1/6ページ

このカタログをダウンロードして
すべてを見る

ダウンロード(9.4Mb)

オートメーション新聞_2021年11月24日号

その他

三菱電機 FAシステム事業で25年度8000億円目指す、オジデン 薄型で長寿命360度操作も可能なスイッチH形シリーズ情報を公開、など掲載

2021年11月24日発行のFA・自動化の専門メディア「オートメーション新聞」PDF版です。
大江電機 平和島物流センター開設、ワゴジャパン コンパクトPLC「750-8211/040-000」新製品、サンワテクノス 名古屋サービスセンターが『瀬戸市環境にやさしい事業所』認定、などFA・自動化の最新ニュースを紹介。

このカタログについて

ドキュメント名 オートメーション新聞_2021年11月24日号
ドキュメント種別 その他
ファイルサイズ 9.4Mb
取り扱い企業 オートメーション新聞社 (この企業の取り扱いカタログ一覧)

この企業の関連カタログ

Industry4.0・IoTナビVol.1ダイジェスト版
ホワイトペーパー

オートメーション新聞社

Industry4.0・IoTナビVol.2ダイジェスト版
ホワイトペーパー

オートメーション新聞社

産業用ロボットナビ Vol.1 ダイジェスト版
ホワイトペーパー

オートメーション新聞社

このカタログの内容

Page1

2021年(令和3年) 11 24 第273号(水曜日発行) Automation News 発行所:©ものづくり.jp株式会社 〒231-0062 神奈川県横浜市中区桜木町1-101-1 クロスゲート7階 TEL:050-3503-9311 M  JEMA産業用汎用電気機器の出荷実績推移 A日 提  言 )本 0と広  の電 J 1もが世 2機 7にり界 P 0工 E 年業始中 2業 自M ・績めに 社とンしでンV化を限カるシにおモ造式話のこテるメシが  1会 18好て暗 は主ス、きの化に試定ー。ョ設り)も(題充とー。ーフ沸自 年( 動A「 年調いい F2L E張タ急な充普はみせボトン置、と含Dに電にシEカト騰動 度J を。る影 Vしン速い実及消るずンヨにさ高呼めCさスはョVーすし車 上E 産 彷機。を A にてド充」にの極こ、ニタ大れ速ば全)れテ異ンののるて産 業 彿器世落 0 特い並電とあ課的と水ュ自きて道れてのなー論の重 潮い業 汎期 化 と生界と ・ C 化るみス り題でに素ー動 い路るC充いシは充要E流るの 用( 用 さ産のし し。にテし、はあ言なト車なるの充H電。ョな実ポVの。E再日 電4 汎 せは自た 制2・ 、と)ー、ト急る及どラの問がサ電A規日ンいもイ遅中世V 気― る一動コ 国こ普シ「ヨ速。しさル豊題、ー規d格本のと極ンれで界(起本 機9 の用 勢部化ロ 御 家ろ及ョ日タ充そたま選田がこビ格eはで貧はめトが、各電 工の導と番に20て上続り・前4荷に器月 波電 い滞やナ 機1モにがさン本の電の。ざ択章秘のスにM、の弱思てに指日国動 作需体な目次0年は期の、8年0額よの) 気 をっデ禍 は米せを国みス理全ま技男め充エ統O充急性う重は摘本が) 機要製っのぐ1度、実プ2%同8合る出の 見てジだ 年 頼国る(家でテ由面なを社ら電リ一(電速はが要、さのE化動の 械急造た好過7以2績ラ半増期億計と荷産 機 せいタが らテべガがはーに的解E長れスアさチ口充あ、で充れ自Vの 器 の増装。実去年降0とス期と比円は、実業 てるル、 ー ずスきソ主実シ「E決Vはてテなれャの電ま日あ電て動化話 回や置半績二度で1し。連な21。4出績用 器 いも化い 、ラ」リ導現ョEV策に、いーどてデ構方り本るスい車に題 が出 るののざ 市上 に製 %億66順増7増0で7  7器リ 風界復 。も需光 タ 増3%億調)0)0、1P7全レ製に的、 荷 あ要が 場期 )1増9。と0、万国3L7体ー品ななロ 追実 るが差 株式会社アルファTKG社長 高木 俊郎 、0)2低な が爆し 輸0。0圧り万 輸 内億C億がな別っ自ボ ・ 円 向造 出 が は9 14どでた動ッ 績 、発て 出万国0遮国円が(39 19 2・配はと化ト い」 受し開 が円内万断内(3 セ 84(が円機外18 2 20 97 0・04電、見需需 注、け 1 40%・Pら要要 もFて 過 こ本使がジテ披をも上テM は テ茹 み通全ャし(世 億83(はと・2・億0%万増制Lれがな 出Aく にでえ、メス露通6のスO筆普 にりくー、ス界 6・6 4も0億75万増円の御Cる追ど 風 荷・る ン 行もるテンラしし万遠ラD者及 で 普、勝ジ大ー中け業 11 222・4に%4%1円の。1機や。い世 も制と く毎)ストのた肌㌔隔をEはし に年スラ』すい感㍍地運L、な ス 及チ負ャ成パに 順御、 去 しャにー功ーテ 2イ作全とな年2 出1会  73以 で0 調業以 も増ー社のご。覚をま転32い ラガ てデなとをチス 21 て 期ッ用てな額以9・荷年(日 %億下こ輸0 で界前 サ テえパ独一さまで突でしを年だ もモら比収ャラ 連チスでっで降08統度N本 増4のの出万 、はと ス続ー自言はず感破走、購前ろ 、がな較めー専 続、イ前た、で0%計上E電 N )5標ほが円 好メは 最 ラけチのに『、じしる時入にう エ 日ガいしてジ用 、制ッ期。2は万増も期C気 、0準か好( 景ー異 のてャ(尽エ結るた。にし興。 にル 本ソ。たいャの 回 P御チをま期4円の、(A制 E 電0変2調 気カな 充いーテきネ論テ。累はた味 28 乗 製リ豊らるー超 L用、上た連番。3出4)御 5C 磁万圧0だ・ だーる るジスるルかス2計5。津 のン田、。)高 電 危 Cリ検回5続目25荷―の機 っ、風 。ャラ。ギらラ年の0毎々 電ス社チスを速 不 /レ出り大のに03総92器 A 日ー車前ー言の間走0日で っ 気タ長ャー急充 ●●81●● 「 開円器0っ6 高 閉(は0た% た商景 Fー用、品増大16額月0工 大電 器10 3k。増 2社が 復 便本はだ述マう底の行㌔社テ 自ンのデパ速電 は Aはス操目加き2億は)2業 が・9 ) 中、けしネと力体距㍍用ス 機 動ド希モー拡設 気 VA など日がたー、を験離以でラ て⑨ 車並望はチ大備 額4F  01円増9 と機は 品制 34の 割円デ円U前(1 に本 わ と億A品08の、0国な器7 ・回モれ、ン、P年24 3 りしラ時で嫌れれにそ使会るャ ャ 代ジすをもニめ単シ充均い し3が目億年大30内っは期 御 0転ーと8サ2Sを・4 、て車間のにたた遅のえ員。ー デ一のタる挿クタの検ョ電4。 て6 20別円度幅60向た4ぶ 目機 %・タな・(・(上5億 迫格自のには設な充らい理るカテと モ方特ル。すレーバ索ンも台一 最0・で突下増5万け。期り 増駆、っ3 22 4 66回%3 動基2苦置る電使。由がース比 か はで権化テだジがッでの超のカ も06は破期と億円は ぶ、 器 の動イた%億%億っ増 運本年痛台。ケえ操は、ドラべ る 、、でさスけッ示テき場高充所 多万%、と以な1。2 り制 1機ン。減2減9た)9 転性間以数高ーな作、筆を車た テ日あれラでトすリ、所速電の く円増Pな来り0 21 0 の御 全出 荷 7器バ )1)8。と0 化 も能乗外も速ブいもま者用で ス本るた所所カ。ー到は30設充 、でのLっの、0・3 プ用 1全ー は0、0一な0 る 先はっの多道ルし面ずは意も ら 端驚て何く路を、倒充使す( 、 貧 日 ラ車。電有有ー充準着、分備電 制出7Cた22085 ラ専 2体タ 前0コ0方り万 ・や 気者者ド電備ま車でがス 御荷3/。00万%億 ス用 て実 億は等 年万ン万、、円 機くわ者はの車ま。電うれ変 ス一 エだをもににで内十設テ 績 能 かで一サにず会ス気ば換弱 本 ー般 ネけ自不は入にの分置ー 0 な54イ9が06円の用 と0型円器 ・電た輸国万ー%・拡円のー  3 もほるも台ーつ汚員ピも)アの パ輸 ルが動要、っ急カ。さシ 0輸っ大5ッ1 23万%、4専 」 な0発(はそ8動。出内円タ増7大で1ボサ0 素どのなのビないカー起チダ一 の ー入 ギ得認。会た速ー充れョ 万出た品億チ0・円増制4用 で っ万電18 7の%機75が出(はだ%。、0モー0 晴優はいみスぐ。ードきャプ言 チ車 ーら識ケ員こ充ナ電てン 円は。目8が06、の御 機 た円機・6ほ増はkW 28荷16 3っ増う前5ーボ万 ら秀、。。エた長ドがなデタに E ャ用 供れ・ーカと電ビスおに で1 全7 25万%検3用7器 。