1/6ページ

このカタログをダウンロードして
すべてを見る

ダウンロード(7.8Mb)

オートメーション新聞_2021年7月21日号

その他

サトーパーツWEBサイト新装、THK中国に新工場、チノー放射温度計のビデオスコープオプションを発売など

2021年7月21日発行のFA・自動化の専門メディア「オートメーション新聞」PDF版です。
ファナック産業用ロボット生産台数75万台に到達、東京計器北九州営業所を福岡営業所に移転、
コーセル自然空冷大容量ACーDC電源1000Wモデルを発売、などFA・自動化の最新ニュースを紹介。

このカタログについて

ドキュメント名 オートメーション新聞_2021年7月21日号
ドキュメント種別 その他
ファイルサイズ 7.8Mb
取り扱い企業 オートメーション新聞社 (この企業の取り扱いカタログ一覧)

この企業の関連カタログ

Industry4.0・IoTナビVol.1ダイジェスト版
ホワイトペーパー

オートメーション新聞社

Industry4.0・IoTナビVol.2ダイジェスト版
ホワイトペーパー

オートメーション新聞社

産業用ロボットナビ Vol.1 ダイジェスト版
ホワイトペーパー

オートメーション新聞社

このカタログの内容

Page1

2021年(令和3年) 7 21 第261号(水曜日発行) Automation News 発行所:©ものづくり.jp株式会社 〒231-0062 神奈川県横浜市中区桜木町1-101-1 クロスゲート7階 TEL:050-3503-9311  るの回い象5調と国盤たン  海。実答、に0査対も技「サ三 提  言 外 態か4ア0報応の術平ル菱 日本企業が考える 企 をら5ン0告のづ実成テU 業 明、3ケ社書方く態30ィF と ら日8ーの」向り等年ンJ 自社の強み 比 か本社ト製で性産調度グリ  う気日を日のに製い日みさ人ら兆上るDら新をf いた(国がさ中し  較 にのか調造はに業査製がサ 高 「。を本無本な偏造。本にれはのしで。Xれ聞駆oD。人A市日れでて茹 し し製ら査業、関の 造まー て本混くすはメり  川 失人視独いり業日のしる茹報はもD解てでけrX たI場本る茹いで た て造得をを2す課我業とチ い企沌参る多ー、ビ を っのし特ニ『の本中てDで道なDX説おも巡m( ち)にを解でるガ 競 い業た行対万る題が基めコ る業と入海いカ顧ジ 強対 上 た強たのュ日実の小いXガ(いX講やり、っaD はを魅上説上こエ のはしし外。ー客ネ れ 茹さ欧モー本態モ製るのエ特。へ演論、Dてti 茹危力回をがとル再日 企自 いはに手以す8るしを争 か何たて企さにとス く 、 でと米ノスはをノ造も内ルにしの会評紙Xいig で険をっそっをと 業社海」半米と上る%」て探力 。を市き業らもサが 中 海 ガ誇理づも遅無づ の容にDか熱も 面のるoi と てのて感は にの外と 国しが」にの るや 自場てがに広プグ 意 い を エり論く幅れ視く 業がはなXし量盛に ガ 感 数 「 渡 がにりをてしりに多、りの残はんあ 上記。nt エ感じいましじ、 対優企回弱企て中も達は強なも 社環い日中がラロ ル は で事産)a じ るままな周 し位業答 業見国合し中 かの の境る本国っイー 識を れ に消洗の利いた事あく欧か解念大で ふ繰は業のl ルるると信うい囲 て性としがとて企わ、国く、づ 強の。市をてヤバ ! え脳歴かる欧情 、米ね説なきあれり連界話  に人人信じ。での起本 さ て か はで比て「ドい業せ「企認競く みなあ場はいール 」 、さ史せ』米、 そ情な)がくる 広日向題T な。、じるテい環 「はべい意イるをるや業識合り とかるにじるはに と れ希れとてな発特はの報いをら、。えげ取けがr りこ人る人レる境 製、たる識ツ。競とやがし相の 考、種数め企海広 い て望る遺いどのにま大を。信、衰Sっらりの日a かう工人、ビとが 品中時。し企反合50意22て手強 え日、多と業外が 自品 う しとと伝る根情中ら半鵜解じこえNてれ上主本n ねい知、欧で釜変動の の国の な業対相%識・いとみ 言 ま勇、子。拠報小なは呑説るれるSいるげ力中s なっ能中米流の化 に製 ても た決場開品 い生現。 の発質 動力 るか在 課力」 株式会社アルファTKG社長 高木 俊郎 」 のしの はて強 38題」66 発43・ 化質向造 「いみ ・見・7 ニくで 7力5% ーべあ %・%、 場緒が外の混づにるのきノ代 つ相稿 全戦れ終のり報でで葉 ズきり と問、「 & をに緻国手乱くよ中で時づに日い違で 茹 く術!始理の道あ、が 対と今 な題「技 大力密人法かりっ小あ間く開本て点は 違的」し屈歴はる〝あ 応し後 っ解現術 切をな労でら文て製るをり花の考を、 で うなをてを史、。歴るけ業 と に合意働発立化、造。かにしモ察鮮日 ガ 事実忠い崇に日と史。 む面と・が%・力 低 すわ思者展ち』世業日け起たノす明本 に行実 めは本こを「 べ、 ノ 、 」 るせ伝にし直を界・本て因地づる化の 気手にる伝触にろ遡川 な 14 安 き今 ウ・「 の モて達依、っ構に町列育し域く。し欧 エ が段深。えれ連がっをて っ 全 と後 ハ7多 ノ試を存今た築類工島まて密り 、米 日 つが堀「川るず綿今て上 26 し重てウ%品・・ コ づ練しせ日製しの場津れい着遺 日と ル く、り い を『、と日学れ て点る」、種 安 くをなずに造てなは々たる・伝 本の は日す 宣遠流のべ」 い的 が「少心 6 % 対 り乗が、至業いい、浦日。世子 独モ ず本れ上教くれD〞は るに。 熟量」、 こりら日っもる『こ々本数襲は 特ノ 本危 でとばれ師海るXと時 11 、 ●●77●● の取そ・練生22「 ス そ越、本て日。日のに独百制、 のづ 機 あ欧、 活のモにい間 の 海 はり 3技産・品 日え皆人い本戦本遺存特年度江 Dく が る米D 動向ノ関うの 本、が同る独後モ伝在ののの戸 Xり 。でXを 、組反%術」9質 』こづす意流 が現一士。特のノ子すも長モ時 にの ⑤ 本はの渡にうくる味れ ンRSDや会す面26  練 てト力く術「 ト ロT報C試員るリ日サ 技日い工」、」 応 ロ と『の大ィがそ『欧あのに大『すは『 誇 なさ高のトレわ揮数 に人ノ強のン誇 ーな告A験機。ニにト サトーパーツ 術本る場17次がボ 『系『手ア最のk米りが、手系るな擦 勘に度微・スせすの日ものづのモテる ドど書D成能無ュWー 者企。」・い17 擦列テ新1近まeで、特相と列ピらり る 所加な妙セ加型る技本注共く製ノグ手 で各、デ績を料ーEパ W や業 94で・ット 課 り』ィ聞』のまiは『徴互そ』ラな合 もえ打なン工』。術の目通り造づラ法 き種紛ー書備でアBー 資 人は ・%「8 合はアや『報使r『垂で依のはミいわ 要、ち擦サ・モ自を誇し遺は立くルで 、資争タ、え登ルサツ に長 2、コ%・ わ全1ブテ道用e系直あ存傘日ッのせ 『 求熟合りー樹ノ動融るた伝、国り型あ サ料鉱、2、録オイは E よい %「スと自 力 せく』ロィですt列統る、下本ドは型 さ練わ合な脂づ車合『い子高にが)る ンが物RD仕でート、 料 る間 とスト最動 題 』別『グアはるs』合。共の特『、』 擦 れ工せわど加くにさ擦。に度登開』。 プダCo・様きプを7 D 顧、 続マ対も化 は物テが2、こuの』企存 有系大モ るのやせさ工り代せり 支なり花と『 ルウMH3書るン全月 B 客熟 いー応多技 日でィ散』日と(訳と業共中小な列手ノ り 。経専でま・は表て合 え日つし呼擦  L な  本あア見な本もケ語呼間栄 組』製づ ま験門成ざ電、さ最わ ら本め、ばり 新で料やで商カき請 ど サ  こボ累連  工自はてると のる2さどの多イがば連の企織の造く たや的りま気機せ高せ れ語た日れ合 きや、き品テる求 会 同とッ計盟I 遺。』れと系いレなれ携関業体存業り 、アな立な電械るの型 て文。本るわ るサマるのゴよの イ 社をトで)F ファナック 場動低きカの の化コたス密 伝『とる表列。ツいても係群で在をで 合 日ナ技つ専子加『機』 い化日は日せ は機ンイ「仕リう履 員 は明の75はR 地、ス。タ接 子系日。現をと)のい強をとあで頂忘 本ロ術の門・工擦能は ると本世本型 能プリ仕様ーに歴 機ト 1ら生万、( 位標ト一ムし で列本欧す『こ』でる固持のりあ点れ わ でグので技ソ・りを、 こ日の界独( なルス様が内なな 9か産台フ国 生 準の方品た あ』の米るテろを、。