1/6ページ

このカタログをダウンロードして
すべてを見る

ダウンロード(9.2Mb)

オートメーション新聞_2021年10月06日号

その他

GII市場リポート、コーセル 小型・高絶縁DC-DCコンバータ 6Wタイプ追加、2021年10月工場新設・増設情報、など

2021年10月06日発行のFA・自動化の専門メディア「オートメーション新聞」PDF版です。
ウシオ電機 大阪支店移転、人事異動 アズビル、堀場AT 卓上型水質計最新モデル、B&R 盛況につき追加開催、さがみはらロボット導入支援センター受講生募集、蛇の目ミシン 卓上ロボに新アプリ、PickUP製品の紹介、THKコンパクトタイプ精密ボールねじラインアップ強化、などFA・自動化の最新ニュースを紹介。

このカタログについて

ドキュメント名 オートメーション新聞_2021年10月06日号
ドキュメント種別 その他
ファイルサイズ 9.2Mb
取り扱い企業 オートメーション新聞社 (この企業の取り扱いカタログ一覧)

この企業の関連カタログ

Industry4.0・IoTナビVol.1ダイジェスト版
ホワイトペーパー

オートメーション新聞社

Industry4.0・IoTナビVol.2ダイジェスト版
ホワイトペーパー

オートメーション新聞社

産業用ロボットナビ Vol.1 ダイジェスト版
ホワイトペーパー

オートメーション新聞社

このカタログの内容

Page1

2021年(令和3年) 10 6 第268号(水曜日発行) Automation News 発行所:©ものづくり.jp株式会社 〒231-0062 神奈川県横浜市中区桜木町1-101-1 クロスゲート7階 TEL:050-3503-9311 思る受て で仕言ぼに  とくま背メきく すが教行れ素すき象  考場けい中す方や共よ一 や年 思べえ景ンから「。あ育っら材るまと技 回合入る途。が提通り般 り齢 いき、にトわい技 りのて多系全しし術 路もれ技採 わ言す、的 方を まかどあのかま術 ま効きく等般たて者 技 的あよ術用 かのる育な に重 すにのる質らで者 す率てのがで。、の にりう者等 ら受の成自 固ね 。つよも問なにの 。に、方中、業多育 「ま、はで なけがさ社 いうのにいき育 そ影間々心機界く成 術 安すとま別 い取、れ内 執る てに、答」ち成 れ響違ので械はのや 定がいだの 」り「たで す程 る、 考取当えとんや がをい育す系製技教 者 ロボフレ環境構築が加速 が、うこ企 とと外技の えり該るいと教 「与な成。、造術育 技そ考の業 い、か術育 技自 て組背形う始育 年えくやし化業者を の 術もえ辺を う吸ら者成 術ら 者の みん景でマめは 齢る育教か学にを行 的そがり知 こ収のに体 たでをそネる何 」要成育し系関見う 育 築行 て品設み環ントーデ9としすッ(  なもあをっ との助ほ制 いい踏のジべ歳 で因、をこ、連て対 成 がし施進の管を境テユスル年。やくトロロ ロ 進て設め3理行整グー」構に経す、にボボ ボ けんれのりッく  ロ みロ管らつ、っ備レザを築「済いロとフッ たなばハなト、 製造業・世界と戦う担い手づくり や 「 、ボ理れを小てにーー設推ロ産環ボっレト フ 取ロ、ーいシ出ロ 2フのて重売い向タと置進ボ業境ッて)フ レ りボもド」ス荷ボ 教 0レ分い点・るけーシしタッ省づト導とレ と 組ッっル「テ台ッ ボ エキスパート 2環野る分飲。たをス、ストがくが入はン は みトとが現ム数 待望 ト 育 1境で。野食特取中テロク実2り仕さ、ド ? がにロ存場は・を 年のは と、にり心ムボフ装0の事れロリ 進やボ在の費市導 ッ ▶61 は 6構先 し食施組にイッォモ1こをやボー んさッし受用場入 でしトてけが規 何 いいのい入高模し る環普るれいもた ト 。境及の体」年い とがを で引出専知でラとは す方「 す傾と問対そこバろ意なっ言向業 施設管理、小売・飲食、食品 、がも制「々」 なわ重こきいて門っやイい、あ。に年そ。向し題しのとラん識部てやの務 歳 ロ加確が実拡ロ かかねのなたき性てっドう「る 固齢し にてあて技もン自に分、提強の なっる傾く視て至いてがこ知程 執をて あはりオ術あス社避の今言い基 く かてほ向な点し上るき許とら度 重 る外まー者りののけ安まと技本 重要分野で研究開発進む ボ速か整際大ボ 導 ッし。っにしッ トてそて仕てト 変おどはっかま主」たさをな年 すねさ こかせプのま取育よ定でい術に ら フいれい事いに 入 わり顕間てらい義と」ず発い齢 るるら」 に とらんン個すれ成うが培っ者あ い レくらなをる対 る、著違し読、がい「、言、を と程問 はの。な性。た体と崩ったはる 管が3  研ロ い標定ー者めなかエ担定連ロ月 ンののいさ。す こ一にいまみ今悪う自「すわ重 、 理空た人とそ技制しれて「、」 理行分2 と準をドで、乗せレう。携ボに ドはハ」せそる の と度なない取一い、分自るかね い自題 解気だ物しれ術にまるき異外と 分わ野0 究ボ し化進バテ現降ずベロ搬すッは リ間ーなるの期 がこるくまる度形技は分こらた うらな がを、でて以者よすこた物か考 ま 野れに2 開フ てまめッス在 、ーボ送るト、 ー違ドどに一待 でう」「すこ自で術こはとな技 このの 必嫌一あ、上がっ。と基」らえ でるお1 いで、クトいを安タッやたとメ のいル、は方や きなこ年。と分表者れこをい術 とやが 要が般れ外に育てもを本にのる で は予け年 発レ る持そか中く可全でト清めエー 実なをい性で意 ハ まると齢 がをにのをれプ」者 でり、 でる論ばに、つ、ち無的よ助傾 に 三定る度 がの 。っのら。つ能にでのの掃のレカ 現い解く能「欲 菱で研に 決環 て後規そか ス乗業、規ベー に。消つがロは 地、究も いは格ののすム降務警格ー問 向そすも足ボ高 ー 30歳までには育成スタート き 所施開上 定境 き国のフ事るーがに備をタわ ち と設発記 た際改ィ業たズ欠はを策がず は すタビは 主でィーは森 ド 、同るとス、施体はンマユト は  るはと「うあにて は中を地純うなはよ  点はせ ん 施じ。ドロ清設と日グーナラ そ安 技安 きな、自。るぶい自まのし帯で質っ知っ技 肯自技 で技ん 設く アボ掃管し本スケイス ル こ全 ま地 術全 っい蓄分そ意つならる蛙てとす問てって術 大術。 と 内 とッや て惣、ッテト 者地 かの積のの味かけがとといし。にして、者 定己術 が流者 き者そ 始 の森 のト警理選菜食トッ、 で帯 の帯 けだし今よ永るれわいいなてそ対まい自が なのの 段ト 連と備のば協品・ド小 でに 成に に」てまう遠こばかうういいれすうるら年 強主が ネ育た 差ラ 携エな三れ会製ホ・売 解 すい 長い はときでなにと、るこ例」るはるのとの齢 く張加 ッ成め やス をレど菱たが造ース分 。る はる 出いたや状使も自世とえか領、答はいやを な、齢 ク、、 め 通ト 研ベサ地。実分ルー野 今技 止 会う知っ況えなら界にがら域「えなうり重 る自に に教加 路で 究ーー所 施野デパで 消 の術 ま い考識 に くのでな完でで自はぜ主方ね 理己よ な育齢 る 技者 る まえにてある、経しり全すしら比か張やる 由知っ 識て りとと べ たをてサー施盤れ最がトデパ 術の せを間きれで知験かまに。かが較、が、こ まいい ち撮、プ、。にる新デ等ィー の成 ん変違たばし識で動す当井仕安的と強自と すうう き で影どラ卸あ関たデーがンマ に 変長 。えいこ、ょも壁い。ての事全単いく分に 。観の 流しのイ、 すめータ認グー 通、主チ小るるのタベ識スケ く「のる目な関  のなが味によ き新先も自流 ですを本の報化 か さど体ェ売商研デとーしでッ 向 らおで技を守係技 け異 でい、で見うし残興、っらや今する理的本がの せのがーり品究ーしスたはトッの す化使くがに定い稼ロ因境度壁幅 いおし術向りに術 取な はこ成安えなかれ国Aての異後。と解な質氾ス るよ商ンとの開タて上商、・ドユ小。 用べ備ロし仕働ボ子等、 、 まむょ者けに話者 れる なと長定ま激しま企Iい知業は いの部は濫ピ わ こう品にいメ発流格で品ロホ・ナ売 をのきえボ、様しッごの通材床 でねうの、入をの るや いはすしす動安せ業やるっ種さ う上分何しー か とな画おっーを通納常画ボースイ分 目明技てッ同をやトと環信、材 け 」20か年そら戻年 技り で、るた。は全んの若よて協ら 能、、かてド がか像いたカ実基さに像ッルーテ野 指確術おト時特すがに境環照、 と代。