1/24ページ

このカタログをダウンロードして
すべてを見る

ダウンロード(2Mb)

「生産ラインの見える化」への道① ~中国工場成功のポイント~

ハンドブック

生産スケジューラ【Asprova APS】

第1回 最初に何を"見える化"するかが肝心
第2回 生産管理は納期管理と同時進行で
第3回 生産スケジューラ導入の前にすべきこと
第4回 システムベンダとの協力
第5回 御社の工場は本当に儲かっていますか?
第6回 顧客からの生産ラインの見える化
第7回 中国から世界の生産ラインの見える化へ
第8回 "見える化"と"見せる化"の重要性
第9回 資材とサプライヤーの見える化
第10回 生産ラインのリスクの見える化について
第11回 現実のサプライチェーンの見える化
第12回 他工場の見える化を実現するには
第13回 生産ラインの見える化を継続する
第14回 生産ラインの見える化の本当の話
第15回 生産ラインの見える化事例 その1
第16回 生産ラインの見える化事例 その2
第17回 生産ラインの見える化の先にあるもの
第18回 成功する工場と失敗する工場
第19回 日本からのロールアウトシステム
第20回 サプライチェーンマネージメントシステム

このカタログについて

ドキュメント名 「生産ラインの見える化」への道① ~中国工場成功のポイント~
ドキュメント種別 ハンドブック
ファイルサイズ 2Mb
登録カテゴリ
取り扱い企業 アスプローバ株式会社 (この企業の取り扱いカタログ一覧)

この企業の関連カタログ

ひと・モノ・資源をつなぐ生産スケジューラ
製品カタログ

アスプローバ株式会社

業種別サンプル:総合
ハンドブック

アスプローバ株式会社

Asprova MS Light
製品カタログ

アスプローバ株式会社

このカタログの内容

Page1

アスプローバの 「生産ラインの 見える化」への道 〜中国工場成功のポイント〜 派程(上海)軟件科技有限公司 総経理 藤井賢一郎 Secret to China's manufacturing success 1
Page2

������� ������� ���������������������� ����� �� ������ �������������� ���� ��� ������� ��� ������������������� ������������ ������������� ���������� ��������������� �������������������������� ����������������� ������� ����������������������������� �������������������� ��� ��� ������������������� ��������������������������� ���������� ���������������������� �� ������������������� ����������� ������������� ��������� ������� ������������������������� ��� �������������� ��������������� ���������������� �������������������������������� ���� ���� ��� ����������� ������������ ��� � ���� ��������������������� � ������������� ��������������������������������� ���������������� ����������� ���������������������������������� ���� ���� ��� ���� ��������� �� ����������������� ��������������������������������� ����������� ������� ��������� ������ ����������������������� ������������� ������������� ���������������������������� ��� ������������������ ���������� ��������� ���������������� ��������������������������������� ��������������� ��� ������� ���������������������� ������������������������� ����������������� ����������������������������� ������������������������������������������������� �������������������������� ������������������� ��������� ������������������������ ������������������� � ����������������� ��� ��� �� ����������������������������������������������������������������������������������� � �� ������������������������������������������������������������������������������������ ��������������� � � ��������������������������������������������������������������� � � �������� � ��������� ����������� ���������� � ������ � ������ � ������� ��������������� ����� � ������� ������� �������� ������ � ����� ������� �� �������� ����� ����� � ����� ������� ���������� �������� ����������� ������ � ����������� ����� � ���������� ��� ��� � ����� �������� ��� ������� ������� ����������� � ����� ���������� ����� � �������� ������� ���� ��� ������ ����� � ����� �������� � ��� ���������� ��������� � ���������� ����������� � ����� ����������� ������ � ����� ���������� ��������� ���� � ����� ������� ���� ��� ��������� � ��� �������� � ����� ������ � ��� �� ������ ����� ���������� ���� ���� � ����� ��������� ��������� � ������ ������� � �������� �� ��� ���� � ��� ����� � ��� � � � � � � � � ��������� ������ � ����� ���� ��� ������ �������� ������ � �������� ���������� � ������������ ����� ������� ������� � ��������� ����������� ������� ���� ��� ��� � ����� ������ � �������� ���� ��������� � ��������� ���������� ����� ����������� ������������������������������� ������������� ��������������� � � ������������� � ��� ��� ��� ��� ��� ��� ��� ��� ��� ��� ��� ��� ��� ��� ��� ��� ��� ��� � � ���������� ���������������� ��� �� � ��� ������� ��� ��� ��� ����������������� ���� ��� ��� ��� ��������������������� ��� ��������� ��� ����������������������������� ������� �������� ������� ��� ������� ����� ��� ������ ������������������������������� ������������ �������� ��� ����������� ��� �������������� ������� ���� ������� �������������������������������� ��� ����������� �������������������������������� ���������������� ��� ��� ���� � �� ������ �������� ����� ����������������� ���������������������������������� ��� ���� � ������� ��������������������������� ��� ���� � �� �������������������������� �������������������������������� ��� ���� � �������� ������� ������ ����������������������������� ��� ���� � �� � ���� ������������� ���������� �������������� ��� �������� �� ���� ������ �� �������� ���������������������������������� ������� ������� ���� � �� � ��������������������������������������������� ������������� ������� ���� � �� � ��������������������� ��� �������������������� �������������������������������� ����� �� � ������������������������������ ���������������������� ������ � ���������������� ����� ��������������������� ����������� ����������������������� ��������� ����� � ������������ ��� � ������������ ��������������������������������� �������������������������������������� ����� � ������������ ��� � ������������ ������ � ����������������� ������������������������ ������������� ������ � ��������������������� ������ � ��������������� ������� ���������������������������� ������ � ������������������������ ������ � ������������������ ������� � ��������������������� ������ � ��������������� �������������������������������� �������� � ������������������������� ������ � ������������������ ��������� � ���������������������� ������ � ������������������ ��������� ����������������������� �� ��� � � ��� �� ��
Page3

