1/1ページ

このカタログをダウンロードして
すべてを見る

ダウンロード(633.6Kb)

バルブが壊れていたなんて・・・

事例紹介

故障に気が付きますか? モニタ(監視装置)非搭載のバルブは故障の発見が困難です。両弁体とも故障するとプレスは停止せず、「挟まれ事故」のリスクが増大します。

シーンの内容
いつもの様にプレス作業をしていたが、既にバルブ内部では片側が故障していた。 オペレータは、片側故障の徴候(排気ポートからエア漏れ)に気付かず操業を続けていたら・・・ バルブの通電をOFFにした時、両弁体とも故障すると、1つもバルブが閉じないので、二次側エアが排気されず、プレスは止まりません。オペレータは「挟まれ事故」に直面し兼ねません。


労働安全/機械安全のポイント
弁体故障を検知するのが「モニタ(監視装置」)です。人によるエア漏れ確認には限界があります。古いプレスはモニタが無いのが大半で、操業中も細心の注意が必要です。

関連メディア

このカタログについて

ドキュメント名 バルブが壊れていたなんて・・・
ドキュメント種別 事例紹介
ファイルサイズ 633.6Kb
登録カテゴリ
取り扱い企業 ロス・アジア株式会社 (この企業の取り扱いカタログ一覧)

この企業の関連カタログ

このカタログの内容

Page1

(アニメでヒヤリ・ハット報告書⑨) ダブルバルブの安全性とは?35 シリーズ・モニタ付クロスフローダブルバルブ バルブが壊れていたなんて・・・ YouTube Link = https://www.youtube.com/watch?v=F0K5TXXx8Ak 故障に気が付きますか? モニタ(監視装置)非搭載のバルブは故障の発見が困難です。両弁体とも故障するとプレスは停止せず、「挟まれ事 故」のリスクが増大します。 シーンの内容 いつもの様にプレス作業をしていたが、既にバルブ内部では片側が故障していた。 オペレータは、片側故障の徴候(排気 ポートからエア漏れ)に気付かず操業を続けていたら・・・ バルブの通電を OFF にした時、両弁体とも故障すると、1つも バルブが閉じないので、二次側エアが排気されず、プレスは止まりません。オペレータは「挟まれ事故」に直面し兼ねません。 労働安全/機械安全のポイント 弁体故障を検知するのが「モニタ(監視装置」)です。人によるエア漏れ確認には限界があります。古いプレスはモニタが 無いのが大半で、操業中も細心の注意が必要です。