E&Cエンジニアリング株式会社

E&Cエンジニアリング株式会社

電波吸収体、電波暗室・シールド部材日本で唯一の自社工場一貫生産

当事業は昭和46年(1971年)に設立されたエマーソンアンドカミング株式会社の電波部門の仕事としてスタートしました。昭和53年(1978年)親会社のEmerson&Coming (E&C)がW.R.Grace社の傘下に入って以来、その日本法人であるグレースジャパン株式会社に一事業として活動が続けられてまりました。平成4年(1992年)、新会社E&Cエンジニアリング株式会社が、グレースジャパン株式会社より当事業の営業権、特許権の全面譲渡を受け、事業を継承していくことになりました。近年、ますます高度化する電波応用製品、通信、EMI,EMCのお客様の多岐に渡るご要求に、より的確にお応えしていく所存です。

企業概要

会社名 E&Cエンジニアリング株式会社
(いーあんどしーえんじにありんぐかぶしきがいしゃ)
所在地 〒 222-0033
神奈川県横浜市港北区新横浜3-16-1 KCビル
資本金 1億円
設立 1991年10月16日
事業内容 (1)電波吸収体、電磁波遮蔽材の製造、販売、およびそれらを利用した試験室(電波暗室,シールドルーム等)、試験装置等の設計・施工・据付・試験並びに販売(輸出入含む) 。
(2)誘電・磁性材料の製造、並びに販売(輸出入含む)。
(3)誘電・磁性材料を使った製品の設計・製造、並びに販売。
(4)空中線およびその関連機器を含む通信機器の製造並びに販売(輸出入含む)。
(5)上記製品の使用に関連する技術的コンサルティング業務。
主要取引先 三菱電機、東芝、日本電気、パナソニック、日立製作所、富士通、日本ビクター、リコー、コニカ、村田製作所、ヨコオ、トヨタ自動車、日産自動車、三菱自工、日野自動車、いすゞ自動車、住友電装、アイシン・エイ・ダブリュ、デンソー、本田技術研究所、本田技研工業、三京化成、日本飛行機、菱電湘南エレクトロニクス、NTT DoCoMo、NTT、KDDI、ATR、防衛省、北海道大学、京都大学、新潟大学、東北大学、同志社大学、金沢工業大学、宇宙航空研究開発機構(JAXA(旧NASDA))、(財)日本品質保証機構(JQA)、社)関西電子工業振興センター(KEC)
FAX 045-471-4798
WEBサイト http://www.ece.co.jp
業種 その他の製造業

E&Cエンジニアリング株式会社へのお問い合わせ

お客様情報
お名前*
電話番号*
ハイフン付き電話番号をご入力ください。
会社名*

公開中の特集