このカタログをダウンロードして
すべてを見る

ダウンロード(3.4Mb)

【展示会レポート】JIMTOF2016

ホワイトペーパー

2016年11月17日〜22日に東京ビッグサイトで開催された「JIMTOF2016」。工作機械や関連する製品・サービスの展示会です。

各ブースで伺った話を、写真や動画とともにまとめました。ぜひダウンロードして、同僚との情報共有や、振返りなどにご活用ください!

【掲載企業】
株式会社ニクニ、株式会社三次元メディア、株式会社ミツトヨ、株式会社フォトロン、THK株式会社、株式会社タンガロイ、三木プーリ株式会社、鍋屋バイテック会社、ファナック株式会社、KUKAロボティクスジャパン株式会社、川崎重工業株式会社、ブラザー工業株式会社、DMG森精機株式会社、株式会社アマダホールディングス、オークマ株式会社、CKD株式会社、日機株式会社、株式会社ソディック、OKK株式会社など

このカタログについて

ドキュメント名 【展示会レポート】JIMTOF2016
ドキュメント種別 ホワイトペーパー
ファイルサイズ 3.4Mb
登録カテゴリ
取り扱い企業 株式会社アペルザ (この企業の取り扱いカタログ一覧)

このカタログ(【展示会レポート】JIMTOF2016)の内容


Page 1:JIMTOF2016展示会レポート2016年12月2日発行ものづくりニュース編集部2016/11/17(木)∼ 2016/11/22(火)Event Report by

Page 2:JIMTOF2016 概要JIMTOF2016とは名称 JIMTOF2016(第28回日本国際工作機械見本市)会期 平成28年11月17日(木)∼22日(火)6日間会場東京ビッグサイト〒135-0063 東京都江東区有明3-11-1入場料事前登録:1,000円当日登録:3,000円主催 一般社団法人 日本工作機械工業会 / 株式会社 東京ビッグサイト後援 外務省 / 経済産業省 / 東京都 / 日本商工会議所来場者数11月17日(木)25,345名11月18日(金)34,058名11月19日(土)39,900名11月20日(日)16,267名11月21日(火)17,839名合計147,602名公式サイトJIMTOFは、工作機械や関連する製品・サービスの展示会です。国内外から大勢の関係者が集まり、商業取引はもちろん産業発展、貿易振興を促す場となっています。

Page 3:INDEX小間 企業名 出展内容W4083 株式会社ニクニ 濾過助剤不要の逆洗式超精密濾過装置『BAX』などW3006 株式会社三次元メディア 3次元ロボットビジョンセンサ『TVS 3.0シリーズ』W3022 株式会社ミツトヨ 20秒で45箇所を測定するインライン検査システムなどW3023 株式会社フォトロン 偏光に感度を持つ高速度カメラ『CRYSTA』などW2017 THK株式会社 超低ウェービング・超々高剛性を実現するLMガイドなどW1022 株式会社タンガロイ 新製品1050種、代表取締役社長・木下氏インタビューW2043 三木プーリ株式会社 軸とハブの着脱がボルト一本でできるハイドロ式摩擦締結具W2056 鍋屋バイテック会社 ワーク搬送の悩みを解決する小型・高把持力の高性能グリッパE4008 ファナック株式会社 ものづくり現場向けIoTシステム『FIELD system』、ロボットE3033 KUKAロボティクスジャパン株式会社 機械加工が得意な超高精度ロボット『KR300R2500ultraSE』E6025 川崎重工業株式会社 人共存型双腕スカラロボット『duAro』、ロボット用CAMなどE6029 ブラザー工業株式会社 大型ワークに対応可能な『SPEEDIO M140X2』などE3031 DMG森精機株式会社 5軸加工機など新製品8機種、スマートファクトリーの実現E1033 株式会社アマダホールディングス 変種変量生産に対応した自動化ベンディングマシンなどE6037 オークマ株式会社 つなぐ、はじまる、ものづくり革命 をテーマに新製品を紹介W4048 CKD株式会社 工作機械向けエアユニットやクーラントバルブなどW4107 日機株式会社 防塵防水型LED照明、積層式LEDアラームライトなどE5027 株式会社ソディック 精密金型プリンタ『OPM350L』ほかE4023 OKK株式会社 つながる現場 Net Monitor4.0PR2年に一度のJIMTOF!2日間にわたって取材させていただきました。デモの様子は動画でも撮影しています。ぜひご覧ください。注目