第1 回 最初に何を“見える化”するかが肝心 中国の工場への生産スケジューラの導入に際 データで生産ライン問題の“見える化”を実現させ しては、日本以上に明確な目的が求められます。 ていただきます。 納期管理なのか? 進捗管理なのか? コスト管理 「Asprova」の導入で重要なことは、貴方の工 なのか? システム導入の目的を1点に絞り込むこ 場のボトルネックを発見し、その問題を集中的に とで、早期に効果を出すことが必要です。元来、 解決することです。まず、現在の生産計画作成 アンダーコントロールにない工程には、多くの問 の運用方法を否定することから始めましょう。中 題が発生しており、カイゼンを実現しようとして 国国内工場の多くが従来の来料委託生産から中 も、互いに相反するような条件が多く見られます。 国市場への内販にパラダイムシフトする中では、 そこで最適化すべき工程、品種、制約条件など 従前の慣習は邪魔なだけです。日本と環境の違 を1点に絞り込むことで、この問題を解決するこ う中国国内生産で、定性的な議論をしても百害 とが可能になるのです。 あって一利なしです。かならず数字で議論し、お その意味では、導入目的の中で最も効果的な 互いのコミュニケーションギャップを埋めるべき のは、リードタイムの短縮といえます。生産の時 と考えます。 間が短くなれば、在庫リスクを軽減でき、競争 当社以外から「Asprova」の導入効果につい 相手より速く製品を市場に投入することができる て確証を得たいと希望のお客様は、今年1月に からです。急速に需要が変化する中国市場では、 開催される当社ユーザー会にぜひお越し下さい。 こうした工場体質の確立は不可避ともいえるので 日本と中国のお客様の工場で、 “見える化”を実現 はないでしょうか。 いたします。 嗜好性の多様な中国で売れる製品を生産する ためには、少量多品種生産への移行も避けて通 れません。こうしたラインでは、品種ごとの生産 ラインの切り替え、段取りの問題、作業員の配 置など、高度な生産管理が求められます。この 高度な計画要件を“見える化”するのが、当 社の製品「Asprova」です。 「Asprova」のパラメータには、日本の多 くの工場で鍛え上げられたノウハウが詰っ ています。品質、納期、コストにおいて中 国市場でも評価の高い日本の製品の半分は、 「Asprova」により生産されているといって も過言ではありません。ちなみに日本では 市場シェア48%(富士経済社調査)を誇り ます。ご興味のある方はまず当社にプロト タイプデモ作成をご依頼ください。御社の Secret to China's manufacturing success 3
Page4

第2 回 生産管理は納期管理と同時進行で 前 回、 生 産 スケジュー ル 管 理 システム、 Asprovaは、同社の取り組みのように、継続して 「Asprova」の導入では、まず何を見える化する 利用し、そのマスタデータの精度向上に合わせた のか的を絞る必要性を訴えましたが、今回はこの 正確な中長期シュミレーションの構築が可能です。 方法により成功した中国の民営メーカー、思源電 目前の生産ラインだけでなく、将来にわたるライン 気股份の事例を解説します。 状況の見える化は、コスト削減にとって必要不可 同社は事業拡大を目指していましたが、従来の 欠です。 エクセルで管理する生産計画では、生産指示と進 同社の工場では、Asprovaの導入により、年間 捗管理が進みませんでした。また、Asprova導入 コスト55万元を削減し、1年でシステムの初期投 の検討時期の当初も、現状システムの踏襲や総花 資を回収しています。生産ラインには、人件費や 的な問題点の解決という観点で、なかなか導入に 原材料費用のほか、このようなシステム投資も行 踏み切れませんでした。しかし、トップの強い意志 われます。金額による効果の明確化は、次の投資 とスタッフが共有する“失敗を許さない”という企業 のための重要ポイントです。 文化に支えられ、導入目的の絞り込みを行い、結 昨年の当社ユーザー会で発表いただいた同社に 果的に大きな成果を生みました。 は、今年1月21日の当社上海でのカンファレンス 同社が「生産ラインの見える化」において絞り込 でもその後のシステムの拡張について講演いただ んだ目的は、現状の問題点の可視化とその先に見 きます。お客様の生の声を聴く機会ですので、ぜ えるあるべき姿の共有化でした。生産量が急拡大 ひ当社ホームページ(www.asprova.cn/class. を見せる生産ラインでは、製造のみに力点が置か asp)よりお申し込みの上、ご参加ください。 れ、その進捗や納期管理がなおざりにされる傾向 がありますが、 オーダ毎の進捗、納期遅れの確認 そのようなライ ンの先にあるの は、在庫の山と いう結果です。 生 産 ライン には、現 在 の 進捗在庫の見 える化のほか に、将 来 計 画 におけるライン の負荷や設 備 投資の判断を 予測し備えるこ とも必要です。 4 Secret to China's manufacturing success
Page5

第3 回 生産スケジューラ導入の前にすべきこと 今回は、生産スケジューラの導入に成功するた 在庫と合っていることが条件で、それなりの管理レ めには、どのような準備が必要であるかについて ベルに達しないと不可能です。 お話します。工場の生産計画をシステム管理する このように、生産スケジューラの導入の前提条 需要は一段と高まっていますが、その導入はそう 件とそれに伴う準備は、生産ラインを見える化し、 簡単ではありません。生産計画に沿った製造指示 工場の管理レベル向上に繋がる結果を生み出しま を行うには、まず実際の生産ラインの生産能力の す。掛け声だけで生産実績や入出庫情報を適正 適正な値を把握する必要があります。 化するといっても実現しないのが中国の工場です。 日々、生産に追われている生産ラインの生産能 多くのお客様が生産スケジューラの導入を契機 力を、品目ごとに確定することは決して容易なこと に、PDSCのルーチンを循環させ、海外という異 ではありません。当初は、概算した値を基に生産 文化の中でも成果を上げている例がございます。 ラインを運用しながら、正確な生産能力の値を導 ご要望いただけましたら、それら事例のお話をしに き出すことが可能なソフトウェアパッケージを利用 ご訪問させていただきます。 するのが効果的といえます。 * 生産計画は、生産ラインの状況により、遅れや 1月6日に中国のポータルサイト畅享網の主催 進みが出てきます。正確なリスケジューリングをす による中国商用軟件受賞大会が開催され、その中 るためには、正確な生産能力の値をシステムに入 の製造業分野で、当社がTOP10に入り、受賞し 力することが不可欠です。精度の高いスケジューリ ました。詳細は、(http://portal.vsharing.com/ ングによる製造進捗情報は、生産ラインの見える k/others/2011-1/639873_2.html)をご覧くだ 化に直結し、生産管理者に正しいデータを提供す さい。 ることになるのです。 マスタメンテナンス また中国工場では、生 産能力に問題がなくても、 資材が足りないというア クシデントが多く発生しま す。生産スケジューラは、 必要な時に必要な資材量 を計算できますので、その 情報を購買先へ提供する ことで、余計な在庫をもた ない経営を実現している 企業もございます。 ただしこの場合も、生産 計画が適切に立てられて いること、理論在庫が実 Secret to China's manufacturing success 5
Page6