(は86か)3以・が・5た、ち年3タア円 しで車テ待リびくを極いモー尽 ーの 給る課ブーをのでテりは 25 5 て0・円増出7リ億が 増 71%億電だ0下8842。輸国の億はンと いあとスちアに汚忘端。をとき ジチ 時デ金ルドモた簡ー、平 ・0 で03、の用1レ2 0 15 ・5増7動っ6の%・%億汎出内13 49プ大 10 二万%操3ス億ー ・ 10)2機た億三増7増6用が出・6・を幅 0 らを駐スEり距たリ設しスあ離 V 入上あ電ン世V ーるを日がが %億 桁円増作3イ5が 7 %億、0応。円相と%)6イ61荷502含増 に得車ラV返離。ン備てラる走 茹 の走る池セ間とホシだ超本テ、 増4 増での用6ッ3 29 0% 加 増9可0用 (誘な増で0ン・が倍0%む。 はな場車のし移ススのも専。行 必るがのプをすンョろえのスス と0 と、1ス億チ0・万増 )3搬万機 13導っ、、0バ0 40に万増サ 屋いをの魅と動ータおら用筆で 須の、開ト驚るダンうる自ラー 外。所自力なすパンかっの者は 条で筆発はか大はでが素動のパ を5%す0績の年  用6F と億な 駐マ有宅はるるードげた充はな で 件こ者に、せ胆エは、晴車魅ー 狙ポ以。0の売度三 リ億A品、3り 車ンす充半が際チにで。電テく場シる電減、のャ行、数設ス『 ガ はれの注長てなンテチらメ力チ パあ界 ス本ーボたナ月機  うイ上営05りの菱 三菱電機 レ2が目20、 4でテ力距い企ジスャしーでャ 最るのド」企シテなー1関ド 。ンと業億8上F電 ー5 21別期0前 のョ人戦す自必ーく朝時備ラ自 0不スし離る業ンラデいカあー 大とFイを業ョィ夜「日(イ 12 ト20利円7げA機 が0・で連0年 利ンが略る宅須ジ に間を購宅 0便ラて走。戦をにモEーるジ の同Aツ開のンッ明ロにGツ 以年益 9をシは 33 06は続万同 用や限は。充設ャ手はで(入充 エ ㌔ははい行ホ略捨はにVも。ャ ロ時技は催ビ市クけボオT貿 月 上度率以 間 ル ボに術日すジ場ス:ッンA易 1 のかも上 億、ス、 ・万%、で円期 者集定、と電備ー 満充無時電 ㍍な4るをンをて勝よカ今トー 円20テ2 6円増P増の比 を テF 25 に合と一こがではが充電償、』 以い0と目ダ打ててるー後ヨの ッ、の本るネに&ドトラI・ アら17 か年ム0 %、のL加プ3 E住な戸ろなあ、な電すで自の 上。0の的のち、な充をテタ存 トヨ先と。スおオイ産イ)投 日 ッ6・目ら度事2 ムA 市ー進並 チけーツ業ンは資 G プ・0指8実業5 事シ 増制5C。ラ0 V宅ら建がくる時く。る)宅有 のE㌔こに開出全い電発スは在 業ス年 の御1/ ス1 カ、ざて、て。々なガ自設に無 長V㍍と新発して。ス売ラじこ 場ロ国ぶ ャるトののセ、振 ーさるでテは繰長っソ宅置テで 距購以で型コ、E テす車めそ とッで世 ン日メロ新ミ12興 T 上ン円5売(サー  だ0 19万%検4 A をト、0り数ーケ重 営度 け万・円増出9 I 目以営億上値ボン点 12円9、の用2 いり『にカーてV あろ題と充販る場や当環を 指上業円げ制 サ成 ・。%操2ス億 。、出突ージ取をNるっを、電売。でマ社境普 よな部め 野社  ロボティクス・自動化市場 が すア利かを御モー長 業8000 8制増作5イ4 茹羽きがメり自H。て解日もを東充ン(を及 びが長、 市ア高 ー 世らや77 生ル木 ほッ益ら20装 (事 %御の用8ッ6 で守進もン上動K E決本ダ禁京電シア一さ ガ(むのトげ車は Vしのメ止都設ョル気せ 界、欧年 まフ俊 最新動向&技術紹介 オ ン かプ率4年置タ、P業 利億 減用77ス億チ0 、のも0度) L製 の専億イ9が0 エで づをてのじ カな事」す知備ンフにる のグ米に れァ郎 姿 製ロのア 。T( ラ 安23 30のなCC品 益 1用1ッ6 27万 ルわはく忘い『め ーい情「る事を、ァ推た 造ー海マ 2Kた 定%ポ02どN)の 5機7チ0・円 危の、りれるも多 を限をチ発が有おTしめ 業バ外ダ 0Gか す展ヨ者ー崎術ーイて働し イ 機か欧の、がのく 使り真ャ言将すよK進に をル子入 1社ぎ る開ーにロ重のトツいして ン 収以イ億6のC、シ 率円 5器0が00、 とみ米観日、づの う、摯デを来るびGめは 見な会社 4長・ 。にロよッ工最メのる、多 セ ョ %ポ億4M加益 は目 で8は含 れ億 言) 点本エく報 こ都にモし、物近)る、 て観社後 年。と に 必ッるパ業新ーロ。ビく ンま以イ円9I工事 は1 25む仕と5 わ』 ののネり道 と内捉充たガ件隣の必こ き点のもしにア大役ダ31し お 要パ講現と動シボセジの ミ 育た上ンに0な機業 0・ア向な7 ざの感み自ル革機 は在え電がソはの都要れ たか社海て海ジ学。 22 専月9 。ら長外見外ア時電 ま5) なへ演地安向ョテミネロ ナ 成、狙ト、億ど、の 17 ・02ジ地っ0 る象化で動ギ命関 不住、も、リ皆賃内がら 日を販聞をを代気務で3株 情の、法川のンィナスボ ・統う以営円のイレ 指 0万%ア別た0 を徴さE車ー』が 可者こダ「ン無貸事あの 取 報ビド人電ほ市クーがッ ー 新合。上業か売ンー % %円増・で。万 得でれVメマと、 能がのメ自車で駐務る充 本務売を訪中か通 ア年式 おめ本広問心ら信締マ長会 をジイの機か場スで生ト 規ソ ア利らりバザ 増、の太は 円 なあた化ーネしE でそ問」宅のあ車所。電 紹ネツ責の、ととはまが 事リ ッ益2上ーー 以す の中9平、 と 介スや任ヨ川技オドれ稼 業ュ プ率1げタ/ 3国6洋中 前 やー のも0を、放 上 6単9地国 年 ロシ 15 501H電 5体億域を 割 月そき営01事てに上益増9ボ 7は9ッ億 スのる業億6業配、に率近3ッ 5 14億パ5 変化しないものなどない。それに柔軟に対処できる者ほど生き残る タ一取利円7な電価引もく0ト 0・3は0 ー環り益に0ど制値き約を億は 045 35 0 トと組率下億は御再 3目円5 万%0・0 証ほかるかーと別いはだ警だ化にたた分変りパまるきビーAルナいに聞ず でしみ5が円、機構上%指と6 円増01万 明どがのっド。なる日。戒」の無ちこが化上ーさ。取やルmがウたはやか Jてを%るか売器築げかし売0 との万%円 し生重はたがたこの々しし「よ自自と驚とがレにごりパがa定ン。そマだ U、進をこらりや事るら、り億 な2円増。 てき要当り少だとだ少か、変う覚身にくトりスそみまソたz番ス廃れンっルいこ集1収  K22め維と1上回業。10営上円 っ1、のヨ い残。たすしDで。しし後わにだは気ほレ。、のはすコくoだも品らガた箱たの積週集私 I年る持か5げ転とさ%業げか た8北3ー るる変りる速Xはだずそろろ、。、づどン紙E通社とンさnっ昔回が、ので。光所間日が と4。でら5が機しら以利倍ら 。億米0ロ 。可化前だかやなかつう向ういそ少い普ドごコり会ア、んでたは収紐雑だあ紙景にでは住能に。けっデくら変でき」ざのした通をみマ。や オ積注。古でで誌▼りごを持た金ん て資と予点約資 度場業は3る新地0向 を工 性柔そなたジ、変化はにと外たず▼に理のー新世 ナーま文そ新住縛が昔、みみっま曜で いし常定を1し海に建メ、0。し区億け一設業 は軟れのりタいわしな捉言部めつ日変解動ス聞相 ウ ンデれしれ聞宅ら中は新のててっ日い る、熟の23万、外生設カ名0床いに円て方立用 高にをだ、ルつる、い わか、変常化しきややを ィ、たが、街れ心紙聞ほふいただる 。工でほ年5イで産もト古0延 24を、、しミ い対ど。変化もこそ。えてれらD化生をたひネ雑現 スオ回と今古をてでごやととっ紙。地 場もか度0ンは開進ロ屋㎡べ生年投国生たシ こ処う何化はやとれす る「Xし活受ととッ誌すがな収おは雑回積あみ雑んあたごい区 拡1、に0ド、始めニ制。面産度資内産。ン とで受事の、っはにでしと変やてのけ同つト離と変ど業ぼ集誌るみりと誌どるのみつの 張3中竣0・30すてク作中積拠点竣しで能 の はきけも幅変て決順にま、化デいな入時で通れいわ何者し積、業上、いはが事だをも紙 を0国工㎡プ億るおス所部は 工ては力 合 歴る入変が化いし応私いそがジるかれに時販、うっでもき所段者が集えご段にが束のご 検億・さのネ円。りの内地約を予、約増 弁 史もれ化大スるてしたがれ必タこでて、代のペがてもテ段にボのっ積ばくボ気、ね通み 討円大せ新市を 22新に区3設定中4強 会 がのるすきピこ特てちちを要ルと私い自の盛ー、い引レボはーアて所新わーづそてりの し投連る拠に投 年工産で万けで部3に 社
Page2

