西部電機株式会社

西部電機株式会社

超精密とメカトロメーションを追及する

東邦電力(現九州電力㈱)の修理工場であった東邦電機工作所九州工場を前身とし、これを引き継ぎ、1927年(昭和2年)西部電気工業所を創業。電気機器・電気計器の製造・修理業からスタートし、1939年(昭和14年)現在の組織に改組、1945年(昭和20年)6月に本社を現在地である古賀市に移転しました。その後、炭鉱電気機械製造から、現在に至るまで幾多の困難を乗り越え、たゆまぬ開発と改善を重ねながら業容を拡大してまいりました。

1986年(昭和61年)に現社名に変更、また福岡証券取引所に上場、さらに1991年(平成3年)に大阪証券取引所、2006年(平成18年)には東京証券取引所にも上場いたしました。

当社の商品は、自動車・電機・精密機械・金型・石油化学・食品・土木建築・船舶など幅広い分野で生産性の向上、物流の合理化・効率化・省力化・無人化に寄与、国内外のお客様から多大のご愛顧をいただいています。これからも、技術と品質でお客様からの信頼を大切にしてまいります。

企業概要

会社名 西部電機株式会社
(せいぶでんきかぶしきがいしゃ)
所在地 〒 136-0071
東京都江東区亀戸二丁目26番11号 立花亀戸ビル3階
資本金 26億5,840万円
設立 1939年2月
事業内容 搬送機械事業、産業機械事業、精密機械事業
FAX 03-5628-0022
WEBサイト http://www.seibudenki.co.jp/
業種 産業用電気機械器具製造業
その他の輸送用機械器具製造業

西部電機株式会社へのお問い合わせ

お客様情報
お名前*
電話番号*
ハイフン付き電話番号をご入力ください。
会社名*

公開中の特集