1/4ページ

このカタログをダウンロードして
すべてを見る

ダウンロード(7.4Mb)

2022年5月11日発行のFA・自動化の専門メディア「オートメーション新聞」PDF版です。

その他

SIer協会 ロボットSI調査、日立産機 独企業を買収、厚労省 7月1日から全国安全週間、など掲載

2022年5月11日発行のFA・自動化の専門メディア「オートメーション新聞」PDF版です。
SEMI 2021年半導体製造装置販売額 初の1000億ドルを突破、ローム デルタ電子と提携、FA・自動化業界市況データ 1−2月、などFA・自動化の最新ニュースを紹介。

このカタログについて

ドキュメント名 2022年5月11日発行のFA・自動化の専門メディア「オートメーション新聞」PDF版です。
ドキュメント種別 その他
ファイルサイズ 7.4Mb
取り扱い企業 オートメーション新聞社 (この企業の取り扱いカタログ一覧)

この企業の関連カタログ

Industry4.0・IoTナビVol.1ダイジェスト版
ホワイトペーパー

オートメーション新聞社

Industry4.0・IoTナビVol.2ダイジェスト版
ホワイトペーパー

オートメーション新聞社

産業用ロボットナビ Vol.1 ダイジェスト版
ホワイトペーパー

オートメーション新聞社

このカタログの内容

Page1

2022年(令和4年) 5 11 第289号(水曜日発行) Automation News 発行所:©ものづくり.jp株式会社 〒231-0062 神奈川県横浜市中区桜木町1-101-1 クロスゲート7階 TEL:050-3503-9311   が近りを直すし呼 と直と要はいよよめ す行るけ  略のは  年5キIち回象の  こ の始顧 現い、著し。めばIがしに望なかううるし。わ。、顧 的開、ロ か年ャe4答に会調 の 精ま客 実技ましはこるれTあ」直やい」なにとか れ技新客 パ発電ー よ で術たく、の状、業りと面、」「機修、し 術し 顧 ーと源 ローム らかリr割を行員査 ロボット 度る依 る か 5らアと以得い企は う と前頼 す者そ下技よ況現界まいし要と求能正「、 業系い ム ら ト量用と 年10をし上た、業、 SIer協会 SIer各社 な 明のの 。にのげ術うの場ですう、求いめやしこ実 の製 ナ産パ が年持てが。12S 状 文技開 集しる系な典のは。状「のって性てこ際 務企品開 客 の 発 ーにワデル デ 3がつ10ロ回40I 況 化術発 中わ要企開型エ「 況開変たい能ほをに 業や 依 シおー 電 割2企年ボ答97e ロボットSI調査 に がの業 す寄因業発例ン出 に発質顧たをしも仕 一で技委 ッけ半タ 弱割業以ッ者社社r な 決仕務 るせのの業とジ戻 直業と客の追いう事 つは術託 プる導電 と、で上トのかを協 ら め様は とは一業務もニり 面務いのは加」少が と一を業 頼 を戦体子 な1、のSうら対会 な 手書 い現つ務の言ア」 すのっ後こで「し進 い般開務 源ル らんしあS公事(  売 い う場で効やえをと るやた出れきここみ え的発を の 製の電締 シタ 心が部業数きロ っ かでてりI表業SF た のにあ率りま苦も こりこしでなのの始 まにす受 開 造パ源結 だ多品とを合ボ調て におい、業しにIA 技ワ開し っか関食超いッ査い なりるロ務たつe・ 製造業・世界と戦う担い手づくり 術ー発た ス たっ連品えがトにる っ、様ボへ。いrロ 発 をデ技。 テ電 がたか、、増Sよ。 た採子ッの2て協ボ 技り 組バ術デ 、。ら半特えIる 。用。ト引0の会ッ 業 みイとル 中大の導にた業と もしシき2ア)ト エキスパート 待望 合ス、タ 小企引体自企務、 難かス合1ンはシ 務 わ開ロ電 ム デパ子 企業き・動業へ21 航しテい年ケ、ス せ発ー子 業が合電車がの年 し技ムもはー会テ 術 ▶68 の 、・ムの バワ か中い子産半引は て術を売20ト員ム 上 「 ( イ と い者取り年調各イ バ窒適幅 スー てにら介く自ルてら る不り上に査社ン イ化な広 共 増関の、、社ーいの な足巻げ比をにテ 者 す見は  す文ゴ術 きやな日階文若 す「す化の「しをめ ス 6い 加し紹ロ次のトる引 どのくもべ行ログ 。失、技 技技 る化ー者そるりく々で化手し。本。す要実ょ心に 出 をガ0電 して介ボい営は。き 課深環増ていボレ げ こう「術 術術 こすルもうよ直、のです技か 来もる望際うが、 戻 共リウ0源 同提 たもとッで業、引合 題刻境加ロ、ッー の・到的 とると何いうし何業きる術し マち」をにかけ技 同 Vシ と、続ト商効展きい 感化は傾ボ結トタ 不 よ見達 計の な 画仕 がともかうに」よ務る、者、 ネ 仕作 な術 開ム耐ス い20いメ社果示合も がは成向ッ果S協 う誤す 肝いいを意なをり効よとが現 ジろと様業。く者 り 発)パ圧テ 開 う年たーかが会い多 明進長にトをI会 なるべ業 の様 務 立書 要うう始味り回、率うい仕場 メんい書を最ては すワGム 企に。カら一を獲く こ」きで 案は でこべめでま避「がにう様の ンこう も のこと始大はど 」が るーaに 発携 業比売ーの番含得な 拡 とと技避 に すときるはすす技上なこ書技 ト手といめ いの 。デN最 がべ上か紹多むのっ 足 発い術 不 。を仕前、。る術がるとで術 の うる切けよ 生う的け 可 強様に現 こ的るこが要者 仕のに形前ななう 多 プa源各は地のV3  な44し造ル  んが 答益4 すこ目た 欠 く書、場 と業だと早望、 事仕なでにのいな 拡N回種じ局量耐月ロ り%、装市S の増単しも割 ると標い 意をその が務けでいを特 」事り明顧はのこ い 充」路Iめ・産圧にー 、増2置場E 2021 こ加純た増を解大 こでをの 識明の技 でので、段明に ではま文客、でと をと向oとデ体G業ム 初の0 にM としに。加超 進しけTすー制a界は め12のおI 年 、た引 傾え めてに通るタをN最、 て01販売けは 自こ合 向、 定量的な要件示し仕様書作成 てラ「信産セ確 高2 12年 る、 初半 社と数 に3 いイE機業ン立Hの0 06は額半グ では・ あ割消 るンc器機タしE12 0億前を導ロ 導 ロも受 る強 し 。アoの器ー、M52 0㌦年公体ー ボち注 とが ッG電やを基T0年 億と比表製バ の体 ッろ数 回利   でにれもは書な立 理はる術画 向つを業べや何 のと 駆み災ロし72  年 ㌦ 1000 製 が 仕 作技 し近な仕いける案そ解当」的が「にい中務でっを技がを たとをソとト 様 成術 ょいい様けなべすしし然と業明結あて心をすて目術、避 けを害ー、月年厚 全7 比地の 造 こし行フやの 成 書 す的 う若の書まいきるてなとい務文局り軽に早。い指評「け 、実防ガ各1度生 国月 で域大 とてっト、展 の 。手でがせ」技に、くしう 化のま視、くじくし価技る 6施止ン職日の労 安 58別台 装 なのたのシ示 鉄 るな 技すなんと術あこててこのでとす、こ前っのて計術の 月すにの場か全働 1 %でを ど知こ活ミ場課 則 際仕 迷 1る関掲でら国省 増は突 が名と用ュの は の様 術。い。いのたのは、と きこがまのにくかど画評に 置 者ことつう仕り技い現を走なろ、た技進り、のは価必 日。す示の7安は 全日 の、破 億 功度、でレ開 、 留書 が かそるな巡日全、 2中し 販 をがS事ー設 長 「 意を もの業まこ様、術け場マ始いこ は術め考とよ技計須 厚週か 点 認事務りと書「評まのネ 時の 回評たえいう術画と られ取ど視ま週2 労 顧 識実を、をがゴ価せ技ジま点よ 避価いるうな者」も 30にり労やで間0 省間ら 9国た ㌦売 奏高I前シし題 6が。 しまe検ョた 客 すを始そ忘なー計ん術メっでう す計技よ道こたでい 日先組働スとを2 億前 額 たっr証ンこ の べ現めもれいル画。者ンて、な る画術りしとちすえ 要 き場らそてととを もトい技計 傾に者もるをが。る 県伊作らン り開働全資備ま 国年2 初やしはえ足い れ体騰投と争と )瀬品ずはま組催安パ料期で は連0 を め仕て増、とて技る化、資、がし のり顧 ーせの様 明すと「いにと望 吉田 州一郎 の知の怠「たみな全ト等間を 55続0 の様いや5いは術と率引のコ激て 場ま客こルれ仕書定文。い可 ついを (よしだ しゅういちろう) 作太なら安、をどにロのと全 %で0 工定るし割う、者しのき減ロしい っ 合すがの」ば様が量化そう能 いう定  FRP Consultant株式会社 品三かず全今実、関ー作し国 増1万 程義。