でつ間、るとて の的深、術フプ合発複 と本モ最特イ どをト比一のるど 能 7ににのァ際 ロ産 を 業 化大、を関 も一登較度選。も 追新 4し到産ナロ ボ用 作で量中強係 に概はン切ながカした超大国方組ノパ せ こ型モ本は襲の りメに合テ はaり あ括録機に択ま確 加装 年た達業ッボ 産 り 欧台 世生国み性 は念、ダっいあラた。量規の法みづソ と(ノが、う製と、カギわレ数、d、 る請で能比した認 に。し用クッ 上界産企とに 無がモスて労りー方欧産模メで合くコ で組づ得デ悲造こ世・ッせビ十す 自 。求資」較た同で ロ たロがト げのと業しよ e 州 理根ジトい働、とな米体投ーあわりン あみく意ジ劇業ろ界エシ型、年べ 動 が底ュ る者意ブらや制資カるせでや 型 る合りのタ 台が中レリ』オ前て 車  い界食ラ動0生生0生度 万と台始しD年自ボ 市数 と同込がみた リ の i あにーー。も思ルわ中をにー。にあ携 。わを)ル幕頭21でキとのーにこn・ フる問品イ車0産産台産に現台き、。てEに社ッ 。じむ自は。 るあル 欧多疎ーか国確よは系より帯 』 『せ不擦家 に世も・つ傑デ家の カ ァ。わ、ヤメ台能しの拠自在にて22世L「にト 場75 単土こ動正い 。り生4米く通カる・立り、列っ、電 モ型要り電がよ紀てソめ作ィ電遺 メ ナ ず製ーー。力、産点動、到、00界1R導第 へ な俵と化反わ 、産・0が、もラと韓し、モをて標話 D ジ)と合の開りにはフらでオと伝Jラ ッ 幅薬でカ最は最業で化フ達211中」O入1 積万 るにはや対ば 日工や声単なー思国市低ジ持製準な ュ』しわ台いた、入やトれあ機呼子 a・ ク 広、、ー大最大用毎さァし07 のBし号 自入、コに強 本場 高純いにうの場価ュた品化ど ー生たせ頭 日りさのたる器ばがpコ ヨ く医電との大のロ月れナた2年5に 年販量O、を 極台 動る中ス近み でをDに作。はが製に格ーなをさ代 X ル産『遺に。本、れ融日。なれ生aピ ー 使療子そ顧1月ボ約たッ。1に 産T1開 ロ わな機の客万あッ8日ク 年50に売を―9発 投 化と国トいと 受対X発業言明、造参をルい完れ表 型がモ伝よ悲家韓た合本小どたきnー やい企に。取 け象の信員葉確ホ業入指型韓成たさ 』台ジ子り劇電国。芸製型もVてブ機 ッ れど器サは1たト0本は に万40を開M7し 資に 低う業踏日り 入と掛すとのなワをし向生国さ部れ と頭ュに、の業・ 術品な『Tいラな パ て業やプ自0りを0の高 75台万開始O7て コことみ本組 れしける割通垣イ視てし産・せ品る はしーよ(原界中 では筐擦Rるンど るた声イりじ根ト察きたの中るのモ 、たルる日因を国 あ、体り、。ドM 州子  注るッのの ととるととス )会T 中 はロク丹社 がで、、はト 精社H 、ボの沢長 重勝技高異で シ『ばかと にねのダン大ーか造ドて『のやあくのきり  T 工でK 過ッヨ真兼 要負術 なは ーアなしが日勝を覇スタきルっのイい擦はIるり擦ての日 よな部め 野社  H 有あは 去トー一最 だのをいるな 重ナらた絶本てし権トーな型た覇ツたり当o。をりお遺本 びが長、 市ア高 K 限る、 T国 1のロ氏高 。軸使技強く 視ロな『対はるてをリネチ』に権さ時合然T欧欧合り伝で 世らや77 生ル木 常 公T中 H 年全ッは経 をい術み、 のグい日条日はも握ーッャモ違をえ代わ /米米わ、子の 界、欧年 まフ俊 で のグ米に れァ郎 州 司H国 Kに 間体パ「営 ずこをを中 Dと。本件本ず、ろ4トンノい握もにせ D発人せ製は『 、Kの で的にフ責 らな開作国 Xデ日式で独が日う・時スづなる(は』 あ るXのがで造、擦 製ロのア 。T( 造ー海マ 2Kた T(連 わなおァ任 すす発る企 』ジ本Dあ自な本と0代をくい戦日、が。がイ理成現中り 業バ外ダ 0Gか H常結 生2 ず受けナ者 ここすこ業 でタ式Xりのいがしをを与り。略本米国 日ン解り場小合 をル子入 1社ぎ あルD』、D。欧て武迎えのしなを国際 日 本本ダす立の製わ 見な会社 4長・ 工トア1 増2こ旺り国 を新公K 産 過か るのXを日X 米い器えて流かど打・的 て観社後 年。と がにスるつ優造せ 場製ク万常築工と盛、で2増棟司( 工 去に 。融 探本の やると、いれし考ち中に マトの日れ業型 き点のもしにア大役ダ31し へ品チ4州す場かな中需0強をの遼 能 数増 合の求の道 中。しDるが、え負国幅得ッリは本たで』 たか社海て海ジ学。専月9お ののュ2新るのら需長要2す増2寧 か加 』基 力 し強を 国欧てX。、『もか、を意チー不の熟脈モ 。ら長外見外ア時電務ま5) 場 『本なみ歩 ・米、や特彼モ及しそ利とし4可モ練々ノ 日を販聞をを代気 で3株 生製エ9工。敷、要期が0る築工) を 月し 取 産造ー6場 地常が的急年。し場精 のた レはけをむ 韓の製イにらジば)しかすな・能ノ工とづ 本務売を訪中か通 ア年式 おめ本広問心ら信締マ長会 設とタ平は 内州見な拡後 、の密 新 売だ ガ、れ生こ 国ま造ンイにュな製てせるい0でづと生く 備中、方延 にと込視大半 生敷工 増 上け の国ユ㍍床 新遼ま点しか 産地業 高だ 製域ニで面 棟寧れでてら 能内有 強設 はが 造内ッ、積 をのるもお中 力に限 過、 5拡製は平遼0億約・ ッ るら投2全年を・と去 そとくもしうはス力はこだ互は悪れこをいあはのロしやいおりいきびの 0大造じ方寧268提 クま予に資0土間拡サし最 う割いうた。誰クゼ必と。いけいがそお、らそなナか生ず知目。くだが 0すをめ㍍工200供 ロた定1し0のだ大ー、高 いりかやこ特も回ロ要でしのじこ結、届効ゆういウし産れらにい取。、 0る増とで場年00を ボ丹と億、0新けしビヨを う切なめとに「避にだあか気めと果事け率るでこイそ、のせしずり大工 万。強す、は300担 ッ沢なユ今万しでてスー記 挑れかよでこご、すがりし持ややと故すよ知はとルこ納ケをたれ上手場 人総しるL2月万万う ト氏っー後ユいもいネロ録 戦るっうものめBる、、自ち責迷しやるく恵な。スか期ー見くにげ企火 民工生直M万竣円人。 ははてロ3ー施ヨるッッし がした。炎不んCこや決分を任惑て不と作といしへらなスるなしら業災 元費産動ガ4工)民総 、「いを年ロ設ー。トパて 見、り前上安なPとはしも切、を生祥普る技。かの受どでといて でやで知で知Iっ  (は能製イ5予で元工 ロフる投間以にロ過ワでい た次、向し定さとにりて周り区か産事段、術防し感けへも、のも れ て頻品、らコらRて製 25 1力品ド7定、(費 ボァ。資で上1ッ去ー販る いに不きやでい言目あ元り替切けをはか無をご工染るの、コがマい発質決せロせ情い造 億億をのを1。2 13は ッナ すさを億パ4ク売」 。向可にす不」っをらにもえりた止信ら駄駆う場は印影おロ正イ し不しがナに報る業 け抗チい確とた向たは被るとらめ頼言を使と火、象響わナ直ナ る せた良て多感行にと各 付刊   る15 くべーおるにし客社拡ト て力ャ。実はらけめ戻害たしお、感っな 思災いはのび関なス こ、多 染き混、社 オ 。月0 」てトい。役、が工大化 応だレ自な言聞るてらとめてわ非をてく しえやわ全有の連とのいと不くい者当じ新の ーでし本【 の0 とのすてこ立コ製場しの 援っン社ご ここそな損 のび効大いすてば品ばく無文もこ話もか祥はよがたっ製ホ ト発、紙お 竣0 話 る、れ ス で、ト もたジの時いえとのい失に意す率きる、、防質不異を言事ろ題あら事なう発るて品ー メ行次7知 工万 しこたおらつト造行フレ しらしご世たはも発。をは味るをく製顧生げ不可な伝と故だでるニにいだ。生。、やム ーい号月らたは28せ を円 てとめ客のとを工うァン た仕た都、くい重生わ受大も。生損造客産た良抗るえと・▼あかュ対が し最おイペ シ 予) いをにさ取確節場よナド く方結合ちない要原びけ切あおみな業にをも、力。ても不おりもーす気また近わベー ョし8日】 定で る行必まり信約をうッが なが果主ょいがだ因るたなりわだうだ高止の不で新いに祥わ、しスるにた旨はびンジ ンま月付 し、 。っ要を組しす自にクさ るなう義っだ、。をこ後こ、びす。か品めだ祥仕型る営事びあれでおな一の社のトを 新す4は て23 てなサみてる動、がら 。いまはとろ要リ極とのとおに▼そら質な。事方コ。業ののまな大わる方お内お、巡 聞。日休 い年 いすポにいの化顧自に URL https://www. satoparts.co.jp
Page2

