1/4ページ

このカタログをダウンロードして
すべてを見る

ダウンロード(5.9Mb)

オートメーション新聞_2021年6月9日号

製品カタログ

2021年度「ものづくり白書」、NECA新会長発表、ロボットテクノロジージャパンなど

2021年6月9日発行のFA・自動化の専門メディア「オートメーション新聞」PDF版です。
富士電機 受配電設備向け「スマート保安サービス」、三菱電機 名古屋2製作所 国際標準規格を取得、オプテックス・エフエー オンライン研修開催など、FA・自動化の最新ニュースを紹介。

このカタログについて

ドキュメント名 オートメーション新聞_2021年6月9日号
ドキュメント種別 製品カタログ
ファイルサイズ 5.9Mb
取り扱い企業 オートメーション新聞社 (この企業の取り扱いカタログ一覧)

この企業の関連カタログ

Industry4.0・IoTナビVol.1ダイジェスト版
ホワイトペーパー

オートメーション新聞社

Industry4.0・IoTナビVol.2ダイジェスト版
ホワイトペーパー

オートメーション新聞社

産業用ロボットナビ Vol.1 ダイジェスト版
ホワイトペーパー

オートメーション新聞社

このカタログの内容

Page1

2021年(令和3年) 6 9 第256号(水曜日発行) Automation News 発行所:©ものづくり.jp株式会社 〒231-0062 神奈川県横浜市中区桜木町1-101-1 クロスゲート7階 TEL:050-3503-9311 しい良るSで進製 活1可ルDしが自  3あ人Cろ  2たのとオ  1因 製 て」品。tあし造A用.能化Xて低体一.る材スんカ.め資がッ人.と製造 過「再例eるてデ社す自に”時し下が定カ。だキ、イカ、料多チが現し造現 「 去不 えp。いーはる社 で代ま。マレイ けル分ゼイ時づくを行場て現場 フ 2021年度 ものづくり白書」公開納 に良品ば1 るタ自ケで カ到う活ンベゼ でを析ンゼ間く、用う分、場で ど品日、: 。自社ーデ イ来。動ネルン は必作にン配り分い作析 以でカ ののが「現 取動のスジ ゼの がリま活 対要業関ノ分に析て業は 下 ァ タ ン今 動 ウ の カイ よ発わ外場 り収リ 停化で 処とにす が多や手の手3イゼ 最 う生か注の 組集ソ ル を、 滞し改が しすつるハ難く分作分間点ゼン クな要る先意 み・ー ツ 推“ 、善続 きるいノウしの析業析ががンが取因 に見 の見ス ー 進少 従がか れたてウがい手デでは掛 よ 挙 が進 コロナ禍で激変 製造業 り別 返を 概えを ル すし 業進な なめもハ足。間ー行スか 進ま ト 組のう げ 却吸 要る活 を るの 員むい い、一ウり をタわトるらまな み対に中い は化用 作 こデ のと 場社定はな 要作れッ れない前リ 通続3益の 発の研3づ2業析はけ状で が策しの上 以をし 成 とジ 意活 合内のもい す成るプ るい要 しき年と影国」基究章く章がと、のと、もあとた不げ 下推て ・ がタ 識動 がのPち る等こウ 。要因 ー 。、間も響内と盤開がりが直な経国課第の ニた 白設もにを製なを発文人厚面る済 題1 レ ュ製2の づDのトる小アが析のか いるシくンい伝「ム ・2すがS製材cすSをいっ 書備厳減受造っ に部材生す「産 、部 3 ー造0 (ムウデ企ルで、紐じ具る作ミてジわ承現リ動活.るうtのがeるt把」た線D で投し少け業て支え向科の労る我業施第でく ト業2リエジ業のき標づめ体。業ュもニゆ」場・画用外。まe簡El。e握等か は資く傾てのい け学確働課が省策2日り ジ ラに1・アタの生る準け棚的 分レ、アるをのムをす部 くp易x等社pす、を ニも不向売業るるた省保省題国にを部本白 ル対年ムにル現成ほ作を卸な 析ー作リI推作ラ使るか い3分cに内2る現す X ュ抑透に上績。教「にとにともよ紹での書 つリ )し度:ダよツ場をか業行し取 ソシ業ンE進業・っケら け:析eよの:。場ぐ ーえ明あ高は 育もよ育よ展のる介は製は 、、「 品・るーカ行、時いしり フョ分グ(す標ムたーデ ば簡ツlるIE の調 ノらなり・コ ・のる成る望づ現。製造2 エ 「「も 質ム期ルイう手間、た組 トン析)イる準ダ作スジ 、易ー関分Tx 効べ ーれ状、営ロ 研づ教」「」く状第造業部 デレの 、ラ待でゼも順かそ業み ウを、等ン取化を業 タ シ分ル数析人c 率ら 1 マる況今業ナ 究く育、も、りの1業の構 のン ジジづ を効あンの書らの務と エ行ムのダり」見分 ル ス析をを業材e 化れ ル見が後利禍 開りと第の第産分部向現成 タリく な果るをでや見作とし アうダ専ス組「 析 ツ テツ作駆務もl にる タナベ経営 ファンクション ルエり くは。サ、動た業動て もこ取門トみ教えで ー ムー成使にしで 必よ コンサルティング大阪本部 を税イ戦現で るのア定のプェ げンてに ス 」ン白 :し、こポ中画ムの画は 登とり知リが育る、 ル 化ルすし長く見 要う 積制ノ略をのグ。強ル、効ラーレて」「生 のス書 費、①のー堅マダ比デ、 場が、識アあ・化動 を をのるてけはえ なに 極なベを目カリ 化分半率インジ分「 取 レき 3」」 用Q作ソト・ニ取較ーあ しで動がルる技し作 導 検運。自たEる 情し 的どー策指ーー す野導化チ強リ析デ 残 つ(が ジ 、C業フす中ュり分タら てき作なエ。術、の 入 討用 社人x化 報た ににシ定しボン るの体、ェ靭エしジ る のサ公 後よョ。、ンで 必強や全ー化ンてタ リた 観プ開 押っン2国ニは 化蓄方ンをスいルエめ りグ 点ラさ 製造現場カイゼンに〝少しのデジタル化〟を 要部長 部長代理 して基兆がュ、 性と電位のテでる」ンの かイれし、金円グー2 国池型可ーは。のスポ リ らチた山内 優和 小谷 俊徳 て企やのリト0 を内等の視マサ 3」イ 現ェ。 い業研グーラ5 説生のB化とプ 要「ン 組ー 状ー21 くの究リンル0 い産マCやしラ 素グト をン回 工 製でーもをるな多マスは 職③の と挑開ー成の年 て基テP物、イ をリと みン 分強目程で造みル多自」い数ー・、D場モ標 し戦発ン長実ま い盤リ策流サチ 挙ーし 析靭とでは現てスいらとも登トオRXのー準 し化な 」、場ほタ。遠便の場グーP時活シ化 ウ な用のリ術的境策めど現み て た)る 「具カしーまざ利にしラトA代性ョに: ンも要、把ュ承なの定るま状のデい 。、今 い体イいトずけな投てスメ(到化ンよ納 ロの素セ握ー継取構ににっも深ジる 「回 つ的ゼ。ではてデ資い等ーロ 等マる期 ーづとキ、チへ組築よはてD化タ。 強 グは 行にン 良小しジするのシボ来とがイ公) デ リ、 う「の いさまタるがデョテ 挙ン平を ド くしュ5ェのが・る経いXがルりてリ ーリ必活方営るは必で ーコ 」ど進 のくっルこ、ジンィ言わげドな高 で白挙テGンモ要用向ビと未要は ジ ンロ 作こめ で始てツと「タ)ッ らの評め き書げィはとーとな付ジ分着と、 化 」ナ 業で方 、めいーによルやクれれ向価る るはて強じ各トしどけョ析手しD タ (禍 に」 取るるル抵くツA・るる上が、 。下い化め工活、、やン。やなX カで デ「 り=ケの抗わーIプ現。に可② 記るも無程用さ部、やD一がの ー激 ジど 組スー活がかル、ロ代 よ能作 よ。不線 ル のやら門I戦X部ら取 を ボ変 タの んモス用あらがスセで る、業 り 可の役、に横T略をにもり ンし ダ 欠活割バ技断環の進と、組 ー開らの  1る があは提くデなですル 、発出流業.。以ありなとなジいはれツ I型荷れ務業 下る、くしるタば、ばー Sのま、フ務 にとそ製てケルか生良ル 会  ボ体とSス制 を利度営年  O企で横ロの 具いの造、ーツり産いを (日 北 、や位のテ御パ目益に計度三9業の軸ー流 う一現デスーか効の導 N本 イシ置5ム、ワ指率売画か菱 三菱電機 0で関にをれ 体的考手場ジもル投、率か入 E電 折 ンーづつ、空ーす10上をら電0は係部作を え段のタ散の を。し C気 けを電調デ。%高発5機 0、性署成可 な進がとカル見活 資最場、 A制 氏 バケ、重動冷バ 、5表年は 認Dををし視 重しイ化す用効大当カ )御 ーンパ点化熱イ R兆し間、 証R可置、化 め要てゼがるが果限たイ は機 が タサワ成/、ス O円たの2 25 企の視き縦す 方でデン目。継も 、、 業開化、軸る をあジが的ま続出 にりカ 第器 新 ー長Aビ、 E、。