齢れずし齢 術方 しイ要場そ対地。台手うい業に 力必い」いが い中私はをにまと 者、 ょメ素所の岸帯 頭技でるが技 が要わとる大 ら Hュnエワ流Sク立カボにテ革けロ  め機トす開ロりかすッ付菜 施ー適 う盤のど受、す育 の知 うーをによのに す術は領必術 問なゆいたき な Cタ、イー、Cル。ルフ物ィ命てボま ロ物 る等やい発ボ方みいトけ協食すカ切 のか経れけ外。成 年見 かジ持いう火い る者、域要の わ情るうめい キロ日・ク鴻M、参コレ流ブ産動フた ボ流 。の廉よをッをや盛に工会品るスか がら験く入にこ、 齢を 。しちるな事る 時、こにと異 れ報古技、一 い ャボ本コス池、イ画ミ化倉協業きレ物 フ倉 開価う実ト整すりと程で製。しと 答30でられ対の教 や合技悪のと 代それ閉な業 るを典術「方 ピテユ 、運 オメ に庫議I出環流 発なに施シ理い付っには造 てい え歳はいらしよ育 は受 すわ術いよこ でしかじり種 時抽理の技、 タィニムオ輸花ンンッ向の会oす境倉 レ庫 もト廉。スし包けてつ、分 研っ で前、なれてうの いせ者意うの 生てらこ、交 代出論根術情 ルクシ、 王 テ Mフ、、グバィけ自(T。の庫 開で あッ価横テ、装方盛い中野 究た とスス ィフ ロー た動Rイロ構関 始も わプな展ム盛容法りて食の 開点 要入い早鮮術 始はと入く所たるスら務入し長助あうをしは 齢般持よてまか す な、、uスレ日ーはーテ化Rニボ築連 せシロ開のり器や付、の日 発に 素れっす度者技めどしっわ属め方キれ推社なす言れこ受て、20に的っう外すら人。 る三ラjエー立バアをク・Iシッにで てーボし研付の、けロ盛本 をフ がらてぎとの術るうてたかす、はルる進しがるやばとけい「代なにて、のしもに 。菱ピiフム物ルス設ニロ)アト向も 進ルッや究け在つやボり惣 実ォ あれ手ての年者のすのとっる2多アはにたらよ提、に入る自前りといと考、大よ るな遅も勝齢のがべスこて企、くッず必技企う言当よれた社 まいるいえ40きっ のくれ浸負に育妥きキろき業3はプで要術業なを然りるめの半がすう方うを代なてはなに透」よ成当かルでたで年あにあな者に方う、ま余、で 。意もモ取前成は び装低設ス 解重事都ス10  るにな・も月定「柳恒ー  事るなしとっやだ」を、、ののり意り実は新もま学す裕外実入っ 味いチり半長、 に備温立は住散エ業西・02住 吸子 企まど開の3め現」例(オ 「 実。るにもて教とと向「と仕実ま識、務、入いく生。がの務て でまベ入でを30 産品冷。1重すス部東エ02友 収会 画つ、発づ日た場のの京プ オ で大とく言支育考い上よい事務せをま力「社ま吸の優な意経 はすーれもす歳 業の凍従9エる・に京ヌ%年重 。わあ設く)「川募 都テ 現プ す変全くえ配はえうさりうがをん向だ」日員す収段秀い見験い 上。シて何るを 機部機業6ス。エ吸市ビ子4機 るら計り」セ柳集「市ッ 。難く、まさ、ま教せ技段何積。け自を々と。し階な」やがな 述たョ成と方過 械品、員0・ ヌ収)ジ会月械 合社 川ゆ・にをン」を第下ク 場テ し受かすれ「す育る術階とみそらら求のしし、で方と助不い のだン長かもぎ 部加お数年エ ビ合をネ社1工 柳る物関記サは開8京ス いけと。る技。をに者にな、のれのめ業てか成もでい言足の 年一をししいて 品工よ29 4ヌ ジ併精スの日業 住併を を「流わ念の、始回区・ 川ッ の、び人月ビ ネし密(住付は 友 募現・るし日同し現)エ ク す育幹てりま動遅 すをと術でにと目に  吉田 州一郎 製な防。20ジ ス、機東重で、 重 集場営製て(社た場はフ 。成とい社せくれ一。防こ者、対思線外し (よしだ しゅういちろう) 造ら衛極日ネ は住器京エ、2 工 す」業造、10が。川、エ 柳ス にもる会んとる般 ぐろが「しいをにか   取い今情。い傾論 効に主本てま理目し FRP Consultant株式会社 」・ りうだ勢感う向と 果引観当外す解を企  代表取締役社長 付刊   本争製がロ械門  683販 掲旬結めか 選秀あは  のエ 組べかに染こにし がきではに。さ向業  福井大学非常勤講師 オでし本【 体力造、ーのは住00月売 載に果切ら応出賞っ、2  FRP(繊維強化プラスチック)を用 ー発、紙お にの基経バ製、重00期を す同のりの募す、た90 フ むきら大症とあて 期こ安安目こせけと いた製品の技術的課題解決、該関連 ト行次10知 吸向盤営ル造各の万万の行 る社発はみはる見。12 作 べ社こきのでる技 待も全全をのる、し メ 収上の資に・種精円円売っ 。W表12受イ。ル今10 エ き内そな拡間た術 でる地でむよこ技て 業界への参入を検討、ならびに該業 ーい号月ら すを強源展販産密。、上て eは月けン 野回3年 品 だの、変大違め者 き」帯はかうと術、 界での事業拡大を検討する企業をサポートする技術コン シたは13せ ー る図化を開売業機 営高お b22 12付タ 賞も点の と技企化ない、の るととなせには者や サルティング企業代表。現在も国内外の研究開発最前線 ョし10日】 もると集し事用器 業はり サ年日けー 、大の第 募 思術業がどは早育 かい考いる技重には で先導、指示するなど、評論家ではない実践力を重視。 ンま月付 のた製約て業精事 利7、 イ1。るネ 入賞応7 い者の生にあめ成 らうえ、こ術要もり 複数の海外ジャーナルにFull paperを掲載させた高い専 新す20は 。め品しいを密業 益億21 ト月選。ッ 賞、募回 集 まの根じよりには でのる技と者か外常 門性に裏付けられた技術サポートには定評がある。 聞。日休 に競、るグ機部 85年 に下考締ト を優がに 製造業もさいとう・たかを氏「ゴルゴ13」の超一流からサバイバル術を学べ いロ13だ変は物53でがるはだる熟し不は起く組くら定単し13も入でたそリいてはフくで0格がいしる2いにどこにめ的しうを 。フ」。化、語年あ、。、ろが練、足さこ」み、しさ一、」、しあ。れオるい、ェなあ2さ、。、。度、厳りとよ、にただ追 ェさ不に厳は目っもま仕う、者ロ、まし氏も永いれ漫つをそ、っ原を、のる作ッっる1も仕圧そ自と後格着んっ最不時。究 ッい確追格まにたのた組か目のボ熟ざたは作遠作た画い人れ業た作統作はが者シた漫年驚事倒れ分会ろでき調て後発、不しのな言%て頼  シと実従なだ突かづ検み。先感ッ練ま変漫りに品。シに気を界時も括画、、こョ。画9異に的をのわにあ、べ失は弾「発、受いわ以もさ「 ョうなしル続入。く査そ企の覚ト者な革画上続 氏リは作 代作し等よそそ 氏家月的対 守身 人るそ、敗そ ゴ弾最け。れ上必れゴ ナ・時、ーくし「り不の業課の導の問者界げけ をはー「品遂内、画てのくのさナもの24なすなれをなをこれ最しれをルに後取例るとずたル ルた代柔ル。、ゴの正もと題可入技題だに ら世た に「ズ世に 行外全もい工知制いル「さ日成る知な守い立とを終たをつゴよにりえゆさ遂仕ゴ かかだ軟とそ氏ルプものし解視や術がっ「。れ生ゴ」界押 しかく漫る程ら作とだゴい、功責識いるなたも始的時始か13っはをばえれ行事13 らをかに遵れがゴロ問をて決化デ承噴たイ「るみルとでし たら 。非正画のにれ過う っルと「率任と場たどせそ末には末ま」て責拒、んるしは」 学氏ら対守を亡13と題見永でなジ継出▼ノだ分出ゴし最上そ難反家がはて程・ たゴうゴを感技合め独なうしは、しせはミ任否失は。、どは べとこ応、可く」しと直続満どタのし近ベが業し13てもげしを対がさ各いがた 。13・ル支と術はに自いだた依失たた武ッをし敗、しそんプ い でさ なのて 足がル問て年ー 体 」ギ発、 の行い担る分か「」たゴえルは仕ルの、。。頼敗。こ器シ果、しそかのなロ るうそきら能っ連適なすすし行技題い、シ、制たとネ刊長て受やうと当話業をゴ同か13てーも事ール依握ま人の依と商ョた失たこし成困で こ最「るににて載切っ必るてわ術がる製ョ物とだいス数寿「けりのうがだ化氏ル様を」いルちをルー頼手たの原頼を人ンす敗時だ超功難あ と高ゴ仕環しも期なて要たいれに深。造ン語いけうにが漫ゴな方が氏い。さとゴ、氏のるへろ受をル人をル嘘因人突ががののはけ一率がる はのル組境たな間行いもめなてよ刻人業」はうで素も多画ルがを常だてシれな13プが作▼のんけ整がとしーにをのき意失も原報で流はあ。 多プゴみののおは為るあにいいる化材でを続仕な晴認いとゴら導識っ、ナてっ」ロ亡者2厳だな備あはなルたと嘘止図敗そ因酬はと99っ依
Page2