ての回不のた低合少ナくる た 、が明仕がい書で的すしこな てこ量  代表取締役社長 がさか」は回施さすル成て安 の位㌦ 突 をと特い企答足過。下い、禍な。 定 技、文様設いにきなるてと限性はと的  福井大学非常勤講師 選んら。 のすまるの・、全 2。と 担いにく業でと不 なに材にっ一 術残化書定」書れ要こ、がり 、でに  FRP(繊維強化プラスチック)を用 ば 広全急スるざ講実配安週 42な 破 えっ企意が9非足 ど対料よて方 的 れ(的念でにでとかば件とでポ数 大す細 いた製品の技術的課題解決、該関連 島8がロ。ま習施布全間 9位り るた画向採割常感 もす費るきで 広 ななき明きいれ、ががきイ値なき。か た 県5ずー な会、、広の 億の、 人一構を用をにに 見るの設た、 表 業界への参入を検討、ならびに該業 業がる記まうた「明大るンで い技く 。島の8焦ガ 取の労安報準 8韓2 材番想示数超不つ ら具高備こ競 現 界での事業拡大を検討する企業をサポートする技術コン 務らケすす「要成記切だト表 、術表 を サルティング企業代表。現在も国内外の研究開発最前線 を、ーる。明件果さでけに現 小的現 省  万はは0は0 てのとい子にる媒しリ立のス機の 避 で先導、指示するなど、評論家ではない実践力を重視。 委「ス要 確を物れす細なす さなす 大ア アズビル ㌦17 30 45 0 いミ求こ。はが体、アつ専テ械不 託多も件 な満はた。かりるけい要る 複数の海外ジャーナルにFull paperを掲載させた高い専 連ズ 、%%万%0 るス職と応つ、を人採。門ム設足 すくあは ゴたそ仕 くま」、と件」 門性に裏付けられた技術サポートには定評がある。 のビ ヨ増増㌦増万 。マ者に募な満使材 採技制計感 生ル 中 ーののとの㌦ ッの加者が足っサ用用術御、が 産は ロ76 78な2、 チスえ数っいてーのは者(電強 つ冒望のかのが にえす化  な取とをて とる明術 のとる 拠、 国 ッ億億っ43 もキ、がてく募ビ両新のP気く な頭の出し手苦人なる。は仕 大は要仕 りるそ明いでいよ記業そよは企 点中 ア パ1㌦た9位 多ル求集い人集ス方卒枯L設、 が述明発結順手のる要相、様 ま、の文るきううす務のうで業 ・国 は0、。億の いとめまな材しやで・渇C計続 りべ文点局をな話か望手 書 き後件様 か すと活化こるこ、るを場できで ア遼 ジ・ 23 0北日6台 と経るらい採て広対キも)、い 、た化との避方をらをの な々の書 なに 代ま明に 。い字しと限と顧技受合すなは ズ寧 大 %0米本0湾 し験側な様用い告応ャ目等シて 結よ」もとけの引で引頭り記果うがいこよ多きすきの 載 償で文記 う内、をりで客術託に。い要 ア の に残化載 こ容内精顧すと要す必 」件 建る9出軸生は 写場ビ の連 字特電をみーコは ナEツ印レ  独 とな増 となでえろうい出。出中負す 直るのさ とに容査客。議件る要 とを 築。9荷と産、ア真棟ル 需 装殊子中とな秒、フジR・字ー日 製りの し「きること技す すで荷る 結 不れ がつにしの 論を側な い明 面新4のし拠同ズ。を機 置用機心しどの2 ーGP装ザ立 造、32 て出な、のし術と と潜 要 す 十る ポいつた言 を明がの う文 に ォ 積工年中た点社ビ 建器 要 を途器に、の超0 社YH置ー産 企 装地億 は戻け「準ま者い い在と件 イてい上わ 重文仕は の化 は場か核アととル 設( 展向、、ヨ先短0ト)社Oメ技機 置域5 納りれ顧備すはう う的なの る 分 さ ン合てでん ね化様、 がす 業 約はら拠ジなし機 し大 増新 へ工 開け半医ー進パ1ンエを(Tー術シ を 需問0 期」ば客段。、こ こにり明 ト意顧そと るで書「 実る 9、稼点アりて器 竣連 。レ導療ロ的ル年 買フOカとス 要わ0 遅に、要階しこと と抱ま文 とを客れし 」きに技 情こ 63働との、初( 工) 対 近ー体用ッ技ス創ナ収ォNーレテ日 立買 がず0 7階しし生中の大 しに ジ 力し技困こ術は うしの感ン 感ま客がいり でてたマを戻に延 償てれ 0建てて産国海連 た新 応場 年ザな器パ術レ業 しト のーム 拡半万 はーど具市をー。ーたンEドザは産収 大導㌦ の、術難と者やこかく理覚のこじくと、う、Cしは、ネ待り手々先を現や 平でい1・を外) =工 ア印のや場強ザピ社。エNイー、機 し体と 基着業にでがはう。し解で難のて取のそ苦売Oょい若ジつ」をとに払場不 礎実務な、活りい て」進しよいれコれ境上Vうけ手メ必を抜払楽うの必 るな方床(れ稼2動程画生効立心方 るルグコ術ェ主回事ーっ中ン  0年てジ て ににのっ今字、う いとめさうまなミ以を自Iかま技ン要最かうをこ疲要 需り㍍面大に働0化の。産率、と㍍ 。事事ーがッ要の業デて心ク日ユーロ度いア い な前「たの化「時 るいてがなすいュ上述体D。せ術トの小ずのしと弊な 要、に積連よを2設立4ラ的塗しと 業業デそト技買をィ世にジ立(売る・ る る進出時よと活に のうき、コ。」ニにべが― ん者はな化にかてとと経 拡ア拡は)り開3備ち月イに装たな 拡のィろ技術収展ン界、ェ産約上。北 こ とす戻代うい字必 でこた今ミ とケ多る下19 。によいす取、後ない費 大ジ張2のア始年の上中ン配、、り 大強ンう術でに開グ1 40ッ機6高直米 と 考るりになう化要 はと、まュ いーい企が いもく前るりそでるっの にアさ万工 す1導げ旬を置検大、 化グことあよし・0年トシ8は近事 が えと」あ情武」と なを「でニ うシの業っの か指理述の組れそでた浪 対をれ2場ズる月入をか設し査型工 がと・とレるりてマ0以プス0 47の業 わ まいをっ報器でさ いさ顧何ケ こョはもて影 が導解のかみとのし多費 応中る0全ビ予かも行ら置た、加業 期グマにーイ、いーカ上リテ0万2も か すう最て伝をすれ でら客とー とン、いい響 でしし問。、も代ょく、 す心こ0体ル定ら進い順す新出工弁 待ローなザン印るキ国にンム万20強 っ 。原小も達持。る しに要なシ だが「まるも しな、い結「最償うのそ るとと0の機。全め、次るし荷、を さーキりーク字。ンでわタは円82化 た 動化、がつ技の ょ難求くョ とう顧すとあ たくまを論出初を。代し 。すと平延器こ面、自工計いを組中 れバン、技ジの今グコたをイ)。01し 。 「見える化」は「見せる化・魅せる化」まで引き上げよう で販持戦日がの言いら注視現はな発が選の業常も大は知始姿集もをうが改動造るき知なお夢た業こな し路っ略本新自う状れ者察場、い信、択デの的そ丈効りし。めっ改か、善を現化をっるろ中。かとい てはてにのし信と態るはがや製だ強内やー魅にも夫率たた顧てた善?果や数場」与てにそに確理を。 こ開自弱製いと、にこ企あ人品ろ化向見タ力う信か的いり客まいや た効値のにえもはかなか解発もとだて企「  そけ社か造ビ魅積しと業るもサうすきせををま頼、にの、やとな業とし率化稼取てら、にりにで信っやいい業オ先 本るのっ業ジ力極てに全の含ーかるの方ど高くに与行は検取めい務いて化し働りもう自し、、きすと媒たてのー日 当。等たはネを的お慣体はまビ▼材思はのめ見足信わ、討引たと効うゴに、状組らこらて自業るる自体。参いトあ に見身。つス伝にくれをそれス企料考工よるせるやれ飾し先デ思率のーつそ況んっとのい社界よこ分のそ考ろメ 生え大そつにえ見こて見のるだ業にか夫うこて会財てらた、ーう化もルなのなでたは情たののうとた情のにいーる きるのこまつるせとおてあ。けを使らしにとい社務いなり特タかに、はげデどい▼不報。こ情にでち報一なろシ新 る化姿をしなこてはくいら取で評う脱な公はくかはるいしにはらつ見そよー自る製可を信と報な、がが方るなョ規 。はを解くがとい重、るわ引な価発却け開でこな問か本て新企だなえれうタ社企造欠オ頼ををる周取少で」情ンの 、見消、るにく要見。れ開くす想しれすきとど題、当いし業。げるでとをの業業だーさ伝載」りりな、と報新お 見せし情。なこだら普で始、るも、ばるるで。な品のるくの見る化良いもあはで。プれえせとも組い「褒が聞客 せて、報こりと。れ段あ前そ際必外なかは、そい質姿と取等えだのいうとら多も良ンるるる指どんの自め掲はさ るい自やれ、はさてかりにのの要向らのずそこか管。こ引身るけゴのもにゆい「いに媒ここ摘んでは社て載多ま 化け信Pまそ企らもら、工製基でけな取。のを、理生ろを大化でーだの業る。見気し体ととさない良のいさくか まばをRでれ業に良見発場造準はにい捨ど企恒そは産が開のではルろだ務活製えづ、にをにれ企るくこたれのら
Page2