2021年(令和3年)7月21日   (2) と 行情にろとし報戦たが長壕 るか名合が戦を最  販そわ報いで記。告死。め大戦し。のか軍あ線舞前営 売のれ交る終さ特書しそいにでか よらのる異台線業 母線プラグイン式オートブレーカ・漏電遮断器 員席る換営われににたしる伸、し うは戦。状にには 長野計器 デジタル微差圧計 にで。や業って報はそて様びく内 な平場ドなしい企 促何 月でてい告西の主なたる容 イ穏小イしたる業 (「 30G 富士電機機器制御 30 すか 末はいたす部日人 塹日は メな説ツ」小。の 場し 売販るとべ戦の公戦壕も膠 ー戦で軍と説第経 新たに極微差圧レンジ4種 ㎜― 面ら 上売。いき線軍のいのく着 ジ場あ対いに一済 ピT 受ペU線  がの 会促最う件異司兵が中るし をでる英う「次活 ッW グ注ーL(富 ㎜ 見報 議進前とな状令士続で日た 受あ。仏名西大動 チI をス登ブ士 ら告 がや線こしな部がい気も塹 ける題連著部戦の 品N 6対録ス電 圧 えPa圧62微  一)  月応(バ機 な同てa、レ/差長 Λ 30品グー機 た明 じべ戦思 日わのとにえれ シ製発、0ンG圧野 般( ロ日「ロ)器 。日昭がき線っ 精けないトてる リ品売スプ  ラ〜ジC計計 品ラ かGープ制 省 営に和す件異て いでいうピなが ピ コはしナマ スイ 25 4 63「器 ム 業むのるな状い っは営報ッい、 ン、た25P種」Gは ダ ーら―バラ御 開Tルグは 会か盛。しなる ぱな業告ク大大 ・小。Pa(にC、 シ) 始W)イ、 議っり としは いい活をス半き キ形 a、0、30デ リ しI品ン配 ス でての い、ず やだ動すはのな ャ・ )スプ  ラ〜極/ジ ー たN」式線 販前営 う特だ っろをるあ販テ バ パ高 をナマ スイ 10微Gタ ズ 。 、」用 ッ 売進業 状にが てうし。り売ー シ耐 加10P差Cル 」 Λおと遮 員し戦 況報、 いしてやま員マ ペ (よし断 はて線 の告西 る、いるせはを ル で微力対表ざ室たタ 側 のむー作減のレでイ  ラびて器 特いは 感す部  と毎る気ん特抱 き風をし示ま圧デン )さ配だ)業で配ー、ンい ム30、と る(有0値な監ジス のら線けにはき線カ中式ず ダ㍉「漏 ーチ を 動い販た業りり  にてに持各んに 。圧し・が用視タ・ 定に作でブ るス、継のれ品 )㍍G電 P①なる売。とのの 営発、対っ自と報 力、01 10途・ルセ 期、業電レ ブ ス。ペ電端たも シピ―遮 R新の営員そい営営 攻最業表次してはい告 )水PPに制微ン 的 が源ー しー源子め、 リッT断 し商か業にこう業業 にで月てい主うす ま面aa使御差サ な電完(カバかス(台省母完 ーチW器 ス て品」と「で感はが はきののた体発る デジタル微差圧計 でをのレ用な圧を 増源了1をーもを1やス線備 ズのIの 品 売やとは君現覚毎あ 攻た行反か的表こ も揺表ン可ど計搭 し(す次挿(、20次中ペプ 」省N「 り戦聞どた在を日る め前めか動 「 省ら活はと GC6(2 □48mm) 検ら示ジ能さで載 締1る側し銅配%)継ーラ のス 母 込略いんちの が。 のら内 、動なは 出す能に。ま、し め次。)込バ線削側ブスグ 需 む的てなの機持攻昭 営だ容をそのかあ ②なみ営攻器っめ和 業。を踏の目っり さ7電 ら0「タ力  た変レン期が 追 競商た業め部てのの と 簡ま目標たま が×源同発0Aイ対コ め更ース点不 要 合品。活て品い営盛 の線守 単え標を。せ 50 2で製売0Eプ応ーコーセル 造史ス  0会ン  、やカ作検要 ㍉2外品すWAののセ の東テ大0をでア 現取交業時な 長にはなは円 にて 営の①る介取に③見商 ㍍8形はるモシA自ル A 変京ム会人7東ズ 場り換がなた 大な西る彼で販対、 ②。客り出ネし品 と・サ、。デリC然は 化本カでが月京ビ 交回な軽どめ 対 にっ部。にも売す③ はなに扱向ッてを 小6イユ ルーー空、 ピ や店ンは参7本ル 換しど減の、 加 伸て戦しと多員る④ 担ど出いいト切使 ㍉ズニ をズD冷ピ 新長パ、加日店は 時がででメ設 型 びい線かっくが活は 業報当の向メてかりっ ㍍がッ 8」C大ー ーC 型がニ同し開安、 間不もきン置 てるのしての自動新 す回いー受ら替て な、1ト 月の電容ク コ「ー社た催全オ 、要電、テや 応 い感よこ攻受らでし る答てカ注のえい が高2型 か1源量電 ク ロ就沢ビ。し衛ン 停の線ブナ定 るじうのめ注のあい に告顧で件ーを問営る ― ナ業田ル 、生ラ 塹がな様のを動る見 客あ名か決い業こ CN要なるのしののら 電 ウ構貴シ 2大イ をール 規C外ーた品でー に電 壕す塹な営すき。込 にっをらめ合をと Ⅲ6とく。1た出ピ、 要なー半格、輸バ、が、ズGな時 のる壕活業るで み 対た決のるわ行を 」2さ産一0「力ー定 力D くくが続応うDイ すどム導をC出ルGそ標は―る間 中。戦動との1 客 必はし。め紹④せう発 に4れ業般0Aをク格 対 こ方重可し社―ル るの)体取Cに市― 準 T。を 対7る用産0E自電電 C とが要能、会19ス 建多や工得C必場Tろ品、W 大 〝 応7安ロ業WA然力力  応 の安にな将情)感 物額デ場しな要にWっと30I 幅 れ購も経込替ス発  るも員戦すつるを し―全ボ機タシ空2に で心な安来勢の染 でのー(てどな対Iてグ㍉N に る入、由みえク見② 要 。顧が況。。。行 、1規ッ器イリ冷4対 きしる全をの感症 は設タクい主U応Nいロ㍍  短 こし実で客は回しの 客①にた撃時っ 医 格トだプーで0し るて。管見変染( 、備セリる要LしはるーピΛ 縮 とた際引は困避て活 異 はの影まっ折た 用O「にけとズ実03 自電 東京本店安全衛生大会であい 職安全理据化拡C 省投ンー。国、てグ。バッシ 可 は後に ネ難なも動 聞活響た 顔 機VE必でな」現W倍 場全てのえ等大O フ資タン のK海ロまルチリ 能 ほにそき合ッだど実で な き動なまてをりき 来 さつする沢田東京本店長 のにの継たににV と取れいト。の績は 状 置でし敵た出た で一装・ 得06I器 然源 実働働続持対伴I ョCの  ワらのッ ん引ら や③理、競 く売。に し が ら り 、般置分産予10/向 ンZ高チ ーれスト どがの メ④由方合 あ 数 程り機当 て 撃 動 3産、析業定―1Aけ 空 とシ性ノ チノー ボてペプ な継商 ーので針使 度込器た 銃 年業医機用と1―A安 に しリ能ー ッおーリ い続品っカ新切、用 な でん販るちをき 冷 後向用器ロな  1M全 タ1000 アズビル 労災ゼロ推進 てータは 放 クりスン 。さをてー見りリを あで売が返撃回 にけ機、ボっ3、I規 、ズイ、 ス、効ト 値 年機器半ッてrE 格 可」プ放 )配率化 うく攻だめに認をび  タばのかな表だ 間器、導トいdNE「 イ 視の「射 や電)( がてめ。に報識動て 大は会攻ししでか 2にそ体やる」6SA 全国11カ所で安全衛生大会 画オI温 赤射 制盤がフ 、はさそ攻告すきい 目し方あ議め、ときら ・最の製計。も06N プW 像プR度 御(求ロ 中とせれめなる回る のるのに成言ず会 6適他造測 取60S 定全お上社を全取 行お衛な総は 願現 カシ―計 温 盤パめア 小安るなのしこら塹 の易武ら営ととせ壕 〟販。席営果うに議 。国り、の開国り同っよ生ど括、そいに 熱 売 上業はこ特の む億 11、お安催各組社たび活、安aのし向 態度搭メ 度 応式ての 販に器塹業言だての 標?店 でをなとに席 。円 1「 カ2よ全し地みは。グ動現全z後たけ をを載ラ しはい小 売考を壕がわ。い中 は 発やくにト上 の 0A 所0びに、での労 ルに場衛bのいた 映計しと 状計 てこる型 店え持か必せそるで 長 表っとなピで 売 0E で2浸対社安一働 ー携で生i 」と取 像測、レ おう。化 にてたら要なしこ販 大 すてもるッ成 り 0A 開1透す員全環災 プわ優管l安あり でし測ー に りし母ニ としせ出ないてと売 に るい本。ク果 上 Wシ 催年をる、衛と害 のっれ理グ全い組 監な定ザ 態ビ 、た線ー っまなてのた特を員 伸 ネれ来しス発 げ モリ す度図意協生しゼ 表たた者ル表さみ 視が対投 市ニプズ デー るはっ識力大てロ 彰個安表ー彰つを でら象光 場ーラが を るしでいT現がを る目業%しる くり動中在既て ルズ 予、て向会会、の を人全彰プで。お き赤物機 伸ズグ強 もろある技場あは例数標をと、 見 」 。守このの心のにそ る熱の能 映デ 長にイま のいる現術をるじえ値以すす本しりと営実の営扱の 込 ビ状温を が対ンっ だ情。場で訪。めば目外るれ来 だ業態動業っ様 像オ かの 。報攻を生問3、顧標にたばのし営。ではき活てな 中利 たまビバしビり産商  た場測 をデ 採ブけ著 やめ10産せカさ客が具めい攻 、用宇。とジー、ジ組業業横 は合定こ発オ ス 用レをし 武て例性よ月まに要体にいめこ業 あ攻な動い商 ス真 るめのがる品 同へ宙 めョと政ョみ化活河 月 コ空 レ、対れ売ス で をー中い 器い発に、でざはる的は。のれは こでだ商はが 社のビ 、ンと学ンをを動電 ー炉 ー直象ましコ コ 見カ心半 はれ見貢と1ま製。に売攻営を大 とはか談ずあ は期ジ 政のも産協行視を機 横面 プ内 ザ視物でたー 監 込がに導 見ばせ献か0な造 行上め業50事 にならテだる 長待ネ 府策にか議う野はは 映の 投フの放。プ ー ん多、体 つおよしI0現現 動数るを%で 気く、ー。な 期がス に定、ら会「にじ、 河 像ビ 光ァ視射 オ でい盤製 かも等てCの場場 す字営50とあ づ守活マ現ら 経 、 と月な」月入め 電ジ産 デ 機イ定温 プ い用内造 営高商 提提面るに面れと月 構ま業 出言産メ参産たしで 機ョ業 オ 能ンを度 シ 視プ る途に装 のダ行計 ョ 。で分置 想る月 しを業ン画業取たの ンビ いまうで ン の岐向 る4F―福8 す設業ムを  活ルーoにシ転ト幅セッ器量流 るのけ域に 事協  売シro7用にuの   るをにな所こーがず 。1。8岡1福るす所カも東 福北 用技タT、ス監の広ントのを、同。事、のお 真しリor□真対A双S ま。確おど、とザ、れ 4電―市2岡。るをンっ京 岡九 し術な)Iテ視生いシワ製高光社 業将 い 業 一 空たー(川―空応r腕M 川重協働ロボ向け た 保い視対で投ビか ―話15博―営 福移パて計 営州 、とどやIムを産産ンー品精、は 機来 て 機に エ。ズデ崎Xグしo協C 外 て定象狭光デ 7番博多0業 岡転ニ計器 業営 オドのAoを行設業グク力度圧電 会につ、 ジ 」ュ重1リた(働は 部 で確が物い機オを 2号多区0所 営しー測は ペメ最IT う備向技化、に力力 化おと宇 会 ェ =ア工□ッ協デロ、 真空グリッパ発売 モ き実困が場能ス使 8は鳳博1の 業、の機、 所 東に業 レイ新、(提供分のけ術し高測な、 をけし宙 参 ク 写ロ業―パ働ュボ川 ニ るに難小所をコ用 0城多1住 所新北器7 京移所 ーンのビ産 散制になた性定ど電 進るてを 探 タ 真)、K「ロアッ崎 SMC タ よ測なさや併ーし 09ビ駅福所 にた九シ月計 シ知デッ業。形御プど高能すの圧 め月位探 と =1dAZボロト重 を う定条い暗用プて と2ル前岡は 統に州ス30 器転を ョ識ジグ用さ制、ラで度でる物、 て面置索 る画 圧 を,u Xッ)「工 使 に視件場いすとい な―54県〒 合開営テ日 ンをタデIら御運ン、なネ機理電 いでづ領 力 発2AfPト」d業 う な野下合場るレた 相0業 では日養気  藤メ 強学産盤的とが 探リコ技ても(め水せい てを 対ン富ス知d認でイ化ス 張ト再オ可理かきアこ 談8し1執7死中相藤 め産業のにが宇将るサノ術、限生、、てうこい最 応でなテ識d証、ンしイ も監生ス能なら、ルと 役年て9り月去で談巻 巻ト てのビ構競見宙来。イミ、地 活 い極れる適 しさパムなOし川 たッ で視やコにど生先 で にに社7行9しあ役伴 伴ロ 訃 ら 全食 ワ タ 報 いメジ築争込に的 クーサ産れ、て料く限ら。化 てまッアしnた崎 小チ きシ遠ーな高産端 赤 就会長8っ日たっ)英 英電 くンョを力ま広に ルをー地 経 と環の す いざドッに登ツ重ン形、 るス方プる度現素イ熱 い長に年たに。たか氏 気 。バン目のれがあ 等実キ消る済の、と境強 る るまバプロ録ー工真・パ 。テか映。な場材ム部 て、就に。近83がね( 氏創 ー協標あるっら の現ュ型宇宙) ハ電 ビ力もにみ 知 。なリがボ製ル業空軽ッ ムら像ま温でのにの い18任同 親歳、てメ 死 と議にる中てゆ 仕すラの 資 にもを 見 ワエ可ッ品のがグ量ド 等ののた度の研監状 た年。社 者。7病ト 去業 連会、産、いる 組るー省に源タを空応宇 も ーー能トでK評リオを へリ録、計品究視態 。か2を の葬月気ロ 者 携の月業国く産 み完・資おがブは気用宙 深 クシ。の専―価ッー一 のモ画ビ測質開がを ら0創 み儀4療電 を政面基際こ業 も全エ源い最ルじ、さと め にョ豊シ門A・パル体 拡ー・デが管発でリ
Page3

