの構築を行った。 金額26億円  総投資額は35億円。2022年7月から稼 おり、国内外で高いシェアを獲得している。また同時に、プログラ  今後について三室氏は「UPSのなかでも、リチウムイオン蓄電  エバラ食品工業は、孫会社のEBARA 働開始している。 マブル表示器やIoTゲートウェイの「Pro-face」、産業用ネットワ 池を搭載したUPSのラインアップについて、環境を意識した引き FOODS(THAILAND)の新工場をタ ークスイッチの「Modicon」をはじめとする各種フィールドコンポ 合いも多くなっている。製造業向けには、ITやIoT、エネルギー関 ーネンツからエッジ、ネットワーク機器、さらにはSCADA 連の困りごと解決に向け、インダストリー事業部と協業してワンシ 「AVEVA」などのソフトウエア、EcoStruxureといったIoTプラ ュナイダーで取り組んでいきたい」としている。
Page6

2022年(令和4年)8月3日   (6) 北久宝寺)について、工場棟の工事が順調に進み、 ■三洋化成工業、名古屋工場でアルミ電解コンデン 7月に竣工予定となったことから、続いて主工場と サ用電解液の生産能力を増強 工場新設・増設情報 8月第1週 管理棟の建設に着手する。  三洋化成工業は、自動車の電装化、環境対応車の  主工場は1階建で延床面積2947平方㍍、管理棟は4 拡大等によるコンデンサ需要の急激な増加に対応す 階建で2148平方㍍となる。完工は2024年2月の予定。 るため、アルミ電解コンデンサ用電解液「サンエレ ■キッツマイクロフィルター、長野県茅野市に半導 伊勢製作所(三重県伊勢市)にもクリーンルームを 投資金額は20億円。 ック』の生産能力を増強する。 体製造用フィルター新工場 増設し、タイの現地法人であるシンフォニアテクノ ■ニッケ、岐阜県各務原市の岐阜工場で革新紡績糸  キッツの子会社でフィルター製品の製造・販売を ロジー(タイ)では第3工場を建設、2023年4月以降、 の増産に向け3億円の設備投資 行うキッツマイクロフィルターは、半導体市場向け 新しい設備を順次稼働する予定。  毛織物など繊維メーカーのニッケ(日本毛織)は、 フィルターの増産を目的に、長野県茅野市のキッツ ■エア・ウォーターグループの大山春雪さぶーる、 岐阜県各務原市の岐阜工場で、環境に配慮した革新 ちのテクノパークに新工場(長野県茅野市金沢 鳥取県伯耆町に大山ハム新工場 紡績機の増設に約3億円の設備投資を決定した。本 5125)を建設する。  エア・ウォーターグループでハム・デリカ商品、 格稼働は2023年11月末を予定している。  同社は、半導体をはじめとする幅広い産業分野に、 総菜等を製造する大山春雪さぶーるは、鳥取県西伯  環境配慮型の革新紡績糸「Breeza(ブリーザ)」 中空糸膜と各種成型技術をベースにした付加価値の 郡伯耆町に大山工場(鳥取県西伯郡伯耆町須村 は、2018年に試験機を導入し、数多くの改良を重ね 高い流体分離製品を提供している。SEMIによると、 1194)を竣工した。 て量産化に成功した独自製品。従来品に比べ消費エ 半導体市場は設備を含めて2030年まで成長するとさ ネルギーをCO2換算で約55%削減し、着用中や洗濯 れており、その市場規模は2020年の4640億㌦から1 中のマイクロプラスチックの放出を約75%削減する 兆㌦を超えるとみられている。 環境配慮型の革新紡績糸であり、既に主力事業であ  現在の同工場は、2025年以降の需要に対して設備 る学生服向け生地を中心として販売を開始している。  名古屋工場における設備改造、工程改善等を含め、 能力が不足することに加え、増産のための設備を追 ■テクノフレックス、千葉県船橋市の千葉工場を拡 3割程度の能力増強を行う。投資金額は約4億円で、 加するスペースも限られることから、新工場を建設 張 2024年4月竣工予定 2023年5月の稼働を予定。 し、量産化と自動化生産設備を導入し、生産能力の  フレキシブルホースや管継手のテクノフレックス  同製品は、1986年に開発し、電解質に独自開発し 増強を図ることにより、十分な供給体制を整備する。 は、千葉県船橋市の千葉工場を拡張する。 たアミジン化合物を用いる、高性能、高信頼性と長  千葉工場は、都心部に近く、流通面で利便性の高 寿命化を実現したアルミ電解コンデンサ用電解液。  新工場は、伝統的な製造技術と最新設備を融合、 い港にも近いという好立地を生かすため、老朽化の 広い温度領域で高い電気伝導率を示すとともに、高 熟成ハムや熟成ベーコン等の付加価値の高い製品の 進む一部の平屋建ての工場と隣接する建物約6000平 温での長期間安定性に優れ、業界標準のロングラン 生産拠点となる。原料入庫から製品出庫までの流れ 方㍍を解体した敷地に、地上6階建て延床面積約1万 製品となっており、自動車の制御ユニットなど、よ をワンウエイとし、生産性を高めるために製品のス 7000平方㍍の新工場棟を建設する。 り信頼性が求められるコンデンサにも採用されてい ライスから包装までの自動化に取り組んでいる。 る。  鉄骨1階建で、延床面積は3031平方㍍。総工費は  EVや電子機器、5G普及による情報通信機器、産 26.5億円。 