第4 回 システムベンダとの協力 今回は、広い国土をカバーするためにご協力い 題が多くありますが、その際にはどうすべきでしょ ただいています中国の代理店様をご紹介します。 うか? 迷わず、経験と実績のあるコンサルタントを 当社は、華南地区では電通国際情報サービス様と ご利用されることをお勧めします。言葉も文化の違 NTTデータイーストネット様に、華東地区ではキ う環境の中での業務改善は、外部からの力、実証 ヤノングループのシステム会社であるキヤノンITソ された結果に基づく指導が有効に働くことを我 も々 リューションズ様、それから中国系の拓昌様などと 実感しております。 提携しています。 また、その際にITも重要ポイントです。生産ライ ま た 中 国 系 で は、 中 国 で1、2位 を 争 う ンの見える化といっても、その先には自社内の情 Nuesoft(東軟集団)様とデジタルチャイナ様にも 報をサプライヤーやお客様、日本本社に公開する 当社製品をお取り扱いいただき、Nuesoft様には 必要があるからです。サプライチェーンマネジメン 以前、華北地区で弱かった当社代理店網の強い トを前提とした見える化は、自社内のインターナル 味方となっていただけると期待しております。私自 な仕組み作りから進めなければなりません。 身、日本で当社の代理店の人間として、長い間売 最後に、今回当社がSAP ERP Oracle ERP り上げナンバーワンを維持した経験から、製品の といった世界的なERPを中国で導入するナン 導入においてシステムインティグレータ様がいかに バーワンプロバイダ、Nuesoft様と正式代理 重要なのかが分かります。 店契約を結んだ模様を下記のサイトよりご紹 お客様にとっても、生産ラインのシステム化によ 介 させ てい た だ きま す。(www.asprova.jp/ る見える化の成功には、お客様自体や製品の良さ companyinfo/20110126141527.html) に加え、システムインティグレータ様の質がその 成否を左右すると いえます。日系の 生産ラインには日 系のシステムイン ティグレータ会社 様を、中国系では 現地の代理店様を 選択するのがよい です。 このほか、生産 ラインの見える化 において、特に製 造業の近代化段 階である中国では、 システム以前の問 アスプローバはNuesoft( 東軟集団 )と代理店契約を結んだ 6 Secret to China's manufacturing success
Page7

第5 回 御社の工場は本当に儲かっていますか? 「御社の工場の生産ラインは本当に儲かっていま のラインの利益をきちんと把握している場合が多い すか?」これは当社がお客様の総経理にいつもお聞 です。 きする質問です。実際、中国系の財務会計システ AsprovaにもKPIという機能があります。同機 ムを導入し、満足している総経理はたくさんいらっ 能は、工賃・資材費用などを直接原価として捉え、 しゃいますが、そうした方々の中にも自社工場が本 運用します。生産スケジュールの源泉となる設備 当に儲かっているか把握しようと、悪戦苦闘されて 能力を製造実績から計算するように金額も計算で いる方々が大勢いらっしゃることも事実です。 きます。受注予定のオーダーを自社工場で作った 先日、無錫のある日系工場を訪問しましたが、 ほうがよいのか? 外注のほうが儲かるのか? などの この会社は日本からの受注のほか、中国国内での シュミレーションにも瞬時に対応可能です。 顧客開拓を進めており、見積りのための適正原価 このように、生産ラインの見える化は、進捗が の把握が必要でした。しかし、日本より赴任され 見えるというだけでなく、生産ラインが本当に利益 た方は「原価管理の考え方など日本式の概念を中 を生み出しているのか、 また逆に利益を生み出す 国の現場に説明しても、現地化した現場では、彼 ためには、どんな作り方をしたらよいのか? をシュ ら自体が納得しないと情報提供すら望めない」と嘆 ミレーションすることが最終の目的です。それには いていました。こうした現実はありますが、十分な まず、生産スケジュールと進捗管理の構築が第 情報共有が不徹底でも、生産拡大が進む中国工 一ステップです。今回、中国国内の代理店を集め 場では成長がロスをカバーし、結果オーライ、と て上海で代理店会議を開催させていただきます。 いう工場が多いのではないでしょうか? 当社製品にご興味のあるシステムインティグレー 実際に製造現場の実績・稼働・在庫など、製 タの方々の参加も歓迎いたします。以下のURL 造原価の源泉となる情報の正確性を高めるために より、どうぞお申し込みください。(http://www. も、当社は生産スケジューラの導入をお勧めして asprova.cn/class_open.asp?id=239) います。なぜなら、ERPシス KPI オプション機能 テムは導入されていても現場 のMESは構築されていないお 客様がほとんどですが、実績 収集だけ導入しても計画生産 というカルチャーが現場に定 着しなければ、原価把握とい うさらに高度な情報を正確に 把握することは無理だと考え るからです。実際にこの計画 と進捗の管理がきちんとでき ているお客様は、お金の把握 という段階にまで達し、自社 Secret to China's manufacturing success 7
Page8

