1/2ページ

このカタログをダウンロードして
すべてを見る

ダウンロード(378.3Kb)

全粒穀物水分/容積重計 GAC 2500-C

製品カタログ

USDA GIPSA(アメリカ農務省穀物検査局)採用のハイパフォーマン ス穀物水分/容積重計

GAC2500-Cは穀物用高精度水分/容積重計です。穀物内部に深く浸透する高周波(149mHz)を用いて穀物内部の水分を高精度に測定。同時に容積重、サンプル温度の測定を行えます。NTEP(全米型式評価プログラム)の認証取得をはじめ、GIPSA(米国農務省穀物検査局)、日本農林水産省農産物検査における全粒穀物用の水分計として正式に認証されています。

◆高周波(149mHz)を用いたUGMAアルゴリズムにより種皮内部の水分を高精度に測定
◆高水分サンプルでも高精度測定
◆多彩なサンプルに対応可能な豊富な検量線ラインナップ
◆小麦、大麦、大豆、油糧種子など全粒穀物サンプルの水分測定に
◆試料温度補正機能により試料温度を気にすることなく測定(試料温度-20℃~+45℃まで対応)

◆詳細はカタログをダウンロードしご覧いただくか、お気軽にお問い合わせ下さい。

このカタログについて

ドキュメント名 全粒穀物水分/容積重計 GAC 2500-C
ドキュメント種別 製品カタログ
ファイルサイズ 378.3Kb
登録カテゴリ
取り扱い企業 フォス・ジャパン株式会社 (この企業の取り扱いカタログ一覧)

この企業の関連カタログ

穀物・製粉・飼料分析・カビ毒検査ソリューション
製品カタログ

フォス・ジャパン株式会社

生乳、乳製品、抗生物質検査ソリューション
製品カタログ

フォス・ジャパン株式会社

ワイン醸造ソリューション
製品カタログ

フォス・ジャパン株式会社

このカタログの内容

Page1

GAC®2500-C 全粒穀物水分/容積重計 特長 • USDA GIPSA(アメリカ農務省穀物検査局)採用のハイパフォーマン GAC2500-Cは穀物用高精度水分/容積重計です。穀物内部に深 ス穀物水分/容積重計 く浸透する高周波(149mHz)を用いて穀物内部の水分を高精 • 高周波(149mHz)を用いたUGMAアルゴリズムにより種皮内部の水 度に測定。同時に容積重、サンプル温度の測定を行えます。 分を高精度に測定。 NTEP(全米型式評価プログラム)の認証取得をはじめ、GIPSA • 高水分サンプルでも高精度測定 (米国農務省穀物検査局)、日本農林水産省農産物検査におけ • 多彩なサンプルに対応可能な豊富な検量線ラインナップ る全粒穀物用の水分計として正式に認証されています。 • 小麦、大麦、大豆、油糧種子など全粒穀物サンプルの水分測定に 小麦、大麦、大豆、米、油糧種子をはじめピーナッツ、アーモ • 試料温度補正機能により試料温度を気にすることなく測定 (試料温度-20℃~+45℃まで対応) ンド、コーヒー豆、ポップコーンなど多彩な穀物に対応可能な 各種専用検量線を搭載。水分が45%程度の試料おいても安定し た測定結果を得ることができます。 操作性 • 粒状サンプルを本体上部から投入するだけの簡単操作 本体上部から試料を投入し測定開始ボタンを押すだけの簡単操 • サンプル投入による自動測定開始モードを搭載 作で水分測定を行えます。またタッチスクリーン画面は抜群の • 高速測定(約10秒以内) 操作性を実現し、測定結果はUSBポートからUSBフラッシュメ • 操作性に優れたカラータッチパネルスクリーン モリーへの出力保存が可能となっています。 • USBポートから測定結果を簡単に出力保存 低コストかつ抜群のパフォーマンスを誇るGAC2500Cは、カン • サーマルプリンター接続により測定結果を自動印刷 トリーエレベーターや穀物加工工場などで広くお使い頂けます。 • 測定結果をRS232C又はUSB出力 • キーボード、マウス、バーコードリーダー接続可能 ※Unified Grain Moisture Algorithm ネットワーク接続 Mosaicネットワークソフトウェアにより本体をネットワーク経由でリ モートで監視できます。遠隔地から装置をモニタリングしながら検量線の 保守管理を行うことが可能です。 ANALYTICS BEYOND MEASURE
Page2

測定環境温度 2~45℃ 電源 110/220V 50/60Hz 30/35VA 測定時間 10~20秒 環境湿度 20~90%(結露無し) サンプル温度 -20℃~45℃(検量線による) 保管温度 -20℃~60℃ 水分測定範囲 5~45% 重量 11.43㎏ 寸法 43.18×48.26×35.56センチ(H×W×D) ネットワーク接続 Mosaicネットワークソフトウェア 測定手順 サンプルを投入すると測定が開始されま 約10秒後、水分、容積重、サンプル温度 測定を終了したサンプルを取り出します。 す(オート測定モード)。オートモデル が表示されます。 をOFFにしてサンプルNoを入力してか ら手動で測定開始を指示することも可能 です。 ハンディバーコードリーダーによるサンプル 小型サーマルプリンターを接続して ナンバーの入力を行えます。 結果を印刷できます。 【各種穀物に応じた専用キャリブレーションをお使い頂けます】 小麦、大麦、大豆、米、コーン、油糧種子、コーヒー豆、アーモンド、ピーナッツ、ポップコーン、コ コア、コーン、アマランサス、コットンシード(綿の実)、タバコ など フォス・ジャパン株式会社 〒135-0016 東京都江東区東陽2-4-14三井ウッディビル1階 TEL:03-5665-3821 FAX:03-5665-3826 セールス・サービス拠点 札幌・大阪・九州 E-mail: info@foss.co.jp