2021年(令和3年)10月6日   (2) ま にならまのすよいのの こ足いたてあ断的ぐで  真報をル害にはシ  りだない、た方ばり戦末戦しとりうこ、ま即に動き拙 =ポ一等報ヒ、ス明 良かるで少、がやも術に争かがなことすり決使くは速 をー元の告ヤ製テ電 明 指型V「  いら。早々 開タ管安書リ造ム舎 向等―Uシ 真いく少、考論し割いとをぐ考や用といと 安電 形 シ 意拙 くま い立々作えにク合さで夕やえ朝さいまい 発ル理全、ハ業ソの ポ 性のLVー 従 味速 やず剣勝と案ま戦抜あラにまあにるな令れういう しサすに安ッ・リ子 シ は豊E3シ ー では れく負言しずでいるウ多のっはとい暮る意ち言 、イる関全ト建ュ会 ー 状ワ富D/ー 使世 とと うてい兵たよゼい表て変かで改同味の葉 サト「すパ、設ー社 全ス イなをVエ シ わ間 いもで。動作をすうヴよ現、更朝すが類だ案が ブ」安るト労業シの タ 、ド形利Lス れで う熟あ商く戦動ばにィうに思すにぐあ語。であ ス=全情ロ働向ョ明 テ タ状用3( 来 なは こ虜る売拙でから熟ッだ使慮る決決るに一もる ク写情報ー災けン電 ル 波イとしシ京 ー いあ としかも速もすし慮ツ。うのとめめ。即般す。 情ム プ、たリ都 災「身報トッ でリ サ ・3蛍ー市 エ 害ヒ近収ロト主提プ ソ 長ナ6光ズ上 きこか 学的本 る だら構で言 、ヤで集ーとな供シ ロ5観」京 たなら日問、に 。地。にで使葉 イ 安リ とル労機をョ 報リ ー㌨察を区 比 ス 。いの本で経与 こ政 よあわだ 全ハ感じ分の働能行ンそ歴脅列あ済え れ学 しるれが パッ 析そ災はう方 ト、ュ 豊タ㍍向9) イをけ月は の史威島る的る はと としる商 トトた、れ害、。式 ー プはで27、 せ文をは。影政 地 い化あ地 響 理い 言、。売 ロ」危可ぞ、ヒ の 富 朝即で ーと険視れ安ヤ 月 サ一シ 画像処理検査用紫外LED照明 をじ、日画 画 治 う う ラめリか像 2 かをま政 を 的 令断は 的 学 こ ル労箇化の全リ 額 ブ ョ 「UV3/VL3シリーズ」 イとンら処 像 難つり的 研 環 暮即良 に しく受に 究、 境問 と の働所。情パハ 制 ンしグ発理 改決い いっけ他 す軍 アた型売検 がが なはは意  レもきフ登応て上情 元 に探てズ部字造包質にィグ  そッ4、し査 処 問てて国 る事 日あ のさ結味 ン ッ役、集録や危長報 ス も傷、や品検工装をよンリU プ種バた用 倍 ト立傾計し処険やを ク管 利検欠ひ・査程パ利っグスV し類ー。紫 理 で品品部位政 にと 政い間だ案なに題 かつ向機た置箇統収 用査陥び機をでッ用て剤・照 ろての型新外 使はに品置的機なが 上うにとがる先に ら。や能情を所括集 さや検割械はのケし蛍なイ明 えい波、製L 検 用あ搭はにな器っ先 ま失、切他いで。送な もス対で報可へ部・ 提理 れ浸出れ部じ塗ー、光どンは る長ス品E の さら載いあ見部て送 極羽国うてゆりる 登マ策 は能の門分 て透をな品め布ジ電励がク、 。、ポはD 査 れゆさろる方品いり 端詰かこくっをと 録ホの可自に迅へ析 い探行どな、検な子起U・接 光ッ、照 てるれいのををるの にまらとるくす即 でや分視動す速回で 供 る傷うにど自査ど部すVコ着 る のトU明 い製るろかす扱。多 ず敗少っ攻にまりる断 きタ析化グるな議き 。検磁対の動やの品る照ー剤 用 る造しな。れう く なためなで練こ即 、ブにでラ。対し、 査粉しキ車印製や性射テ・ 明 。業、業電ば業 な か状てる待っと決 紫 しの機界子ど界 る っ況く。つてがは る労 に写 雑ラ 本はArAサー  ズ  た現器の機んは 一 動をたはるそべ良多せ 資働ま行真 なフ新をオEiPー(オ はU 外 が場商製構な地 因 こ地とのきいくず 料基たえや 設ィソ販ー」dIモ京プ サオ 、V に準労る動 定のフ売プをgソグ都テ プ L3 るL がある果もを型あ者 く恐 置け地る業好っ 自監働。画 な温ト予ン発eフラ市ッ ーテ E/ )っ。的良打会るが ししな政。界・て 動督災 の し度は定。売 トフ下ク DV れ こ いた社。気 かてい学だと不、 的署害 添 にデ、。年しPウィ京ス モッ のL E た に てがれ成案なの販に 「れしい安的か比調部 にに情 付 Pーサ 間たIエの区・ 高3 き ま がく攻売な 現た堵にらべは品 反提報 も Lター 1。Xア熱)エ コグク ス 出シ さD た赤字で り 行でて勢体っ 拙 在この言機れあ機 映出で 簡 Cをモ 0価 「画はフ ラ 力リ とは不きてはに系て 、と世え器ばる器 ・すは 単 か複グ 0格FB像、エ ・ 化ー い 調 こと、のい て中に界ば部安もの エ う免はをな思何違る 小なの脅品定の需 イをスシサ い真な項録C報しタ を印 スとに 作画起強のLら スフ  に製す明搬実で品のと 自(何見くいかう問 速 のる中威業しの要 ン抑テョー同るのど目簿で告なブ安軽刷 テオはまが・動制温C測 フ ま貢造るる送現最(明光 負ま度ててつと通題 販。にを界て他に タえムンビサ。添もやの転書がレ全減で ムプサた可動、フ度か定 トィエ た献ラこくの。大Uる学 がぬかい結つ手販が 慎売 位受はいのは ーる導方スー 付自良作記をらッパ。き 構シー従能画トラレら値 ネこ入式をビ も由い成す作登トト 、 築ョモ来と)リグンサを とー  、すイと精製こ約Vさ系るンが細造れ22をの 」 ッと時でサス 可に点がる成録をロ 手 費ング、ななガ(ジー取 5 L。の可なラに倍シ向開  でなきう的っ報グ 販 感と言の気あ トがの提ブは 能入や可こしで使ー 書 な購ラPるど撮内切モ得 P E 生能画イよのリ上発 いあくを。安てデロ に重売しがかい業状る がで初供スク と力是能とてきっル き ど入フL。の像部りグで 熱 D 産と像ンり明ーしで ろるな見だ堵、ジー 攻かどな続界態。 使き期しクラ なし正。なか、てで の で費ィC 主(構替ラき 分L画 の 性なをで、るズ、全 い。るるかの機タバ 勢しこるけはのそ 用る費、リウ っ、措点くら紙点は 手 総、本連 要静成えフ、 波 向り取も高さ)従機 ろ 。様ら位器ルル の、かのてま時れ で。用シプド て写置検記Pの検、 間 額シ体携 操止)、ィP C像 長 上、得、速を比来種 な 拙な令置部技世 問令にできだでに の A 産 速先和が品術界 商に題和あはたいも世 行時20氏で死  業トマあ場き で定でと でのでばが2 連 高ズズイ型 に㍍たこは 業 に送で崩業のの だでると。い「の わに日の、去2 グにーりなる きエ、Pさき価、総、7 1 P 出、、ズ2照追、3れ、 が 動りはれ界加変 売動けは。いだ方わ中 れ、(お名し0 オ ルもト、ど環 るリサ らる格従 立 くは成るの速化 で通 うかだれが L 額新0 携I 力ラ防、サ明加48ま3 る京水別誉た2 ム ー対フPで境 よアーCに。で来50ソ万 に容ソ ライ水スイのし05で6 ち とでりだ地にや な販 期ら」わ不 。