第6 回 顧客からの生産ラインの見える化 生産ラインの“見える化”は、工場管理者だけの 題点を“見える化”することに成功しました。各工程 ものではありません。顧客が販売店であれセット 担当者が進捗情報を共有することで、お互いの生 メーカーであれ、工場への発注の進捗状況は、常 産量の同期化を図り、作り過ぎを避け、仕掛在庫 に顧客に明らかにされていることが望ましいです。 を大幅に減少させることに成功したわけです。また さらにいえば、現在の生産状況だけでなく、将来 このラインでは、さらなる生産効率の向上のために、 の計画も明らかな方がいいです。将来にわたって 前工程の専用ラインからワークショップラインへの の納期回答が正確にできる製造業は、市場からの 変更、中間在庫の安全在庫管理、最終検査工程 信頼感を獲得し、ビジネスチャンスが拡大すると での小ロット化など、生産方式そのものをも革新 いえるでしょう。 することができました。 昨年、当社の生産スケジューラを導入されたあ これらすべての改革は顧客の努力もありますが、 る中国工場は、わずか3カ月で納期回答率100% 生産スケジューラによるラインシュミレーションシ を達成し、これまで顧客満足度向上のため用意し ステムが構築されていなければ実現できなかった ていた製品在庫の半減に成功しました。さらに米 ともいえます。生産スケジューラは現状ラインへの 国からのバイヤーが同社の生産ラインを見学し、 生産指示だけでなく、生産シュミレーションとして その後大きな新規取引が生まれたそうです。しか 利用することによりライン革新をも推進します。 し、生産スケジューラを導入したすべての工場が 当社では、毎月中国各地で生産革新に関わるセ 同社のように上手くいっているとはいえません。一 ミナーを開催しています。実際に生産スケジュー 体、両者の違いはどこにあるのでしょうか。 ラを導入いただいたお客様の事例講演などもござ 元来、生産スケジューラが工場の経営に貢献で いますので、定期的に当社ホームページ(http:// きるのは、投入から出荷までの工場ラインの領域 www.asprova.cn/)をご参照し、ぜひセミナーに のみです。営業の見通しが甘い企業、顧客の無理 ご参加ください。 な要求をコントロールで アスプローバモニタ きないラインでは、コン ピュータシステムが活躍 できる余地はありません。 生産スケジューラの導入 はそうした工場に対し、 現状ラインのボトルネッ クの“見える化”に貢献す ることができます。 ある精密機器製造の 工場では、現状のデータ によりプロトタイプを作 成することで、現行の問 8 Secret to China's manufacturing success
Page9

第7 回 中国から世界の生産ラインの見える化へ 母国日本で大きな地震が起こりました。中国工 での実現にも役立ち、狭い日本では実験できませ 場には影響がないと考えていましたが、日本から ん。当社のお客様の多くが中国にアジア最大の工 のキーパーツが届かず生産に支障をきたしている 場を置き、世界展開を目指している日系製造業 工場、日本から多量の生産計画が移管され右往 で、国内外は関係ありません。 左往する工場など影響が出ています。今回は、日 見える化では、細かいことより、まずは大きく 本の製造業の皆様のために当社として何ができる システムの枠組みを作ってしまうことが成功の秘 かを考えてみました。 訣です。先日カットオーバーしたばかりの総経理 当社は短期的な地震対策として、中国工場で とのお話も似たような内容になりました。お客様 構築中の「資材の見える化」システムを紹介しま 曰く、「ある意味で、中国工場で鍛えられた小異 す。90%の資材を中国現地工場から調達可能と を捨て大同につくという精神的なたくましさが、 した工場でも、キーの電子部品と化学化合物系 難しいシステム構築を可能にした」とおっしゃって の部品については日本から調達しています。これ いました。 らの調達が滞ることで日本の5月の連休明けには 当社の「Asprova SCM」は、グローバル生 製品出荷が止まるかもしれません。「Asprova 産を展開する製造業のPS(I P生産 S販売 I在庫) APS」を活用し、資材調達の将来の見える化、 を可視化し、ロジスティックタイムやコストなどを 直近の資材引き当ての変更作業とその影響のシュ 勘案した上で最適な分散生産計画を立てる新製 ミレーションシステムを短期間で構築する試みを 品です。長い間チャイナリスクが喧伝されてきた 薦めています。 一方で、今回の地震でジャパンリスクを実感され 工場内が日本の工場と同様に対応に追われる たと思います。不測の事態を考慮し、リスク回避 中、あえてこのシステムを構築することが求めら を図るグローバルな生産体制の確立が急務とい れています。その途中経過と結果については、今 えます。 後のこの連載で紹介する予定です。当社製品の ユーザーにかかわらず、製造業のお客様のお力 になれればと、個別の相談会を開いて います。ぜひ下記連絡先にご相談下さい (E-mail=Info@asprova.cn)。 このほか、当社が地震を含むあらゆる リスクの長期的対策として、中国から世 界工場の見える化を始める方法を提案 します。日本国内での導入のテンプレー トを作り上げても、海外でのシステムの 導入には、ノウハウと経験が不可欠で す。中国は広大であり、その中でのロ ジスティックの最適化は、世界のどの国 Secret to China's manufacturing success 9
Page10

第8 回 “見える化”と“見せる化”の重要性 日本で大震災が起こり、日本の多くの製造業が 具体的なお客様の実例を挙げ、その効果を見える 打撃を受けています。中国の日系工場も例外では 化させていただきます。ご紹介させていただく事例 なく、特に最終製品を製造しているラインでは、日 の概要は以下の通りです。 本からの主要部品の調達のメドが立っていない状 ①中国国内に大きく生産シフトをしたメーカーが 況です。 いかに今回の材料不足を乗り切ろうとしているか、 このような状況下、現在、アスプローバを導入 ②部品の調達率を100%中国国内にシフトしてい いただいている日系製造業で盛んに行われている たセットメーカーのこれからの戦略、③日本に学び シュミレーションは、残り少ない主要部品の在庫 高品質な部品を生産可能にした中国企業の生産シ をどのオーダーに対して利用したほうがよいのか? ステムの現状、④本国の指示で増産体制に入る欧 また、その場合、他のオーダーにはどう影響する 米企業での生産スケジューラの需要と利用方法な のか? といった材料制約上の対策になっています。 どです。 危機管理は保険と同じで手厚くすればするほど、 最後に今回、震災に合われた方々にお悔やみを いざという時の影響を最小限に留められますが、 申し上げるとともに、これだけ日本の部品が世界に それもコストとのトレードオフといえるでしょう。自 インパクトをもつ状況の中で、自信を持ち、かつ迅 社工場の“見せる化”とサプライヤーの“見える化”、 速に回復されることを、中国の地で期待し、祈っ ひいては今回の不測の事態では、他国の自社工 ております。 場の見える化まで要求されます。では、高価なサ プライチェーンソフトはこのような場合役に立つの でしょうか? 答えはNOです。物理的なサプライ チェーンが分断された状況の中では、従来のサプ ライチェーンソフトは無用の長物となります。 当社の「Asprova SCM」であれば、各工場の 計画と実績の見える化を実現したうえで、各工場 間の最適化を図ることができます。このほか、今 回のような事態でも、各工場内の生産スケジュー ラである「Asprova APS」は、該当工場とサプラ イヤー間で正確な将来のシュミレーションを実現 し、危機対応をサポートしています。これは、まぎ れもない現実であり、あくまで「工場現場から」を 合言葉に開発されてきた当社製品のメリットともい えるものです。 今後は喧伝されてきたチャイナリスクだけでな く、ジャパンリスクも考えなければならず、その上 での見える化の再構成が必要です。次回以降は、 10 Secret to China's manufacturing success
Page11

