1/24ページ

このカタログをダウンロードして
すべてを見る

ダウンロード(36.9Mb)

2022年1月12日発行のFA・自動化の専門メディア「オートメーション新聞」PDF版です。

その他

2022年 年頭所感、2021年度機械工業生産額見通しなど掲載

2022年1月12日発行のFA・自動化の専門メディア「オートメーション新聞」PDF版です。
「脱炭素・カーボンフリー・SDGsに貢献する制御盤とは?」「NTTドコモ 5G×ものづくり」「各社トップが語る2022」などFA・自動化の最新ニュースを紹介。

このカタログについて

ドキュメント名 2022年1月12日発行のFA・自動化の専門メディア「オートメーション新聞」PDF版です。
ドキュメント種別 その他
ファイルサイズ 36.9Mb
取り扱い企業 オートメーション新聞社 (この企業の取り扱いカタログ一覧)

この企業の関連カタログ

Industry4.0・IoTナビVol.1ダイジェスト版
ホワイトペーパー

オートメーション新聞社

Industry4.0・IoTナビVol.2ダイジェスト版
ホワイトペーパー

オートメーション新聞社

産業用ロボットナビ Vol.1 ダイジェスト版
ホワイトペーパー

オートメーション新聞社

このカタログの内容

Page1

2022年(令和4年) 1 12 第277号(水曜日発行) Automation News 発行所:©ものづくり.jp株式会社 〒231-0062 神奈川県横浜市中区桜木町1-101-1 クロスゲート7階 TEL:050-3503-9311 サI う運のリや込運ルま企にがだ受くミ トれ少かだン会延ナ  イI1かん展ッ学んべ展い業もたがけりナオが、しらっ開が期禍2 トF月?で示トびでば示がや関く、ら製ーン予22ずコた催中にと0 )E26 み会。がき多会ち製わさせれ品はラ定年つロ。に止よオ2 はS日 てに22得てくはだ品らんっるや、イさも展ナそなまっリ0 2022年は 、(か はぜ年ら、の、。にず集かの技効ンれ多示禍れりたてン・ オ東ら いひはれ新情会一直、まくが術率展てく会をで、は多ピ21 ー京は かと久るた報場方行目っ関メの的示いのが乗も不オくッ年 トビじ がもしのながにのし当て連リ紹に会るイ開り21遇ンのクは メッま だ足ぶが発飛足リててい情ッ介じや。ベ催越年のラ展開コ ーグる ろをりメ見びをアしのる報トをっセ ンさえ秋年イ示催ロ DX・自動化+脱炭素の提案がカギに 2022年主なFA・自動化関連展示会  す企た動に力U総シ 3る業製化、』 合ョ 日程 展示会名 I K 月。と造やもをU展ン ネプコンジャパン 9 技業デの未 。と 政8すや業走り経 てて中たをる排じ0  1月19-21日 ロボデックス I2022 日 術Dジづ来RI「計 府5る影のっ組営環い脱心。目、出め5 20 スマート工場EXPO F か 、XタくへとM測 等も枠響気てみに境る炭に製指カをと0年 しなーとしなは  年ら 製をルり」いOの がの組に候いは向省。素、造すー全す年10 極脱 、未ボしいるじ2 1月26ー28日 IIFES 2022 E の 品実化産を N先 賛金み関変る世けに 経国業 ボ体るま月 的炭 計 製来ン、時世ま0 F本 国 が現を業テうO端 同融)す動。界たよ 営とでと公ンと温で、 な素 品をニ厳代界っ2 2月15ー18日 JAPAN PACK 2022 S 際 集す通のー『D技 を機はるへTで日る を歩も式ニし室に日 日経 や実ュしににた2 2月24ー25日 自動認識総合展大阪 はロ 結るじ自マ底Z術 表関世情のCも本と 急調大 ュて効C本 ソ現ーい進生コ年 A格 、 明や界報取Fト企、 速を手にーゼ果 政 本営 測 リすト競んきロは インターフェックスWeek大 O 国  がトポフ一場ロイボ す企のをりDッ業脱 に合企宣トロガ2府 企に ュるラ争でてナ、 3月9-11日 阪[医薬品][化粧品]製造展 〝もでのーァ大者ボトッ る業2開組(プの炭 進わ業言ラにスをは 業積 ーたルのいい禍日 ・的 2022国際ロボット展 際 うき最ネクイ数ッ)ト な、7示み企を取素 めせをしルすのは2 ・ シめになかるで本 一る新ントベがトは展 制 ョの対かな。世の 3月16ー18日 日本ものづくりワールド ロ つ。技ツリン14展、( 「 めれずー品は第は業組エ必1英ちの定科界か ンFすでけこ界製 自に [名古屋]ものづくりワールド 展の 術とート万示世東 生ま、、れカ、も2 62 3みネ要0に日認を学第、 にAる活れのは造 4月13ー15日 2022 ボ 注 をなの。人会界京 産た年脱かー化ち位社4)でな0続本定促的1日 落・先路ば2一業 目 見るコスをで最ビ 部日々 にの学 動は 4月8-9日 ジャンボびっくり見本市 大阪 が るロアマ超、大ッ 炭 ろ。で2で賄電(くは企すな位本 と自進をな年変に 門本増素賛多、ん自、社はう力企世1業枠中。は し動的見ら間しと 4月22-23日 ジャンボびっくり見本市 東京 ッ 、 こボコーえ総級グ に能加に同く建、動米の、この業界41組長S6 込化ないなで、っ 11 とッントる来のサ 御 お率し まが設 車国う世と1が第00み期B0 み、取だいそこて 化じ 6月1ー3日 JECA FAIR 2022 トブ け協て取たこな食やにち界を0事3社4)的T1 、工りせ。れれ歴 6月7-10日 FOOMA JAPAN 2022 展 AR関 りて回度F月 る会いりはれど品電続日の目0業位で4はな(機 顧場組ばこほま史 、、連このしはのだ8 カのる組認ら大や気く本参指%活。、社、目企関 客、み良のどで的 業ま 電子機器トータルソリューシ なラテ食ののリまオ高。日 ー調。み定の手医機世企加すを動R米の世標業で の に生、い新にのな 6月15-17日 ョン展 ク品Jほアいンいいか ボ査 始さいメ薬器界業企枠再にE・う界設の世 提産貢のし大価タ ど ノ機Eかル、ラ展つら 案設献かいき値ー 界る 関西物流展 フ械C受開今イ示もの 実しカ  落部識ば素1さ部あ針ンるン O で備が?時く観ニ 6月22日ー24日 第34回日本ものづくりワール 見 ロのA配催回ン会盛J 際てー日 と門さいは%れ門るはニとニ きとポD代変がン ド 〟 F 電とは展だ況I ン は関ボ本 備ラ場競 しレれけ企)てへ」、ュ、ュ るはイX、化こグ が脱 ど OF・な4にがでM 心ンの 込ベ、な業にいも(7ー製ー 企どンや日しとポ 7月20ー22日 TECHNO-FRONTIER 2022 しテOA電る年な、注T ス タがニ製 へイ全争 まル積いが及る「69割ト造ト 業うト自本たごイ で炭 9月13-16日 国際物流総合展 こ ィMI設。ぶっ前目O ー高ュ造 ン体の れま極テ取び」部・がラ業ラ T がいに動のことン トいー業 、か舞 てで的ーり、が門8「ル企ル 勝うな化製とくト 10月5ー7日 関西ものづくりワールド たる禍会ワを造ア とトは 生ら台 い目なマ組す4方%全に業対 ちもるは造を破・ し き素 10月12ー14日 TOKYO PACK 2022 ろ いチでがー含ソ、 言ラ脱 産製は る標企とまで割針)社向の応 技 筋の。当業あ壊転 。ャ進めルんリ機 たえル炭 。と業しなに(に。方けカ」 とか顧然、らさ機 【名古屋】ネプコンジャパン たよ ン化じドだュ械 ばどに素 設造工 しでてけ脱39展所針たーに な?客とFたれと 【名古屋】ロボデックス く スしろな日ー要 か、対や ては認れ炭・開属が方ボよ 術 る経 るそ企しAめ、な 10月26ー28日 【名古屋】スマート工場EXPO とた押ど本シ素 。こ業て・て私る 計測展OSAKA さう し技し、もョ展 話所そ備テルと上る実ネ査 らなく施でーえ場り へや、自心たの こ営 て術。注のンや 。のれさムギ23る」施ルで前だ計、策昔導る単。 の社こ動にちは 11月8ー13日 JIMTOF 2022 ん 活にコ目づ展設 製建はれ、ー・がが状ギも述。画脱のか入化位そ ス会れ化刻は間 12月 SEMICON Japan 2022 用触ロ展くな計 造屋あて省管7、49況ー、の 立炭延らなやでの トにか業みい違 と しれナ示りど製 ラ設くいエ理%製・ 使工日 案素 行ど再の取 が ー対ら界、まい イ備まるネやに造1は用場本 やに長っ限生エり リしはは22やな ンをでと設見止ラ%「のや能 実向線て定可ネ組 ー、脱ど年19い は 現れすの通少メりう在状船り材ネか米が不カ寒 我とー主続さ部  や中工言備えまイと実見事率 行け上き的能ルみ を持炭こか年。 状ぞい設在しー減企庫況便、のルら寒不足ー波需慢いに要くれ材2 生心場っなるるン約施え業協 はたでた。エギ内 導続素をらと20 はれ部計庫でカっ業を悪のさ不ギの波安なのや要のう聞Fの、不0 産とやてど化。に半しる所会 こ本し省あネー容 大 き可・強のは年 ? 焼に品ををもーても多化高ら足ー脱に定ど火日急時意くAかこ足2 設し事もはシエな数て化のの れ格かエくルのも 出能カみ新異に け対用見確価とい今めに騰にとの炭よにで災本増期見と・にのと1 備た業、整スネるにいのエ調 か的なネまギ見工 石応に直保格流るでに拍等コ価急素るな半事でのがが、制関状納年 にし直ししが通。は確車のン格拡と樹り導故の最続多22御心態期、 全社におけるカーボンニュートラルに向けた方針展開の状況(単数回答/ n=169) き と画なで(  な年管ま 水てしてた高商各在保を物テ高大再脂、体、半中きく年機がが遅特 な立る企企現 るが理で 状いた調りく社F庫しか流ナ騰に生不加の台導のそ、下器高い延に っ案こ画業 。そす落 態るり達、てでAもたけ混不がよ可足え供湾体北う上期メまつに後 全社方針があるか 在 るの脱 て、と部の のると だがとし製もは機かとた乱足重る能、て給のメ米だ期以ーるま悩半 どうかわからない な 、 い啓が門社 チ強炭 脱 ャみ素 スのし 。、そや品流、器ない。もやな銅エ折北力水ーの。は降カ。でまは 全社方針があり、所属部門の る蒙多等会炭 タは込 方針に展開されている 。活くが的 ンがで ーこん 部材不足と納期遅延、いつまで続く? 全社方針がない 強 し動、旗役素 は ス生も トれで か等企振割 かO ラか統 C 22年下期から回復見通しも オミクロン株登場で不透明増す 全社方針あり 69.8% み しが画り) せT イら合 近中や役扱S ン。し い心計といR に22て そ業いた定ン見22好はがンた部スいでパ機え足半は今いが状バの  たいテたれ だ製カ実 るきう う内る。に株が年転不は株が品の状、イ器て部導1回と強況ラかこ F。 まばO。造ギ現Dの込ち だ部受22直の多下し透じの、の感況何をな自品体つのいくがだ?の ム 。で注年す影か期て明ま登こ製染。が取ど動がやの部う、続が 状 全社方針はあるが、どう展開 に AO構ま、T 現をでXはんに ・T 脱高を 場握きが間で工 はをは企響っか回さっ場こ造拡新起り各車多樹部材意すく、見況 されているかわからない 築 自を 炭い理 をるなI違本場 我さす業でたら復がてににも大型こ合業や岐脂材不見ぐだ22込は 動専や素生解 中のいTい格や 慢ばでも後が23し増およき戻もコるっ界民に、だ足がにろ年みい 率 るは連りて化門運の産で 心はの部な的生 のきに ろ、年始しりってっおロかてが生わ金けとほはう上はつ 増 化自。追市、 業に用た性き と、と門いな産 年つ獲 倒オとめて、てオてさナわい限品た属で納と回と期各ま 有 や動 い場脱 は え 全社方針はあるが、企画・CSRなど 利界や めをて すこ同だ。動現 につ得 しミいるい先再ミきまウかるら、りなな期ん復のは社で 生化 風の炭 で て にっ の維い るこじけ き場 な、し やクうのる行流クてりイら状れ産、どく遅どし見こバ続 主管部門の活動に留まっている 産で と拡素でとてきシ持な Oでくで にを り企てき未ロ意は。き行ロい、ルな況た業加不、延。な方のラく (日本能率協会) 性効 な大関あっきなスしけ Tも、は な巻 るで貢社炭脱 い合て貢はだい「がーAて引脱れ  がれ自をじ状化ま造まて費向 2022年 工業団体年頭所感��������������������������������������2~6 。き献製素炭「く力、献弱けっ緻早と・くに炭、脱 でま動組。況にま現で脱は上 新年FA特集号 FA・自動化関連機器 市場動向�����������������������������~ るで品へ素た。と初とくでた密いし制るお素サ炭 否提脱 きで化むわのつ応場提炭少を かき・の」か 言めい、は従な」て御のけへプ素 目次      制御盤DX 脱炭素・SDGsに貢献する制御盤�������������� どるサス。が えてうそ差来制「は機はるのラ か案炭 るの業必ざ可い用の案素なす 。資界要わ視てしデしにくれ 寄稿 中小製造業の試練 EV化による破壊と創造����������� うかート22脱 る強要こ別通御長「器間判貢イ 経 がが素 産にもざ化もやジてつなば か。ビー年炭 時い 営 寄稿 5G×ものづくり新世代通信技術 活用と注意点����� がそスリは素 代競素 に化りが寿タ、違断献ヤ 勝でを をとな別と、すタきなりエ 脱要ので命ク機い要のにが 生っいのベ設いルたが、ネ 重こがー顧、 に争が炭因性きでト械な素有対進 負き絡 かて。シー備。化Dる結ル 日本における5G認知度とローカル5G活用�������������������� 要をいに客さ な力加素と能るあタメいに無しむ るめ すはFススの見をX。果ギ FA・自動化機器メーカー各社トップが語る2022��������~ と提か、のれ っ、わへし向」るイー。入がてに かた こ、Aテは稼えそやことー な案に自脱ど て総っのて上と」ムカFっ取もつ とこ・ム同働るの製れし消 オートメーション新聞の2022年 業界紙DXへのチャレンジ 業界の健全な発展を全力で支援 pー報知元けめ▼でド始の始をまペ品はてて商イすーウに社いすまる業ず紙にとらられきでだすをさ社り0また組ではし 株トをっにて、22 21ツ、リめもすーをホ活国社セれビン対しまでし企界、、、業こ変がま紙い。、まに、2しなみす効さ 式メ発て多ま業年年ーフニてと。パ文ー用内でンばスロしなすにた業を「メ事界のわ進し媒た一あに変発1た気合べ率をらとす営活い  会ー信もくい界は度ルルュいにそー章ムい外はス、」ーてい。い。」応F社 しら顔りの は活リーまそこ等でペたのPを社をドPか例くいと援Aデ業の 決らむた体こ方 不わ行 ▼づわて的をた会。業がま新 シ 、 断なながととでら安り 年 元 オきせはで実めい久や戻す年 のョてうをまお 業用モアすのにを解ーだ拠D提員開しDらえつわしし・ィの皆にけか、しに、た まが3ーをが解便感て、し展っ。あ 挑ンいと出す役さ績なール。企業作説ジい点F供全始でF新ばかばて、自アあさ至れで昨て感激め と 心しも月ト得大決利しリ製ぶ示て少け戦新き同し。にら好どトやこ画界成すやてのをし員。きを聞、の「新事動とりまりば、今45謝励て たの1メる事しでまア品り会きしま に聞ま時、特立に調をワTのややするメい全社てが年るネをリチ業し業化い方とまい私の年いのお 配。づ日ー良。ますすルやになてずし ご・すに新にて業で行ーwほ制製る読ルま社内い電間「ッ読モャ界い拡をうをのしけたデ以たおわ を お読くかシいこせ。。活現企ど、つて期も。、し今る界推いクiか作品企みマす員シま子購Pトめーレ紙歴大中枠一絆たなちジ上し言び 者 らョきのんし確動場業が製以お 待のぜよい年よ紙移、やtホの、業物ガ。にスす版読D上なトンD史を心 か り に新は。い自タ事ま葉申 、.新ンっ1。かかのをに復造前め くづひり取はうDしお各tーお技がやでま共テ。ををFでいワジXをおととしそ媒と身ル業すも け し 広j 新か年使しに大見訪活業ので だく22多り皆挑 てか種eム手術増ホ技た有ムあ読一電閲とーを」紡手す 体のも化を。多 し告p体聞け半いそデ ら、の 上 制 切る問しでよと さ X いり 年く組さ戦 いげクrペ伝のえワ術、告にるめ部子覧いク始でぎ伝る の思根と行こく た主株 はには分れジさとしてもうう .ものみまををまさラのーい知てイや最知上大る契版、うでめす始い製わ業ま歴い本紙っれいげこの式と、な、けだタ、、、い対なご。jオ情をの続進すまウ開ジも見いト製近しげ手ラ約サダ声出て▼めす造れ界ま史かか離てまたまと皆会な2り新とけル楽あ人ま面生ざ
Page2

2022年(令和4年)1月12日   (2) 2022年 年 頭 所 感 に1効向ュ5基た10 すもしき響たに を2き会団 す  れで物て活況 まこ済い気医て 新す  排3果けー0本第月さ。近ま方を。流新申0、の体経。新 てき不いのでさすとのまに療おま年。皆 出年ガたト年計6にて づし等与こ行型し2心活、済 年 いな足ま兆すて。お回す苦に仕たの2様 を度ス政ラの画次閣、 くた、えのしコ上2よ動会産 、 一 るいがすしが日 祈復がし携事、ご0あ 一 全比排策ルカでエ議2 よ。社る感始ロげ年りに員業 あ お状続。が、本 り、、んわで一挨2 体46出対実ーはネ決0 う今会と染めナまの御多の省 け 般 け 会態き私見確の 申健一でれ苦昨拶2 般 と%量応現ボ、ル定2 期後全同症てウす年礼大皆を ま 社 社が、共え実経 し康日いて労年を年ま 社 し削をがをン2ギさ1 待、体時はかイ。頭申な様は し 団 が起ごを始に済 上面もるいさよ申のし て減2示見ニ0ーれ年 し感にに、らル にしるにじ て 団 多こ注取め復状 げで早方るれりし年て 実し0さ据 た染大、世約ス 当上ごはめ お 法 々り文り のい、方て続上頭お 法 質、3れえ い症き人界2感 たげ支、、 め 人 あ納は巻 改コ心、いくげにめ 人 ゼ20てた とのな々経年染 りま援日関 で り期頂く 善ロ配影るコまあで ロ0年い2 こ収変の済が症 、す、頃係 と   ま調け産 へナ事響方ロすたと   と5まま0 脱 ろ束化暮に経が 謹。ごよ省 う す整る業 向のもに、ナ。りう 日 す0です3 でにをら甚過、 ん 尽り庁 ご 日 本 。にが分 社か収多よ継渦 、ご る年に。0 あ少もし大し世 で 力当、 ざ コ苦納野 わ束いる続に 謹ざ 本 目ま2温年 炭 りしたやなま界 所 を工関 い 電 ロ労入で れととごしお んい 電 標で0室に までら働影し的 感 頂業連 ま 機 ナさがは 会る経思病てい でま 気 工 制 れジ力で燃・のを『源 促は 素 でル省給ル ョ給ュ り化・ で 業 し貌 のま響足る伸円の す 変コの再でをがし活禍 御 てュのあ料貯た効洋化例進、 まあ技エのギエン面ーJま、エカす リを一とすをに勢び(出日。 ロ不びす推、て動の いー再り転留め率上にえが既 たる術ネ安ーネでとトEす徹ネー。 会 モ遂方予が与よい、前荷本 ナ透コ。進早 回影 機 い まル稼ま換技の的風向ば重存 、とに・定のルの需ラM。底ルボ   ーげ、測、えると好年額電 を明ロ世す急 復響 器 す炉働す』術『に力け、要技 カ考よ高化主ギ貢要ルA しギン る トまコし上る影な況同も気 見感ナ界るに にに 工 。』が。と』蓄送発た再と術 にーえる効、力ー献面実は た 会 こ ーニ 長 ワしロて期の響りで期2制 据は感状こ正とよよも重更い、電る電『生なに ま機率一電供をの現、 省 ュ ーたナおのかがまあ比0御 え拭染況と常 るる 業 次要にっ『池『』次可っ加 ボす器、方源給目両に2 エのー ク。禍り高懸年しっ12機 たえがをがなが需国 会 世で原た水』直、世能てえ ン ニ。・A、化面指面向0 ネ脱炭ト   をニにまい念間たた21器 化取な増見当状主要内 代あ子様素、流再代エきて 設I需とでしかけ5 化 ラ はュよす水さ数。23年工 組いえ渡工態な拡外   電る力々・『送生型ネま様 ュ 備や要そはてらて0 の素ル じーり。準れ字下0・上業 みも始す業に原大の 会 源一分なア二電可太ルす々 向ー ト のI面れ、参技、年 推化や実 東 めノ世 がるに期12期会 見がのめと会戻因が生 長 と方野技ン酸』能陽ギ。な 高oでに再り術エの 進 現 ラ とー界 維状どに8%は( 必のて海とすでバ産 し、で術モ化やエ光ー 技 度Tは伴生まイネカ が電に 原 しマは 持況の入年)3N 要、お外したはラ停 て『は開ニ炭電ネ発の 術 ル 化等、う可すノルー 必化は   てル大 でで程り上と5E とアりをてめあン滞 期小、発ア素力ル電主 開 達 がデ更電能。ベギボ 要、、   働がき きは度、期大3C 考フ先中ものりスと 待型原項へ回貯ギ』力 発 け成 肝ジな力エ ーーン と電電 き浸な るあの物に幅6A えタ行心必活まを経 北 さモ子目の収蔵ーや電 の に 要タる供ネ シ供ニ な動力 敏 方透変 もり影不迫に億) 越まーきに要動す崩済 折 機ー っ価し 極リシ省ー後 環ロカ 全ーし関ー社最く料がベ今  昭 を「すにの テに「しと達ジ てし い対ン取ピに  産ボJて値、一的ーョエの、 ーーそ体ド、係コ会適必金国ー、2 関S。向確「ーつ5て位成ョ しいてアま応のりー関 業ンEきの企方にンンネ脱中 ドボこでマ総官ス実な要・産シ社0 連D世 立魅ジいZ 置にン る機フす、強巻ド連 がニMて評業、議社の化炭長 果ュAお価競昨論会促等素期 たーでりを争今し実進に化的 すトはま整力、て現を向、な 境 け 取 マンで考ッ合庁ト装電がエ業ョ会5 良 付G界 」力にてE づ向2 当敏タ。D靱くです ッニ、えプ的、等へ源あネのン実0 た 組 けs中新を度移、Rんけけ0 会にー X化環変る プュJてのに関のの構りル国を装年 、」で 目向し会O てた2 の対コ のや境化技 のーEい共検係付課成まギ際更にと よの積規指上推員マでい各5 機中応ロ 取カもし術 役ラ、す備を企参に推け電視 価検トMか有討団随題やすー競に向い り目極施しに進企ニいま施」 期しナ 組ー激ても 割ル昨。す高業り向した化点 討ラAながを体すや技。コ争推けう 具標的策立てよし業ュ る もす策の 戦、の みボ変い従 との年 るめがまけ進提、で をルでけ必進 る電術2ス力進て目 体とに 、るてをフ 。を第 略2社 等ンしま来 貢実、 こて、すため言電、 開のはれ要め、会諸力イ0トのす、標 的当取案会自参軸ァの具展2 敏「0会 がニ、すと 献現2 とい環。課るや動電 始実、ばでて員課料ノ5も観るこが 値 な会りと員立りとクづ体開ス N2構 強ュサ。比 のに0 がく境 題と技化力 し現2なあい 題金ベ0今点とれ明 企 目に組実提的ましチく的しテ E2造 くープ我較 あ向5 、た価 提と術、・ まに0りりく に・ー年後か同ら確 標おま行供工すたャり業 に強ッ C年変 求トラ々で りけ0 重め値 起もイ徹エ し向5ま、に つエシに考ら時技に 設けれを価業。実リのは化プ Aは化 めライ製き 方て年 要、を 等にノ底ネ たけ0せわはといネョ向え、に術な 定るて図値会 践ン将、すの に将設を らルチ造な を、の に環訴 を、ベしル 環電カ な境求 積グーたギ 訴。て年んが、議てルンけて電、イっ を活いり拡基 のグ来継る目 来定見 れへェ業い 今、の。国ロ論、ギ、たい力わノた 行動るま大盤 ス」像続年標 対ビし越 てのーをス す きし方 す対員 すは東 オ(先 に力 向品ト会 てJ々Mラは境 。本ままの最。し企J。1京 求 す本ま晴と げ解く造皆復 示月力 し電(ール おう リア端今も等更上のラに今とEがAル、価 。年しらっ最ま、所業様活 会26」「ま気一シでまりこ 年すしご後 、業E 月ビ ンイ技月取をにに市ル提後りM提グ実環値 もてして後すご存、とが と日をMす計社ョ「たまと も。て発に 一さM 26ッ ピア術はり対会向場実起、まA供リ現境と ど新い、に。支で電共期 、(未O。測)ンI、すで ど 、展な 層まA 日ク ッイを、組象員け拡現し電とグすーに価し う年年又な 援す気に待 応同水来N 器日とI今。推 う 私とり 力へは かサ クフ紹オんと企た大に、機めリるン貢値て ぞのと日り を。制アさ 日)へO 工本計F年 進 ぞ の、ま 強の、 らイ ・ェ介ーでし業活を貢2産、ー具技献に よごな本ま 賜引御フれ かか」D 業電測Eは を よ 新更す く事今 2ト パスすト参たに動推献0業発ン体術すよ整理 ろ挨りのす り続機タる ららをZ 会機のS東 図 ろ 年なが 取業後 月で ラ)るメり新おを進す5が表技的・るり し拶ま経が まき器ー中 13テU 及工先 京 っ し のる、 り貢も 25開月が変初更リが展ーまたけ展しる0考し術な製製、しま くとす済、 す、のコ、 下まブるカ日ーK び業端2ビ て く ごごこ 組献電 日催26、更ののン、示シすなる開、グ年えま・ソ品品カ おさこ産今 よ当発ロ関日さすリオ月間マU 当会技0ッ 行 お 挨活の んに機 ま、日リと計影ピ開会ョ。表環し会リカるし製リ」・ーし 願せと業年 う会展ナ連本い。ッンの開にR 会、術2ク き 願 拶躍一 で向業 でオかアな画響ッ催、ン 彰境て員ーー環た品ュと技ボた 。 いてを界一 おのにを団の。是ドラ期催2I の(総2サ た い とを年 参け界 開ンらル い さ祈の るた並 催ラ28展り かにクさIと 制面参企ンボ境。マー定術ン 申頂祈に年 願活貢見体経 非形イ間の0と 共一合(イ い らよのれI計 度のり業技ン価 ッシ義をニ具 しき念とが い動献据・済 、式ンでリ2い 催社展オト と た せ念皆 所活び 予イ日はま会り会まF測 の企まの術ニ値 プョし「ュ体 し 上まいっ皆 申にしえ企活 ごでの開ア2う で))ー西 考 し ていさ 存動に 定ンま、 期、期すEの 構業す価・ュを とン、Jー的 げすたて様 しごてた業動 期行ハ催ル年「 開日」トホ え ま 頂たま でに会 で展で1たが当変。S最 築努。値製ー社 しを我Eトに ま。し素に 上理い製のの 待いイす展1底 催本をメー て るる一景告をびでてみはス 深のでする々申く の う  機品わや気技がロ 申  と下方気で許増はお感ワ感新く方感。方、しな新ご2ご会 器やり暮に術定ナ2し年 い振でがもさ加新り染ク染型感々染ま々感上り型挨0ざ員 やデまら進の着を0上頭 うれ、持経なしたま者チ症コ謝に拡たに染げにコ拶2いの 一 Iバしし展活し見2げに 一 状リ供ち済いてなす数ンはロ申改大、は拡まなロを2ま皆 Tイたはし用た据1ま当 況ス給直社状い変がも接、ナしめ防医 大 らナ申年す様 般 ソス。劇、が1え年すた 般 でク難し会況る異、減種国ウ上て止療 心 す よにとれウしの。、 社 リ、電的働社年たは。り 社 すにやて活に地株世少が内イげ敬に従りよとたイ上年 新 団 ュ電子にき会と、ウ 、 団 。十原い動あ域の界し進でルま意ご事おりも方ルげ頭 年 ー子部変方のな新ィ 謹 そ分材くがりも発 すを尽者 困 々スまに あ 法 さりしズ ん 法 の注料こ正まあ生 。表力を見 に 意価と常すりや すさは舞 難、に感すあ け 人 ままいコ で 人 よ な 謹染。た ま ざし社ロ 新 す格が化。、感 るれじい状罹ん症 り し   また会ナ 年   うるの期に月い染 とてめ申況患でに 謹 て 日 な。活、 の 電 な必動待向例ま者 新 とい、しにさおよ ん お D場デ動ポ ご 状要向さか経だ数 もる最上おれ悔り で め 本 面ジやス 挨 子 況がにれい済予が 潮 に多前げらたやお 新 で 電 Xでタ生ト 拶 情 のあよる、報断再 、く線まれ方み亡 年 と 気 一ル活コ を 報 計 技 フ  3 2 1め2ュで る電も御に 流めし対りス 積ジトのまな中 測 金業来現出きん「化 で機 く産シ 術 ォ第. . .ま1ーはこ見気活」無 るて応ま対当極タラ革た経、 融にににさく。カの 進と現支業ョ ー1繋革デるニし年ノ、の込計発とく た、すす応工的ルン新そ済米 器 資と向向れ変Cー地 展し在えはン 産 スのが新ー工ュた度ーウよみ測にいて めSるがに業なトス・の活国 工 本っけけてえOボ の殻 して、て、を 業 を「る・タ業ー。かマィうで器なうは のD新、お会動ラフ変新動新 業 市てたたいて2ン変 つデ新いこは 協 発DJ進社会ノ らルズな推全っ当な の状Gた社いもきンォ革たで政 会 場は取動るいのニ つジ型まのじ 足XE化会活ー の時コ大移体て工ら 況sな会て、がスーとなの権   かグりきカき削ュ動 あタコす新め 会 さ推M を動マ 次代ロきしのき業 把や働要は国進フメ対展温や らロ組はーま減ーを 一りルロ。しと   せ進I 支のル のをナなて売て会ない 握Dき請厳内んォー応開室欧 会 のーみ、ボすはト起 ま化ナ いす 、」M え進時 3見、変お上おの JにA る化代 つ据ポ化り高りコ「計 先やX方やし外でーシすにガ州 格バで人ン。、ラこ すがウ 社る 会 管へや事いでいメョる必スを 長 付ルあ類ニいビルす が想イ 会エ 長 Eつへ 計 の のえスのまは、ア 理の事業環のまーンG要削含  け市るとュまジ」要 翼 Mい 測 D 基、ト時す前2技測 、像ル をレ デ取業機境生すシ)Xな減め を場と地ー世ネに因 次をス 縁ク  Iて 技 X 本新コ、。年0術・ 端ーりの会が産。ョ・(技へグ 意で同球ト界ス他に の超感 のト Mは 術 推 方たロ当 度2へ計 タ組動の続・ ンDグ術のロ 曽 味の時環ラ中環なな デえ染 下ロ 綱 Aタ の 進 針にナ工 を1の量 のみき変いサ )Xリや動ー 禰 す選に境ルで境りる 担ジる症 でニ でス 技 に を2の業 上年需、 創をに化てー へ(ー社きバ る別、のの打をまの タ勢を 力ク 取ク 術 よ 定0ニ会 回度要制 出進関におビ のデン会、ル  もや企未実ち大せは うルい契 強ス 川  ーて提員工やら標備進外 すの置タの 走 め題究Xの製推Mを委定り 寛 的側しi会しう用揮 る通やあのの 」た供各業報で準さめで第。技づ社革 第てへ、展2品進I進員し組 なのたtはて産しし なル算り継で 智 を「・社会告は化れての3 術け会新 2いの計開つ・とMめ会、む ル双。a、い業てて かー出ま続あ スJ政のな会の、たま新の のとに・ のま整測にでサ、Aても会2 純 ー方デl昨くのエい 、ル方せがり タE策経らな全拡当いた「 革とお進 「す備デ資すーJおい加員つ ルのジコ年こ枠ネく 責日の法ん困、 ーMデ営でど国大工りな繋 新もけ化 るデ。等ーす。ビEよまえ企の 形企タン10とをルた 本策な。難こ トIィ者はが規な業ま接が ・にる」 工ー をタる5スMびすて業領 成業ルソ月が超ギめ 務の定どCにれ しMスのの増模ど会す点り 進、計に タ 含の将つにI会。工と域 に、技ーに必えーに 産ににOなに 、Aカ対接加でがの。を」 化新測つ 社 む利来のよM員2業のと 乗80術シ「要たのは 業向つ2る対 継政ッ話点い参進リ特拡に にた・い 会 重・の柱るA企つ会接推 り社をアGで取全、 界けい削と応 続策シ・をた加みモに大関 取な計て を 点活電におお業の全点進 出以提ムrあり体デ がたて減いで 開研ョ交持し可、ー感しし り価量は 支 課用気は客よに領体のの し上供」eる組最ジ プ動、量っき 催 ン流つま能オト染、て 値の、 業え 題に計、様びお域で大5 てがすをeとみ適タ レき世のてな を究にに有しなンで症価は 組創重D る をお測おの会けとのきつ い集る立n考ををル 果ゼが界提もけ 進会焦よ識たセラの対値、 ん出要X 計 選け機客D員るは取なの まい側ちxえ海図技 ン本各示過れ めセ点る者。ミイ活応提広 での性/ 会測 んる器様X企D、り部柱 す、と上D、外る術 ス格国の言ば てミを情とまナン動で供く いた、デ 技 で諸のの推業XJ組会を 。国使げi当へとを を化で仕で事 いナあ報会たーなの整を内 まめ位ー 術 進課研D進ののEみ・策 次際うまg協示い活 た発す共方は業 新ごす各の 供員で先沿 Aワ おK へ「今けえなア「いア工すはがる ま すて年 きーし 長必も で活業市の 年鞭と会事最を企、端っこ」ーこりA ハ年てたがル計てイ業。2、展ます 。、に2たシて すと要の先ま用環場時 の撻と員業後進業会をてれをクのま」 イの開「ら展測開フ会ま回オ示た。 新な0いョ、 課での行いし境で代 ごをも企運にめの員走活か実のよす( ブI催ハ同示展催ェ主ずのリ会、 年る2とン社 題あ、きりた整ビを 挨賜に業営なて皆企る動ら践構う。ハ リIしイ時会2予ス催、大ンは当 のこ2考の会 解るまのまさ備ジ見 拶り、のにりま様業工のもし築に イ ッ たブにの0 )の1 ピ、工 とま本皆ごまいをの業展、てを、 ブ ドF実リオ持2定がI月きッ例業 ごと年え一の 決こだ不すらはネ据 さす年様協しり通皆会開Jま進多 リ 展E績ッンつ0で、Iになク年会 挨をがて翼デ実「めり現をとま透。なもスえわいをジ現Sら加に両はだ明 るちを、 せよもに力たまじ様へをEいめく ッ 示S2とドラ特  す 。東F当 展 拶心 示の秋の とよがま担タをoれ速向立言感感 市ろ展日 てうな深いがすてへと進Mり「の ド展にし場ひ会 いおおくた、。のの変めIま繋情 開2、て、多」0ノ展イ長O一京E工会開に最 さり国すうル支cまさけすう染は 場ん開本 2ウ示ンをS昨ビS業を催行大 せ祈の。責トえiすせたるに防和 創、しそ た願一感だ日 社価革、Mすが報 催0 10おごくと2ハ会で最A年ッ2会開のわの て念さ 務ラるe。てア豊及止ら 出デてし だい層謝いご 会値を新A。る発 )2月り参のな ウ」の大K グ0を 影れイ ら をン業tJいクかばのぐ にジいて き申の申てろ へ提進た基 J信 を2にま加 りもをを展限A、サ2含催響てベ いいな 果ス界yEくシなず取兆 もタくグ ましごしお当 の供めな本 Eや 準 はすを方ま充活他示に」関イ2むいでおン たたる たフ団5Iこョ社、りし 取ルたロ す上支上り工 価とる潮方 Mネ 備O「。おのす実用に会発で西ト(3た、りト だし飛 しォ体・Tとン会経組が り技めー 。げ援げま業 値、こ流針 Iッ しS計さ待ご。しし先を揮、でにアつし今まで きま躍 てー」0Aがをの済みあ 組術のバ てとます会 提会とのに Mト てA測らち来ぜた、駆加しリのおイのま年すあ ましの いメとのは求よ実成がる んを事ル
Page3