Page 4:注目の企業濾過助剤不要で1μmの濾過ができる逆洗式超精密濾過装置『BAX』など濾過助剤不要で超硬、ハイス鋼、ガラス、セラミックの1μm超精密濾過が可能な逆洗式超精密濾過装置『BAX(バックス)』をはじめ、高精度濾過と真空脱水が1台でできる脱水機能付濾過装置『SLX(スラックス)』など、多彩なラインアップを展示した。株式会社ニクニ渦流タービンポンプやうず巻ポンプなど、さまざまなポンプの製造販売を手がけるニクニ。今回は「経費削減を提案」「職場環境を改善」をテーマに、クーラント液清浄化システムや省エネ型高圧ポンプなど、多彩なラインアップを出展。デモを通じて性能をアピールされていました。中でも特に注目を集めていたのが、濾過助剤を使わずに1μm超精密濾過ができる『BAX』。ランニングコストを削減するだけでなく、シンプル構造により操作が簡単で壊れにくい、コンパクト設計で狭いスペースでも設置できるといったメリットももたらすそうです。W40831 SLX SLXBAXPR 注目逆洗式超精密濾過装置『BAX』のカタログをダウンロード by Cluez

Page 5:逆洗式超精密濾過装置『BAX(バックス)』について、ニクニの岡本さんにいろいろ聞いてみました!ずばり、他社との一番の違いは何になりますか?1μmの超精密濾過ができる装置は他社にもありますが、濾過助剤なしで実現できるのは当社の製品だけです!純粋な濾過助剤の費用だけでなく、交換作業の手間、コストも削減できます。しかも導入のコストも他社と遜色ないので、トータルでコストメリットを提示することが可能です!濾過助剤が不要となると、ランニングコストが下げられそうですね。オプションになりますが、流量、気温、液温、利用状況などからフィルター管理をリモートで実現するサービスを提供予定です。IoTの取り組みなどもあるのでしょうか?編集部との一問一答濾過助剤不要でトータルコスト削減が実現できる装置ですね!IoTの取り組みも進んでいるので、工作機械とセットで導入を検討したい製品です。

Page 6:注目の企業3次元ロボットビジョンセンサ『TVS3.0シリーズ』をデモを通じて紹介3次元ロボットビジョンセンサは、バラ積みされたワークの位置、姿勢を判定して、産業用ロボットにピッキングをさせることが可能。品種の変更や追加を容易に行うことができ、ワークを傷つけずにピッキングを実現できる点が大きなメリット。今回はDMG森精機、近藤製作所、川重テクノロジーのブースでピッキングデモ展示を行った。株式会社三次元メディアDMG森精機、近藤製作所、川重テクノロジーのブースにて大型ワークから小型のネジまで、さまざまなものをピッキングし、工作機械へセットするなどのデモが実演されていました。写真のとおり、川重テクノロジーのブースでは、双腕スカラロボット『duAro』によるばら積みピッキング・組付け・搬送ソリューションパッケージとして紹介。DMG森精機のブースでも多くの来場者が足を止めていました。W30064DMG

Page 7:注目の企業20秒で45か所を測定するインライン検査システム『QualityGate』など測定機器のミツトヨはCADデータから測定プログラムを自動生成し、約20秒で45か所の測定を実現する『QualityGate』を展示し、リコール問題に悩まされる自動車業界に、全数検査を提案。他にも産業用ロボットと組み合わせた検査工程の自動化、不良品をより早い段階で正確に発見するソリューションなどを出展した。CNC株式会社ミツトヨ自動車業界のリコールの原因の第2位が、「不良品の混在によるもの」だそうです。同社のインライン検査システム『Quality Gate』は、大型ワークの正確な測定をわずか20秒で行うという画期的なソリューション。全数測定の世界が近づいてきました。また5∼40℃の環境でも使えるというCNC三次元測定器『MiSTAR 555』は、環境の厳しい生産エリアでも使用可能。ロボットもスムーズに作業できるオープンな仕様で、検査工程の自動化を後押しします。W3022MiSTAR 55520 45 QualityGatePC