都)れ顧元0 ロ 応ォCもで うをモ サ 導の フ インリポズ形た5㌨特5 上 きき行ろ政よ情 く型 待何とれ景 場と午の問オ年 10 プしンだ使あ に上グ連ー 入5万ト円 フ ン型ンッ、状。㌨㍍注㌨ のく 所東後会のム4 月ン 契 約てやけ用れ な限ラ携立 しモ す分円 以 かを上 低易ト 型3グトバは ㍍、対㍍ もて品るは考でウ  あっ失をしいはっ は京1が立ロ月 いタでがば りなフ グ るの 使 3サ型型ー、 を3応に 従顧とべ動えあセし るて敗多てた真た 、で時、石ン21 20 石 のるブな可作 、くィたラ こ1ら用か に サイ11型リ 標9し加 来客いきくをるヴか 本よ。慎すく動ら剣戦 京執〜10義社日 日義 場。レく能業 全設のこフ と程可すか 減 イズササ4ン 準5てえ のやうだと導。ィし 重る持いま勝後 都り3月雄長に 合企ッスで現 エ定測とィ が度能れる ズ、イイサグ 品㌨い、 やマフ。いき時ッ商 にかったず負の 雄 りーィそう出間ツ売 動もて。やだ昭 輪パン東区ン会 京氏 〜人ー 共は 対でズリ機 リIXィ な書P数も画リ 試ルでィる  92しとのの 方ケルの拙すをのの 質り くしい現っっ和 3ミス京岩ト場 「 とま数月有、 応、、ーの対ーシiは対るきL台、のア すタ、ンシな機、ナ指計 をッタ際速よか世本 のれる在てた時 ―ーホ会倉ホが 都お なでに額もグ を他IズM応ズリ4、応。換C使サ全の こンラグーお種シロ向14 強トーにをりけ界質 がな。は見。代 13ルテ場大ー京 、 っは応利可ル 別 進のQ、EP。ー0Xす えか用ー保測 とトイルシ、がリ 性種 化をを扱心、てとは 主いだ失よ思に ―(ルが鷺ル都 て1じ用能ー めP―ILL ズ0iる るらすモ存定 がにテーー国完ーーは類 す見通い掛ま良同ク 流とかううい商 1東新グ町(国 東れ い万て料。プ るLFQSC 、シ80サ こ一るグが値 で相ィムエ内備ズタワを るてし商けずいじラ で言ら物とつ売 )京高ラ4京際 京の る6変は 各 。Cシ―Eは Xリシー と斉場ラ可、 き談ン(スにし全イイそ 。都輪ン2都会 。5化、 社 に RC、 4ーリモ がに合フ能画 るしグ実の13て体プドろ リ 利ばっく製こ術発 だ現くらいだりのろになえあ だ 港国ド2市館 で会 0しユ の も シ―三 1ズーグ 可設でィ。像 。なコ験テ拠いでをタえ に先てて造かに生例。 れ、 。 戦いな状てるそけ 区際プ)左イ 」 0、ー 情 ー 場 を 有 順 リQ菱 0、ズラ 能定もをし、 がン室ス点る合準イ、 戦行おも課を仕すえ ば有 マ 場ろる況く迂んに 高館リ、京ベ 円50ザ 報 次ズーシ電 シP、フ にを、複か動 らサ)テあ。計備プ光 事 強 利 え情く製な突事るば 情い利いーなにな戦のれ直なな る報こ造らきを現生 来 援福にのら廣沢  のをと課商止依場産 にいならケの戦 ッ戦 お手場場るの時る びをに合。計に。 、石を井な国開紀市サ サ る機のも る継変周る化度たでh型持タ企ウiグ トおく  だ入だと品め頼な技 精 れ 場 通だ場るトでき使移に相は孫 京川強地る内設所にン ン 。器什、まこ続換囲。な、モなタBつグ業ドo・WナけWサ 。手、ののるすら術 。を で 出っ動自手ヒ子 都と化区。営す長金ワ 石ワ と器スたと的しのWど動ノくグl電は。サtラiーるiト でそ仲購。る、で すそ勝と不戦すてし軍よンの 支福しの金業る)沢テ 川テ 通なマ専がに、電i き 取でu池セWータベlシIlー きうを入その生案 るれ手思利う。敵てのりト兵 店井ても沢拠。を営ク 信どー用で情電波― が、のり、eレンiビグルiッoiは てすつはれは産件 こににうな戦つを、有不を法 (地いのか点こ10業ノ 、ク すBトのき報池をF 検容位付Itスサlス」「oプTo、 有れくながど技が とはつな戦術まそい利利与に 京区くづらはれ月所ス 福ノ るlフ読るをレ電i 知量置けDoの機iのとWt契化tイ 都へ。く石27で20(は ス こuォみ。集ス力なでの、らだo超能o開クi社約に社ス市は り川カ同日中、 井 とeン取 めでにどき変温れけt小をt発ラlはを関とラ )従 支と所社か田金 金 でtやり I締すリエ 情o家 島大店  006  19中 は  11で店にはク  と客な両がのと 地沢 報o電機 6阪をウ 大 2―▽)階央▽次東カ同長東、 フフ東 れにり地、双北 区営 をt、が サトー、Wiliot社と協業 o結るテル Tし戦ーに ト エ セた略ル本 ―府移シ 阪 28電 (4住の北所社)北10(エニ北 る密、区金方陸 業 収h店な ン。的分社 1大転オ 支 ―8話 〒―所通支にのを支月横ニッ支 。着こへ沢か営 サ 集対舗く 電池レスBTタグでスマートリテール開発 シ パ野を ―阪し電 29= 96=り店な国開店1 ック しれの営ら業 所 す応内て ン ーに置 1市た機ウ店 200 8―仙。のっ内設(日浜クス店 たま移業訪所 ポ 新淀。はシ移 6、2 01台 住た営し土か市ス・ 港 コ 営で動所問( 開 画発舗たの売年  知よ自たでて  大川新、オ転 ―F2 ―、市 所。業た屋ら ・ン開 業以がのし富 ー設 金沢営業所が と掘のソ実店は 契るり動後いお商 阪区住大 北 タ 電 8A― 0S青 、 拠。克仙 コ 設 体上容開て山 ト なや拡リ証舗W 約こ個的のるく品 プ西所阪機 9X2 0S葉 電 点こ史台区ンク 制に易設い市 入居するビル っ実大ュ実内i はとのに状時こや ラ中は支 9=2 2 30区 話 はれ支市)タト が顧にでた) て証をー験でl 3が消集態のと陳 い実行シをのi 年で費め・状で列 長   幸長役   部クン泰スロフ    7号イ る称月  6グ12 の 売21 2が理体務紀  る験うョ行リo 間き者る使態、棚 鈴▽ ア司兼員▽ 立長マト郎&ーォ▽ オ 1はム )にな99、▽通金り年0リ等制)所金 。も予ンいアt でるのこわや商に 木グ ズ 東・兼 花田ネ部▽Iバー兼 ム 10タ の北お)F金金り沢上32モのでと長沢 順定の、ルタ 、よ行とれ、品同 浩ル ビ 京東東 エ邉ジ長兼Tルムビ ロ 人 。6ワ 開 、 (沢 。営げ月3ー業、営(営 次。商22タグ 初う動が方消がタ 二ー(ル 機京関(レ慶メグリ革ビ革ジ(ン ―ー 設九同 〒南沢 業を期年ト務受業北業 行新用年イを 年にを可な費陳グ プ10 器F東10テ周ンロス新ジ新ネ9 事 6 12 を州社 9町市 所目の3では発員陸所 った化にム用 のなよ能ど者列を 安月 一A支月ッ トーク本ネセス月 異 3階 予営業で 2ビ上堤 の指2月対北注2営は てな、は在い 2るり。のが棚貼 全1 部機店1ク ・バマ部スンプ21 0。 定 は 0ル 住す0期応陸・人業、 い用適実庫た 0。正こ情購にり 管日 長器長日 法ルネ長プタラ日 動 6電 し所今 ―デ町 所。0にす営納の所中 く途用験管、 2 確れ報買並付 理付 小本執付 務リジ河ロ長ッ付 ―話 て(年 0ィ1 は %はる業期3長田 計の店し理小 1 ににをしんけ 部) 林部行) 本スメ合セグト) 5番 い仮12 8ン― 次 の、。所管人兼廣
Page3