(3)   2021年(令和3年)7月21日 いこノひ  A「 aクフ形ン部がは耐耐フC硬  ろれにとK DS b接ィさサに付滑え久リ材度素 なをカ月Z 儲かるメーカー 」a 独続ッれーはいりら性ー質60材 見実ー以法 改善の急所101  ㊧n 自シテ、トアて止れを)(のは ー送りを「フ  ピ え行ド内で と  のスィユのルいめる持で黒ニシ ラ時も施Pラピ なすをには 項 防A フテンーモミる用よち作色トョ イの低しAッア いる貼使、 水c ィムグザーニ。のう、ら、リア ン横い、Xトブ ア 問とりわみ 仕e ッなやールウパクカ剪れシルA 、滑真オB ジ 題、まなん 日本カイゼンプロジェクト モ プり空イ」デャ オ3ブ がいすいな 会長  柿内幸夫 様1 テどク独ドムッリッ断、リ―の 7 ィPイ自がのトープ力高コPゴ レを圧ルをルパ 「 突ろ。モで 2 ンiッの成イ内トににいンVム ス防下に追「ン ラ止でよ加Pは イ 自 士務術本く(【 う自か数すわのが 然 な器力高7ァフ0高  の ンしワすンるめ方イ 可グ イすのるしA、 (所マ経り株略 こ分らか。な中持例に ど、がい2ンァ×静山 P楕グてーるグ金、向プ円能の ンる吸スたO自 動 経所イ団の) とで、月今いにっえ顕 のイ要冷A「ン51圧洋 山洋電気 A円をスク適に属高 の形。い なよ着リ。 変 F動 ル 歴 営長ス連改柿 は保特に月モはてば在 急所33 冷ン求却DS、㍉の電 O形実ムに応適ワさ Pの ず どうにッ同」車 種 工 タの善内】 あ管に一使ノひい、化 却バさ性」a防㍍φ気 Fフ現ーし能しーに化A多 れ ににおプ製 業 柿 りし気回わがとるそし 見見 にー 能をn水厚1は はラ。ズっ力、クば量X段 か 適設いを品「 学改ー研を幸 れ が し計て防はP 界 内 まてにはな必月工れま 最タ と発 Aの7、 、ッ なかも凹のら Bべ で A用 に 車 業 )善(修通夫 、コ平講じ技幸 すいし使くず以具ぞす つえ 適、る低売ACA2高 制 細ト ハり備凸ハつ大はロ 取 たさも止、Oの 空 多ン成師て術夫 よるないてあ内やれ。 けな と制 消しcDC×風 長モ ンとえ面ンきき、ー り もれ強。リBサ 界 摩サ29も、士  ねといまもりに道の な御調費たeCD1量 いデ ド吸るにドがい垂ズ 付 の、いサッ」ク よ 大ル年務世事1 。いです、ま使具人 るい っ盤機電。1フC5、 低御 形ル リ着。対リあた直タ け と車剪クプとシ 類 方問 な体断シ吸 ョ 用 学タ度め界務9 多 ビン)る中所 きやしにがに たにそ 法題 しフン約来ト静6 て 消 ムオク  少け状 っ、力ョ着 ン 5 て部をン面段カ る ジト、。で  た道か集貼使とりはの てァト32品ッ圧・同い 「ーが日 な。の 吸 1 い品発カにベッ ネ、柿経実所 り具使めらわこま全場 を 装ンロ%にプは7製る 盤 Fプ提本 く垂金 ス工内済践長年 しがわてれなろせく所 置のー低比の1㎥品。 費 Iン供精 、直属 るの揮ッ滑ロプ 着 ス学幸産しと東 まほなみたいがん「だ の回ル減べ性9/は 電冷 Eプす工 機 安方パ 。アしプりーシ ス ク博夫業てし京 すぼいるモと、。問け 低転機して能5m、 Lラるは 定向ー セ、は止ズリ をカ ー士技省いて生 。人高とノしひ 題見 騒速能、消をPi最 Dッ製、 精日 性へツ ン吸従めモー ル 術先るモま 使数価、をてと 」て 音度にP費実an大 力  ト造フ 工本械 にのの ブ着来模デズ リ搬よ様ルに リ ッ 客技士進。ノれ う分なた一カ月 はい 、をよW電現で、風 sフ業ァ 優変搬 員術事技日づ。 頻出工まカー以 見る 省制っM力。業最量 &却 yォ向ナ れ化送 度て具に所ド内 当分 エ御てコを従界大は sーけッ 診部 てが向 ッ プ 」 実「「フ岡B教 てなし放ん「ゴば一と 問一一 防 題カつ のに器サ  定ネ に 兆監械t 断品 を対イーにがけ状の い 追 現ち儲ォ大S授 一くなっか大ロ十つ効 φ最、イ山 格ル を視要e 吸応ルク使あでのP楕る すょかー学)、 事増いて?問あ分か率 は所だ 1適通ネ洋 高 電ギ 水 捉し素m 着可が、えるす金A円。プ るこるド客特慶 がえ高お 題るでせを 0な信 電 圧ー え、部」 ア す能付乾、細。属O形 42っメ発員別應 万続価いも」のあい考 顕にけ 0高機ージ気 風 はを フ最 て損品に る。着燥高長高パBベ のとー 教招義 事けなたしででるぜえ 在集だ ×風器やは 量 A可 ァ適 診傷の対 プの 際薄しした低いさーはロ 防ヒ改カ企授聘塾 でま工らこはすモいる 25量な 、 C能 断や稼応 、型た 差ワにツ、ー ン善ー業。教大 あす具、のあ。ノ二と 化めと ㍉、ど急デ 1に す劣働し リ ワのワワがーばの細ズ 加 トが に著授学 る。が使状りこがつ工 する問 ㍍高の速ジ 、高 0す ン る化状た 状 ーワーークあクら搬長タ」企改 ぐ な業善イ 書(大 とそ際い態まれゴあ場 ノ「2学 すし限もをせはロれに ると題 厚静冷充タ 0る 状の態、 提 クーク、るなつ送いイの圧却電ル 〜。 態予を機 のクにオワどき向形プ どをの カ0院 静 。変急ベ 。 は 供態 ーイ1ビ 一て がド不すジいる 見 の始2 防 圧 てのA ち系2 sVョ監 証遠と電h電販しジ ース電  え所 ゼ1ジ カすこ減ン要。ワろと 防しTA水 い防DSら・4 tIン視 ス監 課隔にサa設売、ハHラの気東 コE る変 シ 。形 る〈 ン〜ネ 所ぐれり増なもとな、 え 水たMc遠 ョ モ る水はaでA0 e(「・ 金でよーr備を2ブU「構自光 ンV :1 42ス にには続えモう 不工 、。タe心 。、、nもCV FA診 を制っビgを開0 BW築動高 東ト充 、へ 大0ン・0ス 集使Kけてノ既増え要具 な 防保イ1フ デ 防保 使2、 m )IC断 タ視 実御てスe接始2)(eを車岳 光ロ電 こ き1を01ク めわZる、がにてな以 い 塵護プ0ァ 塵護A用0A EOア 現し、と電続す1」ウC担のと 高 み な項起―6ー たな法のおこ十いモ外 が 性等」0ン ル 性等c可0C 」 をLUプ ー す、充連気しる年をィhう充ユ 岳ー認 変〉こス)ル かいをで金れ分 ノに 能級をW「 能級e能V1 DSリ る充電携自、。6協ーaコ電ビ &ラ証 を 革」すタ、( らモ実すとはにくがも 、 でI発 S も とI1。系0 発  ケ 。電管す動WE月業チrンサ電 ユ開課 防 を、、」ン静K 初ノ行。場ドあのジい 、P売9a なP7 の0 売sNー ト の理る車eVよ開ャgトーは ビ発金 止 めをし 所ンるでワろ 最68開Wn っ56 2 どV しyAシ 認をこ充C充り発ーeロビ、 電 す マ目 一 在なるモするまなこて っ騒転ロan大 W「 4「ンネコ力停用  社に異が知軸動受siVン た ッ指改般 化かとノ。にすかれ分 て音速ーを、風  S 3Bデジン発電イT 独よ物り・受セのynIの軸。 チし善社 しっ、を分は。