照明/光源に戻る

LED照明

235件の登録があります。

LED照明(エルイーディーしょうめい、英: LED lamp, LED light bulb)は、発光ダイオード (LED) を使用した照明器具のことである。2017年現在、照明器具の主力光源となっている。LEDを使用しているため、低消費電力で長寿命といった特徴を持つ。定格範囲内で使用する限り発光素子自身は比較的長寿命であり、熱による劣化が寿命の決定要因となる。LEDは、1970年代から普及している発光素子だが、当初は赤色や緑色といった、比較的波長の長い光しか出すことができなかった。その後、1990年代に青色LEDが発明されたことにより、三原色が揃い、一般的な照明に求められる白色の発色が可能となったため、照明としての応用が始まった。ブルーライトを伴った高輝度のLED照明が普及し環境や健康に有害であるため、2016年にはアメリカ医師会が、運転や睡眠、生態系に与える影響を低減するためのガイダンスを作成している。

もっと見る 閉じる

LED照明http://ja.wikipedia.org/)より引用

公開中の特集