(3)   2021年(令和3年)10月6日 替ぶ家ス  マイの発H製高液造  えりに感私 をにい染は 儲かるメーカー 101 イズ特売ケ造いや現O ズや性しー装耐消場K 始自ま拡新 改善の急所  す心にたブ置性毒でI 洗 オムロン「統合コントローラシミュレーションソフト」 め分す大型 る数合。ル用を液使電 たの。対コ 項 オなわ食」ケ持、用線 O の部そ応ロ ーどせ品=ーた食さは K浄 で屋こでナ ダをて製写ブせ用れ、 I・ t単設括  すのでずウ 日本カイゼンプロジェクト DS uに備でオ が模久っイ 会長  柿内幸夫 ーカ導造真ルた油る食 メス体装=「食脂洗品 食消 シy d検全制ム 、様しとル イタサ置をO品に浄製 ミs i証体御ロ 実 ュm oでを・ン 士務術本く(【 らひなしが単目 恵以 化液浄一な装い るド 品 レa  きデ検は (所マ経り株略 、らかた、にはその前 しが時般作置衛食。ケ 毒 ーc 3るジ証、 シ  Dシタで生 機 経所イ団の) いめっ。と解シの輪に て付の的業の生品 ー 設 歴 営長ス連改柿 といたどてけン知を苦 急所40 外着温なと洗管製 ブ 製液 ョS シミルき産 工 タの善内】 もてのうも プ恵見労 被す水ケな浄理造 ル ンt ミュでる設 学改ー研を幸柿 簡やでや難 そ 造 u ュレ再ロ備 内 単 すっしう ルのつし にるやーっとが装 と で輪けて 見製 d レー現ボを 計同 )善(修通夫 っ 、コ平講じ技幸 に がていな誰はま解 え造 割と洗ブて消求置 し や れ物剤ルい毒めに て 装 i ーシしッ構 て 多ン成師て術夫 解 、もモので、しい が性、でるはらは 提 o ショ、ト成 み で 摩サ29も、士  け 突外ノ も見たた る作 発が消はが重れ厳 供 置油   ョン実統す や 大ル年務世事1 また然せです簡た。知 化業 生劣毒洗、要、し す 3 ンソ機合る の 用脂 」フとコロ 等 学タ度め界務9 だそし たなさの発し 採れは にとし縁へし 健ン玄は  シ情出れト  をト同ンボ ビン)る中所5 検 ジト、。で  っのてし。りで発想た 用る、そないて性の、 代ド孫9オ ョ報すたロ同 提「等トッ 1 た時もか す想の。 し特外 るっ予能薬断 ケに 表・で月ー 渋オ ンを指時ーソ 供Sのロト ネ、柿経実所 感 れ ス工内済践長年 かの外し 心が力転わ 、殊被に可た期の液線 ー 取カあ28ト ー を使令間ラフ 開y精ーと 精 ス学幸産しと東 も発せ、 し実や換れ 洗エに対能トせ低のや 耐 締ンる日ス 沢 行っと軸にト 始s度ラ制 証 京 全想な今 感頑でな 剤ラ耐 性ラぬ下侵ケ 役パシ、ト うて集でよは しmでに御 ク博夫業てし くのい回 たで張あが やス薬し たa動つ機 ー士技省いて生 思転のは もすりりら 消ト品て がブ停を入ー ブ 兼ニブ渋ア こシま、っ、 ル 術先るモま あル止引にブ コーサ沢シ ト とミっそて統 。c作い器 工度 の 同 客技士進。ノれ い換で、 )(、す 毒マ性 るのやきよル 性 モのワ栄ス で 栄 でュてこ統合  をてを 員術事技日づ。 出がすど に大自ご 液ーに製。原故起る内 ル ン渋・一テ ス 、レくか一コ S簡、一 せ何。う しかげ分い のを優品 因障こ絶部 ズ澤アのム 一ト 実ーるらさン 数を 実「「フ岡B教 度で夫ばつ ね思よま 製多 造品 験続準優工他 「 開経投企題ア 顧 高動んとーフ来ジタ機 現ち儲ォ大S授 のきし工も工。っかせ で使使れ時、 渋第催営信 客オいきどにシトのタイと すょかー学)、 少るて具作場 てっん 作種 も用用たに特 沢1し・取業 がムのので再ョやシルムの 50 るこるド客特慶 量のスやっで もた。 、を環耐発殊 栄部た物締 モロが整、現ンCミツ性動 実 42っメ発員別應 品にム部ても 後!メ 業少 ほ想境久生機 一は。流役 材 ーン特合そす機Aュイが作 のとー 教招義 の、ー品い同 の モ の量 と定で性す械 の渋 ウ会経 タ製徴性れる能Dレン高精 % ヒ改カ企授聘塾 生3ズのる様 祭とし んし30をる油 「澤 ェ長 や品。・らもはのーをい度 ン善ー業。教大 産カに配製で りいて 見生 どた年実油や 論氏 ビを営に アに 一にの仮シシ実再や 現 トが に著授学 に月生置品す でまお え産 物加間現脂食 語に ナ招 ク加 致対が説ミョ現現リ 」企改イ書(大 なに産もな。 すさけ 性速の。へ品 とよ ーきの チえ 度しほをュン。、ア 減 な業善ノ「2学 っ一が工らい よらば るの 劣試継標の加 算る を、 ウ ュ、 がてともレソ従デル どをの カ0院 。変急ベーイ1ビ い作す すまうららた 化肝 には  真Wタ絶  食ラし化 父施いト盤あェ のかシた設まプ果度がが成前 再の60っエ え所シゼ1ジ こ業るこ。う作と、途 同。モ「縁コ 小 品スてが 」。時・」り 時のミ場備たッ的とでデにのこ現制社たー る〈 ン〜ネ とを」れ 工業、使端 あ、 シ デMDー 衛トい生 と「代コで 間ぼュ合に立ト。設きジ近段れで御超カタ :1ョ42ス が見こは 場のまうに り リ ルHCセ ・型 生マるじ 呼 ロ未 ビ 短るレで不ちを工計、タい階にき機のスを 大0ン・0ス 原えと「 よる道設 ー をシ―ル 6高 法ー。な ば日〜 き1を01ク 因るをも がうで具計 。 ズ 追リDは W絶 にに外い る本」 ナ来方ナ 縮こーも具上50程時高ル状でよる器パタ組 多 のを にとシ、合げ%設間い上態設り。もームみ な項起―6ー で化前う に初を図 は 加ーC、 縁 適は被安 渋資の日拓学 もでョ動等や短計の作での備、 組トロ合 変〉こス)ル すし提一 いなめ考を 、 しズコ小 タD 合Fの定 沢本講本く 役原ン作が稼縮の短り行動全立 みナボわ 革」すタ、( 。てに度 もってえ見 従 た」ン型 C しD特性 栄主演の〜 立因か状発働可ス縮込う作体ち 込ーッせ を、」、ン静K たい製生 のて出なな 来 =にバ・ イ― たA殊を 一義を新ポぶー つ究ら況生後能ルにみこ検を上 ん企トて とな造産 でし会がが の 写6ー高 被とエ有 がの実しス 。明さをしに。ー効精と証完げ で業、作 D マ目 一 のデも方のでせば品こえ 絶種て高力小 プC る場ケ覆 足消を庫4制文テ(をだ業業グ1のコ 例し企入ピ をなととD唱一を提 ッ指改般 でー見」時すば前でと、 縁ラ出絶間型 コ 。合ー材 度費圧ス倍にをム専導っ員が、0中社オを、業事ッ第紹けしさGえは題唱 チし善社 すタつをにか作回もが数 性イ力縁の汎 追ン のブ料 もも縮ペにし受を用入たであ30小はー紹経で例キ2介れてれsてS材し ン、の団 。化け、「られの、あ年 能ン電タ絶用 バ リルを 上削でー向たけ構コしが作り00企、ス介営もをン部しば何てがいDにたグ2実法 し出時ベ、るや同る前 をア力イ縁電 加ー スが使 が減きス上こて築ンて、業、0 業従ト。に自取グでたいをい企てG、「 か0行人 てし間ス一はりじだに 求ッ3プ耐源 タ ク食用 っ。、、。と出。テ1オが2個回の。業ラ 生動りシは。け重る業、sす論 ら1を日 おてを 度ず方製け一 めプWの圧に を品し た従さ在従で荷遅ナ万ーで・の 1員リ か倉上ス自 な視か経いので語 問9通本 け記かト目でを品と度 るし品電を対 軽に、 と業ら庫業生でく)個トき3入ピ日数ア し庫げテ動 いし、営ま必にと 題年じカ ば録けなのす繰でい作 市、を源高し コーセル 減触万 い員にの員産きまののスる人出ッあ60の てを、ム倉 かて経にな要渋算 ・6てイ いしてや生ねりあうっ 場高21とめ入 でれが うの電ムや性るでシビト規の荷キた人ダ い導中の庫 ない営必ぜ性沢盤 ■いカシど企報供課月日ゼ いてでり産。返れ製た をい機した出 きた一 。満力ダ倉が体注スンア模従作ンり超ブ る入小導型 どか者要Sを栄」 詳るイョ勉業提、題に本ン 細。ゼッ強間供新へ設をプ がこの回クをり工べ  しの中 A卓なノ  ・ ンプ会の、たの立さロ 現そでのロ形、程る組 てほ心  上どは堀 入 指、、ワそなソ。らジ れ、す生ス跡実を入み 6どに  アが誰・足ア  につanオ進日  F型の、場 堀場AT 会 導工セイれ技リ企にェ るモ。産を表物写れ立 W電提 テンあか8度ン9 アきynン技にB ―水水pア は 会場ミワら術ュ業良ク のノ少に作示大 物て の力供 ーコりに点、ケ月 ン、」oラ術開& 2質質Hド こ な見ナイのやー間くト でづ量生っしで真を順 電アし マー、紹、1ー14 B コ特にvイと催R 0計測、バ 視 ち ど学ーガ基素シビす すく品かたた部で記作に 力ッて はル好介参0ト、 ら を会・ヤ礎材ョジる 。りのしりテ品 っ部 供プい 「開結し加0で15 & ー別につaン事しは 0「定イン 卓 ル いtイ例た、 0Lがオス 行、ワガとへンネこ の生たしーの録た品 給製る 製催果た者点は日 R 開10てiベを、9 シAでンド 上認 っ公ーヤなののスと 実産いてブ位しりを が品。 造がをいの満、開 催月、oン紹同月 リQき測テ 型 て開クなる情提のを 力にも次ル置た、並 可とこ 現決受と73点総催 す12盛nト介社14 ーUる定ク 水&場定け回%中合後 る、13況 「すの、 ジをすがやは 真サてア0卓  従2A 加ル能 に。て答が86満の 。日にDIる先15 可ン目発ズ 質操 補得る弱、、タ=ー、プ0上蛇 強るこい鋳アンをト「リ」ロの 蛇の目ミシン 来0C同し」と 能測に売」 品03製た2な 。定応し= 計作 ・こと母物ルグ発自タ シボ目 比V0品。モ なじた写 最 補とで材、 ケ る ミレ売動ンーリッミ 卓 2(0は デ 盛況につき追加開催 どて。真 修が、に樹等スし挿グシートシ ・10、 ル「 の、製= 新性 部でね挿脂のイた入レョズ「ン イタ 上 8分V高 21MH ラる一測%サル  水p品の モ 品きじ入な ン。機ス のJ工 ンン 倍間、絶 機 ムピ目定拡イか従 質Hの3 向 。る締しど軽サ 」・ン新R業 サグ ロ の)D縁 種6 10月12、13日 オンラインイベント ーレ 表クで状大ズら来 測、測機 デ F雌結使強金ー =イとた3は トス 絶でC耐 をモ 示トわ況しを文モ 定イ定種 ル上 1ネ力用度属ト 写ンしな0、 ボ 縁、4圧 追デ う小とにて端王なにン つる生マな激ブ柔 機グかが、25字デ がオ項を 自 対野、取、具のいはとさい生産イ需しマ軟 ン母ー発自タにト るる安トや な向2ドー要耐 談雅Bり日術技か何はらて産なズ要いシ性 をエル能 て究ー薬発精数可し設作能 グ材トし動ン取の同。製全や航 動に っけMにタな圧 を史& 々グ術?を何に紹設ど、変市ンを 開ンでをまい開にやな度値能省計性を レへの、でグり電製 品性精空 で新 て装O加機計を 行氏R組むイル開 しか、介備に小動場」生 始トリ絞たる発お化どが表。スでを追 スのピタ装レ付動品 や密機 い置Oえ器測実 うが代 ノー発にな?イ。と的バ、ニとむ すリーり、。なけ粧で求示小ペ設向加 イ挿ッン着スけドは で 採精機、 装ア るにP、な・現 。熱表小林ベプセつけ ノ そ確ッマーしア るーズ込同 どる品もめが数ー置上し ン入クグすイたラ、 度器産 着 。も対医ど検。 く取 ー部ンいれそベ のにチスズ、ダ 。モナみシ に品、使ら可点ス面。て でに対ピ制実の一外サ、アレるン挿イ卓 用がな業 利応用の査高 語締英シ長タてばのー 技追サカや変プ デブんリ 最質食用れ能3で積コ視 き垂しン御現自連すー工ッス方サ入バ上 さ求ど用 挿、プ 用し電制機絶 り役男ョにー、なたシ 術従イス急化テ ルルでー 適管品可るで桁の20ン認 、直てグで。動のまト具プイ法ー工ーロ れめ、ロ 可て源御器縁 合の氏ンし先花らめョ にすズタ速のィ も化シズ と理メ能研、ま設%パ性 品挿正穴タ機化作でかをかンをト具先ボ てら高ボ 入リ 能医規ボやが 提しンの なやー。究よで置減クと 質入確にッ械を業のらタらサ開をに端ッ いれいッ と用格ーモ必 供たプ機 っ研カ製開りのがとト操 る方向とけはMの な挿のにのおイをっ者 能検さスセ 能向 も 内エボフ関のッ中ボ技・eタ事高ワと検自全と月 。式け、の、8推タる入タわ破よン自てがこを査、インさに上 参相容ンッ、連エト堅ッ術ノrデ例まーし討動9オ17 さがみはらロボット導入支援センター のの単シ多に奨ン。工ンた損びサ動手電れオす浮ンサらなと 加模とジトも商ンやエト講ウにィをるクたし化回ン日 2ボ一ェ品対サグ 程グりを欠ー化作動にプるきサににる安 原なニユの ジ関ンS座ハ必、活業、実て・行ラに 種ー品ー種応イレ のレ安抑品トし業ドよシ欠、ーよ、。定 で き市っアーづ 社 のニ連ジIでウ要こ用種自践いロうイか「ロボットSIer養成講座」受講生募集 類ル種クの。ズス 実ス定制、の、しラりョ品欠トっ挿 し 外てなザく ア部ニe構を不れしや動型るボ予ンけ とフのト少供はイ 現イしし工破タてイ従ン自品のて入 た る 営 。のいどーり業、品アr成ち可かた生化の企ッ定をて月 たを受成S「構のボー創み務ン導ら  なィ多レ量 Mン がンた、具損ンいバ来で動を挿タ後 生 事るに企企 ロメやのさり欠らケ産ニグ業ト。併、18講。 講講Iロ築シッ)造は局タ入ロさ っー数イ挿給2サ 可サ品長や、グたーの用検自入ンの 産 詳業。向業業スボー、若ればなのー工ールを導実用リ日座 開生座eボをストはセら:ー支ボが てダ挿方入方かー 能ー質期母浮レ工を熟意査動のグ接 が 細者 け)(タッカロ手、め知Sス程ズー題入際しア〜は 始募」rッ学テと、ン産さ(援ッみ いー入式向式らト とトで間材きス程使練。機で高レ触 可 はで たのロットーボ・ロた識Iスのがプ材をにてル12 10 し集の養トぶムそロタ業が事セトは h t t p s : / / www . s i c - sagamihara.jp/robot/ seminar/667/ https://www.kaizenproject. jp/
Page4

