理化学機器に戻る

顕微鏡/マイクロスコープ

顕微鏡(けんびきょう、英語: microscope)とは、光学的もしくは電子的な技術を用いることによって、微小な物体を視覚的に拡大し、肉眼で見える大きさにする装置である。単に顕微鏡というと、光学顕微鏡を指すことが多い。光学顕微鏡は眼鏡屋のヤンセン父子によって発明された。その後、顕微鏡は科学の様々な分野でこれまで多大な貢献をしてきた。その中で様々な改良を受け、また新たな形式のものも作られ、現在も随所に使用されている。顕微鏡を使用する技術のことを顕微鏡法(microscopy)検鏡法という。また、試料を顕微鏡で観察できる状態にしたものをプレパラートという。

もっと見る 閉じる

顕微鏡http://ja.wikipedia.org/)より引用

公開中の特集