1/3ページ

このカタログをダウンロードして
すべてを見る

ダウンロード(3Mb)

トルク検出器 TQ-3507

製品カタログ

わずかな変化も正確に フランジ型高剛性トルク検出器

フランジ型高剛性トルク検出器(5 kN・mタイプ)自動車開発用ベンチにおけるトルク計測に最適

このカタログについて

ドキュメント名 トルク検出器 TQ-3507
ドキュメント種別 製品カタログ
ファイルサイズ 3Mb
登録カテゴリ
取り扱い企業 株式会社小野測器 (この企業の取り扱いカタログ一覧)

この企業の関連カタログ

4ch ビームフォーミング音源可視化システム
製品カタログ

株式会社小野測器

総合製品ガイド
製品カタログ

株式会社小野測器

レーザ面内速度計
製品カタログ

株式会社小野測器

このカタログの内容

Page1

1

TQ-3507 トルク検出器 わずかな変化も正確に フランジ型高剛性トルク検出器
Page2

TQ-3507_p2&3-3

TQ-3507 フランジ型高剛性トルク検出器(5 kN・mタイプ) 自動車開発用ベンチにおけるトルク計測に最適 特 長 次世代自動車においてエネルギー効率の改善が課題となっています。その課題を解決する ために、エネルギー損失もより正確に把握する事が求められ、動力伝達機構のわずかな トルク変動も正確に捉える必要があります。  ■ 優れた機械特性を実現 トルク容量5 kN・mをターゲットに開発されたTQ-3507フランジ型高剛性トルク検出器は、 ● 高いねじり剛性を実現  TQ-3507:13,000 kN・m/rad 微小なトルク変動を正確にとらえることができます。  検出器単体のねじり共振周波数は約3,500 Hzです。 精度を維持しつつ剛性を高めました。  剛性が高いことで、ベンチ上で実車両の走行状態 を正確に模擬することができると共に、わずかな ■ EV駆動ユニット評価ベンチ構成例 トルク変動も正確に捉えることができます。 ● 軽量化 EV駆動ユニット  構造を見直し、高剛性を維持しつつ従来機種に 比べて約3 kgの軽量化を達成しました。 RC-S(実車トランジェントベンチ)での使用例 ■ 高精度な計測を実現 高精度な計測を実現する最も基本的な特性は、トルク TQ-3507 TQ-3507 自動計測制御システム 検出器のヒステリシスを含む非直線性です。 高精度オプションで±0.02 %F.S.の対応が可能です。 ベンチで再現する雪道走行や波状路走行時の過渡トルクを正確に計測することができます。 標準仕様 オプション仕様 ±0.05 %F.S. ⇒ ±0.02 %F.S. ヒステリシスを含む非直線性は非常に高精度なトルク ■ トルク計測システム構成例 基準機による校正によって正確に求められています。 デジタル I/O CAN CANロガーなど 高精度トルク基準機による校正 TQ-5300 (トルク演算表示機) ■ 高耐久、堅牢な検出器 アナログ出力 PROFIBUS PROFIBUSマスタ 定格トルク±100 %にて連続1000万回以上の負荷 耐久試験をクリアしています。 TQ-3507 また検出器の材料耐力に対して十分な安全率を 確保しています。 EtherCAT® 限界トルク:10 kN・m(定格200 %) EtherCAT®マスタ FFTアナライザなど 破壊トルク:20 kN・m(定格400 %) データレコーダなど RS-232C PLCなど 汎用デジタル通信に対応し、トルク計測値を正確に伝達することができます。 連続負荷試験装置による耐久試験
Page3