Page 8:注目の企業応力状態を可視化可能!偏光に感度を持つ高速度カメラ『CRYSTA』など偏光に感度を持つ初の高速度カメラ『CRYSTA』をはじめ、超高感度で耐衝撃性能を持ち、微細加工の拡大撮影に最適な『FASTCAM Mini』、工作機械や切削工具の高速挙動を可視化できるハイエンドモデル『FASTCAM SA-Z』など、多彩なラインアップを出展した。G株式会社フォトロン最高210万コマ/秒の撮影速度と高画質・高感度性能を両立する『FASTCAM SA-Z』や、質量1.5kgと軽量コンパクト筐体の『FASTCAM Miniシリーズ』など、切削工具の条件出しで活躍するハイスピードカメラをを多数出展されていました。中でも注目を集めていたのが、偏光高速度カメラの『CRYSTA(クリスタ)』。さまざまな物理量や物性の測定、可視化が可能で、マシンビジョンや機能性材料、バイオ、食品・薬品、透明流体など、幅広い分野で活用できるとのことです。W3023HDCRYSTA

Page 9:注目の企業超低ウェービング・超々高剛性を実現するLMガイドや次世代産業用ロボット8条の転動溝、小径ボール、超ロングブロックを採用し、超低ウェービングと超々高剛性を実現したボールリテーナ入りLMガイド『SPR/SPS』、人と共存・協働することを目的につくられた次世代産業用ロボット『NEXTAGE®』をデモを通じて紹介した。7m LMTHK株式会社今回の目玉は、従来のLMガイドを超える超低ウェービングと超々高剛性を実現したLMガイド『SPR/SPS』。8条の転動溝、小径ボール、超ロングブロックを採用することにより、有効ボール数が大幅に増加、ボールの出入りによる振幅を最小限に抑制。制圧案内に匹敵する超低ウェービングを実現しています。また川田工業株式会社の『NEXTAGE®』のデモも注目を集めていました。AGVで移動しながら複数の工作機械へ部品供給するイメージを体現。こちらは動画も撮影してきたので、ぜひご覧ください!W2017LM SPR/SPSNEXTAGE®ブースで撮影した動画を見る

Page 10:注目の企業新製品1050種を出展!代表取締役社長 木下氏に話を伺いました自動化・安定化・工具寿命の延長 と、 より速く よりコストダウン をコンセプトに、新製品、工作機械メーカーとの合同ソリューションを紹介した。新製品は転削ねじ切りシリーズや、各種カッタ、切りくず処理性の向上と損傷を抑制することにより長寿命化を実現する高圧クーラントをはじめ、1050種をラインアップ。株式会社タンガロイ代表取締役社長の木下氏にタンガロイの今後の戦略を伺いました。『日本のものづくりを強くするために、自動化、安定化と工具寿命を延ばすことをを同時に追求し、「より速く」かつ「よりコストダウン」ををコンセプトに海外へ展開していきます。工作機械メーカーと提携して提案していく流れも今後さらに加速していくと考えています』海外売上比率が約65%を占めるタンガロイ。日本のものづくりを強くしていくための工具性能、コストをさらに追求していく姿勢が見られました。W1022UP

Page 11:注目の企業軸とハブの着脱がボルト1本で!ハイドロ式摩擦締結具『ETP-E Plus』など信頼性に優れるくさび締結方式が加わった最新サーボモータにベストマッチ設計のサーボフレックスカップリング『SFF』、新たに4サイズのラインアップが加わった、軸とハブの着脱がボルト1本でできるハイドロ式摩擦締結具『ETP-E Plus』などを出展した。ETP三木プーリ株式会社新たに4サイズが加わった油圧式摩擦締結具『ETP-E Plus』は、今回が初出展。これまで数本のボルトを対角線的に順序よく、均等に締め付ける必要があったメカ式締結要素。人によって締め付け具合が変わってしまったり、とにかく取り付けに時間がかかっていました。これまで3分程度かかっていた取り付け時間が、 『ETP-E Plus』では約20秒に短縮できるそう。作業効率を飛躍的に向上させられるとして、会場でも多くの人が足を止めていました。W20434 ETP-EPlus 1 ETP-EPlusSFF

Page 12:注目の企業ワーク搬送の悩みを解決する小型・高把持力の『高性能グリッパ』などワーク搬送の悩みを解決する小型・高把持力・長寿命な高性能グリッパをメインに出展した。グリッパ本体やロボットのサイズダウンで省スペースを実現するほか、小型で軽量のためロボットの動力負荷も低減できる。また防塵性や耐熱性、防水性にも優れるため、厳しい環境でのワーク搬送にも対応。鍋屋バイテック会社工場設備の自動化に伴って、ワークの搬送、部品の組付け、溶接といった工程へのローダ・ロボットの導入が進んでいます。鍋屋バイテックでは、それらのワークや部品を把持、搬送するための高性能グリッパやツールジェンジャを多数ラインアップ。小型・軽量なのに高把持力、高剛性、長寿命といった特長を持ち、省スペースや動力負荷低減、長い爪の使用が可能、メンテナンスコストの削減といったメリットをもたらします。W20562 3