中0 に発的ク 10工 モサ半事DルF 10営25期2 中 で発す受に 解るタ目なたでく揮なを 回業 北折良氏 会 ーー導業AシA %業年経1 計 年業フる注時 説。ル的の、き で導推 務ロ。か間 す 化でで前なく、き入進 執は務ルソ新定 制ー るョ合進デ保場れアタ行高)ソニ会時 長 御ケFこンわ的ー守やらコ、 先度 間を  2要なにき な務務ィ  1で 全全 なす の見るでし  3が卸度 よ行  2るの成れはプ 役村 がリッ長社 装ンAとをせデタ運フのンコ で変部.で時依継「けののン筆.あこ体体まるる上課え。可、作.見表の業りっ業.。かさをこロ 哲就ュクに員 に 置サ制で成たジや用ィ機ポン 進 こ更門第あ間頼が今れ目課グ者各るこか最た。こ記題て業 モ業モえに課務可て務業 をれ明れセ 員視 夫任ーイ北総 N (・御成長統タAしー器ープ れす間三るをされまば的題をが業。でら適、 とのがこ務 ノ現ノ、落題フ視いフ務 業、確らス 、)氏し部 化 藤 たシン折会 E Cサシ長市合ルIてルとネレ 技5をるに者ケ費れたでなやを行業務 重部の で1見なフ と場と課とがロ化るロ棚 務どにを図 ( ョダ良を Nースを場ソ技ときドこンッ 討必跨に しーやたかのら、可い務の 要分カ分的 、〜えかロて人の人題し可ーが作ー卸 フのしベな 田ア副。ンス氏開 C Cボテ目にリ術いたにれツサ 議要る依スしから経な現視、カ目 とをイ 業3てっー の設のも込視図進業図表 ロよ、ーど 俊ズ会ズト(催 A )・ム指投ュをっ知納まと等 術兆 しが課頼もてら」験い状化プイ的 な見ゼな 務をくたや、流備流見む化のむををを ーうどスを 弘ビ長社リパし に数はす入ー掛た見めで、の て出題す見い」「」理のすロゼを るるンカイ カ行る、業 現 場れ配れえこさ作。書ベ作 図にこに作 氏ルに常アナ、 経値シ。すシけ先、て現こコ 活 もてやる受る等上「由担るジン明 の必を イい。モ務 を置をてとれ成 きー成 と活で情成 円 、き、 けがの司そを当際ェの確 が要行ゼ ゼ総 ノの監記図可くでる時 出スす し用ど報し (  (ン員( 以25売拡スた進の合バ営 用 「た現 ら、理ののよ部にクコに 以がうン ン合 と棚査で 載な視る詳が点 すにる てさのとて J電 N執)I 上年上充「遠化eソル資う際状 れ実由〇業く署、トンす 下あた が的 人卸をすど化。細、で こ各 可れ資モい E子 綱 K行、山D を度高をi隔、―リ成源 し目 ち、の る際で〇務聞でそにサる のるめは 可に の表実るをす な業あ と工 視て料ノる I情 K役本 目に2進Q監クFュ長を の社役 。は膨さをくやのてル 3。にな 能活 流で施こ活る 業務る で程 化いがの企 T報 川 ス員真E 標は6め 視ラ@ー戦集 部内割 不大ん引。ら業業テ 点 もく と用 れはすと用 務棚程 、で する作流業 A技 氏 イ)之C と35るC・ウcシ略中 成指、 )術 ッ、大氏常 す50。a保ドtョをし え段始めまが をえる駆タ るや業 がるが同るをタゼ  4あこおカるムたにン  3こなにはっ門 は産 が チ橋(務 る0億20r全をoン加、 長 れとめ、ず開こ提、の使ル現がりやよ重よ使じ。張ルン現.るとりイ。ダち思グコ.と判く進ては 、業 会 ズ智オ執 。0円年eサ活rと速グ すばし、課は発こ案カかす化状、方記く要うえで先っツに状デ。を、ゼコにコっをン課は断いんほ忙 6協 代成ム行 億か度」ー用yし。ロ へ とて業題、さ数しイ等るで認実で録あでにる、ほてー着をジ 推効ンン分ンて行サ題多をこでしし 月会 表氏ロ役 円らののビしのて統ー 思の務を自れ年、ゼのこき識は仕のるあ、可「ど情ル手正タ 察率策サ類サいっルをい行ともいい 長 うデカ見分、、トン高とるを、方転ケる問能この にでしル す化のル ルなてテ見。うが部」」 総2 機窪取 。ジイ抜の身多ラのいでの行ムな記ー。題性のカ報収関きく化 るが引タ さタいいィ抜 こ多門等「 会日 就 器田締 タゼく知近くイ引問業かいダい作ス 意がケイ集しる把の こ図きン れ ルン力識なのしき題務、、のと業で 識高ーゼ てが握推 とれ出トる ン業るンく とく間、そ でに 任 工明役 てっ2化トるの す愛72ノAE専ッ協社  を こト務とグ目 で、の部ち 石開 業氏社 中た0しと中製同る知月0ロPC門ト同とニ化ををともデて出意のEど代思等あ をいスン行は、す進 がるしはとので、のを 進第カ門ら 塚催 J 会(長 止が年た自部造展。県22ジAH展と組愛ュを目養問のジほし識効xの名わはる 高」はの 常そる で可を課 目あ担現持 み三イ内で 茂し )日) と、に展動圏業は 国日2ーNN「自合知ー 進的う題にタしかで率c工詞れ従が くとあ引うにのこ き能多題がかっ当場つ や者ゼの継 樹た E が本専、 なコ開示化での、 際ま年ジ(OR動は県ス めにこ意なルいら課化e程でが来、 持感のき必ア際と る性くに散らて者でこ すがンカ続 氏定 I 就電務 っロ催会シ産一も 展で6ャロLO化、機ダ てそと識っツ。最題がlがあちか書 つじツ出要ン、で かが持対見見もがヒと く客はイし (時 T い気理 てナすとス業大と 示の月パボOBシ産械イ ものかをたー 適を図等デるでらき こらーしがテデカ ら高っすさる、疑ア な観進ゼて ソ社 A た制事 い禍るしテ用拠も 場3 30ンッGOス業工ジ ら手ら高。ル 解捉れをジ。あの作 とれルとあナジイ でいてるれと私問リ る的みンや ニ員 。御に たに予てムロ点と で日日)トYTテ用具ェ 。よ定2にボで日 開間か」テ  ムロ商ス 瀧での協  小新 会表智を会ー 今っだ0特ッあ本 催、らをクJTのボ業トるる準あて方は未術上トタジべるンお(こ 龍、ほ会日 長執氏退長グ。。をるいがと活活高のルタて調)けJと 太新ど(本 に行(任)ル ま一作工る良も用用が差技ル「査にるIに 郎代開J自 瀧会 就役東しがーず歩る程。いあ企企増が術技生」対DLな サ表 A動 任社芝、任プ は踏だや大のれ業業加出未術産に応XPり ト理 いI認 氏長 し長取新期代 ロボットテクノロジージャパン 始みけ作規は、でがした活活性よし(Iか ー事た定S識 J Aには たC締た満表め出で業模明D21 24た。用用がるたデTね ホ会 Aシ I 。E役に了執るせものならX%%」同企企向と人ジ)なき取そや組ぎ  ー長時)ス S O会、で行 6月30日から愛知で開催。ば十見もかやとだと様業業上、材タがい、り理足めやD ルに総はテ )長綱会役そ2分えのでデ3っ回にでがし3の ま 遅組由踏てかX デ小会こム小瀧龍太郎氏 A が代川長副 綱川智氏れ歩だるで、ジポた答売35 46た年確ルと▼ト 労くんはみいだやか目。化な結タイのし上%%」前保ラめ働なだ各をるがデ るーたガにまたる検 兼ィ る月ん0 るジよ方設ーシ築ッ展ト 月回らのスやく果ルンにた高にだとと・ンた政れ方社しわ、ジ 。ド。イ係とめ基討 Cン 。1で0来。をり」置」スをト示本会の仕だ足ピ作てが技ト対企のとっ回今育ス「策ばがさてけすタ し誰ドるめの礎す スマート保安導入手助け Eグ 日い社場 描具を。専テ担のゾ体場開切。 業もデ術のし業変どた答の成 も なメまいでべル てでブシたソ知る Oス る8目 体展「用ム当設ーやは催り はー手、ーの差、は化まのし労やフの研るリざるはて技 読もッス『リ識企 JEITA ガイドブック発行 を代 か け勝ド順小タ活がデ、にりにた働働ォづ究ほッま企なの術 む無クテスュや業 選表 ら。0標 る的示ロのイす置ンそ、を直出0は なすボ展ンるやにの産決す 手は書さと用出ジデつ、対企生きーく・どトだ業く企の こ料』ムマー課が安スて保のた術デデIIT会技  出取 ス展小3 場導るッ示テ「シ加周業定形 に何、なしをたタジい12し業産方メり研損ががも、業活 とダを導ーシ題活のマ、安スプをジー・oA(術電 し締 タ募間万 を入こトゾグロスえ辺用しで 前に作一てや▼ルタてポ、は性にー産修を享、多様が用 がウ発入トョ解用導ー初にマラ活タタビT)J産子 た役 ー集を人 提イとのーレボテ、機ロた22 へも業歩現っな技ル「イデ、を関シ業機す受早い子取が でン行促保ン決で入トめつーン用ルなッ・はE業情 。社 トは見。 供メで使ンーッムロ器ボ。年 出勝標、れたに術技売ンジデ比すョに構るでく。見りに きロし進安をのきを保ていトトし技どグA、I協報 長 す9込2 すー、いをタト構ボのッ 6 https:// www.meti.go.jp/press/2021/ 05/20210528002/20210528002- 3.pdf Delivery Quality Cost
Page2