2021年(令和3年)11月24日   (2)  るるてとてる学言とは識 るいてのアいはこアろ  かよ操ンこ壁かがミの  こ。時ゆはい。反葉になし普のるいでイのまとイい何 エプソン販売、FAプロダクツ らう作ダれのり複ンユロ と にっ起れし応が対いて段で最るはデにっがデこ気 、にがンに一、雑グーボ 安川電機 ほ 突たきばかの会すの会考あ中こなア突たあアとな 初直スト対つロでペザッ タ ど 然りな化し 話るに話えるにといが然くるがをい 12月8日「製造業DXの課題と展望」 め感マはしとボ習ンート 様 とOトの  ロ 左 思とい学緊な中キ、して。ポが。生思頭。生思会 て的ー、、なッ得ダはを ロにトロスっトにン、初 しM」タ安 ブ 様 い会。反張 にー考てい コ人普まいのそまい話 てAをブ川 に つ話余応しこ出ワえいる ッと段れつ片のれつか ィスプのりレンてo 長 〜田Xセ業ツ  ボなフボマて導時トプめ 会 くを裕のてとてーてるこ と会かたい隅様たいら ス改ソイ組ポのいuFにF」エのミ用はエ ッるォッーい入間のロて 10N、レ電 カ革ンンみー工るtAしAを 月―小 機 話 のしを様話がきドいわと 出話らりたになりたお プ課ナロ、プ トこントトるのが操グ導 ッ ス レ は でて持なを起て的るけを てし考すりもこすりも ッとがタやト場天uのてプ開ソ題ーボ12ソ をとののペ。障か作ラ入 29G型トは ボ 相 あいっこしき化なこで意 くてえる、なとる、し シD取ビノ。を野bプTロ催 と「ッ月ン 日P垂型、 ョXりュウ生訪眞eロeダすン製展連ト8販  で分晶のト7ペ 易導 か4直の人 ッ ンに組ーハ産問也rデaクる造望載活日売 しきか画大ペ㌅ン従に入 ら、多プ協 マ  をるそし社で こい手材部伝手 をつんにウ工し氏とュmツ。ラ〜企用10と かるり面型ンなダ来使さ 提G関ロ働 機つよのっのあ とうとと品えに 行いで加な程、がしー 代参 天画の時F も。やをタダのンのえれ 供P節グロ ット 器けう良か推る によ会い営る自 うていえどにそ秋てスC表加イ野!オ30A 、 す採ッンにトプるる 開7ロラボ 部てにさり奨。 重り話う業だ分 。パる、担おの田も統r取無ン眞製ン分プ 物 い用チト対のロ。ユ 始、ボミッ ホ 品き紹をとすだ 点はをこはけの ネプ秋当け様エ活括o締料に也造ラかロ 理 表しパはし画グ ー しGッント ペ のた介分学るか を説しと扱で言 ルロ田者る子プ躍、s役 迫が業イらダ 的 示てネ10、面ラ ザ たPトグ「 特。をかん商ら 置明てもうはい デセエへ取をソしYs会 る秋Dン産ク な をおル・スがミ ー 。84ペM ト 性 すっで品販 くし売あ商なた 操 提り式1マ5ン も 価)種ンO 感 ン か るて、の売 のてりっ材いい 作 供、液㌅ー・グ 容 格向(ダT ら 営も相良員 は売込てが。こ オンラインセミナー はけMンO 見 業ら手さは 自れむ、中機と  ボロラ 可こ操グ作にキ オにoトM ダ て 力えにを自 然ると相間器を タナベ経営など3社 ッボミさ能と作でキ限ー ー「t A 覚向「 トッンら。なす画ー定も プスo N ンマMス― はなは員う よ紹 れて配トやを 至 のトグに くる面はし必 マ ン 問の会の売訪い介 ばい型しオ意令極 12月9日「生き残りをかけたDXとは」 座操ペ、 直べ上必、要 。ーI H ー 題に社役り問と等 顧商 わるやてン識和ま 標作ン従 感きに要ほ最 トN C ト のけ だ販に割込をいの ざ。通いラしもっ 系はダ来 的キ表なと低 シI シ ト リ、ペリ 。売とはみしう説 わこ販るイた3と か経シ叫スでを第デオ るかR中オ信・  と、ンの なー示タん限 ーMンー 確員っ低をてこ明 ざの型。ンり年う ら営スばテ実実2ィ経第。けP堅ンはパタ 操常トプ 操にさイどの かのて下し商とを 客品 訪様の販営リにと 〜者テれム装現部ー営1 たで製ラ、ーナ 作にでロ 作迷れミのも ズOダズ 操 に役重すて品にし 問な比売業モな思 」及ムるとす!! 「プ実部 D実造イ12トベ キロのグ がう、ン操の 」Tン」 に デ割要るき紹なな し状率形がーっわ のびに今はる事Dナ現「 X現業ン月ナ経 ジのな。た介るく 3現求だ」次例Xレに事 すのセ9ー営 網の をの道もー  な押ー タ低部営販と。て ル下門業売い も をや て況が態ストてれ 商に増もタ営Dる 部場めか第世かでッ向業 とる方ミ日ズと や構こ受配公にビ横 らすの 作 品なえ宅ー業X。 構使らら3代らスジけポ は 」、必ナ14、グ 安築の注水社、ス河 成用れこ部業見ピのたー 生見ー時大ロ 全に配し管かセはソ セ横 なキ向 を 河 いーき 適 ー要距説待だ業要 理サ 踏 でもバうが技 で者るそ「績るー活Bト き!「か興ー なよ水た理らネ、リ がをを ルだ離明す。はを み新あ守ーに他術 、のこ、D管Eド用Pフ 開残国中ら電ウ 水っ管。シ、ガ豊ュ 、選意 実 は。を一る対 掘 込しるりでなのの D観と業X理R経」Rォ 催り産小無子ィ へて理 スダル田ー ネソ スば識 対 大良取本な面 り むい。のきっ手発 X点〜務がシP営、とリ すをE・料通ン の、シ テカの通シ ガリ マなし 面 事いっでら営 起 時市 部るて段達 ア配ス ムー国商ョ ーけな 現用 で商て攻、業営こ 解ー や場 分役くでで なるしがい上し分が事 てす事含スる実 ク水テ 構ル営とン ュ トれが あ品みめ商を業がす 隠や と割る実販 内、て、事にくか、業「紹る業むテE現 セ管ム 築州水とサ ペばら るとるる品販 時 れ見 理は。行売 容中い好業課、ら何のD介方ポ)ムRに ー がいここの売断の すビ て込 解あしさ員 と堅る転の題業なか見Xす法ーに像P向 シア水すおのダュス ル りでな短 ト意にロンをきへ作ン 顧うとと良員然様 いみ すくかれの な・」せ改が務いらえ化るにト加やでけ スをなるよ約カーを シ 、きくくまを識同ボト搭る素者ダ 客アがかさに有な る客 べましる役 っ中なず あ効」手るに。つフえデ実て テ特どセび2ーシ改 ロる、省た操すじッの載「直かン にピ必らの期利営 るス 需に きでカよ割 て小ど、善る率「を化よ いォ、ー現、 ム定のン圧0ルョ善 のョ ボ 見略、作るにト操。スにらト い製の対を行」や人付にる てリデタすそ をで問サ力0市ンす ン ッ単語れさロがこなの作スマ動見はる造課応 「生材け興経 事オーのべの 構き題をデカ内サる ト ばれボでとり動キマーかたロ 人の るにれ初の あ込め行 ので合 。業題策っ採産確て味営 例をタ活き基 築るの設ー所のー。 配 言に意たッきな、くーートすまボ と脳脳し得と対あ 鍛伝 るみもく攻だのっ にををて算性保良が資 を最活用姿盤 。配あ置タに配ビ横 サ 語な味形トるく座方のトモこまッ 関に科か意い面る 。客新こめ。会た 最抱模いののがいあ源 交適用法(と こ水るしを、水ス河 をっが態言。ロ標向向ペーとのト わは学なとっの初 攻を市とる 話ア 適え索る悪向難かるや え化とをシな れ管エ、収流管はソ 水ー ビ あて理で語 ボ系がきンドの方を り生者くすたあ対 め取場だと のピ に理リ漏集量網、リ らお解はは ッを常とダ」で向操 たまがなる会い面 のりや。は 方ー いれ言る商話さか 錬え 営に隠営陣 がル 配水管理システム  るン間減2っるよ 管ス ついる所示の えるNは得グもか 、たう。品がつら 業行れ業地 実が 完。