2022年(令和4年)5月11日   (2) mンつッー御を  ト 能85ク求共採遮  9売の競カ代をいっのでを製要げ点ばをのっ規てバ  aソいトラ機構オ 用まを13ラめの用断新 0力差合ーと重つたであ見造はてで需大時て模いラ経 cフて統で器成ム はた有―8スら電で技製 年指別がのな視き②生っる業増、供要に代規はくン済  ト、合統をすロ オ 同、し21 1Ⅱれ気、術品 昭電 SPD 新 末向化激供るす、そ産てとがえコ給はしの定そもス活 Sウシコ合一るン 検ム タ電て)―(る設業「は に時製化給③る品の力、①たなス側飽、技さののを動 tエミン制つロは生 イ源いに11J、備務S、 売ダ価テP月たのス  設 は代品す力や製質後の供戦どいトが和技術れ時で保は uアュト御のボ、 ロ プ用る適/IJの用I同 をー格レ―21「機(昭 製 顧とでるはが造・、指給後っ。を生す術がる代あち需 d「レロすコッ生 査ン とコ。合CSI雷機T社 計ブはビ2日サ能S電 客な勝と旺て技納供向不はて戦下産るが需。のるな要 iSーーるント産産 しン し  S保器Sの 画ロ1用PかンとP( 品 満る負、盛製術期給時足物き後げ効。停要つ技ががと oyシラロトと設   てセ た5C規護や」安 。ッ万(Eらダ民D東 足④す競に品指・力代だ資た日て率そ滞のま術経ら供  sョにボロ制備設動ロ はン 性3 格で公の全 出カ9T)発ー生)京 置・ を1る合なメ向価はでっ不歴本もをのすパりに済動給 荷ー0B、売ブ機の都 追9販とりー時格追あた足史の需上時れイそよのいの りっ練 能計に3 備 ボ 作ッ の時 能源接接とパ器業 開シ0PLしロ器新墨 サ 、てし外を用、D 専にさ。回続続とクを界 始リ0―Aたッ向製田 む代ば要で に 進っあは⑤ケ及 そいた観追の検シ立 ト 門求ら 路すすもト内で はー円TN。カけ品区 プ ー 電でし請き製入 めたる、令テし のる検検加オ査ミ 統 的めに にるるにサ蔵初 6ズ〜V用電ー用と) に 設はてにた造っ な社い製和ィて 自 動工 査査しフのュ ならS つ全と、イしめ 月全3)(源Pのしは 資動き応販業て い会は造にン製 程員はたラ自レちの合 知れP いてOOズたて 1体万のTコr使て、 ビ 材力たじ売のい 社の社業入グ品 化 のい。イ動ー 識るD てのAAをこS 日で43Bンoい、サ ロ の機。て店発る 会問会でっ指を 設は目ま ン化シ コ や雷取 保機タタ実とP 。年4タPセシや業ー ス 需器生売は展。 的題的もて向供 備多視だ 教設ョ上仮ン 技害り 護器ッッ現でD 間0イ―ンリす務ジ 専 要や産り製と 指をモ安い時給 のくでに 示備ンげ ト 術対付 がのププすコ分 20プLトーさ用保 を配力上造共 向避ラ全る代す 開残行熟 機設」 な策け 可電ににるン離 万円がA用ズを機護 取電指げ現に のけルや現とる 想ロ 台。あN(」兼器デ 仕 りに向を場歩 時てと環在なマ ま設 がちと頼発 90 ー け に機示ン/ るがど のサり)Tを備向バ 門 込絡時伸のん  代はい境でるー と備そ課上同るも 、設な械、セ寿し。でが 販ン、、B4しけイ めをれ題げ時こ熟 て構にとににと練%教ラ ネ置っ式Lン命か きな ジはてでA のも るく 様 る建 業の業で 浸 展は盛見技指のん 制成対な時、がの ー 取、い表Nト用状、 よて 。つ一活一活き販透 示新なる術向活だ 御すしっ間実多設短 りレる示用は態S うも 二新つ動つ動る売さ 会製需見が時況販 知 マ時 でる同てが機く備 付ー。でとLがP に簡 つ工目がにをだ店せ ・品要る自代で売 き各社いか調、開 けル きT 、D な単 目場のあ三展けはた セをに大動にあ店 を る機はるか整自発 、取 るVE電の っに のの【っ新開多ふ。 ミ次応き化入っが 統器生。るや動者縮示 デり よ用D源正 て設 【新新た運しくく ー代ナ々じく需るた慌 合を産 の立化に ス付 うは表コ常 い置 新規】。動た取ら ーとてし要と。た 識 】開は と。りむ 等開メ、の自製だ 付こ減設コトュ間 削に備しこコ い%お害し き(㍍べク 手 は拓次 いそ込需 で発ーそパ動造し けにを計ンウレにさ減、 、とン る(り対て同)高 る上 次で々 うのむ要 ケで広しカのイ制技い 性 ( た検進とトエー設ら。設能親でト 。約、策S社。さ 。な 々あと 営中営を くてー旺を御術程 幅 ア査め立ロアシ備に 定を和、ロ 40全事Pは ) サど 不 ー用てちーをョを、 や上性自ー 億社業D総 ×)イ多 軽 っれ滞上る要を活  たをの見込るんと ムカい上ラ提ン再3 調 を動ラ 円売に中合 67×ズ様 たた在げ具が訪動当 テ変。す顧つん。で誕 ロメるげに供で現D 整げ生化を )りも心安 ㍉71はな 90。時は合転問は時 る客けだ三新生 ボラ。工よしきしで のるかを提 を上注と全 ㍍・31方 年販間客でがす活の ィ化 とにた商つしす ッを今数る、るて仮 手とし容供 占げ力し企 (6・法 要 頃売に先あっる発販 い紹ら品目いる ト取回の設統ソシ想 間とて易す めのした業 奥㍉8が SPD「サンダーブロッカーPro に に力比訪ってとで売 う介、での需新 のりそ削備合フミ空 をも設にる て24て雷と 行㍍㍉選 シリーズ」 は指例問たい、あ員 営しそ新【 製 機向す回かるそっの ンす 業てのし新要品 可をしワカへをメフ再像 機し動 かえこプr「販一リ  器がる数らとこた客 活商用い】をを 能正てーメの判ララ現の「能、作 けるでロoサ売般ーサ や強とと、言に。先 動品途用は開売 に確ロクラス断位イで撮仮をテを てSもユシンを民ズン 部くい客売わは顧訪 だ拡を途売拓り なにボのとナで置ンき影想追ィ仮 開Pだーリダ開需はダ 品なわ先りれ需客問 グる っ販他をりす込 る指ッ座ロッきや上、を撮加ー想 発Dれスーー始の1ー 。定ト標ボプる画で撮仮影しチ しとでのズブし電9ブ アる 拡全部しこよ 業動ー化進 なメ ましのをッ機。角確影想機たン空間 たしも高」ロた源9ロ プたこ大て品てとる がをカがん商っー たて移自ト能「の認状空能。グ 。て簡性とッが用9ッ リめうををま、②売 ①強ー始で品てカ 「教動動、」対正し態間」 でで 約単能しカ、と年カ ケにし狙刈で高顧り 回社競化戦ま、のいー ロ示位演検は象確、を上は き再 3にをてー今しにー ー高てうりを機客上 合し略っメ複たの ボが置算査、物性カオで画 る現 年使ど、P回て、シ シ機売こ取、能をげ 帰会商たにたー合。供 ョ能りとっイ商深ア 品。乗。カ化 給 ま完ては動30 アー整で回を能ッ 中 ル開T小ッ  ン商上でてモ品くッ 切そっ販ーや 力 た了い、車点具ッチすき避持」ト ンタルーチ ジKフ型ーカC接ツる防程工  、F提発シ型ト本本多通信工業 例品げあ売ヅか掘プ バさた実部の体プンるるすっはパ プ、、キや同ョEト送レヨシ続ーI止に程ヘ 産 供しリ中な多 の知をっりルらりを で的りのた売競高 は A 替主営店合機 旺 ーせも機品検的にグ手機るた、ス 、グ電ンプシンpウ信ンケリタルo(お・ル 業 を、ー継ど通 F 勉識上た上式電起狙 えな業はの能 盛 チるのでの査な役作間能経状ハプ 結リ動グラスをlエ機チ用アイ」Tポい検ツ 用・開7ズコF信 強やげ。