第9 回 資材とサプライヤーの見える化 中国工場では、自社生産ラインの見える化のほ のトヨタですら中国では配慮を怠っていません。 か、顧客納期を順守した生産のためには、サプラ 先日、当社の製品を長く利用していただいてい イヤーからの資材提供の納期管理が重要なファク る中国メーカーから、多くの優秀な日本のサプ ターであるといえます。今回の震災でこの傾向は ライヤーの部品が入手しやすくなったとの御礼の ますます顕著になり、近くの中国サプライヤーか メールが来ました。当社製品をツールに自社ライ ら部品が届いても、遠くの日本からの主要部品が ンの効率化と正確な情報の提供を実現させた結 ひとつ届かないことで生産が停止している工場が 果です。これら日本の中小企業のサプライヤーは、 多くあります。 国内の主従関係に束縛されずに、今後は中国企 中国のみならず、広く日本の製造業の世界工 業にも高付加価値な部品を提供していくものと考 場を考慮した場合、こうした緊急事態に備えた代 えられます。 替品の手配や戦略サプライヤーの育成が事前に このほか、今回の震災では、日本国内のメー できているかが、企業の生死を分けるといえるで カーや世界的にオンリーワンの部品を提供するサ しょう。日本という島国では、苦しい時はお互い プライヤーの被害のみならず、中国にいる当方か 様なのでしょうが、中国大陸は違います。法律に らすれば、海外にいて被害を免れた優秀なサプ 触れなければ勝利したものが正義であり、それが ライヤーの日本メーカーからの離反も憂慮されま ビジネスです。 す。もう一度お互いの生産ラインの見える化を考 では、サプライヤーの生産ラインの見える化を える必要があります。それはメーカーとサプライ 実現するためにはどうしたらよいのでしょうか? そ ヤーが相互に協力して見える化を実現する過程だ れが取引先と下請け企業という関係であろうと力 と思います。ぜひこの機会に当社までご相談をお 関係で従わせることは中国では不可能です。そん よせください。お客様の事情に合わせた解決案で なことをすれば、よい資材を収めるサプライヤー ある見える化を実現させていただきます。 ほど他の取引先を選択する恐 ● Asprova MRP ー作業/資材計画 れがあり、それだけ成長を続 ける市場がこの国にはあるの です。 まず、自社の生産計画を他 社に見える化しましょう。他 国でビジネスをする以上、お 互いのWinWinについてより 深く配慮しなくてはなりませ ん。自社の資材発注量と納期 の精度を上げ、余計な在庫を サプライヤーに押し付けない ことが肝心で、カンバン方式 Secret to China's manufacturing success 11
Page12

第10 回 生産ラインのリスクの見える化について 総経理にはラインの数と時間の見える化に加え、 画策定のスピードの速さに加え、ハードディスクに お金の見える化が重要になってきます。特に昨今 書き込むまでは何回でも計画を変えることができま のように東日本大震災の影響で、日本からの部材 す。 提供が遅れている場合には、手持ちの在庫をどこ よって、日々起こるライントラブルや将来に予定 のお客様の注文に引き当てるのか? 代替品を利用 される定期保守など、生産ラインの停止を前提と した場合のコストと歩留まりは? 注文をキャンセル したリスクヘッジを可能にします。 した場合の違約金の経営への影響は? といったト 生産ラインのリスクの見える化は、その対策の レードオフを前提にしたジャッジが求められるよう 見える化にも繋がります。想定されるトラブルに備 になります。 えたコンテンジェンシープランがあってこそ、工場 このような環境では結果のみの原価管理では役 は安定した納期と品質を守れるのです。普段から に立たず、将来を見越したシミュレーションとその 協力工場や外注の能力、負荷なども正確に把握で 情報に基づくアクションが必要といえます。当社の きていれば、内作から外作への生産移管リスクの 「ASPROVA KPI」機能は、これまで欧米の企業 最小化も可能となるのです。 を中心に生産ラインのキャッシュフローの見える化 * に寄与してまいりましたが、中国工場では現在、リ 当社では、危機管理セミナーを中国各地で開催 スクシミュレーションの見える化ツールとして利用 させていただきます。ご興味のあるお客様はぜひ、 されています。 当社ホームページをご覧いただき、お近くの場所 通常の生産ラインにおいても多くのリスクが存在 で開催の際にはご参加下さい。 します。例えば、 当日作業員が ●アスプローバ製造コックピット 不足したり、機 械が故障した りなど、 中 国 の工 場では日 常茶飯事に起 こっている出来 事です。当社の 「ASPROVA KPI」 は コ ン ピュータのメモ リ上 で、生 産 ラインの稼働を 実現することに より、 生 産 計 12 Secret to China's manufacturing success
Page13