ト給や0て配り 。るアに機ガそ使ロシ、がラ、じ 他時に 説なの始 はくて戦を はで 成 達水、0失水、 イ機能イの用ボリ従可ミテめ 人かは 明い後ま がる 緊こい線取 重き 、 予 成率約万わ時同 理 コ能をダほもッー来能ンィ覚 をら人 にたにる 張とるのり 要る 定 なの7㌧れの事 なンの搭ンかでトズの。グーえ 理他間 移めこ。 感で見攻に なま は ど1割以て漏業 受 ど のが説載ス、き言でMロをチて2 に0だ上い水の 配明、・初る語採Oボしンお 広る脳がう質ば  必よ 話しれアるお込解 0 貢0っのたな目 特置を画ヘ心。に用Tッなグか がほに人とがド相 でてをピの互まし 2 献パた水、ど標 徴さ表面ル者 切しOトがやな りど従間す増ー手 要り あな購ーにいれた 4 でー24の年にで 注 をれ示のプ向 りてM言らプく に会っのる加パを るい入ル互をてい 年 きセ時削間よあ 持てす随表け 替いA語習ロて よ話て脳快しミ理 。のすすい理いと っは相の感、ン解 はるるが解るい 使て業 前 て弾手よがまとし だも も人人商しとう えお活ダ半 情むをう生すいよ っと、品た言衝 るり動カ。 バが0 課上作作大業の電事 すモ業ン動てい日(  報。知だままうう たしそのがう動 安、のー イ宮2日題へ業業量か現気現大実チ者シ経、る揮日揮日 の会れ。れす脳と いかし良っ。が 全そ約ル オ城1揮と自効者にら場、場規証ベのス済ブ国が 揮 質話ばそる知内す な理てさて脳組 なの8に マ県年Hな発率の従派作計で模実ー行テ学ロ 建H内 ホ 量の知ののろ物れ い解そをいはみ 水た割は ス石2Dる的化目事遣業装はな験シ動ムをッ 設D のめが同 発巻月と。なや的すさ者な、プをョ特に活ク建工と)ー設 ル 開解すー まよきよ器が手錬かどとが手 さろあるは 供生集国 電市〜横 行工意るれがど土ラ実ン性よ用チ 事横 始しるビ令まうたう部プををはのと、の何せうせ。多 給活積の 所で7河 動事識た建、多木ン施向をりしェ現を河デ して前ス和だとたと品ロ理重鍛よい脳 能でし産 建遂月電 の安のめ設複様、トし上可、たー場遂電ィ 販をれとらだく に ン なみにののっいめす販級解ね錬ううは 知ばすずかな 設行、機 促全共、工数な建建たを視現トン 行機 売 けよ、良営たうにる売にするしに衝相 っよるにらり う情Tたン合洲信す環 月港洲グ八  い力 プ中日は 進の有現事の職築設。目化場ーとおしはグ れう顧さ業よ鍛、こ員なるこだ理動手員たい所ま緊商 し報や取ニ。情ビる境八1区情(洲八 八洲電機 るの ロの揮2 が向、場に企種、工 指し作ク行いて、ス ばと客をでう錬相とはるたとい解はをはらのかず張機 たのAりュC報ジ八配洲日)報東環洲 。向 なすの伝はだが手に顧。めになしあ理聞いでらはのは 課融I組ーOのネ洲慮電付をシ京境電 ま上 2 らるこえ商。停を集客しのよのたっ解いいあ話相初当 題合にみト 経ス環ビ機で、ス都エ機 22 子 たが 日揮HD、横河電機 「モチベーション向上」実証 削 な鍛とよ品 止理中にかスっだらてしてかるを手対然 に」よ、ラ を境ジグ合2テ荒ンは 、課 い錬をうや し解し伝しキて。いもよくと。展を面増 ワをるおル減営資推とネル併0ム川ジ、 年 水題 。を理とサ たしてえ機ル相鍛い、うる若 開知はえ ン進「よにや 進情スーさ2(区ニ子 会 源と スめモび関カ源す報をプせ2東)ア会 4 のな 建設作業者の行動特性可視化 ト、ノI連ーをる・推でる年京とリ社 月 多っ ッことoしボ融八通進、。4都八ンの 社 様て んチの取やかづあ ス頻ュ現督し いー動導験動動ジ をェ付り表らいたシテ度ニ場者たそ行ク特入的ををェ 部月  3取し  国 社目与新理すよ「与テ Yベ 太昭 11ズ  億0は円資境いプ 経2 求化 防ー与入彰のたっスムなケ作が現れ動」性にに促可ク 電早太月締ょ太 ・同名指えを念るり絶えン〝Sン月(ソ モ新 40、。本エくの めと ぎン記れなポ設てテをどー業ト場ら」「とあ導進視ト 気稲田11役う田 田電 マ社にすらもの」、える語M)シ17東フ ベ社 8万八21金ン。サ 営 資社 らと 、技録、どジ計、ム構をシ員ー作のの安した入す化で 通田氏日会ご昭 会 サは込とれたもと社間とでO」ス日京ト ン 0円洲年はジ存ー れも 作術にまのテを行の築見ョとク業行3全てっしるし現 信大は死長=吾 創 チ1めいるらとい会ない動Vに(付都サ 0、環33ニ続ビ てに 業をはた心ィ行動構しえン監ン員動つ重、てたシ、場 学学1去)昭氏 長 業 ュ9てうよしでうのきうかE変Mで立ーソシ名 万八境月億ア会ス 源 い漏 者活、、理ブい経築たるの督をに特を視「好。ス好作 科第9。2電( 死 ー9いビう強、新変技意すN更O社川ボフ トスは 円洲が期5リ社を 合 融 る水 別用ブト的な、済と。化ル者付対性定」チまシテま業 卒一5 90 0創お 去者 セ6るジない社た革術味、〞しV名市シ 。情38の0ンは展 。の のしロー効声監学運 しーの与しを義「ーしスムし者 業理3歳2業お ッ年。ョ企影会なに革が影はたEを)スサ 報億売0グ八開 併 削 付改ック果か督に用 たトコして発。明ムいテをいの 。工年。1者た ツ、 ン業響に経貢新あ響、。N「はテー が4上0で洲し 合 減 与ざクンもけ者基に シやミ、監揮 るワ行ム試行行 65学3 年、・ 工米 ををを革営献にりをラ Sモ、ムボ 25 9高万、環て も 討等現場ル検継本 をきミ督ち対シされで大ナ に履 日長シ一 長長月長年 た島事て物部電の し階―(「区  ム 更てに後 国年年へー野物プ機プ科 しへ場おー証続シ両得、ュ者な策ョれあ従でウ20し歴 双もス般ま就男、に10 も物業管流製材産同た)3大平)大 セ平 ペ社し日、の今法ににのルで流レにロ大 て展のよプす的ス社た導ニやがとンるい来、イ年たを 光務テ社た任の40就月 の流部理セ品な機社。を―田和は江 ー名た本「変回人日米取技モまイ、ジ学 い開ほびのるにテは。入ケ現らしの中運行日ル年。追 章めム団、。光年任昭 。セのしンをど事は 10 1区島、 ン 電 和 タ ジ変もと第化、を本国り術ーで、半ェ( るしか海ほと運ム、 現ー場、て使、動っ揮ス初 跡 をた工法06 昭間。電 ン製てタ本の業、 月、平物東機 島 も更の韓二に第設法法組のシ、情導クM 。て、外かと用を本 場シ作現一用こ」てが感以 す 授。業人年 氏勤2を タ品いー社電部制 11 和流京 ー 刷に。国の対4立人人み継ョさ報体トI い保プのもし同実 かョ業場定でののき国染降 る 章10会日3 にめ0設 ー配た」横設の御 日住島セ・( 。年の本月 譲た0立 に送がでの資製機 か友平ン大横大開物 新伴 の創応次し、、を続ンま通かのT く全ラ国に、建験 らン員作の、ア活た内症、 こ 5初雷か り社5し 移を、一「材品器 ら倉和タ田浜江設流 しい 社業す産た14 2開的コざ信ら発) こ作ン内、有設終 高を同業距感プ動「建の新 と 電 た、 名」る業。年0始なンま機デ足の と業ト建日効現了 い促士員離染リがい設感型 を 月代保ら 、長年、 管平産括西事とな 開庫島ー区市機 。ホ をとた革 に0。開トな器ィを研 も現建設揮性場後 評進のとを予ケ制い現染コ 可 旭会護は 会を11社 し和機し中業、ど 設55」に南 ー 変しめ命 韓6 98発ロ分、ス契究 検場設現グをでも 価でコ監保防ー約ふ場拡ロ 能
Page3