げに機こう に営活メ激が に ャこがはテ項効立業をで路態ンラ 束スド イテ発uア、向受ルプにツカて査電 ロ自始月」ネA工 狭A 新価 ルと約1ィ目果つの省、をでドン 工ガラペンヤム売s「生け信出とつーヨ作工子 ボ動すか=ク機業 機 でが1日ーがは。スき干自障やニ 具ンイ、ーはし」P産ポ機力Rいルケ業程は ッ化るら写タ器は の質をっ た一かく マに売業るマ顧会 小器 の可時かチあ、 ピ、渉動害ワン な、バ レ、たのO工カ、タSて「)者な、 トが。サ真「向、 気か受てメ。本にな ーは部は。ー客を テ能間かンる20 ーテを生物ーグ ど検、電ンル=最K程ヨプイ―、ポをのど組 は進 ン=Nけロ 向 質らけきー のしっ ケメにマ機ケ満頻 ィ。でっグ自〜 ドィ調成をク機 ポ印リ動チク写新A支ケラプ2Lカ支ミ生み 小む プをSのボ のけ がやたたカ 営てて テー分ー器テ足繁 カスベツ、レ真バY援用イの3Aヨ援ス産立 強や。販ー 業売し ィカけケ部 のに 小 イ信プ信  業事モー ヨタッーマン。ーOソ薄ヤポ2Nケすの工て でる同ニれー多型 く遠販売の スるま 需値ンーらテ品ィン多行 ンのロ用ア は前ーチ のも製ー、 様、 配型 なの売店営 タかい 要観グのれィメ 様っ ス タ制セのム ア 微準トン っい員は業 イと、 の販たンーグ化た ー御ッ通ニ通ム 調備でグ ヘルツ電子 ポカヨケツール 配の品ズコで化軽 中 線ではがネ が量 継 たては強戦 ルい商 能売。グカ指が。 線 フやサ信モ 整が立が に、そ出クの進化 。売商い略 にう品 力員結部ー向進や ェ周にモは だでちで 適狭れてタ配み、 コ 現り人影に な販を がか果とのとみが ー辺、ジ、信ニ モ けき上き LAN接続タイプ受信機 し小らきに線、多 最ネ 状子気響乗 っ売い なら的販営な、て ス機LュL   で、げる たスにてもが狭軸 ク の器TーT 済現作の 中ペ対い多求小化 タ 営をてる受がを るじす呼るえ業のう物 なマぼ件で 制向EルEュモ む場業で か績 すにわOソンポで1りは 可た業員ケ 継ー応る様めスな 適 業回い。け、受販とメる応メては変。事令っのし等は 御け通の通ー 産 よ作やリ 、の作るポせKフグカき0付、L能工実数対 用スす。ならペど が復るそるしけ売はーだしーい、化製が和て進のを競 腕記業こカるEトがヨ、0けポAと程績管応 求さマれ影かる店限カろてカくそに造変時い捗なテ合 ク産そ装な めせーに響り はらーう新ー。れ影業 代るをいー状 ト業のすどルジ業 えは う 時録のとヨこpウ可ケ1㍍らカNすへ管理工 ズタ コ る3まに 計保員がケとlエ能対台のれヨ接るの理、具 でイ芯ネ らてケはがなのはメなががしも製を響も わに。管よマ況 ル用プるの のDたな 型 数でシでuア。応で距たケ続も速、ワを かプ数ク れ新テ半よが当ーいそこい当造技さ社 っは 理う化や ールロ新ル 用 でC検る 送存 る需ィばりら カ。のれ商然業術れ会てい すにし出 ターセ技ーに小 、A査。 受が 管きス、s「生工無離送対タのやポー用 んがはタ 理るテ安」P産具制で信応イ。かカクい 合あ6と 。要ンな大顧然ー こま品、にでる的いろ る商てて ータッ術タ 型 新D対 信でや。ム価とO工と限無機工プ ながごた 時り芯な をグく事客での とで開そ供乗。価くい 営談取く Aーサをー き 機 製デ象 機 作 をで組K程ペの線と具受 対発と作 全、とる 追感なにかあ影 をと発れ給り製値だろ 業テりる C「を開機 品ーの やる業 構簡みA支ア数通50に信 処生の業 長小10。 う覚っならる響 す同をにす越造観ろな にーこ案 10コ使発能 L のタワ 、ほ実 築単合Y援リの信〜取機 をし作の は型芯 」ンっしを T 実がー 業サの =パた、実能 物使ク 追ンンテか―型間ン―用リ 可作たSラニL 界イ2 E 加な用ク、P送にチE受アま能業場通ウッA 常た とブるータるにバ幅ッす通ェ能 写 もりのが しどのト送L信発でX信ルたと状所知ドトN ない折い配絶構円は11φ㍍最 時デ同がルたムー。でイにサる信ーや同真 実、設な たのイカ信R機信クS機出、な況にな経に接 っ破損る策縁と形凹・9。小 接バ製で対めウフルきス削やこモス周技= ル 現生計い 。オンバ機 「すラ」「力Rっをいど由よ続 て損防。作体挿状凸8・外サ 続イ品き応、エェー の減そとジを辺術を で産 状 プクーを」Tるン、TタSて通るをでるタ いを止ま業部入での㍉7径 をスはるも機アータるメ構でのでュ制機は発実ー 製 タ き立造態 シの、保を発WポププWイ―い知ス通メ製イ る防構た性の時、少㍍㍉サイ 前の同。柔能でスーリ成き周、ー御器、売 るちがか ョつチ護 ―カをラ―プ2るすタじー造プ 。ぐ造ロを色の誤なと㍍イズ 提第技 軟拡実制機 を、辺外ルすイル開 。上 ら ンかェす売8ヨ放イ8ポ3、るッてル設I 堅でッ向別ロ挿いな、ズの と1術 に張装御能ッシI回部側るンー始装ー げ可検 製なッるす1ケしヤ2カ2 こフ、や備/ 牢意ク上にッ入スる10は17 し弾を 行やしはやトンo路プに機タタし の能査 品いクプる0用たー0ヨC と等離S、O 構図レさよク防リ。芯6・ たで使 うトてフイがプTをロ実能ーーた 短に設 もペペロほT薄瞬レRケシ もにれMクユ 造しバせっ音止ム外で芯8 設、っ こラいァンあルデ大セ装をフ機。 縮な備 となーてて、機な観φで㍉ 適済水工ー端 るに施作のバ 耐ーるァで実 い早長ド アしるモ込10部ク計 88万 で対すうsテシがノ分をうイを要ノケ たe「を  と端道場や末既。軽で業連イク久のバーL装こる期化をまッてほリみ秒電ア思 万円価き策るこuムョきイけ算二ズ背性イー同。rN特星 計ノ な末関用コの存 減きを携スラ性エッムTでの。復し搭たプ原かー処以源ッ想 円。格るにことa「ンるズ、出つと景がズシ製 」o定和 測イ っへ連設ン置の す、クに管ウをラクウE外ほ 旧て載複に因、ク理上がプで 。可は。かとでlN製計源素しのプに高対ョ品 =i 電 ての設備プきI る運ラよ理ド持ーアエ通部か も障で数役調障ラを動遮機開 視、 かもノio品測を早て信ロ、ま策ンは 写sす機 すズ い搭備のレ換S こ用ウりシサっにッア信ア内 可害きの立査害ッ完作断構発 化本 るでイziのツ特くノ号ータっのの、 真eるは る源 る載の監ッえD と負ド、スーて対プ二がン蔵 能時、Sつの発シ了でさを。 シ体 工きズes可ー定簡イかブーてニ増無 = 計、 。な監視サ、N 担経保テビいしで重でテア との回I。ス生ュさきれ搭電 スが 数、をre視ルす単ズら信ゲいー加線 をF測ノ 星ツを ど視、ーボや がを由守ムスるてメ化きナン な通線M ピををせ、た載源 テ3 をノ可」 化。るにを寄号ッるズにア 発iツイ 和ー特 に、上なイ3 で大で運」「。強モに、不テ っ信をカ ー通抑て書後しパ ム9 削イ視をVシオこ真切与とトこ・よプ 売nーズ 電ル定 最決下どラG き幅実用とデ いリよフ要ナ ての冗ー ド知えメきも外ッ は2 減ズ化使iスプとのり度いノと重りリ しdル源 機 ●
Page3