2021年(令和3年)6月9日   (2) とか場気模マ相てのる販商 る販品売のど込軒た問  満準ル産製 し―規イキョがト(点テ  ななで的市ー手い営。型品一。売はら業のむ1。販か たの全・作今た4格クュン、ロ名でム三 っ客あな場向にる業中販は般 促集れ務耐こ軒訪 つ しセ般保所回。―「ルリと産ニ古あ事菱 富士電機 受配電設備向け「スマート保安サービス」売 て先る技でけすがも間売、の 進客た用久と回問のて てキに守のの 1Iにテ制業ク屋る業電 い訪か術は商る、通財に店コ 型や。商商でっ販 営 いュおの製認 」E関ィ御用ス市名の機 る問ら要な品市機販で移へン 営宣今品品あて売イ業 るリいラ品証 のCす開シオ製)古開は 。型、素いの場器型あ行のシ 業伝やもやる、とメと こテてイの取 認6る発スー作と屋発、 営まも。よは部営るし集ュ に広こ訪複。商はー言 とィ、フ開得 証2国ラテト所産 ・F 業だ必そうコ品業機続客マ な告れ問合自品客ジえ が要国サ発で を4際イムメ(業製製A IoT&AIで運用支援 がき要れなン営が器けかー っにら販機動を先がば 認件際イ・、 取4標フのー同メ作造シ 主めなに大シ業増部てら向 てよの売な車売をあ、 めを標ク生両 得3準サセシ)カ所拠ス 力細市電規ュがえ品い通け いる商でどなり1っ訪 化保でエや業   言員のだく業 っの訪てで規  セキュリティー開発ライフサイクル と守はネ電、新そ・、ル力と 安イi  販うがは訪なで た説問い多格し サ 売こ介、問っも 。明しるく化か 三菱電機 名古屋2製作所 の保設ギ・り サクz富長全備ーガわー ールe士 員と在顧型て売 そをてたのやし 期管の関スけビ ビでr電 保 のにす客営いれ のし商め商デ近 的理高連等石ス ス設(機 訪なる側業るる 結な品、品ジ年 な者経イの油は 」備プは 問る部かが。商 果く説販はタ、 国際標準規格を取得 不の年ン産・、 を運ロ、 先。分ら盛そ品 、て明売最ル機 足高化フ業化製 5用マI は が見んれが 通もや員寄化器 な齢、ラ・学造 月をイo 全 技 多てでで随 販よ使がりが部 がキク止イて 証ュ規リセおー― ら 26支ザT 術 い販あも分 型くい客化進品  高ュがやバI近をフ格テスよシ1Iれ 立最象にが働ど 日援ーを部 と売るま多 営な方先しんは まリ顕情ーo年取ラ。ィをびョはEた 案新に対課やに かす)活 っテ在報攻T、得イ今に対そン、Cこ か技I応題保よ らる」用 々の革コ部言ま も が目がの製に進門 てィ化漏撃化製しン回関象れ、産6と ら術o。と全り 発受のし を に成命ン品わう現目 時をるた品新月で い対し洩にが造たラ、すとら制業2に 設にT受な業、 売配新た 生長時ト業れ第在を と配。め創し歩あ る策てなよ進現。ンドるしの御用4な 備よや配っ務設 し電たシ ま期代ロ界て4は光 しっネに出いでる 。のおどるむ場 ドイ国た開シオ4る のるA電ての備 た設なス れににーはい次何ら ててッ貪を技あ。 重りの生中に かツ際セ発スー3。 監保I設い負の 。備ラテ た新大ル、る産でせ 顧最持いト欲続術る技 要、リ産、お ら・標キプテト― 視全な備る荷安 向イム 最 。し発のコ。業もて 客初ちる情にけに。術 性セス停サい 認テ準ュロムメ4 富士電機 まるごとスマート保安 、計どをこ低定 けンソ 新い展第ン現革つい 込が報情て挑技の サービス(イメージ図) 保画の対と減稼 のアリ 発商し3ピ在命なる む、に報い戦術世 「ッュ 売品た次ュの時い。 情販絶をるし者界 r   をAS進テル―ス  ン も安る備全 まプー しが。産ー機代で はの報売え欲。てはは o安 同取 A組ィエRテ横 I横 ト特のサ「保管 るとシた次そ業タ器とし に員ずしそ新常日 S全 社得LS織にスSム河 ロ徴。ーま全理 ごしョ 適a計 にしee(関)(「電 河 ーと ビるの策 とてン  業い売ら単る力技 何突革時 が込かが商 f装 よたvcIす」プP機サ ラし スご最の ス、「顧は。員、に。あ術 命代現っみら機品 eシ る。euSるがロrの でて 」と適提 マラP客健そ な そる者 でに在てに、器情 ―ス と lrC国、セo安イS電 収、 をス化案 ーイrに ネ が全れ会おッの商に 生入、い来技部報 Rテ 、 1eI際セーS全 機 集エ 提マをま トフo 、 販だで さ 上品と まっ第たる術品を Sム 同 の )認キフa計 しッ 供ー実で 保サm 売。もい トたら検、でっ に破れて4。販者の顧 」「 認 認Cの証ュアf装バ   たジ すト現、員 ま 昔 従なて た、次 売は営客 P 証 証SI推リーeシ C 効 の だいみ索来く好 耳口機第産 員商業に ーI安 デコ る保す設 訪 訪とたで商な奇 器3業 に品で届 こい4―格テASはe て 年リテをは よ社テに得を 管にをも績化で備備Tシー 問 問思いき品っ的 部次革 会をあけ とる32IィはAそc今いEにテム満、Pりのィよす安 全 理よ分加、診、のの・スタ を 型わにるはてな 品産命 い売った は。―おEに制Sのu回るDIィでた安r安安対りる全セレ計 ・り析味設断予稼安Aテを受 営な販か簡い魅 をとは業の たりたの 、同4よC関御e後r取。SSの、し全o心全策サの計 保設・し備は防働定Iムク 率 製認―び6す機c継e得 AA面サた度Sし計をイは装 品証1I2る器u認 し 認Sでイ安水aて装講バ世シキ 装 全備評、の、保監稼技にラ計の価設使過全視働術蓄ウ 置造ニる いい次独 多て品少のネるけ がをにE4国のr証Cた 証eもバ全準f使シじー界ス 画最し備用去をとにを積ド ・現ュ技現、情世に 傾な少ものの段ッ。入 国取準C4際セe。SI をc2ー計Seえスてセ初テ シ を適、の環の実劣向使しの機場ー術在な報代な のいト余階ト①れ ベ際得拠63標キ まAS 取u0セ装I―るテきキ。ムュ ス 立運こ健境保現化けい、サ化器型ア者、どが型る マいレ裕でサ配る 標すし2―準ュCた認A 得r1キシLR。ムたュこで 案用れ全な全。診た、Iー 類技ルは販が聞の時 ン③ンのあー信理 準るて44規リSI証S しe3ュス3S が同リれ取 す・ら性ど実劣断設設oバ の術を保売あけ商も ネ技ドあるビシ由 リルテ 設者専全員るる品あ け「るリ術をる②ススが 発Cるーめ塵片  eS全に るめこリ規テ ム 電特縁変 務一関に理ーー共全用クる計とら、が。か情る が者聞時技がテい 売J新ン塵埃側日 」a計発な。らとテ格 設高開圧対の元わ至や間タ有計をルとや、と改会 も報④ る あ仲いに術まムく し―型な埃除全立 日 にf装売お れがィに 1 備開閉器象効管るる業で蓄、画支全と情機す良っ しや時 り間て、者だなつ たHエ作の去面産 塵立 つeシし、 第対の 。閉装、設率理さま務の積各や援体も 報械る、て れ面に つ、でお新が初どか 。88ア業飛率吸機 い―スた2 た三策っィ 機置遮備化しまでノス・種設すでに シ装製リい な白、 孤はい商多期のあ エJシ環散をいシ 高 産風埃機 てRテS0 こと者にと強認 器(断はを、ざ、ウケ検技備る顧、アJャ境防飛込ス   もSムI2 機なっ なG器、図設ま設ハジ索術点。