(3)   2021年(令和3年)11月24日 モす府大問染  タ。主き題拡新 モし導な対大型 儲かるメーカー タかでプ応にコ 101 45 日本ワイドミュラーの新戦略 でし進ロで起ロ 見中めジ、因ナ 改善の急所 項 てにらェいすウ 入みくビでン器ッ業中コ別  いはれクろるイ 日本カイゼンプロジェクト れでのネはプなト、心ネし現 のオ・日 て進てトい多ル 会長 柿内幸夫 てあ顧ッコロど事制 クて在 3ーキ本 新ドンメやの  と と捗いがろくス 注り客トネダの業御すタ3、 事トャで リ たミ式ー電接ワ てがま政なの感 力、と事ククオ、盤るなつ同 業メビは なュ端カ源続イ し現販業タトーF向コどあ社 をーネ基 製 事ラ子ー、箱ド 展シッ板 レ 業ー台とネメミ 士務術本く(【  すと共配人な でれも て在路は事事トAけ 接りの (所マ経り株略 大。の同もがれ大する歯 い、をす業業メ・キネ続、事 開ョトコ 展はのしッーュ 経所イ団の) 人 連作複かばきねプが 急所45 る本開でと。ー制ャク機対業 ン機ネ ー 開ヨ販てトカラ 歴 数 携業雑かなな。ロゆ の腰拓にキ日シ御ビタ器基は 機器ク 品、 をー売のワーー 営長ス連改柿】 で もやにわるプ ジい がを済多ャ本ョ機ネ事を板大 器・タ スロは地ーとは 工 タの善内 タッI位クし、 学改ー研を幸柿 物 発社なりほロ ェ思 )善(修通夫内 事 生外っ、どジ クい 仕 事 能E最ル現で㍉各種定力/e/の  かI競 動生パ景不さ製代ニI込 クオ I ーパDを機て日 、コ平講じ技幸 を しスて準、ェ トを 。 新ド。制㍍モモ、、デmOひい をか、に足ら品のュoめこトー増 トやE確器の本 ら/争 しアC立なイで 多ン成師て術夫 進 てタい備多ク もさ の 各Tのバ世御のジジS給ジoモとま 強しア、とにの変ーTなれのト / 摩サ29も、士  め きッきもくト 多せ 進 モSCスの盤薄ュュI電タtジつ注 日O力 てジがしどメは て まフ、手のに いら ジ Cだ中 型ーーL、 eュが力 本、の 化、ジ製納は海革トやかま分メ し国ア品期制外期ラDっで野ー強O いア営てもープ 大ル年務世事1 め ュN―けのののルル3通ル」ー、し 市電あ るで業いそジッ 学タ度め界務9 に 小 、 場源る て内で力問御展でルXたなだシ 。実パるろがシ ビン)る中所 まのリパ必わにさち「い 方 ーもLで主型スはを対信入。ルリて で、リ いでのと題機開あと、分か。ョ 5 すはアソ要れ渡せは一く ル iな要 リ幅そ応、 ア「モい るのシヨな器のりいカ野な ン 績ー。え強ュ ジト、。で 1 接 化 力 注リモ ネ、柿経実所 。とルコにてすてい覧時 は nくフ ム11ろな電 ナuーる 力レー 。営ェーどの拡、っーだか プし、電 のト2、いイ 続 を / あナ0グがン ス工内済践長年 仕てタンないの、つ性に メ k三ィ 設・えど力 ロ―ト製 東 事もイのるてかそま」 ン可I菱ー実計5、各測出グrI品 ート 業アロを供大日たボが入 ロ るー1ロ、式 ス学幸産しと 大 活をッ背給、本時ン、り ダ Fと9ー製端 ク博夫業てし京 に困ム小の、。れでで切 源 Aな年バ品子 ー士技省いて生 は難にさかい隣をにす 常だ把ななつでど何。な 端子台メーカーから総合FAメーカーへ脱皮 拡… ・りかルラ台 ル 術先るモま こ 制、らでイや 客技士進。ノれ にと握画ど連何こを自 員術事技日づ。 「思す面は携がの完分と 御日日はン太 滑いるで、が行誰成たは 価メズ源 がきい求る通エーしるい機れズ「電 ィ迅に示とバででで要構テ 機本本Fア陽 大小 格ー」「同増るろとの信ネや、。現械、」P源2ン速配も、ーきのきでとナ販 器法国Aッ光 実「「フ岡B教 書すクしな が有しがっ きさ でカはP時えこいしで機ルモサD場、自はR。つグな置各稼をるタ、スなン の人内・プ発 現ち儲ォ大S授 いべトてら大でがて、た 置ー、RにてとろてI能ギーー 風動 O 目をトさセ働 。ク機ピっス 拡でで制と電 すょかー学)、 ててルくばききでタそ転 きの日O、いかなリoがータキCで力車、 ハが実ラれン状介統ト械ーてま 販あの御しシ るこるド客特慶 端のーだ専なまきイのん なな 仕仕 換相本 ロるら電アT搭に起ッL採発、耐 イ 技用 環tエス現ブてサ況 し合タのデおで本 にるプ機てス 42っメ発員別應 か情ムさ用仕すれム複だ え当のPー。、源ルや載最動ト術さ電飲境oンイすルいーの た 診Wイ稼ィり考 注日ッ器はテ のとー 教招義 ら報でいの事ねばリ雑」 に品主Mエ 引診タDさ適時ブ 等食 p ッるシる接L Eム働ー、慮 力本シのPム ヒ改カ企授聘塾 順をす。部に。上ーなが 事事 最で要シン き断イXれ。のレをれの料性シドチ。ュの続E断Bを開に工し しワュ総L向 ン善ー 。教大 番模。プ屋は 手な変あ はは 適、電リド 合がムのてま追ー採て幅品にリ電ン ーで部D機サ短始作具た腰 、イイ合Cけ トが 業 に著授学 に造そロをで な情化り 模パ 。低源ー電 いでに要いた加カ用い広、優ー源グ テ、横表能ー縮ま業不機 」企改 な業善イ 書(大 貼紙しジ用き 対報にま 「2学 っにてェ意る 応共対す 造ソ メ織  可アーつトでワ国チがカて遅日  て国にや制 どをのノカ0院 ー強さ しし納 能ジの。ッはイを品あーお延本3 リコ日 い内対、御 。変急ベーイ1ビ や す論をフ経更ま過て 紙コ でン シ化ら てい期 好ワ問 とア在そプ高ド含をるのりが市つ レン本 る市す供盤 え所シゼ1ジ 集一。をさ全緯がすもい ョにに 発イ題 なか庫の3いミめ提、主、大場目 ーパメ と場る給 る〈 ン〜ネ 計方 すし員があ。含け 。で ンも、 進ドが っらをた シュた供い力同きでは チー しで解不の :1ョ42ス 、、 るなが分っ途めば 、 市着日 ミ追 て日豊めメーェラアしわ機社なリリ 品カ ても決足コ 大0ン・0ス そ日 こが同かた中て、 場手本 ュい い本富現カアージてゆ種は問レレ がー 絶機 い広策・ス き1を01ク 々 らじるとで一進 に。法 るへに在 をはアいると日題ーー るがと納ト な項起―6ー し と ての も効紙ししの目行 長オ人 ラ風 。供持もー持リ市るコ互本にの。 好種 ダ 変〉こス)ル 受 率を、て修で状 くーは ーに 給ちリのちレ場。ン換メな納い 調と 。りし期 始て遅ウ 革」すタ、( 生注 で的見スも正分況 経ト組 と新 も、レ一、ーで中パ性ーっ期ま のの め、れン を、、」ン静K 産処 きなてタそやかは 計理 ま議指ッの変り経 くドにか十れくたにし定ー『しンーやe場だし期わも当て手る裕ン験 」ミもっ分まさ製は、着』リて式、高tに知ろ問せ喜社いで。之セを マ目 一 模こ も整いがにを性な画 とュ着たなでん品他今をとレいリさ負y即ら好題もばのるき「本ー持 ッ指改般 造でパ難合し出よ使」の、 しラ手。提日持、社後 しーくレら 強効れ機は急れコおな日 ルつ チし善社 紙もソし性、るっっでは棚 てーし販案本っ面にに 目 指ての。ーに 荷 電制性てでわ増てン客い本 部スオ ン、の団 のでコくな業こててす「卸 いを、売がのて白はつ のワ日な、 ガのいあれしおパさ、で長統ー グ2実法 仕きンなど務と仕い。 し る 新店でおいいないし正 見 たイイ本どプ 力 制イあなりわてりチま納リ を括ト か0行人 事てでりの間は事る紙確… 。 た網き客る製いて メド市にッ ドるい、れい、品は期レ迎本メ ら1を日 はいのま連で避にとや せ 性な なのてさが品、「いーミ場もシ御リS日まにる問が多にーえ部ー 問9通本 あま仕す携のけバ、電 ど てワ強いま、を優当」ジュで着ュリレa本だは。いとく困が入加シ 題年じカ ます事。は数らラ担卓とに いイ化なにこたれ社とのラは手イレーf市まむ納合て、っ入れ藤ョ ・6てイ りがは と字れツ当な連必 ■いカシど企報供課月日ゼ で、ど てのなキ者ど携要 詳るイョ勉業提、題に本ン 細。ゼッ強間供新へ設をプ す案すとけンがすきすき Eウリアルタイム位置情報システム ブよきセにうーとッモ減ィ点ラート 真ッCッモ店プnッモ  ・ ンプ会の、たの立さロ 。の。がで中、必な。て Xエ とうるーモこタしトー速機、イタの同=トiトー契テaトーリ 協 入 指、、ワそなソ。らジ ごど多は心メ要変アい Oア 安によフーととて。シ機能ブブ、関製のサr「シ約ィpメシン 会 導工セイれ技リ企にェ 検ういうのーが化フな N会モノ情報で工程改善へ 全モうテシで減ブ協ョ以のレ 働 リ は 会場ミワら術ュ業良ク 討ぞ可ま仕ル出をタい (社 機ーにィョ関速ラ働ン外うー、 減節品提ーcSョをコtーョク モ 速軸は供キuOン締ンiカンス ロ ン こ な見ナイのやー間くト を今能く事なてみーよ キで 能シな機ン節機シロドをちキエ機を、をュlMド結)cードは ーボ ち ど学ーガ基素シビす お回性いのどくんコう ネあ解のは  をョる能ド軸とレボラ一、、ンコ、構協開ロoAラし社oでラ、 ク ら を会・ヤ礎材ョジる 願のがかやのるなロに クる析位、リ 本ン。をラそ一スッイ体モセ サ成働始)(Nイ、とnあイド タ用 行、ワガとへンネこ い私あなりパのでナ思 ソKソ置ドン 体ド従付イの緒Dトブ化ーーーーすロす」ソEブ同総(るブイ とモ ス っ公ーヤなののスと しのりい方ソで起でえ ンIフ情イク とラ来与ブもにCのユしタフダボるボる=マTユ社代シSユツ ー て開クなる情提のを ま提まこだコすこ大ま )Nト報ツス はイのでとの使モ軸ニたとテ2ドモッ。写ネ ニの理ナyニの 減シ ロ Uローの 提イRテし社 1 をンn「契オlィの  向かなラ別 速ョ ボ Wケカ位同供オIム、と 6ア開トtF約ンiシ非リ 上、りにの ン た80 非 ッ うであサ0介ムアデiiカ ジタ業フ速パアイオーア  Bーー置社をッo「同総 年リ始)(eを)tス接ン 、軸、持ロ 機 企%。35りム年。ウメビe ーは〜セ・ォすンロバンセフビ をシで情は開トTK社代 創セすシフa 社hテ触ク 画接 動に たボ  以ド ト 業増日万、ウにアエリッsTとじ」キ組ーるデグーラキェジ 使ョ、報2始)(Iの理 業オるスィt締とeムトス 触 作対省せッ 外  ラ の加本㌦身エ2メアカド創eしめをュ織メデミ2セイュアネ っンリ解0す」キN位店 のン。テーu結国oメレは 像ト にす配るト 一イ I 3しでを代ア4リのに・業cてに開リがージッ0キンリース たシア析1る=ネE置契 非社 ムチrし内nーー、 化 対る線 分、も奪金に0カ被おフ者h米ゲ催テ直シタク2ュイテズ& 位スルソ2。写クX情約 接は 」ャe、総(カサア レ す耐に 必コ ブ 要ン 体 I の攻被わとよ0で害けレ・nWスしィ面ョルの1リベィはパ 置テタフ年 真ソO報を 触、 のーP同代アービメ しー る荷ながト O 1撃害れしる件は状るンCoaトたチすント世〜テンに、ブ 測ムイト創 =ンNシ締 ト2 提プr社理リのリリ サ 反重るなロ 化 がを件たて被の2況ラドElsス。ャるとラ界ポィト関サリ 定やムメ業 のラ ス結 レ0 供リiの店セAテカ 製 応のほくー T 身受数と平害ラ0をン氏Ooaピ レデ、ンでスダ「すイッ ビ 代けはい均がン2紹サがのgbー ンー企ス加トイサるバク ーなuo「 てタ術をセ 持像スt 採ネ部術すフー 品リ ロ制ウ売ッbo境 全安のフる性 新 かどeTK日いルは行ン つしテu国用ッ品はるトサ 識テ ボ御ドすクorソ同基全出ォ。を 製 「サイバーセキュリティダイアログ」開催 ら複t」I本る等Bっサ 特たムr内さトメ航メウビ ッ、上るスtcフ時準機力ー産高 の数oはN市。のMてー 徴対」e展れオー空ーエリ 別ィ トキで。ロ(oトにを能やマ業め 品 広がるランサムウエア被害 情のo、E 工Wい等 点象はP開てーカ機カアテ プネ動開ボモrウロ取は熱ン用 報種tGX 場 で 場やるの を物、rすいクー部ーをィ が ロマ作発ッーtエボ得S制スグる を を類hPO提 でコ。開 とそカiるるシ、品で開の グテし環トタeアッしI御をレこ 投 の、SN 採ン同発 られメn「。ョイや、発た 可 ラィ、境)ーx「トてLに出ーと バックアップ&対策促す 標セUや 供 用チ社・ えぞラtF ンン自そ・め 能 ムクモは」コ M開い3優すドが 入 準ンWBRす さネの製 、れでTe 等タ動の販の 、スークもーRo発るのれたので 化サBlIる れン技造 指が撮シa でー車技売ソ Hをタラ発テot環。安、めパき あィーれノ脅ラプっは態払一よエがれィ長ュの大奈 る金 ムEDげる置ョすをてし る用ーリい対さもを製や利ドD紋 術エ生ーッ発ー内 装のテ開ーラグM るもンが効威ンラて必にっ角りアら、スのリ門学良そ状を とRAるこやンる位情、 。にタテだしれの識品マ用やとの 部ン産タトスをの対可アィ発ドウラI と開にあ果にサイおずなてで多はな被カ後テ林情先の況支 のPやこと移の自置報メ もとィ全てるに別もーし刻しよ 門ド設、シタは主象能プーでまザム、 し発対るでなムチくバら解あく報い害ッ藤ィ雄報端後だ払 連等Mとで動実動情をタ 紐や工、の対で画キ、印てう なユ備自スーじ要タ。リチきたをが稼 たしす。他っウェべッな放る、告の企シ厚大基科科、とっ 携、Eも工デ行化報整デ 使 うづ、程製でしき像ンラな認に どーを前テトめロー ケンるは通す働 。てるサにてエーきクいし。現さで業ョ宏学氏学学デして も既S可程ーやアを理ー け設の造、てる情グベど識そ 。ザ開でムア、ボゲ ーグ。ロじべ情 いセプ波いアンでアよて身在れラがン氏院、研技ビたし で存、能改タ、プトでタ こた備ト工製I。報がルの。れ ー発ロイッロッッ シやダーてて報 くキラ及てはにあッうも代はてン公 に大情究術ッ。ま きのW。善をモリリきを とデやレ程品D製かで貼代バ固 の製ボンプボトト ョ衝イコ、W取 必ュイす、厄とるプデら金氷いサ開がよ学報科大ド っ るシMSに解ノケガ、付 がー製ーを全が品らきりわー有 生造ッテ、ッメは ン突レーノE得 要リチるド介っ。をーうを山るムし行る セ教学氏 て 。スSCつ析のーーこ与 でタ品サま数付そ個な付りコの 産すトグロトー、 も検クドーBプ がテェ恐ミなてサ取タ事支の数ウたわデ学キ授院と い テ、Aなす位シとれし き活デビたに与の体いけにーI 技るやレボ開カ国 実知トでコブロ https://www.kaizenproject. jp/
Page4

