1/2ページ

このカタログをダウンロードして
すべてを見る

ダウンロード(955.4Kb)

穀物製粉、全粒穀物、なたね粕用 インライン近赤外成分測定装置『ProFoss2』

製品カタログ

当カタログは、新しい穀物製品製造支援ソリューションである『ProFoss2』についてご紹介しています。

『ProFoss2』は、製造ラインを流れる穀物製品を連続して分析することにより
製造のモニタリング、製造機器調整の迅速化と最適化、そして分析コストの
削減を実現する新しい穀物製品製造支援ソリューションです。

例えば小麦粉や原料小麦、菜種粕などの組成(たんぱく、水分、灰分、油分等)を
リアルタイムに、かつ正確にモニタリングすることで製造設備の調整を
タイムリーに行うことができ収益の改善を図れます。

【特長】
■近赤外分析法による全自動インライン連続測定
■超高速スキャンによる高速測定(2~3秒 /1 回測定)
■本体をラインに直接組み込むためバイパスラインは不要
■バックアップランプ搭載によりダウンタイムを最小化
■512 ピクセル InGaAs ダイオードアレイ検出器を搭載

このカタログについて

ドキュメント名 穀物製粉、全粒穀物、なたね粕用 インライン近赤外成分測定装置『ProFoss2』
ドキュメント種別 製品カタログ
ファイルサイズ 955.4Kb
登録カテゴリ
取り扱い企業 フォス・ジャパン株式会社 (この企業の取り扱いカタログ一覧)

この企業の関連カタログ

粉乳用インライン近赤外成分測定装置『ProFoss2』
製品カタログ

フォス・ジャパン株式会社

乳製品用インライン近赤外成分測定装置『ProFoss2』
製品カタログ

フォス・ジャパン株式会社

食肉用インライン近赤外成分測定装置『ProFoss2』
製品カタログ

フォス・ジャパン株式会社

このカタログの内容

Page1

穀物製粉、全粒穀物、なたね粕用インライン近赤外成分測定装置 ProFoss2は製造ラインを流れる穀物製品を連続して分析するこ 穀物製品を高精度インライン測定 とにより製造のモニタリング、製造機器調整の迅速化と最適化、 フォスのインラインテクノロジーを搭載した最先端のインラ そして分析コストの削減を実現する最新の穀物製品製造支援ソ イン近赤外分析装置。高解像度ダイオードアレイ技術により リューションです。 正確で安定性の高い連続分析を実現します。穀物業界で培っ 例えば小麦粉や原料小麦、菜種粕などの組成(たんぱく、水分、 た経験をもとに開発された穀物製品用グローバル検量線を本 灰分、油分等)をリアルタイムに、かつ正確にモニタリングする 体とあわせてご活用頂くことでお客様ご自身で検量線を開発 ことで製造設備の調整をタイムリーに行うことができ収益の改善 する必要なく設置当日から測定を開始することが可能です を図れます。また製品の一貫性の向上は製造に必要な調整作業の (独自に検量線を作成して搭載することも可能)。 削減をもたらし、品質の安定性を高めることで製品の新しい価格 反射型NIR測定 設定が可能となります。 本体を製造ラインに直接取り付けて粉体、粒状サンプルをイ ンライン測定。本体に装備された測定レンズの上を通過する 主な特長 サンプルを高精度に連続測定します。本体は溶接フローセル • 近赤外分析法による全自動インライン連続測定 や適合フランジを用いることで製造ラインに様々な方法で取 • 超高速スキャンによる高速測定(2~3秒/1回測定) り付けできます。 • 本体をラインに直接組み込むためバイパスラインは不要 製造工程の自動管理を実現 • バックアップランプ搭載によりダウンタイムを最小化 • 512ピクセルInGaAsダイオードアレイ検出器を搭載 製造設備側のPLCやSCADAとイーサネットやアナログ通信で • IP69規格の本体設計。 接続することで、測定結果をもとにした製造システムの調整 • 各試料用専用グローバル検量線を搭載。検量線開発は不要。 に使用できます。 • 工場出荷時に装置の標準化処理を実施。シームレスな検量線 製造のトレーサビリティ の移設運用を実現。 連続測定によるデータの収集で生産工程のトレーサビリティ • 化学薬品は不使用。分析コストの削減を実現。 を実現します。また製造途中において成分値が規格を超えた • 装置校正用ツール(ERC)付属。 場合、ソフトウェア内で警告を表示。お客様が目指す製品品 • フォスデジタルサービス接続によるリモートサポート。 質の安定をサポートします。
Page2

ISIscanNOVAソフトウェア PCに搭載してプロフォス2の制御及び結果を表示するための専用ソフトウェアです。イ ンライン測定の運用に最適化されたインターフェースは、測定間隔の設定、移動平均値の 表示、各成分のトレンドグラフの表示など様々な表示を行えます。 また、製造ラインに複数台のプロフォス2が組み込まれている場合でも1台のPCからまと めてコントロールすることが可能です。 測定対象サンプル グローバル検量線の性能について別紙アプリケーションノートにてご案内しています。 測定サンプル 測定項目 小麦粉、全粒穀物、なたね粕 等 水分、たんぱく、油分、灰分、繊維 主 要 仕 様 測定時間 2~3秒/回 波長範囲 1100-1650nm 検出器 InGaAsダイオードアレイ スペクトル分散 1.1nm/ピクセル プロセスラインインターフェース サファイアガラス直径45mm、12mm厚、食品用FFPM O-ringシール付。GEA Tuchenhagen 最大 サンプル温度 150℃ 製品からの圧力 製造圧力<21bar。衝撃圧力<50bar 制御ソフトウェア ISIscan NOVAソフトウェア 波長正確度 <0.5nm 波長精度 <0.02nm 波長温度安定性 <0.01nm/℃ ノイズ <60microAU 振動環境 0.4Grms 環境温度 -5℃~40℃ エアー冷却を行う場合は65℃まで対応 圧縮空気(冷却用)※環境温度 最低5l/min、>99.9%水分除去率、>99.9%以上の油分除去率、0.3μm以上の粒子を含まない事。 環境湿度 10-90%相対湿度 寸法(幅×奥行×高さ) 420×420×135mm 重量 25kg 電源 1口,100-240VAC, 最大40VA,50-60Hz キャビネット 1.5mm厚ステンレススチール EN1.4301(SS2333) 装置区分 プロセスコントロール装置 防護規格 IP69 認証 ATEX & IECEx 衛生基準 3A 通信 KEPServerEX(イーサネット、アナログ、Profibus/Profinet,)からPLC/SCADAに接続。 Foss Manager使用。 ネットワーク 高品質LANケーブル(カテゴリ5e以上).RJ45(IP67)LAN接続 使用場所 試験室又は製造現場 フォス・ジャパン株式会社 FOSS Analytical A/S FOSS Alle 1 〒135-0064 DK-3400 Hilleroed 東京都江東区青海2丁目4-24青海フロンティアビル11階 Denmark TEL:03-5962-4811 FAX:03-5962-4812 Tel.: +45 7010 3370 セールス・サービス拠点 札幌・大阪・福岡 Fax: +45 7010 3371 E-mail: info@foss.co.jp info@foss.dk www.foss.dk