Page 13:注目の企業ものづくり現場向けIoTシステム『FIELD system』やロボットなど最新のIoT技術と最先端のAI技術を活用、「Edge Heavy」の思想に基づいたファナックのものづくり現場向けIoTシステム『FIELD system』をはじめ、安全柵不要の協調ロボット、世界最大2300kg可搬のロボットなどを出展した。ファナック株式会社『FIELD system』のコーナーでは、実機とサンプルアプリケーションを展示されていました。また今回はJIMTOF出展企業の約80社、200台以上の工作機械をFIELD systemに接続。実際に各社の機械の状態をリアルタイムで画面に表示するデモが行われていました。遠くからでも目立っていたのが、世界最大2300kg可搬のロボット。圧倒的な存在感でした。こちらはデモの様子を動画で撮影しているので、ぜひご覧ください!E40082300kgブースで撮影した動画を見る

Page 14:注目の企業優れた精度と剛性!機械加工が得意な新製品の超高精度ロボットを出展優れた精度と剛性が特長、機械加工を得意とする新製品の超高精度ロボット『KR300R2500ultraSE』を出展。全7軸にトルクセンサーを搭載した協調型ロボット『LBR iiwa』にアシストされながら、CFRP素材の切削・研磨のデモを行った。CFRPKUKAロボティクスジャパン株式会社新製品はKUKAロボット最高峰の精度と剛性を併せ持つという『KR300R2500ultraSE』。機械加工のほか、レーザ切断等の切断や高精度溶接、検査・計測等でも活躍するそうです。『KR300R2500ultraSE』がCFRP素材の切削・研磨を行う横で工具の交換などアシストするのが、全7軸にトルクセンサーを搭載する協調ロボットの『LBR iiwa』。器用に工作機械に見立てたガラスケースの窓を開け、工具を交換する姿に多くの来場者が足を止めていました。このデモの様子は動画でも撮影したのでぜひご覧ください!E30337 LBRiiwa KR300R2500ultraSE LBRiiwaCFRP KR300R2500ultraSEブースで撮影した動画を見る

Page 15:注目の企業人共存型双腕スカラロボット『duAro』や、ロボット用CAMソフトなど生産ラインに設置して教示が行える安心・安全な人共存型人共存型双腕スカラロボット『duAro』によるばら積みピッキングや、3次元CADデータからロボット動作プログラムを自動生成するロボット用CAM『KCONG』をデモを通じて紹介した。川崎重工業株式会社ロボットの教示作業は高度な知識やスキルが求められることから、どうしても多大な時間がかかり、ロボットシステムの導入や活用においてネックになっていました。こうした問題を解決するのが、ロボット自動教示ソフトウェアの『KCONG(ケイコング)』です。ワークの3次元CADデータからロボット動作プログラムを自動生成するので、専門技術者がいなくてもロボットシステムの活用を推進できます。曲面にも難なく対応可能。デモの様子を撮影してきたので、ぜひご覧ください!E60253 duAroKCONG 3 CADブースで撮影した動画を見る

Page 16:注目の企業工作スペースを確保、大型ワークに対応する『SPEEDIO M140X2』等工作スペースを広く確保し、大型ワーク、テーブルφ140㎜、直径φ300㎜、高さφ300㎜までを対応した『SPEEDIO M140X2』の実機を展示。他にもスカラロボットと組み合わせたワークセットの自動化ソリューションで速くて簡単、省スペースなワーク交換を提案。さらにIoTへの取り組みとして『SPEEDIO.net』を参考出展した。IoTブラザー工業株式会社『SPEEDIO M140X2』のほかにも、高速2面パレットチェンジャー「QTテーブル」を搭載しムダ時間の削減を実現する『SPEEDIO R450X1』など、実機を多数展示されていました。加工ワークサイズの大型化を実現した新製品やワーク交換の自動化、さらにはIoTを通じた保守サポートなど、最新の取り組みを見ることができました。IoTサポートサービスは現在は自社で実証実験中とのことですが、提供スタートが楽しみです。E6029部品供給をスカラロボットで自動化することで装置の小型化を実現 IoT1 SPEEDIOM140X2

