このカタログをダウンロードして
すべてを見る

ダウンロード(726.4Kb)

【展示会レポート】SEMICON Japan 2016 / WORLD OF IOT

ホワイトペーパー

2016年12月14日〜12月16日に東京ビッグサイトで開催された「SEMICON Japan 2016 / WORLD OF IOT」。半導体製造の全行程を網羅した総合展示会と、システム、アプリケーションからソリューションまで、IoTの世界全体を俯瞰できる総合イベントです。

今回も各ブースで伺った話を、写真とともにまとめました。ぜひダウンロードして、同僚との情報共有や、振返りなどにご活用ください!

【掲載企業】
株式会社ディスコ、株式会社アドバンテスト、VAT株式会社、ファナック株式会社、日立製作所インダストリアルプロダクツビジネスユニット、SAPジャパン株式会社、パナソニック株式会社など

このカタログについて

ドキュメント名 【展示会レポート】SEMICON Japan 2016 / WORLD OF IOT
ドキュメント種別 ホワイトペーパー
ファイルサイズ 726.4Kb
登録カテゴリ
取り扱い企業 株式会社アペルザ (この企業の取り扱いカタログ一覧)

このカタログ(【展示会レポート】SEMICON Japan 2016 / WORLD OF IOT)の内容


Page 1:SEMICON Japan 2016 /WORLD OF IOT展示会レポート2016年12月21日発行ものづくりニュース編集部2016/12/14(水)∼ 2016/12/16(金)Event Report by

Page 2:SEMICON Japan 2016 / WORLD OF IOT 概要SEMICON Japan /WORLD OF IOTとは名称 SEMICON Japan 2016 / WORLD OF IOT会期 平成28年12月14日(水)∼16日(金)3日間会場東京ビッグサイト 東展示棟・会議棟〒135-0063 東京都江東区有明3-11-1入場料 無料主催 SEMI後援米国商務省 / 特定非営利活動法人LED照明推進協議会 / 一般社団法人エレクトロニクス実装学会 / 一般社団法人電子情報技術産業協会 / 東京商工会議所 / 一般社団法人日本液晶学会 / 一般社団法人日本真空学会 / 日本真空工業会 / 一般社団法人日本電子回路工業会 / 一般社団法人日本電子デバイス産業協会 / 一般社団法人日本半導体製造装置協会 / 一般社団法人日本ベンチャーキャピタル協会来場者数12月14日(水)21,207名12月15日(木)21,565名12月16日(金)21,391名合計64,163名公式サイトSEMICON Japanは、今年で40回目を迎えた半導体関連の総合展示会。半導体製造の全行程を網羅した製造技術・装置・材料を展示しています。そして同時開催されるWORLD OF IOTは、IoTの世界全体を俯瞰できる総合展示会。半導体業界とIoTシステム企業の新たなビジネス拡大の場となっています。

Page 3:後工程・総合・材料ゾーン / 注目の企業レーザー加工によるインゴットスライス手法『KABRA(カブラ)』など半導体製造装置メーカーのディスコでは、SiCウェーハの高速生産・素材ロス大幅低減を実現する、新たな加工手法によるレーザスライス技術『KABRA(カブラ)』、最大720 610mmのワークに対応する大判パッケージ基板対応ダイシングソー『DFD6310』などを出展した。新たな加工手法によるレーザスライス技術『KABRA』 加工時間が2時間→25分に。さらにコストも大きく抑える株式会社ディスコ今回の見どころは、何と言ってもこれまで難しいとされていたスライス用途でのレーザ加工を実現した『KABRA』。従来φ4インチSiCインゴットからウェーハを切り出すまでの加工時間は、1枚あたり2時間前後かかっていましたが、『KABRA』では、1枚あたり25分と大幅に短縮!また従来のワイヤ加工で必要だったラップ研磨によるウネリ除去作業も不要になるので、イニシャルコスト、ランニングコストも大幅に低減します。多くの来場者が注目していました。1237会場内最大規模を誇るブースで豊富なラインアップを紹介した 大判パッケージ基板対応ダイシングソー『DFD6310』の実機

Page 4:後工程・総合・材料ゾーン、前工程ゾーン / 注目の企業半導体テストシステムなど計測技術をもとに日本の半導体業界を支える株式会社アドバンテスト、創業50年、国内シェア41%を誇る真空バルブのリーディングカンパニー・VATのブースで話を伺いました。『マルチ・バルブ・モジュール』は、要望に合わせて指定のボディ形状に複数のバルブを組み込んだ製品。モジュールとして、直接装置に取り付けることができるそうです。VATなら設置面積を低減できるほか、ガスの均等排気が可能。不良率の低減にも貢献します。が左手前が『マルチ・バルブ・モジュール』の実機これまでのように複数の計測器を組み合わせて測定環境を構築する必要がないという、画期的な計測器です。電子デバイス、制御ボードの特性評価や機能評価、量産評価から量産の現場までさまざまなシーンで活躍。プログラミング言語不要で、直感的な操作ですぐに使えるのがメリット。『EVA100』デモの様子複合型計測器EVA100デバイスや制御ボードの特性評価、機能評価、量産性評価を1台で担う複合型計測器『EVA100』を出展した。アナログ電圧から電流源、パターン・ジェネレータ、波形キャプチャ機能など、デバイスや制御ボードの評価作業に必要な計測機能をコンパクトなボディ1台にすべて搭載しており、誰でもすぐに操作できる。2445 株式会社アドバンテストコントロールアングルバルブ、マルチ・バルブ・モジュールなど『コントロールアングルバルブ』『マルチ・バルブ・モジュール』をメインに出展した。 『コントロールアングルバルブ』は、バルブ内部の温度を均一にすることでデポ物の付着を極限まで低減。さらにネジ4本の簡単組立、従来比40%の軽量化を実現し、メンテナンス性にも優れるのが特長。4403 VAT株式会社