(3)   2022年(令和4年)1月12日 2022年 年 頭 所 感 国 を員業りス応難紹 り康はに感て安ラやえのずコ1全年 な皆始りりや新年型く進「り年すとせす  際こ提ののまの含な介昨切、、な染お要イ東、再、ロ億体度当る様まま、、た夏コ」し虎しは。ごい。新 分れ供皆運し質む状い年り安感る状り素チ南半拡まナ円が機会こにるす明国な以ロとて」て景本協た年一 年 業まし様営たを必況たかた全染こ況まもェア導 た前で前械がとお年がる内変降ナいいはい気年力だ頭明 一 般 をでてにを。落要のしらいを防とのすあージ体 大、のあ年工、をい」、いに異、ウうく山るにはにいにけ 社 基我参必積今とな中まのと十止を減。りンア供 懸感2り度業昨心てと「話お種沈イ意 々傾お寅、て当 般 礎がり要極後す情、す当存分対期少今、等の給念染0ま比の年よ、し動題けオ静ル味この向い年改いたま 社 団 に国まな的もこ報会。会じに策待に後景のサ不に状1す8生11り本てきがるミ化スもと岩がてとめるりし 団 法 発製す情にWとを員昨のま心 しよ、気不プ足加況9が・産月祈年、の未第クの感あかをあ良なて皆、て 展造。報行Eの発の今活すがを ら 第てり新の 年、9見に念が機あだ6ロ兆染る、もるいり深様平 お 法 人 し業 やいBな信皆、動。け お、型不 度こ%通発い変械る少波ンし拡と 登よかまく方素め 人   ては 、、等いし様会状 、一り経コ透 にの増し表た化産年な到株が大の「りう悪す御のよで 日 き、 意引をよ、へ合況 こ優ま済ロ明 機は水のでししと業」い来のあにこ寅勇でいが礼温りと   ま自 見き活う会、実に の先す活ナ感 達準70はたま進に「状の世るつと」猛すか、申か当う 日 本 し由 交続用努員コ開つ 難とが動ウは しは兆、2す展お今況懸界もいでに果。、「しい会ご 工 た貿 換きしめサロ催い 局し、がイ継 て、5生0。のいまで念的のてすは敢まは寅上ごにざ 本 が易 の、たてーナがて を、ま活ル続 作 、と 場会事参ビ対困ご 乗健ず発スし 機 械お未3産2 年てさはも流のは。「にたっ」げ支おい 機 らだ7額1 と、にああ行、昨新動前、きのま援寄ま 械 工 強転りに感対 の  械 のイたの税ン「 ④対③て―応②―①要すュ「「に定 ご  査まり業ルとを0 てリ排しの革を制易構産型ー切近 業 めじ戻ワ染立さ御2 工 適ノし実制ニポま研応経 ポ等デカ持望るーポ令税、当紹次 結とまの化、得2以いュ出て社命要と・造要コバな年 、ましク拡をて祝0 業 用ベま現改ュスた究 済 スにジー続項重トス和制お会介に 産果めす課、特て1上まーゼ日会に求障投の素ロル対の 連 工し、チ大深、詞2 期ーしに正ート、開 の ト向タボ可目要ラト4によでい、 を、。題環に、年のすチロ本転代し壁資変のナに応環 合 作た世ンがめ昨を2 会 限シた向共トコ製発 電 コけルン能に税ルコ年関びはた税 公22と境、関度問。ェ目政換表て等・化移ウおが境 会 機。界接続る年申年   延ョ。け同ラロ 税 子 ロた化ニな関制実ロ すそ し制 表年0対の通 か題 ー標府、すいに技、動イけ求変 械設経種い中をしの 会 長ンそ、要ルナ造業制 化 ナ設、ュ地す」現ナ度 、 税るの機ま改 業予目2応4商連   受備済のた、振上新 等税の共望実の の に の備カー球るとのの 活実 す正 定と1に点、す ら意 ンへが更るまよ術米にルるめ化 関 制 械 る公識 全の掲にデすり・中関スバらは 会 注投は進も新りげ春 長 、制結同」現企連拡 伴 新投ート温要した経要動現業。に でな年関にセ委益を 体対げはジ。、ヒ間す感リれ急 は資緩展の型返まを 研や果でをの業 充 う た資ボラ暖望てめ済 をに つ ごる度す着キ 財踏 に応る、タ加産トのる染ュて速 長 半はやかのコりす迎  究5と陳策た変8 課 な促ンル化を、の回望行向界 い ざ2にる目ュ員団ま 大等2地ルえ業の覇様拡ーいで 導回から、ロま。え 開Gし情定め革団体 税 経進ニの防行以基復」っけの て い0中検しリ会法え き、0球化てに移権々大チまあ  体復な経先ナす 、 稲 発投て活しのお 上 済税ュ実止い下盤、にてた要 の にま2間討、テと人、 な環5温と、本動争ながェすり 関の回済進ウと 謹 や資、動、令よ連 の 成制ー現対ま4構カつお要望 取 す2報を今ィのJ当 影境0暖サ第質にい制もー。、 大 連足復活国イ、 ん 葉 設促オを要和び名 課 長のトに策し点築ーいり望内 り 。年告始後、連K会 響変年化ー4的関に約たン特迅 が取傾動をル米 で 備進ー展望4カに 題 に整ラ向のたの等ボてまを容 組 度をめのデ携Aで を化C対ビ次なすよやらはに速 宮 堅り向を中ス中 年 投税プ開項年ーて へ 向備ルけ推。重にンはす中の み に取て製ジの補は 与はO策ス産対るる産す、グ・ 調をに取心のが 頭  資制ンい目度ボ、 の け 対て進 点資ニ、。心策 を 貢 調りお造タも助2 えバ2と化業応規貿業生新ロ適  が達つた域プれナに 善 2(は装用おのけお連ドR研 的と機おま初た5策 支シ  くに寄がおはーを新貢省表すの い秀ま とめ温ま促 英 、すい。で需て禍推 治 1テ、モ推り産るり携リR究当にい械よすの。年定R援ア次 献おも与、り、ト加た献エ彰。開「う省す次な反暖し進 内るて当顕要いに移 年ク施デ進ま業ロ、しーI開会協う産び。2現に「Rにテに 願是す本、産をえにしネ」「催ロ2エ。にり対化たに 明 外と、会在がたあし 9ニ設ルワす界ボ施ななの発の力認業ロ当2在発ロIつィ「 い非る表ま業切、、て表は優にボつネ当、まし対。お 市見9は化世ペった 月カ管構ー。かッ設が環ロ等2支識全ボ会6の足ボはいブロ い、こ彰も技りJC参彰、秀向ッの脱会表した応一い 場通月2 界ンて他 にル理築キそらト管ら境ボ基0援の体テはか会しッ、て協ボ た両とが 術まKOりと国省 ト表炭は彰た炭へ方て にしに0しのト抑、 物コ、推ンしの実理、構ッ盤2しもにィ、ら員、ト成ご議ッ しし表を な環 A け 省く し 2まし内エ鋭大彰素、関。素の、有おを12ま各ア制コ 流ミ小進グて支証や業築ト構1てとおクイ2数 新長紹会ト ま彰期エ 境たの排して唯ネ 賞事機「連 税大企意 い上兆1し地ッさロ 倉ッ売タグ、援事食務に事築年参、いスン・は7戦戦介(革 す事待ネ受局。補出た、一脱意」業器ロに のき業義 て方4年 庫テ、スルR事業品管関業事度り今て関ダ5約年略略いR命 。業し並賞局C助抑。日の炭準はを・ボつ 導な負な 工修5の Tィ食クーR業、製理す(業「ま後重連ス倍5が」のたR・ 発 にてび者長Oを制ま本産素備、行シッい 入制担成 作正0工 変 C)品フプI等ま造事るロ」革すも要のトに6経過に一しI産 応おにが賞2受とたの業機を今っストて は約の果 機 0作 をにのォのロにた等業取ボに新。Rな取リ増0 基環ま)業 募りC決が削けい、省機器進年てテ大ご 、と増を 械致億機 新加3ーロボ取学のをりッお的 R課りア加といづです」I いま 定新減なう昨エ械・め度おム賞紹 今な大実 ユし O 円械 設えつスボッり校領実組トいロ I題組ルしなたきあ。へo たす2さ設にが表年ネにシて、り表」介 回りに現 ーま前受 化 し、の活ット組教域施みフてボ をでみIてりし2る のT 展 だ。削れさつら彰度推おスお第ま彰とい 見得よい ザし後注 ま2T動ト利ん育にし)レはッ 全あがoお、ま0政 活イ 寄 き皆減まれいス分よ進けテり10す」「た 送るりた ーたにに し0Cで実活でへおてとン、ト 面る、Tり当し1府 動ニ た様にすててタ野りにるムま回。と優し りた、し 識術 す にりりの てかす撻とよ械い 努し携今tるに未ががあデとし おーX urにでンドしポム 等期ーパi「したバ16の と協めッた や面工。 、、設 いらがをもう産デ当力、お後e政あだ経ドるジした昨りタ」 rg、はライてジ「2、をバーeP、。ー日一I共議るト。 温に作 12備 たお、お関誠業ジ会しSよもd府り第過イとタてが年ま品の iyC、イツのウロ0活迎ート4l欧Rメに環oに会「教更 度お機 柔兆0投 だ祈皆願係心にタはてoび、 のま3しツ考ル、、、す質動 与n E従ン経製ムボ2動えメナ・a州RッオとT、積(未育に補い械 52資 きり様い各誠貢ル、参c競製I戦す次まにえ化企日新。のき gSS来に済造2ッ1をるッー0tへIセンし関 C来のは 正て業 01意 ま申の申位意献社引りi争造n略。産すよての業本た 問に  mM てエ業0ト年行産セと(t 2ラて連極Hロ推、 なは界 0年欲 すし一しの努し会きまe力業dのR業がっお遅内のに 題も IaIの日開ネ〜2革10い業2しPfのは0イ、に的Eボ進高 どAを 軟0のは 。上層上引め更の続すt向のu一R革、てりれ、競デ に対 nrI 催ル」1命月まエ0てIoプバ2ン2おにRテも校 のI取 億受大 げのげきるな構き。y上デsつI命日主まと企争ジ も応 nt(独 レー 展 機のり 変 、ごま続所る築R 5とジtではを本唱すデ業力タ 積し通州も等no C連 いギと〜・にしコ2の4r 1で0い Sィ、・ 円注 たー題全産はたシ1登・mゼチ」開2て開IクR高 能進巻 を額力 年健すき存発にR ・生タrあ、完のさ。ー間低ル 極、基に着、svMl携し省して業、。スを壇0 ンャに催1はし・スR専 の化く に上は強 頭勝。ので展向I 0産ルiる従遂製れ第タお迷庁 的デ盤お手米taaeをま共、のI国 テ読、)Iスル参さ年、てチエI等 実に環 く のと最ごすをけと の性化eC来で造て4連よのが にー「けし国 tna深し催経産o際 ムみ報」nアブ加れ4国いェンがに 現よ境 回こ i 推 挨ご後指の実、共 実改とso支き業以次携び要創 取タGるてとtiun化たの済業Tシ 〜解告とdピーいた月際くルジ事お やるで るれ移 拶活と導で現日に 現革デのn援なの来産の産因設 り連Aデおのuof す。も産の国ン 』く書国uースた「12連所シニ務け 、音は 存 5声、 G認技 対勢をし と躍な、、で本、 にをーもnしい多、業遅業のさ 組携Iーり連tnaEるRと業基際ポ の〜『際sルをしハ日携 ーア局る い上て さをりご今きの新 向促タとeて状く10革れ間一れ んやAタ、携e cnとR、省盤シジ 発転ハ連tや出まノか協で)育をロ で回お せ心ま鞭後る機し け進連、cい況は年命がのつま でデ―流欧に)Ite共Iオととンウ 行換ノ携r、展しーら力す。」成務ボ C新る技 tXの Oも自術 応i活普 P加動の v用及 26速化進 eがに でし・化 し 期よ %成際復っな りず年感界状国 し  力月862界取格ン現 まご旧  産て省、 M待り 、長通のてパ一ま、に染的況でさ上新 強W・%1半り上問、新す協年謹 業お人ロ aさ高 日率貨状もン方す引お拡ににはてげ春 いS8増年導巻昇題米型。力中ん 革り化ボ 技nれ速 本は基況世デで。きい大は大ワ、まを 一 成T%、に体く及や中コ をはで 一 命ま技ッ uま・ に世金に界ミ、 続ての新幅ク新す迎 長S増2前市状び部摩ロ い当新 前す術ト fす大 つ界のあ経ッこ きも状たなチ型。え 般 社 が発(0年場況イ品擦ナ た協年 般 か。に技 a。容 い 見り済クの 予 況な改ンコ 、 見表昨2比はにン不のウ だ会の 社 ら環よ術 cま量 て全通、はによ 断未にオ善接ロ 謹 団 込)年2 25 2懸フ足長イ きのお 団 の境ると tた通 は体し国回あう はだあミが種ナ ん まと11年・0念レの期ル 、活慶 気分生の 術u、信 同でで 許収りクみのウ で 法 れ 点傾影化ス 心動び 法 温野産融 rAに 2は 束 対は さの、ロら促イ 新 人 て は向響、感 かにを 人 上で技合 をidよ ・前、 健れ兆3ンれ進ル 年   い 技あと、サ染 らひ申 昇は術に ndる 4 2 な 年株る等ス の ま る、エプ症 感とし   を、革よ giD %年0 いし目にもで禍 お 日 す も世ネラの 謝か上 日 の比2 状がとよのそは 慶 。 の界ルイ変 申たげ 進 伸51 況見なりのの、 び 本 ロ の経ギチ異 しなま 本 献・化ま 2議1 び・年 全にらる再、感我 を 、済ーェ株 上らす 半 し発にす 0が・ と9の あれ今び世染が 申 ボ 術世を価ー出 げぬ。 導 て展柔。 5採5 参さ軟日 0択度 ッ 体 りせに本 化年さ以 い待不 と生と対たてで輸 たすが 上ス4通み ト わ まに長20 りだ 割て導加G発測年  製 まて対の カれ内 自す足そな産初前。2の出 がる国こ昇ク・しら 工 せ一すつを年2こ平残 をい体え通表に10製 す、処工 ー、に 動るのしる額め年こ桁回市 、部ロのがを9にれ た昨。い見の1の準る 占まのて信致つ月造 造 。世し作 ボわ抑 化と問てとでて比れ台復場 な堅品ボよ懸挙%おて 業 変年 て込日年よ化も 革めす設、のしいに装 装 界、機 ンがえ 需と題、見はの27にの基を 調不ッう念げといい 会 革来 はん本のうさの る。備デ本まて日置 置 のあ械が済複一応ニ国る 要もは本込26 1・よ大調牽 な足トな材てすてま を、 横で製大なれの 中F投ー格し、本に 製ら産必安雑方がュ製よ にに徐年ま・兆7りきも引 中の産状料おるはす   進当 這お半幅状る、 国P資タ化た4製お 協 造ゆ業要全化で求ー造う 支、々のれ5円%2な見す 国影業況とりも、。 会 め協 いり導上況見年 へDをセ、。年半き 会 業るはと保し、めト業努 え従にロま%超増0プらる 普を響はのな、の世ま て会 かま体昇を込間 新の製大ンI市振導ま の技こな障て通らラにめ ら来改ボす増えの2ラれと 長 及中が、下っイの界た  参の 微す製にうみを に渡造きタo場り体し   発術れっへお商れルおる れか善ッ。のと約1スたと 心大半、てン、全、 り活 増。造引けで通 航装くーT環の製て 会 展をらてのり環まへいと 受らさト 約な1年成こも とき導2いフイ体2 ま動 をF装き、すじ 制置牽需、境大造は 長 に進のお対、境すのての 注のれ市 9る兆は長とに すく体0まレンで0 小 しは 予P置続当。て 限は引要Aと幅装、 貢化変り応経は。対も決 額引る場 7と9、とで、 る見を2す率フの2 た新 想Dもき協 の の、すのIし上置当  はきこは 0と7受な全国 と外らは1。のレ成2 。常 し製プ、会 影 影需る拡のて方の協 対続と、 0も0注り体内 需れじ年 急加長年 笠 「態 て造ラ2で 響 よ響要と大進は修需会 魅ナ役らし世開え京え最  前きを部 億に億額まと市 増まめの 激速率の 将に お装ス0は は はの考が化、正要は 牛 力ー割学て界催新ビる大J 年高期品 円、円でしし場 がしと我 なリを見 原 来合 り置成22 よ ま8え半に5を予昨 を」り生参最致たッJのI 田 社のををり先しにグIイM 会開講招ま端ま南サMベT 実策ム④10及催 業つてマ 発がみに創 て産産比  産算体「ま え利ラ教 した イ信半会はの  に催義待すのす展イTンO 施定、10月び展具をい実に もを、立こお額額3 業発の半っ半ま用や育 りた安「ベや導」、業 伝をすし。工。示トOトF 致、⑤月13産示体こて現、 た回当50のりには% 浩 の表国導て導ししモが D全海ン、体を昨界 一 え通るてま作ユ棟にFでは しそロ13日業会的の展が次 ら顧会周よまお5増 重ま内体い体たたニ難 V教外ト会業発年を てじ「工た機ーをて2す我 ましボ日ののでに1望期の すす及年うすい・の 要で生戦まの。実タし D育への員界足4担 参て工作、械ザ加、0。が すてッ 記変のは年・待半 持るびをな。て21 性、産略 重 技ーい にのの開をにさ月う 雄 り、作機企技ーえ東2今国 。⑥ト〜念遷パ、間発さ世 展続と我迎中 も%兆 に日拠」す要 講を状 脱よ支ビ催対関せ新人 ま工機械画術の過・2回工 50産14式、ネ①で信れ紀 可とがえ、 初増1 焦本点か。性 習駆況 る援ジに象心、た材 す作械産展・皆去西はで作 年業日で典工ル記実するに 能も国ま本 のの3 点政のら昨は を使に 啓」ネもとを活にへ 。機ト業示製様最展、60機 史ビの・業展念施るロ向 なにのす年 110 を府確、年、 実しあ 蒙でス力し持動「の ぜ械ッのや品に大示11周械 のジ記表会示ロ致たボけ を社、ロ。10 兆兆0 当か保11 6こ 施なっ 炭活は展をたつを人ア ひ産プ意全を向規棟月年産 編ョ 彰の(ゴしめッ広 会「ボこ月 円2億 てら」月月れ でがて 動、開入様学開財ピ ご業セ義国発け模ににを業 纂ン念式歴ロのまのトく 」ロッの1 超0円 た続をののま きらも に多をれ々生始開ー 来のミやか信てで加東迎の の2シと史ボ制す各の社 をボト50日 え0、 力々含「経で る、複 加言視てなへし発ル 各0ン祝等ッ作。種有会 目統テ産年を を億そ 強とむ先済以 体W数 え語野い勉のま専」 事5ポ賀)ト、 記りに 一ィ業をも 期円し い半補端産上 制eの 素、でにま強情し門と ま致と 申に参て迎 場 業0ジ会、技② 念様お テクの節っ 待とて 政導正半業に をbカ 対作入す会報た委し すしっ本し対り業え当頂 をのウ、③術主 事にい ース歩目て し生生 策体予導省高 整をメ 面成れ。や発。員て 。まて年上すま界ま会き し更がげるす一しはた 指 化 てな、ま一。丸た、い て様協 的査へとれ2a展 「 2 う活力し組と 目ト  い念 思き寄半 ラ術電会導ののく機ー が 、る新す層関と。昨と 、の力引に、のもら」p」 特こ性のて」な記指のこ たい皆いる与導 ル革力員体電4求能トS発 年飛型。の係な2年存 新 年ごをき展技意にのとaを す0 2にと化推「、っ念す健れ だた様ま団は体 へ実新低のの力割め化ラD信 頭躍コ ご各り0 12じ の活お続開術欲様展3n、 2本との進国「て事こ全ら きしのす体も・ 現に減生進を以らとルGさ ののロ 理位次2月ま ご躍願きす振を々示つ そ 年しさ」際イ 業とな記 ままま。をとF へよに産化抑上れ低実sれ ご年ナ 解にの21す 挨とい関る興喚な会のRし 国 い 際はてらの標ノるにと普念 すしす 目よP る加拠もえをて消現のて 挨とに とは一年日。 拶ご申係所等起分を展oて いな三準ベ 加し及事 。てま 指りD 貢世え点期る占お費に推い 拶な負 ご当歩はに し各存の 野通示b10 ロ、まるつ化ー「えてと業 、す し、製 献界てや待切めり電あ進ま とるけ 協工を、創 と発 さ展上位で各 す るへじ会o月 ボ3 月す推をのシ市、いロを 新の て社造 し的、装さりるま力たやす さこず 力業踏未立 ッ せをげのす事とのてをt19セ「中一〜 9。進重推ョ場当まボ通 年ご 活会装 っこ期すてな半置れ札とす化っ将。 せと、 を会み来70 ま一。業 ロ技開 日ス2止昨17ト に点進ン拡工すッじ の発 動に置当てれ待。ゆカ導仕てと言。がて来 てを皆 おの出に周 て祈す層 にとい念 もボ術催W〜テ0と年日展日〜 向項、の大業。トて ご展 し対業協ゆかさ製くー体様いしわ世今はの 頂祈様 願事し向年 た との つ ッ情致e21 2 と 」 け目国加 会 産更 挨と てし界会くられ造こボそにまてれ界ま、カ き念に い業てけを い だ とご いにト報しe日クノ2な にを12 に っ2は、 、と際速 の 業な 拶ご ゆてのはでもる装とンのおす、るので半ー きたも支 て、利のまkに 実 年 6日 活し協化向活 のる と活 きも発、し大 置がニもけ。パモ電以導ボ ましに援 も市用発す2はロ装て続、昨月に 動て調」け動 発ロ さ躍 た貢展本ょき役業重ュのる当ワー力上体ン すま、と 意場拡信。0「ジプいけ年15か を業・、たの 展ボ せを い献へ年うく割界要ーの消協ータ消にのニ 。し皆ご 欲調大とこ2Jーロたて、日け 行界協そ取柱 をッ て祈 とでのも。なは、にでト技費会半ー費強高ュ
Page4

2022年(令和4年)1月12日   (4) 2022年 年 頭 所 感 のすがや中向社染型 く努コら型 こ   に ま行「的措まのす傾新新 ら活まの世ッ開すもご  影。持海、か会症コわ敬力ロ、コさと皆明 よ経すきオに置ん緊。向規型なっ躍たで界ク催。新挨2 響たち外各い活のロが意をナ早ロてとさけ り済。をミ緩が延急9に感コおたに、き中でし昨た拶0 にだ直経種 動影ナ国を続禍くナ、おまま 一 ま面 楽ク和す防事月転染ロ、一世米たのはた年にを2 一 加しし済のつの響ウを表けにもウ一慶にし 般 すで 観ロしべ止態末じ者ナ年年界国歴人、東を新申2 え、ての対 正かイはしてあ2イ昨びはて とは 視ンててな宣にて数に初だ中大史々多京振年し年 般 て新い改策つ常らルじまおっ年ル年申、お 社 あ 、、 で株お解ど言はおがつかっのリににくオりを上を 社 、たく善効 化経スめすらてがス 1 し健め 団 全12 き」り除重及全り減いらた人ー残感のリ返迎げ迎 団 部なこ等果るに済感と。れも経感月上やで 法 産月 ながまさ点び国ま少て全とがグる動日ンりえまえ 品新とも し る、と染にげかと 業に い確すれ は国思胸で大や本ピまらする 法 供種があ て 関今う者わまなう 人 の発 状認が、 、でいをの会希人ッすれ。に 人 給コ期り 関世 係なとががす新ご   業表 況さ、行 8感ま熱大と望選クとた皆当 のロ待、 界 のおし報国。年ざ 況し がれ新動 月染すく谷なを手・、こ様た   供ナさ徐 経 皆必て告で をい 判た 続るた制 下が。し翔り与がパコとにり 日 給ウれ々 済 さ死いさ初 おま 日 本 断日 いなな限 付旬拡 勇平まえ活ラロとは、 制イてに は まにまれめ 迎す 指銀 てど変も 以大 気選しる躍リナ思、新 本 約ルい景 連、 に経すてて え。 包 数短 お、異段 加降し を手たこしン禍い気年 産 やスま気 新 深営。か新 の 装 が観 り先株階 、た もの。と、ピでま分の 業 機 機 たりすに界だ 化い対の減8 の拡生 す復たをす原 械 受なと22持を受受 しし各政 さ れがよ開普ば 可のネ数圏新 械 めか。不は不ポ戦て応自少・ 見大産2。に事守。材 注どな%兆ち中注注なたつ社府私れ 、、るし及ら一能影ルでに型 のら特可食透ス略もに動と7 企直に実0 向業り政料 工 環のりと2直心がにお。つのやどて 価先引落、しつ方性響ギはなコ 工 役、に欠品明トが、加化な% しよ績2 け環な府価 業 境影ま36しに堅つ、 、協自もお 行きち欧たき、もにー6っロ 業 割よこな・感コ求こえ、り減 やるは0 た境がに格 りれ 医がロめれて省まの 業先不、年 対整らおの 会 の響し年8が新調い2 事力治日り き続込州こは世あよや期たナ 会 が 重   改がたぶ7み型だて0 業に体本ま はき やとあ界りっ原ぶも感 増安ま み   全で要 薬あナらま、人し4 送透新度 策備、い高 善懸。り億らコっは2 活よの産す 不感 米でる経まて材りの染 し な・り後れで成化た3 り明型の のの産て騰 会 が念新に円れロた、1 動り要業。 値透染から国社も済すは料にの拡 会 てで以産日まのて以長等。0 ・等感コわ 充基業はな 続さ型前、たナの国年 の、請機 明の を会のは。、の改、大 い安上業用す経き上すの今8 にかロが 実盤界、ど 長 くれコ年前こ感に内度 維感・械 な再回中経の、 今高善大後 長 る心にと品が済てにる新後億 よらナ国 を強の国懸 とるロ同年と染加で上 持染指工 状拡復心済、国 後騰が企、 もな衛とな、のい市海た、円 団り、ウ包 期化ニ民念  思もナ期同か症えは半 ・防示業 高況大しつに活ワや 業、止業は  社生 ど改見ま場外な国と 、設イ装 待なーの材 大 わののを期らの、製期 継止を会 がな コ動ク地 況感ま製じ の会意も人め通すご市ニ内11 対備ル機 しどズ命料 れの感上比、影外造の 続対受と 続どつロがチ域 が染る造め 斎 との識に々てし。と場ー設年 前投ス械 て経をとも ま、染回1受響需業産 に策けし くがあナ徐ンに 下のな業て 思構のあの包に の等ズ備ぶ 年資の産 お済踏暮あ す今再る0注かも向業 努を、て と懸り危々接よ ぶ再どのプ 藤 い築高り生装は 国にへ投り 体度計感業 りのまらり 森 。後拡結7額ら中け機 め徹会は 予念ま機に種っ れ拡、同ラ まのまま活業ま 際おの資の 比画染の ま回えしま  も大果・がの国の械 ま底員、 い測さすに再がて る大エ指ス  ざだいに食化 と新のまがの A業 すも環速か す 利 い業シノ現化価培 土スンどにをは  ィま気が染経価たなれ拡  保 まけま向料にわ考た垣す、イ Iをさ。大へしら一。 きがョベ、の値っ併強テフ多努払、 製こをり候存拡済格イる、大さ なですけ問対がえな根。製ノ とな取ら きのて脱方 夫 ま直ンー強推製たせ靱ムラ発力い引 う重を変在大的のンこ世にて 関は。て題応国て付をそ造ベ どりに な対お炭で す面をシ固進品経て化をのすしなき 品し視受動しな対高フと界よ、 連解こ積等しのお加越の業ー の巻包 変応り素世 。し担ョな、・験、に創老るてが続 たすけ問てど立騰レを経る2 す決の極の、包り価え実のシ 協先く装 革な、に界 てうンサカサにた貢出朽自いらき 中るて題お世の、リ願済経0 るがよ的さ人装ま値た現進ョ 端環機 ど特向的 い人のプ ーよゆ献す化然く、感 、流、にり界長半スいが済2 企難うにま手機すを産に化ン 技境械 期包にけな る材促ラービりましる対災と事染 我れ全対ま経期導クま回へ2 業しな取ざ不械。高官向にを 術はを を 迎装プた気 課の進イボス、ぬてな策害と業拡 々が世すす済化体、す復の年 ・い社りま足産 め学けつ起 をI含 え業ラ取候 題育、チンニを他技いどににも活大 産加界る。のに不エがに影は 団課会組な問業 てのてな 活oめ 界スり変 の成さェ 追国術き、資対に動防 を業速で国ま回加足ネ、向響、 体題課み社題は い連はがこ 用Tた てをチ組動 解ならーュ求を革ま防す応、の止 機しサ際た復え、ル欧かが新 等が題た会、こ く携、るし 力し、も い取ッみ問 決どにンーしし新す災るし台継に 械てス的、を、米ギ米う徐型 と多にい課環の こを企もて なロの るりクの題 に、はのト、のや。・新て風続細 業いテな世妨変中ーを復々コ もくはと題境よ と強業のい がボづ と巻の動の 貢社イ構ラデぐこ 減技、やを心 追界まナ関界げ異の・中興にロ 協、一思の問う が化・とく らッく 言く資き高 献会ノ築ルジ高れ 災術社豪最の とすビ心規る株政原心の緩ナ 力さ組っ解題な 必し業思こ し産トり え環源もま しやベ、のタ付ま とや会雨優注 し。リの模要の治材と年和感 しま織て決、変 要、界いと 業、産 ま境循加り て企ーイ実ル加で 国シイな先意 求て テ高の因感・料しにさ染 てこス繁 と すもへ示に 活全器ッ包す に事会会度当て いおしまて こス生一た2済 す 万保染 まいらなン素更ンブもは  いとの栄年ご本。貢の会は 体・グ装「さ努業員等化工活 た祈ましい年とピ産体ク0構さ。 全、の政すくずビ・、なスなの、特 たを収と頭協年 献挑と絶 動に技サ産Jてめののの、業動 だりすてた頭をー性とリ5造ら をワ再府。こ、ジイアるともと産に だ併束ごに力も し戦し大 か術イ業A、て具皆事人会を き申とはだに期ド向なー0のに 期ク拡に と世ネノン省しのし業、 きせに健あを当 てなてな か・ト展P当ま現さ業材と進 ましと一きあ待感上っン年転、 しチ大お が界スベモエて、て機カ まてよ勝たお会 まどのご わサで」A会い化まを育しめ す上も層またしをとたエカ換ア てンにか 益全機ーニ 捉む捉械ー す祈り、り願事 いの内支 るー開はNのりとの幅成まる 。げにのしりて持いデネーとフ いや備れ 々体会シア ネえしえ業ボ 。念平そ、い業 り新容援 最ビ催本P最ま同ベ広、しこ 、、ごた考おっっジルボ好タ た治えま 重のをョ、 をてろる界ン し穏し皆申へ たたのを 新スい年A大す時ネく広てと 新皆指がえりてたタギン循ー だ療てし 要C獲ンC推いイのにニ 、なてさしの いな充いまてけ界こトのた2Cの。にフ展報もが 年様導、るま取重ルーニ環コ たの保早コく薬、て にO得のC進きノでとュ ご社新ま上あ ビ実たすのたのとレ展し月 イ 工ィ開推包重 のの、関とすり要化戦ュのロ だ実しくロとの医は な2し加Uすたベはっー あ会型のげた とジとだ。展包課にン示ま15Kベ 業ッす進装要 ごごご係こ。組課の略ー実ナ き現た安ナと国療、 っ削、速Sるいーなてト いがコままた 考ネバき関示装題よドやす日2 0ン 会トる、産と 挨多協各ろ ん題推のト現を たを社全のも内提新 て減わになととシくネラ さ実ロすすか えスー、係会総解りを製。か2ト のにこ国業考 拶幸力位を でに進推ラに見 い目会・下に開供型 くにがよどと考ョ、ガル つ現ナま。い てのチリのを合決、提造最ら2で 価つと内のえ とををに述 い対、進ル向据 と指経安、、発体コ る貢国りのもえンポテに としウす ご お発ャア皆目展策需供ラ新東 あ 値なに外技ま さ心おおべ たし企、にけえ 思し済心一ウな制ロ と献の、グにまのジィつ さまイの 支 り展ルルさ指とに要すイ鋭京日り 向がよ展術す せか願かさ だて業官向てた いて活を日ィどのナ 考しみ新リ、すチテブい せすルご 援 まに展展ましし向業るン機ビ本ま 上るり示高。 てらいれせ く、の民け、経 まい動確もズに確感 えてなたー水。ャィなて がイる半がま接のス き   催パのが続感型景 すよク新 すえす  、ン部導急し種影感昨ま年あ とラ切発的染コ気さ。りチ規始。、。皆 コフ品体回たが響染年す頭け なリり令に拡ロにて 、ン感め 謹令様 ロレ不を復。進が症の。にま 一 りン札さ緊大ナつ、 一、染に ん和明 一 ナの足はす一む続(世 際し 般 、ピとれ急にウい昨 刻P者、 で4け 禍進、じる方とくC界 して 経ッも、事よイて年 もC数新 年 般 か行そめ中、と中O経 、お 社 済クさ経態りルはの 早Rが型 年(ま 社 らなしと、経も、V済 所め 団 波はれ済宣、ス、国 い検低コ 頭2し 団 回どてす世済に各Iは 見で 及大た活言断の新内 収査位ロ の0て 界活回国D、 をと 法 効部東動 束、でナ ご2お 法 的動復に―新 述う 人 果分京は を治推ウ 挨2め 人 ベながのお19型 べご とがオ停 切療移イ 拶年で 物活動け)コ さざ   し無リ滞 望薬しル を)と   流発きるのロ せい 日 て観ン、 の化がワ感ナ てま は客ピ景 先 し等てス 申のう 日 てのお感 し新ご ス混し見ク染ウ いす 本 期でッ気 お普り染 上春ざ 本 乱需らチ拡イ た。 工 待のク浮 進 り及、症 げをい 食 や要れン大ル だ 作 外開・揚 まにワの ま迎ま 品 機 機 ま変は た気去さ京 ま続しとにと異ま復 器 沿 厳企断っも品 て顕ンク 活急制国しれ月種れ 械 す革、新。と最れオ すきなとか解株しへ っ食し業をての機こお在スの 動激限外、、30がに 。を通型 感多、リ 。油がもけ除がたと 工 た品い経許おの械うりしが長 のなのの景 進終 工 経日 例一常コ 動の東ント一断らにてが流。向 業 衛産見営さり全のしま、崩期 技正感緩情気済をんわ 業 え気でロ がメ京ピ 方せ、感ワ繰行日か 会 生業解になま体販たす世れ化 常染和勢回活もだり 会 ばにあナ もダオッ 、ず第染クりす本う   管全を関いすで売国。界、に 化者がで復 こま 、もれウ たルリク そ慎6者チ返るに世 理体持し状。は額内 的サよ は増広はの動っとし   リたばイ らをン・よの重波数ンさ中お界 会 制とって況今前は外 なプっ 術進加が、兆再てでた 会 モら5ル さ獲ピパ よながは接れ、い経 度してはが後年、の 物ラて 展がっ欧し開緊、。 ーし年ス れ得ッラりう運懸急種ま緊て済 長 のてお多続のを機動 資イ、 しみた米もに急感年 長 トた程感 たしクリ な営念減がし急はの 完はらくく社下種向 不チ生 つらもを見向事染後 ワよ度染 年多でン 中がさし順た事感懸  全、れの見会回にの 足ェ産 活つれの中えけ態者半  ーうか症 でくはピ で求れま調が態染念 寺 義Hま会込情るよ中 がーと もるの心始た宣数は クにけの もの日ッモもめるしに、宣力材 務Aす員み勢見っ、 課ン消 パ一、にめ動言はワ 海 ・感て感 あ人本ク 夏ら中た進年言の料 化C。のでも込て我 題リ費 ン方再一まきは減ク オじ起染 り々勢が にれ、。捗のの高と 町 にC 方あ依み異が とスの デ、再時しも解少チ 内 ンてき拡 まにが開 はて引しす後発いな  基P 々り然とな国 なクバ 用ミ消度的た加除、ン ラいる大 し勇過催ア東いきかる半出変り づに が、予なる食 っがラ ッ費のに。速さ9接  まをそめン54はャ 怯すもり格てる要イ 彰 推据 すうユ取をッニ てク っりにに抱原高フく 栄 す見し、スG・なンベむ。に巻的環自のン 博 進えま。にーり活トー食おが して、伴伴え材度ー食 。直て会フが0りス こし、くに境動拡学 、なた 積ザ組用技ズ品り注 、デううて料化ドの 一 し製社ォ着やまを とたビ環舵面化大習 国が、 極ーんし術に機ま目 て食ジ環タい・へロ安 て品のー実Iせし ながジ境をで関、の 際ら当 的業でた、対械すを のタ境ンま物のス全 いや組メにoんっ かサ織ー進T。か なー形シ展、さり けビ態ョすそらとタくっネに切は連非広 化、工 界い食A応業。集 新ル負パす流対問性 対てス劇る自の対が へ食業 にのる品Iし界 め し技荷ク。費応題の 応、チ的な動需面り の品会 事課と機、、と 、 い術の源一の、、確 し私ャなど車要のに 対機で 業題こ械I衛し 市 産の増不方高深消保 れスやンるしに掴 、たン変、業のニよ 応械は を解ろのo生て 場 高業台大足、騰刻費、 ばま制(中て、むーこちス化私界裾ーる 、の、 推 進決で高T性は の と頭、、世な化者脱 なで度D、そイ努 れははをたが野ズ半 人安時 しにす度技を食 拡 度しな健食界どすニプ らあ、Xデれン力 ら急拡もちEのの導 材全代 貢。化術完品 大 てど康品的様るーラ なら人)ジらダを の激大たのV拡高体 育・の て献こ、等備製 が フの意製な々人ズス いゆ材をタをスし優新なしら事化大ま関 成衛潮 までれ自先し造 予 ー理識造人な手のチ とる育推ル支トな た変てす業へ、り連 な生流 いきか動進た現 測 化ド由の・口課不多ッ 考領成しトえリく な化いとをとそにの ど化を りるら化技ロ場 さ テに高流増題足様ク え域、進ラるーて チにまと取本しよ需 にの見 まよもに術ボの れ ッよま通加を、化や きよ々 で案とも  先は こそば実はピスにぐ  ま活食き のシ最自つするー Oま東M開「a 応し化積 まりの最すしも、従 グこと、よ行なート求るこ すの品続最一ス先動、。「新ン Mし京A催Fr本えて、極 す祈ご後。、に会い ロれが激りにいドよめしの 。豊製き後層テ端化生産食たを へAたビ いOt年てい事的 。念発に 業、員ま ーらでし良移でをりらくよ か造食にのムの省、性のな新 ア。ッJAたOFはまく業にし展な 界新のし バをきいくしし上モれ変う さ業品、発のテ人向安取設 プさグ しM 6いこの取 、とり のた皆て ル実る変すてょげアる化に に界機当展展ク P O 化上全りす リまサAまAO月ると発り年皆ま 発な様、 競現と化 結うるベこす事 貢の械工に示ノ ・ る のざイ す 7所で展組 頭様し 展もと当 争で考にる、論かこタとる業 献生工業寄をロをや 組 高安みな 導まトN。JM日存、にみ ののた にの強工 のきえ即こを。とーは時を し産業会与通ジ図 2 AA 挨ごが 寄をい業すのいの中れま応 出良、を、代取 て性会はしじーる効 心 ど 入なで 45 かでユ向、 れ 」を出てー設O成、情開0回P」らあーけ会 拶健、 与徹信会。とく製でばすしをしいこ優変にり ま向の一ててとロ率を実展スシ、M果優報催2目Aを4りザて員 と勝会 し底念と 考こ造打、。チ繰、とれ先化お巻 い上発丸い、最ボ化 施 の中し価タョオAをれをす 2をNテ日まー各各 さと員 て的をい と業ち必 ャ 修思にしにいく る、展とく食新ッ 心 値ーンーア表た提るは迎2ー間す業種位 せご企 まに共た え てがを勝ず ンり正っ尽実即て環 所国をな所品鋭トた課てをトのプワ彰研供こ3え0マ「。界事の て多業 い開有し で牽ちや ス返点たき行応、境 存民通っ存産の技めの題ま向ア一ンーす究すと年る2にR の業経 い幸様 る発すま おき引、私 をしがらるすし私が でのじてで業製術技とい上ッ環イドる開るとぶF2掲e 期を営 たをの 所、るし りるし世た 掴てあ早のる、た目 あ食て、す全品な術しりさプとノのF発FなりO」げs 待展力 だ心益 存提とて まもて界ち むこれくでスベちま り生、引。体やど、つませゾしベ創OのOりにOを、t に開強
Page5