客ラ  りてで好る何術わ の 営でんき 統スス シMワに止躍みテ 圧 、 「L1 を関った 証 どI、配る備な備ウュ、文検まのイし込、きな場か者る 業販に方今でクテ ャ4ー貢で的にム ILP2年 意かてセ のSガ電。保情管のーメ書結た設フ かみ新る人面とはだ の売な改後あワム ワ」「献クによは &除新 Sirの1 味らいキ化 受)ス盤 全報理蓄ルンの果、備サ しが商。間が販日ろ かかや員っ革まるーな ーをPすリ高る、 片去型 Ato安月 す認るュ 配、絶、 業をに積管バデの保運イ、で品だ関多売常う りがてやす。クどデきやか係い員の。 み方やくテま 型の すルた衣口品品は 側 エ  約区ケイ日会業   め証S 5xたリ スる戦らをかに仕製 ? はっれレす 技設 るー塵服に製工、 全率ア ドし、ーン本社機ド 安てのe 0y三ッシク。略時保ら連事造 少てばワ技 術計 装ム埃ま設造場半 面 シ イた竹ジタで、器イ ド 全い取c 0 相クュ シワ 商々つ、絡に現 」しき、ー術 者を 置内をた置工、導 ツ。生(ーのドなツ イ 計る得u kWVUはナ ュー 品訪こ割し絡場 ずたこク者 のす でへ除はさ場塗体 メ 学 ナ業イどに 装。にr 、LP、イ 3ク の問ととてん型 つ訪れがの 2る 、の去物れな装製 吸 ャ ッ 史東シ務ツの本 ツ シ 向e 4」S4ダ ナ 型 売しが良くで技 変問ま盛働 系デ 付侵し品、どラ造 い80 ワ セ 代京ョ請メ展社 ス け  0(「月ーク イ 着入クに作のイ工 込%ー は 表都ナ負ッ示を メ テ 準C 02Gにエ世 線セ聞のえにのみでよ捉あ口 り問アう間がし実た3の しをリ付業出ン場 み 、 ) ル業セ会置 ム 備S V0a発レラ ダ ンいか、会は」あうえるに関機販ポな関少ま績機次技 た防ー着者入、や 産 と 田リ務は運く ッ は をA )0l売ク  ー スてをど 塵止ンしのり薬食 業 契谷ンを、営産 、 進認 に―aしト ス わ難をる」て。な係能売取る係なうや器産術 式 はい日んなし短。と「見るづはにりとがく。ネ部業者 セ 上れ頃な い期 思少込のく欠とは、構な販ッ品革は 動式ア と埃 P 部 ーアセグバ大機 ト報よ17 5 モズつ 最 三 がばか仕い。間そっしみはりかっ困売築る売トを命前 ジノー同がを C はドなジマナー級器 日 のじる年 0同デにい小を相 る「ら事時間顧に の 様て話客「でせて難りでか員検使時述 ェズ吹製求短 2イどアッ ッルき品め時 J 0ツを、トイ 、メのの 本 安らセ8 0製ル対て U だつ耳を 客身 もをのつ最な、に込きらに索う代の ― ンッ規展 全れキ月 k品を応、設 ろかをしにがになら聞気か初い関なみな良合で際で通 トで出はら間 H 2メ主エアタセ模示 代 担てュに Vは発し日 追P うみ傾て何販つ「うい持みのの係る活い好う済に生り 気あし、れで 88 0ッ催モジ をを会 保おリマ A、売た本置 。」けいを売けつこてち」突だづ。動。な機んはま、 流り口ジる除 J 年セし・ア ー シは誇で 表 のりテル 容設す三市 S のてる考員るかとみをで破。く訪のそ人会で、れ第 をなにェ。去 J 12日てハ、ュじるは 要、ィウ 量置る相場面加発が、ッ す M 月本いノPッめハ世 でプ事エ ク面。3の生ら固ト る 4 に代るーTツ、ノ界 部 あラ故ア ラ積 線ニ積さ振定エ こ 閉表。バC、リー最 開 るンがに スを 式ー Galaxy VL タたンエ階ク6(  高従式込アしー側採ッ果をせ レ本すで代ョた協鎖 設 求威イ安 大e防 も況を位の た多合ナー小の ー=タイに秋―東ユ Iシo め来にむー、ジ全用タを吹広 スかる、表ナ。会さ めにバ全 99r止過可に増で増Uいくやのト設U製写ー・「葉13京ー ョ 、機よ片を高ェ面。ー実き範 対ら各ド部ル今がれ ナイ ら対ー計 真 % sで剰能応設の加P場の限サル置P 品 )テY原―都エ Tー 効のっ側反風ッに頭ジ現付囲 応の国イをリ回 る ルン れすセ装 iきな。じでパにS合負らイを面S に。」クT5 10千イ 環ル 率60て全対圧ト14かェすけに 、出際ツ引ン、 業 の 務ま リタ てるキシ 電oる初 てきワ合容に荷れズ実積と加最をノC階、代は 的%塵面側のノ個らッるてエ と展展メきケイ で い対ュス n。期 拡、ーわ量最容たを現0し え新オロ東)プ田、 境ーユをム なか埃吸全ジズの足ト独高ア い、示ッ受ーン を、 ンー る策リテ 力モE設 張ビモせは適量面抑し・て 、のージ京のロ区東 塵ら除い面ェルフ元ノ自いジ っ来会セけジタ行日 ケナ 。のテム 効ーC備 すジジてI。に積え、8ク 誰キプー(ビス外京 ーエ体開 埃80去込でッをラまズの除ェ た場へがるがーっ本 ーシ 強ィに 率ドO投 るネュ50T 対でたコ平ラでャン・ユルテ神支 イ験設 の%率み吸ト配ッでルフ塵ッ 各、の主こ日ナて能 ジョ 化のも をでn資 こスーkW負 応よいン方スもスしセー2ッ田店 除にを方いエ置タ片をラ効ト 種プ日催と本シい率 が脅サ 実最vを と状ル単荷 しり場テメ最 o構な専あへイ情シ ナナ報ムーTターキ テーッが簡 ポ適の数ェで者分ンきル 去 いブデ開(バいがでが示 ま信やまサ いー無遠イこuフ 減二失低所ー使現 T築操門ら送で報スユーー検展、セー、ャ同ムエトで単 ー切交、ッきのかな付採まを るリジ催オーる復は減会コれも新たポ るト休隔ンとxォさで酸が減有消用。 シす作知か信受をテーで、知示利ン展Iスセ」イワきに トな換Hト、設りどけ用た実 。ッタさンメ。活リ少はロる密着、ー 。がの監フでuーらき化非でコ費す高 スるで識じす信Iムエ構企シコ用サ示oタンが・ーるI すメ時E 日定やの時にカ現 ドルれラ 今しアしリナ。に情展ト 利監視ラUrムにる炭常きス量る効テこネがめる、oはイ成業スー状製コTータ体ツク統o るン期P や常もす運間よラし 展をたイッ年、ルてア禍 な報示が 用視やスPe「I。素にるトをこ率 ムとッな備プ上T、・さ情テナ況品ーセ展ー験ナシ合T 。テなA ド ア保直く転カりーた も融がン セ4活ないルで るな会容 可サ管トS」Eo の少。(小と運 とがトくえロ位ゲ各ツれ報ムー表展ナン示はでガス型環 ナどフ開守感表状ウジタ。 試合、) は月況展る形国 こどの易 能ー理ラをにcT 排なまTさで転 なでワててグシー種ナて展展、示示ーサ 、きルテセ境 ンをィ も的示況ンェッ 行しリ版デのを示が式内 との見に とビ、ク含接oプ 出いたCくエモ るきーもおラストセガい示示位シコ、キコ産る・ムンの ス表ル閉エに。表トッチ さたアとジハ呈会、の外 が情どな なス24チむ続Sラ 量た電Oしネー 。るク簡りムテウンルるココ置スーIャー業。シ「サ構 を示タのア操管示ダトパ れハルしタノし開中開の 見報こる っサ時ャIすtッ をめ力)、ルド Iを単、をムェサ・。ーー情テナoスナ用 スユネ築 サしー回ジ作理をウ吹ネ てイとてルーて催国催展 込発ろ。 てポ間のTるrト 削、損を総ギを
Page3