見以か い、度ル実最量 9a 74ン端バ電電ンD TDK 自る侵疲診のン近sg 「受 ン、の団 またこ一散集見つ外る る省を機現大は Wn 23サ子ー、源バK のき入れ断はサくtsfA用 グ2実法 す問れカしめえかのこ 。エ制能。静2 2  67の形タ太(ーは 振ずやにすくーにe(oCア か0行人 。題ま所ててなら方と ネ御でP圧・ TA 」0 ら1を日 がでにいみいな法で ルしフWは03 Mc を6新 アな陽Uタ、 動の過よる離の取mFrOプ ルど光Pや産 端ネ高 デ発大る。、信り)I Uリ 問9通本 一見集るるモいであ ギ装ァM7㎥ タe 発」シミに発S電業 子 形ジリ ー生荷は軸き号付」EBSケ 題年じカ 瞬えめ現こノとはっ ー置ンコ0/ イ1 売とリ電適電)源用 タを重く受ずかけはLe ー ・6てイ でてて場とを思なて とののン8m プ0 し「ー解し向、、のア 処、な離のをらた、DaNシ ■いカシど企報供課月日ゼ 顕いみので見いか、 な低回トPi 」0 たBズコたけ風無汎 理当ど、転検、振軸 rAョ 詳るイョ勉業提、題に本ン ルプ 細。ゼッ強間供新へ設をプ あえややそくにみ庫  のるン  ンな実端計1り格 %A可動Hz 56 の〜の0 =ミ に潤診ーセナmIlNー す技 ・ ンプ会の、たの立さロ りてり調こああるは一 エ独はコ がど装子。万、動高のに能作、・リ静1設V4写電ル よ滑断ルンッ)ElAシボる術 入 指、、ワそなソ。らジ まく方達かるっと少カ ッM、ニ 現 利さし、逆2定作い増達リ環85 1プ電5計  0真 る不すねサト」L Vョーこに 会 導工セイれ技リ企にェ するま、らもた全な所 ジOグカ 場 用ま放ヒ極0格温堅加しプ境℃Aル容0でD0。解 コ耐 摩良るじーにはDSIンルとよは 会場ミワら術ュ業良ク 。こであ始のと体くに サBルミ ミコ でざ熱ー性 運 牢と、ルの) 電量0、CV 耗や。のの取、 c 「ねがっ こ な見ナイのやー間くト とのるまでいでて置 ーOーノ ノ ルニ きま効ト接0用度性な従電下でA流を08の  ン の異ボ摩信りボ rfAじでて ち ど学ーガ基素シビす も不いっすうはもい マTプル タカ の るな率シ続0時は時 85をる来流で、C耐カμ2定D 進物ー耗号付ーseoC用き検 ら を会・ヤ礎材ョジる し具はて。こ山、て ルI会タ 。オをン防 の 持。品は最標(量バF0格C デ量 行侵ルをかけルywrOアる知 行、ワガとへンネこ ば合営、そとの集あ カX社ジ 火異 プ高ク止間寿℃ち 比1大準1はーのμ電〜 ン を入ね検らたねss Uプ。・ っ公ーヤなののスと しが業設しはよめる メ社でャ 災常 シめ上特の命で、 で0印的0最。範0圧5 サ 、なじ知、振じt(BSリ 診 て開クなる情提のを ば見の計てようて在 ラ製あパ 予 ョるに殊設はあ定 25 0加な0大 囲F用0 当どの・ボ動のeFa ケ 断 ちの開リを 防 すに備 たン圧  すュ Iらsョ が技社 早危始ュ活 ソ熱 るかの同。シ延ジ 軸受荷重を直接測定 るーBEダtンこ可術独 く険しー用 リ こか主技 ン設ェ ジェイテクト  こタOLウeはれ能に自 検性たシし とる要術 備イ と)XDンmFら。よの 知を。ョた ュ可 で荷部は グ用テ でへ( ロ Iの っ振 し可現ン「 通視場」火 ー視 設重品、 技 術のク 使イ産sーSEア て動 シ 備をで鉄 を軸ト セ うン業yドtLプ 検デ 知化のの災 の直あ鋼 受は こス用sしoDリ 知ー すし異提予 ョ化 ン 状接る圧 開荷、 ン とトコtてr ケ ・タ る、常供防 態測軸延 発重鉄 がーンe、esー 診処 こい熱をソ を定受設 しセ鋼 シ 荷 でルピmFかyシ 断理 といカはがー力がで転ン設告は な変な容告を度リく見アし物活エ ると 定応張い条の軸よ ン 重 サ査たビるの集ン全 き 可るラ、でレし接通灯、定音、異っ化温を温しをア検えを最体用ッ同。で と)力設件見受り 測 ー・軸ス「技しサにまる 視たーサきスて点知なスしにカ常て率度変度た設ご知な設大温しジソ 火 、、鋼備にえを早 グ 定 ビ分受」デ術たー関た。 映めセーるで周やすどマて加メ熱いで変えにり定と・い定20度てサリ 災 最軸な改おる通く 方 ス析ややー者振ビす機 像、ンマ。連辺Iるさーおえラをるも化る合、しに通異しカを、ーュ を 適受ど修け化じ正 技 法 」すボ、タが動スる会 をササルま動機P。まトい、本検。通とこわ設て異知常て所面対マー 未 設破の(るとた確 概 をるー損詳詳デもソ設 同ーーセたさ器信カざフたあ体知 知いとせ定異なす熱、ので象ルシ 然 計損難高信過設に 術 略 提「ル傷細細ー展リ備 時マをンカせと号メまォ らかし がっやてし常るるを視検常エカョ に に原圧速頼酷備把 開 供現ね・分にタ開ュの にル備サメるサをラなンパからた 可た、通た熱警。い覚知時リメン 防 よ因延化性な健握 す品じ劣析分をしー予 見映えーラこー入本方、ソじの場 能温急知各検告各ちでエ監アラは 止 りの材・の負全し 発 る調を化サ析同、シ知 る像てとにとバ出体法回コめ警合 と度激内警知温エ早はリ視のを、 す 壊推対高高荷性、 。査調しーす社収ョ保 ェーけ技スに回ーラ途療等療gたをrーイ  と容スE入況こ る年業等展にイにサ新イダ行のネ  る億し が経一温れ防れに減たの・ しれ アにの術モ適転。シに用の機社。取oメスマ カス が易テハに把と 。7をよ開鉛ンよン会ンスう販シG 蓄イ 。円て国主験定度る止にはが稼過重鉄たな をお人をーしな静レ特ハ家関はE得mーのブ ーイ でにムブは握が 月譲りす蓄ドるテ社ドト合売アS 電ン の提内流に期や。す起軸求働酷荷鋼。い 持い工有タたど音ス化ン庭向、l aカ医チ き利を、カをで かり同る電ネ合ィはネリ弁とにユ 案鉄と基間振従る因受めとな重圧 軸 って呼しー高の・モしド向け人eしgー療モ マをス 、 ブ子医 る用構パメ容き ら受社サ池シ弁ヨ、シア会メ産ア 池ド 販を鋼なづ管動来こすのら整環・延 受 ては吸、の特医低ーたピけ・工c子 の機ー チ 。を成ソラ易、 事けのンのア会ガGアル社ン業サ 販ネ 売進メっく理変のとる突れ備境高設 提 い高器医開性療振タスー)C呼t会SE器タ モ会療 開でコ本に通 業、産テ販国社社S設バユテ用は G S売シ を 目めーて健し化 設が2発、コで速備 案 るい用療発ブ機動ーイス・P吸r Al用ー ー社メ 始きン体す知 を2業ィ売内で等ユ立ッアナ蓄、 ユ会ア 。カい全、の備重次損安スも回は を 。市モ機・ラ器・メス等歯A器o社のeモは タ化ー するかとる時 開0電ヨ事をあのアしテサン電イ ア社に 標年ーた化過傾管要被傷定ト安転、 可 場ー関製シ用高ーのの科P(m化株cー、 ー るたらP。の 始2池ガ業中り出サたリイス池ン と間に。対去向理 シタ向造レ途速カブ用治※医aし式tタス こめシo導状 す1事社を心、資、。ーンを等ド サ す5対 応のをは と害や稼の定な高 能 、さをそ働低しど温 と https://www.kaizenproject. jp/
Page4