(5)   2022年(令和4年)1月12日 2022年 年 頭 所 感  申援暖い年  ピすく努最ナが年のに 御支はもい社昨  るも飲らし重響 と皆  さしにかて頭謹 ッ。方力小」、で対わ昨礼援当よた団年謹 環よ食第た点が一、様明 て上対いおにん ク開向を限の「は応た年申を協ろし法10ん 境う業 5 。措続昨心にけ 、げしごりあで 一 ・催にしに発W にりもし賜会しま人月で 一 にや、波昨置き年よはま 日 昨ま心指また新 パが転つ食想iあ追、前上りのくし日に新 なく観も年が、にり健し 年すか導すり年 般 社 ラ1じついでtりわ新年げ、活おた本後年 般 っ活光落10発緊続お て 本 の。らと皆、の リ年た、止影hまれ型にまこ動願山電藤の 社 て動業ち月令急き慶やお 精 弊 御ご様平ご 団 ン延1諸め響コしたコ引すのにい口設前ご 団 来出な着頃さ事昨びかめ 密 会 礼支の素挨 法 ピ期年活るをロた一ロき。場対申で工会挨 ま来どきかれ態年申にで よ拶 ッとで動 ナ続 をししご業長拶 法 、宣もし新と 機 りを 人 クなあを ウき 借日上ざ協のを 人 大言コ上春をう 械 電弊申 会し   もりっ正 イ、 り頃げい会後申 変やロげ ご 政また常 ル社 まかままの任し   なまナま迎ざ 工 に上 日 府しかに ス会 しらすす会と上 日 年ん感すえい 業 おげ 本 、たと戻 夢感活 て多。。長しげ 生で延染。らま 用寄ま 配 東オ思し 染動 心大皆今にてま 本 あ防症 れす 会 せす 京リいて と症全 かな様後就一す 電 り止の た。   頂。 電 都ンまい へ般 らごにと任般。 設 ま等影 事 会 車閉や る外し界  品 制 工 産 長 験を 御 にこ生会 た「し務し務と員 らた場 は進もた努を 業 日気どらまでにがれ  態混れるし 業鎖感そ鋼市ま的春 し取 シ まれきでこよ禍も処たにせが 生、。をそなは大し力始 協 の〞、れし、よ、た そに乱てオた  界な染の板況しに先 等たり ス とかがはのう」マ理会関ざ一 昨当大のいじ幅、にめ 事とコ、た史り世東 んなが海ミ。 をどが後銅、をた立に こ巻 めらい、よにをイや議しる堂 年協き一かめに年よと 会 の〝ロ史。上開界京 性なっ続外クし 髙 はに急に 背。ちは とく テ まのの「う思プナシがてをに も会く方と諸減末りす   よ感ナ上連初催的オ 中てきかロか じよ拡発帯、景自直コ の環 し1あ臨ないラ ス日は得会 Jの 、思対少に無る う動 最日の自なリ 、い、らンし 松 める大生樹に動りロ 調な境 ム 工 た年る時社まススのテ常、ます きE行変え「わ策す向事関 会 に〞禍多、無体コン 昨ままの株12 と部しし脂、車、ナ いの 。間電総会すに面ムと在せる C事るコせのるけ終係 長 思をのの日観をロピ 向年すだ人の月 し品たたな配生生禍 も変 業 の設会の。転だのな宅ん行 Aにきロる効なて了者  い与日メ本客危ナッ の。まの患に  た不東世ど電産産で の化 会 活業決転 じけ合り勤で事 展関 ナ昨果ど、すや 出え本ダ人にぶ感ク 夏 だ流者は 製足南界が盤の活停 達では 動界議換 るで理、務しも はしっ禍今もワわる参 さてにル選よむ染・ に 予入が新 喜 造をア的高類回動滞 し、   のを」期 兆 か は化まやたそ が中てけ」で現クがこ加 山 れく〝数手り声のパ は 断は日た 業背ジな騰の復がし たこ 会 指目のに し がたWがの 止は はすれチ国と者 まれ勇をの無もパラ 上、 を停本な 与 で景ア半し原や急た 。れ 針指形臨 もな進、E、多 と、と、。てンのがの すた気獲活事聞ンリ 許止で変 はにで導ま材活激経 環 1 ま 長 をしでみ 見くみ様B日く な残な仕 き接感で皆 口 。こ〞得躍開かデン 年 さ、も異 志 生、の体し料発に済 で  4て「、 え、、々を々を り念り事 た種染き様 ととすが催れミピ 延 な再確種 産自工不たでな回が に 項」夢当 てこ必な利の中 い、なまの のの者まの  が〝る報さたッッ さ期 い開認で 縮動場足。あ海復世 境 経 宇 目、と協 きのず事用業止 会がし現 で推数しご 博 昨元なじれ中クク さ 状とさあ 発 の長によリ係変 も小 タであ新人  2こく勧はんの 業も緩特年なの 例1 事すっのにがす景い せ基まののど  し弊見期至そレで困 変、を 賀 ルする規材わ.と適告、。努 あ界の和例後け是魅廃. は。て国は上。気か 本し高高部昨 、会通化る納ーは難 多余 神 メ。こ就のが担も正が一ま力 全とが的のれ正力止働 と原おで海がなはら 的た騰騰品年 部会しすま期ソ、な く儀 デこと労確国い必なあ昨たを 品員がるで6ケ電状 のな  ィのを者保で手要工り年 化 、促 ・企立事、カッ用況 分く アたアにが少ので期ま、 部業た態多月ト品が 野さ 等めピと急子確すのし国こし る体な廃に令ばやあ(き て材りも外らぜ良で に。な、のは とり止認和な週る令方 も料、Gにな実かし しまさめ6ら休働和改 大の日D子い感 ょ デは色ど輸不私 、々、出足の てすれら年な二き6革 切値本P会かがっう 〝な値の、属 材でなとく)、(続 でれ 清 も、ーっ務化保。推たののて た のはいなのかEイい 部ま 効就ルてでが・ 進「中こい 業真。、れのい日の年の で上との社ら無 。 需原上コ鉄す へ 孝 とか 剣こそて4最の場)実 すがの伸がだいと言実 フ要因がンをる 入原状っ部らLンて 品し 果職す魅す進育 ・工央 にののい月低実とま現 がり違び8との 手材況て品表Bバい ・た 的支る力がむ成 定期建をな 取課違たか限現しで〈 、をい以社思かう 感 とがりテは製 は 供あとナじ造 困料でお・示Cーま 部。 に援こあ、中と 着の設実け り題反労らのはてあ労 価改を上あい?こあ 給る原不め業 難のすり部灯なタす の材弊 活サとるそ、処 を基業現れ 界組には働は条、、と働 格善痛にりま とり 〞の料足とで か高。、材、ど・。 の会 用イが働の業遇 進準審すば み関罰時、件今長わ基 転で感給ます私だま レので不高すは ら騰 当の圧はP盤 調に しト大き上界改 め」議るな 、し則間建でや時ず準 嫁吸し与す。はとせ 需し足騰る半 盤に 面納着、L製 達お 、「や変のでを善 てに会たり 各てを規設す確間か法 し収てはが我、思ん 要ょが、原導 製端 改期端おC品 理がい 心デ重場は担 い基かめま 企は伴制業。保労〉の てすい上、が給いが がう続原材体 品を 善が子お、関 大て にジ要で、う くづらにせ に業、うのに2し働 特 改るまがど社与ま、 脱多がき油料な た祈 申上 応々 響と査なの り 年い力ら ま備の予  4 業立ボ 推3ま人 人さ 響 すしいいをりり吹 向だしっPたのえ善 だり結しのつすの 解をさでい生 申結にまに)今すの甚防引. 務場ン全進.す材さ材らまく 。上一も築越まき 上とててを。時ばの きしび上ごきる企 受れは状産 しびしすあ、年。レ大・続様 実かニ産 新。確ら育なた」 げ年のきえし始 却に思日いお岸代ど努 ままにげ理まこ業 をけて設況が 上にて。ふ冬の ジな対き々 施らュ業 時 保に成る、人 まとで上たため 頑い本る願田かう力 すし、ま解しと努 てい備と計 げ、参皆れが干 リ自応新な にのー界 代 のはを充イ材確 しなすげ知。、 張まの今い総らで分 。て皆すとては力 おま投な画 、様。ごは困だ りす資っ通 新、皆り様、厳支 エ然策型リ 関貢トを へ た、推実ン てり。て恵コ新 っす低がし理 しは 年様たと暖しは ン災をコス し献ラあ 向 め特進をタ保 、ま本いでロし て。い価てはデょ利 新方 協、難け 、がのてり ののいとかい、 ス害徹ロク て策ルげ け の定し図ー方策 新す年け今ナい 行こ生格い企フう益 年の 力皆なで 非、見いに ごごともいほ壬 向に底ナへ はをにて て 体技まりンを 年よもる後禍成 これ産転ま業レかと のご を様状はま定必 わ常生通ま進 挨繁思に春ど寅 上もすウのまのにシト、提向取 の 制能す、シ展 のう皆様益で長しを込( うを性嫁すに脱 ご健 賜方況こい的要弊ざに産しすま 拶栄い明が春 策対るイ的す向よョラD示けり イ 整制。当ッ開 ごに様に々疲のい調めみ今と機を、。3却 ?社  員 挨康 りににのりな部会る厳活に。ず ととまる来の( を処とル確。上りンンXすて組 ノ 備度 業プし 挨心に努素弊礎冬べらず年思会上デ原%を政の 拶と まはあ環ま調品会をし動期各に いごすくる芽み 提しとスな にさ)ス(る、ん ベ をに 界やて 拶かと力晴しとをてれののいにげフ料程謳府給 とご すこり境し達・員得いに待種、 た健。活と吹ず 案うも感対 努らのフデと電で ー 進よ へ講い とらっしらたな越見てえ干ま私るレ価度っは与 さ多 様れま変たに部企ま環多が統出 し勝 力云きの しるに染応 めに導ォジと設い シ める の習き いおててし社る いと支すもチ脱格のて安U せ幸 おます化が努材業せ境大持計荷 まを のわはえ て電、症 て生入ータも技る ョ て外 勧制ま た祈よいい会』えるるらは。生ャ却の給い倍P てを 願で。に、めのはんとなてやで すお あれ生・ い気近へ い産なメルに術カ ン い国 誘度す しりりき社をとて『と意)壬 産ン、上与ま政に いお い以 対個て安、。言影る調き 。祈 るて命と き設年の き性どー・、のー の き人 やの。 ま申良た会乗あ、芽厳味で寅 性スそがUし権使 新は げ賜会 す  予スだ 申動 迎   謝理のら21 ご す  型、昨まりの皆。新 断感新全しに旧え新 昨し解温び年お高旧。新 コ一年す厚事様 年 一 を染型世上格年の春 年てのかに目か配年 年 ロ昨の。く業に を 許症コ界げ別中こを 一 はお賜い団をげを中 明 一 ナ年国 御活お 迎 ウか 礼動か え 般 しはロをまのはと迎 、り物ご体迎さ賜は け まナ巻すご日とえ 般 長まと支のえまりキ 般 イら内 申にれ 、 社 まだウき。配本お、 社 期す深援皆るで厚ャ ま 社 ル続経 し多ま 謹 団 せまイ込 慮配喜新 団 化。くと様こ当くビ し 団 スく済 上大し ん 法 んだルん と線びし 法 す 感ご方と工御ネ て なて で ごシ申い が業礼ッ お 法 ごは お 人 指スし年 人 で会申ト め 人 技支、 慶   よ導テ上を きはし工 で 援平 び 日 賜ムげつ   、昨上業 と   、素 申 り工まつ 日 関年げ会 う キ ごよ し 本 厚業すが 本 重係のまに ご 協り 上 自 く会。な 配 業10す格 ざ ャ 術力当 げ りおの く 界月。別 い ビ を協 ま 動 礼活 お 線 要なで の ま ネ 認 シ ッ シリな療ー動ンえす てめて感 識 る度るす原るさは長  う進が ス や連加靭て向G 較 ロン催れ済る ト スン活従トをピば。 の楽回い染 シ Eの配で動これご期 「当かみ、 テ 機設速化も上、ニ的 度ン接のた活コ テピ動事の届ッ、コ 観復る症 ス V大線に力とたざ的 工が、日 械備し計異へD 穏 株種運オ動ロ 工 ュ ムッも者活けク昨ロ 視がとに 関転シ着とが環いに 業え昨本 ム 的のて画常のXーや ののびリへナ 業 やク広、躍てが夏ナ で待はよ テ 連換ス手な、境まは 会る秋国 工 強収いや気投にノか 世普とンの禍 会 水をくボはく開に禍 たいる 素機紹ラもれ催東に 活きれえ打 ム 市とテしる次変せ縮 とまよ内 度納まS象資よ な 界及なピ影の な 協 場さムてこ世化ん小 関でりは 業 なキすDにはるー状 的がりッ響行   エに介ンとたさ京お る、撃 へれのおと代をがが 連に国ワ 会 どャ。G伴拡産マ況 流すまクは動 ネ導さテよこれオい い 状業対が 会 の急検りをに新、続 質のな内ク 、ビ関sう大業ルで 増行すし・あ制 会 ル入れィりと、リて 用況種面徐   対速討ま確向たこく 」深り消チ   会 基ネ連の防し構が推 はみたパり限 長 ギさまア、で世ンの がも型々 応なやす信けなの厳 いま費ン 準ッす取災、造進移 み、。ラまに ーれしの大し界ピ明 続多サに 代 、拡、Iしたス2し 住しに接 長 をトるり・公の行し ら第国リしよ  シたた方会ょ中ッる くー回 さ大1oて新タ年い 宅た回種 クで電組減共転すて すれ6内ンたる ス移。々関うのクい い、ビ復 表 らが0Tおたー間状 市。復等  リは気み災事換るお る波でピが生 加 テ動まの係。人・話 促て依スに 理 に予0にりなトで況 場 のの ヤ保・はの業やなり ものはッ、活 ム最た献者ア々パ題 お然業向 事 は見年対ま成ともに 高は 兆対 杉 し護通一国に生かま のオワク延面 、適、身やスにラと りとはか エさに応す長捉た変 、 し策 た性信段土お産です のミクは期や 藤 感化オ的医リ感リい ましじっ 会 ネれ一す。のえら化 中 がも 山 安能関と強い性5。 安比クチ開さ経 長   化す示生合 すなも 進まー全染  ら新動ニ全で年 組 関常やル  関望たいAしの意A 鋼を をよ全 時 、。さ体展毎。分、 しをで症 小 わ規」ュ品は目本み い連」住ギ 連をしたやた改事1 全板避こ増う・ 省自れ認に年 野記 た広、サ れ分、ー質、の年を 市と宅ー 博 す見まだ技。定項0 及けうしに安 夫 人動、証お当 に録 。く環ー な野「アの5年は推 育場い用マ 昭 る据しけ術更版を0 ・びたしてな心 化認来ない協 自測 広さ海境ベ 瀧 い開④ル追大に当進 のう分ネ 団えたる資にがま、 樹Wたおりな 、識場どて会 動定 ら外にイ 活拓標活及重あ工し 活キ電ジ 体、。よ料11完と2 脂Eなり、製 そ技 のもが 認や に配ラ 動活準動活点た業て 性ー メ とグまうな月成め0 製Bかま試品 し術者のソ、主 識人 にア慮ン  」動化」動活り会参 化ワ盤ン のロたにどにした0 キ会です験の ては関リR催 技の 競ピしス を」推、」動まのり にーのト 意ー、リ、は、技) 安ャ議昨。検提 Aこ Iれ心 ュFし 術監 をーIて が視 範技 のーた強 龍 通を進「、テす第ま 向ド展に 見バ今ニ関ホ資術な ビを年 証供 運ル最化 太 じ掲活③「ー。6す 成けを開に対 交ル後ュ連ー料資ら ネ積当 やが 、ま集シDい 利ほ 営す新な 、げ動環②マ今次。 た絡 応 流な必ー情ムを料び ッ極工 標一 ロで ョ、る 用か るのど よ、」境安と回中 工め、す を視要ア報ペ公Cに ト的業 準層 ボもめ 心 ン画自 さ、 囲面こテ、 郎 り「そ対全しの期 の業る「る 定点とルをー開A施 のに会 化求 ッ、てが像動 れさ にとク安 「過し応・て中計 会こ新配 例のさをよジい―工 製規展は はめ ト非お多認認 てま おがノ心 質去て推点「期画 のとた線 化もれ実りのたG上 格開、 重ら 、接りく識識 いざ いでロ・ 」に「進検①計の 取でな器 しとる施活Qし0の (し対 要れ 自触ま展や総 まま てきジ安 のと⑤活リ安画2 年り、日具 、に要い用&ま9注 C、面 度る しま い連す活の に験ナ育 性を動 早み亡 とい しにとい な高 す念 しごご 要け  動展開規A た新 上す2り携。用皆 のー成本向促走 々申く新さ終 に上皆活く当るい 。しこ上指要本求、 品今内を催発3本活た げよ0まをま促様 実との年上進行 のしな型せ息 げ様性こ工活成 、のげ導求年に関 後容予の行0年動な 、う2すはた進と 施自たはにしな ご上りコてを まの化と業動果 新一ま、にも応連 もを定Jを0はも試 年、2。か、をと 、動め当貢、ど 回げにロい祈 すごにを会をの 年年すご応感え団 WごしE予)、開験 頭そ年 り業よも 自認の協献経新 復まなナた念 。支寄通で展刈 のの。鞭え染て体 E紹、C定規キ始検 のしが 、界りに 動識自会し済技 をすらウだい 援与じは開り ご皆 撻て予まと B介規Aし格ャし証 挨て皆 経関広総 認技動のての術 お。れイきた をすてこし取 挨様 をま防いの 会い格 てのビまや 拶益様 済連範合 識術認活き発と 祈またルまし 賜る、れてり 拶の 賜いをり連 議たやFお改ネし技 と々に の団囲的実クー催に市者識動ま展融 りた方スすまスたにり  り所業ら参に とご りり踏ま携要のに会取をし技Aり定ッた術 いの実 発体になさトの、向場資にとしと合 申罹々感。し感新なま本 ま存界をり向 さ健 ままますを望提対環組活ま術Iまとト。基 たごり 展や進自せ活部研けの格関した社し し患に染 て染型りし年 すでの確まけ せ康 すすえ。強の供応境み用す資Rす用用 準 し発多 に関め動て動会究た拡認すて。会て 上さ謹症 、症コまてが よすさ実すた てと よの柔 化 ま展き 貢連て認、を・開展大定る、 生デ げれんに 年のロすよ皆 う。らに。育 いご うで軟 し標 としのをし。料2。語ハ の 多た変すた な0ま解ン 構 すを年 献省ま識会さプ発示と講各I 活ジ またでよ 頭一ナより様 お昨な推 成 た多 お、な て準様技化す積 ら2た説ド 築 。祈で し庁い技員らロセ会活習種T のタ す方おり の日ウう良方 願年る進 の だ幸 願一対 市化化術にめ極 び2、集ル に 念あ てとり術企にジンの性・セ人 利ル 。々悔、 挨もイ、いに い同発し 年 きを い層応 場にす情柔、的 にに6の( 向 申り まのまの業充ェタ開化試ミ材 便化 のやお 拶早ルま年と 申様展て と ま祈 申ので の向る報軟社な 活出月新C け
Page6