2021年(令和3年)10月6日   (4) 道 「飲んだら乗るな。乗るなら飲むな」 路 交 白ナンバー車を複数使用の事業所もアルコール検査が必須に っている。 通  アルコールチェッカーの呼気の吹入口は市販のス  「飲んだら乗るな。乗るなら飲むな」飲酒運転をしない、させないこと し、飲酒運転の撲滅に向けて規制を強化。タクシーやバス、トラックな トローで代用でき、衛生的にも経済的にも使いやす 法 は、法律で決まっていると同時に、人として守るべき社会的義務でもあ ど、いわゆる「緑ナンバー」の車を保有する運送事業者に対し義務化して く、またオプションで血圧測定や血中酸素濃度測 る。しかしながらいまだに飲酒運転はなくならず、2020年の飲酒運転によ いたドライバーへのアルコール検査の適用範囲を、一般事業者の「白ナン 定、印字用のプリンタなども追加できる。 改 る交通事故は全国で2522件に上り、このうち死亡事故が159件発生した。 バー」の営業車にも拡大。2022年4月から施行開始される。日ごろから営  廣瀬関西支社電子システム部長は「ある保守サー 飲酒運転の厳罰化に加え、昨年はコロナ禍で外出の自粛や飲食店の休業が 業車で客先訪問を行っている企業の多くがその適用対象の範囲内となるた ビス会社のお客さまは、現状、安全運転管理者が手 正 あったにも関わらず、これだけ多くの事故が発生し、人命が失われてい め、今からアルコール検査のための設備一式と運用ルールの整備、社員へ 書き台帳にアルコール点検、体表面温度を計測・記 る。こうした背景もあり、国家公安委員会と警察庁は道路交通法を改正 の注意徹底が必要だ。 録していました。毎日朝夕の2回、該当する従業員 全員に対して点検を実施して帳票に記録、ファイル 義務化でアルコール検知器の需要拡大 保管するのが社内ルールになっていて、業務負担が 大きいと感じていたそうで、当社のアルコール検知 システムを提案しお試しいただいたところ、電子的 に一元管理してくれるのは法令順守や業務効率改善 義務化を受け、運送事業者も対策を強化。 750万293人に上る。彼らが乗務する際には、もれな に便利で、チェック時の記録映像が保存されること 現在の検査義務化は  公益財団法人全日本トラック協会は「事業用トラ くアルコール検知器による検査の義務が発生する。 は客観的な証明にもなり、トレーサビリティーの観 「緑ナンバー」の運送事業者 ック運転者による飲酒運転は反社会的行為であり、  義務化の内容は、従来の緑ナンバーの貨物運送業 点から見ても非常にありがたいとの声をいただきま トラック運送業界の社会的信頼を著しく失墜させる 者に適用しているものと同じ。乗務開始前と後に点 した。当社としてもお客さまニーズに合致する製品  アルコール検知器による検査が義務化されたのは ばかりでなく、これまで築き上げてきた、荷主はも 呼する際、目視とアルコール検知器による酒気帯び 提案ができることに大きな手応えを感じています」 2011年。旅客自動車運送事業運輸規則及び貨物自動 飲とより社会全体からの信頼関係をも根底から崩壊さ のチェック、事業所へのアルコール検知器の設置と という。 車運送事業輸送安全規則の改正を受け、運送事業者 せかねない悪質な行為」とし、業界を挙げて飲酒運 機器メンテナンスが必須となる。  現在、運輸関連のほか、医療や介護事業者などへ に対して義務化された。 転撲滅に注力。事業用トラックにおける飲酒運転件  唯一異なるのは、罰則の有無。2022年4月の施行 の提案も強化。また鉄道事業者などへの提案でも反  対象は、タクシーや路線バス、観光バスなど一般 酒数・事故件数は、2011年の120件・35件から2018年 では、罰則を設けることが見送られている。とはい 応は上々だという。 旅客自動車運送事業者、通勤・通学用バス、送迎バ には82件・20件まで減少したが、さらなる減少とゼ え、状況によって変更される可能性もあるので、対  また点呼機器とアルコール検知器の専門メーカー スなど特定旅客自動車運送事業者、トラックなどで 運ロに向けた活動を進めている。 象となる事業所はアルコール検知器とそのチェック の東海電子も展開を拡大。業務用アルコールチェッ 貨物を運ぶ貨物自動車運送事業者(一般・特定・貨  緑ナンバーの運送事業者への義務化で成果が上が 体制を備えておいた方が安全だ。 カーをはじめ、アルコールを検知するとエンジンを 物軽)の、いわゆる「緑ナンバー」の車両を保有す っている一方、抜け穴となっているところもある。 始動できない車載型アルコールチェッカー(アルコ る運送事業者となっている。 転それが「白ナンバー」で貨物運送を行っている事業 ールインターロック装置)、点呼システムなどの製 者の存在だ。 アルコール検知器の商戦もスタート 品をそろえ、9月からはアルコール検知器のレンタ 営業所でのアルコール検知器の設置と  基本的に白ナンバーでの貨物運送は自社の荷物し ルを開始。さらに義務化にともなう対策セミナー開 保守、点呼の実施、指導監督が必要 のか運搬できないが、トラックなど大型車両を利用し  罰則をともなわないとはいえ、義務化によってア 催やYoutubeでの注意喚起の動画公開などを進めて ている事業者も多く、彼らのうちで飲酒運転や死亡 ルコール検知器の需要増加が見込まれており、各社 いる。  義務化の内容は、事業用自動車を保有する運送事 事故が多く発生している。2021年6月に千葉県八街 はその取り込みに向けて商品化と営業を強化してい  2022年4月の施行が近 業者は、ドライバーに対して乗務の開始前と後に行 市で発生した、飲酒運転のトラックによる登校児童 る。 づいているが、義務化に う点呼の際、対面による目視とアルコール検知器を 規への死傷事故も、白ナンバーで貨物運送を行ってい  エレクトロニクス商社のカナデンは、顔認証付き 対する市場の反応はまだ 使って酒気帯びの有無を確認する。各営業所には必 制る事業者だった。 体表面温度測定とアルコール検知システムをセット 薄い。カナデン守屋常務 ずアルコール検知器を設置し、さらに遠隔地で乗務  そこで国家公安委員会と警察庁は道路交通法を改 にしたソリューション提案をスタートした。 取締役執行役員関西支社 終了・開始する時用に携帯型のアルコール検知器の 正し、アルコール検知器による検査義務化の範囲  システムは、タブレッ 長は「飲酒運転による重 用意や車両へのアルコール検知器取り付けなど対策 を、こうした「白ナンバー」で貨物運送を行ってい トPCを中心に、顔認証 大事故はなかなかゼロに を講じる。さらにアルコール検知器は毎日の電源確 る事業者にも拡大。2022年4月から施行を開始する と体表面温度測定システ はならない大きな社会問 認と、最低週1回の正常稼働をチェックする。これ こととした。 ム、アルコールチェッカ 題であり、国として今回 らはすべて義務となり、怠ると罰則が課せられる。 さ ーを統合したシンプルな 義務化によって適用対象 カナデン 関西支社  ら 5台以上の自動車を使う事業所対象 守屋太 常務取締役員 構成。小型で簡易的なの の範囲も広げ飲酒運転の 支店長 違反した事業者には厳しい罰則 全国に33万カ所超 で、事業所の出入口など 撲滅を目指す最後の切り 飲酒運転で行政処分、即時事業停止も にスペースを取らずに設 札を出されたと思います。弊社が開発したアルコー に 今回、義務化の対象範囲となるのは「白ナンバ 置できる。 ルチェッカーが少しでもお役に立ち、悲惨な事故の  法令を守らなかった場合の罰則は、アルコール検 ー」で貨物運送をしている事業者だが、その適用範  はじめに顔認証で個人 減少、撲滅のお役に立てばと思います」と話してい 知器の備えをしていなかった場合は初違反60日車・ 囲は想像以上に広いので注意が必要だ。 を特定し、新型コロナウ る。 再違反180日車、アルコール検知器の常時有効保持 強 対象となるのは、道路交通法で「安全運転管理者 イルスなど感染症対策と 義務違反の場合は初違反20日車、再違反60日車の行 専任事業所」として規定されている事業所で、2018 してマスクの有無と体表 政処分が課せられる。 年末時点での安全運転管理者専任事業所の数は全国 面温度を測定してタブレ カナデンのアルコール検知システムの構成図  またドライバーが飲酒運転を引き起こした場合、 化に33万7632カ所ある。 ットPCに表示。続いて ドライバー個人に対する罰則と同時に、事業者に対  具体的には、乗用車を5台以上(バイク1台は0.5 アルコールチェッカーで しても初違反100日車、再違反300日車の行政処分と 台)または定員11人以上の自動車を1台以上使用し 呼気中のアルコール濃度 なる。  さらに、事業所が飲酒運転を下命または容認して 営22 ている事業所が当てはまる。道路交通法では、これ を測定すると、タブレッ に該当する場合、事業者は社内で安全運転管理者を トPCにOK/NGが掲出 いた場合は即時14日間の事業停止。飲酒運転などを 業年 設置し、警察に届け出て法令遵守や交通事故防止に される仕組みで、アルコ ともなう重大事故にかかわる指導監督義務違反の場 つとめなければならないとされている。 ール検知器による検査義 合は即時7日間、飲酒運転などにかかわる指導監督 車4  これは営業車で客先をルートセールスで回ってい 務化に対応。 義務違反だと即時3日間の事業停止が課せられる。 も月 る、軽自動車で配達をしているなど、いわゆる普通  測定したデータはタブ 対施 車を使っている事業所でも、5台以上使っていれば レットPCに蓄積し、履 飲酒運転は反社会的行為 象行 適用範囲内になる。トラックやマイクロバスのよう 歴データはいつでも閲覧 業界も本腰を入れ対策強化 な、分かりやすい貨物運搬用車両に限らないので気 できる。測定時に異常値 をつけなければならない。 が出た場合は、管理者へ  飲酒運転の厳罰化とアルコール検知器による検査  さらに、対象事業所に所属するドライバー数は メールで通知も可能とな 22
Page5