(3)   2021年(令和3年)6月9日 わ実口か せででXの当て 生  すすをの思ん  ミレ工  っ際でらそて生は)づ時き過産 。れ探電っ」私 ンー業同 フるブ  てはは筆こき産ま』くかた去効― 産業用ロボットを巡る あばし話たにが 儲かるメーカー グザ界製 ェ、ルオ いイD者でた効ねをりらよの率も る て帳と連  をーと品 ー高多ム 高オ るマXに最。率で成の多う記アの い電そでし絡友 101 レのしは ス速軸ロ ム 。イと「近 アき功デくに事ッづ は話の「まを人 改善の急所 項 ーオて、 ユ性モン なチ言多、 ッなさジの、でプく 光と影 同が場川す取の ザンはレ ニとーは 速ロぜのいく多 プいせタ顧当筆 り 34 じか所上。り「 ーオ初ー ッ高シ、 ン 、結なのく をレ、ル客社者 の くかをさスた川 日本カイゼンプロジェクト のフめザ ト品ョナ ・ 富果が企の 実ベ『化のはが D スりポんマい上 会長  柿内幸夫 移タてー 「質ンノ   士にら業方 現ル他(『創述 X 山下夏樹 マまチ」ホとさ 動イ、加 Cな Tコメ ロ終、は々 さ』社Dも業べ で Kレンー C高モ 人さロも上けいデは『 述要て実ボ やましたなつき 富士ロボット株式会 士務術本く(【 でいど 出んまををスホ  も術距 3ー ト ー (所マ経り株略 す時こスす」す書探ト内 従高を離 Wザ トル R 化せボのがで。ー、もなべ望も現ッ ロ シ 社( ・、ッづるはな 単 おるがらでト http://www.fuji-robot.com/)代 品 タ の 経所イ団の) ね代でマかの。いせのの 来品採で ―ー 単 歴 表取締役。福井県のロボット導入促進 営長ス連改柿 。でもホも住住てば中メ 急所28 は質用制 G加ー位 技 ョ パ生トくだ管ぜ化にづ、。あえきは 工 タの善内】 たす実1し所所送そのー デなし御 C工 ラの ッ産とりけ理なす紙くこ っまた生 や生産効率化を図 「 質ン ケ効デのでのら ベ の たせの産 る「ふくいロボッ 学改ー研を幸 柿 だ。行つれを録るの「ル す分工 ィ加、す 」をCモ 術 る り コー率ジDあ利、 ー 記 たんか効 )善(修通夫内 ことででま見でこ場川ア レ工高る を実Kー ジアタXる便デこスの事 めか?率 トテクニカルセン 、コ平講じ技 幸 のてきすせて「とで上ド るか場 イを速T 発現シシ 採なン 化ッル』。性ーとのDで 、? ア ター」顧問。47歳。 多ン成師て術夫 よもるべん手川がメさレ 時実動C 売す ョ 摩サ29も、士  う便すて。紙上でーんス 方り内 法やを 間現作R しる リン ト でプをと『がタで資X 用 述 以」まッ サーボモータ6つ 大ル年務世事1 な利ごが をさきル」リ で。時技 たガ ー制 専・融は真少化は料』べ 下ととプ ズ レロ 門省合、のしだなをとる にのめを を使って1からロ 学タ度め界務9 。ル 御 ビン)る中所 んてし頓す置と住アの便 す誰 に立動調 バ」を ボットを作成した ー5 ( ジト、。で  」、スしぐい決所ド理利 くに 時ち作整 ノの実 ー小わを こききか特功き  るの職 経歴を持つ。多く 1ネ、柿経実所 だ手マて取てま録レ由な 間上時し レ拡現 調 ラ企せ見残とたたげに』たさ―。リへ の企業にて、自社 ス工内済践長年 け掛ホいりいっをスは生 も げにて ー張す 制業れて念で」。様工といて スの のソフトで産業用ロボットのティーチ ス学幸産しと東 でかをた出てたスリ、活 が時ズい ザユる ザ)ば回なあとデで場いこ、D ク依 ク博夫業てし京 あり持かせ、場マス私が かにレた ーニプ 整 御で、っがるいジ生のうとまX を存 ング工数を1/10にするなどの生産効率 生 っがっらる必所ホトがで かはがた イッロの製てら。うタ産現のはずの 無リ 拡成 UPや、コンサルタントでも現場の問題 ー士技省いて た「てでよ要にの、電き っそ発め ントグ ーD造い、 声ル効場は、先 くス ル 術先るモま ら川いすうな作きそ話る ての生、 タとラ 工 張X業る全 を化率 、『に功 すク を解決してきた実績を持つ、産業用ロ 客技士進。ノれ) 員術事技日づ。 大上な。に時っちし帳大 い調し高 ーなマは(筆国 いにアかおD述と こと ボットの導入のプロ。コンサルタント 混さくも整にてんてや元 た整、速 加ユ 、特者の た成ッら客Xべは と高 は「無償相談から」の窓口を設けてい 数 ニ ほにに工 だ功プ「さのて で齢 る。 実「「フ岡B教 まてそるすたにえ内 乱 住工 加ー工 上た減よが と中言場 くででおま成お あ化 現ち儲ォ大S授 うもしこがくはてのさに 所場 工ラでまげも。 、 工ッり すょかー学)、 こすてと、さ材みモてな 精間はた可の10調T 80 ト けCりつあ 失 い成 くどデと現ッにドるん るこる を内ド客特慶 ぐ一が漠ん料まノ、る 度の、複能が〜 C 」にのとろで敗―こ功 れのィ騒実ト頭リ。ど 42っメ発員別應 と もに回多然の、しに同で 付の が同従数に2 15 整R 実 と軸企しうはし とで デな ぐ販アいでが打ンなが のとー 教招義 多散きいとモ部ょ置じし けあ 落期来部し、日 工技 % いを業てか、てなだき れ売やであ埃ちグぜ形 ヒ改カ企授聘塾 いられも置ノ品うきこょ ちズは品た3か 数術 う少は、?ないぜ。る ジ も会Sいるをでななだ ン善ー 。教大 かいのかが、。換とう よら 、レコの。日かをの 現 間し「多 ぜる、 」 ぜ 「社Iる。被、どらけ トが 業に著授学 よっにでれあ工工えを。 。ゆ そにン同 でっ80採違追ロくそ失の多 と 生 簡だeの「っ加の、に 」企改イ書(大 うて並すてり具場て工 のよト時 立て%用 減っ ボのの敗かく 判 タ不 単けrは成て工D簡終 な業善ノ「2学 でしべ。いまと内考場 る 調りロ加 ちい にた加 削ッも理す?の 断 産 にな・一功いでX単わ どをの カ0院認しトの由る 企 を ル可 Dの商部しるははなっ 。変急ベイ1ビ なー今さ場し あ決最す 場 数数解もが整識たはづのの 業 し 効 Xで社のたのロすハて え所ーシゼ1ジ モト日い所ょ先りめ大。 所 部に決動、にをだNく一で は な 化能 は、なメ」がボでンい る〈 ン〜ネ ノタ初。にうずまらのナ に 品関。作同工率 ( :1ョ42ス をイめそ住。置すれ理ゼ の係スが製数こラッ例の 『 扱い のれうボきは理ト非持 大0ン・0ス 取マてう所そき。て由で 同なキ同品がとでトでDそも―い汎 ア Dと だく」ジる、解は常っ き1を01ク っー現しをし場 いはし 時くャ期でかが動機いXのの が用 。らとェか例し全にて な項起―6ー ての場て付て所 な置ょ 加、ンすはか当かをう』難づ不難性 ッ X言 ロいいッらえてく多導 変〉こス)ル 来方におけ次を いきう 工簡ヘる複っ社せゲとをしく可しが ボ大うト、ばい別い入 革」すタ、( てに来けてに決 こ場? を単ッこ数てのるー、成いり能い非 プ )わ ッき人機明「な物。し を、」、ン静K い必たばくそめ と所そ 可にドと台いノよムジ功『のとの常 ] トなはを日車いでNた た要パ、だのま にがの 能複のででたウうコャさもD罵でに で をれ は違い かの。