2022年(令和4年)1月12日   (6) 2022年 年 頭 所 感 (会協協すルル い後成ー象トま強ののび園いさ設を げ会保岸 れーに賞学ロて をり げ す  国を会会。政庁ことと確のと、れ化国た「都てれ立向まて議す田政まピおし技グ頂さ賜協まま令。新 )推」名一策をの思も保地す受まの内め経市、たさけたお」る政治しーい、術ラいてり会ずす和 年 の進に称方を旗よっ当推方る発した生の済国「補れま、りをと権面たユてま分ミた、、の、。4 明 一 未す変を、強頭うて協進拠I注ため産先安家デ正るす政ま立とがで。ー、た野ンさ昨厚事皆 年 け 来 更「当 ににお会事点Tシ。の拠端全構ジ予とと府すちも総は心様同、にグく年く業様 の 般 をるたす一協 力 に官、りと業整導スま研点半保想タ算と、の。上に選、よがじ情お教ら度御・に 年 ま 社 創める般会推民政ましな備入テた究整導障」ルにも昨I げ、挙菅り経く報い育イは礼活お 頭 し 団 るにと社と進挙府すてど、補ム、開備体」及田おに年T 、「に政お済ゲ化てのン、申動か に て 」、と団ししげは。もも地助、そ発や 、9・ 分新よ権慶産ヒ促文普タ当しにれ あ お 法 を め ビ「 も法て に人もて て、 注含域金決れ事ポ 同月デ 配しりにび業ル進部及ー協上対ま た 人 ソ いの今 視まデ、済に業ス 関 11にジ 政い安代申大ン貢科啓ネ会げしし り で ジ 、ソ、 I後 しれジデソはなト 月デタ 策資定わし臣㈱献学発ッよま格て ご と   ョフデフ昨るTと ててターフ、ど5 にジル の本過り上賞様個大のトりす段は 挨 う ソ ントジト年と・も まおルタト会がG 閣タ政 重主半誕げを及人臣功㈱推。の、 拶 ご にウタウ7こデデ いり人セ等計盛の 議ル策 視義数生ま受び等賞績様薦 ご平 申 ざ フ 見ェルェ月ろジジ り、材ンをソり基 係決庁に を実をしす賞㈱表をでがさ 支素 し い ト 据ア社アにでタタ た今育タ対フ込盤 定が目 掲現確た。さシ彰受科プせ 援よ 上 ま ウ ェ  対当正か係省始員プ留やIる際け団と途が てき員しも 員でので名し「応まを面ワ除たす もー員てーわえ ア デ応局ならも、め会レ意通G項、を体めに、会いつのた久 団企、イき称、ワレし策でクさがが次新企とまトる、 ジしかど出ま厚と、ゼし信A目ソ通連る会当員けつ皆。し 業唯ベま変昨クベた定のチれ、、に設業しいすす協 協 タてらへさす生す消ンてなスだフじ盟こ員協かれ、様今ぶ の一ンし更年チル。し活ンた9昨当し)てりるべ会 会 ルまののれま労る費スまどクけトてをとの会らばIに後り 皆リトた記11ンがこ、動のこ月年協まをソまこて活   社いヒパるす働規者のい)ーでウ 通と皆に 幸T喜との 様アの。念月 1れ一を2と末も会し明フすとの動 会りアブ各深省制庁向りなルなェそのじし様お の 期い・ばも交のまリリ種ま、当、上まどのくア て、かい でデれコ流 進すンッ方っデ局個とす次た、業実関一らて待あジるロで 体だル中そパに・まを部認回をに総のた示ト。を組を 会 けで止しーは検で受コめ接受東会コ。すウこミ織通 長 現 の で開又てテ3査パ下けロる種け京懇ロ るェれッ(じ 展。グク針てジや人と。世めこ界 係般のは りタ協ナあ な催は各ィ5 がてナ独済ての親ナ とアをシチて  と なコ、おタ経情もさ代のどにに努各社政、 高 いまル会禍っ くさ縮団ー0ッっ、対自の、緊会禍 と利受ョーソ と どメ報りル済報にらの基も直 ケ も にン告、庁産保、に人盤庁接め 方団策毎政す業活にた と関れ小体」名ーた東策の場原急はで も用けンムフ 荻 面法要年 。界動おと 係たをがを規 こ京をガ合則事中の に企、と)ト に もト書関な業護公、材整の的まへ人望8策 ををい大 各た発次無模ジとの緩イに、態止取 、業定し・ウ 、 積の、係ど省委正当育備設にすの日を月提 盛念て変 連方め表々事の」もコ和ド限お宣とり 個(款て人ェ 原 ど 極提法府と、員取協成(置関。働本と末言 り頭も好 面かすとに「をあロいラっ互言し組 人ユに活をア う 的出令省の総会引会に電や係そきIりをで 上に、評 か、る新開協活りナたイていがまみ 会ー正動サに  し にや改等関務を委のも力GすのかTま目す げお会で ら会中年催会用、対しン対に解しで 員ザ会しポ関 紀 人 り(を活に会水「 啓等ポれS高刻サ 解あすらてス 携河シ術フの人びコっこ定 すのタ事と証個機でがて 男 材既ま仮育動共」産スこ発へーらoま化ムま決り。もい事 期ス者ト課財ネロたと雇就。活適業も明人器はつも の存す)成す通を業マのにのトサfっしウたの、当そる業 世テ及ウ題のッナもか用職 動正者に書情な、い個 発の。」するす立研ー他努セなイtててェ、一同業のこ」 代ムびェで確トののらの氷 を消の、の報どPて人 掘事 のるとるち究ト、めキどバwいおア近助事界重とを しの運ネアす保ワ時で岸確河 事去消消発ののCま情 ・業 活たと課上会シ新てュをーaまりな年に業は要は厚 方用ッの。はー代す田保期 務実去去行漏廃やわ報 育に 動めも題げ」テたまリ公攻rす、ど、なが恒性、生 向技ト品そIクを。政は世 局行プソ事洩棄スりの 成つ を「にの、、ィにいテ表撃e。特に企れ会常が社労 活け術ワ質のTの迎ま権労代 と証ロフ業をかマま意 をい 引プ、解当「研「りィすに こによ業ば員的一会働 の者ーを意・品えたの働( し明セトを防らホす図 目て きロ次決協健究Dま対る対Iの中る等幸皆に 貢省 短をク確味デ質、、掲分35 て協スの引ぐ生、。し 指も 続ジ世に会康会Xす応とすSた小サをい様人 層 高献か 期育エ保でジをソDげ配〜 支議の技きたじさそな し、 きェ代向と経」推。のとるAめ企イ標での財 的ら 資成ンす、タ確フXる率55 援会認術続めるらのい た次 推 のけし 、進 重も注C、業バ的す重不まな受 格すジる当ル保ト及分を歳 し(証認き、可にた漏 U世 進ク若てて営「研 要に意を当へーに。要足っ意託 動等るニI協業すウび配向未 てAを証推デ能はめ洩 ―代 しト手積会推ス究 性、喚中協の攻し ながて味し 習「アT会界るェw政上満 まD行及進ー性サ、へ 22の てみ経極員進マ会 の経起心会脅撃た 課悩お合実 得就で検がのたアi策さ) いEうびすタのー当の プI まら営的企研ー」 普営やにで威がラ 題みりい施 コ職あ証、喫めおtにせの りCデ消る消あバ協不 ロT いい者に業究ト、 及者レそはが深ン のでまかし 推ー氷る技ソ緊のよh沿る安 ま)ー去と去るー会安 とよで寄ア各 考事係連本要・コ 等育察ら りま 指 ジ有つ核い e証評をQ 強がプ たシすラ成と賛グ さろ、与産府最え業団盟Iとデロ今を成ツ会さます 進定まネ望、とて会認及価含認ソ化で支起人ョ。ミ事と企ラ せし引し業省後て・体をT考ジナ後検のア員らすが 審たスな優しは員証びでむ証フ・き援業材ナまン業も業ミ てくきてのとにい活と始団えタ対、討たー企に。、 査、マ会れ、、企を自あソ制ト継、事家育リたグとにとン 頂お続い健もなま動連め体まル応社・め及業、 今 機当ッ員たオア業今社るフ度ウ続今業が成)、人連、協グ き願きき全連りすを携と連す業は会実海びのコ 後 関協チ企技 ラの後でPトでェし後も起ものi 携I力・ まい皆たな携ま。着しす盟。界不の施外若関ロ と と会ン業術ンライビと評Sウすアてと昨業推普C 材しPしコ す申様い発しし 実、るやそ一可デし又手心ナ も しはグのや アジも価Qェが品まも年家進及Dの、Aつン 。しのと展てた に今他デの丸避ジては技が禍 引 て、の育製インネ推を―ア、質い既1をし・(育我未つテ 上ご考と、が 推後のジたとでタま国術高の き1約員び昨指プ推成品ンスス進行S製クのり存社育ま啓i成が踏一ス げ支 日日、 進とIタめなあルい内者い状 続32企新年定ラ進・・ツビチしうt品ラ確ま出上てす発コに国I層ト て援え本本当 しもTル一っり化りのに地況 き75業規末をイに支サージャてPaのウ保す資場る。及ン貢にTのに 新及て経の協 て当・社般た、及ま先対域を 実00のをま受バ努援ールネンまSn第ドの。先をス びピ献お人充つ 年びお済ソ会 い協デ会社取政びす端しへ見 施件社審合でけシめをビをススいQd三/た へ果タ そテしけ材実い のごりのフは き会ジ推団組府w。技ての極 し)(査わにてーま目ス活交拡り―a者Sめ のたー れンてる発にて ご協ま発ト、 たのタ進法みとi 術も海め てと延実せ更以マす的を用流大まLr適aの 支すト をシいプ掘努は 挨力す展ウ関 い各ル政人がIt 研人外な まなべ績た新来ー。にもし会にすid合aP 援こア 使デきロ・め、 拶をのにェ連 と種関治日必Th 修材視が いり約は会及、ク ビつつをつ。t認性SS をとッ っクまグ育る協 Aの止まるがロ  世ウち事のロ国はの2 ん  的タウ化ア内氏でし し上年 す    1をすこ、ナあ 界ィ着態影ナ内大開02で2 なーイがフ閣、就た昨上げを会。新 S0乗。と今、け 的ズき宣響ウにき催オ0新0 原、グ加ガの日任。年げま迎員 年 h月りさを年コま 一 にコを言はイおな、リ2年2 一 油まル速ン誕本し米もますえの 、 日 o末越て祈こロし 般 はロ取解10ルけ出岸ン1の2 ・たのす撤生でた国国す。ら皆 あ にえ二念そナて 未ナり除月スる来田ピ年ご年 般 資、人る退、はバの内。本れ様 け 本 wJ、度しはでお 社 だが戻以の感新事新ッは挨の 社 源経権香、米岸イ第外 年たに ま フ をP昨のて、明め 団 終浸し降緊染型が内ク1拶年 団 の済問港中軍田デ46で もこお し ル 含C年中い普けで 法 息透、落急症コあ閣・年を頭 高に題や国の新ン代様 どとか て 通暮と 方し りのパ延申に 法 騰目、 大々 うとれ お ー のれう 人 向つ ま発ラ期しあ 人 、をミ 統な ぞ心ま め ド ビ年たご   につ し足リさ上た に2ざ なあ たなンれげり   半向ャ 領出 宜よし で 導けン に来 しりて と パ な年い 日 くる 産。どピたまま 情 体るマ 最事 くおは う ワ っ間ま 本 、も 一我ッ東すし 報 不とー 様高が お慶、 ご てです 電 我の 方がク京。て 通 足、ク 齢あ 願び良 ざ ー ジくし。 がの 学で国大2 、 に世ー 々 78り い申き い 工 れたコ 子 国、 、で会0 謹 信 よ界デ 歳ま 申し新 ま 業 回 ネ 会 本こて益の好者をて はをむ 路 り支たル生 組り解背な のオ浮 いに ッ くコな政まり上にも2の遅  課て周る軍のる   当と、な方評をテ  、開、 、え。田、岸み、決景課 行ンき新まお るロ回策すま位か無0開れ 国題い辺大事減自 にがリご々なおー見 あ一ア講に基招マて ネ残催電 工 業 そるこ園持田が今にか題 官政ラ彫型すい ト ワ こナ復効がし国米事2催も な内はる国国両産動 会 念す子 ののの都続内必後対らが シイりコ。て とのへ果、たに国終0にあ に山コの間面、車 長 り番ル演参調きに  なる機 会 役が構市可閣要ましも顕 スンとロ も ー を中のに2。なを了オつり 目積ロ対ので加産 がのでを加講す毎触 スがこ器 割、想 能でとすて社在 テ手なナ 予 誰でシ支0油り抜しリい、 をしナ応新のえ業  と成の賜い演る日れ らとト   会 は情を国家なはなま大会化 挙ム続っウ 断 ク 産 ももフえ2断、いまンて4 向てウ、た覇てを う果商りたもこ5て 半がー ま報デ構社デっすき全し のきたイ を があトら2で感てしピ賛度 けいイそな権米始 安 ごだ談まだ、と0  分でタ 長 す通ジ想会ジて官な体て 連の、ル 許 業 願るがれ年き染世たッ否目 社るまルし緊争中め ざとのしきそが0そ チ程きル ま信タ」をタき民期のい 携普経ス さ 協 っ程本たはなが界。ク両の とすスて張い貿と い思場た、の出0し 度まソ すネル 目ルま一待デま な及済感 な て度格回コい急のそ・論緊 ワ。な世関へ易し 藤 まっを。タ道来人て でしリ  重ッイが指化す丸がジす ど促や染 い 会 いの化復ロ状減ワのパが急 ク ど界係と摩た してごそイのまを  したュ 小 要トン掲しに。と寄タ。 げに進生症 状   る日しかナ況すク後ラ渦事 会チ グ中と移擦多  たお提れム著し超語 た。ー にワフげ、よ なせルこ お、活拡 況 の常、ら危はるチはリ巻態 ン ロが日行かく 。り供にリ名たえろ ャが規シ 林 なーラら「る っら化の てけ国に大 が 会 でがw、機続こンいンい宣 接 ー翻本しらの 毅 今までもーな。るう 、模ョ っクとれデ地 たれのよ るとおに 続 長 は戻i自下いと接つピた言 種 バ弄をつ経工 年すき増で講例来! 『的ン  てでしまジ方 取て課う 様地けよ い  なっt律でてと種のッ東下 の ルさ含つ済場 の。たし有師年場』 来に展 いあてしタ創 りお題な 々方るり て いてh的のいな率間ク京で 課出 なれむあ・で チダ 参ての展広野 板月電 俊  つくびd りがのにの ン国す期しま 新 っ し州減ス計し素2排は 2で表がメ10 で ャン話加参協示いと ンを15子 文 こてた情5そま一構な整 取タづ。全てす 野 たこたのがの画た社0出「 題0あし、タ月さし ントはをり力会分の 取日機 のなめ報Gしす体築り備 ーくさ国期。 第う野脱示排案。会5を2 2るま観ンにてょ スツ変おま体・野連 スりか器 よいの通/て。と、、事 りやりら展待中  26し心炭さ出でこの0全0 に0日し測な温、う のもわ願す制講・携 巻らト う規産信62 なそこ業 光のに開さで 回た的素れ削はれ実年体5 年本た史ど室Wか 創のりいのを演業を く開ー に模学のG0 っのうも フ観は、れも I中な社ま減2を現カと0 10の。上の効M。 出づまいで強会界一 技催タ 情で官分の3 て上し強 ァ点経利る地 隆 F、内会し目0受をーし年 月地世、2果O 、くすた、固と関層 術いル 報進を野研0 取のた力 イか済活5域 P昨容へた標3け目ボてま 国球界最0ガ( Bりがしぜにな係強 のをたソ 通め挙で究年 りサネに 組バら安用G活 E年と向。を0第指ンゼで 会温第も2ス世 Cを、まひしる者化 テしリ 信らげ世開に 組ーッ推 ー、全拡/性 X10なけ先2年6すニロに に暖5高0で界 P中工す皆、よがし ーまュ 産れた界発向 んビトし 、地保大ロ化 フ月った頭0ま次」ュに、 応お化位い年あ気 ・心業。様鋭う集、 マすー 業て取をでけ でスワ進 み光方障はー、 ルにて取を1でエこーす温 い対の値のる象 Bに会 の意、いよ 創に。シ にいりリはた い拡ーめ 海でや喫カD ー4いり走3のネとトる室 て策Cに世二機 C、の ご準関、り 近電ョ はま組ー、B く充クら 底の災緊ルX ド年ま組っ年温ルをラ、効 、とOな界酸関 Mビ活 出備連実多 接子ン 、すみド日e 必にイれ ケデ害の5化 パ振すみて度室ギ宣ルす果 菅し2っ平化) 、ジ動 展を団りく す回展 人。がし本y 要はンる 加ーーに課Gの ワり。をい比効ー言、なガ え前て排た均炭は 安ネは 、進体多の 出る路は 々 、てがo が業フこ ブタ強題の柱 ーと 意る46果基し脱わス る総は出と濃素昨 全ス、 ごめとい幅 分基6 の かい再n あ界ラと ルセいで早と 国な 識欧%ガ本ま炭ちの 理、国発度や年 てなにれあ  ト気でロ中衛 てともを早 発に値支強 る応す のし寄に暮 だたるワ しなーエ競 様 でイ発ーたる題見はと際 いる退てふ冬 をを持きナに生 いを本期い最展貢のえ化 速政える私年もせ、ら きし事ー最て社シネ争本に すノ信業。フし据、大見 たこ治いれが 考ちま禍品、 た心年待終後に献向続し 策る団たに追ら安し まま業工後ま会ョル力年感 。ベ出界国ル、え今変本 だとしる華厳 慮でせに質そ だかがす息に向し上け、 提べ体ちないれ全を すしの業にい課ンギ強も謝 万ー来の内ー「、後嬉市 きをてよ々し しリんよ関し きら明るとなけ、にて日 言くとCる風て・豊 。てご会なり題、ー化工申 全シた新外ド地「のしが ま願、うしい てアでり係て ま祈ると、りて情努い本 、、しIとにい安か 、発並りまにS、に業し のョとたに 球新カく開 すっ希でくほ 、ルし、の、 す念くと経ま邁報めきのンすけをた新IてA確、ま心に 新展びます応Dデ資会上 感ン確な向パ環たー存催 。て望す生ど 活とた全講昨 。し実も済す進通、ま情フ。た取環たC、J信2すなし 年とにし。えGジすとげ 染誘信時けワー境なボじさ、あ。ま春 動Wが般座年 、りに活がし信会す報ラそ活り境なT多はし0。社て の皆会た るsタるしま 対発し代て と時ンまれ 新る寅れのく孕え支 しe、的をか 新多、動、てネ員。通領し動巻整ビ産く情て2政会い ご様員が 業等ルのてす関改とご容策のてに日」も代ニす、 年、年る芽』みとは最てb再に開ら 年い皆のコいッ企そ信域てをく備ジ業の報い2策のく 挨の企、 界我トみ、。係め存苦等、一お向本をのにュ。無 の活に年吹 、ら、後参のス積設ダ の年様さロくト業れネへ発推諸、ネの皆通ま年面実責 拶ご業日 団々ラな生 さてじ労関充助りけの広づ向ー今事 ご気コにき 春)壬にり各タ極しン ごとにらナ所ワのにッの展進課情ス活さ信すはで現任 と健の本 体がンら産 れ見まが係実とまたフくくけト回に 挨のロなは の。寅、ま々ー的まト 挨なとな禍存ー皆よト取すし題報創性ま産。更のへが さ勝皆フ 活抱スず性 た本すあ者しなす挑ル紹りたラの終 拶あナる生 胎『(今すのトなしツ 拶りりるのでク様りワりるて解通出化の業 な強のあ せを様ル 動えフ、の 全市。っのたれ。戦ー介に挑ル見了 とるをと命 動陽み年。メを活た活 とまま活一す産の団ー組通参決信にに期を るい期る て祈のー もるォ環向 て開こた大展ば今をドし貢戦社本し さ年完言力 を気ずの リす動。動 さすし性日。業事体クみ信りに業向繋待代 進後待と い念更ド 企様ー境上 の催ここ変示幸後広パま献」会市た せに全わに 助をの干 ッるがコの せこて化も の業価ををイま向界けがに表 展押が共 たいなパ 画々メ、や 皆ににとな内いのくワしすとをでこ
Page7

(7)   2022年(令和4年)1月12日 あけましておめでとうございます 2022年 (順不同) 不 本 代 二 代 多 表 電 表 通 取 機 取 締 締 信 役 工 役 工 社 業 社 長 長 業 京 株 0〒 0 大 0 株 〒 〒東 0〒埼 96都 八 式 05阪 森 01京 50市 05市 04都 樫 式 13玉 96県 44中 会 20西 11品 会 森 29 区 川 鴻 ☎ 京 ☎ 江 ☎ 区 ☎ 巣 〇 区 木 社 〇 戸 〇 北 社 〇 市 七東御 六( 堀 (三 品 尾 四 南 本 (五八池幡通 六 一 川 八 一 二 四 丁 六 八 五 ( 五 丁 二町富 達 四 目 丁 一五小 一 九 五 番 三大目崎九 欣 四 目 八 五 正 七)八路 二) 六 )五M番 )一 番 九五西 二 号 八T一 一 四 七番入 史 一 豊 〇ビ一 一 五 八地る 二 〇ル号 司 一 号 博 株 I 代 代 式 M 会 代 V 代 取 表 表 表 表 締 取 取 締 締 社 取 取 役 パ 締 株 式 締 会 役 役 役 役 長 社 社 ト 社 会 社 長 長 ラ 長 長 0〒大 0〒大 社 関 河 05阪 高 イ 中 05阪 54府大 ト 15市 小 61阪 15西 追宮   市 淀 原 ☎中 ☎川 〇央 野 島 〇区 六区 六(竹 嶋 分川 (久 七太 六島 高 二   道 七郎 四 一町 一四 丁 尚 達 七丁 八目 淳 昭 八)目 二) 六 一 番 九 宏 彦 番 五一 五三 〇号 登 也 六〇 五号 平 泰二 代 代 表 表 取 取 締 締 役 役 社 社 長 長 8〒京 東 0〒東 46都 京 01京 81市 都 川 34都 72伏 品 11品 藤 見 川 川 ☎ 区 区 ☎ 区 〇 羽 戸 七 束 越 島 〇 西 三 五 五 師 三 ( 反 岡 ( 三 田 九 菱 丁 川 目 四 七 二 九 丁 四 町 一 三 番 敬 二 目 利 ) 二 〇 六 一 )八 五 六 六 〇 五 番 五 号 三 一 介 一 五 一 号 之 C 取 代 K 締 表 D 役 取 会 締 日 長 役 機 社 長 電 0〒神 装 奈 内 与 古宮 星 02 01川 株 県 川 36川 崎 式 ☎ 市 山 田 野澤 本 〇 宮 会 四 前     四 区 村 社 ( 有 八 馬 照 勇 嘉 五 二 丁   五 目 四) 八 三 番 章 彰 夫 恵 二 修 一 四 一 号 茂 21世紀の新社会築く企業群 ―
Page8

2022年(令和4年)1月12日   (8) あけましておめでとうございます 2022年 (順不同) 株 E P 内 代 式 L 会 代 A 代 外 取 表 表 N 表 電 締 取 社 取 取 機 役 締 S 社 役 E 締 役 o 締 役 株 長 社 C f t 社 0〒埼 長 A w a 0〒大 長 式 03玉 05阪 83県 0〒横 r 横 会 54府 小 10さ 田 D 02浜 e 浜 31大 い た ソ 32市 井 & 市 新 阪 港 港 丹 社 黒 32 市 ま リ 北 S 北 中 市 ☎ 区 e ☎ 区 ☎ 央 出 ☎ 〇 中 央 村 ュ 〇 新 四 四 横 形 r v 〇 新 〇 区 一 横 岡 六 本 羽 野 八 区 ( ー (五 浜 i 二 浜   ( 町 ウ新 シ 二金二 c 〇金二 四 六 四   行 一ェ都 政 七子丁 e ( 七 五ル心 ョ 四第目 哲 s 九子丁 丁 九第目 〇 八 目 一 )ク四 一五 株 一五 六 六ビ丁 ) ン 七ビ番 式 八 )ビ番 )三 番 宏 三ル目 九ル一 会 六ル一 九 一 五6三 一 ズ 〇七一 三 三七一 卓 〇 七 〇階番 四階号 社 一階号 八 号 郎 透 株 日 B シ & ュ ナ 代 式 代 本 ワ R 代日 イ 表 会 表 表本 ダ 取 社 取 イ 株 取統 ー 締   締 役 役 ド 式 締括 エ 役代 レ 社 社 ミ 会 社表 ク 長 ア 長 社 長 ト リ 0〒東 ル 0〒東 ュ 東 0〒東 01京 ッ 都 20中 高 フ 01京 中 ラ 京 01京 白 ク 04都 都 20都 矢 33央 ァ 20品 ー 中 38港 ホ 区 川 日 区 株 野 区 ー ☎ 本 T ☎ス 区 ☎ 芝 ル 〇 橋 木 〇フ東 (三 本 K 三 村 〇 浦 デ 町 (ィ品ア川 式 本 町 (三オ二 幡 ィ 田 三 六 一 五ア丁四 ン 五 丁 G 七タ二丁   目 ワ 会 丁 九ー 二 目 俊 一 目 三ゼ一 グ 七 一 ー目 芝五 ス 智 ) 番 一天二 社 三 一 晶 ) )浦番 株 九 一 五王番 二 七M六 〇 三 号 三洲八 番 六J号 式 二 〇8号 二 五ビ 会 六 701 郎 〇階 淳 号 一ル 彦 社 巳 ピ ヒ タ マジ 代 ル 代 ル ー ネャ 代 ーパ 表 ツ 表 シ ク 表 ジン 取 ャ・ 取 ジ 取 ・ ーカ 締 締 ャ 締 ン 役 ャ 役 ト ー ジ 役 リ パ ・ ャ 社 ー パ 長 0〒東 0〒 横 ン 0〒東 ジ 0〒横 01京 02 浜 50都 永 32 市 リ 株 01京 伊 ャ ン 02浜 26都 22市 27港 32 港 ジ 式 20新 パ 福 株 20西 ☎ 区 北 宿 区 〇 赤 ☎ 区 ☎ 区 式 ☎ 花 三 坂 井 ベ 〇 新 会 〇 新 ン 〇 咲 ( 八 四い横  ル 社 三 宿 藤 株 田 会 ち 四 町 六 ( 丁 (五ご浜 五Y一 五 六 四い 三 K丁 社 (横 三ち目 四新 七 丁 オ 三 六B目 式 六 四ご一 横目 三 二浜一花四 )乃一 信 一 新 浜一 二宿番 和 会 洋 四 木 咲五 七坂番 二)ビ七 リ ビ 〇)御八 )九ビ 八ビ三 二ル番 五苑号 社 〇ル 七ル7七 彦 八四五 エ 二ビ 〇階号 一階号 一ル 仁 介 七5 七階 株 日 代 代 式 会 代 イビシ 本 表 表 表 ンジニ モ 取 取 社 取 ダネア 締 締 締 ススマ レ 役 役 F 役 トデネ ッ 社 会 A 社 リヴー 長 長 ク プ 長 アェジ 0〒東 ル 8 神 ロャ 〒 ス 01京 貴天 ロ 大 52奈 ー 00都 84川 港 ダ 吉オッ ープ 合 45 52県 メ 区 ク 大 ト 同 ☎ 新 ☎和 メン 〇 橋 〇市 三 五 田野 ツ 島 四深 田ート 会 ( 丁 六見 シア 社 六新目 ( ョジ 四橋 東 ア三 二 六一 ンア 五 五 三ネ 義眞 右 五丁 憲 ッ番 目 六)ク一 ) 〇 二五 七ス 六2号 四番 二四 一階 和也 京 八号 司 21世紀の新社会築く企業群 ― ―
Page9

(9)   2022年(令和4年)1月12日 あけましておめでとうございます 2022年 (順不同) 株 代 代 代 式 表 表 表 会 取 取 取 締 締 締 社 役 役 役 カ 社 会 社 長 長 長 ナ 6〒東 デ 0〒東 岡岡 21京 ン 01 浦 京 10都 30 54中 本 都 14 田 央 (中 ☎ 区 東央 野 本本 〇 晴 京区 三(ト海 橋 ス ク京 中   六リ一 橋 七ト丁 エ 目 ア三 俊 崇 四ンス八 伸 ガ丁 七ク番 ー目 裕 八)エ一 デ一 八ア二 ン番 明 義弘 〇Z号 18一 〇棟 幸 階 )号 之 代 代 代 代 代 取 表 表 表 表 表 締 取 取 取 取 取 役 締 締 締 締 締 会 役 役 役 役 役 長 社 社 社 会 社 長 長 長 長 長 0〒東 0〒東 8〒岡 瓦 伊 01京 01京 07山 31都 堀堀 30都 齊 20市 43文 24中 藤藤 72南 佐 ☎ 京 央 区 谷 〇 区 ☎ 区 芳 野 三( 湯 島 内内 〇 八 木木 泉 五 (三 丁 藤 二 八 三 丁    五 堀 四     丁 祐 四 目 一 勝 一 丁 目 六 ) 一 七 目 正 二 八 三 三) 一 番 三 番 番 三 司 利 七 六 八 一 号 優覚 一 四 四 号 愛則 修 二 号 ア ア ー イ ル 代 代 表 表 ・ 電 取 取 ビ 子 締 締 ー 役 役 株 社 会 ・ 式 長 長 エ 0〒東 0〒神 ス 横 01京 会 42奈 浜 20都 松 34川 望望・ 市 11千 社 23県 代 海 ジ 港 北 ☎ 田 ☎海老 〇 区 三 外 本 名 月月ャ 区 〇老市 新 ( 四名 パ 三 神 六(プ 中 横 田 央 ン 浜 二 二 二ラ二 二 五 三イ丁 株 丁 三 丁 年 四ム目 ) 目 )タ 綾成 九 式 目 七青九 九ワ番 七 六朋番 二ー五 会 番 〇ビ八 〇12◯ 〇ル号 生 〇階号 子浩社 二 号 株 C 会 代 式 A     表 会 L 取 長 締 社 E 役 社 ジ X 長 ャ テ ク 0〒東 0〒東 01京 01京 パ 0〒横 02浜 ノ 20都 松 50都 河 03 11千 市 27 ン 21 代 港 ロ ☎ 田 区 ☎ 赤 ユ 中 ☎ 区 〇 区 ジ 〇 〇 三 外 本 坂 野 ニ 海 ( (三 二 四 神 五 岸 ー 三 田 三 丁 ( 五 通 二 二 五 目 ッ 二 株 八 五青丁 年 二 朋目 八 一 寛 四 ク 二マ 八リ丁 式 八)ビ九 〇) 番 )ン目 ス 九ビ 六ル番 二 二 会 五 四ル 一6八 生 五 五 史 四6三 四階号 社 一 号 七階番 21世紀の新社会築く企業群
Page10

2022年(令和4年)1月12日   (10) 2021年度機械工業生産額見通し 2008~2021年度 機械生産額推移・予測 ■2021年度 主要一般機械生産額見通し 一般機械 15兆8169億円(10.9%増) 8,000 7,522 7,478 7,567 7,119 7,283 7,054 品 目 生産額 前年比 半導体製造装置、ロボットが牽引 7,000 6,850 6,849 7,023 7,063 6,716 6,535 6,480 半導体・FPD製造装置 3兆3900億0000万円 19.1%扌 6,113 少高は 増も部需を  0すけな るドき生米問急3P っ2見・  6,000 冷凍機・同応用装置 1兆9545億4900万円 4.5%➡ や水、そのあ品要中金億るがもロ。リ続産、題拡9D主た0通9一 、準エの8るのは心属円と好のボ 向き能日と大0製な。1し%般 5,000 土木建設機械 1兆6306億1200万円 14.2%扌 半のアほ5と需続と工。見調のッ けロ力本なで0造品 8。増機 導生コか8見給くし作 込。、ト のジのをっ半億装目 年この械 ボイラー・内燃機 1兆2707億8900万円 7.7%扌 体産ン、6込逼もて機 み欧中は いッ増はて導円置別 にこ15の 4,000 不がデ 億み迫の回械 、米国、 ずク強じお体とはの 続10兆生 新 ロボット 8650億0000万円 12.9%扌 足続ィ冷6、にの復は 12や向自 れ、がめりのな、状 く年8産 リ 型 にいシ凍機7年よ、し、 ・国け動 もメ行世、世る19況 2間1額 3,000 ー コ よてョ 0度り半、上 9内や車 好モわ界台界見・は 番で6は マ 東 ロ 金属工作機械 8586億6700万円 18.0%扌 るいナ・0で弱導下期 %の半向 調リれ中湾的通1、 目最9、 同 2,000 ン 日 ナ 生た等 万は含体期が 増需導け と、てで、なし%半 のも億前 シ 本 ウ 油空圧機器 8306億9000万円 7.7%扌 産品の応円18む等は中 の要体が なフい新韓不。増導 数多円年 ョ 大 イ 鈍目比用。・可の旺国 8も関不 っァる工国足需の体 字かと度 1,000 ッ 震 ル 運搬機械 7654億7300万円 15.0%扌 化の較装 0能各盛向 6回連透 てウ。場、が要3・ とっな比 を減的置 %性種なけ 5復向明 いン引や北大の兆F なたる10 ク 災 ス 0 軸 受 6903億5200万円 15.9%扌 2008 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 飲  0調備部 増継置が設 億機関関込輸発タ のい先のシ  5見 料食0での品運の続分回機油8全はがみ出電ーボ1ずで下ョ土4込 食料品加工機械 5770億9800万円 1.5%➡ 加料万、需・搬8す野復械空9体増減、共向ビイ兆れあ支ベ木5み 日本機械工業連合会 工品円15要デ機3るで、向圧0で加少はにけンラ6もるえル建億、 農業用機械器具 5179億4600万円 25.0%扌 、加。・やバ械0との空け機07を、ん維ががー3増北がを設4全 肉工 0クイは6見メ気は器万・見デ用持一国・0加米あ中機9体 ポンプ・送風機・圧縮機 4618億5300万円 5.0%扌 類機 %レス、億込モ圧落は円7込ィ内・巡内原6を、り心械0で 加械 増ー向輸9みリ機ち、。%みー燃更すは動億見欧、には04 70兆5371億円 前年 度比8.9%増 動力伝導装置 工は のンけ出0、関器込油 増、ゼ機新る大機1込州輸、、万・ (変速機+チェーン+歯車) 4606億9700万円 20.7%扌 業、 7のにが0全連はむ圧 のボル関でも型は2み、出国主円5 界乳 6更加自0体向半も機 1イ機はののの、0、アは内力。% 復活鮮明も22年下期が正念場 向製 5新え動万でけ導の器 兆ラ関ガ需のバボ0 14ジ主は機 減 包装機械・荷造機械 4240億0000万円 0.2%扌 け品 4需、車円7の体のが 2ー、ソ要、イイ万・ア要公種 の 等加 億要搬、。・需製、土 7・ガリ増国オラ円2向な共の 1 がな勢多年は数的ミ原樹 ら0だたの度 たし2が  合成樹脂加工機械 2116億8000万円 10.0%扌 が工 7も送電 7要造輸木 0原スンを内マー。%け需投油 兆 、中いい度盤字なク油脂し回222 70の日。、0か日 微、 3好設子 %が装出建 7動機機見、ス・ 増の要資圧 9 今ではが、石上再ロ価等か復000兆機本 コ年か本 後2継、2では拡ン格のしす年115械機 ロ下っの ・ス込等 増のか中厳  5油関  4を織す の連共 %アき  9み動ー持 の向が  0全州りの増 %け増 の0続そ0は好大株の部なる度983工械 ナ期た機 4等むが第のいら国し印・・連化3見機る繊2向に合増ジ続包7、車ルち動4け官ポ0体向増回税農減等、 カ2すれ2な調等に高材がとと年年7業工 前、2械 %はも前二1ず、向い刷0ガ向学億込、も維1け電成のアき装0全用チ直力6が公ン万でけ加復前業ので製 ギ る以2いだのよ騰不ら予下度度1生業 の 0産 増回の年次5れ印けも・%スけ機円み編の機1で子樹4向厳機0体等ェし伝1需庁プ円25は、との用5減パ に2と降年。が問る、足2測り、を億産連 状22業 の復の度金2も刷をの製減関は械。、組の械6堅部脂2けし械万でいー増導8要向・。・回輸経駆機7少ン な年 0 1に、の属7伸、中の本の連堅は 全機、は億調品加4でい・円20ずン加装億をけ送 0復出営け械7を・ り下 意は度先、題新輸に0し坂コピ円額合 態 0は 見不上行不が型送よ2てがローには会 ま2年、 4よ機反加億び製心、・1向調、 体械紡、8を・工0回も荷。・れは、置5下、風 %には継込器0見製 そ期が透期受安表コ費る1い続ナクな、に で1上コ 6り械動工7を版と輸紙5けな国 で等績化0見デ機億復の造 7も伝歯は3支輸機 増よ北続み具億込菓 うを分明は注要面ロの納年るい禍にる前よ 一年期ロ 0増プ減機1見、し出工9のも内 45は機学0込バ械円をの機 %大動車、0え出・ のる米補需は9み、 だどか、安が素化ナ増期下。てで、見年る 応上にナ 億加レに械0込製ては機2減のが ・回械繊0みイは。見、械 増幅用は変0しは圧 5増向助要、8、水 。うれ不泰好にしウ大遅期 い急そ通度と の期底禍 円しスよは0み本回主械億少の食 2復、維万、ス、 込輸は のな、大速万、電縮 1加け金の国0全産 乗て安と調囲てイ、延は た激のし比、 回とをで と、、り、万、、復要は円を、品 %に準機円10、国 み出、 4増搬幅機円5子機 7をがの反内0体加 りいしいでまきルさ、、 がに反。82 復勢迎大 な全液減せ円8紙すな、。見輸、 増よ備械。・自内 、は国 6加送増は。・機は 9見好影動が万で工 越るかう2れてスら原半 、落動好・0 をいえブ っ体圧少ん。・工る北国 込出医 のる機が 0動、 0米内 0を用、受 0械、 億込調響減消円1業 え。な企0、おのに材導 そちで況92 果が、レ たでプを断 2機こ米内 みは薬 2増械減 %車輸 ・国が 6見、ス注 %産国 4み、にか費。・界 るそい業2足り世は料体 こた沈だ%1 た加2ー 。18レ見機 %械と、が 、石品 0加、少 増関出 2、引 億込自チが 増業内 6、欧よら税 5向 かん、は1元、界オとや か2んっ増年 し速0キ 計測機器・光学機器・精密機械 電子部品・デバイス 民生用電子機器・コンピュータ・情報通信機械 1兆3174億円(6.9%増) 7兆1646億円(12.6%増) 2兆6308億円(0.7%減) 半導体関連向け測定器、顕微鏡好調 DX、EVや5G等好材料多く期待 リモートワーク需要も微減  億回け鏡%7 でラの輸0調機増内6 見・  5デ4るる小電ののニる 億前  予体需ー加が 円体装増信や 見多に対連用る  4増減 な比  円復がは増2光16整5出億にはの、1計通9精 2バ%ニ高型装進高ーデ世円年電 測で要ト。微電。で置加機更ネ込機よ応機装需通3加少民る0情 。が堅生の億学・備5が円回、3輸億測し%密 億イ増ー信・化展度ズー界と度子 し4がPパ増子 ははが器新ッみ能りし器置要信6とす生見・報 見調物1円機1の0減。復半3出円機。増機 円ス加ズ頼薄やに化のタ的な比部 て・一Cソ、計 1減見は需ト。携減たのがで機7なる用通7通 込な顕0。械%関0少分し導1共。器 の械 とはのが性型Eよ、高セなる12品 い8段のコ記算 ・少込多要ワ 帯少基交増有器億りが電し%信 ま工微0内全増連億す析て体4に内全 1の 予11 3高電・Vる5まンデ見・・ る%落需ン憶機 4がま機のー 電し地換加線は円、、子。減機 れ業鏡7訳体の工円る機お向億回 8用、億はは7事。と器りけ円復訳 体 兆生 測・兆ま子省化新Gりター通6デ 。減し要は と 見れ能回ク 話、局機。通、。全デ機 の械 はは 3産 し21り部エなたや、ータし%バ  少てがリ装関 %込る携復接 向有構、有信リ 体ジ器 2の ・顕半円、18 8向測見は22を。を、3 1額 て%9、品ネどなロネの通。増イ の減あモ置連 減 、 1まも帯を続 け線築搬線機モ でカは 兆生 7微導。写・7け量込医・中光見 ・ 7は い増9電やル好需ーッ拡信 のス 9少るー 装 れの電見機 の通へ送ネ器ー はメ、 6産 %鏡体望真7億の機み用7心学込計2 4、 る加3子半ギ材要カト張量 7の 4をもトプ置 兆、の話込器 輸信の装ッのト 、薄 3額 増の関遠機%円需器2検%に・み量% 億前 。の億部導ー料、ルワやの 兆生 5見のワリ 2 12 は 通、、むは 出機投置トうワ ・カ型 0は のい連鏡が増。要は・査増受精9機増 円年   3円品体にが自5ー増急 1産 8込のーン、 4信無基。設 が器資はワちー 3ーテ 8、 5ず市・19の がイ3機の注密・器の と度 兆、はに貢多動Gク強増 6額 億み、クタモ 8機線地無備 増部シ5ー電ク %ナレ 億前 3れ場顕・2 堅ン%器6が測6が9 な比 9電14対献く車対環へに 4は 円、法ではニ 1器応局線投 加品フGク話に 増ビビ 円年 5も向微75 調フ減の6順定%国9 る6 6子・すす、の応境のよ 6、 と全人ノ増タ 億全用の通資 のはトに関応よ のがが と度 ばね、機械工具、バルブ・継手・金属製品 鋳鍛造品・ダイカスト・銑鉄鋳物 自動車・鉄道・航空・輸送機械 2兆8697億円(6.4%増) 2兆5589億円(12.8%増) 30兆5512億円(8.9%増) 自動車、半導体、工作機械向け増加 自動車、産業機械向け回復期待 自動車、前年比増も回復途上 みの  2見連力 増全ンダ見作硬5  3回見・  億イは0円を械3れ業2 見・  の幅部はの占空  2る0見効ー ・回 度円体くも体ダ 見・  、こ鋸億込向、バのてデイ込機工6機3復通4金 円カ、%。見、5も機9粉通8鋳 1に品厳、め輸航・も億込率ス産1復自にので、の不ウ自通9輸 14、刃円みけ建ル9のィヤみ械具1械3がし%属 のス19増可込輸7増械0末し%鍛 兆減おし民る送空1の円み化需業%に動届予は下の足ン動し%送 ・帯・。、、築ブ1品ンモ27向が1工0続。増製 見ト・の鍛み送億加、億冶。増造 6少よか需機需機%の。全に要車増よ車か測7期、にに車。増機 6の機 全非設・6目グン・け主億具億くばの品 通は96鋳、機円を土円金 の品 1しびっが体要は減操鋼体よ等両のり部ず。・の受よよは の械 %こ械 体接備コ億でホド1が要円は円とね2の し、%6鉄9械 見木。製 2の 4、装た多、減、の業船でるには8部品、コ0回 るる、 30の 増の刃 で触向ッ円回イ/%堅な。、。見は兆生 。12増6・・向。込建鍛品 兆生 億全備前く発が長1のはは需よ、兆品は回ロ%復注減部東 兆生 加い物 5操けク。復ーC増調需内全 込、8産  ・の億精2け銑み設工は 5産 円体品年を動続距兆回、14要る国5も、復ナ増をは産品南 5産 のずは ・作が・ をルBので要訳体 み前6額 53円密%等鉄鋳、機品、 5額 。での度占機き離4復受・増物内0増自途禍の見堅・供ア 5額 1れ、 8型減鉄 見、N4、先はで 、年9は %6。鋳増の物15械は6 8は はうかめは、路0は注5、流が0加動上前18込調。生給ジ 1は 0も機 %水少管 込C工6輸の、26 15度7、 増5非造のい ・向、・ 9、 5ちらる増官線0先が%輸施旺0を車にの兆み 産のア 2、 1回械 増栓、継 みB具9出自特・ ・後億前 の2鉄品6ずは7け自5 億前 ・の微発加需を0を回増出設盛億見生あ24、上調遅で 億前 2復刃 のは半手 25Nは4も動殊8 9半円年 5億金は6れ、%等動% 円年 9民増動すが中億見復のものな円込産る02自期整れの 円年 億を物 5増導は ・工グ億回車鋼% %かと度 9円属、6も電増の車増 と度 %需、機る多心円込し3回新e。み台。11動はがやロ と度 円見、 9加体、 2具ラ円復、・増 増らな比 5。鋳14 9増気のい、の な比 減が機部もくに。みて4復設コ 、数 98車厳あ半ッ な比 。込丸 1を関電 %等イ。を工超の ののる6 3ダ物・億加機6ず産2 る12 少大体品のを航 、い1をやマ 17の 年億全しる導ク る8
Page11