第11 回 現実のサプライチェーンの見える化 これまでは主に工場内の生産状況の見える化に んに検討されています。震災後さらに指摘されて ついて書かせていただきましたが、今回はここで視 いるジャパンリスクに対応すべく、これまで以上に 点を変えて、サプライチェーン全体の見える化に 生産拠点を分散化させていく日系製造業にとって ついてお話をさせていただきたいと思います。 は、不可欠といえるものです。 ご存じのとおり、サプライチェーンとは、製造業 サプライチェーン上には自社以外のスティクフォ においては市場の需要量と納期から遡り、工場へ ルダーも多数存在しますので、スティクフォルダー の適切な材料の投入までの物、時間、お金の流れ を含めたより全体的な最適化は、自社内の見える を意味します。 化以上に、困難を極めるといえます。そこで重要 実際に日系製造業の中国工場では、生産する製 なポイントは各社間の契約内容です。 品が中国国内向けのものであれ、海外輸出用のも お互いの利益になる内容にするには、場合によっ のであれ、長い物流時間と複数の在庫拠点が必要 ては自社の不利益を看過しなくてはならない場合 とされます。 もあります。そのため、「Asprova SCM」は、な たとえ、生産ラインの見える化が実現したとして るべく多くの企業の利益に繋がるようにするため、 も、お客様に製品が届くまでの道筋が見えていな 日本を中心とする当社の大手ユーザー企業様が導 ければ、本当の意味での儲かる仕組みの見える化 入後、機能などを年々改善するなど進化させてい は実現できません。 ます。 当社は、すでに日本と多くの中国工場に生産ス ご興味のある方は、ぜひ、当社の日本のホーム ケジューラを導入させていただいております。それ ページ(http://www.asprova.jp/scm/)をご参 らのユーザー企業様より収集した様々な情報も参 照ください。 考にし、サプライチェーンの最 適化を図る試みとして、昨年から 「Asprova SCM」という新た な製品開発に踏み切りました。 この「Asprova SCM」は工 場内のインターナルなサプライ チェーンの見える化だけでなく、 工場と工場を結ぶ物理的なエク スターナルなサプライチェーン の見える化が可能な機能を持つ ことが特徴です。 東日本大震災で事実上、サ プライチェーン上のチェーンが 切れた状態にある企業の間で、 「Asprova SCM」の導入が盛 Secret to China's manufacturing success 13
Page14

第12 回 他国工場の見える化を実現するには 今回は少し視点を変え、5月31―6月4日、台 告してきた社員には進んで褒賞を与え、自分達の 湾地区で開催された「台湾COMPUTEX TAIPEI 仕事にプライドを持たせることが肝心だといってい 2011」(www.computex.biz/computex2011_ た点が耳に残りました。 en/)に出展した内容の報告を兼ねて、他国の工 私自身もそうですが、どうしても理解しにくい他 場の見える化について考えてみたいと思います。 国人のこととなると疑いが先に立ちがちです。信用 中国大陸では100万人を超える台湾地区の と信頼は別のものと理解し運用していくことが必要 方々が働いており、日本の製造業の中にも台湾地 なようです。 区企業との合併により中国進出している企業がた 今回は、システム自体より、それを運用する人 くさんあります。 間という観点から見える化のコツを勉強させられた 台湾地区の大手製造業も日本と同様に台湾地 思いです。今後、当社は8月に台湾地区の数都市 区内を研究開発拠点、中国工場を量産工場と位 でセミナーを現地パートナーと開催させていただく 置づけているメーカーが多く存在します。彼らも同 予定です。より多くの台湾地区の製造業の方とお じ中国語を使いますが、いろいろ事情の異なる中 会いできるいい機会ですので、また、その時のご 国大陸の環境での工場運営に関しては、苦労して 報告をさせていだく機会があればと存じます。  いるという声を会場でも多く耳にしました。 また、台湾地区の工場自体、世界のOEM工場 といわれるように、他国のブランドの製品を多く生 産しており、発注元にそのラインを見える化するこ とが常に求められています。 台湾地区と日本を比較した場合、生産管理とい うシステムでは日本が上ですが、自らの工場の見 える化という命題に常にさらされてきた台湾地区 の製造業には、システム以外のラインの見える化 のノウハウに関して、一日の長があるように感じま した。 そのノウハウとして挙げられるのが人の管理とい えるでしょう。情報システム環境をいくら完璧に整 備しても、そこに情報を与えるのは人間であり、人 間には都合が悪いことを秘匿する癖があるというの です。 例えば、あるオーナー会社の社長(台湾地区の 現地企業にはオーナー会社も多い)の話では、中 国工場で不都合な現実を見える化させるためには 罰則の強化ではダメで、逆に失敗しても正直に報 14 Secret to China's manufacturing success
Page15

第13 回 生産ラインの見える化を継続する 一度構築されたシステムがいつの間にか利用さ けられるということにもあると思うからです。 れなくなる、段階的な導入を目指したはずが、初 生産システムの定着化したお客様の中には、保 期段階から一向に先に進まない、こうした現実は 守契約による新規バージョンのライセンス機能が 日本の工場でもよく見かけます。これは中国といっ 必ずしも必要でないという場合もあります。その反 た他国で工場システムの運営を継続していくため 面、ノンカスタマイズのパッケージソフトウェアに には、最も留意しておかなければならない点だと 対する保守作業の継続は、自社内だけでなく、そ 思います。 の保守を担当するSI会社やメーカー内に、自社の 「生産ラインの状況を見えるようにしろ」と新任 システム環境・継続の条件といったものを、保険 の総経理の一言で始まった活動が、1年の紆余曲 として確保しておくという目的もあります。 折を経て結実したが、トップが代われば方針も変 保険という視点からすれば、どの程度のリスク わり、担当者がいなくなれば継続運用もままなら を想定し投資するか検討が必要といえます。しか ない。そのため、せっかく投資したお金と工数が し、日系の製造業にとっては他国での生産システ 無駄になってしまっている工場を、これまで何社見 ムの運営であるということ、特に中国の現状では、 てきたことでしょうか。 人材の流出を想定しなければならないことからも、 当社は、システム構築の段階から、運用マニュ リーズナブルなシステム保守費用であれば、締結 アルのお客様自身による新規作成とその後のメン していただくことが、お客様のためだと当社は考え テナンス、人材のジョブホップに備えた運用体制 ます。 の2重化などを提案してまいりました。それなりの 保守費用は毎年発生するものですので、保守内 効果を生み出したと自負しておりますが、中国の 容に関してのご注文やご助言がございましたら、ぜ お客様がなぜ、保守契約をされないのかが理解 ひ当社までお寄せください。 できません。これには確か に、従来のSI会社の常駐化 によるシステム開発に慣れて きた文化も影響しているとは 思います。 しかし、保守メンテナンス を含むパッケージソフトウェ アをご利用いただく利点は、 生産システムを短期間・安 価に構築できるというだけ でなく、保守運営の中でも、 お客様によるシステムの改 善、保守ベンダーによる継 続したシステムサポートを受 Secret to China's manufacturing success 15
Page16