(3)   2022年(令和4年)5月11日 l  (ン賑 大 f図 東ボわ 京びい ジ 市 a面 阪 場  管 会っを ャ D理 アルファTKG 新 場く見 )りせ ン、 ・ Oシ 企 Cス 見る Kテ 板金IoT DXシステム 製 本ジ ボ東 び 」ム 品 市ャ っ京 業 ト は「 、a ・ くと ピ AるP理  銀なE  =本  そ設 A」シア サ めっV日 ジ市「 ッ れ計 SI、スル って用本 銀 ャ ジ り ら図 tと板テフ きいコ航 ン2ャ 見も ク に面 uR金 ァ Aー ム 膜たネ空 め ボ0ン 本盛 ス 記や dP・ T の電ク電 「 日 び2ボ 入作 iAシ K ビ 「マルチリージョン型デジタル電力 摩気タ子 本 っ っ2び 市 さ業 oをーaG 新 最適化技術」(図枠内)を実装した 耗接の工 航 く」っ 況 れ指 」搭トl( ス を続課業 空 き り(く 閉 た示 を載メf東 クラウドサービス「マルチリージョ 大部題は 電 見主り 幕 アルファTKG 現書 発しタa京 ソI ンEMS」のイメージ 幅のと、 子 工 の 本催見 高木俊郎社長 alfa DOCK AI-Pro 場、 売たル 都 開第CD中  術型す炭業ニ   たaに 業 摩 でりスれ京大8市 入やしにA「れAるーるぐ面行取めをデラ段メか 始4AO央 リ 同」デる素向ュ三 拠 E。r抑 新 のに感たビ阪、協 、メと設IaたI、ムサにやっって、ーに取ンら し世DC区 技をジ「化けー菱 V z制 技 対大染。ッで9催 個モ見置―l専、デやー呼類てて、Rタ管りトの た代/K) 、 術開タマ目にト電 三 点 の eす 面阪症新グ、日委 人、えしPf Rーオビび似管デ内P 理書やフ 。バC」は ュ は発ルル標、ラ機 菱 電 充 rる 耗 開との型サ4に員 認コるてra用Pタフス出図理ー容Aや術 さと検ィ ーAと、 R 、し電チの拠ルは 電 O新 催東影コイ月イ会 証メ化図o ハAスィ。し面しタをで図れい査ー ジE工板 再た力リ達点を、 機 の 時 」技 が抑 と京響ロト22ン) やン、面」Dーがトスサてを、の自1面てっ結ド ョ「程金 ー エ。最ー成ご目カ 間 を術 ネ 適ジをと指ー 電脱 短 開「 誕 力 生制 なのでナで、23テが Wト検のとOド組レにー入A必紐動カ、いた果バ ンa管業 っ23ウ開日ッ、 E等査呼、Cウみー設バ手I要付で所書るバ、ッ とl 界 電 化ョ支のすボ 縮 発w た会年イ催にク4 Bの結び現Kエ込ジ置ーででなけ読に類 理 各ラ機ク 、f 向 シ 力 技ン援脱企ン 最炭 の しe 。場ぶルさ東ス月 会記果出場 アまとすルきす図をみ集等種バ械コ 業aシけ P 務 スD 託時かを等量要の 適 テ ョ 送間、自を、予発 制に蓄 考環 電 化素 たす気なわれ抗要た 2び会 賑日堂術電ネ  ーaこ業面生シll 進現の保ントど撮か0S議 効C X 。る特どらるのがめ 」っ「なわ、に、気ス会 ト とを管産ョff工す場再存とにの影ら0Kが 率Aム製 拠 測 技化 そと性にかが低あに もくバおい途集F設チ場 メCが分理管ンaa程るで利・しなソ、類」端で 化D「品 度放電点慮境値量 れいやよく、いりは 併りー、を切結A備ャに タAで配を理と  管。の用管てっフP似、末き シ」aと ンA を電池 l 活すに内 し価 、値、 予 測 術支 にう挿っ、銀銀、大 催 抜て繰めめ通電 さ見 チオ見れ。な、ンは ルDきし自となDE理 デな理提たトD品図「る スの し f 用る充で再証蓄値 を 対問特摩りっっ常流 れ本 ャンせな両ど工ス、 専」るて動工りORシ ーどや供ソウF検面N多 テ最 て 消 電 し題 市ルラたい会の具に新 用は。効統程、CPス タを過しリエ自索のN機 ム新a、 や しか電 エ書 、 性耗返ききはを た ジイ。来場企、つた C板「率合管RK」テ 活通去、ュア動、自F能 「版 図 別、し費ネの池電 開援 同が 発 がしし膜が電流 。2ャン 場と業施なな A金a化し理Pのはム 用じデ図ーが変カ動―K RとE面 を 拠自てす電価の力 技あ悪て嵌は使気す 0ン展 者もが行がビ D・lす、、Aオ、「 をてー面シセ換メ整XI PなR管 C 点己別る力格容需 術っ化電合やわ抵必 2ボ示 で終一技るジ /シfる作図でプaa 促、タのョッなラ理4O ッ と求々小る画透分まのに るっすには ンC A ケ今なすの化全を明単た組融 銀きる特、 でA 活 ー後っるコに拠策性位電み通 同膜こ殊銀 NTTコムウェア はE ジ、て場ス加点定ので力合す 士のとなめ Aで D 型電い合トえのす高算のわる の摩に界っ I、 ソ力るにの、総るい出環せか 凝耗よ面き と最 フ市。も最各コ。電し境を等 着のっ構膜 R新 登 ト場 利小拠ス対力、価最の を原て造の タ Pバ 用 ウ向 用化点ト象運正値適選 制因、を摺 Aー エけ 可をがのと用確を化択 御と銀形動 をジ 場 アパ 能追各最な計で30。肢 すなめ成部 ブ 搭ョ シ設 いをョーラめと作のいシ製 う方きをる  とCーでデロ立た載 る開ンシウ、組成予るリ品 レ に、面妨。 ス備 。始Eョド2み・測「ー「 離摩同げこ テ 業がA、きーッ体。し 保 務可M各るタト化三て すMンサ0 提」再ズB 「wearzerO」のメカニズム 耗 なれ ム ッ 能と種ク閲機で面 るS「ー2合わ出やエとL 脱が士いに と全 効とR機ラ覧能き図機 予」マビ3 」「ネしE 寿化省めのかを両と が実コを性めを進がせ 繰 接程よ 連管ト 率 化なP械ウとにるd 能 定とルス年検な電発てn 命、エっ省、実立耐高で現ン両と、 行 度り っAメドコ加オx強 としチ型4 ど力電展D 化製ネき資め現す摩いきすタ立耐高りし触に電 携理 シて連ービメえーf化 なてリソ月証の計・開e に品ル工源っする耗導るるクさ摩い返なす銀気 で スい携カュン、トをを っ提ーリにを機画需しr つのギ程化きる端性電。こトせ耗導すいるめ伝 S テるなーート3パ自行 て供ジュク進能の要て」 な長ーのや材ほ子を性 とをる性電たよ一っ導 a情 ム。どのワがDイ動っ ーて るみ最フ和所文れネフ文東A た機  グが 信 ボS工とて「るシ有理備タ  も 供りる率しで単化業o「 ル「こ。」新ァ浩所はかッラ彦京」最=技三 4三 やり 導プ 入ラ 基同」a場め設e設ョがや保ブN 5価す、。