(11)   2022年(令和4年)1月12日 2021年度電機機械生産額見通し ■2019年〜2021年電機機械生産額実績と見通し(単位:百万円) ■2019年〜2021年 電機機械生産額実績と見通し 太字は2019年度比プラス品目 2019年度実績 2020年度実績 2021年度見通し 9,000,000 回転電機機械 9017億0600万円 8791億3100万円 8279億3800万円 5.8%➡  直流機 33億3100万円 31億1300万円 22億0000万円 29.3%➡ 8,000,000  交流発電機 865億7600万円 829億7300万円 872億0000万円 5.1%扌  交流電動機 2867億8500万円 2966億8100万円 2645億5000万円 10.8%➡ 7,000,000  小形電動機 3621億5900万円 3425億2700万円 3110億0000万円 9.2%➡  電動機一体機器 789億8600万円 707億1900万円 769億1600万円 8.8%扌 6,000,000  サーボモータ 838億6900万円 831億1800万円 860億7200万円 3.6%扌 静止電機機械器具 6487億5100万円 5782億1000万円 5899億0000万円 2.0%扌 5,000,000  変圧器 2290億3200万円 2171億7900万円 2066億4700万円 4.8%➡  電力変換装置 3357億5700万円 2895億4200万円 3132億3800万円 8.2%扌  コンデンサ 215億2700万円 191億9500万円 180億1500万円 6.1%➡ 4,000,000  電気炉 230億1200万円 160億0000万円 172億0000万円 7.5%扌  電気溶接機 239億3800万円 210億2600万円 199億0000万円 5.4%➡ 3,000,000  その他静止電気機器 154億8500万円 152億6800万円 149億0000万円 2.4%➡ 開閉制御装置 1兆4194億1600万円 1兆3479億4600万円 1兆3620億2300万円 1.0%扌 2,000,000  開閉装置 7224億5600万円 6794億1400万円 6975億0000万円 2.7%扌  開閉機器 6969億6000万円 6685億3200万円 6645億2300万円 0.6%➡ 1,000,000 民生用電気機械 1兆3644億5100万円 1兆3105億5900万円 1兆2615億4400万円 3.7%➡ 電 球 1048億3900万円 747億0900万円 702億0000万円 6.0%➡ 0 配線器具・電気照明具 1兆1371億4900万円 1兆0258億5700万円 1兆0511億6200万円 2.5%扌 2011年度 2012年度 2013年度 2014年度 2015年度 2016年度 2017年度 2018年度 2019年度 2020年度 2021年度 電気計測機 4109億7500万円 4065億5600万円 4769億0000万円 17.3%扌 見通し 電子応用装置 8137億6700万円 7889億2700万円 9309億3400万円 18.0%扌 回転電機機械 974,519 1,000,592 986,410 1,034,455 885,062 905,812 982,644 944,846 901,706 879,131 827,938 電 池 8375億1800万円 8607億0300万円 1兆568億7700万円 22.8%扌 電気機械合計 7兆6385億7200万円 7兆2725億9800万円 7兆6274億7300万円 4.9%扌 静止電機機械器具 607,379 651,657 710,675 822,878 743,377 690,705 740,391 714,636 648,751 578,210 589,900 開閉制御装置 1,332,072 1,281,660 1,301,342 1,356,806 1,375,555 1,380,328 1,460,433 1,439,488 1,419,416 1,347,946 1,362,023 前年 民生用電気機械 1,153,030 1,130,021 1,244,428 1,174,570 1,280,812 1,324,335 1,333,001 1,405,963 1,364,451 1,310,559 1,261,544 7兆6275億円 度比4.9%増 電球 172,637 154,131 143,646 135,907 130,183 125,685 114,641 105,601 104,839 74,709 70,200 配線器具・電気照明具 611,521 587,019 638,577 843,417 944,314 1,003,618 1,114,763 1,166,928 1,137,149 1,025,857 1,051,162 サーボモータ コロナ禍前超す勢い 電気計測機 442,525 372,303 324,759 354,204 397,218 407,438 422,413 465,508 410,975 406,556 476,900 増サ用がの国の 度増回のの向ポ工万で部み2少流 見・  電子応用装置 886,320 822,093 779,985 845,789 862,393 819,374 888,061 897,905 813,767 788,927 930,934 のーパ、2内5静ののる2逆にー作円、品。7が発回通9電 3ボワ電0電8止88勢0風あネ機。3向サ9響電転し%機 電池 649,484 694,600 708,873 743,018 753,038 778,569 811,685 828,403 837,518 860,703 1,056,877 1アー力6力9電67い1をりン械半・けー億き機電。増機 3ンコ変6向9機52だ9も、ツな導6がボ3、と機 の械 2プン換億け億機億億。年の2とど体% モ 全交機 7の 億もデ器4が円械円円交度と0し自製増国 8 3増ィが7減の器をと流のも2て動造の内 ー0体流械 兆生 ・タ0で電は 6産 8加シ国0少見具上な発8せ1需化装8 は は動、 2額 0しョ内0し込は回り電3ず年要装置6輸、万5機生 7は 0てナの万、み、る、機8、度は置、0出半円・の産 5、 PLC・プログラマブルコントローラの現状 万、が太円4。2見2も億コも年のロ億と導と8 10額 億前 円8回陽と・変・通05円ロコ々キボ7も体な%%の 円年 に る コロナ禍追い風 自動化・省人化のニーズ増加 に・復光な8圧0し1・をナロ増ーッ2 や 減近多 と度 な2し発っ%器%。91も禍ナ加コト0好電見のいい な比 る%、電た減が増 年%上前禍傾ン、0調子込8減交 る4 い増器器体 受体が  4少だ高も・  9落置け御置し兆 予 ■汎用プログラマブルコントローラ業種別の出荷調査 ■PLC出荷規模推移 るのは、製電け形、電4しが付り清民%にはの機は。3開想  (国内金額()2020年度実績) 。4微工造気、L生球0て、加需潔生減よ首回器国開6閉。   7増業装計6E産は03高価要に用。り都復は内閉2制 6を用置測・D拠、万・水値に対電 減圏に中が制0御 9見計向器0照点中円7準製よす気 少再よ国回御 装 億込測けは%明の国。%が品りる機 を開りを復装億置 円み制で、減器海向 減続を、意械 見発増中し置2は に、御大電の具外け のい主大識は 込に加心、の3、 な全機幅気7のシの 1て体容の、 みよ。と低う01 る体器 測0普フ輸 兆いに量高消 、る閉す圧ち0・ とで、増定2及ト出 2た比、ま費 全需鎖る開監万0 予17環、器億のやに 6反較高り者 体要形ア閉視円% 測・境電が円影光期 1動的機やの での配ジ器制の増 し3計気半。響源待 5で堅能巣健 0一電ア・御見の て%測計導 を一だ 億減調、ご康 ・段装向制装通1 サーボモータの現状 用途広範に 中長期的に需要拡大続く ■出荷規模推移( 台数はサーボモータ、金額はサーボモータとサーボアンプの合計値) なとすがもをて年円2と本ら いけフ報携ンるく化OL  っもる、と取い、。0、電もそる、ァ系、ピ」使しTCプ てあニコ世りる2そ4ピ機緩の。そクのセュのわたシ)ロ いりーロ界込が0の万ー工や市 のト機キーキれキスはグ る、ズナ的ん、2後台ク業か場 必リ能ュターてーテ、ラ 。Pが禍にで20は は なは 要ーのリ ワ コム産マ Lさで自輸0年2、2会右、 性や強テやーいンの業ブ Cら自動出2と0出0(肩上 と止化ィ上ドるポ頭機ル 市に動化台0出1荷1J金 E上下 重まが強位 。 シの近ー脳械コ場強化需数年荷8 7 がの 要ら進化 も ネをやン に化・要が度台年額年Mり波 性なみなスと年ン担生ト はし省は増は数、1のAでが がい、どテ、はツう産ロ 追て人強加海は26出)拡あ 高生スIムエ「と制設ー いい化か。外下01荷に大り ま産マTとッつし御備ラ 風るにっも需が13台よ。な っにー・のジなてにな( とこ対たと要っ9億数る日が て向ト情連コが広特どP インバータの現状 脱炭素化、CO2使用量削減の時代にマッチ ■ACサーボシステムの業種別出荷金額(2020年度実績) くど装きド成  使高置、バさサ わ精、半ッれー ■汎用インバータ(75kW以下)業種別の出荷実績 ■汎用インバータ(75kW以下)市場規模推移(台数) れ度産導クるボ  (国内金額)(2020年度) てが業体制サモ き要用製御ーー た求ロ造にボタ 。さボ装よシと 近れッ置るスサ 年るトや緻テー で機、電密ムボ は械工子なはア 用産作部制、ン 途業機品御フプ はで械製がィで 拡広な造でー構 躍ー機製に送大 のム器造拡機し 場ドや装大械、 がア介置しの包 広な護等てほ装 がど機のいか機 っ工器生る、械 て場、産バEや い以駅装ッV食 る外の置テ等品 。の自にリで加 場動加・需工 所改え二要機 で札、次が械 もや医電急、 活ホ療池速搬 れ加に減的ば にーな86ン台しモす2 とるの風し等等プる  おな料0いス知産装ッス体 るが易半年記金出にいっ等も  て価ならにれ脱あタっ0台プで、ーる0日がこ動量、のにの制イ り部、2るテ保性置トマ需2。、摩導ま録額荷よるたのリそ い値るし取る炭る装て7に、装イタユ年本でとき、モメ使流御ン 、材コ2。ム全向・やー要0 2擦体で。2台る。が影ーの る化。、り中素。着い2対圧着ン台ー度電きがを流ーカわ量機バ 予不ネ年しのな上機高トに2 0等のの22数と日、響マ出 。で機C入イ、、 率る台し縮率バ数ザ「機るで最量タ式れ、器ー 断足クはか需ど、械度フ対1 2で設反003、本年でン荷 の械Oれ C ン は。でて機はー1調モ工。き適を回のてコでタ をとタ、し要、稼の化ァす年 0影備動125ピ電々一シ台 活や2る O 3モ、イに37タ0査ー業 、化制転 いン、は 許生、半直拡中働高しクる以 年響投と8億2ー機右時ョ数 用装排こタ2 使 割ー装ン限・台2」タ 風 (会 省し御速量るベフ、 さ産ケ導近大長状速たト設降 にで資、年円万ク工肩的ッは の置出とバ用 超タ着バる4数万報・ エてす度 。アァモ なのー体のは期況・生リ備は は減のス、(9は業上にク、 広の量でー とに率ーと%は1告イJ ネ電るのやダのンー い遅ブや2続的の高産ー投、 回少先マ2国02会が下やこ が省の使タ量 ま対はタ、。38 1書ンEM を力た制流ン搬のタ 状れル樹0くに監精設に資世 復傾送ー0内00(りが東の りエ削用制の だす32台63フ万5にバ 実消め御量A パ送風を 況が等脂2とは視度備向を界 に向りト1+01Jにる日10 がネ減電御削 低る・数万ァ19よー 現費、に制や速量可 に発の、1みサ分にのけは的 転に、フ9輸台7E増こ本年 期やも力を減 いイ7は6ン6台るタの) すをモよ御バ度や変 あ生世金年らー析よ需たじな じあ米ォ年出、年M加と大を 待高可量積が 状ン%20 4、5にとに2 る下ーっにル調ポ速 るし界属・れボやる要ロめ半 てっ中ンは)出でAしは震見 さ付能を極叫 況バと万1ポ0対、関0 こげタて対ブ整ンす 。て的材2てシ予生、ボ、導 いた貿や前を荷、)てあ災て
Page12

2022年(令和4年)1月12日   (12) 脱炭素・カーボンフリー・SDGsに貢献する制御盤とは? リ タ となる機器の干渉チェックや最適な配線ルートの計算も可能となってい ており、CO2排出量の削減には非常に敏感になっています。 ます。 ー 新しい設計・製造手法 そのため制御盤メーカーなどサプライヤーから脱炭素やカー  また3D制御盤によって内部が高密度化して発熱や熱が籠ることが懸 ボンフリー、SDGsに貢献するような提案ができれば、それ 念されますが、これもEPLANの熱解析ツールでシミュレーションを行 ル  世界の製造業で脱炭素やカーボンフリー、SDGsへの動き はこれから大きな強み、特長になります。世界的な盤・キャ い、製造前に適切なレイアウトを試行錯誤できます。発熱量や内部温度 が加速するなか、配電盤や分電盤、制御盤を製造する盤業界 ビネットメーカーであるリタールは、脱炭素やカーボンフリ の状況に応じてリタールの盤用クーリングユニットを取り付けることに でもこれらへの対応が欠かせません。特に自動車メーカーや ー、SDGsの実現に役立つ、新たな制御盤技術に取り組んで よって熱問題も回避できるようになっています。 電機、機械メーカー等の大手企業は強い取り組みが求められ います。 設計時間の短縮、機器のリサイクルで 環境負荷を減らすモジュラー制御システム 技術です。 1 制御盤の未来の進化形  リタールの主力筐体は、板金加工で曲げ、溶接で作られている筐体と  3D制御盤をさらに進化させたのが、モジュラー制御システムです。 3D制御盤とモジュラー制御システム 異なり、柱と壁のフレーム構造で構成されています。フレームには25㎜ もともと制御盤は、電源やシーケンサ、サーボ、インバータなど各機器 ごとに穴が開いていて任意のポイントに簡単にレールを渡すことがで や働きによってカテゴリ化し、それを筐体内でエリアを区切ってレイア き、レールを活用すれば背面に加えて壁面や天井、床面にも機器を立体 ウトをし、配線でつなげて構成されています。 制御盤業界も無視できない 的に取り付けることができるようになります。これにより、これまで二  それに対しモジュラー制御システムは、機能単位のカテゴリごとに標 カーボンフリー、環境負荷低減 次元で平面的に並べるしかなく、盤用機器のサイズに大きく依存してい 準化し、モジュール化したものを各仕様に合わせケーブルやコネクタで た制御盤のサイズも、立体的に無駄なスペースを作らずにレイアウトす 接続して1つの制御盤として動くようにするものです。制御盤イコール1  制御盤の筐体・キャビネットは、樹脂や金属板を加工して作られてい ることで大幅にサイズダウンを実現できるようになります。 つの箱という従来の常識を覆す画期的な制御システムとなります。 ます。ステンレスやアルミ、樹脂製もありますが、最も多く使われてい  実際、この3Dレイアウト技術を使って作った制御盤は、まったく同  モジュラー制御システムのメリットは、カーボンフリーの観点では、 るのは鉄(鋼材)です。 じ機器構成で作った通常の制御盤に比べて、サイズは約半分以下。つま 制御盤の廃棄量を減らすことに貢献します。  当たり前の話ですが、制御盤のサイズが大きければ鋼材の使用量は多 りは鋼材の使用量を50%以上減らせるということになり、カーボンフリ  設備更新の際、ほとんどの場合、制御盤は古い設備や機械と一緒に廃 く、小さければ少なくなります。制御機器を接続するケーブル(銅線) ーへ貢献できます。 棄されます。例えば電源やPLC、モーション等の盤用機器を入れ替え の使用量も同様に少なくなります。これをカーボンフリーの観点から見  同社は「制御盤の年間の生産面数は90万とも言われます。これをすべ れば済む場合でも、制御盤ごと廃棄するのが一般的です。これだと環境 ると、制御盤の小型化への取り組みは、そのまま鋼材使用量を減らすこ て3D制御盤にして小型化できれば、かなりの量の鋼材を減らすことが には良くありません。 とにつながり、原材料の調達から製品の製造と使用、廃棄、リサイクル できるだろう」としています。  それに対しモジュラー制御システムは、機能ごとにモジュール化され までの製品ライフサイクルを通じて排出される温室効果ガスの量を減ら  3D制御盤のレイアウト設計は、グループ企業であるEPLANが対応し ているので、更新が必要な機能だけを取り外し、そこに最新機器を搭載 すことができます。カーボンフットプリントも小さくなり、そうして作 ています。中板の位置を変更し部品を配置し直すだけで容易に3D制御 したモジュールに入れ替えれば更新ができ、廃棄は一部で済むようにな られた制御盤は環境負荷が小さく、脱炭素のコンセプトに則ったものに 盤化した図面を作成可能です。また、機器を立体的に配置する際に問題 ります。制御盤を一新するのに比べて圧倒的に環境にやさしく、カーボ なります。 ンフットプリントも小さくなります。  また多くの制御盤は、設備や工程の入れ替えが行われる際、古い制御  さらに、故障やメンテナンスの際は対象部分を入れ替える、または対 盤は機械と一緒にも廃棄されます。産業機械や生産設備は10年、20年、 象部分のチェック低コストで短時間で済み、1つのモジュールを小さく それ以上の長期間稼働しており、廃棄する際も環境への影響は少ないと できるので機械や装置の空きスペースに配置すれば、装置自体の小型 は言え、その再利用、有効利用にも注目されています。 化、または制御盤レスにできるといったメリットもあります。 鋼材使用量とCO2排出を削減する3D制御盤 未来の制御盤技術 IIFESで実機、デモ展示も  昔からエンドユーザー、機械・装置メーカーの制御盤の小型化に対す  リタールによると、3D制御盤とモジュラー制御システムのコンセプ る要望は強く、制御盤メーカー、盤用機器メーカーは機器の小型化やレ トを2021年のメカトロテックジャパンで発表したところ、大きな注目を イアウトの工夫などさまざまな取り組みを行ってきました。今回、リタ 集め、お客様からの反応は上々。特に近年は、機械・装置メーカーもエ ールが未来の制御盤技術として提案するのが、盤用機器のレイアウトを ンドユーザーも企業としてカーボンフリーが求められており、制御盤か 3次元で構成し、スペースを最大限に利用して全体を小型化する3D制御 らはじまる脱炭素という切り口は高評価を得たとしています。 盤技術です。  1月26日から東京ビッグサイトで行われるIIFESでは3D制御盤、モジ  通常、制御盤は筐体に取り付けられた中板の上に盤用機器を並べて取 ュラー制御システムの実機を初お披露目するとのこと。モジュラー制御 り付けて作るのが一般的です。それに対し3D制御盤は、筐体内の縦 システムは、すでに一部の工作機械メーカーで評価が始まっており、数 横、奥行きの3次元空間をフルに使って機器を配置するという新感覚の 年後には正式な製品として実現される可能性が高まっています。 す。設計データをこれらの装置に送りこみ、電線や端子等の部材を補充 承継や自動化、作業を標準化して分業化等を進めることで、老若男女や 2 制御盤の製造を自動化  しておけば、自動的に必要な加工を行ってくれます。 障害の有無関係なく作業ができるようになり、雇用の場が広がります。 リタールオートメーションシステムズ  リタールオートメーションシステムでは、電線の皮むきから圧着端子  また「12. つくる責任 使う責任」では「12.5 2030年までに、廃棄 の取り付け、適切な長さへの切断、作業手順に即した整理整頓まで、す 物の発生防止、削減、再生利用及び再利用により、廃棄物の発生を大幅  カーボンフリー、脱炭素の実現は、再生可能エネルギーの活用など供 べての工程を全自動で行うことができる全自動ワイヤアセンブリー装置 に削減する。」とあります。制御盤を小型化することによる鋼材使用量 給側だけでなく、電気を使う需要側も今までのやり方を大きく変える必 「WT ワイヤターミナル」を筆頭に、半自動カッター「C8+」、自動 の削減や、リサイクル可能な材料で作られた筐体や機器の利用などを行 要があります。特に制御盤メーカーの工場や生産ラインでは、ロボット ストリッピングマシン「S22」、自動圧着マシン「L8」「R8 E」 うことで、制御盤に関わる廃棄物を減らすことができます。 や自動機を積極的に活用し、制御盤の製造工程を自動化し、効率的な生 「RC」等を取り揃えています。  SDGsは国や自治体、大企業のみが行うもの・できるものではなく、 産を実現することがそのまま省エネにつながります。  また作業補助装置として、傾きや高さを変えて最適な姿勢で組み立て 中小製造業、制御盤メーカーでも意識をすることで十分に取り組むこと  さらに製造の自動化は作業員の作業負荷を減らすことになり、ワーク 作業でできるように補助する組み立て作業台「アッセンブリーフレー ができます。SDGsへの積極的な取り組みは企業価値を高め、自社を取 ライフバランスの良化を促します。制御盤組み立て作業は、力を入れた ム」や、筐体の運搬・昇降装置「スマートリフター」、保管・搬送台車 り巻く事業環境の良化につながります。 嵌め込み作業や無理な体勢でのねじ締めなど肉体的な負荷は大きく、細 「LT 1000」、手動工具などもあります。 かく正確な配線や接続作業もあって精神的にも疲労します。そうした負 直接・間接的なSDGs関連製品をIIFESで展示 担を作業の自動化によって補助し減らすことで、熟練作業者でなくても 制御盤DXのスタートとしての 誰でも作業できるようになり、雇用の柔軟性や働きがいにもつながり、 自動化提案をIIFESで展示  リタールでは、直接的・間接的に制御盤のSDGsに貢献できる製品を 人手不足解消の大きな味方になります。 取りそろえ、IIFESで展示して訴求する予定となっています。  制御盤の組み立て作業の自動化は、単に生産性を上げるだけでなく、  IIFESでは、自動圧着マシン「RC」の実機を持ち込み、EPLANの電 盤用クーリングユニット「Blue e」・「Blue e+」はIoTインタフェー カーボンニュートラルや脱炭素、SDGsの目標のひとつである「8. 働 気設計CADのデータと自動機を連携させるDXソリューションと、それ スと組み合わせることでインターネット接続に対応し、機器の状態と稼 きがいも経済成長も」を達成する手段にもなります。 を使った圧着の自動化とその品質を体験してもらうコーナーを設ける予 働状況をネットワーク経由で管理して遠隔監視することが可能です。不 定となっています。 調や異常時にはeメール、SMS等によるアラームで通知可能となりま 制御盤DXと自動化を支える  端子台をはじめ、最近は盤用機器はスプリング式やプッシュイン式の す。またIoTインタフェースは専用センターを追加することによって、 リタールオートメーションシステムズ 接続方式を採用する機器が増えており、フェルール端子の利用が拡大し 制御盤内の状態も監視でき、管理PCや上位システムにデータ転送しま ています。圧着は細かな作業で数が多いため、制御盤メーカーでも大手 す。これらを組み合わせて制御盤向けIoTシステムを組むことで制御盤  リタールオートメーションシステムズ(Rit ta l Automat ion 企業では圧着作業に人を配置して手作業で行っているところが多くあり の熱問題と、それによる盤内機器の故障や稼働停止を防ぐことができ、 Systems)は、電気設計CADのEPLANで作成した制御盤の設計データ ますが、近年の人手不足に課題を抱えています。一方で中小企業では、 機械や工場におけるエネルギーの浪費を抑えることが可能になります。 を筐体加工や電線加工等の機械に送り込むことで、電線のカットや末端 熟練作業者が自ら行っているケースが多く、単純作業に時間を取られて  エッジデータセンターソリューション「Smart Package」は、最小単 加工、筐体の穴あけなどを自動化してくれる自動機群となります。近 非効率になっているという問題もあります。 位のITファシリティです。密閉型のサーバーラック「TSIT」とクーリ 年、欧州の制御盤メーカーで広がってきて、このたび日本でも本格展開  IIFESでは、それらの解決策としてのRASを使った自動化と、それに ングユニット、扉の開閉監視セキュリティアクセサリーを組み合わせ、 が開始されています。 よる生産性向上からのカーボンフリーや脱炭素、SDGsへの貢献を中心 オフィスや工場の片隅に設置可能な簡易型サーバールームとして利用で  マシニングセンター「Perforex」は、小型から大型筐体、板金に機 に訴求していくとのことです。 きます。 械加工を施す自動機です。スチール、ステンレス鋼、アルミニウム、  「AX プラスチックボックス」は、屋外設置可能な樹脂ボックスで 銅、プラスチックなどあらゆる材料に対応し、盤に必要な穴あけ、ねじ 3 SDGsに貢献する す。CMでも頻繁に目にするようになった5Gは、製造業でも活用が期待 切りやフライス加工が可能です。 制御盤向けIoTソリューション され、樹脂ボックスの用途も広がっています。UL規格を取得済みで、  一般的に筐体の調達は、機械CADで設計をした図面を板金業者に渡 耐候性は従来モデルの7倍の高信頼性となっています。 して筐体の加工を外部委託し、追加の穴あけ等は現場で行うケースが多  また、大型の「TS8」標準エンクロージャ―を展示。リタールでは、 く行われています。それに対しPerforexでは、すでに組み立てられた 意識するだけで誰でもスタートできる リサイクル可能な鋼板製の標準製品を使ったSDGsや業務効率化の提案 標準筐体を調達し、自社で必要な加工を施すというやり方になり、外部 制御盤のSDGs を進めており、国際認証取得済みでドキュメント作成に必要なデータが 業者と仕様や納期を調整する手間を減らすことができます。要望通りの 一通り揃っている高品質な標準ボックス・エンクロージャーをカタログ 筐体を短納期で手に入れることができ、さらに生産コストや加工の柔軟  SDGsには17の大きな目標があり、さらに具体的な169のターゲット から選ぶだけなので機械CADを使ってイチから設計する必要がなく、 性を高めることができます。 で構成されています。このなかには制御盤メーカーの日々の制御盤の設 設計作業の属人化を解消することができます。  加えて、加工は機械で自動化できるので、ドリルや刃物などの工具を 計・製造業務でも取り組める目標・ターゲットがあります。  これらについてリタールは「自動車メーカーをはじめ大手のエンドユ 使う危険な作業を減らし、作業員の安全も守ることができます。  例えば「7. エネルギーをみんなに そしてクリーンに」の目標のな ーザーは、カーボンフリーや脱炭素、SDGsに対して非常に積極的で、  電線加工機・キッティング装置は、電線の皮剥きや圧着端子の取り付 かに、「7.3 2020年までに、世界全体のエネルギー効率の改善率を倍 自社のCO2排出量をできる限り減らすことができ、自社のSDGsに寄与 け、電線の切断などを自動化する自動機群です。 増させる。」というものがあります。エネルギー効率が良く、消費電力 する製品や技術に注目しています。そのため機械メーカーや装置メーカ  電線加工は、部品表を見ながら電工ナイフや圧着工具等を使って手作 が少ない盤用機器の積極的な利用やそうした制御盤の普及促進を行うこ ーもそれに呼応する形の製品開発に取り組んでおり、脱炭素やSDGsへ 業で行い、熟練技術者は組み立て作業の際、その場で電線の長さを測り とで寄与できます。 の貢献がキーワードになっています。これらは制御盤業界に無関係な話 ながら部材を加工するケースもあります。とは言え、実際に使う電線の 「8. 働きがいも経済成長も」のうち「8.5 2030年までに、若者や障 ではなく、制御盤メーカーも納入先、発注元の動きに合わせ、カーボン 量と種類は多いため、必要な部材は事前に加工を施して揃えた上で組み 害者を含む全ての男性及び女性の、完全かつ生産的な雇用及び働きがい フリーや脱炭素、SDGsにいち早く取り組めた企業が優位に立つことが 立て作業に向かう方が効率は格段に上がります。その部材の下準備を自 のある人間らしい仕事、並びに同一労働同一賃金を達成する。」では、 できます。IIFESではそれに即した製品を展示しています。ぜひブース 動化し、補助してくれるのが電線加工機やキッティング装置になりま 熟練作業者に頼っていた制御盤の設計・製造業務に対し、技術や知識の に来て実機を見てください」と話しています。
Page13