あCパハにンンせのX倒あ高 Nいな運ら運そるとタ マ目 一 も ノ番上「す違に「だ ーー規6  減にウすトボるづ』さるい でるロジ(く れ。が き あ)ーェ前り た 、 成て Cがい転ジ転のこロー ッ指改般 、そ」目か手。いあ3く スサ格1ヒ とあ。しャが違とボン チし善社 電れとのら前こなる丁こ コネに0ロ ヒロセ電機 しし た、 な 違るそよンでいをッが ン、の団 球グ2実法 のがいう置2か段らのくモ目 ネッ準7セ 。調ノ2と クト拠6電 整 率といジで造 とわて 清け 功き 「まトな可ロしロ る か0行人 交掃こ き目3表伝」番が タイし―機 産 工 アデかタ処業罵もれ絶 でた 効っはい能ボたボし。 ら1を日 換 と場で にの番示わはると4可 「ンた3は 数ッジらル理の倒あ、対 れ [ 率て○と。ッ方ッか 問9通本 で で 左目 言号能 iタ産―、 ラ業 をプタ。化を加すっ時に き をい○扱ロト々トし 題年じカ ああすあかの例かえので xー業1I 90とルますし工るたに不 ば ロ 大るなえボをかをそ、 ・6てイ っっ。るら棚えらば場す  フ用2E %なをしるての理。は可 た 幅。方なッ扱ら中 ■いカシど企報供課月日ゼ てて モ4のばで間所。 Iェイ4C イ用 削る融てだい世由 罵能 にD法いトえ、途の 詳るイョ勉業提、題に本ン と合、けた界と 倒」 D かボ 上Xで」はる「半 当 社 細。ゼッ強間供新へ設をプ いいノロし分 らた特も ツ グ新n トイ に  、さロでもでし さと X ッ げはや「熟な初端に ・ ンプ会の、たの立さロ しるがウくか皆れ時定、 ・同ル製d なまこせボものはて れ鼻 ? る無るロ練ん心に対 入 指、、ワそなソ。らジ まか取ロ来りさまでで住 ハ製プ品u アー ったれてッ難を、、 るで と ト な理とボ者て者理し 会 導工セイれ技リ企にェ す、れしたやんすもき所 ー品ラとs た設ま効トしデ紙製 こ笑 ん」決ッで不が解、 は 会場ミワら術ュ業良ク 。チるな方すのねするが テはグしt サ た定 は の こ な見ナイのやー間くト ェよいがい職。ぐしあ ィ、をてr ン めと  てス的り理ですトD ッかで全『 いグしで ち ど学ーガ基素シビす ッうで工で場 に、れ ン同追ラi ネ 、調 ちいケなハ解最テのC い 世 トらさくデなかにて多 ら を会・ヤ礎材ョジる クにパ場すの 駆不ば グ社加イa グ 熟整なるジ考ーし低ィ特A 自だま世ジぜら戻もく 行、ワガとへンネこ をなッ内か住 け良正 のとしトl ッ 練が み、ュえドて限ー性D 体。ざ界タ難でっ失の っ公ーヤなののスと おっとで?所 つが確 技ドたア」 ル 者簡 になー、をいやチ、と え のそまがルしあて敗企 て開クなる情提のを 願てモウ新は け出に 術イ。ンの ト 以単 当どリ設重なっンロの 界 精のな違』いるしし業 プ 社でン備視いてグボ差 な 度理問うとか。ま、が 新 をン・Eけー  Eか協 コ 能外 をあグをす、おペッ分 い で 、由題の『と う結チ し同開サ新Eてはオ オプテックス・エフエー tら力 ラネ にで罵るが導るソくント、 製はがで現い ほ局ャ いセ催等担K「、プ h発に しも 倒。間入日フこダをロ ! 品、お、実う どアレ 担ミすの当」オ6テ e売よ た装し 違す本トとン動ボ とロき現』と 難ナン 当ナるオ者とン月ッ r開っ グク 。置 た っる人よをトかッ 3ボる場は、 しロジ 者ー。参ン向題ラ22ク n始て、は加ラけしイ〜ス 「センサの基本」を学ぶ eし2 追タ 立ち努化ウえたア客る前た生X にを も義ち既社金あっがれかし効方 F、 イにてン24・ tた0 上 め』ハるすリがが述の産にさ!重―程にの得のもるて継な?、率々 A新はンF、研日エてしウソたン何、しで効成て ね が固こ権調う(い続い 変なは セ人無料研A新修にフ 6月22~24日オンライン研修 コ産1 げネ業7 加 をきてをフめグをあたあ率功、 て血あ執とをべけ時るすが不革方、 ンや 修セ人Wかエ ク用年 可 た顧簡トにし望え内ろアしど をるすし持でに間方る、思の な 。 か客単の『、んて容うッ、う 、不吐。るかつ判なが々方ア議努 法ぜ 時セ ー使とめをセサ 対途でけル間タ 業始クタ らのに開初そでまにかプ多し く こ考者明るかにがナに力をア 15ン22。っがて扱ンや し向引るをがー新機めスで で社パ発心のいとも?をくて 可ほ能 とえがし)かは既ロ思さ 長ナ 分サ日 たで基うサ非 てけきこ曲狭フ製器と、、 あ員ー』者要るめ答 実の当 ど はず、てこっ好得グうえ期ロ かのは オき礎人、接 直に回とげいェ品ですマF る教ケやで望かるえす現企社 をの 愚前自きとた都権なかし間グ ら基11 ンる知向画触 角なしなて場ーは採るシA 。育ー『もををとがでで業は 可苦 か例分たが方合を方もな放で 「礎時 ラ、識け像温 にるたくス合ス、用さン、 言にジノ使満ヒ顧あにきのD 能労 に主た。当がで持法しい置非 課講か イZかに処度 ケ。い省トに接機さまビロ 題座ら ンoら、理計 ー嵌とスレも続器れざジボ し全てかいけ虚ひかさ しはい言うンに 不吐り顧てウ寄回だ葉 か」「 セo学あ用、 ブ合いペスケ側のてまョテ み力いら」「さと?ん最た、。わこサはソ可く返客管ハりりがに ら、光 ミmぶら照画 ル軸うーをーのイいなンィ なでるのと金」つ」は後理当しれとル、フ能ほしの理ウ添、、す み13電 ナをこた明像 をに用スかブ空ンる産をッ く当が依いをで挙と顧に由社かてはテノトをどてたしをい成当る 。 授社、頼う持あげよ客、でのしし「ィウを可のきめ、ビ、功社こ る大る検バニ照 ズイセー  は予E15ン24触座「法る で出とー接 きでのイ引 けの謙は古っるるくに「も生、ま経ンハ購能苦たにまッそすはと さきさ査アタ明同」プンはオ 3定D分サ日温」変」F きし下バに結回も低ンき たノ虚最くて。と聞何富あき顧う営グウ入に労。生たクのる全は のくの用ンリな製を「サ、プ 0し照かのは度、位、A るタ方リ対線す容背タ出 いウな近傲い謙すかを士るが客か者ををさしを長かそデ成ま国非 影変照プンど品発Mの照テ 0て明ら基11計13 。ハ企お慢る虚るれ望ロ。いのも失無授れた重年すれー功での常 管響動明型グ照は売Dア明ッ 光 人いの「礎時の時セ23セ 。イ向エ応方こ易化ーせ理 ン日ン プのーし法とにでフるウ業断な方さとるみボ で喜し格償けたのね、、をタし顧工に すがはセで明、しFナモク リ照 。る基画講か基15 をケシ、はがケきェた をにり企がに「がまッ 創ぶれ」でる顧だて血を次とた客場簡 が重る検、ンきの画た―ロニス ン グ明 。礎像座ら礎分サはサ 選ーョ2はでー、ーめ 惜はし業偉欠謙、すト 業顔なと行コ客。、を繰のしノにを単 た査少サる光像。Aグタ・ の の 視め結し。フ量検 シ出リエ セモ 量 各講処」「講か 11 ぶブン種んきブ狭ス、 回座理、画座ら基時選 こルか類だるルい接機 さ、果の画ァを査 リ力ンフ ンニ 定」用13像」非礎か定 と引らのと。を空続器 れ明に明像イモ用 ータグエ サタ変 員をL時セ、接講ら方 がき上キ圧 引間部の でピO品で テョすて査術  ニる 解ュK・撮同ムンる省工・O ッ。 