4

■仕様 定格トルク 5,000 N・m 電源電圧 DC24 V(18 ~ 30 V) 定格感度(ゼロ~定格トルク) 5,000 Hz 消費電流 210 mA 以下(電源電圧24 V時) トルクゼロ時出力 10,000 Hz 消費電力 5 W 以下 定格出力信号 正定格トルク時 15,000 Hz 基準温度 25 ℃ 負定格トルク時 5,000 Hz 定格温度範囲 10 ~ 60 ℃ 温度変化10 ℃の ±0.1 %F.S. 以下 許容温度範囲 -10 ~ 60 ℃ 定格温度範囲 感度変動 ±0.015 %F.S. 以下(オプション TQ-0901) 許容湿度範囲 20 ~ 85 % ただし、結露無きこと における出力変化 温度変化10 ℃の ±0.05 %F.S. 以下 保存温度範囲 -20 ~ 70 ℃ トルクゼロ時変動 ±0.015 %F.S. 以下(オプション TQ-0901) 保存湿度範囲 20 ~ 85 % ただし、結露無きこと ヒ ステリシスを含む非直線性 ±0.05 %F.S. 以下 検出器本体(ロータ): 11.3 kg ±0.02 %F.S. 以下(オプション TQ-0435) 質 量 ※回転検出歯車付き: 11.6 kg 定格回転速度 8,000 r/min 固定部(ステータ) :1.7 kg 限界トルク 10 kN・m(定格トルクの200 %) EMC指令 :2014/30/EU 規格EN 61326-1 破壊トルク 20 kN・m 以上(定格トルクの400 % 以上) CEマーキング RoHS指令 :2011/65/EU 規格EN IEC 63000 限界負荷 限界スラスト力 22 kN 使用環境 屋内使用 限界ラジアル力 30 kN 取扱説明書 1式 限界曲げモーメント 2.5 kN・m 付属品 検査チャート 1式 ねじり剛性 13,000 kN・m/rad トルク銘板(シール)予備品 1式 機械量 曲げ剛性 54 kN・m/deg -3 2 慣性モーメント 102×10 kgm ※(回転検出歯車付き):107×10-3 kgm2 ISO1940によるバランス等級 G2.5 ■オプション 型 名 名 称 型 名 名 称 型 名 名 称 TQ-0105 トルク信号ケーブル 5 m D-Sub15 MX-8105 回転信号ケーブル 5 m TQ-0235 回転検出歯車(180 P/R) TQ-0110 トルク信号ケーブル 10 m D-Sub15 MX-8110 回転信号ケーブル 10 m MP-9820 磁電式回転検出器 TQ-0115 トルク信号ケーブル 15 m D-Sub15 MX-8115 回転信号ケーブル 15 m TQ-0435 高精度オプション TQ-0120 トルク信号ケーブル 20 m D-Sub15 MX-8120 回転信号ケーブル 20 m TQ-0635 マルチレンジオプション TQ-0130 トルク信号ケーブル 30 m D-Sub15 MX-8130 回転信号ケーブル 30 m TQ-0901 温度トリミングオプション *温度トリミングオプション:25~60 ℃の範囲でゼロ点及び感度の変動を±0.05 %F.S.以下に調整。 *高精度オプション:ヒステリシスを含む非直線性を±0.02 %F.S.以下に対応。 ■外観図(単位:mm) 60.45 61.2 φ292 (0.3) 28.5 3 回転検出 コイル 歯車歯数 (ステータ) コイル (ロータ) 180 P/R (オプション) センサ本体 (ロータ) 磁電式回転 検出器 コネクタ MP-9820 固定部 ケーブル (オプション) 本体 (148) 接続 コネクタ (ステータ) 9 ケーブル 接続 150 25 (34) 190 28.5 210 50 ※EtherCAT®は、ドイツBeckhoff Automation GmbHによりライセンスされた特許取得済み技術であり登録商標です。 お客様へのお願い  当社製品(役務を含む)を輸出または国外へ持出す際の注意について 当社製品(役務を含む)を輸出または国外へ持出す場合は、外為法(外国為替及び外国貿易法)の規定により、リスト規制該当品であれば、経済産業大臣へ輸出許可申請の手続きを 行ってください。また非該当品であれば、通関上何らかの書類が必要となります。尚、非該当品であってもキャッチオール規制に該当する場合は、経済産業大臣へ輸出許可申請が必要と なります。お問い合わせは、当社の最寄りの営業所または当社輸出管理担当窓口(電話045-476-9707)までご連絡ください。 ●記載事項は変更になる場合がありますので、ご注文の際はご確認ください。 注意 ●機器を正しく安全にお使いいただくために、ご使用前に必ず「取扱説明書」をよくお読みください。 ●代理店・販売店 〒222-8507 神奈川県横浜市港北区新横浜3‒9‒3 TEL(. 045)935‒3888 お客様相談室 フリーダイヤル 0120-388841 受付時間 : 9:00~12:00/13:00~18:00(土・日・祝日を除く) 北 関 東(028)684‒2400 浜 松(053)462‒5611 九 州(092)432‒2335 埼 玉(048)474‒8311 中 部(0565)41‒3551 海 外(045)476‒9725 首 都 圏(045)935‒3838 関 西(06)6386‒3141 沼 津(055)988‒3738 広 島(082)246‒1777 ホームページアドレス https://www.onosokki.co.jp/ E‒mailアドレス webinfo@onosokki.co.jp CAT.NO.233-01 Printed in Japan 21X(SUN)1K '21.10月作成 8 77 226.5 372.5 50