2021年(令和3年)11月24日   (4) 24日(水)~26日(金) 会場:幕張メッセ 者は26展回  は午日「鉄安 最 無前の第道全 進 料10 34技・ )時日回術安 。〜間橋展心 交 ま午、梁2・ た後幕・0快 、5張ト2適 鉄時メン1・ 先化 道、ッネ」環 技入セル、境 通 術場(技お・ 展料5術よ省 は2〜展びエ 12 08」社ネ 月0ホ(会を 24 0ー主イ追 シ 端続 日円ル催ン求 ま(・=フし で招国いラた オ待際ず構国 ン券会れ造内 ラ持議も物唯 ス イ参場産の一 をけ ン者)経長の で、で新寿鉄 もW開聞命道 開e催社化技 催bさ)を術 テ さにれが支の れよる、え専 結る てる。11る門 い事開月保展 る前場24全「 。登時日技第 ム 録間〜術7 集鉄効り技2技客輸シ  果、術0術サ送ス「 、 がそ」1がー、テ第 鉄のの0横ビ運ム7 車 道製ジ年断ス行や回 だ品ャか的関管イ鉄け・ らに連理ン道 道に技ン   と術ル 開会、、フ技 は催す他車ラ術ど・多さるあ両技展 両 専門家による講演、セミナーも開催 まサ岐れ総ら、術」らーのて合ゆイ、はずビ い見るン施、 、ス分る本鉄テ設鉄 野  な 最の 。市道リ、道 終向に「と分ア電・ 的上わ鉄し野、力交 に・た道ての旅、通 ど  は るがで現り社併も  「 タシ導ルルM造置管ン体 (線・御ス力 基ー構震(状械(岐装と ータビ安AI高り的間 紹企道いは 、4。加、状、会設大「 機 、ョ体ジ、S、)、、構「A、信、テ設「地ム造、構態、堀、置しまサンリ全GT速、技)出介業のく地 44回 速建と国イ展き橋 橋 ブン)ョコ、ガ、潤塗造車T電号輸ム備電、(、降造監機削配)てたルトテ管T、鉄ス術。展す・今こ域 社目 度設将土ン。く梁 レ、、ンネAラド滑装(両C子技送、、力車構駅雨、視材技線、、、デ、ィ理、都道マ」「社る団とと活 紹 ・と 的後 交フ日関・ バデ(ク スア剤、材と、閉術計架変・両造建、土技)術 軌「ザシ、技L市、ー 交数。体未が性 団な に50来 ー T 、線 と 通ラ本連ト 器 イィ制タ 素、、洗料イA塞(画線電輸工、築風留術、、 道土イミ省術R交貨ト 通は が来見・ 体る 高年予測省のですン ・梁 キ 装モー御、 I 、材窓駆浄、ンT、)C、構設送場ホ、雪め、建工 連路構木ンュエ、T通物シし・3 、を込街 (橋 く以」の老はるネ ・ 置ーゼ装デイ)、動)構テS踏B運造備・がーデ、、軌設法 動(造・関レネ快、(輸テて鉄5 製考まづ 50梁 な上で「朽橋技ル (ドル置ィー、幌装、体リ、切T行、、運ブムザ気築道技) 装レ(イ連ール適Bメ送ィ、道9 品えれく 小・ る経 社化梁術技 、機、ス 車(置走設アA装C管架回行ー柵イ象堤検術、置ーPン企シギ性Rト、、交シ社 、るてり 間ト 」過は、会がやテ術 機ト 空 気蓄関補プ サ ネ内ド、り計」T置、理線生管ス)ン予)測、保 )ル 通 介 )ン とす 資急トー展 材 電、助レ 情ア連装、分O、Aシ検変理を、)報、車軌線橋、 Cフ業ョー、Tロ物I ス・ 技さいに 「 ン 供 ッ 梁線まラがン技イほ、流T 計テ団 術まるま がネ 発る 本速ンマ」 池ト電ー 報エ結置配野、列Tス測電」構跨、)防)道技 く技出技術ンかモ、S画ム体 、ざ。で 出ル 表施今のにネには ・ 給、ラ源)ト伝ン器(電とT車Aテ、所とえ線プ、災、検術、路ら術展術、タ)ノコ、やと( サま今つ 展技 さ設後老進ル特、 ネ 、キン装、、送ジ、台、しA保Cム列、しる橋ラ駅対土測(ト構ぎ・。、コー、レンIまそ7 ーな回な 。術 れの20朽んな化鉄 デャス置プケ(ン緩車デてS安S、車饋て。、ッ(策木(保ン造、施 ユンオ防ーテCちの6 ビ分もが 次展 て割年化でどし道 更ル ィパミ、ローT、衝、ザ、C技、通群電、 車ト駅(構軌線ネ、締設 ニサペ災ルナTづ横7 ス野、っ 世に い合間のおのたに 新 スシッ半パブI構装配イ車)。術無信制シ電 両ホ舎地造道機ル分結」 バルラ・、、、く断小 をの鉄て セ 展サ策ム技る管代 技技 るナ うョ鉄ビ「部筋え日 がうィお「学鉄術道か術 方創「土おて 込っ国 ー・ドー法売( 境ン運種イ(席ンコク ミ最示ル、、術。理に 術 。ーそ。ン道ジオ副」る午さ来(ーけ鉄教道研のら展ま樹造公交け、一まて際今、安、、、機旅そ、ス転測ント(、モ、 ナ新すタ補検、橋につ やの 本本ョー本で技後ら日クンる道授の究未「合た氏」共通る24方れおシ回警全供自ユ)客の騒技室定、イ構材デ材 ー技るン修査ネ梁関な 術 シほ 部部ンプ部東術1にでリ・逆車楊過所来C同、がと交省新日、てりンは備対食動ニ、対ほ音術・装喫レ造料ー料 も術。ト・機ッ・すが 展 ンか 長副のン長海の時、きスフ問両中去理をO基S行題通大た午鉄い、ポ「関策、案バ駅応か、、乗置煙、、、シ、 連動 、更器トト る ポ、 日向 レ新、ワンる橋  な ジ3 久本実イ・旅歩30鉄なテン題と平・事創V調Tうしか臣な前道る関ジS係 予 ー 設「振 務、対洗材車ョ制 部現ノ技客 分道いィフ」軌 現長るI講E。、ら 課10 。係ウTな、約内サビ備旅動快員試策面料内ン輪 開と ン技構ーネ製梁 ど  」 ウ日 保 品 田長」ベ術鉄 み とか技場ーシで道 氏 が在渡研D演C 東は官房題時 技 術 者ムEど総シ、ルル、客)適合 サ 、 性室験、施、照(子催問 タ術造クル・・ 展 ム間 修・でー開道たら術合ンリフの、・辺究―とH 日じ審へか展 な)Cも・スイデ店出サ分 、装空設デ明床、 を題 ル、物モ建技ト がと 司鉄西シ発執ゆ「展オ・ンラ状25未郁開19し  本ま議のら開 ど」H展 テ ザ 改ー野(安置調、ザ、、回 予点 機材のニ設術ン 示 複も 氏道日ョ部行ま東特ンフグン態日来夫発をて2 旅る官対「催 新と 示映像ム ンイ舗札ビが乗全、)ユイ不荷生 定を 器料劣タ技 、 、 り し提 ・、化リ術を ネ 数鉄 本本ン長役 海別ラン氏スモ 」氏」乗、0 客革 応鉄 規の2さ 、 ン 装ス出 対各、ニン燃棚ブ ル 予道 が部旅で岡員ぬ道講イフが国ニ午で、でり 一 そ 24 2 鉄新江」道基 の合0れセIメ、ビ置」展心策種車バ)性、レ て議 機工・ン/ 建 定技 イ客支嶋総進新演ンシそ鉄タ後北「鉄越日1 道的口と技調 来同2るキCデバル、とす地、検両ー、素室ー いす 材法老グ予堂設 さ術 れノ鉄え達合化幹と)リれクリ5京中道え午/ 顧な秀題術講 場開1。ュTィリ構照しる、メ測試サ車材内キ るる な、朽シ防にや れ展 ぞベ道る也技へ線し。ンぞリン時交国総て後鉄 問価二し行演 者催( リ、アア造明て。車ン車験ル内)デ) 。専 どコ化ス保集維 てセ れー理技氏術のをて グれスグか通高合:3道 小値氏、政と がと鉄 テ防・フ・、、 内テ)(デ設、ザ、 門 をン対テ全め持 いミ 行シ事術、本道支25 氏行テにら大速技鉄時技 縣の、国にし 見な道 ィ災アリ工券駅 環ナ、各ザ備座イア
Page5