(5)   2021年(令和3年)10月6日 寄稿 タナベ経営 経営コンサルティング本部 中四国支社副支社長兼尖端技術研究会リーダー 森重 裕彰 テクノドリブンで 事業モデルをDXせよ【1】 テクノロジービジョンを構築せよ だ。ユニクロは、RF-IDという技術から「セルフレジ」、「棚卸し作業時 セス・オートメーション)やAIだ。間接業務はこれまで置き換わりにく はじめに 間短縮」、「自動倉庫」という3つの業界の課題を解決に導いた。その結 い業務ではあったものの、実はかなりの業務がルールにのっとって進めら 果、労務費の大幅な圧縮を実現しており、人口減少時代における強力な競 れており、RPAやAIが代わりに行うことはそこまで難しくはない。ま  コロナショックに伴いDX(デジタルトランスフォーメーション)が急 争力になっていることは説明不要である(図2)。 た、近年ではAIカメラや協働ロボットが工場の品質検査の仕事を行う事 加速し、これまでデジタルへの取り組みに無頓着であった企業も、デジタ  このように、1つの技術が複数の課題解決を実現することは、「Techno 例も増えている。人口減少に悩む日本において、ルーティンワークをテク ルなくしては業務を進められない状況になった。2年前はデジタルへの取 Driven」での課題解決フローの特徴でもあり、1球から10ピンを倒すボー ノロジーが代替して行うことは、ある種決まった未来とも言えるだろう。 り組みが他社との差別化や生産性の改善程度のレベルであったが、今は違 リング的な課題解決ができることを示している。課題からのアプローチも そして、それに取り組まなければ競争力は相対的に下がっていくものと考 う。デジタルを取り入れていないことが、企業競争における敗因と言って 重要であるが、テクノロジーからのアプローチがイノベーションを起こす えられる。 も過言ではない状況だ。 起爆剤であることが実証されている。  「社員の働き方」や「社員の幸福」を考え、「守り」の施策を複数考え  本連載では、日本の総合経営コンサルティングのパイオニアであるタナ 出していただきたい。 ベ経営が、さまざまなデジタルテクノロジーをどのように活用し、ビジネ テクノロジービジョンマップを検討せよ  「攻め」は商品価値やサービス価値を上げる、いわゆる「顧客価値」を スモデルを変革していくのか、中堅・中小企業の取り組み事例も含めて解 上げる取り組みである。BtoCビジネスの事例としては、Netfl ixや 説、そして対策の方向性などを提言させていただく。  DXへの取り組みが中堅・中小企業でも必須となった今、中長期ビジョ Amazonプライムなどが挙げられる。動画の視聴は今やオンラインが当た (著:タナベ経営 尖端技術研究会リーダー 森重 裕彰) ンの中にテクノロジーを軸にしたロードマップを作成することを推奨す り前となっており、アナログビジネスであるレンタルビデオ事業は衰退の る。「テクノロジービジョンマップ(以下TVM)」を検討項目に取り入 一途をたどっている。 「Techno Driven(テクノドリブン)」で全てをデザインし直す れ、チームで作成いただきたい。  また、BtoBビジネスにおいても、単純にモノを売り切るビジネスでは  TVMとは、3~5年のスパンで導入すべきテクノロジーを整理し、それ なく、イニシャルコストを極力下げてオンラインで価値提供することで、  「デジタルや先端技術はあくま を用いてどのような課題を解決するか、ビジネスモデルをどうアップデー ランニングコストとして料金を得るビジネスも増加している。 でも手段だ。目的になってはいけ トしていくかを検討するロードマップだ。TVM策定に取り組むことで、  BtoC、BtoB、どちらも共通して言えるのは、「顧客の課題を解決する ない」という言葉をよく聞く。ご 「テクノロジーを手段にさせない」、「デジタルや先端技術から逃げな こと」である。顧客価値の視点から、ありとあらゆる技術を用いて課題解 もっともだ。どのような技術にし い」ための、テクノロジーを軸とした検討が実現し、DXの実現を格段に 決を構想し、アイデアをひたすら出し続けることをお勧めする。 ても、なんらかの課題を解決する 早めることができる。  3.テクノロジービジョンマップにまとめる ための手段であることには間違い 図  取り組み方としては、下記3つのステップだ。 ない。ただし、だからといって課 1  出されたアイデアを時系列に整理することで、全社の共通判断軸となる  1.デジタルテクノロジーや先端技術の課題解決要素を整理する 題テーマが挙がってから手段とし テクノロジービジョンマップが作成できる。整理する際に気を付けていた てのテクノロジーを考えるようで  まずは「知」らなければ何も始まらない。多数あるテクノロジーについ だきたいのは、下記ステップである。 はいけない。取り組みの着手スピ て、どのようなことが実現可能なのか、どの分野で使われているのか、自 ードが遅すぎると、テクノロジー 業界・他業界での活用事例など、現実に見て触れて知見を持っている方と STEP1: 取り組みたい部署から始める による課題解決の広がりが狭くな 話すことでそのテクノロジーを本当に知ることができる。 STEP2: 「守り」の施策へ取り組む る。  全企業に(デジタル)テクノロジーをもって自社のビジネスモデルをデ STEP3: 「攻め」の施策へ取り組む ザインし直すことに取り組んでいただきたい。それが、今の時代を生きる  肝は、STEP1である。デジタル化への変化を拒む組織・人はこの時代 経営者・リーダーの〝責務〟ともいえるだろう。 となっても案外多い。まずはやりたい部署からやらせてみることだ。その  貴社の業界にはまだまだ〝不〟があるのではないだろうか? 貴社固有 取り組みがその他の組織に広がり、組織風土や個人の考え方をも変革して の課題もまだまだあるだろう。先端のテクノロジーはその〝業界の不〟や いくきっかけとなる。 〝自社固有の課題〟を解決できる可能性を多く含んでいる。「過去検討した  そして、STEP2の「守り」の施策についても意味がある。「守り」の ことがある」と二の足を踏んではならない。今、最新テクノロジーの市場 施策に取り組むことで、DXに取り組むための余力を生み出したり、「守 をもって、ゼロベースで考えてみるべきだ。 図 3 り」での取り組みがそのままSTEP3の「攻め」の商品・サービスにつな  筆者は、「テクノドリブン」という課題解決の考え方を提唱している。 がることも少なくない。 テクノロジーを起点として業界や自社の抱える課題をどのように解決でき  まずはテクノロジーを「知る」ことから始め、「テクノドリブン」で解 るかを検討する技術解決思考を、今の経営者やリーダー、ビジネスパーソ 決すべき課題を抽出し、最終的にはテクノロジーを用いたビジネスモデル ンは持つべきと考えている(図1)。 や組織の変革までを、自社の長期ビジョンを策定するうえでご検討いただ きたく思う。 「テクノドリブン」で複数の課題を一気に解決せよ  タナベ経営では、「知らなかった」⇒「だから取り組みが遅れた」とい う状況にならないよう、隔月でさまざまな技術を研究する「尖端技術研究  「テクノドリブン」での課題解決フローにおいては、1つの技術から、 会」を開催している。日進月歩でテクノロジーが進む中、自社のアンテナ 複数の課題解決を実現することが可能となる。例を挙げるとユニクロを運  コンサルタントとしてお勧めするのは、プロジェクトを組んでプロジェ のみで変化をキャッチすることは難しい。ぜひとも、「尖端技術研究会」 営するファーストリテイリング社である。利用されたことがある方はわか クトメンバーに知るべきテクノロジーを役割分担し、それぞれが研究する に参加し取り組み内容を検討し、自社のビジネスモデルのアップデートに ると思うが、ここ2~3年でユニクロはセルフレジを導入し、「商品付加価 ことで、チームとしての知見を深めていくことだ。取り組みのスピードが 挑戦していただきたい。 値の上がらないレジ業務」の無人化に取り組んでいる。その裏側にあるの 一気に上がることだろう。下記は3Dプリンタの技術解決要素を棚卸しし はRF-IDというチップ技術だ。 たフレームワークの例である。参考にしていただきたい(図3)。 【著者】タナベ経営経営コンサルティング本部中四国支社副支社長兼尖端技術  このRF-IDを用いて、他にも2つの大きな「業界の課題」を解決してい 研究会リーダー 森重裕彰   2.テクノロジーで解決すべき課題を抽出する る。店舗の商品棚卸し作業の劇的な短縮と人手を最小限にした自動倉庫  大手自動車メーカーの生産技術担当を経て、2012年にタナベ経営に入社。  業界や業態によって課題はさまざまであるが、考え方は大きく2つであ 2021年より中四国支社副支社長兼尖端技術研究会リーダーを務める。「問題解 る。「攻め」か「守り」かである。最初に着手しやすいのは「守り」の取 決の鍵は全て現場にある」を信条に、誰もが納得できるように見える化ノウハ り組みだろう。 ウを駆使して、クライアントの問題解決の支援を行う。また、尖端技術研究会 で培ったノウハウや知識をベースに、デジタルツールを用いた業務改善や顧客  「守り」は、端的に述べると「人がやっていることをテクノロジーで置 図 価値創造を得意とし、クライアントの理念・風土・組織に合わせたデジタルモ 2 き換える」ことである。過去、工場のラインメンバーの作業においてロボ デルを構築し、運用までをサポートするなどの成功事例を多数持つ。北九州市 ットなどが置き換わってきており、近年ではさまざまなテクノロジーがそ 立大学国際環境工学部機械システム工学科卒。 の可能性を大きくしている。間接業務ならばRPA(ロボティック・プロ 尖端技術研究会https://www.tanabekeiei.co.jp/t/lab/advancedtech.html  株式会社タナベ経営 https://www.tanabekeiei.co.jp/
Page6