(13)   2022年(令和4年)1月12日 〝0 ざ告ン「るるるは撃やの経し企音やまに当  破が数るげエ新劣。こ必さ観2営ま業を賀すい役私 た本なやに海通35式  壊猛年をるン聞化激とずれ光年陣う神明詞こな員の 株 。おが欧ア外信月3会高 と威前得厳ジ業業しのやた業間」【。話か交とがは親 よら米マを大ま年社木 創をドなしン界界いな再業界で】「のし歓にら、友 式 び、のダ訪学で長ア俊 造奮イいい車」 ユ 興界、劣、2劣崩て会慣にテで 世グ海入問時ア野ル郎 〞っツ。状のでと い はー劣をはホ化0化壊いはれしレも 中  新年  会 界ロ外社し代マ市フ( をた発 況製あ?ザ化果数テし2しがるもててワあ のー子後てかダ生ァた も頃の に造る ー た多ルた0た起。うし年ーる 製バ会も見ら専まTか た、イ 置業。 「離 が 社 始すい業業年業き考やま末ク大 小 特別寄稿 造ル社海聞ア務れKぎ ら「ン か界そ れ なの外をジ取。G・ すデダ れ」しテ まだが界界〜界るえりい年を手が ア 業 レ っろ、なが21」こたた、始武製 観社販広ア締2社と 」ジス てもて 現 うこどあ年ととくく面の器造 を 製 ル 点長売めを役0長し とタト い、、ビ実たがれコるの「をなな倒ごに業 見かを本、中。1。お 言ルリ る風「業化業、らロ。コ劣危いいな挨、の フ てら務部77心電41) わ変ー と雲ガ界し界再のナ飲ロ化惧が』忘拶『販 がた正る史ム会格ンの  き日め長年に気年9株 れ革4 言急ソ」てがび業に食ナしし、と年を自売 造 突。月。がーの別」「『 ァ 、は・ わをリといあ戻界直店禍たて大本会済宅担 業 然オを忘育ドバのにコあ やン待年んのカ日終ロけ T っラち会だな騒で始ナま の てイわと日かぎあし禍し K きンびい本でもるておて たでるえ人オ、「い正お G こ『 ばのン年ハる月め と本 の 社 が、団ラ明レ。」で 『EV化による破壊と創造』 試 は年師コ結イけの人とと(も走ロ力ンの日々なう長  練 コお ナが全心」のっご ロ世であ以失盛引と関てざナ話っ前わできは心しい禍にたはれあ締どもまま高 がなが終てるまこ強っすもり、電い。っかくた』たまこギくオた違、。と 木 らしんリ危ン賀うコメはしたなギ惧ラ詞おロデ言た』 リをイ交正ナィう 条るあ存ルい多題者続中足成手なは滅中紙時エもなでエ  いばた好 き力難をタいVbっはて規らい「 )と企ま感ン歓月対アも   件変る続変にくがのし小に長不い、す小や代ンのるあンテ 淘変 る、業ま経起な曲直ルっ化eて有、事のた破 幸言業でじも会と策での で化。は革し、あ高て製よ産足。劣る企ガはジが時るジレ 汰化 。大界な営こ陣を撃化たににテ名冷業産。壊 いう戦宴る新もながのの あこ守難(て事る齢き造り業は日化の業ソあンあ代。ンビ 惨」い陣す頭乗しや単よよレで蔵が業破的 か、士の会のしすっ最 主、 るそりしD事業。化た業供の深本ピははリっでっが特車の 事と事のこ指りてE純っっビあ庫 に壊イ ?こ がはいべ 優要残 俊 台 た 。企はいX業承社に経は給仕刻のラ必、ンと車たやにの衰 さで を「の劣と揮越いVなてて局るの 破的ノ  ん風続、時て。先な念 業淘。)承継長よ緯、で事な中ミ然変エいがらっ新衰退 れき 招劣常化がにえる化論車新がが普 頭 汰22に継問がりが現きを課小ッ 化ン 動 て聞退、 す壊イベ 災な習き私代コ伝と報な の う し に年変に題高、あ場な受題製ドでしジ間い くとは新 るな く化態と必よるのの理エ聞消、及 こし化は須りたも新でン 『でる 的ノー 難こも、だのロ統な道が 郎 存 あ い 各滅 大なベシ かと時連け象ナ的りはら 続つは化成も齢技るノい注で造かるなンにて』る車、聞 い とた」、で、め事技はジ紙すN氷 代 変犠ーョ ?が 日で徴禍な、「昨 をな、し功深化術がウ危であ業ら け車やい、『。の誰の 企 は経を一あ「に実術なン 。 がるe売 牲シン 普にのはでに年日変年 が変なし刻し伝、ハ惧きるにの変れにった 昔『エも衰 歴営言般る変はでがいが消』tり 革をョ」 通合飲なは奪末本異に 担る化いてでて承ベウがて。襲脱 ば依て』は新ンが退 業 史陣う的。化、あこ。消滅『、fがで払ンと にわみいあわ行人株続 保。を限もあいのテをあも幸い皮化淘存くと、聞ジ分、 が」。に の経るれ事滅 Yr消あうは解 なな疲はるれ事にオき す攻すり、るる深ラ武る、いかだの汰しる言ガ紙ンかガ必 が 証が「「 風営がら実すすoi滅る半、説 るくれずが、のとミ2 るめる企デが企刻ン器。人にかけ さて。わソとがるソ 明重劣変 」陣、の、るるuxし。面従さ 時なでで、自忘っク回 必に年業ジ、業な技にま手しるで要れい新れリいな未リ しな化化 をのこ業デ』『』、Tにたか、来れ 代っおあ歴粛年てロ目 要よでのタ幸も課能存た不て人は性消る聞るンうく来ン てれしを 巻強の界ジとEuよ例つ新かて ス世ラ急  の面ン造「てをるるV業充もがあ導車元は需る売ロる  たくと群はせがすイお動けて者持きと世なと反の続いはが明  国界は拡E 家的(大V 新テEE は、車」エい「。が化界電の強る体業来、要。りナ精 。、に経なる、るンいににみをつく称代っ、応経で。な、る本 ガ しスガV 間Eにのネる車 、にのスとま。製界自多 そ 当 増 上の密 大B、営い踏経こ一ても激る持企大しへて象を営あコい劣い稿 コ踏 」に充が化 違V 社 依始ルがのソ精は一タなりE造の動品がのげ落板 手郡A者。み営と辺は積しとつ業別、のく徴示者っロの化話は ロみ では電予に いララ充 いに存まギ、もリ密充部ンっ、V装旺車種 原 ち金(関 を 製は郡はA絵者に倒、極い、企をさ巣対る的しがたナでの題、 あ非ス想伴 社パ電 なよすりーEのン板電にドて精化置盛産少 因 込業ア 造 守群をに にテ的変A業『れご応。な 、こ禍、浮に22 ナ絵 る常タさい 市 いるるで供Vづエ金ス特のい密に向な業量 連 しの 計 上み界 ル 大は と フ 業手中り経強「ど依レで化企をAるもをそ経 たことのしき終年 の こにンれ、 場にゴイ 。新製も給化くン業タ需需る板よけ半と生て一すをの で を営要A 存ワあに業『企。り決の営。の と は2ば彫始新 と遅ドる充 ス し ァ 製小 ま 造あにはりジ界ンが要。金りの導は産い因るカおT は造製選者し群っしーる挑群B業前にめ決者 こ自言年しりし春 自な をれの。電 ごた数日イ 創学 ン い る向充観ンにド起増ま業ま受体関型 に バ客 、 択はたか てク。戦は企群者徹た断のの粛う間ごなた特  粛っ 存「は本ン 造ぶの 業 フ 市 か た す る 企 K 業造 て 2 は が。け電点 とのき大 界 注需係の 自業ー様 テ経業し攻とB 、を一しコ業』のし経は決年要ま 容くい別 場 ガたス」ら 、 破 っ拡てに のまが要が製。動 しでG レ ためい群い従推方てロ群、意た営「断 請 、赦しの号    た 知充多のフ 日ラ で が ソ新タかEて充いよE未す極を薄造精車が、は) ワ営の。をっかる来奨、おナ』巣欲経者自が間に 壊 密 続 が 者経 を も自をてはで の電い充ラ 本・ 創 リしンらVはがるりV来半め受い業 業 創、 ー 不選て」。事しBり禍とご的営」粛浮 よな粛い未山あ     方ガも電へ 造さンいド議へ吉必。精化も導てけがな板界出業21得 クに営思択もをコ業、企、をしも経者と期き振りい要た来々る はラのイの 。 されエ市を論の報須今密に明体順て、の金かし以年意 を多者議し過決ロをオ業対きてり営」「間彫り様。請だのでの 少パのン投 れるン場含さ変でで後板よる需調、自で業らて来のと 指かにな、言めナ継ン群面っ分経者に自にり返々多のき創あで なゴ)フ資 る半ジ創むれ革ああE金りい要で半動、界のいのコす 示っ多こBでさ禍続ラに活かけ営を大粛次にるなく連た造る、 『  め含るだ壮宅 がをい使とすに較がエい製内をーくに較PVベ販知しい 存る頂至ジ  筋造があ戦さ 〝企 D てめ可ろ大充ま始返。日え会る尽すらリうEも世ジる関すH市ー売の、。 で事点でン22 かに、る士れ 攻業 X 明、能うな電たま上本る員がきるテア充V毎界ャ。するE場シす通5筆 未実にあ車年 地失ガ 獄うソ も立希。がた め経 る充性。充や、るし がカ、るとスな電は年中ーテるとVをョるり万者 来で君るのが しち望巣大従 〞営 の い電をこ電マ基事、は「、ーテ。、ラどスC増にとス顕「車牽ン完、㌔は のあ臨。産分 にに 未ス秘れイン礎を高充筆ドス本CのにタHえ急称ラ著エも引」全米以 車るし日業水 図日リ れ向とご量業 も 本 なか勇 発員 よお 来タめらンシ充大性電者をラ稿Hス設ンA続速す社なネ所しのE国上、2 産がて本が嶺 は は な本ン いう気り生も るけ 格 がンてのフョ電い能ガ 用車でAー置ドdけ普る 違ル有て代Vの走 業、いの、と 。こを族し多 〝る 開ドい市ランイになラこ意ではdパさがeて及高、いギしい表車ベ行年 を残るエ終な の製エ ともをたく 変22 的 けにる場の充ン期充パれすもそeーれ高Mいさ性独がーてるとでンし前 創念こン焉っ ン をっ選こ、 化年 な て関。は市電フ待電ゴをれ(のMチて速Oるせ能自浮マい。しあチたにテ 造なとジにて か造 期て択と牙 のの いわ精爆場をラしイス使ば変詳Oャい道(。てなできネる筆てりャ。 すがはン突、 ?業ジ 待次しはが 実重 るる密発創始とたン国う)換細はーる路チ一お充ス彫ーが者、「、ーテス るら自技きガ す世た残抜 践点 幕 ラ はン 〞施 開 。業板的造め呼いフ家気チア比貧ジがのャ方り電ーりジ、は全破企ス こエ他術進ソ る代大念か 種金にもとば。ラ」もャダ較弱ャ、サデで、スパとメ両、世壊業ラ車 とン共がむリ 車 のの手なれ 』策 け は市成始しれ のの起デプをのー残ーモ、日ターなン者三界的がはを はジに世のン は市製事た には 、場長またる 投汚きモタ割一と念ビ)日本ンチっトを菱のイ製ご購 不ン認界はエ を 無場造実企 尽、 極をする、自 資名なをー愛言比なスと本国ドャて」比のEノ造周入 可依めの必ン 理創業で業 けっをしIで り2急ジ大るくののき競としはとジ導義/が小るムーX経崖なラき あを外のラは立小け国道け表世Eは能 』て変、o進第経5速タき。しI崖な争論、、「をタ入にC押製』をトレ済』いンる る戦方生ミ皆つ製て際を製を界V、で でき革デTん4営年にルな2てT』い力じD現警ルさ渡Aし造と使にポ産で。スが 。略策きッが大造も社繰造受的化世あ あたすジ・で次」はの変時教年未化で、をてX行鐘シれるM寄業衝いよー業あそフ、 時的は残ド分手業こ会り業けにの界る る。るタクい産敗崖化代訓間来とあと失い化シしスてIネせに撃続るト省るのォ攻 間になり構か製にれの広界て遅方の。 。まこルラる業北』すにをのがDるのいるにスてテいTッ、も的けと』が。キ『 ーめ も決いは造っ造とを流げの各れ針E昨 さと化ウ。革をはる突得コなX。強将。移テいムる化ト生、なる、で発 ー 2 メの 巣め。、のて業っ変れて衰メたをV年 にににド今命招、こ入たロい化経烈来こ行 る)が(ワ産数警企『あ信 ワー変 ごて脱ピ崩いにてえでい退デ決発化後 『本よな年はく守としとナこは済な的のし ム。に、デー管十鐘業今るし0ーシ革 も実出ラ壊る頼、るあるをィ断表潮半 D格っどは想とりはた同禍と別産警に方な の崖よこジク理年をは日。た2ドョに り行しミで。っピこり。危アでし流に X的て 、像のに必。時にを物業鐘は針け 保にっれタシシ前鳴、の経『5は 最 ンD のにてッあEてラと、し惧はあたに、 の着ビ A 新 以警徹至こによ熱で省が企をれ 守落てらルススよら25デ済2年『)X 余移どドりVもミはどかし、る。合自 本手ジ I上鐘しでの、っ心あは『業間ば ・ち崖のシテテりし年ジ産0の2は( 裕すうか、化答ッ 技 でんし、車。残わ動 格すネ ・のでたあ先世てにり、2の違な改なにIスムムIてにタ業1崖0避デ もの生ら中のえドきな、大関こ念せ車 的るス術Rスも「るも界、説、従0存えら善い落TテなやTい崖ル省8』2けジ ながきの小流がのな理E々連のな、大 な時モをPピあ巣。『時中我いD来2続るなをたち化ムとC化るにシの年と5てタ い今る脱製れな頂い屈V的の決が揃手 幕がデ導Aーるご2代が々てXか5がとい中める()、Aの。落スレのは年通ル 。年か出造はい点。を化な下断らっ各 開やル入・ド。も0がデはいなら年で、」止にこデが多D波中ちテポD、のれト で?以業ピ事に中つは報請発、て社
Page14

2022年(令和4年)1月12日   (14) 寄 稿 5G×ものづくり  新世代通信技術 活用と注意点 株式会社 NTTドコモ 5G・IoTビジネス部 スマートファクトリー担当 清水 宣暁氏  1983年6月愛媛県生まれ。2008年  製造業でも無線通信の利用が広がってい なるプラチナバンド(700~900MHz)や 千葉大学大学院自然科学研究科修了 ます。スマートファクトリーを実現するた 920MHz(Subギガ)は無線方式の中では 後、株式会社NTTドコモに入社。ス めの技術として5Gが期待されています。 比較的周波数が低いので、より「音」の性 マートフォンや監視カメラ等の法人 NTTドコモは移動通信キャリアとして、 質に近く、電波が障害物を越えて回り込み 向けのシステム構築を担当。2011年 自動車電話の第一世代(1G)から、今日 やすい分類になります。 ~2016年は地下や屋内向けのLTEエ の第五世代(5G)とサービスを提供して   リア整備を担当した。2018年からは きた当事者です 工場向けの5G実証実験やIoTシステ  2022年を迎えてドコモの5Gサービスと 映像伝送には大容量通信の5Gか しては3年目になりまして、800万人を超え Wi-Fi ム導入などを進めている。所属団体 は、インダストリーバリューチェー るお客様にご契約をいただいています。  読者の皆様は「電波」を使っているもの ンイニシアティブ、フレキシブルフ 5Gを始めとした無線通信がものづくりの をどれだけご存じでしょうか?弊社が事業 ァクトリープロジェクト、ORiN協 現場にどういった役に立つのか?5Gと既 としている移動通信以外にも、テレビ・ラ 議会など。 存のLTEやWIFI等の無線技術との違い、 ジオのような放送やGPS、消防や救急な 活用の注意点やポイントを分かりやすく紹 ども同じ電波を使っています。これらの用  このようにデータを細切れにしたり、同 介します。 途で電波が混信しないように、周波数毎に じデータを何度も送ったりするのは、デー   用途が決まっています。この用途の割り当 タを送る効率としては下がるので、大容量 ものづくりのノウハウの形式知化 てが変更されるケースもあり、2011年7月 通信とは相反する仕組みになりますが、こ に5G を追加した場合、スイッチを追加したり、 24日にはそれまで地上アナログ放送で使っ のように5Gは用途に合わせて、設定を変 よりポート数の多いものに交換したりとい 障害物には弱い5G ていた700Mhz帯がドコモ、KDDI、イー えた使い方が出来るというところが特徴で  AIによって我々の仕事がなくなるとい った作業が必要になります。5Gの場合、1 モバイル(現:ソフトバンクモバイル)に もあります。 われ、RPAが世の中で一般的になりまし つの基地局で1万の端末が繋がりますの  いろいろとメリットのある無線活用です 割り当てられたのは、読者の皆様の記憶に たが、どの業界も相変わらず人手不足は続 で、後から繋ぐ機器を増やすのは簡単で が、現在は様々な方式があって、どれを何 新しいところではないでしょうか。 いているようです。ものづくりの世界でも す。2020年度版のものづくり白書によると に使ったらよいか悩む方は多いかと思いま  ちなみに高い周波数も悪いことだけでは 電池で駆動する920MHzや ベテランの後継者がいない、と聞いて〝き 既に無線を導入している工場は27.7%だそ す。5G、Wi-Fi、Bluetooth、920MHz なく、周波数が高くなると、その分波長は Bluetooth さげ〟のような手先の感覚で覚える職人技 うです。実際に導入している企業も指定し (Subギガとも、UWA・Wi-SUNなど) 短くなるので、アンテナのサイズを小さく  920MHzやBluetoothが優れているの の伝承を私もイメージしていました。私も た先進工場の一部というところも多いでし のような、様々な方式が選択肢として提供 できます。基地局のアンテナの大きさとし は、低消費電力です。センサーや工具など この仕事をし始めて知ったのは、そういっ ょうから、まだ現場単位での普及率でいう されています。ものづくりの現場でも大き ても小型になるので、設置しやすくなりま からのデータ取得に向きます。これは使う たものだけではなく、各工程での差立の組 と数%といったところでしょう。今後の変 く期待されている5Gと他の方式の違いを すし、装置側で使うアンテナも搭載しやす 帯域を小さくしたり、信号の送信間隔を長 み方だったり、機械を動かすラダーの作り 化に耐えうる工場作りのためには、繋ぐ機 説明する前に、そもそも無線とは?という くなります。さらに後述する周波数の「帯 くしたりして実現しているため、大容量通 だったりと、ものづくりのための〝データ〟 器の増設を見込む必要があります。 ことを説明したいと思います。 域」を広く取りやすいため、大容量通信に 信や低遅延通信との両立は出来ません。 が特定の人の頭の中にしかなくて、たくさ  一方、個人向けではかなり無線が浸透し  無線は「電波」を送信機から受信機に送 向いています。  Wi-Fiは高性能で消費電力も高い方式 んの企業が困っているということです。 ました。スマートフォンを始めとした情報 ることで実現しています。電波といっても  最近はセンサーではなくカメラデータか ですので、5Gと比べられやすい方式です  日本のものづくりが推進したいノウハウ 通信端末の普及率は96.1%(令和2年度情 イメージがつかみにくいかもしれません ら生産現場の状況取得を行うシステムも出 が、違いの観点は免許制の電波帯か免許不 属人化の解消や自働化・自律化の推進によ 報通信白書)で、自宅Wi-Fiの普及率も が、中学物理で習った「音」や「光」と似 てきています。映像データのような大容量 要かの電波帯かです。免許が必要なもの る品質と生産の安定に役立つのは、5Gと 90.1%(2020年5月モバイル社会研究所調 たようなものだと思ってください。波長 のデータを送るためには、電波の「帯域」 は、基地局の設置場所・装置構成・使用す いうよりももう少し広く無線化ということ べ)になりました。スマートフォンで (単位:メートル)が長くなると、振動数 の広さが必要になります。Wi-F iは る電波の帯域などの情報を総務省の総合通 のように思います。 Gmailや写真の保存サービスで利用してい (単位:ヘルツ)は短くなります。以降は 2.4GHzと5GHzの2種類の電波を使ってい 信局に事前に申請する必要があります。こ  センサーやIoT対応機器でのデータ取得 る方も多いと思いますが、モバイル通信と 振動数のことを周波数と呼びますが、電波 ますが、2.4GHzというのは2.400GHzとい のため免許取得者が電波を占有して安定的 や、人手作業を紙ではなくデジタルツール クラウドの相性は非常に良く、我々の生活 は「可視光」よりも周波数が低く、「音」 う意味ではなく、2.401Ghz~2.495GHzと な通信環境を作ることができます。Wi- を使って実施していくことで、ノウハウを を大きく変えています。筆者もスマートフ よりも周波数が高い波なので、可視光と音 幅のことを指しており、これを「帯域」と Fiに限らず、免許不要で使えるものは許可 形式知化しようと多くの企業が取り組まれ ォンや一眼レフで撮影した写真をクラウド の間のような性質を持っています。 いいます。この帯域の広さが、大容量通信 された装置の出力が抑えられています。一 ています。一方、データは取り始めてみた に保存して家族で共有していますが、クラ  例えば、工場の中は通常のオフィスと比 を実現するには非常に重要になります。 般的なLTEの基地局の出力は19,000mWや ものの、取ったデータをそこから活用でき ウドを使う前は共有という作業が面倒でし べて大型の機械や配管のような遮蔽物が多 Wi-Fi6では、2.4GHzと5GHz 組み合わ 32,000mWに対して、Wi-Fiルータは ていないという話もよく伺います。事前に た。今は私が写真を撮れば、家族のアルバ いので、電波が飛ぶ環境としてはあまり良 せて通信できますので、合計して474MHz 10mWですから、1,000倍以上の差があり データをとる目的を決めてから!という話 ムになり、妻がコンビニでコーヒーを買え くはありません。更に5Gの電波は4G のと広い帯域が使えます。5Gも国内では ます。 ももっともなのですが、実際にはデータを ば、家計簿アプリでは今月の食費が更新し (LTE)と比べると障害物や壁を越えに ドコモとKDDIが最大の600MHzが割り当   取ってみないとわからないケースもありま て計算されます。 くいのですが、これは周波数が高いので、 てられています。ローカル5Gも今は すから仕方ないケースも多いでしょう。 音より光の性質に近いということです。壁 100MHzのみですが、今後更に数百MHzが 使い分けが必要なのは加工機も無 の向こうの音は多少聞こえても、壁の向こ 使えるように制度化が検討されています。 線通信も同じ 無線活用でやり直しの利くデジタ 工場以外で工場の情報を活用する うの光は見えないですよね。たまに話題に  こういったお話をして複雑だなという感 ル化を 想を持たれた読者の方もいるかと思います  製造の現場でも特定の人が管理している 制御通信には低遅延・高信頼通信 な5G が、金属加工にも旋盤とフライス盤で用途  弊社もサービスとしている無線技術です PLCや紙のファイルに眠っている情報も が異なるように、無線方式にもそれぞれ一 が、これのいいところは、まずはデジタル 多いと聞きます。クラウドは製造業でもか  PLCやインバータでの制御通信や遠隔 長一短があり、工場の環境や通信させたい 化を始めてみて、あまり活用できなかった なりここ数年で浸透してきて7割近くの企 操作で必要となる低遅延と高信頼性は、 機器によって適切に使い分けていくことが 場合にやり直しが利くところです。他の装 業が何らかの形で利用しています。現場の 5Gが優れています。まず低遅延につい 効率的です。 置への付け替えが容易にできますし、サブ 方がいつも通り仕事をすれば、仕事の結果 て、5Gになっても電波が空気中を進む速  ドコモでは2021年6月28日に5G基地局数 スクリプション型のサービスであれば、解 や生産設備のデータがクラウドに蓄積さ 度は変わりません。光もLTEも5Gも速さ 累計1万局を突破し、2022年3月末までに2 約してしまってもいいでしょう。こういっ れ、そのデータが工場の中だけでなく、本 は毎秒30万キロメートル(地球7周半)で 万局、人口カバー率55%の達成に向けて、 た試行錯誤が許されるといったメリットの 社にいる調達部門や他国にある設計部門と す。では、どうやって5Gで低遅延を実現 引き続き5Gエリアの整備に努めていま ほかにも、1.繋ぐ対象を後から増やすのが いった他のプロセスでも、それぞれの部門 しているかというと、電波で送るデータを す。約9か月で基地局数としては倍増とな 簡単にできる。2.配線工事がいらないの が必要な形で見られる。そんな仕組みがで 細切れにし、データを送るための時間間隔 りますので、5Gをお使いいただいている で、導入時の現場への影響が少ない。3.動 きれば、サプライチェーン全体として、リ を短くすることによって、高信頼は、複数 ユーザの皆様にもエリアの広がりを実感い くものも通信させられる。といったものが ードタイムの短縮や在庫・仕掛品の圧縮に のアンテナから同じデータを送ったり、同 ただけるかと思います。 あります。 繋がります。もちろん、現場の方の日報作 じデータを複数回送ったりして実現しま  2022年もこれらの通信技術が日本のもの  有線の場合、スイッチを使って配線を分 成のような付帯する仕事に割く時間も減り す。いわば、一個流しで、検査工程をたく づくりを担う皆様のお役に立てるように励 岐するため、後からデータを取りたい機器 ます。 さん挟むようなものでしょうか。 んで参ります。
Page15

(15)   2022年(令和4年)1月12日 リ るュもけ業  ー設。ーに、にN ド計 シ各協おT NTTドコモ 5Gで製造業DXの加速支援 タに ョ工創けT イ対 ン程パるド ムし をにーDコ 未 のて 展適トXモ 短は 開しナ加は 体コ参出ッを課ョはー  ① 材創使ラるともサ  縮、 したー速、 感ミ加をチ検題ン、プ仕パ仕 ・のっム。ののーD や設 てソとに製 のュで目ン討解を5ン組ー組 場実た」N協でビX 〝 他計 いリと向造 来 場ニき指グす決持Gパみトみ 所現ビをT創はス時 協 をケ、すしるにつをーとナ  ををジキTになは代 っレヘelーけの 提ー5プ、パ向パ活トなード 提支ネード く、の ビ てイッl シ、プ 供シGロ新ーけー用ナるプコ 供援スワコよ、自新 3とドiDョ遠ロ しョにグたトてトしー「ロモ しす創ーモっパ社た 創 Dコマeeン隔セ 、ン関ラなナサナたプドグ5 てる出ドはてーだな ジ と デンウrs「共ス 現のすムビーーーソロコラG い仕にに「生トけビ ザトン」iV同と 在場る。ジ企ビ企リグモムオ る組向、5みナでジ で 出 イロトをgi制の 、、情無ネ業ス業ュラ5 ー 。みけ5G ー行ネ ンーデ提nr作連 製5報料スを導とームG プ ・、Gスさ企えス 生ネ 実現するスマートファクトリー のラィ供 tソ携 つ 造Gやで創マ入、シ」オ ン 人協をクれ業る、 共をス中Auリに みス 有使プ。taュ向 る成 ② るコ5業 人功パ人 。ミ0や 材にー材 ュ0サ な と向ト  ニ社ー の しけナ5 テ以ビ 製造業向けソリューション提供中 ててーG ィ上ス 出 「寄企マ にの業 未 5り業ス ま企、 す 可のと見をやるデ単ラ しのXムッ「のしIリ場 ト保作能ト でや G添のタ で業建 来 能特でえ外、「ーにム製て見」「ジF自て分アデ生監存成にコ調実共 が マっ5ー 拡が設 に定、る付既Pタつレ造いえをEAA動故析ルー産査でや加ミ達現同 スてG 大参業 な、生化け存Uをなス向るる提DIA化障・タタ管」き監えュ向で制 タ併活 し加な る解産・し設S簡がでけ。化供GプPを予フイを理をる査、ニけき作 ー走用 てすど サ決ラ分、備H単りFに やしEラ」可知ィムク向提「証報ケにるを る 」すの いる4 〟 ー策イ析稼にLに、Aは 分、Mッや能やーにラけ供U拠告ーは。遠ビのンを働セ 活取機、 析生Aト、 画ド収ウに。Mを書シ、 隔 ス実の行状ンO用得器プ を産Tフ映に像バ集ドは リ簡のョリ 拠 ラテュ「各オ川報にえコ 設D験用ボ  ③ 役すGプーすをはを 「行課う況サGでしとロ 支状Rォ像す検ッ・上、 モ単自ンモ 点 イィア業テー)発体、モ既。Xのしテ5ス場 割くでの企る組、揃 Iが題このー」きた簡グ 援況Iーエる品クAで現 ーに動機ー 間 トア、界ープと信験55存  場たィGク所 を伝提ア業こみパえ ⼯ )イN専マン、拠・GGの スとソクやエ  担え供セ、と、ーて てな企業有イma高 tEの声有やaュ現やを隔アマし しる動提o でンE門にイパ点実ソオ国 クしリス映アド うるでッドを5ト いど業のをムol岡キeF遠・さ、lーす現出地プーたメてソ化供T 展タC拠沿ノー」験リー内 エてュな像 コ 。コきトコ目Gナいる る、の品すにを 市タ」L隔マれス シる場すかリトいンいリや。製 開ー、点っベト(でュプ10 ア「ーど・ モ ンるをモ的のー。 。大生質る故導f)ムなE支ーたマ ョ遠でこらとグ保テるュ予こ造 しナ富」てーナ東きーンカ 」ドシのA   サ価活、と社企5 き産向こ障入oはラどK援キ画ーAン隔のと現5ラ守ナ。ー知のラ 場 てシ士(利シー京るシラ所 をコョ先I 5 ル値用Nし会業G な復上と箇しr、機をTがン面トs「作密で場Gス向ン シ保ほイ いョ通ア ョが都「ョ に モン進、 G テをしT、実と 効旧やで所、 A械提 でグにフsA業の出にを、けス ョ全かン るナ、ク用ン運赤体ンボあ 全 体技X   ィわなTパ装スマ 果のユ、のリdc(供Rき・対ォic支回張作使業に効 ンを作分 。ルフセで拠営坂験を」る 国5験術R D ンかがグーをクス を早ー保情アoe富。eる画しンse援避の業い務は率 を実業析 、ロンき点す・・実に「 にG・を、 X グりらルト推ラタ 上期ザ守報ルcR山 m「像、でtRソを抑指、支、化 用現の」 へ ミンチるをる品情際加ド 開 実活ロ   のや5ーナ進ムー げ化ー作共タoe県 oRで音共」eリ実制示遠援スを 意す自を NTTドコモ法人向け5Gサイト NTTドコモ製造業向けソリューション https://www.nttdocomo.co.jp/biz/special/5g/ https://www.nttdocomo.co.jp/biz/special/5g/solution/production/ ま  「 と総 ど多さュGプ  め務 高 れくれア」ラ自 て省 速 ほ行るで。イ社 総務省まとめ 製造現場ローカル5G調査 8.7% 公が どわ。安製ベ工 5.7% 15.7% 表2 のれ大定造 場 し0 た2 大 ー もて手し業トの のい企たを 敷 「1 な 容 なる業通は 地 製年 5 認知度50%弱 周知に課題 のがを信じ 内 39.5 30.4% 造7 % 量 か、中がめGな 現月 ?実心で各エど 場に 際にき種リ、 」 のロる産アあ 入に とーた業をる ガお イ こカめで実特 イけ メ ろルロの現定 ドる 認5ー5で空 ラロ ー 知GカGき間 イー 度のル活るだ ンカ や実5用「け 」ル ジ 導証Gでロに に5 偏 入実がはー限 よG 意験本、カ定 る等 向が命セルし との 重 は数とキ5て 、導 IDC Japan「DX推進企業ローカル5G活用状況」 高 寄くでえが%企状%お合い「ロ せ、はて28、業況とり計た知ー い て大そい%「でだな、でこっカ 4G、Wi–Fiとの差別化な 課題 本 い企れたで聞は。り「45とてル た業ぞが、い「企、知%がい  ど 格 。のれ、認た知業ほらがあた5 関 方15中知こっ規ぼなすっ」G が%小度とて模二かでたがの でィョシしィとなラく/ ルあ「活 意め企推X  採 高、規はがい別分っに」19認 あスンョてののど構、「R導5る 1 用D向、業進(I い22模50あたでした認23%知 るををンお問区)築セO入Gが年中Xにその企デD 関%の%っ」はて」知%、度 と顧提のり題別」のキIをへ採以の推つの取業ジC用 心と企をたが、いがしで「は 示客供本、ながな設ュが躊の用内企進いなりのタ を低業超」34大る55て、聞、 唆にす格同どつど計リ不躇関はに業企てか 心 組デルJ し積る展社担きががテ す心未採 業もで ートa て極ベ開で当に続難ィ明確る度定用 がで調ロみタラpは るガけもGる高特のはきレ備な いこしプ的たル遅ワ(と画る に際がでやある業  。イるのを。くに無年をッがどロるとてラな。の延ー多最、認ロなの24は調る」で導 い的ンには者くいしの」理は」予 全は査ー状利ンa 詳ドロとや総、ロ線々把ト増工ボ。の導イ5企 (ク端 X知ーり検%検査」が 入 るにダはロでくたい担 由高が定体すしカ況活スn 示 高 も は 細ラーしさ務国ー利高握、え場ッ 認入ベG業 モの末 。公ー、ーも、。(保とにい40」のでたルに用フはこす 度 多R度カそ討で討段が2「意 はイカてし省をカ用まし台、内ト 知・ーシや ー構に 等はルうや、が階46% 向 開はIカ懸加4電がい 15 うつこ%が に。の関動ォ、 下ンル、くで挙ルはった車さをや 度利トス自化シ築よくで、5だ導ロ1。%、導に すベoル念えG波不 いと弱 意 30%ロ 活す向ー日れ 程 る 記」5「紹はげ5拡ていなら自A は用ネテ治)ョ)る、の高G。入ー%中と「入つ るスT5点てやの安 てがあ% ー 用 とメ本 見 度 調 か かをG製介、てG大おとどに律G 29がッム体がンがセ多活速の はカ、小な導を こトソGがセW安」 「分り、 カ 状 Iーに 37 数 検い とプリソ多キi定「、が導か、「。ル 況査 ら発な造・ロ推はしりいの通的V %可トをが コ42ン 用大特 もル関規り入 て oシお ら 。行ど現解ー進注て、うモいに・ と能ワ構自%ン%サ同)容徴 う5心模、に討は がラュリくュ―性イ最入っロ興さ5 やをTョけ しの場説カし目い工ニノ箱動A なでー築らとト、ネ時が量に 少Gがの様関し、 重クーュ浮リF確ンも価たー味らG 活ま推ンる て導にすルて度る場ーのやくM っあクし局続ロ超ッ接87(対 しのあ企子心て大 要テシー上テi保フ多値。カはにを 用と進)D い入おる5いも。でズ動パ設R てると、所いー低ト続%動す 先実る業見がい企 https://www.soumu.go.jp/ menu_news/s-news/01t sushin04_02000107.html
Page16