ア 析ーI製影シ」「映力程経K OKI・外観異常判定システム ト同 ナ動「 韓ラシ とり戦ゼ室が力はたメ平y「事アッ し「タの品しスを外像化に験I で製 国リン同し、略ロ効、管ア。ン洋AE情太クイ、AAのたテ発観A・Aをは 受品 、アガレて変がに果2理ジこト地waを平・ーリEI高検ム売異I自I必、 熟練者の技術 AIに導入 光は ロ 台、ポポいわ示すガ0 アれの域at調洋ジトア2エ精査はし常ソ動を要熟 しフ 湾イーーるっさるス5へ各に未のro査地ャンル1ッ細対、た判リ化取と練 たァ グ出見 のンルト。てれグの0の関国よ来パenし域パ・ イタ0ジ映象カ。定ュをりす者 作業ミス 見逃しゼロへ 照イ アド、は いたリ排年 にる」ワ―Eたのンエ ーイ0コ像のメ シー実入るの 明バ 力え ジネオ、 くこー出ま心比とをーアnレ電はレ トム」ンを部ラ スシ現れ検技 のユ アシー日 だとンをでがべ、公マジeポ力、ク6アス本 ろに成実に薄て日開ネアrー管アト ン チボ   用し置の検をしで こで一どを稼わニにて明 地、ト、 うよ長質温い電本しジ太gト理ジリ ・ ュッT エトH 設T ロす、す証査通、製 とも般の数働せタよ出る タH ーる品る跡画知即品 で、的管値中てリる力さ イる 太平ー向K カこ質管デ像。座の 明組な理での調ン明がを タけは 開計・・K ルと管理ー、判に外 るみ画が見照光グるでアをス、 発 プ 5が理サタ製定作観 さ合像可え明すしさきナ プ化 デジタル導入、アジアで遅れる日本 洋 地 搭マサ Gでやーは品結業異 のわ検能るのるての、ロ 域 載ーー 制 実き分バ上情果者常 モせ査と化光、必変温グ 登 の しトビ の ラ たアス 負御ッ 験る析に位報をにを ニて用なす量ま要化度変・ト 試。に蓄にな含結判 タ使照るる変たにを変換 場」 グリーン成長戦略による変化期待 電プクロ 担ソ 験 活積位どむ果定 リう明。な化は合モ動し 力管 ズ「ラ フフォ 造の解送ルろで場局 億の〜と協  もの準範 ン で活減に標つき理が%ー66 77ルにの心ー 査域」Sッ 大 ー 工見析し5、実のを 円出12め会日 出20 に高型囲ラグ の動対達だいくに47、の%%ギお関、コAしで 理 をEト ト 程逃しAG高証通備 で荷月た(本 荷年 ア感と3イが エ計策しとて影お%ダ割、、ーけ心エスPたの レ発Eフ 全したEネ精実信え 19金)2J自 額自 ナ度、0ンで ネ画58、答は響けとウ 再消コるがネトAも電 ポ 売Dォ 幅に一 ム ロ 上でし一iuシ業を た果15体ゼ結2ッ細験機る 年額の0A動 J Aは動 ロ型10 0アき ル57%企え、をるなン 合 し―ー 体 げ10、つnfョ向実ス。 %のロ果1ト映を器O 比は自2I認 グの〜〜ッる ギ%、業た持及優っタを 生費ス優高ルとCの力 も I8.5認 増可電ト先くギ最で。管 ー たRム 軽 ボ を億今とgaンけ現マ 実削作を、0ワ像行製K 8、動0S識S%識 出215プ。 ー、企の企続ぼ先たイや能力と課、ー適は 理 ト 。7ロ 目円後し c「ソすー 減業実作0ーをっ造I ・2認年Aシ 力機5万は 管中業コ業可す事。ム エの最題電の化エ 事 シボ 減化 指の3てDtMリるト 証す時現業でクロたラ本 53識()スA減機 は種0 lx 、 理核のスが能要項電のすネ削適は力削へネ 情リッ す売年販Xuaュ製工 でる間。ミ映でーとイ庄 %1機1がテ調少器 電。0の測 40事長ト62な素に力削がル減化エ管減のル を ート 。り間売」rnー造場 き効を製ス像伝カこン工 減0器月まム査 圧とlx 標定 %業期削%目に大管減53ギががネ理へ関ギ 調 とッすや合 れてた1本計ロさe台fニDヒ  円が1サ4プ2ド と さえま長の1 ルンが電で20護Uビ は超ア技くシな 多実能化エと なトる動わ必らいめつソ、ボれr車tッ―ュ同 、71プ2リ8リ分な 管なでは切〜 ソテ70力は%回Pス関27あジ術、ョかしく現なをネ続 るとこ作せ要をた時ずフ電ッる」「eトNー製 バ・7ラ3ン0ー野っ 理い受4り5 リナ%管イだ路Sに心%っアを電ンでかなし目果ルい 。しとプてな全が間つト気ト。のSr「oマ品 イ80イ億タ億ダ別た に近光0換V 化、理ンっががつのにた各導力に電しっよ標たギた てでロパユて、とク、・の通ユE」Siノは オ%億が円が円がで。 も赤で0え、 ュさ蓄ソテた30 37いあとの国入管対力日てうとすー。 のサグラニ一同労リ運電開常ニE、Edイ、 メ減円8、7、6は 使外き〜式電 ーれ電リリが%%てるどにのす理し管本いと組たコ電 運ーラメッ体製力ア用子発、ッD全E」ド等 トの、・バ・バ・、 用照、1と流 ショた池ュジ、、で、機ま対平るにて理はるすみめス力用ビミート化品がし面制はサト―方D、「身 リ3R0ー6ー1バ で明目0な4 モ63ーェA発、日器っし均企デ関ソア。る合にト管 がスンタを。でかてな御メーでM向―昇S大 ク6F%コ%コ%ー きのに0る〜 ンジ%シンP電電本やた、が業ジ心リジ 企わ持と理 可ログ設組 はかいど、カビ構o移L降E上 ス0I減ー減ー減コ る明は0。20 がュ、ョトA機力でサ。日60はタがュア 業せ続最で 能ボを定み そっくを基設ス成v動iユE体 が億Dのドのドのー 。る見nm波mA 45ーコンなCが保はー 本%、ル低ーの がて可適は 隆シFシ部・   ス本    3番京は本p  3年要さ識がで型 ないこよ た分のフ28 必市構のいソりずン 照シ%ずいを本てブ省 た技% 吏スAス長F▽ 立セ部▽ オ 人 36都〒社aO 億比にれシ、先コ21影たれる新。野48ト・ 要場造移っー、つ成そ的ンイ、、る果の低へエ日。術、テ事テ)A退 花ンビイ ム ―号渋1をnn 円4も、ス多行ロ年響自ま緊型 で億ウ2 がでを行たラそ意長れなガム業ム髙シ任 エタジノ ロ 7。谷5移はR 移 を・期まテく ナのを動で急コ 出円エ% あの改を低ーれ 戦で結ポン オ企た組くのネ本 35U ー業し織、関へで %P 部企戦見ス((レ長ネベ(ン 事 5電区0転、o 予9待たムのき不ウ出受認堅事ロ 荷とア減 る競革加カやを識が略も果ードネスはてがわ心のは とS営画略尚テ常6テ スー6 異 6話神―し6b 測%感リの業透イ荷け識調態ナ 金ながの と争し速ー風達 に日とル ト29い省ずはイ政 違が業室事志ム務月ッ縄プシ月 8は南0た月o 転 し増がプ導種明ル金た市に宣ウ 額り28 28 し力エしボ力成 変よ本なのシラ%るエか他ン府 い41 部長業▽戦執30ク田ロョ1 動 03一0。1t てのあレ入で ス額。場推言イ が、・億 てをネ、ン、す わっもっ79アリしとネ17国セの が% 長兼部兼略行日 昇デン日 ―丁4新日  い2りイが自でのは も移にル 減全9円 い高ル規技水るってグた%のアか考の%にン方 見、 南F長F事役付 司ュ推付 6目1住よJ る4、ス検動あ影、 大しよス 少て%、 るめギ制術素にて少リ。と83のおえ役。比テ策 ら冷 本A A業員) ー進) 45東所りa 。2 20需討認る響新 きてりに しの減ソ 。るーやへとはおしー 対%、96らて割日べィや れ却 https://www.kaizenproject. jp/
Page4