2021年(令和3年)10月6日   (6) 部ロ と向きを正確に把握し、それをもとにロボットを制御 PickUP 段取り替え不要のロボット用パーツフィーダ 品ボ することで、動いているコンベヤー上にバラバラに置 供ッ かれたワークであっても確実なピッキングができるよ 製品 給ト うになる。 NTN のとカ 個別設計不要でリードタイム削減 自 段取り替え不要によりダウンタイムゼロへ  NTNは、多種多様なワークの供給を1台で対応できる段取り替え不要のピッキングロボット 動メ 用部品供給機(パーツフィーダ「)TRINITTE(トリニッテ)」を発売した。同製品とロボットとカメ 化ラ  これにより、従来のようなワークの厳密な位置と姿 勢決めが不要となり、個別のカスタム設計もいらない ラと組み合わせることで、効率的な部品供給ロボットシステムを実現できる。 シを組 ので、設計と製造にかかる工数を大幅に削減。また異 ス なるワークが混じった状態であっても形状を認識して  また、立ち上げ後の運用ではワーク変更のたびに段 テみ 正しくピッキングできるので、段取り替えによるダウ 従来のパーツフィーダの難点・デメリット 取り替えが必要となるほか、時折シュートでのワーク ム合 ンタイムがなく、連続して次のワークに移ることがで 詰まりも起こり、その都度、人の手で解消しなければ をわ きる。  振動の力と制御でワークを選別と整列して供給する ならないという煩雑さがあった。  また、万が一ピッキング漏れが発生しても、取り逃 パーツフィーダは、一般的にはワークに応じて個別に 実せ したワークはそのままボウルの中に戻って再度送られ 設計・製作をする専用機・カスタム製品であり、ワー ロボットの強みを生かした 現た てくる循環機構となっているので、機械を停止した クは正確な位置決めと姿勢保持が必須となるため、ボ 部品自動供給システム構築が可能 り、人が拾い上げて再投入するような手間がいらず、 ウルとシュート(排出路)、切り出しといった機構の 取り替えや詰まり解消などの人手作業の面倒を解消 ほぼ全自動の部品供給が可能になる。 設計は精密さが要求され、難易度が非常に高いとされ  それに対し、ボウル、シュート、回収機構と円弧型 し、自動化を実現する。  システムの形状と大きさについても、パーツフィー る。 コンベヤーを一体化した同製品は、ピッキング用ロボ ダを取り巻く円弧型コンベヤー上にシュートと切り出  1台で複数の種類のワークを取り扱う場合は、さら ットと産業用カメラと組み合わせることで柔軟で安定 ロボットとカメラ、コンベヤー間の し機構が配置されているので、従来のような突き出た にそれぞれに合った構成部品を設計・製造しなければ 性の部品供給システムの構築が可能。パーツフィーダ データ連携で確実なピッキング実現 形状がなくなり、設置面積は30%減の省スペースレイ ならない。 ーのカスタム設計の手間と工数を削減し、運用時の段 アウトができる。  仕組みとしては、同製品とカメラ、ロボットをつな いでデータ連携し、トラッキング技術を活用して状況 ロボットSIerやロボットメーカー向けに に応じたピッキングを可能とする。 提案を強化  ボウルを取り巻く形の円弧型コンベヤーはモータ・ エンコーダ駆動となっており、動作中のパルス信号を  販売ターゲットは、ロボットメーカーのほか、ロボ ロボットコントローラに送信。同時にカメラがコンベ ットシステムや生産設備を構築するロボットシステム ヤー上の状態を監視し、そのデータをロボットコント インテグレータ、自前でそれらを作っているユーザー ローラに送る。ロボットコントローラはこれら2つの 企業など。国際ロボット展など展示会への出展のほか 左が従来のパーツフィーダ、右がTRINITTE データを解析してコンベヤーの動きと各ワークの位置 提案を進め、2024年度に年間2億円の販売を目指す。 で業械市のae1コリシ  推の、場モ)a〜ンポョグ ■チームクロスFA、4日から7日間連続で製造業DX ■FUJI、本社ショールームリニューアル。デジタ 市G 移発繊はーにr2トーンロ イ し展維、シよc0ロトがー WEEK開催 ルツインラインなど最新技術展示 場I てが機工ョる 2ー「取バ ン オートメーション・FA・自動化 FA 10 10 11 FUJI リ I い鈍械作ンとh6ラ中りル  チームクロス は、 月 、 日の「デジタル   は、愛知県知立市の本社ショールームをリ る化な機コ、I年市国扱イ テ 業界掲示板 の日」に合わせ、日本の製造業DXについて考える ニューアルし、M2M n 、IoTを活用した情報連携技 ポ  。しど械ン近 」場モうン 2、のやト年C(:ー市フ リ 「製造業DX WEEK」を開催する。4日から 術と統合的な可視化、自動化を実現する最新機種や ー  ト 0低下包ロのhR2シ場ォ YouTubeチャンネル「AMANO 1水流装ー中ie0ョ調メ ジ SCOPE」で、製 ソリューションを展示している。 9準産機ラ国ns2ン査ー 造業DXをテーマに有識者を招いて7日間連続で特  実装機の自動フィーダー交換、印刷機の自動マス ェ ■THK、コンパクトタイプ精密ボールねじラインア 集コンテンツを配信する。 ク交換、そしてAGVによる部材の自動搬送など、 中国モーションコントローラ市場 ン ップ強化 ■荏原環境プラント、秋田県横手市の熱回収施設で 常に最新の姿にバージョンアップを続けるコンセプ ト  THKは、高速使用に適したコンパクトタイプ精 ロボット使用の配管測定検査 トラインのデジタルツインラインのほか、基板組み 2026年、1452億円に 機 密ボールねじ「SDAN-V形」に、ねじ軸径φ32~  荏原環境プラントは秋田県横手市の「クリーンプ 立て作業の自動化を低コストで実現するスカラロボ 63、リード5~40mmを追加し、組み合わせの製品 ラザよこて」の熱回収施設で、小型走行ロボットを ットを搭載した基板組み立てロボセル「SmartWing 器 開ボ政  4増市モかにかナ  0の年 ラインアップを従来の20形番から47形番へと拡充し 用いたボイラ水管厚さの経年変化を把握するための SW-BA」など。 発ッ策i億の場ーら流かウ2億70の 分 た。 高精度自動連続測定検査を実施した。 のト導n円73規シの行わイ0円億市 中や入 )億模ョ受をらル2)9場 野 心CにCに1はン注抑ずス0と千規 とN伴h拡千前コがえ、の年な万模 が なCいi大万年ン増た中感はっ元は っ工、n。元比トえこ国染、た(3 発  23年度にはR&D部門を設置し、開発・製造・販売 開発から生産までのスピードアップ化を実現。 て作産aM(3ロ、とが拡新。約・ 工場新設・増設情報 い機業なa1・ー中で効大型 17 10月第2週 一体型の工場となる予定。  これにより美容成分のBtoB販売やOEM・ODM、 る械用どd22ラ国海果にコ 2% 展 ▶レンゴー、ベトナムに段ボール原紙の新工場。2024 オリジナルブランド品、地元の特産品を活用した製 。がロのe6%のの外的もロ 1減 ▶アイエイアイ、静岡市清水区に新本社と工場 投資 年に稼働開始 品、新ブランドなどバリエーションを増やしていく。 c tKTteoha中 す元まて機ー今 tWu)eiegin国主る(れ、 ラ後 金額は約250億円  レンゴーのベトナムの合弁会社ビナクラフトペーパ ▶関東製作所の子会社・中村精工、福岡工場を竣工 器 ren、cotynt系なと約、今分は、  アイエイアイは、静岡市清水区に新本社と工場を建 ー社は、ハノイ市の北に段ボール原紙の新工場を建設  プラスチック製品メーカーの関東製作所のグループ oi、Ahnr、eeメプ予12後野、モ nhSDn、oA cーレ想40急 イー 設し、電動アクチュエータの生産能力を引き上げる。 する。投資金額は約370億円で、年間37万㌧の生産能 子会社である中村精工は、9月に福岡県飯塚市に福岡 iohLoG DThカーし52速の中ンシ 投資金額は250億円。完成予定は2023年9月。 力の予定。稼働開始は2024年1~3月を計画している。 工場を竣工した。約3万㎡の敷地に、2200㎡の工場を cnaIloATe、ーヤて26な テョ  gnNoouEcLでーい億年発核リン ▶パナソニック、ベトナムに換気扇の新工場。東南ア ▶芝浦機械と三井不動産、神奈川県座間市に大型物流 建設。800㌧、850㌧、450㌧の大型射出成形機を導入 T gKggtCheはとる円に展部ジコ eEh、yooHnaAし。)はが品ェン ジアの主力拠点に 施設を建設 し、大ロットの射出製品の製造が可能。エンプラ成形 claE(lm、oddて に84見とント  パナソニックエコシステムズとパナソニックライフ  芝浦機械と三井不動産は、神奈川県座間市の芝浦機 にも対応する。 heisH aLlsv、 達億込しトロ ソリューションズベトナムは、ベトナムのビンズオン 械の相模工場の一部敷地に、三井不動産による大型物 ▶丸富製紙の子会社・小野製紙、トイレ紙生産の新工 rGfBてgkS Ch lnNEun 省に天井扇と換気扇の新工場が完成し、10月13日から 流施設「MFLP座間(仮称)」を建設する。着工は 場が稼働。 oa、&シyohT nKotuCto nlDRー。neeAiNgrm、ol 稼働開始する。 2022年5月、竣工は2023年9月を予定している。  丸富製紙の子会社となる小野製紙は、静岡県富士市 iie、メ中 ncuqDyoeH o xll ン国Tzhtu 、lraSg  新工場はホーチミン市の北方に位置し、敷地面積は ▶三省製薬、佐賀県鳥栖市に美容成分の新工場完成 の新工場が竣工した。新工場は延べ床面積4000㎡で、 を、tBeスのehnoeCB ii&y 約5万㎡の敷地に、延床面積2万4066㎡の2階建て。ベ  三省製薬は、佐賀県鳥栖市の佐賀工場内に、美容成 トイレ紙の生産を行い、最大生産能力は月2000㌧。投 挙Sac、海ceom、NeTccT、げe  三外hnlaTCieah、R トナムとアジア、中東向けの換気扇を生産し、東南ア 分を製造する新工場が完成した。美容成分から化粧品 資金額は約50億円 てrTk菱企n otO jcluSi いvah電業oTgiPTih aYc ジアにおける空気質関連機器の主力生産拠点となる。 までを佐賀工場内で一貫して生産する体制を整備し、 るouo機とlayoCennCnNh t、f、しon、nNcgoo TA