Page 17:注目の企業5軸加工機など新製品8機種と生産性を向上させるソリューションを提案センサで機械の状態を監視するセンシング技術と、生産に関わる社内システムを『CELOS』を介してネットワークで管理する「CELOS Industry4.0/IoT」や、複雑な加工を簡単・短時間で実現する「DMG MORI Technology Cycles」など、スマートファクトリーを実現するさまざまなソリューションを提案した。DMGMORIDMG森精機株式会社2,160㎡とJIMTOF2016で最大規模で出展されていました。5軸加工機3機種、立形マシニングセンタ3機種、ターニングセンタ、XXL、超音波/レーザ加工機各1台の合計8機種を初出展。機械本体+最先端の工具+測定器+ロボット+センサなどの周辺技術を組み合わせて生産性を向上させる「DMG MORI Technology Cycles」や、センサで機械の状態を監視するセンシング技術と生産に関わる社内システムを「CELOS」を介してネットワークで管理する「CELOS Industry4.0/IoT」など、さまざまなソリューションで注目を集めていました。E3031CELOS CELOSNLX2500SY|700

Page 18:注目の企業変種変量生産に対応&長時間自動運転が可能な自動化ベンディングマシンなど進化したテクノロジー&卓越したエンジニアリング力 をテーマに、アマダグループの強みであるレーザ技術、自動化技術、加工技術、サービス技術を基軸とした最新のソリューション、そして同社のIoT技術を使った『V-factory「つながる工場」』について紹介した。6株式会社アマダホールディングス省エネ・変種変量・ワイドレンジ・ファイバーレーザマシン、高精度ベンディングロボットシステム、ファイバーレーザ溶接システム、ファイバーレーザハンディ溶接機、板金エンジニアリニングシステム、ハイパーソーの6種を出展されていました。高精度ベンディングロボットシステム『HG-1003ARs』は、素材搬入、曲げマテハン、製品搬出を1台で行う7軸多関節ロボットを採用し、複雑化する板金形状の曲げ加工に対応。ティーチングレスのプログラム作成と自動段取りテクノロジーにより、曲げ加工の段取りレスが可能だそうです。E1033HPSAW-310 FLW-600MT

Page 19:注目の企業つなぐ、はじまる、ものづくり革命 をテーマに新製品を多数ラインアップ新世代知能化CNC OSP Suite『OSP-P300A』を採用し、工場の「つなぐ」「見える化」「カイゼン」を提案する Okuma Smart Factory のデモを展示。またスマートファクトリーの核となる新製品、1400mmのスペースで最大φ600㎜のワーク加工を実現する5軸制御立形マシニングセンタ『MU-S600V』も注目を集めた。オークマ株式会社OSP Suite『OSP-P300A』は、ターニングカットガイド、主軸出力モニタ、スケジュールプログラムエディタなど各種サポートツールも充実。オークマの加工ノウハウが蓄積された仕組みになっていました。E60375 MCR-BOkumaSmartFactory

Page 20:注目の企業自動化のパイオニアとして空気圧機器、流動制御機器などの機器から自動機械装置まで幅広く提供して産業分野のものづくりを支えるCKD株式会社、LED産業用照明灯をはじめものづくり現場で必要なあらゆる照明の製造・輸入・販売を行う日機株式会社のブースにお邪魔してきました。工場の影ができる現場でも手持ちで利用ができる長寿命LEDなど、LEDの利用シーンも工場内の隅々まで広がってきています。LED照明のほか、精密ロックナットやアジャスタブルクーラントノズルなども出展されていました。ギラつきの少ない面発光のLEDなどを出展した産業用機械に不可欠な要素機器である空気圧、流体制御装置を多数出展されていました。例えばエアユニット『CXUシリーズ』は、モジュール化することで面倒な配管設計・配管作業を解消。取付寸法誤差や設置スペース、異物混入や外部漏れといった従来の課題を一挙に解決できます。工作機械向けの製品を幅広くラインアップした工作機械向けのエアユニットやクーラントバルブなど安定した空気を供給するエアユニットや、低圧損・超高圧・省スペースなどに対応するクーランドバルブ、高精度で安定したクランプ・位置決めを可能にする治具、工作機械の 見える化 を実現する各種センサなど、加工機が抱える課題に対して幅広い製品ラインアップで提案した。W4048 CKD株式会社防塵防水型LED照明、積層式LEDアラームライトなど24Vの低電量回路に安定させてLEDの寿命を向上させたLEDライトや、マイクロUSBで充電可能で10時間利用可能な手持ち磁石入りLEDなどを出展した。LEDで課題になりがちな ギラつき を抑制した面発光のLED照明は、自然な光で長時間使用しても目が疲れない優れもの。照明灯のほか、検査照明としても使えるとのこと。W4107 日機株式会社