2022年(令和4年)1月12日   (16) 不二電機工業 アズビル IDEC 代表取締役社長 八木 達史 取締役兼執行役員常務アドバンス オートメーションカンパニー社長 北條 良光 代表取締役会長兼社長 舩木 俊之 コで傾保係力ポイの  りー応れ々る観脱々  あ高高%げく工  顧ロ変向守は関遅ン傾2 、シしてな安の炭を「 る騰、にをほ作2 ナ更にメ変係れフ向0 需ョ、い社全変素取持 な、利上6ど機0 でがあン電は、ラに2 持要ン解る会・化へり続 過 か部益方9の械2 各 客20出りテ所底市需あ1 続のの決。課安、の巻可 去 で品と修0注、1 年始、ン投堅場要る年 増価策こ題心ウ対く能 利不な正億文ロ年同め車ス資くごのがの 加値をうやのイ応環な 益足る 円がボは 目様て両投や微とた、受 がは提しお確ルか境社 を、見し、入ッ、 社 にい生資機増にめ当注 期 供た客保スらで会 出輸込、営っト半 動る産が器をも回社状 可待益々で大様に共社は」 最 す送み過業たな導 線き。計先の維差復の況 能さ ききの至生会、に 高 こ費だ去利。ど体 ト が海画送延持がが対は れ向るな課る時構気向 との。最益通が製 鈍外もり命。出ワ象持 る上オ変題ま代造候け が高原高率期好造 でい市コさに鉄るン市ち な。しー化がでにや変て で騰材の13売調装 。場ロれよ道。テ場直 てトに生、お価動、 き等料売・りで置 ッ 逆もナるり関電ンはし おメ対ま様け値・我 の 、がの上3上驚や が開す21キ行品社もの開ーけス串ー 上準に ど術Iけ掲ルズ「は未ー 旺化人込の活新  機て体にテ一に置ョ 体ポ門の益 営こ プ かしる年ュいラのら 発)のV、フをト21げ品良 、をoたげ技ビIの シ当盛・手みの動型制 ないをつム緒おすン 売 制ーを強体中計れ かて動2ー進イ特え取に視Oァ刺し年がのか S活T「、術ルIソ来ョ社でI不か、制コ御 どけ販なソにまる提 をト分化質期画を るい画月 めフ徴る 取 ンして2伸端っ D用やエカでとFリ ンはあo足ら総限ロ機 のな売げリHか予案 構で社をを経に来 がるをかブ 線C )てサを製 りで(クたい月び子た GしAネーつとEュ 」「るTを回じやナ器 特いしてュMせ定を 上 築販化進目営つ期 が 、。9らエいイ維品 組 シ「るかた台の sたIルボなもSー の人。化背復て部ウ事 殊。ていーIし。行 し売しめ指計なか 当外本当ンくク持をりん省、ボイョ企。技ら。なは に「・ギンぐに2シ 理を の景をコ品イ業 車エいくシ、、標う ・ た代、るし画げら 社部作社ジ。ルし提 で力スナ画術中 ど産 直超新ーン持〝0ョを念中 ニと続ロ不ルを 両レく。ョセ技準技 。理I。てでてス のへ成のニま管な供組い化・ル開部期 が業 結スたマニ続体2ンつの心 ーしけナ足ス取 、ベだこンー術品術 利 今店D昨「はいタ 語 特のし生アた理がす るにオチ発 経 想機 すマなネュ可験2を 元と ズたて危のにり ローけれをフ営の営 後をE年ソ、くー 徴浸、産リ「、)らる 「。つブーC と 営営 定械 るーセジー能を」展 、し は合お機影よ巻 ボタでか提テ業販業 、サC、フい。ト を透W技ン 3をP、」 長な・ムF業計 以向 新トンメトな〞で開 当た 依理りに響るく ッやはら案ィは売を 益 ソポセ国トま す る 紹にe術グM し と くがカ)T 画 上け し工シンラ未。は。 社オ 然化、よは一環 ト農勝はし等おは本 リーー内開以 る 介はbを部(っLいみ使るス」(部を にで い場ントル来デ、今くM なー と・5るあ時境 と機ち製、の客代社 ュトル営発上 中 し時で紹」はエか(う強っネタをクに横ス 売、 価」グ」に」ジ「年るらト し省G落る的は い・残品成シ様理に 見 ーすス業力の 期 な間公介、ムり製当 てタマ設ロ タ り標 値な技、向をタアの でメ て力やちもな、 っ建っ単果スと店設 シるサ部」利 経 2 たのス不こ 組務効化務て るル 器ー客が をー可だ社なEイン 題を表制用s熱ーし創 以るた が品てしス 込 開ンは 高ュにた いあト足と今みへ率 を、生。ミ省なト様ら おシ能き会くYング に向示御のe式ラた造 内。めA始のいてキ 発シ、アめー密各 。る構がは年、のを ペ21産 製力どソが成 客ョな効イ多E異し 対上器状流c流形「の の最、Pま包るソュ 力ンアルてシ着業 職造予なの成R10 ー年の 端化扱リ求果 様ン未果ン岐S常、をやセ応、を態量の量Fデ仕 完適北Eっ装。フー む もグルプいョし界 0 場を想い市果P% パ春デ 子といュめに にの来をフに」予異常大ス。多搭がコ高セ4ジ組 全な米Mて装実トズ 強なプスくンての 環見さと場をA以 ーかジ 作製ーるつ 提創へ上ラわは兆常時気・ま様載わン速ンQタみ 統体 とい置績開と いどス 。提、リ 境直れみ環上導上 レらタ 台業品シ商な 供造向げ関た、検予オな設たなしかト制サ」ルを 合制ののるがと発当 。のアア 案技ー 2 のしるて境げ入削にイース物ル の 採性群ョ品げ しをけて連るプ知兆ンど備、機、るロ御搭はマ紹 をづ拠点シ。完し力社でュが年きF技ル ル を術デ 整なないはつも減しムミ化流化 用向をンをた て通たいで製ロシをラの・工能広大ー性載、ス介 目く ナ 成てのの、ー出度るA術パパ 進営ィ 備がかる大つ21でた管ナし倉推 も上増部販い いじ新るの造セス検イB製場でい型ラをに自フ。 指り再編ジ しコ強生食ズる末技・をイイ め業ン をらで。きあ年きこ理ル、庫進 にや」売。 き、た。ご業ステ知ンi品/流流Lで実よ社ロ昨 すに ー 、ン化産品の予に術制持ンン 、をグ 2 進、、今くる夏たとででハでの 増貢しもすさ た新な今採、産ムすでg品建量量E、現り開ー年 。向をを すビに技分買定第も御ちはと 付中カ め働社後急。か。できリンの一 え献て、るら いしオ後用な業「るモD質物制域Dひし、発コ発 け進強 でニつ術野収だ1多に、車の 加心ン てき内、転 ら営、るアデ出環 つすい安「に 。いーもをらだBオニA・の御でととた0のン売 、め化 に向ながにも。弾く応ソ載協 価にパ いがの人す 取業作よルィ庫と つるる全ス、 価ト持いびけiンタT排プの精液め気・微ト開 3てす 導けが融強同ス製、用フや業 値ソニ きいコ手る り事業うタタ業し あア。機マお 値メ続たにでGラリA水ロ課度晶で体3小ロ始 年いる 入食っ合い様キ品22でトセで をリー 北陽電機 光洋電子工業 本多通信工業 代表取締役社長 尾崎 仁志 代表取締役社長 森 豊 代表取締役社長 樫尾 欣司 引避調立けも受な前  労のもり半はを振前  ラで継れいは流しロ  百きのだ体る入注り年2 開す上、上も、超れ年2 ッ光続、。こ停てナ2 合たっ倉搬っも、度0 る昇部げ部自えに度0 シ回す民 の滞い禍0 いめた庫送て好過比2 なに品に品動るよ比2 収ュ線る生車先、るか2 年がの。や装き調去15 2 ど加不結確車可り12 やのかも載も人。ら1 多人コA置てで最%年 発取え足び保関能、1年 Fデだ巣は 手半の年 く数ロGのい、高ア3 り、と付に連性コ13 益Tー。ご半依不導回度 企、カナV設る23額ッ月 、巻輸価い向がもロ%月 力Tタ情も導然不足体復上測ウ禍、備。年にプ期 く送格 け好 ナの期 Hー報り体 なや・期 域ンのA投半、なのの 生環便アてた調あい る前見の のセ・需の透ど部拡は 業セト3M資導24る1売 境のッ 取に の通売 向普ン通要動明か材大、 ンシ密Rが体年見2り は確プるり推。19しり 及タ信が向ならの基 産 20 サスと向活業分通0上 依保、。組移昨年だ上 拡ーはいで要納不調年 へのテ人け発界のし億げ 然に輸もみし年のがげ 上大の米つ左素期足を度 アム流もでに受だ円は とも送っが、前売、は で建・ま右が対、継の プも回好、お注。と、 でし苦費と売後半上上、 、設中でさ多応物続コ げロトのてン建風目の飲動は大セフ営 たリ ェ産るてEト商計  寄務%働ワ こ関もて ネ会N集半ラ提が  て発ア械はにのがっ当 てボな周いサ機だに 食き、をンテ計21。ケ イを。、Kと品画22 グ与のがきーコと税最厳 ッ「Tと導、供る22 へいでル投米米眼付て社 いッど囲るの等。す礎店は立強サィ画年 ー テ中当開Tののし年 し効テ方クロだに大し トIT開体ロし市年 る、、資で国のいいの くト作ののバで屋る でじ体化と、でか シ ク心社発グ協開たは て率レが、ナ。よのい ワOな拓製ボて場は 。こイ、Eで安たる光 。、業安がリす外機 採め倉し光屋はら ョ トとの・ル業発い、 い化ワ定ペ禍 り影状 ーWどを造ッいにS自 れン中V販全こ。コ ド車全当エで向会 用て庫てデ外、ス ン のし大製ーを強。21 ルるにー着ーも 原響況 クNが進装ト 新o がド国、売対の光ネ ロ両検社ーにけが さいやいー向Aタ 拡 刈、泉造 開化昨年 。加クしパ2 価はが で 参め置、く ーの知のシ実は増のれるサるタけGー 大 谷F工でプ始を年レ えをてレ年 が、続 のG加る市モ。 たc どもで半が策光回ク なi動 こ自産導伸をコ線タ ン自や強ョ績高え整る。ー。伝のVト に 工A場協とのし目4ベー て利きス近 大米い 光Fし。場ビ特 な動、みンが速て な配ビA送3・し も 場機は業 た的月ル コ用た化く 幅国て 接」てそなリに 「e ま動業体長施ネ向は つt で車機、ししクけ3 ど運フでをあ道い ど膳スG機業Aて 貢 を器自を連。にかのプ スし。な経 にのい 続にいのどテ、なy化 続向械医てたタの倍 へ転ォあ豊る路る備ロロロV器界Mい 献 使の動さ携今ジら売 トて現ど過 ア対る 技参る一でィ通ぐ5 くけの療いもはシの さ、ーり富。やの ボボボ・のでRる し わ生車ら強年ェ北り 削お在、し ッ中。 術画技つ、、信」・ か投リ、るの、ャ受 ら屋ク、に測鉄は ッッッA導の、中 て せ産部に化はイ米上協 減り30新、 プ国な のし術と 推 し情医イ商0 注資ニ工。で接ッ注 に外リ建持域道追 トトトM入測セ期 く てに品進とJテ向げ に、〜しテ す追か 研、交て報療ン品で 目がュ作F、続タに 広用フ機っセ、い をががR拡域ー経 れ もジ生めしTクけを業 も業50いレ る加で 究光流、収、フを拡進 し活ー機A特時ーな すン くうCれl世 程る加事働線幹る年  手相ごし の産のな す理ッ大に備T軽にら 組康企るおら料をも メい ンしまネやトを 予ト新。ちEるc代 の。に業をでシ。企21 段談相、昨短地再る る店チ手、提グ減、う む経業。り、価編、 ラた一ラやたク、ワ進 定ロ商 にS新社L 外パ合所開つス独業年 と室談12年縮消ス部 。となメA案ルに北こ 。営価サ、販格成生 用生方イす、タローめ だー品 製でたはi 部ーわか始なテ自にに し」をに月はを」タ品 D連領ーSもーも米と の値ス一売がし産時査ッコ産、ンいWのボクて 。ラは 品もな屋D 委トせらすげムシ向創 て開おにW進のーの X携域カE引プつ向で 推のテ部価大、改にラタネの収展よeサッ向い 、、 化参要外A 託ナて本るらをスけ業 是設応はeめ方ト内 なしをーAきのなけ生 進向ナで格幅推善、イコク自益示うbント る 光測 で考素利R もー生社。れ一テた75 非しえおbて針が製 どトタのN続工が製 や上ビ へに進にパンネタ動力会にもプ本 け。 デ域 き出技用開 進力進企産にまる新ム礎周 活 す客 いで出化ンてし ッー手地 場る品産 人のリごの高し向 がク、化改もリ一ル体に新 ーシ る品術で発Sめのめ業体集たもしでの年 用た。る様 展 示くサ来をコい、 の 活プゲが区 きの。の効 了 取 率 材両テ承転騰てけ ー ト本タ及は善実ニ般出に 高商 タス よををのはiて強、へ制約技の、あ整を し困「か 。プた進ーく代 セッ伸戦 生ま追 力立ィ 嫁しいた 格のび、へ施ュの荷内速品 伝テ 行持精順Lい化設のもし術を他っ備超 てりFら会 ラ。めダ。理用ートび略り産た加の のを社いをてるプナ稼組安中準すー人を蔵伝は 送ム ういっ度調Cると計組再、部、社たをえ 頂ごAのを イ今、はロ店でルにてと組見、関向 強目会たおい。ロー働み曇国備るアが開す送、 装の 進、てをだ社。効・み編需門4と生進、 きとな技4 チ後即ネーを情ス、いしむえJ税上 化指のだ願る商ジにす立野のを予ル商始るコ車 置安 め数い高。と 率生立し要を月同産め1 たのん術回 ェも納ッタ支報を現なて。るTのと にし実いいこ品ェ対るての車進定し品す小ネ内 を全 て年るめSの 化産てての豊にじのて0 い解で的開 ー「体クリ援提展地いまさ化E負と 取、現てしとのクし。とシ載め。、をる型クネ 出コ いの。らi次 を能工い増中稼目基い0 。決もな催 ン地制とエし供開代ニだら設K担も り健といてか材トて同検ャカて オ探。コタッ
Page17

(17)   2022年(令和4年)1月12日 東芝インフラシステムズ 安川電機 三菱電機 計装・制御システム 技師長 岡庭 文彦 上席執行役員 モーションコントロール事業部長 上山 顕治 執行役員 機器事業部長 古谷 友明    がに業導 事セン  でた圧重品液がロ  ーのでて%需た期業  6発多用体2業ンピ当 需。倒点、晶続ー2 タ物はもと要。比全2 各 月生くコ不0をサュ計 要特的的包、いル0 セ流半同好が中1体0 にし使ン足2統、ー装 成 をににに装金て事2 自ン、導比調押国3で2 工リてわピの1括圧タ機 牽半伸取機属い業1 タ国体1だし、5の1 社 スいれュ影年し延、器 引導びりを加るは年 ー内関6っ上韓%上年 トるてー響はてラ産事 長 し体た組成工。、度 動、の連5たげ国で期度 場バ。いタを受いイ業業 た製こみ長、ロ受の 大設と%。、、、のは ン るは受注るン用部 6 。造と、分工ボ注モ 手備eをま国台過売、 ト ド が半けが。特コ門 欧装でこ野作ッがー 化向投コいた内湾去りF D型 、導た好 殊ンは 市 米置需れと機ト絶シ け資マた、もを最上A セ 納体。調 計ト、 はは要ら位械、好ョ のがーだ受同中高げシ ッ ン 期製例だ 測ロ産 半、もの置、半調ン と自旺スき注比心をがス Xサ の造えが 器ー業 場 導国拡市付電導なコ 動盛が、に1に記前テ 「 遅装ば、 のラ用 体内大場け子体状ン 車な盛業つ1海録年ム M れ置産半 4、コ と外しがて部・況ト 脱用デ況界い3外し同事 プ しoソミ進の性に・ 5R たもりタベ発U 「で市iる年か新e ―ンき・さ 世国工  おソなる業アにだ のシ にいいりにたリ たlフン展あ能も大向イ」産。の安をル売L iはのc予度ら製c へ X)る時れ装界、作 カ役リど。でコ向。炭7ス21力続る、製。チ が 。sトグでるを対容けンは業 で全処をしi n、安s定期発品h の (」コ系た置的台機 ーにュソS4ンけ25 素5テ年をく。お品一ウ 月クウやきエ確応量 チ、用 、を理測たS t両川のだ初売をa テとン列セやに湾械 ボ立ーフC0ポ、 額ラェシるッ保すを H2 守しれ。i P年 0ム度注とこ客を方ム サ サ 1ウアミ。ジしる両製D・ りて、暑T e製ソ実。にし発t ン、トにル産好、の ンてシトA0ー 度 事のぐ見の様供で ー ン 品リ証 i3 0 イ は、売r )Aロ同の業調A ニるョウD0ネL目 業機。て状に給、 語 万ドサュまで、十立 D5バ プ生表スさE gをュ工―大順しo シCー期デ用にS受 ュよンェA億ンC標 億の器 お況はで部オ 円」ーレたの重分。 のイ「 ル産示タにN r使ー場M容次たn 浸 リサラしーロ推E注 ーうもアや円トサ、の提円売事 りはごき材ン 程をビー、A厚な高品混ンF 利性でン対  aっシでe量拡。i 透 ーー「てタボ移Aが強 トに拡製3以とー8 を 達上業 、22迷て不バ よサスシPI長電性 載チS 用向きドすM tてョあcの大Σc ズボY統をッしNく ラす大品D上すボ0 高部 供年惑い足ッ る りブ「ョL活大源能 もS 上るアるS eコンるh製し―s 」ドR合リトても ルるしがシをる、0 案成はを 給度をなにテ 使スnンC用産容G着可S2 はに。ロス1 ンフ埼a品てXを 強 のラM的アない堅、d の。、揃ミ目重C0 強す、含 の上おいよリ えクVがプを業量P 能D0 好つ人ント0 セァ玉tをおは実 、イ―にルどる調中 話 総いュ指点N億 る ( 過め 立期かもっが 、で―でロさでとU でと0 評なをでレ0 プク県r発り小現 i3 ブX制タで。で国 題 合、レし成C円 見去た ていけのて良 2 リ開Tきグら実冷搭々高30 だげ見デス」 統トト入o売、容す 化 ―「(御イ構 、、 が 力統ーて長を以 込最F 直っしも十か モ始oるラに績却載 速・0 っる守ーレを 合のリ間nす22量る MΣテでム成 全韓 増 で合タい事コ上化み高A しぱてあ分っ 業実ジす ュ関警は  業フ用き「 ッロー ををす続 いくケト  つnか的「い自的 クンるラダンごユル しをといしどを排限え 0 化にェる20ー連備、と22用トコ、Vユチグト 最作。部し22。製ーと 安なoら)i上動) ーデ。ッイド提ーマ 出ー、す省うてれ強出ら、 、現ク「年ルがロ搬 年途Pンtmニしラワ 優り 、年 品シモ 川げvフ」nげ化」 ルマ働トレユ案ザーましト省べエ声いだ化をず特 組れト産にを好ボ送 はにLピyシフたムー 先、品市は やョーのンし21テてaィのtてすの なンきフクーをーケたてラ人てネはるけし抑、に 織てチ業開出調ッロ 小適Cュp 製をク テお確場、 成ンシ融フた年クいtー段 有る機 どド方ォトザ行のテFいル化 関大か てえ 自 2 リァ e 提 電 生 化いーシ始すだトボ 型しをーeーイ品変で ー客保をの成 果がョ合ロ。9ノくiド階l効こ器 を配等ーにーう行ィAくへ・供連きを力いる産動をるムスし予。なッ のた実タFズドと更工 マさ行伸長 物活ンをア各月ロ。vバまlなと・ 提信のム繋なほ動ンサ。の自で機くモをるた設車目。」テた定22どト電リも「製装FAtコなで場 とまいび6 が発の進に事かジ eッでiデが装 供型変のがどか分グイ 貢動き器、ニ使。め備メ 2 指22はム顧だ年サや池チ発C品しAを っきに しに 以市 出に開め集業らー (ク進 ー完置 しの化展るの、析をト 献化 、当タい工、やー す年、D客。以ー案「ウ売Pと、2発yンpトて、行 てお、し上場 せな発てま部本セ 革かんgeタ了同 てトに開こお研を強を をとるソ社リ、場自物カ 。、活Eに 降ビ内Sムす30な製1売 い今か 進届っのへ るっ者いりの格ン 新らで のし士 いレ対をと客究通化中 積カこリはン と動 ー 23動・D にスロ イる」っ造0しeロるのな めけか成の よてのる、開稼タ 的改きn C 流 解、を くー応予が様所じし心 極ーとュ自グO生化では 年成DX 新ロボCオ予のて現0たSー。時く てすり長注 うおコ。事発働が )善たt析情つ 予ニし定でとやたてに 的ボをー動し2産・も、 に果Xを 型ボッiン定タい場T。」ラ 代て いるとを力 にりミロ業者を完 」「。(を報な 定ンてしき当大製いデ にン強シ化たを設省 車 はがプ提 モットB C 二だイるやに産には にも くこ製目は し、ュボ部が開成 へiこ知行をげ だグ、てる社学、品るジ 打ニみョ機い排備力O体 事着ロ案 ジト、」次。プ。産ソ業続、 マプ 。と品指継 た早ニッ間ワ始し とnれ能う吸て 。スオいプがエの。タ ちュとン器と出が化2に IMV CKD日機電装 富士電機機器制御 執行役員 MES事業本部長 西原 弘之 代表取締役社長 川村 茂 代表取締役社長 森本 正博 の知に守の不直高  そは維 りら  顧営 に荷た幅メ年  振 対保自・産足面齢日 攻 れ半持22上れ2 デ客業昨よの。なーの2 策全己保業はし化本 に導す年げ国0 行が年るロ一回カ冷0 がの診全が、てのの 、体るにと内2 動制度影ジ方復ーえ2 動 取シ断要今他い影モ 加やも目な外1 を約に響スで基向込1 らス機員後方る響ノ え電のをっと年 捉さ引はテ、調けみ年 れテ能の伸で。をづ め F子と転たもは ジえれきあィ世と需かは 予 よムを不びロ製受く P部予ず。に、 てる続っッ界な要ら、 うを付足るボ造けり D品想る 過半 施中きたクレりを脱コ と後けは余ッラての の や関さと 去導 タ策、コ。がベ、中しロ 知 し付る機地トイ多現 姿 二連れそ 最体 ルをデロ 混ル良心、ナ てけ、械をやンく場 次、るの 高景 打ーナ 乱でいに機禍 いすまそ示Aでのは 電海。レ 水気 つタ禍 し調年市械に 保 るるたのしIの問、 勢 池外国ベ 準に デをで た達で況セよ 。なはも、な人題少 関で内ル の支 施ジ基対 こ・あはッる 機ど予の保ど手に子 連はでは 売え タに面 と出っ大ト前 のでさ知る解潤サの 全 に「ので最さ心知械 入度装る径ズラーた で な をとにのと る し当機る加続大策投し磁て創ジだは中ル 企をれし「析滑ー異 記P予きもま、の故 に向置予φ」スタめ いしあい対採好 。22て社器市発し。 入た接き出タき、でマ 業一てう故は油モ状 で さF兆る早ざ電パ障 よ上の定80 2の高新 とかげっし用況 自年いと市場売てま し省触てのル大5もー と貫いる障そ分グを れ曲検手期ま流ラの っにコで㎜機Dさ製 感してたてがト 動もくし場でし待た た工器い代施変0オケ ししる最発れ析ラ見 て線知段にな値メ前 てつンあの種D39品 挑 じこい、最背レ 車 つてにあた望、でが数、る替策好0ンテ てて。速生らなフつ F いにへと、も、ー兆 小なパる小をモ・の てのる顧適景ン E先もは参る。の20 機配と手の評人 ィ 、内当の9よどィけ る見のしかの変タ現 型がク。型展ー5投 い好と客機にド V行り、入が今コ年 、器線感段取で近ラン 過製社パカりが、る 。る有てつが位は象 かるトこD開タ㎜入 む る調考密種あに 化きで品を、後マ12 持売「用じとりあくイグ 去ではラ月はあモ手 A そ振効振的使な、を ら。化れDし「とを 。にえ着提る乗 のはあ揃図競もン月 りF遮てし組っのン 60賄加メ前るるー段 れ動性動確わど従教 大こやらモたNい行 さ甘て型案。っ 進明るえっ合拡ド、 上―断いてみた方工 に 注 年え振ー」かもタと に監はがにれ機来え 型の、はー。Dうう らんいのやこて 展る。のて他大ス21 続げQ器る上が。に場力 のるかタににのCし よ視、あ故て械はて の新設顧タ22―業。 なじる活特れい やい 多き社がイ年 がuを。手、こご見し 技国らで予早のMて るのIる障きに過く バ製計客を年u界21 るて。動注らる 5と さても期ッ3 順iは18く顧う参学た 術内測あ兆期、解赤 に と効S。予たよ熱れ リ品のの投はシ最年 前は が機の業 G見 でお省待チ月的調Qじ年機客し加会。 蓄唯振るをで振析外 貢 機果O振知がっ、る エの自製入、リ薄は 進な 効製顧界 のて 対り工でをと に」めに能接たいなそ 積一まと検あ動、線 械」の動が、て偏予 ー投由作す外ークモ のら 果作客へ 加い 抗、数き追連成拡をと電し点デたどの 携2入あ全おーと化 献 でよ大提っOた振を の顧 進現るの確す 具が期 なニシ きがに接タ今あ22お長 ュ案プタデ「要置速 を年スる」りスみ② いり市案て機。動「 姿客当を状も相保。 体あ化そるーョ たら、対ル年り年り 好アをロルジwはなに 進以ピとは、はらA る早場をも械当セ予 勢価社続のの乗にこ 的りでのとズン い、外話マも、も、 調ッ実セ人タi引どよ め降ー位世当違れI 中い、目ら状社ン知 で値のけ好と効もれ に、お一考にが 。持部をー、大新更 をプ現ス材ル tき機り たはド置界社えて導 国ペ中指い態のサ保 挑の企る調期果つに はそ客方え最豊 続環上ケ従き商な 続さすをを施 h続械、 いあをづ的とどい入 はー国し、監営で全 む提業。に待をなよ 、の様、て適富 的境手テ来な品るラくて せる確育策コきセ工 とら早けなしもる③ 、スでて適視業の」 22供理 足し活がり C打に製いにに な変にィか飛を拡グ省、「けて仕立成をロ堅ッ作 考ゆめてブて似。予現以がが製でもい切技マFに 年」念 をてかる特 K開心品る応な 成化組ンら躍逐販イ工Fるい組し。加ナ調ト機 えるるいルはた米兆場上明将造高起るな術ンA生 とにに 止いし。注 D策配リ。えり 長をみグ注を次をン数―Iくみ、新速」のとメ械 て形たるー「問国保でに白来に齢き。ソ者に業か しのも めるたC機 中ををー る、 にい合と力期投目機機QDつを顧しさ時予ーや いでめ。オ 題に全はモな激従化て同リ」は界す たっあ る。取Kの増産所当生I国図かド こ顧 取ちわおし待入指器器uCも更客いせ代測カ半 るのにこー振にお強①ノた減事にいじュの全参べ いとる こ以りD生 でと社産S工っけタ と客 り早せ客てしすしをとi市りにに営なに。ー導 。企、こシ動 加 直い化ロづめすす突る事ー資て入く 。り「 と上組グ産 供の佐設C場ててイ がの 組くる様いてるて投しQ場でブ最業が合22向体 業2へャ予面てがボく、るるき。はシ格「を昨 、継 なかみルキを給分倉備モのいいム 可様 ん捉ととるい予い入て」にあラ適手らわ年け製 間0のン知しも進ッり日こ人進日隣ョをI決年 攻続 くらにーャ目数担事とーτくるの 能々 でえとのデる定くし、に対るッな法デせ度の造 提2参で保てペむトの本と口ん本のン取Sめ、 め的 前、なプパ指の生業、タD。点長 にな いなも直ジ。で。てプ続し。シ提・ジ、も需装 状態監視 ターク
Page18

2022年(令和4年)1月12日   (18) 中央電子 シュナイダーエレクトリック ロックウェル オートメーション ジャパン 代表取締役社長 丸井 智明 インダストリー事業部 バイスプレジデント 角田 裕也 代表取締役社長 矢田 智巳 リいX連し増る計前  はッ新え しまとを  「や型こ車億億上  エモてへやてと。画年2 グチ製、産、でし何2 業工案と産円円高2 ーいの遠い半半比度0 Iロ」品10業順の、に0 務程件に業と、は0 トな期隔る導導で比2 ーをと月用調ソフで2 D にシの加がな純、2 各 ッワい待医。体体もで2 バ発しに に ィも1 使 受え再っ利前1 ー。感療電入製5 10 P リ ミ 年 ル売ては 進 ーつ年 え 注、成た益年年 クセがの動手造〜%3 oでし「産C ュ 、んールなは X るュレでソ長。は度9 ジやキ高病化難関10以月 スュい院にに連%上期 モリが向向よは増のの T展たM業ゲでシドが、 」ー事フし国同比月 社 開。o用 い かるP と 業トて内31 11期 しMdイーるョらIr と いシはウ事も%%の Aーテ対けかり世で伸売 てoiート。ン上oo うョ順ェ業、増増グ ト ルィ応なう受の推びり オ関がど自注中移と上 ブいdcサウ 展位T― るioネェ 開シブf 脱 反ン調ア好米ののロ 応もだ事調国17ー Iフ連追は動がのしなげ Pcnッイ をスラa に今。業だの46バ ィはい、車先需てりは ラLoストに 強テンc 変でAでっ自79ル ッ ス、つD関行要い、、 Cnイの加 化ムドe 炭 わはR大た動97売 的遍きしもっ活ー客 理分別組備実造る 化 uA めIけ充多ル ス 案ン・しワーサブ がーー案で高へXれ ーェカし さバ安り プ だなてたスて用テ様でしけに織投現業」「な dDPるとに填くチンテ三をドアてーがネラ 生シドが工くの、る 素 バアー、21れル全、 。くお製マきにクに社効、変変資にのを最ど iAr。とE機のキ ム品強製ン関ク少ッン きョウ好場、A特見 ル群に製年、基・展 ま適り品ーて切ノ届 率そ更更を向企モ先で o「o もc械引ャド「産化品マ心セなトド てンェ評内MIに通 を のがM薬 事 は 準セ開 た用、・トいりロけ よれしを進け業ッ端投 」B― にo等きリ L業しをネをキくスと いでアだのE適カし 化採Eメ 業のーが が 、でそソ社る替ジる くぞ、行めてとト 資 もlf ソsの合ア e向て増ー寄ュ、イし るあも。電S用ー 粧用Sーソを安フう 23きれリ会。わー技 使れ技いて必しーのが 発ua リt機い」 xけいやジせリ装ッて 。り含実力をにボだ 品さをカフ後全テま 年るをュに当りの術会えの術、い要てと技減 売ec ュr械がをでiとくしドてテ置チ知 、め際消拡対ン。 強 メれ中ート押がィく 4よどー必社、Aは るリ本事るな、す術少 開 e ーu・あ発 uし。、スいィメは名 当たに費張すニ最 ーた心とウし日は進 語 月うのシ要に業ID よソ部業。体スるで気 始Oブ シx装り売 mて エイるやー強度 社シ納量しるュ近 カ。と自ェし本、ん まにおョな対界、Xにうーと部22制マ研社味 しpラ ョu置、しD 次 ッッ。スカ力は のス入をて関ーは 力 ーまし動アてで当で です客ン技す問Iに貢にス営制年づー究会で たeン ンrメ包た M世 ジチマピーな高 総テす抑直心トお でたた車事くも社い る にる様に術るわoお すを業か4くト開にあ 。nド 提eー装。 C代 層のネーもプい 合ムる制行がラ客 も近ソ関業れ高のる 本のになをニずTけ る一本ら月り社発貢る H の 案やカ機すX1搬 へハードネレ。 提ソのす率非ル様 支 採くフ連をてくグ。 社がもっ搭ー似等る献。元部職かと会型献。 MSS をHー械で支2送 のイジにッイイ 案リはる改常対の 援 用グトメ推い評ロま 工目満て載ズ通のキ お管に能ら設の製す ItC 進M向やに マシ 提エド対トヤー 力ュハ提善に策D さロウー進る。価ーた 2 中もるなビ受隔ト品 をたけいルも 境率場 増理売グ企ッりはか 準にる製 Sな見での 解たや先りソ 国い ル程たシで収ード  心の部付ス託監ワ・ 知こてたと10恒に的を や店代ラ業ト、日せ援採も強品HC価え、作 決強グ進、フ22内る 化ス。ス稼しスルM にが分加や開視ー新 っときだオ月例すで建 すC理ムとワ22進な 用取みをMA格る中画 しみロの見ト年展実 にケEテ働、のがE 取当や価A発、ク技 てでたいンかのる機て 予e店を協ー年アい をりを投ID、化小ツ 、をー製通ウは開績 必ジRムの比製高S 0 り社現値Iのセビ術 い、当たラら「計動直 定rも整業クはド。 拡組生入はA短な規ー 二生バ品しェ、をが 要ュPをケ較造い導 組の場を技組キジを たよ社。イ約C画的し だt戦備のイさソシ 大みかし、と期ど模ル 桁かル、はア新進あ なー、 ー的Eが入 む強を高術込ュネ披 だりのDン2Eをなて 。i略し話ンらルス す、し、コし間にのの 成しでサ明事ためる 機ラM提ス安R、は 2 。み合めをみリス露略「ラけ多特XでカC進、、 f的てもテに様テパジ る装て日アてで適工延 長、のーる業なる。ラメに連能ーE供でも価Pこ費で理て載系テがし」Cイたく長に約月プめ働I iに拡進グ増をムーネソ。置カ本ビ提導し場長 を日実ビいもビ。日イー米携がなS あ、「の用 、化いせはィ広たをEベよのを長8間ラてきT e取大んレやはイトスリ メスにジ案入てや線 目本績ス。順ジ 本ヤカ国しはど、きる短Pた、 エ・くるクなががテ うお強く5開イいやを dりをでーしじンナ拡ュ ータ開ネをでい生上 指企もがD調ネ 語ーーでてじ工需る)期lび時 2 ッ最。こラどる、ーCーのトに客く取0催ベるす活  組目いタてめテー大ー カマ発ス強きる産に す業あ揃Xにス 化がの日いめ場要よで間eク間 ジ適人とウ商中今マ 思様打り人しー。い用 Iむ指るもい6グ連にシ ーイ拠と化る。ラあ 。のるいに立と を利日系るかの予う稼(xラ面 領化とでド品で後にD展うにち組に、ト 職し A認す。、く社レ携向ョ へズ点しすラ手イる 課と、必ちし 進用系自。らデ測に働数」ウで 域す接新サ系、ネ新Xで。当出み参リ展 場た D定。プ大。とーはけン のながてるイごン製 題い米要上て めしサ動す相ジ、なすカをドハ をるすたーや遠ッ製戦もプ社し続加ア」 環効 を代販ロ手ネなタ欠、ビ 標どあ新。トろの品 をっ国ながの ててプ車で互タ工っる月買ベー ピーアンドエフ B&R パトライト 代表取締役社長 太田 階子 代表取締役 小野 雅史 代表取締役社長 高野 尚登 に―e中L業そ定能  開「 たて体が注去  品影化更年るりるは  P、変rで+にし外なV リ催デ21。こ不、好最2 の響をに前。、。、2 F化i迎F求ての時U しジ年 な足受調高0 手に行よか部全海前0 AをnえUめ柔出代C 、タ9 いで注での2 D配抑っるら品エ外年2 Aと克gるCら軟来にA ニ国ル月 た生残、売1 をえて部機不リ事度1 P服  2Hれな事突時 内イに め産が り年 先るき品種足 比 Aすt0Sて対に入代 外ノオ 、が多 前 年上は X駆こた点のにア業1年 向のるh2グい応対しと のベ でも の 担!e2ルるがし、言 ア機ーン そでく比げ、 けとこ数集よ きな とグ てがとの約る前12 0シ い」 年ー。今、次わ 械シラ のずっ60なロ と行でも削を納年2%グ け手をCをプPま迅々れ 搬メョイ 対、て%りー いきあ減進期を0でナ とキh「はEで速とる ーンン 応製い増、バ ロ、たりやめ問上%推ル しーaM、P以、起予 カデイ に品ると日ル 売。、部、題回で移機 イてワnaそP上的こ測 送ーーベ 追も。な本で ジりま軽品設もっ来し器 、ーgsんEに確る不 、」ン わ入半っもは 上た微共計、ててて事 革ドetなR企、想可 エをト れっ導た受過 げ部な用変6いおい業 ドnネIで な大フーすー増19ロ前 組S新 で食と模 きは降充 境ム置ョくなでて紹ン 案ネ対形のにをたテ 報通しリ9をト 功の スeッSあ昨節阪ィ こトと年の年昨んD的 の料とを22て週、実のやなしン大反もも介ド 件ジ応式オ寄中課ンス提じ、ュ月推ッ2を上 イtトEる年目オスサとフなと売比年でGな 認品、計年い3おさ 打どてセ成応参らしユ 発メしだン与心題ツ 供てウーに進プ年奏位 ッ―を)(I9のフを がォっ比り15はいsテ 知、ビ画はる、客せ ち実リン功を加う、ー 生ンたけラしとを内 をデェシはしダ前し機 チAベ2E月年ィ横 でンたべ上%、く等ク 度医ジし、。4様た本合機モタだ示者こ1ザ まトこでイてしも容テ積ジビョ営、ウにた種 をPー線C、とス浜ネき等。てげアP。、ノ が薬ネて21 日の。 わデーーっしのと0ー で層となンい、とは 極タナ 業成ンD。の リLス式の特なも駅 たの日もをッ+ さロ 上品スい年 稼見イ格せモトもたて80が0の のがでく見る非に、ィ的ルーンサD果でX 部 リ」と本新筆っ増に 。新本3達プF まジ が、開る売 働学ノ のやで拡。く%で0最 時参、 1 学。常し現 にコや Xにお推 品 ーのし質しすた員近ッ昨事法割成のグ ざー り化拓。り し希ベ化たテリ充まれ以き人先 間加複社会三にた場 行ンオイのつ客進 を スレた安いべ。をい 年業人以し7ル まと 、粧が受上 、望ー めスニした、上たを端 短し数かも田好ソか っテント中な様部 確 しー「全規き 図所 、をも上、億ー な共 リ品進注げ 最がシ のトア、、引が。超の 縮やのら、魅評リらクてンラ御心がに門 保 たルE防格新 るにト本堅、のコ7プ 課に ニのみ残の 大増ョ推スが搬カイきポアえ取 にす部工ウせでュ上 いツイ堂地っ向を し 。フt爆、防 等移 社調防売ロ千と 題、 ア3、が3 活えン ペで送メノ合ジンるり なく署場ェる案ーが るにン筋とてけつ た Eィhイ2爆 、転 のに爆りナ万し にD 搬品特多倍 用、デ ーきシラベいテケ人組 っなか見ビ化件シっス。よ商をないたく こ tーeー―技 大し紹新伸ス上前ユて 取X 送産にいの がいー進スるスをーもィーにみ てりら学ナ工発ョて コる談開るるDり と hルrサW術 き、 オばマげのー、 り、 シ業飲こ規 でま以 を環テ設シ多ブト見を い、マもー場生ンき強ン情を設ソ。X、 も つ団こバ年な可電距介り爆るの通fmるにe れ一ベ械プ制なンを  はと能てが送らまス 価ニ問クさ びをツ 海しみウいいめ台 る い体とイはソ能源離 、対Eデ信iA従。大r に緒ーメロ作どタ開 22大も力立、シもたテ 値ーわスれ22にはの化もてとンるく、湾22。 てとがス、Eリに供、 物応tフがbの きn しにシーモすデー催 年き良とち当ス引、ム 提クずをる年他じ物 開い提トの。海、年 積も予がtュし給10 理やhァ利uア 来 、なe たショカーるジのす はい好実上社テき組の 供な「推。も拠め流 設く案マで日外韓は 極協想、hー、のMイ題導層長eク用sナプ貢t いスンーシ。タ紹る デ。な績げはム合み受 を製見進引こ点た体 す。をネ、本プ国中 的力さ次eシ防両bヤに入の距rトさ ロロ献― 。テセとョそル介ほ ジ 関がら日はい立注 進品えしきのも。制 るソ強ジ海でロ 国 にしれ々 ョ爆方iがPでフ離nスれPグセをA ムンエンれコやか タ 係あれ本競がてが めをる、続状順22を 予リ化メ外Dモ向、 紹な r 当、リ ンにをt取Aきィ通eタてA通ス期P をタンををンお、イくさル をるるで合来機好 る開化同き況次年強しジ 定ュしン顧Xーけ欧 介が リnをも2/り業なー に しら社ーe生対線S組界かル信 tンきと信産待L 作ード行活テ客イノ。らマ 築。エシ企て械調 。発」時Dは強度化、スまだー、ト客のシ 米 も がにダたいや業では りにユい用ン様ノベ夏にー けエンス業いやと し需にX続化以、アテた。シ海をにベョ現、 てこ今スtみ応式のみのっド つーがっFでき、 上来ー、しツのベー季拡ケ てンジテもる自な 、要Fとくし降即メィグ ョ外通対ーン地A いの後さ―出すケ高、主たレ ネいド、たFはるD げてザそてを機ーシに充テ おドニム増。動っ おをAロこては納リクロ ン事じしスを語S き新、れAしるー速1要。ベッてと企デや、技X てもーこ大た械ショデ ィ りユアをえリ機て 客見・ジとい中サカスー サ業ててが強対E た技各てPた革ブ通㎞サこルクはも業ジP4術を いらにか々くのョンジしン 、ーリ形てニない 様出非スがく国ーとをバ イを囲もで化応A い術業くL。新ル信のプのにと、い活タr―で推 くいイら的さ動ンデタてグ 期ザンにきアどる へしFテ予。なビド拡ル ト伸いアきしをN 。に界るデ今的でと長ラ課はな防え動ルo20あ進 流、ノ機にん画セールいを 待ーグした搬か。 のユAィ想 らスイ充ロ 上ば込カてて進、
Page19