(5)   2021年(令和3年)11月24日 WashiON共立継器 主 ワゴジャパン 光 ソルトン ケ サトーパーツ 外 直流電磁接触器 回 コンパクトPLC 路 「750―8211/040―000」 通 ケーブルエントリーシステム ー 配線接続用クリップ 「SatConパワークリップシリーズ」れ 接  極 0/  信 ー(  ブ じn配  触W シOワ ブiソ めパ線サに のa リ―ゴ ルcル 、ワ接ト リs ーSジ エoト 鉄ー続ー ーh性 ズYャ ンtンル 道ク用パく デiな 」 パでS トeは 業リクー ィO のTン優 鉄 リk、 界ッリツ ンNし 新Eの ー)独集 かプッはく グ共 製M「 シ社・ らシプ鉄 カ立 品 W スのア のリ「道 ン継で 、PA テ革イ約 要ーS技引 パ器双 「FGれ 道 ム新コ 望ズa術 ニは 7CO の的テと で」t展 ー電 52― 販なッ 商をCに と気方 00Iた 技 売ケク 品はo、張 心し向 通は―耐 ム に難  「始てH高0来シ 間ネ単の化 、て 信、8 はこ注 し「シ電0品リ「№クに「し耐 迅、の (12 、の力 CたCリ圧シ比ーSはタ接Kた 速創 タ造きをの コ40用各tS01環 術 鉄ケし燃 ― 1。―ーにリ2ズaEな続I先 を立 をラ、 入デン〜環2hF 在一割グて業 得E5欧道ーて 1ズ対ー倍」t―どでS端力 す用 供上採和継 いい分 自 0 もよ 1 パスプ P にカでロフ効完しN4州業ブい 0 0」応ズにはC12をきE交 るモ最に、用40電中る、 電 Eイ施由力ジ ラ境個e B 野っり / 0 三ー近努最さ)器で。実 て62 tン設に/タク70(搭r)A0境 展 集所きメレ率全て45難界ルる 0にし」ア、o。中るK換 で 流 hなの 出ルト℃使載n対S4 約の、ッーをハい5―燃 性 でエ。 ― ―続た、ッ引n 心スA・が 相タでめ高れ年はも 績 X 製さ年 eど制組力、な)用しe応E で貫異トム高ーる52性 0 認ン 兼 シ Xき「定プ張パ にクE組 高のはて品てに1、 を ま、 み P ポ き通なそとめネ。4(規知ト 」、C格し耐ワ 展リチみ 圧開、い質以旧9鉄 築品ざ創 rの御 モアLに温、tー―― 製出 開 る穴るれ配るス 5H格さリ リ の第―3た力ー 示ュッ合2 真閉鉄るの来国6道 き ま意遮 n各装合ジナC対度厳ポトF0性 。に配ぞ線構の ―LEれー 空に道。製50鉄5車 あ発な、断 e種置わュロ。応範しーとX0 品展 ま自線れ保造配 33Nてシ 電使車 品年で(両 げを電企 tデやせーグ す囲いト、の0 た由径が持と線 を)4いス 備 ー ズ 販310「がク すープわ 」 売弾00C同リ るレ」せ 各 は をと0V―社ッ 。ス、自倍 磁用両 提以初昭用 て行源画 経ー製でル等 るナマ スイ使をE光」 、自を分のし作 取、5るテ 、 開し―の1従プ 小コ簡在 Fワ接の新 開せ 績発電テな御用接  備振能パ さ間可やバラ1u 信由 紹社  認配乗ラス 拡を膨け燃ル 線と多 4ろ子先 ででーに挟の る20能(M ―ー触あ製「発ず今を。用リい技電触 鉄な動もル耐まの能グーミ―xOすで 介の 鉄知線降ントさ散ふれ、性材注がで種 種っ、端「固、を、み上パ。Aにク5 28リ器る品鉄に、後築いb用双術源器 道どの高ス振ざ高。ラ機ン3をSるネ 道度処扉プレらささ上約がで目可φ類 類てφ部K定ねクね保下ワ絶となリ― 。レ、電の道力新もいず接電方を切、 技の多い耐動ま速光フ能グ準搭にこッ 技が理、もイにせぐが2想、製能1の セお2がIしじリじ持のー縁高っッM ー電源他技をた、てれ点磁向生換イ 術用いた電、な・通ィにが拠載はとト 術高の安用ン、なこり0 フ品。㎜グ ッりピ S保アッをす8クカ圧てプ6 等圧切に術入な長いもの接のか器ン 展途屋め圧衝用長信カよでのし、がワ 展まソ全意リEいと配0定レは 〜ロ ト、ンバE持タプ安るカリバ・お側サ を継換も展れ需年る、電触電し、バ 小に外、お撃途距にルるきツ、リでー 小りリ柵しリN重が線℃されー業 最メ もジプナKでマ歯定ツ所ッー高り面イ 展電開、2て要の。鉄磁器流、得ー 間適設温よ性に離よ表ブ、ー アきク 間つュ、、ー6要で用の ム界 大ッ 完ャラナAきをの化メでプ色電、)ズ 示器閉鉄0行を納 道接、遮主意タ №し置度び能利通る示ラ内ルIルるに №つー床空フ1なきに熱るとに 1ト 備ッグプEる完奥さをねはは流定のの す、器道2く求入 車触コ断回と回 Bて盤環耐に用信コおウ臓にECタ。ダ Dあシ下調や3部、開を箇は特 1を 。クのラチ。全にせ設じ、6に格挟ね る端、分1。め実 両器ン可路す路 ―い内境電優でにンよザWよ イ イ ―るョ機、シ7品炎け感所反化 5用 と3グッ に設るけのク色対もみじ 。子直野」 、績 業なデ能のるの 15るやが磁れきもトびでeる6ム レ 06。ン器運ー3でをた知に対し ㎜意 合種、プ 挟けスるアリが応6込頭 小台流にで 新に 界どンな極直二 。。工厳干、る対ロ制のbプ1L ク 。 とな転ル準あ屋貫す取側た まし わ類Y」 みるトとタッ完し0み、 間、電実は 製慢 でをサバ性流重 業し渉イ。応ー御設サロ1i ト しど台ド拠る外通るりにシ でた せが型は ここッとマプ備て0が電 №パ磁績、 品心 実開放ッの制化 設く性ン しラが定ーグ3n 通 ての、クの。へ穴と付可ー 配こ たそ端、 んとパもを歯。いV可線 http://www.washion.co.jp https://www.wago.co.jp/ https://www.solton.co.jp/ https://www.satoparts.co.jp/
Page6