2021年(令和3年)7月21日   (4) シュナイダーエレクトリック 製造業DXに必要な機能を完備した次世代型産業用コンピューターPS6000シリーズ 5つの特長 【前編】 進化する「Pro-faceブランド」 実図 現 1 に  よデ りジ 期タ 待ル さト れラ るン 効ス 果フ ォ ー メ PS6000シリーズ ー シ ョ ン の 特 長 高い耐環境性と信頼性、充実した安心のサポート体制 シュナイダーエレクトリックお客さまアンケート調べ 4  PS6000シリーズは、産業用途での使用を前提とし、オフィス用のパソ  2011年、ドイツで発表されたインダストリー4.0を契機にはじま 多種多様なデータを集め蓄積し、加工・分析して、見える化して活 コンと比べても高い耐環境性と長い製品ライフサイクルを備えています。 設計段階から故障率を半分にすることを目標に大幅なリニューアルを行 った製造業のデジタル変革。第4次産業革命とも言われ、いまも世 用する。DXの実現は、こうした基本ができて初めて成り立ちま い、部品点数の削減や厳しい品質検査を行った結果、2年間の無償保証期 界的なトレンドになっています。はじめはIoTやAI、ロボットなど す。その基本を作る上で重要なのは、いろいろと混在している千差 間を提供できるまでの高品質を実現しています(オプションの延長保証を の先進技術を活用することでものづくりの形が変わっていくという 万別の規格や機器であっても、容易につなげてデータを収集できる 利用することで最長6年の保証期間が可能)。 捉えられ方ですが、そこからITとOTの融合が注目されて進化を遂 接続柔軟性と確実性。シュナイダーエレクトリックが2021年初頭に  耐環境性では、ファンレス構造でファンフィルターの定期交換や現場の げ、最近では企業や社会全体の活動の変革を意味するDX(デジタ 発表した産業用コンピューターの新製品「PS6000シリーズ」は、 粉塵、油などから引き起こされる故障がなく、メンテナンスや管理工数と ルトランスフォーメーション)となっています。しかし、インダス Pro-faceブランドとして長年培ってきた「どんなPLCともつなが コストが低減できます。保護など級のIP66F/67F対応で高圧噴流水でフロ トリー4.0、第4次産業革命、IoT化、デジタル化、DXと呼び名や捉 る」から、工場・製造現場のあらゆる機器とクラウド、さらに上位 ント部を洗浄でき、丸洗いで衛生環境を保つ必要がある食品や薬品の製造 え方が変わっても「現場からデータを集め、それを活用する」とい の基幹システムの間に介在し、「どんな機器・システムともつなが 現場のエッジコンピュータ、HMIとしても最適です。他にもUWF う本質は何も変わっていません。製造現場にある各種機械や生産ラ るIoT・エッジインターフェース」に進化。 DXの土台を支えるキー (unified write filter)やRAIDに対応し、ストレージ破損によるデータ インの情報はもちろん、工場や建物のエネルギー設備、物流倉庫の コンポーネンツとなるPS6000シリーズについて、シュナイダーエ 損失を未然に防ぐことができます。  サポート面についても、PS6000シリーズは大阪にある自社拠点で修理 在庫など、工場内のあらゆるところから、それぞれに形式が異なる レクトリックの製品担当者が解説します。 対応から製品のカスタマイズ、キッティングサービスを行っており、日本 品質の高いサポートを提供しています。海外に出荷する装置や設備のアフ ターサービスについても、国内と同様の専門拠点をヨーロッパとアジア、 どんな機器、システムともつながるIoT・エッジインターフェース 北米の3カ所に設置しています。そこでは日本国内と同等のサービスを受 けることができ、海外でも安心して使える環境に一役買っています。 特 の通信ドライバーが200種類以上用意されており、それを利用することで 長 ARを使った技術伝承のデジタル化 製造業でも高まるDXニーズ ワンランク上のデジタル化へ プログラムレスで機器との接続ができるようになります。製造ラインにあ 5 る多種多様な機器と接続してデータを収集するには欠かせないソフトウエ  製造業のDXでは、ものづくり企業がこれまでに蓄積してきた熟練技術  DX(デジタルトランスフォーメーション)が社会的なトレンドとな アです。通常、ほかの産業用コンピュータでは機器接続用の通信ドライバ 者の知見や技術をいかにしてデータ化して資産化し、次の世代に継承して り、製造業でも例外なくデジタル化、データ活用のニーズが高まっていま を一つひとつ作り込む必要がありますが、Pro-faceならそれが要りませ いくかというのも重要な要素になります。いわゆる匠の技術や若手の育成 す。しかし、従来のデジタル化は生産性の向上や業務効率化に主眼が置か ん。収集したデータの活用についても、当社グループ会社のAVEVA(ア です。それに有効な手段として期待されているのがAR技術です。現実空 れていましたが、最近のDXトレンドは、働き方改革やコロナ禍を受け ヴィバ)社のソフトウ 間にデジタル情報を重ねて表示し、作業ガイドとして有効に作用します。 て、企業として長期的視点で考えるなかでの自社のビジネスのサステナビ エアを使えば、複雑な 図2 ソフトウエアとの高い親和性 弊社でもAR技術と遠隔からのリアルタイムな指示を可能にするリモート リティー(持続可能性)や、自然災害や経済危機の際もいち早く回復でき データベースやSQLの アシスト技術とを併用した「EcoStruxure Augmented Operator るレジリエンス(回復力)、さらには予想不可能な事態に直面した際も環 知識がなくてもデータ Advisor(シュナイダーARアドバイザー)」をソリューションとして提 境の変化に追従して柔軟に自社を変革して対応するダイナミックケイパビ の長期保存や分析が可 供し、技術伝承や若 リティー(企業変革力)の強化なども加わり、会社全体を挙げた一大変革 能になります。 手育成を支援してい 図4 シュナイダーARアドバイザーの利用シーン 活動となっている点が、従来とは大きく異なっています。  またHMIとして装置 ます。  製造業では、従来から引き続き工場や製造現場におけるFA・自動化、 や設備の操作端末とし  PS6000シリーズは 省力化・省人化の推進に加え、コロナ禍で国内外問わず人とものの移動が て利用する場合も、 シュナイダーARアド 制限されたことにより、デジタルやオンラインを活用した業務のリモート HMIソフトの資産をそ バイザーのなかでも 化が進んでいます。これまで工場や現場に直接行かなければできなかった のまま活用でき、さら エッジ領域で中核機 業務をオンラインで代用できるようにするなど、これまでとは異なる視点 にPS6000シリーズでは 器として役割を担っ からのデジタル活用が求められています。 スマートフォンのよう ています。HMIソフ  シュナイダーエレクトリックが実施した昨年12月の顧客アンケートで な操作が可能になる新 トウエアやAVEVAソ も、DXに期待する効果として「リモート監視・リモートメンテナンスの 型のHMIソフトウエア フトウエアによる制 実現」を求める声が多数を占め、こうした背景を裏付ける結果が出ていま も用意しています。よ 御機器や上位システ す。 りHMIを身近にし、使 ムとの高い接続性を いやすい操作感にする 生かし、サーバーに DX、IoTを実現する産業用コンピューター ことも可能になってい 蓄積されているマニ ます。 ュアルや機器の情報  こうしたDXの背景とデジタル化のトレンドを元に開発したのが、Pro- 特 に加え、センサーの faceブランドの新製品となる産業用コンピュータPS6000シリーズです。 長 強固なセキュリティー対策 状態やMESなどから  Pro-faceの産業用コンピュータシリーズは1991年に世界初のパネルコン 3 の不具合情報の参照まで、さまざまな情報をタブレット上のARを通じた ピュータとして誕生し、これまで長年の間、どのメーカーのPLCとも接  DXが進むなか、多くの企業がリスクとして認識し、気にしているのが アクセスを可能にしています。具体的な利用シーンとしては、設備の定期 続できる特長を生かして主に装置のHMIとして使われてきました。今回 「サイバーセキュリティー」です。PS6000シリーズは、制御機器・シス 点検の操作方法の教示について、設備そのものをタブレットで撮影し、そ のPS6000シリーズでは従来のHMI、パネルコンピュータとして使えるだ テムの堅牢性に関するグローバルな認証や基準であるAchilles Level 1 の撮影映像に点検で必要となる設備データやマニュアル、動画、注意点の けでなく、製造現場のDXに欠かせないエッジコンピュータとしても使え やISA/IEC 62443と同等レベルのセキュリティー基準をもとに設計されて ポイントメモなどをリンクさせておくと、現場作業者が点検作業の際に設 るように最適な機能と性能を搭載しています。PLCやセンサーなど各種 いて、データなどのデジタル資産を保護する安全な制御システムを構築す 備にタブレットをかざすと、それらが画面に表示されるようになります。 制御機器とつながるのはもちろん、MESやクラウド、上位の情報システ る仕組みとしてTPM2.0とBitLockerによるハードウエアの暗号化も可能 現場作業者はそれを見ながらサクサクと作業を進め、作業内容を体に覚え ムとも連携し、フィールド、OTとITの中間に位置するエッジ領域でIoT となっています。またホワイトリスト方式のセキュリティーソフトウエア させていくことができます。また、あらかじめ決められた点検手順通りに を支えるコンポーネンツとして利用できます。DX時代を迎えて、どんな (McAfee Application Control)を組み合わせることによりセキュリテ 点検を実行したかどうかをチェックする機能や、現場と遠隔地にいる技術 PLCともつながるHMIとしての産業用コンピュータから、どんな機器・ ィーを高めることもできます(オプション)。 者やベテランとをリアルタイムに接続して映像を確認しながら指示を与え システムともつながるIoT機器としての産業用コンピュータへ。PS6000シ  さらに、製造現場にある装置や設備とオフィスやリモートワーク中の自 る機能も実装しています。現在のような移動が制限されるような状況下で リーズは、DX時代に求められるスペックや機能を備えた製品です。 宅のパソコンを暗号化して安全に接続できる「Pro-face Connect」も提 も、普段通りの点検作業を継続できます。 特 長 業界最高レベルのハードウエア性能。 供しています。Pro-face Connectを使えばパソコンからリモートデスク PS6000シリーズと産業用コンピュータ・ 1 用途に合わせた部品構成にも対応 トップを介してPS6000シリーズにインストールされたPLCエディターな まとめ どのソフトウエアを操作できます。セキュアな環境下で製造現場にある制 エッジコンピュータの違い  PS6000シリーズは、業界最高レベルのIntel第8世代のハイパフォーマン 御機器のメンテナンスが可能になり、リモート監視やリモートメンテナン  ひとことで産業用コンピュータ、エッジコンピュータと言っても、国内 スCPUを採用し、さまざまなソフトウエアをストレスなく動作できる基 スを手頃な形で実現できます。 外の企業から数多くの製品が出されています。これらとPS6000シリーズ 本性能を備えています。 の決定的な違いは、やはり「中身(ソフトウエア)の有無」。ハードウエ  また、産業用コンピュータの用途は多様化しており、PS6000シリーズ アを購入し、いちからソフトウエアを作り込む、またはすでにあるソフト ではCPUの種類やディスプレーの有無、メモリーやストレージ、シリア 図3 Pro-face Connectの利用シーン ウエアを組み込んで調整していくのと、すでにHMIのPro-faceとして30 ルポートなど内部の拡張インターフェースまで、オプションで構成を自由 年もの歴史があり、産業機器との接続性において信頼性が確立されている に選択できるCTO(Configure to order:組み込み出荷)に対応してい ソフトウエアを組み込んであるものを比較すると、システムとしての完成 ます。高速な処理が求められる場合には高性能CPUや大容量メモリーを 度と、設備やシステムに導入して稼働を開始するまでにかかる工数と納 選んだり、逆に厳しい環境下での利用や故障を低減したい場合では駆動部 期、コストには雲泥の差があります。 品がないファンレスCPUやSSDを選ぶことができます。機器の構成は、  ユーザーが望むこと、メーカーが本来やるべきことは、高品質で信頼性 当社Webサイトにあるコンフィグレーターを活用することで製品選定が の高いシステムを短い納期で完成させ、稼働を開始すること。そして故障 簡単にできるようになっています。 なく、安定して長く稼働させること。長い経験と実績に裏打ちされた機器 特 としての信頼性、完成度、さらには日本国内に技術拠点があり、手厚いサ 長 DXに必要なソフトウエアが勢ぞろい ポートを受けられることは、それだけで大きな価値があります。DX実現 2 に向けた重要なキーデバイスとして、PS6000は良い選択肢になるのでは  PS6000シリーズでは、DXのカギを握る各種ソフトウエアをそろえてお ないでしょうか。 り、ハードウエアとソフトウエアを統合して、手軽でスピーディーに必要 な機能・性能のエッジコンピュータ、HMIを手に入れることができま す。例えば、Pro-faceのHMIソフトウエアにはPLCなどの制御機器向け シュナイダーエレクトリック インダストリー事業部  https://www.proface.com/ja
Page5