(19)   2022年(令和4年)1月12日 日本ワイドミュラー ワゴジャパン フエニックス・コンタクト 営業統括本部 本部長 加藤 裕之 代表取締役社長 原田 秀人 代表取締役社長 青木 良行 た知て社降と始達  に 円5でたりー  大っ っ受まが5上  新 。れ供にの売し成2 付日)0、。、バ2 きた全た注で届億げ2 各 エわ給国世りたし0 随本を0グ世いル0 くがて。・のくユは0 ネたで内界上キ、2 ソ すで超0ロ界ずと2 継伸、の 売ピとー、2 組 ルりきメ的げャ総1 るはえ万ー中れも1 び中製 りーこロ前1 社 ギ、るーなにンじ年 サ、た バ もに年 たで品 上クろ(年年 ー販状カ納貢ペての リ ー半。ユール の ほ過20 12 続。もの げだま約比の 織 事売態ー期献ー好業 ュ ボ導 の 去%月 伸電売 とっで3 25グ 業がにの問しン調績 モ体 ロ売と( ん最以期 長源り もた来5%ル ト で飛あ相題、がだは ー製 り 高上は とで及上 に18た0増ー と も る当のさ認っ、 タ造 約上どのの、 きびげ 過年。0とプ 太躍こ品影ら知た年 ー 、装 1げの業成日 た周が 去を日億な全 陽的とが響に度。間 温置 5で国ッ 績長本 チ背辺好 最上本円り体 販 光にが存で7ア昨予 調と 0はがと率、 景製調 高回も)、の 発伸広在、月ッ年算 器そ 0 11好なとグ と品で とりこに29売 電びくし当以プ開を シ 向れ 億億調っなロ ャしがあ な、れ手・り プ 網来らは がらス構 売 る編10汎チータ シ ばっビあ自は そ足 ョ スリネコーさ関多け て客え注れのい新  レあ択そい安じをメして もるに22 22本は体築 。し月用、やム営ス せてルる動好22のの 製モクネ向れ連くが 頂様、文らおとた22 る、のお心め会ン、① が 立と多年年格6制と そ、か品リ電品業テ るい関。車調年対影 品ータクけてで受良 けに社をの客考な年 、ご提客し盤社バ電「 ち予く半の的〜の受 店 れ汎らをモ源を組ム 状た連鉄業がは応響 もト端タもい物注く る弊内頂新様えチは こ使案様て内とー源安 上想のば見に7整発 と用は担ー、扱織向 態がで道界続半にで ン 順I子が好る流が、 よ社イけしへてャ21 ンと用実に使のしの専心 がしおま通稼社備注 網 並品汎当トEうにけ に、は関のき導努受 調/台堅調こセ獲ロ うにン いのいレ年 がい ごえDて電属24 語 りて客でし働のをや 行の用すIt特つ接 あ今オ連動、体め注 提 だOの調。とン得ボ 努対フる 、い様続はす新進出 し 品る/h殊い続 るはリはき工製て残 。な評で製かタでッ 力すラよ お納るンの 客入。ジ施ジあた現の評るCサ気の」げだ 価環24ポ工営コ 共るかく明るしめ荷 始 て販売チチOe品て箱 。製ン投を作造いが 案 そど判、品らーきト しるのう様実21を策 らけた頂境Vー事業ン 同。らとる予いてま 、をーー、rチ、が 今品ピ資注機装る溜 のイがレで搬がたメ たご整、か績年通の れるめけ構機ト士部セ る で新の見い定販おわ 販 ムムケnーお堅 年さッが視械置。ま 一ン良バは送世。ー い満備営らがはじ継 る自にて築器し2隊プ 案た引て。だ売りり 動 売強のにーeム客調 はえク控すは、 っ 強 方タいー、機界Eカ 。足を業継出多て続 。社幅いのを、種設ト 件なきお納。代、の 店化組分ブtと様だ 半あ前える半ロ て でー。操端器中コー 度行努続来く成に 製広る提保電資立を 開販合り期 理2サ 網し織けルス、のっ 導れはめ必導ボ お 材フハ作子メにマか をい力したの長加 品く事案護源格、打 2 拓売い、問 店月ー のてをた等イリカた 体ば止で要体ッ り 化 料ェブの台ー建ーら 上、にて。新しえ 群ご、をしを取営ち に店がさ題 網かビ 再い再。のッレス。 や伸ま、がとト 、 不ーやコ、カ設スも げお加ごこ規た、 が選②行ては得業出 をせのの る社ウ冊 ーをワ上の 品電積 日提にロりに入ェく ネ民タり関をリらロ いう立タ 大ドてた るこたい端工てけク  0 1、心初22。をン子 と強ー位プ同で源極 本案向ー、必れイ。 、間ー、連強テ、ボ 。全35ク2きイい」 。と、う子数いるトま つ人を年年 知ロに し化クコラ時拡な的 もをけバ販要るやま C主ト空は化ィビッ 社周ト0なツると・核ム新も既モ台をきよでた ず員掴度は っー加 てし機ンッに大どに 歩強たル売な。リた O導し調、し分ルト 一年設2協本。いコと、組そ述デを弊たう買、 つをみと新 てドえ の、器トト、すの取 調化スでルラすモフシーンな2でて機照、野オな 丸が立3力社こうンし電織ののル組社い「っ2 「 実増、し生 もで、 色総なロフ革る汎り をすマはーイでーァョトサっ削ビい器明二でーど で素1年をかのおタ多源の方「がんでとコて行や て・ らきP を合どーォ新と用組 合るー ト にトシ メ、て減ルるメ 桁のト好 晴0の得らコ言 専サ 安 で引考ト良フ着 S ン しし実捉日 えるD成はS 出的ハラー的見品む わ方トDもンナソIリ提ー電おのの。ー 制 努 御成ソメ調 力ら0フてはン葉クく 法 トの属ーで心 端納きえ」かエ 2 て、にえ本 るよFす総に1しなイやムで込をこ せ針グG整ッリ/テ案シ力り取再デカの長リー分 し周エいシセを のビ 」的入受て売っニ い新事てワ よう版る合出月て制エ、をリん中と てでリs備 ュOィ ョ機、りエベー をュシ野 をい年ニるスプ頂で「営スあをなさけいりたッ くし いイ うには予カ展にい御ン電ベモで心で 進進ッやしプーのでをン器監組ネロと知目ーョを 重節、ッ。テトき買フ る 例 ク 。い業るド 活しW定タしはく機ド源ーーいに、 めんドCてはシ提は強のと視み利ッの名指シン継 ね目日ク ムをたっエ 業セ 感 せてるを」 部ンとじでてさ。更とス 取を。ミ 用、Eだロ、I。器品、ストる幅リ てで関Oあ揃ョ案ゲ化ソ絡装が用パ連度すョと続 てと本ス 構支いてニ隊タ考てあ頂せおに思・ り成おュ をよB。グ2I メのネとI。広レ いお連2るっンにーしリめ置盛やー携が。ンフし いな法・ 築持と良ッなーえ頂りくて客強っコ 組長客ラ 進りで紙が月F ー提ッし/ いー くりへ削。て提力トてュたやん省なも高ビ提ァな きる人コ 等す考かクどチてけ、、頂様化てン みさ様ー め当ダの完にE カ案トたO 製や 。、の減グお案をウいーオセにエどスまル案シが たよ設ン でるえっスをーいるまときのし頂タ ヒルシャー・ジャパン イートン・エレクトリック・ジャパン ターク・ジャパン 代表取締役 伊藤 和仁 ジャパン・カントリーマネージャー 永井 信彦 代表取締役社長 福田 洋介 最だ部注た続ェた度  沿C供応に造とPブ   る問延広部が前コ  産高ろ品は。しー。比2 知っ(給が、装がSレ2 昨。題がい品で年ロ2 のう不来半てス組で0 たデが大V置で部ー0 年 に頻製やき度ナ0 業。足年導取の込増2 販ーで変字やき門カ2 状度 対発品樹た比禍2 業績グが以体り開み加1 名売タきで回工たが部1 は ししで脂。42後1 とロな降と組発系と年 がセてあ復作。55門年 生 てた納原一%の年 なーけの中んソ産な度 でンいるに機ブ%が12 態産 正。期材方増回12 用っバれ話国 たルばもので リ業りの 度きタるがな械レと前月 設 常グが料でと復月 ュ用、売 てー。、っ市ー好年期 備 化ル長の、大需期 。もも出需きたー通過り お)U中て場カ結度の 監を にー期不世き要の I 同って要 シ信去上 りのP国いのは果比売 保 力プ化足界くを売 様ときがこョイ最げ 、建S工る好、で33り 有 を全しに的伸追り で増て強とンン高は 高中設も場。調半終%上 視す 入体、よなばい上 o 、やいくがなタと、 国計大か納を導わ増げ る れで納り半す風げ 過せる、活どーな前 め工画型ら期背体る、は 幅 て納期、導こには 去た。受き継フっ年 場にDの対景製こU、 シ広 い期遅幅体と、、 業け化体板そが使がT制ンたI 来モ90コ  Iと もうれいてに販Cなこ年計立 ていで 機当備 いこ配さ合 電機う備しに20で入い 用製設でをれ低う、 御ト。」産年ジ」ル新 oとブ期。かる千、 もいとに画て22もるコ 器社投22関と線らわス流器希にて、年もれお ラ品計保専にくとコ新がロラも業以ュは通し Tもレ待熊らこ葉D 今よか思がて年守たン ・は資年心ののにせ 測と望状未人度対た客 ズやさ護用対、1ン でーズ、用降ー量信い のにーで本もと・C売後うらっ減い度らめト 無人需度をで追、た 定様を態然員末応。様 ベ、れす設し供年シ きラベ狙ラのル産コ超 流、カきの建か印デ 来に、て少るはれ、ロ 線員要も集き加既シテ、々持監にをのすまに リ筐てる計n給もュブ、にリいズ供P、案ン小 れデはる大設ら西ー機るす今いし。10て納ー 機をは生めるな設ス 圧なつ視対減3るた対 ー体いなしe体持ー 関比ー通ベ給 件 パでるど、t制たマ 心べパりリをC ト型 をジ、。規計注地タ こる年たてU%い期ル 器増大産るワしのテム力セお機応ら倍た、し イ保。、産Pにず向ラをてイのー調カ が 産 増ロ業 制タ既 模画目区セ と。は以いP増るもし 、やき設こイで生ム 、ン客能すし以め納て ー ー 御ラ存 半 をはン 日案上るSの。多た さしい備とヤセ産提 レサ様をるな上、期の と護コ産業Iもにけ 寄圧は需パ整ドえラ用 盤イの 導が出さ、タ会が 予本件にこは売 少生 ら、と改がレン設案 ベ(に追たがに国の営 はしン業用は不壊製 せ倒、要イしとて マ ゼ市 体 れ条ー にを納と、り の産 にセ考善でスサ備ににル振対加めら増内長業 大たシ用に、安れ品ンる的Pが「てもき 「ル のー場 工てて件の きだュ途耐内が、を 人にL獲nい n 中 く くけーにえ部あ信現 は安C得eるに て チ シを 場 おが立 いeプ かョ固 のるり整地を 想未取入にD上 遅が はンえにきセをで注 等動ししにもやの期活 さ上りが加Cげ れ行 クサて関たン増は力 )、てた、故し在化動 増 れ陸こでえの計 はわ ラ・いす。サ設、し注を温、い生障た庫にに 異のマ最るのる頼場ド多価やでt。えるtロ らンめ 新と、っと拡、のぼき、建画 あれ ウ制るる にす電た 組度無と産に。量少力 な産向適筐基。性で いでコきP 、。Xト 考やる 設思こてし 特Dさた21設を って ド御。設 高る気。力み、線い設対特をしを 取ーョE出し ーイ訴りはてEFトー てり をらとし 社タ中な なががのアしー提sえ てそた皆化続て て よ善も直 理共いにソ りルンLす、1構ン 、組確LI等ト22い、 強、もたホのーでっ大ど益減用ル、の案通、 頂し生様にい従コい りは納ち半店に提しリ 組をでD予n月築テ よみ立DEのウ年たお め当にスー販タ、て を々少途ブ夜活を信E けて産に適て来ロく 需難期に導もお案たュ み取はを定e26をグ求り込ををL製ェ度だ客 て社、タム売の代装 組進すがル間用進なt るデ設状応いでナ。 要し長回体探客をシー とりI紹でt日進レ 生み目産D品イはい様 いの展イペ機引替置 みみる広ー使でめどh よジ備態しるは禍 予い期復部し様続スシ ブ上o介、Fかめー 産製指業」群、、てか き知示ルー会きえが 合、中がエ用、るをe うタの監、。考以 と化す品たにけテョ ラげTす講Iらてタ 技品す用製をアnいら た名会にジが合と作 わイでるナす 。使r にルオ視製当え降 測考とるやい提てムン ン、対る演Eの事等多近ダ術と。I品新プeるは い度へリも拡いしれバ出をせン物。ジる昼まっn 努化ーシ造社ら、 で発きをえ納こ樹と案い全と ド産応。でLI業のくいーやはnoとブリt。そ 。をのニグ大がてなーも使、バ流さーと間たてe 力のトス業もれ原 こ注、随る期と脂考しく体技 の業のさもDIを新なと等生ユeTしラケP こ 高出ュロし増、いタ見用ソー分らといバ、外t しおメテに変な材 のを可時。遅は原えて。で術 浸用組らnをF強たるこの産ーtブ、ンーI を め展ーーてえ電状の込しフタ野にしっッ再部や て手ーム携化か料 問実能確当延難材て頂今の支 透I込にe前E化な。ろユラザFラnドシや 高 るもアバいる子況納めたト、で、てたテ生とM い伝シをわをっ不 題施な認社のし料いけ年分援 をoみ別t面SすパシでーイーIンe「ョエ く 取行ルルるなモが期る市スブの労ブリリエ接o くいョ基る恐た足 にす限さは大くのるるはかを 狙TモセFににるースのザンがEドtnンッ 評 りいすで。どー増が。場タレ自働レニにネ続d 。をン本全れ状も 対るりせおき、不。販当りセ うへジッI押出。トテ話ービ異LとFeソジ 価 組なる統 、タえ長イのーー動人ーュ充ルすb さ化とてず況含 応こ計て客な今足 売社やッ 。のュシLし展 ナムがにルなDしItフゲ し みがと一 当スるくン創タカ化口カー電ギるu せ、しの変がめ しと画頂様改年が 代とすト
Page20

2022年(令和4年)1月12日   (20) FAプロダクツ 日本サポートシステム オフィス エフエイ・コム 代表取締役社長 貴田 義和 代表取締役社長 天野 眞也 代表取締役社長 飯野 英城 導F光企設ェたき立  製で不上は業のね   なうわに中るて  2す南発業、ス。な10 2 経 造い足の、用対た2 そかちらな、労い製 る相電とT」春ト周0 実ながコ単ロ応装0 よ んなにずい自働る造 「馬設しeののピ年2 績い深ス純ボが置2 なか半、高動力。業 各 事令工備てa成Wッと1 1。刻トなッ実製1 中見導コま化不人の 和場をシm功E 」中ミ にBク い年 験 万当な〞人トを作年 り 、通体ロり・ 口先 3 C スうは 台社業が件を結のは 当せ不ナを省足や減行 業年の心ュr始イも節当 と をは界ネ費組ん実当 よ 社な足禍見人国少き 社 度稼にレoまベ目目社 超創でッとみだ績社 はいものせ化 やは 働協ーsりン白のに え業さク比込年とに 21。重混てニ内少、 の革、力シs、ト 年と るかえに較んと、と 年 な乱いー市子ま 新経しョ タ「押 ト でっ 挑 過ら導なしだな柔っ も りがるズ場高だ 的産たンFイ製しあて 去31入りたシっ軟て い 着 、収にはの齢混 シロ省「とA拠造でり会 戦 実年は、〞スたな積 未 実 未まも今縮化沌 ボがR太幹点業あ、社 績間進人表テ。組み に 来らかま小にと ッ ッ主&陽事開フっ大設 をのん手面ム産織重 歩 はぬかでのよし テをにさ品ずボ排るナ社ルフト だ躍デ画ト o化関自近でべ応に で 業Dニな場たリ品デ  図Pロ・ら業た大 え馬所計エクF「み プ ィ多、ら1、ン出。 にギァラさとにル、研 d活東動隣はてが推 務Xアくと。ッをー 22っMジ業デ務め規 来 て」。・イトATを をく工につ変ニ量特ジとークルら感向構も究 i動地化のなオ求進 D の人育、し他ト共タ 年た部ェ務ジ効、模 いとシ開コリ)e重 担い場重あ種ュのに っ事トをにじけ築の開 sを域に企くンめし 標材成柔てに提通ベ も。のク改タ率7化 る合ョ発ムー」aね 保たや要た変ー「製 て業リ目、てた型づ発 ㈱精の関業、ラらて 準をを軟最も供化ー 挑 創ト革ル化、す へ 。わーを南「のmた が しだ物度り量ト可造ー大」ー指世い布)く等 と力Sすと地イれい X 化社目な新製をしス 戦 設マ室化と10る 一せル担相ロ象 たい流をの生ラ視業 きの事す界る石のり基 業的Iる連域ンるる 、内的組ツ造実、化 の なネやの高月顧 方てー当馬ボ徴C。 「て拠 排産ル化に な2業動的。を採補盤 務にeセ携未だ現。 シでと織ー業現納、 姿 どジ、推付に客 続増 で数ムし工コでr企 カい点し出時を」おを追事」きな 着択助構 提行rミし来け代ま を ス確し変ルDす期使 勢 でメオ進加組ニ 複多の、場ムあo業 語 ーるのて量代語ない い業「はカ 実な金築 携っ企ナた牽でだた テ保た更のXる的用 は 組ンーを価織ー 雑く「無」・るsコ ボが新 のにるくて 風をス、ー にど(事 、た業ー製引完かオ ムしOと導を計・頻 変 織トダ担値改ズ く 化のス事のアデsン ン、設い見おこしは最と柱マ「ボ 打さビ業 9。との造企結らン 化、JT入推画価度 わ 力をーう化編に 、見マ6シンジFソ る フセのるえいとて、 なとースン てらジ」 月7の企ラ業さこラ 推 を属T型だ進を格の ら の先ごDのを対 多学ラ月スドタAー ッキご。るては、C っすトマニ たなネへ に月連画イとせそイ 積人にエけす開的高 な 強導とX両断応 挑 様者ボ末テ・ル(シ トュ相実化はでカO大てるエーュ 1るスの ㈱に帯やンしる、ン 進 極的よンでる始ない い 化すの推面行す 化を南にムエフTア プリ談際も製きー2 い当ネトー 年飛モ参 ネM強、のてのす対 的なりジは立しメ部 。 をるプ進か。る 戦 、迎相開設ファXム 2 案携最いはリげS手化で援産携Fていしーリ を界と業置「気る用 に用ボにい勢わ務ク いるて社れ術 のも 造レッッ当デ(ト2 とし大。、ーてD不 無さシしAい業たのン 目No. 最界製T通。い よしラ開るをせ提ス 未製い会たを当一、 の)トト。モ3レ年 実な化今まズいG足 かせスな幹る種生供ト 指1新の造e貫スた るたボ所。広技携テ 来品るの価探社員国 分」フを経機月ーに 装がし年だをるsに ってテが事。の産給」 すの技おをaでマデ エ成)し11く術しィ にや。実値究はとの 野づ 0 レ導済シ)ド1 をら、はま世「の対 たいムら企特顧シをの 。フ術客担m実ーモ ン立」た月活や、エ 貢サ22現をし企し協 でくン入産スでシ度 よ、よこだ界コ実応ジ いとたの、業に客ス含明 ァの様う ト ジ性が「にか最当レ 献ー年に提、業て議てまぼ仕参り し業 はョの り新りの加へネ現すタ変る高だ企提・Tにテめ示 ク組と企C現フ機 ニ検、Lはす新社ク しビも貢供顧理尽会いりっ組画の ドや省テ、ー世 2 加し多2速」クなるル種。いい画案公e受ムて、 トみの業rすァの22設数のア証産A本取技のト てス、献す客念力にるとてみし取 リすのム複「界 速いく事す テど革フ変 評てかだ式 けのの再 リ合関とoるク展年との最育、業B社り術強ロ いを顧するののす新 ー の し時の業べのッ、新ァ量 価いらけパa入ご全生 ーわわしsコト示にし目適成教用O所組をみニ き提客るこ夢中る設物 といづてり く主 数国最 もくくお組なす導設の際大 て代企のき実ドビ的クに をる実でーmれ提体可 イせりてsンリをはて的化、育ロL在み取でク た供のことをでつさ流に。りりみ環るで計企ロ級 2 いに業シテ現イジなト対 い点装はトCて案最能 ノにで、Fソー構最稼を支部機ボA地をりあス いし期とで実、もれ倉案ニに、に境環進・業ボロ き即とナーにンョ自リ応 たがまなナrいが適エ ベよ得あAー構想新働持援品会ッBの開入ると 。、待を、現最りた庫件ー知革は、境む開ブッボ たし深ジマ向ダン動ーす だ、でくーoた、をネ ーりたら」シ築し技中っな単のトO茨始れ組資 よをう豊し高だチ関もズ恵新食ロ(「発ートッ いたくーもけスに化、る い今を、とsだ幅考ル タ、知ゆのアをて術だたど位提を(城しるみ本 り上たかての。ー連増のを的品ボロロをス展ト 。提連を多てト掲、人デ てま支生連sい広慮ギ ー世見る装ム一いを。施複で供使ラ県て姿合業 よ回っな優技 ムでえ高しな製フボボ担で」・ INDUSTRIAL-X SECURITY ロボコム・アンド・エフエイコム ロボコム 代表取締役社長 八子 知礼 取締役 藤井 幸一郎 取締役 金谷 智昭 にで化てた「た領染  品スいイ変ムっ発っル  標す平 アグシに築  制こ感ニも工人。域症2 をテるト量をた的てスこ 準る分ロリをミ係士当 のじー、場に製での0 組ム。に生請。か、のこ 『ロ業ボン専ュると社 傾たズ人自よ造リ影2 変みのこ」産けそつ世蔓数 最Rボをッグ門レ要しは 御向1の材体る業モ響1 種合大れ開に負の大界延年 Iッ目ト会にー件てロ は年高不の直もーも年 わ部を発対う結規的やの Pト指シ社行シ定、ボ 加でま足オ接 あは せ分実す応S果模な米間 高Sシしスでうョ義ロッ ×速ありもペ操そトり長 、は現るすI、に需中に 』ス、テあ日ン・ボト すっを相レ作の化例ニ、引 変特モすこるe工発要貿、 にテ経ムる本・構ッS るたあまー」外ー社く 量殊ジるとべr場生・易新 の基ム済導。唯コ想トI セと。らっシが 会新 なュたがくはのす供摩型 づ導産入 一ン設シe 確22ゆてョ主でズの型 仕ーめ求、顧生る給擦コ い入業に のサ計スr 信年るリン体はがあコ 時様ルにめ「客産よ変なロ エたプ省於 エル・テの キしはとモにでな高らロ のやはら早のシう動どナ 共ロがけ ンテラム1 てさこー対あくまゆナ み半、れく変スにがにウ 通セ提る ジィイ導級 いらろトしっ、っる感 カ製シてラ種テな突よィ ン言ス唱水 ニンン入建 でされ のめがそてュ大やががも視ジ視 る (なロクルてや『けニと代(人せ望なの(コた要ス 開客 件0の開ドにジ 指も会げジる指に語 あらる「はて、の無 にプるあ「」は」特。 二どッ』上共、ロ」ーしの一材最に特開一ムいだタ 発様こや人注始・当 2し強、、ニ し製を れにと制明おそ「人リなラとる人に、かに )モ、クので通各ボ「ズて )の適合注発)・S。マ すにれロ以目しエ社 0て化関ロア最、造活 ば重、御白りの制化 るンそが」と今ら工 カ 」一流機作ッ加の開 半育なわ部、半アIこイ る合かボ上度たフ子 2いし係ボリ高「を用 万要「」で、メ御す 。トの、がど後「場 スジやュ「例用能業ト工高発S製成シせ品(製ンeのズ 注わらッのは。エ会ニ1る、省ッンのエ委し が度セのあこリ」るテもに制「直まも遠や ターマと可を工シ機いし 品、スての二品ドr新す せのト来高展イ社 年。S庁 グもン託て 一をキ領るれッにべ ち及約制接っ増隔プ マルルし能ブ程ス材「てIロをテモ加)ロ・へしる 文 住てロ商場く示コでア6 I、ト工」のジで、 デ増ュ域。かトまき ろぼは御現てえ制ラ イ要チてにロのテ料番い ボ行ムジ工カボエのい新 宅一ボ談と、場ムあ 月 e地業とづニき各 ーすリま らをでとィんす取」場いる御ン ズ素ロ「すッ機 自重る ッっ構ュ、スッフ支開し 品ッを数開も南る に r方 いくアる地 タ。テで さ確踏は 全イりににてで」ト にのボ搬るク構ム動・のeトて成ー(タトエ援発い の一ト頂多所併相ロ 福 の自会うりフ中の 「ィリ ら実 思 てン払ま介はあへで 必構ッ送『化・パ交段は やいをル三マやイと手開 よ様シいく半設馬ボリ島 地治、ビ ァ立専 が監のモ ににみわのAパわで在、ろのの 要築ト工デし制ッ換ボ、 rFる提を)イFコし法発 うでスての年し工コ 県 位体Sジ最ーな門 盗視強ー 増感込な Iクれ領すどうチ「 なでハ程ジ、御ケ」ー顧 A。案組顧ズAムてを手 なシテい新でた場ム 南 向とIョ高ス立メ ま」化ト 加じむい にト、域るう。ャ遠 特あンデブデにーなル客をキ でみ客にキで、導法 方スムる工2本が・ン相 上のeンのト場ー れだ」化 すは企が強任は工が必し「レ隔 注るドジロジつジど仕作支ッ き合の必ッはロ入が 式テは。場0工稼アグ馬 を連rをエにをカ てけはさ るじ業、 せ絶場広要て監ン監 部。」ブッタい』の分業 ト るわ要要ト、ボし必 かムお 案0場働ン 市 目携協掲ンよ目ー 速るをと はプ い 業巨つりキいっ域ケも るお1学ク しはa幅る ををまに備工機最ィ福品 本て業eリ 展想グ にのりを 普しだよら さ顧啓しC急ラそた化停大あ」ュ。てがー、 方越1をトまて人m広。 開開で対え機11新ー島の 品、のaー22に設ラ お構、ベ新及、。う、 せ客発てrぐンうり 止石るにリこはハス実 はし0受リたい材Cく技援始発を応て7台のル県加 質グ中mを年貢計ンをい築よー工に中こなパ て、す、oべトなす に油。おテれ大ッは際 気い0けー、きを 経術 すし連すい台、マド南工 をルの 構度献をド てがりス場貢小れ方ッ いパる「sき内らる 追パ事いィら事キ殆の 軽た人付の南た必ro験者うで合(るて動るる、Nシ横相と 世ー「C築もしリデ は可安にを献企に式ケ きーとセsでのな。 いイ実て の故ンど現 にだをけモ相い要 しに きわ三。おさた。3Cニに馬し 界プ構rす次てーザらド設位 製能価し建し業 ー たト共キ あネい 込プ、はの強実にグな場 ごい超てデ馬。とsては るせ) りせめ少D旋ン工市て に各想oる世いドイれタ備品にでた設てへよにジ いナにュFるッた まラサ必 情ささいに 連たえおル工 すsもメ置人型ま 、た、量プ盤グ場の、 発社設sコ代きしンてイ開開な短製すいのり変化 。ー、リA。トめ れイイ須化をえれが影 絡。るり工場 るFらカ付材のた 本一販・リ・セをロ2 信と計sンデた日かおム発発る納造るき導、換に と想テ幹当ワに にカ大たンバのは、踏つる、響 い見多、場は SAい・けのシ、 年気売多ン研ンオボ0 し連」 ソジい本らりのにだ。期工際た入低さよ こいィ事社ーも 追ー手りがーも まなと「が た学方昨とデ I内、制も育ス本 前通か品タ磨ターッ2 て携専Fータ。の工、短つけ日に程もい障価せり のを」会もク、 いが完、一攻の「えが、制及 だを面年しジ e、ま御 成テ工 半貫ら種6機・プト1 いし門Aシル 製程当縮いで本製の、。壁格て建 歩同の社Tの工 込工成国時撃ともたり内御ぼ き希の6てタ rゆず・持機ム場 にシ生・台・複ンテ年 きな企」アフ 造設社化てはの造提半 を化い売 みじ重のe見場 ま場車内的になの制か容」さ た望方月広ル へくはIっ関開は はス産短な放合しス6 たが業幹ムァ 業計はがもな製ラ案完 下をく住 をく要一a直内 れ停メでによりづ御ねにのれ いさ々かくフ 派ゆTTてと発組 稼テ設納ど電加たト月 いらと事「ク の、工求リく造イに成 げ実べ宅 加す性員mし・ て止ーも操りつくセなよ領る 。れにら見ァ 遣くeをいいがみ 働ム備期を加工。フに 。日し企Tト 発構場めー、業ンよ品 、現きの アルファTKG SaaSis 代表取締役社長 高木 俊郎 代表取締役 宮川 樹生 設た0タた昨最1度  に年o積企携すがえ  製備販社ー「年高5比2 協6sむ業する、よ当 投売が」板3の0売0 S力月sこかる既2う社 資に来の金月実%り2 、の とらこ存0とは 造助つ場効I、績増上1 SRFが中との2し創 成なし果o神をとげ年 a&Aで小でシ1 業 金が、がT奈上なが12 aaF幹 て き企Dス年 か 業のっ機大・川げり20月 S南事 業Xテもい 相て能きD県る、%期 aだ相企たま実ムSる ら 間 談いにくX厚こ14増の け馬業。で現同a若も 向なる納、実木と年、業 で工とT多を士aいな ど。得す証市がの営績 は場しeく支をS企く も同いで加にで創業は Sな立てaの援Aを業3 けあ時たに工開き業利、 連くちもm実しP中で年 りにだ1セ設た以益前 パ上、C績、I心あを 、、い6ンし。来は年 ッげ21rを大連とる迎 は可作速込 れで取 K図(R な木は本多 が 私ロ際Dクン  がa加Sスり しフケ 活能機でみ今てきりR」面人P昨っとコ橋面 早S自ジにXトダこ携さS速a単、Sてァー 況性械ロに年い、や の管工A年ていロに的 いa身ェ日」リスの ら連しa体Saいクジ でがなボ警のるDフP販理知(はいうナ常に がa非ク本のート動 に携てSのaaるトソ 、あどッ戒景。Xィ 売シ能ソ、る立で設活 、S常トを実」リきの定のいと導aS。リフ 業るのトが気 をーAがス)フ情よ地来す用 当のにも代現のーは 着時るの入S ート 務。メ、必は 実ド 伸テをト報うが場るで 社領わ多表に実ズ、 す代。連だベへ 構と 用たーレ要、 践バ びム製ロのだ来者テき メ域くくすも現」「定る」21携けンの 築も ゲだカーで自 でッをて「造ボ5。場がクて ンはわ動る必にやコ ー、ーザ、動 きク 好a業 S し激ニい バ非くき企ず加「ネ着とで 注 確あ 年をでダ の連 は強はー目 実携 ム板もー中車 るの 評lでッ化 や減カる ー常し始業寄えデク 信りま化なも度 例し マ金急加国関 点ム だf活トに すしル。 はにてめ・与、ジテ し、22さすく自も と、 シ加降工の連 がダ っa用)つ いたセ東 起技いて団す「タッ て年にる、社一 しデ ン工下機景の 評を拡たDでやな 要がン京 業術るお体る製ルド いは「動他サ層 てジ 、業す、気冷 価排販。OきAが 因、タ・ 前革。りの。造フ・ るそSき社ー高 公タ 半界る工減え さ除 段CるIる に厚ー日 か新 、プ実業ァイ 。れaがのビま 開ル げせタ定の木り3率 販スーい造で 要ア導 価な未と積に予で性 ンッやる入複う検やら て3ーし教のソ日的 売テタく業計22が、体 値ら来ししは測もが揮率ーまグ無。・数自証A国 いカ、て育実フにな をム交。向画年拡宅製 提ず予てて「が、高す化ルでデ駄特運の負しP内 き所イいス証トは運 開「換こけしの大配造 供、測、いデ可デまるだとをーのに用Sが、I外 たをンるク加」新用 始R(ののて売しロ装 に経をそるー能ーりこけ連、タ削業支aあノド問 いフド。ー工を商に しPEほRいりてッ置 寄営示の企タとタ、とで携Aの減務援aるウキわ 。ルの東ルセ発品つ たADどPる上いカ、 与判し「業」なを先がはすI収にシをS。ハュず 活開京をン売とな産入煩。―I、A。げるー建 し断、デもはる繋がでなるな集注スご連そウメさ 用発の5タすしが管力雑Rs)製の今は。、機 ての生ー多あ。げ見きいこど・目テ提携のをンま しセテ月ーるてる理でなPt自造拡年前 A関 い迅産タいふ幸る通て大とを分がム案と知培トざ てンク頃内。「。シきEAu動業販も年 T連 き速性」。れいこせいきで含析集の・い見っをま 拡タニににさぱまスるDをd取向に引度 M、 た化のを当て日となるな、め・ま構実うをてリな 販ーカ開板らったテたI搭iりけ注き比 なホ いや向活社お本でい。効単たアる築装独活きサS にとル設金にと、ムめを載o込電力続30 どー 。新上用のりの、世不果な最クがはし特用たーa つ合セを加、見3の、自し」み子しき% のム たのし価、工未の確をる新シ、工てのしとチa なわン予工厚積月効生動てのシデて製増 需ド なみた値蓄場来中実発効ツョビ数い導、い・S