生産ラインの見える化の本当の話 第14 回 生産ラインの見える化の本当の話 読者の方々から理論だけでなく、もっと生 し々い これまで導入ベンダ任せ、ご自分たちはあくまで発 実例を教えてほしいというご要望が多く、今回は 注者という立場のプロジェクトも経験してまいりま 事例紹介をさせていただきます。まずは、大手日 したが、海外工場を含んだプロジェクトではこのよ 系製造業の工場での生産スケジューラと実績収集 うな体制は致命的です。後から多大に追加投資し、 の導入による生産現場の見える化実現プロジェク 結局失敗したERPプロジェクトのなんと多いことで トについてです。 しょう。 昨今、日本の大手製造業のシステム導入は、コ さらにロールアウトプロジェクト(日本の工場から ンプライアンスの名のもとに日本から海外へも同じ 海外の工場へシステムを段階的に展開)を担当す システムが導入されています。しかるに現地の事 るSI会社も問題です。海外の案件を担当する経験 情を知らない本社情報システムでは、そのプロジェ が少なく、顧客のように日本本社と中国支店のコ クトのコントロールができず、現地工場もしかりで ミュニケーションが取れていない場合、大切なシ す。これまで現地のことは現地に任されていたのに、 ステム導入を任せたらどうなるかわかりません。 いきなり日本本社からこれでやれ、あとは任せたと また、中国に支社を持たないようなシステム会 いわれても、日本人と中国人のコンセンサスが取 社や生産スケジューラソフトウェアのメーカに仕事 れません。 を依頼するのも問題です。自社自らが中国におけ 顧客の日本本社と中国工場、中国工場内の日本 る経験がないのにパートナーによる支援体制があ 人と中国人の間の対立に巻き込まれ、苦労するの るというのはまやかしにすぎません。 はシステム導入を担当するSI会社だけです。このよ 現在、グローバルシステムの導入をお考えのお うな問題を避けるため、当社は常にお客様に以下 客様は当方までご相談ください。当社としての経験 の点を提案しています。 や対応のノウハウから、失敗しない「生産ラインの 1、要件定義書は日本語と中国語でつくり、顧 見える化」をご提案させていただきます。 客の日本本社と中国工 ●導入スケジュール例(要件・システム構成などで、項目や期間は異なります) 場の両社の承認を要求 する。2、プロジェクト 報告会は現地では週単 位で、日本とは月次で行 う。3、プロジェクト報 告書・その他文書は日 本語と中国語で作成す る。 上記はあくまで仕組 みです。運用はお客様 自体に主体者になって いただきます。日本でも 16 Secret to China's manufacturing success
Page17

生産ラインの見える化事例 その1 第15 回 生産ラインの見える化事例 その1 今回は、生産ラインの見える化の具体的な事例 大切なのはこれらの活動を継続して行っている を紹介したいと思います。 ことで、他社であってもグループ内企業のような 当社ユーザーのある事務機メーカーの工場で 親密な関係(特に中国では人間関係が重要)が成り は、無線バーコードリーダによる生産進捗の管理 立っている会社も存在します。 を実現しています。生産ラインの見える化の成功 このほか、中国工場について挙げられる課題が のキーポイントは、自動倉庫とのシステムリンク 製造原価の見える化です。当社ユーザーでもあ です。同工場では前工程の生産終了情報がコン り世界的な中国メーカーのある会社は、ERPによ ピュータに入力されないと、キット部品の払い出し る原価情報の精度向上のために生産スケジューラ ができない仕組みにしてあります。 「Asprova」を導入しました。 また、この工場では全サプライヤーの部品の品 「Asprova」は製造現場の実績情報をより正確 質と納期遵守率をホームページ上で公開していま なものにし、各装置の稼働率や能力も見える化 す。公開された情報は部品メーカーにとっては、 します。それらの製造諸元を利用して、この中国 その他の取引先とのビジネスにも影響を及ぼすも メーカーは正確な製造原価を把握するとともに、 のですので、各社とも自社の順位を上げようと真 「Asprova KPI」機能を利用して金額的に最適な 剣になります。 製造計画をたてることにも成果を上げています。 その結果、この完成品メーカーでは、製品およ 次回は、先端の中国企業でのITシステムをご紹 び部品の納期遵守率が100%守られるようになり 介させていただきたいと考えています。 ました。これまでの低賃金雇用を軸とする中国工 場での製造現場では、インセンティブが情報精度 をあげる手段のひとつとして使われてきました。し かし、賃金も上がった最近の中国工場では信賞必 ●導入スケジュール例(要件・システム構成などで、項目や期間は異なります) 罰、強制的なペナルティが効力を発揮するように なってきています。 とはいえやはり他国である中国で のビジネスです。飴と鞭の戦略で、 従業員には日本人の考え方に慣れ てもらうために会社主催の日本語講 座や日本の工場への研修などのメ ニューを用意しています。 さらに、サプライヤーに関しては、 懇親会を設けるとともに定期的な勉 強会を開くなどして、お互いのGive & Takeを実現しているようにもみえ ます。 Secret to China's manufacturing success 17
Page18