2021年(令和3年)11月24日   (6) ものづくり・FA・自動化業界掲示板 器のさまざまな情報にワンクリックでアクセスし、資 WLANシリーズ、盤レス用スイッチングハブ、現場 モーションのサーボシステム事業部の各事業部が技術 産管理を改善できるようになる。 作業のデジタル化を促進するPLCnextソリューショ を解説している。 新製品・新サービス ■ダイヘン、世界最速レベルの搬送可能な半導体ウエ ンなどを、デモも展示する。オンライン会場では新製 ■ナブテスコオートモーティブ、合力科技と中国に商 ハ搬送ロボット発売 品に関するウェビナーを行う。 用車用機器事業の合弁会社設立  ダイヘンは、真空環境下で世界最速レベルの高速化 ■中央電子、24日から「マイクロウェーブ展2021」に  ナブテスコの連結子会社であるナブテスコオートモ ・低振動・高精度搬送ができる半導体ウエハ搬送ロボ 出展 ーティブと寧波合力科技(合力科技)は中国に合弁会 ■オジデン、360度操作可能なスイッチH形シリーズ ット「UT-VDW3000」を発売開始した。1時間あたり  中央電子は、11月24から26日にパシフィコ横浜で行 社・納博特斯克汽車系統(上海)有限公司(上海市) の情報公開 の処理枚数650枚の高速搬送ができ、半導体製造装置 われる「マイクロウェーブ展」に出展する(ブース番 を設立した。ナブテスコオートモーティブは合弁会社  オジデン(大阪自動電機)は、操作が簡単でさまざ の設置台数を増やすことなくウエハ処理枚数を増やす 号G―15)。79GHz(W帯)アンテナ一体型レーダー を通じ、電動エアコンプレッサーの中国の商用車市場 まな用途に対応できるスイッチH形シリーズの情報を ことが可能。ロボットのアーム軸・旋回軸にダイレク モジュール原理試作、マイクロ波平面アンテナ試作、 に参入する。 公開した。操作は360度、ど トドライブモータを搭載して高速動作時の振動を低減 及びミリ波高周波回路を技術展示する。 ■ASPINA(シナノケンシ)、「ものづくり大賞NAGAN の位置でも動作し、手やひ し、ハンド上でのウエハ滑りを抑制することでパーテ ■日東工業、来月6日から「(高性能)建材・住設EXPO」 O2021」大賞を受賞 じ、足、ひざなどの操作に ィクル発生を防止。アームの駆動を樹脂製のタイミン に出展  ASPINA(シナノケンシ)は、長野県内の優れたも 最適。耐衝撃性・耐絶縁性 グベルトから金属製のベルトに変更してバックラッシ  日東工業は、12月6日から東京ビッグサイトで行わ のづくり企業を表彰する「ものづくり大賞NAGANO のABS樹脂を採用し、低価 ュ要素をなくし、軌跡精度とウエハ位置決め精度を向 れる「(高性能)建材・住設EXPO」に出展する。放 2021」で大賞を受賞した。ASPINAの「動き」を中心 格を実現。5色標準色がある。 上している。メーカー希望価格は780万円(税抜)。 電検出ユニット付ホーム分電盤、EV・PHEV用普通 とした技術力の高さや、ロボット市場・宇宙市場など  医療機器、測定機器、産 充電器 Pit-2G、プライベートボックス、感震機能付 積極的な新市場開拓の取り組みに加え、創業から100 業用電子機器、工業用ミシ ホーム分電盤などを展示する。ブースは西3ホール  年以上続く地域との連携が評価された。 ン、音響機器、教育機器、通信機器、写真機器、民生 機器、各種オートメーション機器などで使え、産業用 企業トピックス 719。 ■コガネイ、マレーシア現地法人が営業開始 ■EPLAN、自社ブログで「製造業でARはどのように  コガネイは、マレーシアの現地法人となる「コガネ だけでなく早押しクイズボタンや各アミューズメント 活用されているのか。制御盤製造での活用は?」公開 イオートメーションマレーシア」が営業開始した。 施設、介護施設でも使われている。  EPLANは、同社ブログで「製造業でARはどのよ ■スズデン、伊那営業所を移転 ■コンテック、機器組み込み用産業用無線LANコン ■サンワテクノス、名古屋サービスセンターが「瀬戸 うに活用されているのか。制御盤製造での活用は?」  スズデンは、11月15日に中部営業部伊那営業所を移 バータ発売 市環境にやさしい事業所」に認定 記事を公開した。生産性の向上や人手不足の解消とい 転した。新住所は松本営業所と同住所となる長野県松  コンテックは、高速通信規格IEEE802.11ac/n/a/b/  サンワテクノスの名古屋サービスセンターが、瀬戸 った理由から、製造業で「AR」の実用化が進められ 本市大字笹賀7570-9。電話番号は0263-86-3111、FAX gに対応した機器組み込み用無線LANコンバータ 市の「せと環境にやさしい事業所」の認定を取得した。 るなか、製造業でどのようにARが活用されているの は0263-86-6048。いずれも中部第1サービスセンター 「FLEXLANFXS4000、FXS4020」を発売した。高 環境にやさしい取り組みを行っている事業所を瀬戸市 か事例を参考にしながら、製造業でARを活用するメ 直通番号。 速通信規格IEEE802.11acに対応し、セキュアな暗号 環境パートナーシップ事業者会議が審査の上、瀬戸市 リットを解説している。 ■スギノマシン、東京オフィスを移転 化技術WPA3規格に対応した現在販売中のFX4000シ 長が認定するもの。名古屋サービスセンターはISO ■セイコーエプソン、「令和3年度関東地方発明表彰」  スギノマシンは、12月6日に東京オフィスを移転す リーズに、組み込み用無線LANモデルとして新たに 14001での取り組みを評価された。 の長野県発明協会会長賞を受賞 る。移転先は東京都墨田区太平4丁目1番3号 オリナ 加わった。動作モードの切り替えで、アクセスポイン ■北陽電機、港湾の荷役作業スマート化に向け提案資  セイコーエプソンは、発明協会主催の「令和3年度 スタワー8階。連絡先は代表03(5619)5760、FAX03 ト(親局)、ステーション(子局)、リピーター(中 料を公開 関東地方発明表彰」で、「 高画質インクジェット双方 (5619)5765となる。 継局)として使用ができる。  北陽電機は、港湾の荷役作業をスマート化するため 向印刷方法」(セイコーエプソンIJS事業部IJS開発戦 ■SMC、川越事務所を移転 ■不二越、「ロボットコネクタ挿入アプリケーション」 の提案資料をWEBサイトに公開した。コンテナ接触 略部 角谷繁明氏)が長野県発明協会会長賞を、「特  SMCは川越事務所を移転した。新住所は埼玉県坂 発売 防止、クレーンとトラックの衝突防止、トレーラの吊 色インクを用いたインクジェット印刷方法」(セイコ 戸市日の出町2-6三櫻ビルヂング304。電話は050-3538-  不二越は、小型コンパクトロボットとロボット用視 り上げ防止などをセンシングして対策が可能になる。 ーエプソンIJS事業部IJS開発戦略部 小金平(旧姓: 6337、FAXは049-281-8222。 覚制御システムを組み合わせた「ロボットコネクタ挿 ■カナデン、27日開催「千葉県福祉機器展2021」に出 片岡)修一氏、元セイコーエプソン 竹本清彦氏)が 入アプリケーション」を発売開始した。生産が伸びる 展。コミュニケーションロボなど展示 発明奨励賞を受賞した。 スマートフォンや車載ディスプレーなど、さまざまな  カナデンは、11月27日に千葉 ■SMK、自立電源型Bluetooth環境センサーが「CES イベント・セミナー・ 用途のFPCやFFCの挿入作業を高速、高精度に実現 県我孫子市のけやきプラザで開 2022InnovationAwards」2部門で受賞 する。 催される「第15回千葉県福祉機  SMKのIoT市場向けワイヤレス給電関連製品 キャンペーン  また、小型ロボット制御装置として、よりコンパク 器展2021」に出展する。高齢者 「SCPSBluetoothAmbientSensor(自立電源型 トな生産設備を求めるユーザーニーズに応えるため、 施設向けコミュニケーションロ Bluetooth環境センサー)」が、「CES 2022 Innova ■オプテックス・エフエー、来月24日まで外径測定器 既存の「CFD」からサイズ・重量を大幅に小さくし(容 ボットサービス「Link&Robofor tion Awards」のサステナビリティ部門とスマートホ 利用アンケート実施中 積比60%減、重量比48%減)、機能性をさらに向上さ ウェルネス」とレストランなど ーム部門の両部門で受賞した。  オプテックス・エフエーは、外径測定器(外径測定 せた制御装置「CFDs」も発売開始した。 で導入が進んでいる配膳ロボッ  太陽電池によるエナジーハーベスティングと、 器、寸法測定器、レーザスキャンマイクロメータ、レ ■日立エナジー、電力品質ソリューション向けデジタ ト「BellaBot(ベラボット)」 Sub-GHz帯のマイクロ波を電気に変換する空間伝送 ーザマイクロゲージ)を利用している技術者を対象に、 ルツインソリューション販売開始 の実機を展示し、デモンストレ 型ワイヤレス給電(WPT)のハイブリッド給電シス 利用アンケートを実施している。回答者には抽選で  日立エナジーは、高圧直流送電(HVDC)変換所や、 ーションを行う。 テムを特長とし、電池交換が不要で環境負荷を低減。 Amazonギフト券(Eメールタイプ)1000円分を30人 STATCOM(無効電力補償装置)をはじめとした電 ■フエニックス・コンタクト、来月1日から「スマー またBluetooth通信を使って家電や住設機器をコント にプレゼント。回答期間は12月24日まで。 力品質ソリューション向けのデジタルツインソリュー トファクトリーJapan2021」に出展 ロールする機能を備え、スマートホーム用途に最適と ■オリエンタルモーター、来年1月までのオンライン ションである「IdentiQ」を発売開始した。資産の情  フエニックス・コンタクトは、12月1日から東京ビ なっている。 セミナー日程を追加 報・分析・運用データを一カ所に集約し、設計図書や ッグサイトで開催される「スマートファクトリー ■山洋電気、「テクニカルレポートNo.52」公開  オリエンタルモーターは、モーターに関する基礎知 運用・保守手順、安全に関するトレーニング、監視・ Japan2021」に出展する。非接触でイーサネット通信  山洋電気は、技報「テクニカルレポートNo.52」を 識やモーターの選び方、活用法などが学べるオンライ 分析用の運用データなどを、ユーザーのニーズに合わ と給電を同時に行える新製品のNearFiカプラをはじ 公開した。「人を守る技術」を特集し、ファンなどの ンセミナーについて、2022年1月までの日程を追加した。 せてカスタマイズが可能な画面で提供。プラント・機 め、無線LANの幅広いソリューションを提供できる クーリング技術、UPSなどパワーシステム事業部、 るイートアンドフーズは、群馬県邑楽郡板倉町の関東 24億円。 な血液回路の約30 工場新設・増設情報 11月第4週 第一工場について、焼売専用の生産ラインを増設した。  同社では、AIやロボット化を活用した効率化、省 %となる1600万本 投資額は2億円。 人化に取り組み、関東第三工場でも新技術を導入。各 を生産する。投資 ■東和薬品、山形県上山市の山形工場の第三固形製剤  冷凍食品の生産ライン再編を行い、販売好調な焼売 機器をIoTでつないでタイムリーに製造状況を管理 総額は約73億円。 と第二無菌製剤棟を増強 の専用ラインを新設。専用ラインに生産を集約するこ し、生産速度の自動調整、設備故障の事前察知を可能 内訳は2023年まで  ジェネリック医薬品製造の東和薬品は、山形県上山 とで品目切り替えに伴うロスをなくし生産効率が向上 にするほか、AIでの画像センシングによる異物混入 に建屋と第1生産 市の山形工場の敷地内に第三固形製剤棟と第二無菌製 し、生産能力は従来の2倍となる約60万パック/月と の防止などによって、「停まらない工場」を目指す。 ラインなどで59億円、25年までに第2生産ラインで14 剤棟に生産能力増強のための設備投資を実施する。  なる。 ■日機装、宮崎県宮崎市に血液回路の新工場。2024年 億円。  2022年6月に建設を開始し、24年4月稼働開始の予定。 ■イートアンドフーズ、群馬県に関東第3工場建設。 7月稼働開始 ■AGC若狭化学、福井県三方上中郡の上中工場の合 投資予定額は、建物257億円、設備285億円の合計637 羽根つき餃子など製造  日機装は、血液透析治療に欠かせない消耗品である 成医農薬CDMO製造能力を増強 億円。  「大阪王将」ブランドの冷凍食品などを製造販売す 血液回路について、宮崎県宮崎市の宮崎日機装の敷地  AGCは、合成医農薬CDMO製造子会社のAGC若狭 ■イートアンドフーズ、群馬県の関東第一工場の焼売 るイートアンドフーズは、群馬県邑楽郡板倉町に「大 内に透析用血液回路の新工場「宮崎日機装メディカル 化学上中工場(福井県三方上中郡)の製造ラインを増 生産ライン増設 阪王将羽根つき餃子」などを製造する関東第三工場を 工場」を建設する。 設し、製造能力を1.5倍まで引き上げる。稼働開始は  「大阪王将」ブランドの冷凍食品などを製造販売す 建設する。稼働開始は2022年10月の予定。投資額は約  新工場は延床面積1万3000㎡で、国内で年間に必要 2024年第1四半期の予定。