業機器のロボット化等でコンデンサ需要は拡大して ■クボタ、大阪府枚方市の枚方製造所のミニショベ いる。さらには、太陽光や風力発電などのエネルギ ル生産能力を増強 投資額170億円 ー供給の多様化に伴い、送電側の装置においても、  新工場は半導体レジスト液製造プロセス用工業用  クボタは、ミニバックホー(ミニショベル)の主 より高電圧な電気に対応できるコンデンサが求めら 精密フィルターの製造拠点となり、鉄骨造り地上2 力工場である枚方製造所(大阪府枚方市中宮大池 れている。今回の生産能力増強により、今後の需要 階建、延床面積は6854平方㍍。稼働開始は2024年1 1-1-1)の生産能力を増強する。 増に対応した安定供給を確保し、世界的な需要拡大 月を予定。投資金額は34億円。  ミニバックホーは市街地の工事現場等で掘削等に に対応していく。 ■シンフォニアテクノロジー、豊橋製作所のクリー 使用される小型建設機械で、同社が国内・世界とも ■テクノウェル、山口県光市に水素製造装置の新工 ン搬送機器工場を増設 トップシェアにあり、枚方製造所を中心にドイツ、 場  シンフォニアテクノロジーは、爆発的な半導体需 中国(無錫)でも生産している。米国での住宅建設  医薬品や半導体製造工場設備の機器や配管ユニッ 要の増加に伴い、豊橋製作所(愛知県豊橋市)のク の増加に加え、各国でのインフラ投資や都市開発に  新工場棟では、ロボットの導入等、設備の自動化 トシステムのテクノウェルは、山口県光市に山口工 リーン搬送機器工場を再増築するほか、シンフォニ 伴う工事の増加を背景に需要は旺盛となっている。 による効率化を進めるほか、試験センターを設置し、 場(山口市佐山10747-10 山口テクノ第2団地D-1区 アテクノロジー(タイ)に新工場を建設、伊勢製作  これに対応するため、ミニバックホーの主力工場 耐火試験、データ収集、他社との共同研究開発等に 画)を建設する。水素製造装置や水素ステーション 所(三重県伊勢市)ではクリーンルームを増設する である枚方製造所で新たに建屋を建築し、塗装工程 活用する。また太陽光パネルや空調効率を高めた設 装置の製造工場となり、建築面積は375平方㍍。 など、3拠点で生産能力の増強を図る。 と組立工程の一部を移管し、空いたスペースを活用 計によって省エネルギーに配慮している。 2023年4月操業開始予定で、投資金額は1.6億円。 して既存の組立ラインの拡張や加工・溶接設備の増  新工場棟の建設により、海外生産している日本向 ■トーフレオメガフレックス、山口県萩市にファイ 設などを行い、生産能力を年間4.8万台から7.8万台 け製品の製造を千葉工場にシフトすることで輸送コ ンバブル製品の開発製造棟を増設 に引き上げる。 ストと在庫期間の短縮につながるほか、輸送時の  金属製フレキシブルチューブのトーフレの100%  新たな塗装工程では防錆に優れた電着塗装に加 CO2排出量削減、海外情勢の変化によるリスク低減 子会社のトーフレオメガフレックスは、山口県萩市 え、環境面にも配慮し、塗料のロスが生じにくく、 なども期待できる。また国内では自社配送を進め、 にファイインバブル製品とフレキシブルチューブの VOC(揮発性有機化合物)も大幅に削減できる粉 簡易包装での省資源化にもつなげるとしている。 新事業研究開発製造棟(山口県萩市川上字白上886- 体塗装を採用。また、塗装工程で発生した廃熱の再 ■有機合成薬品工業、福島県いわき市の常磐工場の 1)を増設する。建築面積は570平方㍍、操業開始は 利用や屋上に設置する太陽光発電設備を活用し、製 製造設備を増強 投資金額40億円 2023年1月を予定。総投資額は4.7億円。 造工程における環境負荷の低減にも取り組む。  化学品メーカーの有機合成薬品工業は、福島県い ■キクロン、和歌山県和歌山市に新工場 2024年2  半導体製造装置生産のメイン工場である豊橋製作  新棟は、延床面積1万2150平方㍍。組立ラインは わき市の常磐工場(福島県いわき市常磐西郷町落合 月操業開始 所内のクリーン搬送機器第一工場は、2007年8月に 2024年10月から、塗装ラインは2025年10月の稼働開 788)の既存設備を増強し、アミノ酸(グリシン)  キッチンスポンジなど家庭用品のキクロンは、和 建設された後、2020年3月に工場床面積を約1.5倍に 始を予定している。総投資額は170億円。 の増産体制を構築する。 歌山県和歌山市に新工場(和歌山市吉礼字中彦地 増築、さらに今回、2階建ての新工場棟を増築し、 ■木村工機、大阪府八尾市の八尾製作所の主工場棟  原料タンク、脱イオン水製造設備、遠心分離機、 1160-1)を建設する。新工場は、敷地面積は7131平 工場床面積は2万3379平方㍍となる。本格稼働は と管理棟の建て替えに着手 乾燥機、包装設備、クリーンルーム(ISOクラス8) 方㍍、延床面積は5085平方㍍となり、2024年2月操 2023年7月を予定している。  業務用空調システムの木村工機は、建て替えを進 など既存設備を増強する。着工予定は2022年7月、 業開始の予定となっている。  また、21年にはロードポートの組み立てを始めた めている大阪府八尾市の八尾製作所(大阪府八尾市 竣工は2025年3月の予定。投資金額は約40億円。