第16 回 生産ラインの見える化 お金編 中国の人件費がここ数年間で5倍にまで跳ね上 テムの原価管理は、あくまで結果管理でしかなく、 がり、最近、日系メーカーの工場が自動製造装置 設定される標準原価が正しいかどうかの確証もあ の購入を加速させるなど、生産の自動化に取り組 りません。 み始めたとの報道がありました。 「Asprova KPI」を導入していただければ、製 日本の過去の事例を見ても、一度上がり始めた 造実績や機械稼働率を正確に把握することができ 人件費を抑えることは難しいです。当社の生産ス ますので、現実的な目標原価を設定することが可 ケジューラ「Asprova KPI」は、生産ライン上にお 能となり、将来にわたり、実際の原価と標準の原 ける人と機械の組み換えにより、人件費を抑えて 価のお金の差を見える化することができます。 原価を低減するシステムで、現在、導入を勧めて 今回の震災で日本から主要部品が来なくなった います。 中国工場では、手元にある主要部品をどのオー 当社のお客様で事務機器を生産している企業の ダーに利用すればより高い利益が得られるのか? 生産ラインでも、セル生産による人件費とロボット 代替品を利用した場合そのコストはどうなるか? による自動セルのコストを比較し、最終的に量産 アイドル状態に陥らざるを得なくなった工程ライン ラインで自動機械の導入に踏み切った例がありま では、日 ど々の程度の損失が予想されるのか? な す。特に自動車部品製造業ではその傾向が顕著で、 ど、お金の見える化が「Asprova KPI」により盛 溶接などのラインでロボットが次々に導入されてい んに行われました。ぜひご興味のある方はお問い ます。 合わせ下さい。 自動化に当たって重要とされる要素は、自動機 械をオペレーションする要員の教育と機械故障の 際の対応ですが、「Asprova KPI」では、前者を 副資源とし、後者を機械故障による代替機の自動 選択などの機能で生産ラインを効率化させます。 半導体などのプロセス産業で は、早くから機械メンテナンスの 自動化計画を視野に動いている 工場もあります。今後は中国工 場だから、日本の工場だからとい う区別はなくなり、日本の先端の 機械管理のノウハウもどんどん取 り入れられていく傾向にあります。 「Asprova KPI」の機能をさら に応用すると、生産ラインのキャッ シュフローの見える化を実現す ることもできます。生産管理シス 18 Secret to China's manufacturing success
Page19

第17 回 生産ラインの見える化の先にあるもの 生 産ラインの 製 造 実 績 も在 庫 情 報 も正 投入順位をどう決めるかが計画上のポイントです。 確に把握できるようになったというのは、ま また、前工程の進捗を明確にすることで後工程(組 だ生 産 管 理の始まりにすぎません。工 場は 立工程)の準備や配員を最適化することができるの Plan→Do→See→Checkのサイクルを回すことで です。 効率化を実現します。これは賃金の高騰が続く中 現在、中国工場でも生産ラインの自動機械化が 国工場の中で待ったなしの課題といえるでしょう。 進んでいます。 生産のスケジュール管理だけが、 電子機器製品を製造するある工場では、在庫、 鉛筆ナメナメでは現実に追随できません。投資は リードタイムの半減に加えて、工場人員の削減も 進化であり、変化する時期はチャンスなのです。 実現することができました。労働集約型の生産ラ 貴社の工場も生産スケジューラを導入してみませ インに生産スケジューラを導入することによる効果 んか? 当社が御社ラインの導入検討のための診断 は、すでに日本の工場でも実証済みです。 を無償でさせていただきます。 また、生産スケジューラにより中長期の生産計 生産管理システムを通して実現するPDSCサイ 画から常に工場の必要人員数をシミュレーションし クルは、実ラインの属人化の排除を強力に支援し ておくことも重要です。この会社では、高賃金にな ます。人材が流出する恐れから無理な高待遇を約 るということは工員にも相応の能力が求められるこ 束した結果、製造原価が圧迫され、より良い人材 とを、総経理自ら社員に徹底しています。 を採用できないという負のデットスパイラルを貴社 このほか、工作機械を製造するある工場では、 の工場でも断ち切ってみませんか? 生産のボトルネックの90%が必要資材の納期問 当社および当社代理店が中国各地で製品のデ 題でした。サプライヤーの管理をエクセルによる個 モンストレーションの機会を定期的に提供していま 人管理から生産スケジューラによるシステム管理 す。当社ホームページを見てお申し込みください。 に移行することに ●アスプローバの提唱する SCM 改革 より、内示確定引 き取り契約の明文 化、業者と社員の 不法な取引慣行の 排除を実現するこ とができたのです。 さらに、プリン ト基板を製造する ラインでは、1日 3シフトを2シフト に変えることに成 功しました。イン ラインの工程では Secret to China's manufacturing success 19
Page20

成功する工場と失敗する工場 第18 回 成功する工場と失敗する工場 私はこれまで日系製造業の100を超える中国工 ジューラ導入の場合は、生産が拡大し、エクセル 場のシステム導入を経験してきましたが、そこか などの人手によるシステム管理が間に合わなくなっ ら「見える化」に成功する会社とそうでない会社の てからでは遅いのです。早い段階から先を見越し 共通点が見えてきます。 て調査、準備をし、プロトタイプを作るなどの事前 の準備で成否が決まるといっても過言ではありま 「見える化」に成功する会社の共通点 せん。 ●日本人総経理のトップダウンの命令が現場の中 国人まで徹底されている 3カ月で生産スケジューラを導入し、 半年で効果を出したお客様例 ●現場の中国人のリーダーがメンバーの意見をま 最短で最高の導入効果を実現した、当社のある とめることができる お客様の例を紹介します。このお客様は10年間、 日本で当社の生産スケジューラを継続して使用し ●導入するシステム会社に日本人側と中国人側の た経緯がございました。この実績もバネに3カ月で 人間がいる 導入を完了し、日本の生産ラインとともにシステム も中国に導入移管、日本のメンバーも半年に渡っ ●プロジェクトの進捗管理が日本語と中国語の両 て中国工場を支援しました。 方で行われている その結果、 生産リードタイムと在庫の半減、見 える化を実現して100%の納期回答率を達成して ●日本本社からの支援がある場合は、それが1年 います。新規工場の立ち上げとともにシステム導 以上継続される 入というお客様でしたが、現地で日本人、中国人 とも協力して工場利益を上げています。 現在もプ 逆に失敗するプロジェクト環境は上記の反対と ロジェクトチームは解散せずに、毎月テーマをもっ もいえますが、必要な心構えは、中国では情報シ てシステム改善を続けています。 ステムは小 ●在庫金額 ーAsprova導入後、平均40%の製品在庫金額の削減になった。 さく入れて 大きく育て るという姿 勢です。拙 速なシステ ム導入は失 敗に終わる ケースがほ とんどです。 生産スケ 20 Secret to China's manufacturing success