(5)   2021年(令和3年)7月21日 DXの国内市場(投資金額) 【寄稿】 「強い生産現場」のための顧客情報の活用  第 1 なぜ生産現場は、営業との意思疎通がうまくいかないのか 回 株式会社NTTデータグローバルソリューションズ なまま処理が行われているとも言われます。 れ、顧客に販売するという考え方をしたとします。 製造業のなかでよくある対立構造 実際には、コミュニケーションの場として製販会議  その結果何が起こるのか、というと、当然のこと などが定期的に行われているケースもあります。し ながら生産部門は営業部門に少しでも高く販売しよ よ投にとブ  っ資入なロI  あらゆる業種で顧客との接点となる営業部門は、 かし、ここで繰り返されるのは譲らない互いの主張 うとし、営業部門は顧客にさらに利益を乗せて販売 てはっるッo Sサテ0りでは0ン  Fーィ年組も31(富 企業にとって欠かせない存在であり、製造業におい と不満、そして最後の切り札である「お客さまの要 しようとします。生産部門と営業部門の過剰な利益 非本てデクT 対格おジチや 富 Aビン度み製・9D士 てもそれは例外ではありません。しかし、多くの企 求」という営業の言い分です。その結果、生産現場 が乗せられた製品は、当然市場での競争力を失いま 面化りタェA 士 のスグにが造8年Xキ 業において、顧客に近い立場の営業部門は、物理的 は常に営業から納期や仕様の無理強いの犠牲になっ す。営業は会社としての利益が十分確保されている や。、ルーI Sははは活関倍度)メ 人ます技ン、 キ a514発連とにのラ にも心理的にも製造現場からは距離があります。そ ているという被害者意識を持ち、一方、営業からは ことを知っているので「例外的に」値引きして販売 手たで術なR メ a705化はな7国総 P S200しスる9内研 のことが製造現場にさらなる負担を強いるだけでは なぜ顧客の要求にこたえられないのだという不満で します。そしてやがてこの「例外」が日常となり、 をコにがど ラ 介ロD実DA や億70てマ31市に 総 なく、企業の競争力と価値にも影響を与えます。そ 終わってしまうのです。 適正な利益も競争力も失っていきます。 さナX用X、 ク円億億2ー兆2場よ な禍へ段基5 研  ラか円円0ト4億調る こで、本連載では、製造現場と営業がうまく協働で 企業の利益の最大化を狙った組織ごとのKPI設定 いにの階盤G ウらかと1フ2円査デ きない原因を分析しながら、その解決策につながる 既にシステム導入済みの大企業でも、使い は、時として顧客満足よりも自部門の評価が優先さ 、 ド1ら49ァ5だにジ D 利12・年ク億っよタ ヒントを探っていきます。 こなしている企業は少なく、状況は変わらない。 れます。それは、部門間の利益相反を起こし、結果  せ点まる業 製る改っな務 X 用956度ト円たるル として対立構造を生み、企業全体の競争力を奪って 造一革てどプ が09倍のリまもとト 国 進億0に9ーでの、ラ 製造現場と営業、ともにゴールは共通  これらの問題を抱えている企業は、システム化が いくのです。 業因なおデロ 界とどりジセ 内 む円億成7や拡がDン 遅れていたり、属人的なプロセスに頼っている小規 はなが、タス 市 とに円長1サ大、Xス 見なに。億ーす2のフ  この記事を読んでいる製造現場の皆さんは、営業 模な製造業での話ではないのです。実際には、売上 実は、誰も本当の数字を見ていない 人っD業ルの 手てX務化確 場 らり、営円ビる0国ォ 部門とのコミュニケーションは円滑でしょうか。ま 数百億円から一千億円を超えるような一定以上の規 それぞれ個別のデータ管理は、組織全体の 不い投変へ立 調 れ、カ業かス見3内ー てCス・ら化通0市メ た、営業部門の皆さんは、製造現場との意思疎通は 模で、かつグローバル展開しているような企業でも 足る資革のが 査 いRタマ2へし年場ー 不合理を生み出してしまう と。をや関求 とれているでしょうか。残念ながら、多くの企業で 状況は同じなのです。この規模の企業では、もちろ デ 加顧心め るMマー0の。度はシ この場合、双方ともうまくいかないどころか、対立 んシステム導入はそれなりに行われています。しか  このような状況を打破するために、「コミュニケ ジ 速客がら 。やーケ3取中に2ョ タ さ接高れ しているケースは珍しくないのが実態です。それで し、実際にデータが蓄積されているのは、営業部門 ーション」が重視されています。それではここで言 は、なぜこのようなことが頻繁に起こるのでしょ と製造部門それぞれのシステムや、営業担当者の うコミュニケーションとはなにでしょうか。それは 2030年度に3兆円突破 う。営業は、製造現場より、顧客に近いと自負して Excelシート、さらに生産現場も最後はExcelで管 「業務の流れに応じた鮮度の高い情報」です。製造 おり、その代弁者である自分たちの意見こそ通るべ 理しているというケースも少なくありません。しか 現場から見ると、営業のプロセスや顧客とのやり取 きだと考えがちです。しかし、製造現場も顧客のた も、極端な例では、生産現場への作業指示や出荷は りが見えず、突然結果としての要求が降ってくるよ 製造関連 19年度比で規模4.6倍に めによい製品を作りたいと日々努力しており、そも 手書きの指示、などということもあります。結局、 うに感じます。多くの企業では、営業はExcelで案 そも製品がなければ営業も成り立ちません。つま それぞれの担当者は手元のExcelですべて管理さ 件管理をしていたり、システム化されていたとして り、顧客に価値のある製品を届けたいというゴール れ、都合のよい結果だけがシステム上で共有されて も営業部門の中で運用されていることがほとんどで  発予測視化が普実とい視向スシフ見30くル は共通なのです。そして、製造業は国際的な競争に いるのです。 す。逆に、生産現場における生産管理システムなど 営化兆な化にり及装する化けマョァ込年、化 業し保どさ向、に可る。をてーンクみ度その さらされ、変化を余儀なくされています。つまり、 も営業部門に公開されているケースは少ないので ・て全にれけ幅よ能Iラ目生トへトとにこに遅 本来、企業の中で対立している余裕はなく、外部の ストレスだけではない影響 す。そればかりか、複数のシステムで管理されてい マいによたた広りなoズ的産フのリな向 ーる向る情取い導クTベと設ァ投ーっけ対れ 競争に勝つために一致団結しなければいけないとい ると、データの鮮度や粒度などもことなり、それぞ ケ。け作報りユ入ラシリす備ク資やててすにるよ うビジネスの原点に立ち返ることで、容易に両者の  これらの対立構造がもたらす影響は、製造現場と れ同じことを別のデータを見ながら議論するという テ た業の組ーのウスーるのトがサい大 ィ 取効分みザハドテパ投稼リ中ーるき投る コミュニケーションは改善されていくでしょう。 営業が感じるストレスだけにとどまりません。結果 笑いごとでは済まされない事態も起こるのです。こ ン り率析がーーサムイ資働ー心ビ。く資非が効 として、無理な納期に対応するための度重なる残業 れでは、いくら両社が対面して議論しても、本来の グ 組の、進層ドーやをが状のとタス伸 は み改A行でルビ安ベ進況実なイマ長増率 相手の立場を知らない、 や休日出勤、そして品質の低下や納期の超過など、 コミュニケーションは成り立ちません。 業 も善I。可がス価ーんの現りゼーす加しが 知ろうとしないことから生まれる悪循環 その影響は顧客に及び、自社の価値を大きく下げて そのため、健全なコミュニケーションには健全なデ 務 活や予可視下のでスで可に、ートる、多 行ってしまうのです。 ータが必要なのです。 トのト 大能れ業拡型るなスプ会が高Aン効  とはいっても、一度対立関係が生じてしまうと、  生産現場と営業それぞれの セ投型カしな、 大コ機どコレ議進機はが率 KPI(Key Perfor 活 ン資コスて大高動をロ能、アーとん能S中化 そう簡単にお互いの信頼を築いたり、関係を改善す mance Indicator:重要業績評価指標) これらの問題解決のため、顧客情報を タがンタい手機管契ナ拡ツリトのでなa心を ることはできないというのが本音でしょう。例え このような対立構造を生み出す原因の一つが で ー中タマく企能理機ウ充ーン共連いサaと主 KPI 正しく共有することからはじめよう で心クーと業なのにイなルグ有携るーSなと ば、製造現場は、いつも短納期での受注や仕様変更 す。KPIは、営業、生産、調達など、部門ごとに設 はとトサ予をS必オルど間、、、。ビベりし などの要求に振り回され、現場は疲弊するばかり。 定され、数値的な目標が設定されます。それぞれの  以上のように、多くの企業で存在する生産現場と 従なセー測中a要ンスが連最案営メスン、た来るンビし心a ラ感実携適件業ーのダCソ がんばっても顧客から感謝されるのは営業で、製造 部門を独立した組織として見立て、それぞれの部門 営業の間の課題は、仕組みの問題であり、それを解 オ。タスてにS性イ染行や行見業ル開ーRリ が 現場に届くのはクレームばかりという話もよく聞き がKPIを達成すれば企業全体の利益も最大化される 決するためには、共通のデータを使ったコミュニケ ペコーはい市を ン症さA動込務や発をMュ レンなリる場導認でのれIのみのWや中/ー ます。 はずであるという考え方に基づいています。組織も ーションが不可欠です。そのデータの中でも、企業 ータどモ。は入識の感、に提度テE提心Sシ タクへー 拡可さ営染新よ案のンB供にFョ  しかし、営業の立場から見ると、製造部門に生産 このKPIで評価されるため、それを最大化しようと 活動の源泉となるのは顧客情報です。もしかする の進捗(しんちょく)や納期を確認しても、いつも します。しかし、現実には「合成の誤謬」と呼ばれ と、営業部門は、顧客情報は自分たちのものである とで  らに採点な後業ウ染2は念ー 、い足 コ業 れ取用でくは務ド症0わかの タイムリーに精度の高い回答は得られず、その都度 るような、個別最適の総和が全体最適にならないと と思い込んでいるかもしれません。しかし、それで Dる元 ス務 るりをの、感にサの年ずら管 あちこちに確認しながら個別に調整しなければなら いうケースが発生するのです。以下の例がそれを物 は製造現場と営業が抱えている対立関係は解決しな X。で ト効 。組進業人染取ー感はか在理 のアは むめ務材拡りビ染新で宅や ない。これでは、なかなか良好な関係を築くのは難 語っています。 いばかりか、企業の競争力と価値をじわじわと下げ シンD 減率 企るが不大組ス拡型あ勤セ しい。 ていってしまいます。あらゆる顧客情報は、すべて スケX な化 業な難足対むを大コっ務キ ど  この様な状況が程度の差はあれ、多くの企業で見 生産部門が(材料や部品を仕入れ)、 テーも や がどしを策企活対ロたにュ の部門につながる価値の源泉であり、事業の起点と ムト少 D省 増リい背と業用策ナも取リ 受けられるということは、たまたまこういうことが なる情報なのです。 を調し X 加モ被景しがしとウのりテ 完成品を営業に売るという奇妙な現実 導査ず 進人 すー雇にて急リしイの組ィ 起きているわけではないのです。その大きな要因  次回は、生産現場に対してもリアルタイムな顧客 入につ 化 るト用企だ増モてル、むー は、不明確な業務規定・ルール、役割分担にありま  例えば工場などの生産部門が独立組織としてP/L 情報が共有されると、どのような変化をもたらすの 済よ進 展 と業者業け。ークス2企の みるん 、 み務の拠で今トラ感0業懸 す。さらに、営業部門と製造部門で個別に構築され (損益計算書)を作成し、その利益を最大化すること かを考え、それを実現するためのプラットフォーム たシステムにより、業務と情報が分断されていると が求められたとします。この場合、生産部門は調達 CRM(C u s t o m e r R e l a t i o n s h i p M a n a 台後ネネっ化ーロト/全 増も後実前の 固。ススて、すナ削省体導と29 3証回ユ いう仕組みにも起因します。このことが、当事者が 部門から材料を買い、完成品を営業に売り、営業も gement:顧客関係管理)について説明します。 め現のモおコる禍減人の入な・年実のー 自力で解決することをさらに難しくしています。 独立したP/Lを作成して生産部門から完成品を仕入 の時立デりスたに」化7・実っ8以験18ザ 段点ちル、トめよも」割 た%内を年ー  実際の製造現場で聞いたエピソードを紹介しま 階で上の「削、る6を以証実。とに行よは す。製造現場は工場からモノを出庫したらその仕事 とはげ見売減業売割目上 18導っり19 なコ」直上の務上弱標が験の 年入ても・ は完了です。しかし、一方で営業部門では、顧客納  <NTTデータグローバルソリューションズについて> 株式会社NTTデータグローバルソリューショ っスはし拡優効減にと「 よ計い75 期調整やロット数量に満たなかったり、返品などに ンズは、日系企業のグローバル展開に伴うシステムのグローバル化需要の拡大に対応するため、2012年7 てトま、大先率少達し業実 り画る・% い削だ新」度化分し、務施 2が企4に より最終的に販売できずに積み上げられ、会計上は 月に設立されました。NTTデータグループの「SAP Global One Team」の一員として、NTTデータの国 る減 4 規やが/をた「効目的 ・あ業%増達 不良在庫として損失計上されるケースも度々生じま 内におけるグループ会社に分散していたSAPソリューション、業務ノウハウの一体化を図り、SAP ERP 。や割ビビ高省カ。コ率は 2ると し 土前ジジま人バコス化 ㌽の今加、 す。経営陣もこれらのロスを気にはするものの、廃 システムの導入から保守運用、拡張開発支援など、多岐にわたるサービスをワンストップで提供し、NTT 、 。 棄理由を特定しきれず損失計上の責任の所在が曖昧 データグループにおけるSAP事業の中核会社として、企業の戦略的な事業経営をサポートしています。
Page6