を作完純Rを」R 〝デの ののク氏長、らトス氏大と新写報菱 車、 盤製をa内て備S備ンで日全レT a報 年格る運R高業了作P自はP Mーほ 論Fトに(同のワトに学な号真」電 月菱 載E イン を品販Sコ管関e保サき々のッT に。用 等す業A動、 Eタか 文Aリよ工社工ーラよ名りの。4機 号電 パV メト ーコ 支は売「ラ理連r全ー、の現トコ S リつ サPめをる、。化製A Lサ特 を技ーる学情場ククる誉、特 月は が機 ワ向 ジラ え、開プボ・情v管ビ横情場等ム 共 ーい ポAる自作P定す造  Sイ集 掲 を「博報」をチ「教巻 号、 ーけ るN始ラレ活報」理ス河報のをウ 提 スて ー定こ動業C型る業S Oエ論 載術実ス士技、支ャ社授頭集 を「 ラ充 ボ 中Tしンー用をとシがソ収タ使ェ 月、 ト義と化、作化製のt Fン文 しと現マ)術巻えの会の言は 発三 発技 イ電 でTたトシで取連ス提リ集スっア 有 額い まかがし繰業さ造事u Tスと て取すーの研頭る情イ木は「 行菱 行報 ンプ 培の。コョきり携テ供ュとクては 供 価ず でらでてりのれ業務d  ツし い組るト楠究論こ報ン村、F し電 系ラ っ通 ランるましムすー共管設、 格れ 提入き効返みた特作i るー左 氏/arミク「井〝ーL菱氏リる 化コ 一た「設リ捗内が自いいき作共タレがるイなな々し術た 途要A15「a万ド12Kで 。ド記三)伊ttュト製翼WズS電/ュ生 をネ 元設e備ュ等ので然なっ分業有ッッ普もンどタが、をコ 見望 万万a  3使万」、 しU菱を藤ouレリ造氏i〞E機兼ー産 進ク 的備S保ーの暗きにかたけ状なチト段のタのス協工ベミ 積やS22lE0用3は「 てR電掲裕raーー業/nのCシ子シ現 めタ にデe全シデ黙るデっ従る況どで端利。フ機ク働場ーュ も仕t00fR0料0三a 読L機載規〞lタ化の渡CC ー貴ョ場 るに 参ーr ョー知。ーた来わやが進末用保ェ能管す設 ニ り様u00aP040点l むか技し氏」 〝をス邊PPiケ弘ンの 。適 照タv管ンタ、収タ暗はず、で捗をし全ーを理る備スケ とにd00 」円万0セf こら報て/(SN支マ貴UUQン氏」見ンリバ氏大野bM 用 でと」理サは保集化黙収か運き報使て員ス使・たにとー な合i円円Cは、円円ッa とダ4い小東iC援ー弘〞ユ―サ)(え活ケイ)津翔〞a し き連でシー、全しす知集な転、告っいやでい情め関しシ るわo。とA5「のとト  がウ月る野俊m すト氏」ニR〝、原る用ール、裕太」i 、 る携収スビ横作たる情で異員細やてる運提や報にわてョ 。せ」「保D万a合ク利D でン号。俊博uVるフ)(ッシM「泰化にシア「 氏(L 製 。し集テス河業工こ報き音がか情ワタ転供す共必る開ン てはR守」円l計ラ用O きロは 郎氏liシァ、増トリE三裕ソよョプモ司/中a 品 てしムのソ進場とをてと聞な報ンブ員すい有要人発技 別、P料は、f16ウ料C FA・自動化業界市況データ 1−2月 ■2 022年3月工作機械受注額1664億円 3月 万円(66.3%)。 (86.9%減)。内需では、製造業向けが が101億6300万円(1600%)、金属加工機 は、製造業が17億5900万円(24.1%減)、 単月では10年間で2番目の数字 ■ 2022年2月産業機械受注額3350億円 国 832億600万円(20.8%増)、非製造業向け 械が65億800万円(8.2%増)、鉱山機械が 非製造業が115億8600万円(249%増)とな  日本工作機械工業会によると、2022年3 内は民需が好調 867億8200万円(61.2%増)、官公需向け 15億5600万円(23.4%増)で前年を上回っ り、民需合計で133億4500万円(136.8% 月(速報)の工作機械の受注額は1664億  日本産業機械工業会によると、2022年2 は339億7500万円(24.9%減)、代理店は た。一方、外需が大きく減少した化学機械 増)と好調だったが、官公需が125億9800 8400万円で、前年同月比30.2%増。うち内 月の産業機械の受注額は3350億8700万円 273億400万円(4.9%減)となり、民需が (冷凍機械含む)は7 5 1億 3 9 0 0万円 万円(49.1%減)と不調だった。 需が488億5900万円(60.4%増)、外需が で、前年同月比66.1%減だった。大幅減少 好調。外需は、機器単体は862億4600万円 (90.5%減)にとどまった。  装置別では、大気汚染防止装置は13億 901億3900万円(20%増)となった。3月単 の理由は、昨年の21年2月には中東で7200 (34.9%増)と好調だったが、プラントが ■ 2022年2月環境装置受注額273億7100万円 6300万円(4.3%減)、水質汚濁防止装置 月としては、この10年間で2018年の1828億 億円近いLNGプラントの超大型受注があ 受注2件の727億円(99%減)となった。  日本産業機械工業会によると、2022年2 が93億9800万円(41.7%減)、ごみ処理装 6000万円に次いで二番目の数字となる。 ったため。コロナ禍前の2019年2月との比  機種別では、ボイラ・原動機は805億 月の環境装置の受注額は273億7100万円 置が165億3700万円(24.5%増)、「騒音  2021年度合計は、1兆6677億2300万円 較では0.6%増となっている。 5300万円(59.4%増)、プラスチック加工 で、前年同月比11.4%減となった。 振動防止装置が7300万円(8.7%減)とな (前年度比68.7%増)。内需が5660億4000  2 2年2月の内需は23 1 2億6 7 0 0万円 機械が344億3500万円(94.8%増)、ポン  内需は259億4300万円(14.7%減)、外 った。 万円(73.6%増)、外需が1兆1016億8300 (17.6%増)で、外需が1038億2000万円 プが305億6300万円(10.4%増)、タンク 需は14億2800万円(190%増)。内需で ● h t t p s : / / www . mitsub i sh ie lec tr i c . c o . j p / c o r p o r a t e / giho/2022/04/index. html
Page4