2021年(令和3年)6月9日   (4)  オプテックス・エフエーは、「電子部品・半導体業 https://www.proface.com/ja/download/driver/  オリエンタルモーターは、2相ステッピングモータ 界センサ活用提案集」にマッピング編を追加した。マ gpproex/roc_etip ーPKPシリーズCSギヤードタイプに取付角寸法28㎜、 オートメーション・FA・自動化 ッピング編のほか、水検出編も掲載している。 ■シュナイダーエレクトリック、「パネルコンピュー 60㎜を追加した。トルクアップによるモーターの小型 業界掲示板 https://www.optex-fa.jp/tech_guide/semicon_ ター30周年記念PS6000シリーズ特集」に事例追加 化・軽量化と、シャフト耐荷重アップによる組み立てsolution/  シュナイダーエレクトリックは、「パネルコンピュ 時の手間を軽減する。 ■オプテックス・エフエー、新人・新担当者向けオン ーター30周年記念PS6000シリーズ特集」に「製造業 https://www.orientalmotor.co.jp/company/ ライン研修Webセミナー受付開始 DXに必要な機能を完備した次世代型産業用コンピュ news/20210518/01/ ■三菱電機、FA業界コラム「成果が見えるIoT導入   オプテックス・エフエーは、6月22日から24日まで ーター【後編】」を追加した。 ■山洋電気、56㎜角2相ステッピングモータ 「SANM 西雪弘氏」公開 新人・新担当者向けにオンライン研修を開催する。内 https://www.proface.com/ja/campaign/2021/ OTION F2」 発売  三菱電機は、FA羅針盤の「FA業界コラム~識者の 容は、FAセンサ・非接触温度計・画像センサ・画像 ipc30th  山洋電気は、2相ステッピングシステム「SANMO 視点~」に「成果が見えるIoT導入 西雪弘氏」を公 処理用照明扱い、基礎知識など。参加費無料。 ■フエニックス・コンタクト、「Dialog Days2021」 TION F2」の56mm角ステッピングモータを発売した。 開した。 https://www.optex-fa.jp/online_learning2021/ 日本オリジナルウェビナー開催 https://www.sanyodenki.co.jp/products/product_  IoTをどのように活用するかは、同じ製造業でも現 index.html  フエニックス・コンタクトは、2021年4月のハノー news/2021/20210525_sonmotion_2-phase_stepping_ 場によって多種多様。多くの現場で共通する課題解決 ■北陽電機、工場火災(ダクト火災)による火花検知 バーメッセデジタルとドイツのフエニックス・コンタ motors.html につながるユースケースとして、「工具摩耗診断」、 の解説を掲載 クト社オンラインイベント ■シナノケンシ、「人とくるまのテクノロジー展20 「可視化」「、予知保全」があり、それぞれのユースケ  北陽電機は、火花で工場火災を検知する火花検知に  「PHOENIX CONTACT Dialog Days-Edition 21」、「モータ技術展」に出展 ースについて、FAソリューションシステム部部長の ついての解説を掲載した。内容や仕様が記載されたチ Hannover Messe 2021」に出展した新製品を紹介す  シナノケンシは、7月30日までオンラインで開催さ 西雪弘氏がIoT導入による具体的な効果などを解説す ラシもダウンロードできる。 るウェビナーを実施する。 れる自動車技術展「人とくるまのテクノロジー展 る。 https://www.hokuyo-aut.co.jp/topics/detail.  開催予定日は6月10日、16日、22日のいずれも15時 2021」に波形同期型ハイスピードカメラ「PLEXLOG https://www.mitsubishielectric.co.jp/fa/compass/ php?id=156 から。 GER」を出展する。 report/expert03/index.html ■安川電機、広報誌「YASKAWA NEWS」発刊 https://www.phoenixcontact.com/online/portal/  また、6月23日~25日(リアル展示会)、6月8日~7 ■三菱電機、FA羅針盤の特集論文「省エネ支援アプ  安川電機は、広報誌「YASKAWA NEWS」No.334 jp?1dmy&urile=wcm%3apath%3a/jpja/web/ 月16日(オンライン展示会)で開催される「TECHNO- リケーション〝EcoAdviser〟」 を発刊した。新製品のACサーボドライブΣ-Xシリー corporate/press/press_information/a4cea68c-41db- FRONTIER2021モータ技術展」に電動3爪ロボットハ  三菱電機は、FA羅針盤の特集論文として「省エネ ズや新製品小型塗装ロボットMOTOMAN-MPX1400 46ad-aab9-83c7df022c82 ンド、高性能薄型キャンドポンプなどを出展する。 支援アプリケーション〝EcoAdviser〟」を公開した。 などを掲載している。 ■壬生電機製作所、電気配線用高速プリンターMP- https://jp.aspina-group.com/ja/news/exhibition/ 分析支援機能の充実化と生産設備とのデータ連携を強 https://www.yaskawa.co. jp/newsrelease/ 012通信不具合の対処法を掲載 2021052001/ 化し、省エネ運用改善活動でのPDCAサイクルの高速 product/154594  壬生電機製作所は、電気配線用高速プリンターMP- h t t p s : / / j p . a s p i n a - g r o u p . c om / j a / n ew s / 化を実現した省エネ支援アプリケーション〝EcoAdvi ■富士電機、受配電設備向け「まるごとスマート保安 012において、OS Windows10のPCにアプリをイン exhibition/2021052001/ ser〟を紹介している。 サービス」発売 ストールする場合、MP-012とPC間での通信がおこな ■パナソニック、7.0型頑丈タブレット「タフブック」 https://www.mitsubishielectric.co.jp/fa/compass/  富士電機は、IoTを活用したシステムソリューショ えない場合の対処方法を発表した。 FZ-S1発売 report/monograph39/index.html ン「Promizer(プロマイザー)」の新たなラインア https://www.mibudenki.co.jp/i/news-MP-012-20  パナソニックは、7.0型頑丈タブレット「TOUGH ■三菱電機、名古屋製作所と産業メカトロニクス製作 ップとして、設備運用を支援する、受配電設備向けの 210518.pdf BOOK(タフブック)」FZ-S1を発売。耐落下150cm、 所が「IEC62443-4-1」認証取得 「まるごとスマート保安サービス」を発売した。 ■CKD、「九州労働安全衛生展」「画像センシング展 低高温環境に強い頑丈設計&軽量約426gのコンパク  三菱電機のFAシステム事業の開発・製造拠点であ https://www.fujielectric.co.jp/about/news/ 2021」に出展 トタブレットで独自のグリップ構造とスマートなデザ る名古屋製作所と産業メカトロニクス製作所が、産業 detail/2021/20210526100003841.html  CKDは、6月16日~17日にマリンメッセ福岡で行わ インで接客や受発注の現場をサポートする。 用オートメーションと制御システムのセキュリティー ■横河電機、安全計装システム「ProSafe-RS」 れる「九州労働安全衛生展」に安全×危険体験ユニッ https://news.panasonic.com/jp/press/data/ 開発ライフサイクルに関する国際標準規格「IEC6244 ISASecure CSA Level1認証を取得 ト、パワフルアームPAWシリーズを出展する。 2021/05/jn210519-1/jn210519-1.html 3-4-1」の認証を取得した。  横河電機は、OpreX Control and Safety System  また6月9日~11日にパシフィコ横浜で行われる「画 ■不二越、「人とくるまのテクノロジー展2021」に出 https://www.mitsubishielectric.co.jp/fa/products/ のラインアップである安全計装システム「ProSafe-RS 像センシング展2 0 2 1」に透明体検査装置 I S - 展 pmng/pmd/pmerit/whm/whm_m8fm_b.html (プロセーフアールエス)」が、セキュリティーに関 UVCL01、画像処理ビジュアルプログラミングツール  不二越は、7月30日(金)までオンラインで開催さ ■オムロン、6月の新商品発表 する国際認証推進組織ISCIのISASecure CSA Facileaを出展する。 れる自動車技術展「 人とくるまのテクノロジー展  オムロンは6月の新商品情報を公開した。 Level1認証を取得した。 https://www.ckd.co.jp/event/jma-oshej/ 2021」に、耐電食軸受、電動コンプレッサ用深溝玉軸  抵抗内蔵型シール形極超小型基本スイッチ「D2A https://www.yokogawa.co.jp/news/press-releases https://www.ckd.co.jp/event/iss2021/ 受やアクチュエータ、ベーンポンプなどを出展する。 W-R」は、接触信頼性が高いスライド接点タイプ形 /2021/2021-05-24-ja/ ■ヒロセ電機、産業用イーサネットコネクタにライト https://www.nachi-fujikoshi.co.jp/news/pre/ D2AWに抵抗を内蔵した新シリーズ。ON/OFF/短絡 ■横河電機、高度制御ソリューション「Platform for アングルプラグ追加 210526.html /断線の4状態検知が可能。 Advanced Control and Estimation R5.03」発売  ヒロセ電機は、IEC61076-3-124規格に準拠した産業 ■明電舎、「災害リスク対策推進展九州」、「人とく https://www.fa.omron.co.jp/new/products/2021/06/  横河電機は、OpreXAsset Operat ions and 用イーサネットインターフェースコネクタ「ixIndust るまのテクノロジー展2021」に出展 ■オムロン、ソフトウエア承諾事項改定のお知らせ Optimizationのラインアップとして、高度制御ソリュ rial」にライトアングルプラグを追加した。  明電舎は、6/16~17にマリンメッセ福岡で開催され  オムロンは、自社ホームページに掲載しているソフ ーション「Platform for Advanced Control and https://www.hirose.com/corporate/ja/additional/ る「災害リスク対策推進展九州」に、災害リスク対策 トウエア承諾事項の改定を実施する。 Estimation R5.03」をシェルと共同で開発。販売を開 pressreleases/ixIndustrial_rightangle_202105.html を支援する製品・ソリューションを展示する。  対象となるのは【形K6CM】形NJ/NXシリーズ用 始した。 ■オリエンタルモーター、サポートソフトMEXE02  また、7月30日までオンラインで開催される「自動 サンプルプログラム使用許諾、【形K6PM】形NJ/ https://www.yokogawa.co.jp/news/press-releases (Ver.4)を更新 車技術展:人とくるまのテクノロジー展2021」に、『EV NXシリーズ用サンプルプログラム使用許諾、K7GE- /2021/2021-05-25-ja/  オリエンタルモーターは、立ち上げからメンテナン 開発を支援するダイナモメータシステム』をテ-マに MGタッチパネルNB用サンプルプログラム使用許諾。 ■シュナイダーエレクトリック、GP-ProEXの通信ド スまでサポートするソフトウエアMEXE02の最新バ 出展する。 改訂実施日は2021年6月14日。 ライバーを更新 ージョンを更新した。 https://www.meidensha.co.jp/news/news_03/ https://www.fa.omron.co.jp/information/new/2021  シュナイダーエレクトリック、は、通信ドライバー https://www.orientalmotor.co.jp/download/ news_03_02/1236609_2463.html /05/001/  Rockwell Automation, Inc. EtherNet/IPドライバ software/mexe02/ https://www.meidensha.co.jp/news/news_03/ ■オプテックス・エフエー、「電子部品・半導体業界 ーを更新した。対応ソフトウエアはGP-Pro EX Ver. ■オリエンタルモーター、PKPシリーズに取付角寸法 news_03_02/1236612_2463.html センサ活用提案集」にマッピング編 2.10.000以上 Pro-Server EX Ver. 1.30.000以上 を追加ラインアップ  ニッポンハムグループの日本ハム北海道ファクトリ ジラインを自動化した。生産能力は、竣工前の年間 工場新設・増設情報 6月第2週 ーは、北海道旭川市にハムやソーセージを製造する新 4200トンから5000トンに増加。 工場を建設した。延べ床面積は1万2514㎡。総工費は https://www.nipponham.co.jp/news/2021/2021 約63億円。 0525/ ▶スギノマシン、早月事業所新工場・微粒テストセン ▶エンビジョンAESCグループ、茨城県内にEV電 生産・販売終了品情報 ター竣工 池工場  スギノマシンは、早月事業所(富山県滑川市栗山)  エンビジョンAESCグループは、茨城県内に日産 内で建設を進めてきた新工場・微粒テストセンターが 自動車などの電気自動車(EV)向け電池を手掛ける 【不二電機工業】 30 完成した。投資額は約 億円。 新工場を建設する。 カムスイッチ形HJ形 (H形カムスイッチ φ 15 新工場では、電子部品や電池、医薬品などの需要増 取付キー操作形)、HK形(H形カムスイッチ キ https://www.envision-aesc.com/jp/index.html に対応できるよう、それらの素材の生産工程で活用さ ▶アクセリード、 医薬品・ワクチン製造工場 ー付)式のみ販売終了。H形カムスイッチシリーズ mRNA れる微粒子化(分散、乳化、粉砕、へき開など)を行 を福島県南相馬市に設立 は、販売を継続する。 う装置の生産およびテスト体制を増強。 倍の売上  アクセリードは、アークトゥルスセラピューティク https://www.fujidk.co.jp/products/news/pdf/ 1.5 PROD_SHEN_HJ%2CHK_20210524 増加を見込む。 スホールディングスと設立した合弁会社アルカリスで.pdf https://www.sugino.com/soshiki/1/news21052  新工場は、原料や製品の冷却に欠かせない冷凍機設 mRNA医薬品・ワクチン製造工場を福島県南相馬市 5.html 備などに、地球温暖化係数の低い冷媒を選定し、効率 に設立する。原薬工場の稼働開始は2023年中を予定し ▶日本ハム北海道ファクトリー、北海道旭川市に新工 化ボイラーを採用するなど環境に配慮した設備を導 ている。 場 入。生産設備ではスライスラインの高速化、ソーセー https://www.axcelead-hd.com/