2021年(令和3年)7月21日   (6) 重県伊賀市)は、三重県伊賀市の本社工場敷地内 工場新設・増設情報 7月第3週 に建設してきた第2工場を完成させた。 「ヤマハ発動機」流 スマートファクトリー  新工場は、鉄骨ラーメン構造の2階建てで、延 ▶THK、中国・常州工場、遼寧工場を増設。生産 床面積1255㎡。1階は自動実装ライン 2階は部品 能力を増強 倉庫、組み立てライン、検査ラインとなってい  THKは、中国・常州と遼寧に新工場棟を増築 る。ヤマハ発動機製チップマウンター、クリーム スマートファクトリー化を加速する独自の解釈 する。竣工は常州が2022年3月、遼寧が2023年1月 はんだ印刷機、外観検査機、CKD製クリームは を予定している。 んだ検査機、エイテックテクトロン製N2リフロ (ヤマハ発動機ニュースレターより転載) ▶セリオ、浜松市に本社と工場を移転 ー装置などを備えている。  電動モビリティメーカーのセリオは、静岡県磐 ▶YKK AP、埼玉工場で新生産ラインを増設。生  エンジン部品をけん引して、当社の工場の敷地内を無人 田市から浜松市に工場を移転し、8月1日から稼働 産能力1.4倍に で移動するご覧の車両は、当社と(株)ティアフォーによ 化ト を開始する。延床面積は6600㎡で、年間生産能力  YKK APは、埼玉県久喜市の「埼玉窓工場」 る合弁会社、(株)eveautonomy(イヴオートノミー) にイ は初年度に2000台を目指す。投資金額は16億円。 で、首都圏の樹脂窓需要増加に対応するため、新 によって開発されたスマートファクトリービークルです。 対ブ 応ロ ▶日本エアーテック、群馬県桐生市にフィルター ラインを増設する。新ラインでは高断熱樹脂窓を ティアフォー社の自動運転OS技術と、当社のモビリティ すッ 製造工場 生産し、自社製の独自の生産設備により、樹脂フ 技術を掛け合わせることで、実際の生産現場で運用しなが るク 小の  日本エアーテックは、群馬県桐生市にクリーン レームの切断加工、溶着・部品付工程、さらにラ ら、扱いやすく汎用(はんよう)性の高い低コストの自動 型原 エアー機器用フィルターを製造する新工場を建設 イン内搬送を自動化した高効率な生産を行う。樹 搬送ソリューションの開発を進めています。 A理 する。2階建ての総床面積3000㎡となり、2022年7 脂窓生産能力を従来の1.4倍となる。投資金額は  「当社の場合、スマートファクトリーという言葉の捉え Gで V変 月の稼働開始を予定している。 13億円となる。 方が、一般的な解釈とは少し異なるかもしれません」。そ ▶ニプロ、秋田県大館工場内に新製造棟 う話すのは、生産技術本部の茨木康充さん。Industry4.0  ニプロは、秋田県大館市の大館工場の敷地内に やAI、IoTと 求めていたのは、導入や運用の負荷が小さく、トイブロッ 新製造棟を建設し、人工腎臓の増産を行う。2023 いった手段を フ当 クのようにモジュールの組み合わせで変化に対応できる 年10月の稼働開始を目指す。 用いて生産現 ァ社 ク工 「低コストの小型AGV」。現在、二輪車用ホイールの鋳 ▶VEMS、EMS事業の新工場竣工 場に変革をも ト場 造現場では、当社製電動車いすをベースとした自社開発の  エムシステム技研のグループ会社で電子製品の たらすことを リで ー稼 小型AGVが 受託製造サービス(EMS)を手がけるVEMS(三 一般的なスマ ビ働 部品を積んで ァA ートファクト ーす 往来していま クG クる トV リーとするな ルス す。 リが らば、「ヤマ マ ー  時間あたり ー運 実ぶ ク出力モジュール EXM-DDO16UK(TM3 ハ発動機流の ト の出来高や品 現の のは 生産・販売終了品情報 DQ16UK)、4点入力/4点リレー出力モジュー スマートファ 質、在庫、整 たス ルE XM - DMM 8 D R T(TM3DM8R、TM 3 クトリーは、すでに当社の生産現場に浸透している『理論 備故障、搬送 めマ DM8RG)、16点入力/8点リレー出力モュール 値生産※活動の礎』という位置づけです。理論値と実効値 頻度等は、製 のー 情ト 【Pro-face(シュナイダーエレクトリック)】 E XM - DMM 2 4 D R F(TM 3 DM 2 4 R T の間に生まれる差異やバラつきをリアルタイムで捉えるこ 造部門の活動 報フ  Pro-face(シュナイダーエレクトリック) M3DM24RG)、2点アナログ入力モジュール と。これをスマートファクトリー化の目的と定義して取り の結果です。 は、EXモジュールとCANopenスレーブHTB EXM-AMI2HT (TM3AI2H、TM3AI2 組みを加速しています」 「その結果に至った原因について、デジタルツールでひも (ハイブリッド・ターミナル・ブロック)ユニ HG)、1点アナログ出力モジュールEXM- づけて分析・可視化する。現場で働く人たちが、この分析 ットを2022年3月31日で販売を終了する。販売 AMO1HT・2点アナログ出力モジュールEXM- スマートファクトリーの主役は「人」 結果から課題の改善につなげていくことが大切だと思いま 終了品とその推奨代替品は下記の通り(カッコ AVO2HT(TM3AQ2、TM3AQ2G)、4点電 す」と茨木さん。「スマートファクトリーの主役は、あく 内は推奨代替品) 圧・電流・測温体(Pt100、Pt1000、Ni100、  そうした考え方が整理されるまでには試行錯誤もありま までも人。スマート化によって価値のある作業に集中する   8点入力モジュールE XM - D D I 8 D T Ni1000)入力モジュール EXM-AMI4LT した。その背景には、多品種少量生産や季節変動といった ことで、個々が成長し、会社も成長する。それこそが成果 (TM3DI8、TM3DI8G)、16点入力モジュー (TM3TI4、TM3TI4G)、8点測温体(Pt 二輪車生産ならではの要件があり、「手法から入ったスマ であると考えています」 ル EXM-DDI16DT(TM3DI16、TM3D 100、Pt1000)入力モジュールEXM-ARI8LT ートファクトリーへのアプローチは定着せず、成果も上が  「動脈をつないだだけではスマートファクトリー化の成 I16G)、8点ソース出力モジュールEXM- (TM3TI4(2個使用)、TM3TI4G(2個使用))4 らなかった」と茨木さん。そこで「本当に解決しなければ 果は生まれにくい。真に必要なのは毛細血管だった」と茨 DDO8TT(TM3DQ8T、TM3DQ8TG)、8点シ 点アナログ入力/2点アナログ出力モジュール  ならない課題は現場にある」という基本に立ち返り、独自 木さん。市場・設計・製造における人・設備・製品のデー ンク出力モジュール E X M - D D O 8 U T EXMAMM6HT(TM3AM6、TM3AM6G)、 の定義、手法、ソリューションの確立に取り組んだそうで タをひもづけた一元管理を目指す当社の生産現場には、い (TM3DQ8U、TM3DQ8UG)、8点リレー出 2点アナログ入力/1点アナログ出力モジュール す。 ま小型AGVなどの新たなツールを使って、隅々にまで毛 力モジュール EXM -DRA 8RT(TM3 EXM-AMM3HT・熱電対(J、K、T)・測温体  例えばAGV(自動搬送車)。現場の課題の本質は、搬 細血管が張り巡らされようとしています。(広報グループ) DQ8R、TM3DQ8RG)、16点リレー出力モジ (Pt100)入力/1点アナログ出力モジュール 送人件費や高額なAGVの台数を減らすために、搬送ロッ ュールEXM-DRA16RT(TM3DQ16R、 EXMALM3LT(TM3TM3、TM3TM3G) トが大きくなり課題そのものが見えにくくなっていること ※理論値生産=生産にかかわるすべての作業を「価値」と TM3DQ16RG)、16点ソース出力モジュール https://www.proface.com/ja/news/20 にありました。また、短距離搬送ではさらに投資に対して 「無価値」に分類し、あるべき姿(理論値)に向け、価値 EXM-DDO16TK(TM3DQ16TK)、16点シン 21/0709 効果が成立しにくい、という課題も見つけました。現場が 作業の比率を高めていく改善手法  フエニックス・コンタクトは、2021年7月26日~8月 ■明電舎、群馬県企業局・八ッ場発電所の水力発電設 ■三菱重工工作機械、金属3Dプリンターの造形サービ オートメーション・FA・自動化 6日に開催される「2021年度第1回 ロボットシステム 備が竣工 ス拡大 インテグレータ向けWEB新商品・サービス説明会」  明電舎は、群馬県企業局より受注した八ッ場発電所  三菱重工工作機械は、レーザー金属積層造形技術を 業界掲示板 に参加する。100Mbpsのイーサネット通信と給電を (群馬県吾妻郡)における水力発電設備の設計製作、 用いた金属3Dプリンターの試作や受託生産など造形 同時に行える非接触リアルタイム電力データ伝送カプ 据え付け工事を完工した。 サービスを拡大する。従来の大型造形物向けデポジシ ラ(NearFi coupler)を、それと組み合わせて使用可 ■OKIシンフォテック、「出前バーチャル工場見学」 ョン(DED)方式の金属3Dプリンターに加え、新た 能な電源、接続ケーブルを紹介する。 実施 に小型造形物向けバインダージェット(BJT)方式の ■北陽電機、「つくばチャレンジ」「中之島チャレン ■アルプスアルパイン、インドに合弁会社設立  OKIグループの板金・電源事業会社であるOKIシン 金属3Dプリンターをサービスラインアップに追加 ジ」参加チームに測域センサ無償貸与  アルプスアルパインは、インドLumaxAutoTechno フォテックは、近隣の福島市立野田小学校の3年生の し、1mmサイズの小型部品から1mを超える超大型部  北陽電機は、「つくばチャレンジ2021」および「中 logies社と合弁契約を締結した。将来のインド市場に 児童約120名を対象に「出前バーチャル工場見学」を 品まで幅広い造形物の製作に対応する。 之島チャレンジ2021」に参加するチームに、2次元測 おける車載ビジネス拡大のための基盤構築を目指し、 実施した。子供たち向けに板金加工や基板製造など、 ■日鉄溶接工業とコマツ産機、建築鉄骨溶接ロボット 域センサ「 URM-40LC-EW」を無償で貸与する。 8月にインドに合弁会社を出資比率50:50で設立する。 工場で製品を作る様子を動画を交えて説明し、代表児 の型式認証取得 ■富士電機、29、30日にボードコントローラWebセ ■パナソニック、顔認証エンジンの新バージョン提供 童が電動ドライバーによるネジ締めにチャレンジする  コマツ産機と日鉄溶接工業は、コマツ製建築鉄骨溶 ミナー 開始 など、工場での作業を体験した。 接ロボット『RAL20』シリーズと日鉄溶接工業製建  富士電機は、7月29、30日に、最適なコントローラ  パナソニックは、世界最高水準の顔認証技術を活用 ■アンリツと構造計画研究所、共同出資会社が営業開 築鉄骨・一般構造向けCO2用SXワイヤ「SX-26・SX- を安く、早く、安定供給することをテーマとした した顔認証クラウドサービスの顔認証エンジンの新バ 始。ローカル5G導入を支援 55」の組み合わせで、400N/mm2~490N/mm2級冷間 Webセミナーを開催する。 ージョンを7月9日から提供開始した。  アンリツと構造計画研究所と共同出資で設立した、 成形角形鋼管と通しダイアフラムの溶接による国内初 ■ロックウェル、「ARCアジアフォーラム2021」に出展 ■ミツトヨ「、機械工業デザイン賞IDEA」の「日本デザ ローカル5Gの導入・運用プロセスを支援する「AK となるフラックス入りワイヤを適用した建築鉄骨溶接  ロックウェルは、7月13日~15日にオンラインで開 イン学会賞」受賞 Radio Design株式会社」が営業を開始した。同社は ロボット型式認証を取得した。これによりRAL20シ 催される「ARCアジアフォーラム2021」に出展する。  ミツトヨは、「CNC真円度・円筒形状測定機ROU ローカル5Gの導入・運用に関連したさまざまな課題 リーズは、認証対象の400~490N/mm2級の冷間成形 ■フエニックス・コンタクト、ロボットSIer向けオン NDTRACEREXTREME」が「、第51回機械工業デザ を解決するために、シミュレーションと実測の融合サ 角形鋼管へのSXワイヤ使用の際の性能確認は不要と ライン商品説明会に参加 イン賞IDEA」の「日本デザイン学会賞」を受賞した。 ービスを提供する。 なる。