Page 5:WORLD OF IOT / 注目の企業2017年秋リリース予定のオープンプラットフォーム『FIELD system』ファナックのIoTへの取り組みとして、2017年秋にリリース予定のオープンプラットフォーム『FIELD system』を紹介した。『FIELD system』は、製造現場に特化したIoTのためのプラットフォーム。FIELDはFANUC Intelligent Edge Link & Driveを意味し、「かしこく・つながる・動かす現場」を実現したいという思いが込められている。ファナック株式会社3626FILED systemは製造現場の工作機械やロボット、PLC、センサをつなぎ、現場のさまざまなデータを活用することで インテリジェントな製造現場 を実現。このFIELD systemのメリットの1つは、メーカーを問わず、そして既設の古い設備や装置でも、工場にあるものすべてをつなげることができる点。たとえばイーサネットに対応していなくても、ファナックが提供するコンバータを使うことで接続可能に。既設の機械でも最新のCNC機能が使えるようになります。「Edge heavy」「深層学習」「アプリケーション」などのキーワードを解説 パソコン機能が必要な最新CNC機能をFIELDsystemで実現できる期待が高まるFIELDsystemに多くの来場者が足を止めた FIELDsystemの特長やメリットを動画で紹介した

Page 6:WORLD OF IOT / 注目の企業IoT対応産業用コントローラ、産業用コンピュータ、予兆診断システムなど産業用コンピュータとしての機能はそのままに、PLCの機能を追加したIoT対応 産業用コントローラ『HF-W/IoTシリーズ』や、機械や設備から収集したセンサデータをデータマイニング技術によって有効活用し、状態の変化を速やかにユーザーに知らせる予兆診断システム『HiPAMPS』などを出展した。日立製作所 インダストリアルプロダクツビジネスユニット3606生産効率を高めるために、さまざまなIoT技術が活用されています。同社のIoT対応産業用コントローラ『HF-W/IoTシリーズ』もその1つ。産業用コンピュータにPLC機能を搭載することで、産業用コンピュータの機能を維持しながらユーザの開発工数とコストを削減。設備機器との親和性向上を図ることで、設備機器の情報収集をより簡単にし、IoTを有効活用できます。データマイニング技術を応用した予兆診断システム『HiPAMPS』 発売開始後3年間の長期安定供給を実現。産業用コンピュータ次世代産業用コントローラ、予兆診断システムが特に注目を集めた IoT産業用コントローラを複数出展

Page 7:WORLD OF IOT / 注目の企業ドイツに本社を構え、主にビジネス向けのソフトウェア開発を手がけるSAPジャパン株式会社、製造業の問題解決につながるソリューションを提供するパナソニック株式会社のブースで話を伺いました。「ものづくりの現場を熟知するパナソニックだからこそ、現場にしっかり入り込める。そして設備やラインといった工程改善から、工場全体に関わる経営改善まで、トータルに提案できる」というお話が印象的でした。工場の効率化や最適化でお悩みの方は必見です。が工場全体の業務を最適化するソリューションを提案センサーのデータをクラウドに送信、生産状況をリアルタイムでモニタに表示するなど、ミニチュア工場を使ったデモが注目を集めていました。例えばこれまで熟練者の感覚に頼っていた予兆保全を誰もが把握できるようになるなど、IoT活用がもたらすメリットは豊富にあるということでした。アビームの組み立て工場のミニチュアを使ったデモミニ・スマート工場国内のIoT事例として、アビームコンサルティングのミニ・スマート工場、白山工業とコラボレーションした地震計とIoTソリューションを展示した。アビームコンサルティングのミニチュア工場は、「IoT活用を身近に感じられるように」と実際に工場で使われているモーターやコンベアー、センサーを用いて製作されたもの。3623 SAPジャパン株式会社製造オペレーションマネジメントシステムMOMSolutionsforSmartFactoryスマートファクトリーを実現する製造オペレーションマネジメントシステム『MOM Solutions for SmartFactory』による 工場全体の業務の最適化 について紹介した。既存、新旧設備からのデータ収集ができる「IoTインターフェースユニット」や、人・モノの動きを把握する「動線分析」など、トータルで提案可能。3618 パナソニック株式会社

Page 8:株式会社アペルザ Aperza inc.ものづくりニュース編集部お問い合わせ先〒231-0023 神奈川県横浜市中区山下町 23 番地 日土地山下町ビル13FTEL:045-228-8801