2022年(令和4年)5月11日   (4) 儲かるメーカー 101  同センターは、延床面積18万9000平方㍍で、在庫能  加沢工場(長野県東御市)でもレイアウト再編して  工場新設・増設情報 5月第2週 力60万点の大型物流施設。物流の効率化向上と従業員 開発能力を強化し、本社・加沢工場、丸子工場をあわ 改善の急所 項 の負担軽減を目的に、 小型無人搬送ロボット(AGV) せて産業用インクジェットプリンタ本体の生産能力を ▶日本航空電子、山形県新庄市の山形航空電子に新工 を約800台導入。 3月に稼働した新規システムとの連携 増強する。 日本カイゼンプロジェクト 場。EVや産機向け生産強化 など、 オペレーションの自動化・省力化を実現してい https://ssl4.eir-parts.net/doc/6638/tdnet/2107 会長  柿内幸夫  日本航空電子は、コネクタ生産拠点である山形航空 る。 377/00.pdf 電子の第2工場内に新棟(山形県新庄市大字泉田字高 ▶京セラ、鹿児島県薩摩川内市の川内工場に新工場棟。 ▶STIフードホールディングス、生産キャパシティー 士務術本く(【 ルせんてンイ  台新田 )を建設し、 ・産業機械向けコネク 有機、水晶パッケージ増産 拡大へ積極投資 (所マ経り株略 なんカのサゼ私 4102-6 EV 構がイ自ーンは 急所60 タの生産能力を増強する。  京セラは、鹿児島県薩摩川内市の川内工場内に、有  水産惣菜メーカーのSTIフードホールディングス 経所イ団の)歴 営長ス連改柿 造、ゼ動とが「 工 タの善内】 で目ン化モ大か  山形航空電子は、携帯電話、自動車向けコネクタの 機パッケージ、水晶デバイス用パッケージなどの半導 は、近畿圏と首都圏への工場新設など生産キャパシテ 学改ー研を幸柿 動のになー好ら モ 生産拠点として、弘前航空電子(青森県弘前市)とな 体部品を生産する新棟として第23工場(鹿児島県薩摩 ィー拡大に向けた投資を加速させる。 )善(修通夫内 く前はどタきく 幸 「で欠、ーでり ノ らぶ同社グループの主力工場。第2工場B棟では需要 川内市高城町2310-10)を建設する。  新設する近畿圏工場は、首都圏や北米の工場新設を 、コ平講じ技 多ン成師て術夫 かシかもをす」 らンせち使。の の 拡大が見込まれているEV・電気自動車向けの大電流  新棟は鉄骨6階建てで、建築面積は1万2380平方㍍、 見据えた最新鋭のモデル工場とする計画にあらため、 摩サ29も、士  大ル年務世事1 くプまろっセカ 動 ・高電圧コネクタの生産を担い、これまでに最大クラ 延床面積は6万5530平方㍍。5G基地局やデータセンタ 当初計画の2022年12月期を後ろ倒しとし、2023年12月 学タ度め界務9 ン力いに はり か スのプレス機、成形機など設備を導入し生産技術の確 ー向け、ADASのセンサカメラやプロセッサ向けに需 期の稼働予定。現在対象用地を選定中。その遅延分は ビン)る中所5 ジト、。で  ををか、そり」 し 立と生産能力の拡大を目指す。 要が拡大している有機パッケージと、スマートフォン 1 STIミヤギとSTIデリカの生産の運力を強化して補完 ネ、柿経実所 見使もかう心カ 年 つっしらいがイ 方  新棟は鉄骨2階建て、延床面積1万6100平方㍍。こ や家電、自動車、産業機械などで市場拡大している水 する。首都圏工場の建設は2024年12月期に変更となっ ス工内済践長 ス学幸産しと東 けたれくう躍ゼる移まり りン れにより第1工場を含めた山形航空電子の総床面積は 晶デバイス用パッケージの生産を担う。特に増産を進 た。 ク博夫業てし京 目 ー士技省いて生 と動せとでまを 約1.5倍の4万9000平方㍍に拡張されることとなる。 める有機パッケージの生産能力は現状の4.5倍になる https://www.stifoods-hd.com/index.html ル 術先るモま 興のんは す見 奮カがい見。る 竣工は2023年春を予定している。 見通し。 ▶JMC、長野県飯田市に鋳造部品の量産用新工場棟。 客技士進。ノれ しイ、えた員術事技日づ。 と https://www.jae.com/topics/detail/id=107214  2022年5月着工し、23年10月操業開始を予定。投資 23年1月稼働開始 てゼ重な時 や 移モ ▶エプソンアトミックス、青森県に不要金属の再資源 金額は約625億円。  3Dプリンター・鋳造による部品製造のJMCは、長 実「「フ岡B教 のにし返で し 現ち儲ォ大S授 重なたしあわま 動ノ 化の新工場を建設 https://www.kyocera.co.jp/newsroom/news/ 野県飯田市のコンセプトセンター(長野県飯田市伊豆 すょかー学)、 さりりてっずい さを  セイコーエプソンのグループ会社であるエプソンア 2022/001862.html 木)内に新工場棟を建設し、鋳造部品の生産力を強化 るこるド客特慶 がます持てかま 42っメ発員別應 あするちも5す せ持 トミックスは、不要な金属を金属粉末製品の原料とし ▶プレシジョン・システム・サイエンス、秋田県大館 する。 のとー 教招義 っ。と上、0。 るっ て再生する新工場を青森県内に建設する。稼働開始は 市に新工場。生産能力6倍に  新工場棟は、マグネシウムを中心とする非鉄素材の ヒ改カ企授聘塾 て一大げ一0 ン善ー業。教大 も方変た日㌘ のて 2025年を予定している。  遺伝子検査装置メーカーのプレシジョン・システム 鋳造部品の量産を目的とするもので、延床面積2287平 トが に著授学 、、なり中の 」企改 書(大 レ 1 労降繰モ に運  同社は、数マイクロメートル単位の微細な金属粉末 ・サイエンスは、秋田県大館市に新工場となる大館試 方㍍。投資金額は8.5億円で、23年1月の稼働開始を予 な業善イノ「2学 ー㌧力ろりノ 動ば 製品を生産・販売事業を展開。中でも磁性粉末製品は、 薬センター第2工場(秋田県大館市花岡町字前田40- 定している。 どをのベカ0院 。変急 イ1ビ 上ざい きばル 力な  スマートフォンなどの IT 機器、EV向けコイルと 16)を竣工させた。遺伝子(核酸)抽出試薬カートリ  また既存工場棟でも熱処理設備、加工機(マシニン え所ーシゼ1ジ げわる自ま軽の をい して電源回路に使用されている。 ッジの生産拠点となり、新工場の稼働により試薬製造 グセンター)を増設し、新工場棟と合わせて、試作・ る〈 ン〜ネ 下ざは然す々上 :1ョ42ス ろ持ずの。とを 使。 わ  今回、数十億円規模の投資によって新工場を建設し、 能力は600万テスト/年から3600万テストに増強され 少量生産から量産品まで型の作製から検査までの一貫 大0ン・0ス しっの摂 動台 き1を01ク にてこ理 か車 な 金属溶解用の誘導炉や精錬設備、鋳銑機等を導入。同 ることとなる。 生産体制を強化する。 な項起―6ー 労運とで すで い 社内の製造工程で規格外となった金属粉末製品や不要 https://www.jmc-rp.co.jp/topic/press/topic_ 変〉こス)ル 力んで分 こ滑 革」すタ、( をだもか とら 。 となった金属くず、エプソングループや他社が排出す 220414_cc.html を、、」ン静K 使り、っ がせ っ、わて でれ る端材や使用済み金型などを引き取って再資源化す ▶アルミ再生材製造のダイニチ、岡山県加賀郡の新工 る。稼働後3年で同社が使用する金属原料の4分の1を 場が稼働開始 マ目 一 ら場こなのて ッ指改般 後内ろどでい 再生金属に置き換えることを目指す。  アサヒセイレングループのアルミ再生材メーカーの チし善社 工のも機する https://www.atmix.co.jp/assets/pdf/220420.pdf ダイニチは、岡山県加賀郡に新工場(岡山県加賀郡吉 ン、の団 程運多械。工 グ2実法 へ搬いをフ場 ▶モノタロウ、兵庫県川辺郡に新物流拠点。在庫保有 備中央町西152-30賀陽工業団地内)を建設し、稼働を か0行人 のとの使ォは ら1を日 横はでっー大 能力60万点、ロボット活用 開始した。 問9通本 移前すてク変  MonotaRO(モノタロウ)は、兵庫県川辺郡に建設  アルミスクラップ、アルミドロス、その他金属資源 題年じカ 動工がいリに ・6てイ な程、るフ多 した新たな物流拠点「猪名川ディストリビューション を受け入れ、50㌧反射炉、5㌧回転炉2基、灰絞り機2基、 ■いカシど企報供課月日ゼ のか工とトい センター(猪名川DC)」(兵庫県川辺郡猪名川町) を本 粉砕機、ミキサー、ジェットパックなどの生産設備に 詳るイョ勉業提、題に本ン 細。ゼッ強間供新へ設をプ  すとさるで 格稼働させた。 よってアルミ再生塊と製鋼用副原料を生産する。 ・ ンプ会の、たの立さロ さ。がをこす 入 指、、ワそなソ。らジ ら そとか  新工場は鉄骨平屋建てで敷地面積6000平方㍍、延べ https://www.asahiseiren.com/news/detai l. で 会 導工セイれ技リ企にェ に きろだら 床面積は3600平方㍍。 php?id=74 は 会場ミワら術ュ業良ク 言 えと基 こ な見ナイのやー間くト え れてい本 https://www.pss.co.jp/ir/press/ ▶リバー、埼玉県比企郡の東松山事業所で電子廃棄物 ち ど学ーガ基素シビす ば ば い滑え的 ▶ミマキエンジニアリング、長野県上田市に新工場。 のスクラップ新工場稼働 ら を会・ヤ礎材ョジる 、 らまに 行、ワガとへンネこ 傾 いせす滑 産業用プリンタの生産能力拡大  TREグループで電子廃棄物処理を行うリバーは、 っ公ーヤなののスと 斜 のる。ら て開クなる情提のを が でこ高せ  ミマキエンジニアリングは、三重富士が所有する長 埼玉県比企郡の東松山事業所(埼玉県比企郡滑川町都 野県上田市の旧信州富士電機の土地・建物を取得し、 25-21 東松山工業団地内)内に新工場を稼働させた。 ょ使ら値んん変あなかは こえも運動渡であ うわ、は運。なる作ら、モとば、べ力すもれ 新工場を建設する。 同工場では電子機器類の廃棄物を破砕・異物除去を行 。な極増んし作作業運いノが軽コまをと動ば  新工場はミマキエンジニアリング丸子工場(長野県 い、鉄・アルミを選別した後、国内大手製錬所へ出荷 い力えでか業業でぶっを可いンす使ききモこ、なもしかですのた運能力ベ。わにまノ 上田市御岳堂2535)となり、土地面積は1万8207㎡、 してリサイクルを行う。敷地面積は2494平方㍍で、処 と人い一い 一。でんぶででヤ傾な傾すは を手 円くも番工あ持とす移ー斜い斜。何 工場棟・厚生棟・倉庫などの延床面積は8175平方㍍。 理数量は月あたり電子スクラップ・基板類700㌧。 考やのもらし疲場れちい。動ながでが後も で れ 4月19日から建物改修や生産設備の搬入調整に入り、6 https://tre-hd.co.jp/docs/20220413_pressrelease. え動 付た れのば上う さど無タあ工し ま力す加くまる中大げ作 せをくダれ程な 月に一部稼働開始する予定。 pdf しをか価させ大に変て業 る使てでばにい ル・ロボットの関節部など、低速な旋回運動で回転精 関するオンラインイベント 税制が優遇される制度などをする。 度・剛性を必要とされる用途向けに開発された製品で、  リンクスは、5月17~19日の3日間、オンラインイベ https://jss1.jp/news/seminar_0518/ イベント・セミナー・ コンパクトかつ剛性が必要な設備・装置に数多く利用 ントとなる「データ インテグリティ ミーティング」 ■シュナイダーエレクトリック、5月から技術セミナ されている。セミナーでは、クロスローラーリングの を開催する。データインテグリティ(DI)を基盤とした ー再開 キャンペーン 概要と、新製品の高剛性シリーズ「RB-H/RE-H/ 医薬品製造の未来やSCADA「zenon」を活用した DI  シュナイダーエレクトリックは、コロナ禍で一時的 RU-H形」を紹介する。 対応についてユーザー事例を交えて紹介する。 に中止していたリアルの技術セミナーについて、5月  現在使用中(使用予定)のボールベアリングとの違 https://linx.jp/event/seminar/22di_mtg/ から再開する。5月18日は「GP-Pro EX基本コース」、 ■THK、 5月12日に技術オンラインセミナー「新型ク いを知りたい、多関節ロボット用に旋回軸受部を検討 ■日本サポートシステムとFAプロダクツ、5月18日に 19日に「GP-Pro EX応用コース」、20日は「Pro-Server ロスローラーリング編」 している人に最適。 オンラインセミナー「補助金を活用した工場改善」 EX」の開催を予定している。  THKは、5月12日10時~無料オンライン技術セミナ https://www.thk.com/opm/g76gnjiw/220512_  日本サポートシステムとFAプロダクツは5月18日に https://www.proface.com/ja/support/seminar/ ー「新型クロスローラーリング編」を開催する。 thkseminar_crr/ 「補助金を活用した工場改善 設備導入・再生可能エ tech_seminar  クロスローラーリングは、工作機械のターンテーブ ■リンクス、5月17~19日にDIと医薬品製造の未来に ネルギー編」を開催する。工場改善に役立つ補助金や ● https://www.kaizenproject. jp/