1/12ページ

このカタログをダウンロードして
すべてを見る

ダウンロード(65.4Mb)

ESPERO VALVES

製品カタログ

だれにも真似できない、オンリーワンのバルブ(高温・高圧用の特殊バルブ)

今から約60年前、
あらゆる条件に対応できる"希望"のバルブが誕生しました。
一ノ瀬独自の技術を生かし開発されたそのバルブは
現在に至るまで、多くのプラントで信頼を得ています。

【 ESPERO : 希望、夢 】 (エスペラント語)

-----------------

[ISO-15848 取得]
汎用弁でカバーできない高温・高圧用の特殊バルブのご紹介
汎用弁では不可能な様々な条件に対応できる特殊バルブ"ESPERO"。お客様のニーズに合わせてオーダーメイドで設計・製作いたします。

1:高温・高圧に耐える特殊バルブ High Pressure & Temperature
独自に開発した「エスペロリングパッキン」によるシール構造を採用し、
汎用弁では不可能な厳しい条件に対応できる「エスペロバルブ」。
標準型から特殊型まであらゆるニーズにお応えできる「希望」の製品です。

2:完全シー ル構造 Complete Sealing
リングパッキンと弁体との接触面圧(部品間の接触面に作用する圧力)を利用して流体を完全シールする構造です。
独自で開発したリングパッキンを使用した、他社には真似できない特殊なパッキンです。

3:簡単メンテナンスで長寿命 Long Lasting & Easy Maintenance
シート漏れが発生してもリングパッキンと弁体との接触面圧を高めることでシール性能が回復します。
消耗品であるリングパッキンを新品交換することでバルブを継続使用できます。
機械修正加工や弁体-弁座の摺合せは不要です。

このカタログについて

ドキュメント名 ESPERO VALVES
ドキュメント種別 製品カタログ
ファイルサイズ 65.4Mb
登録カテゴリ
取り扱い企業 株式会社一ノ瀬 (この企業の取り扱いカタログ一覧)

この企業の関連カタログ

ニードルボールバルブ
製品カタログ

株式会社一ノ瀬

ワイヤレスセンサSNSゲートウェイ
製品カタログ

株式会社一ノ瀬

このカタログの内容

Page2

誰にも真似できない、 オンリーワンのバルブ。 ESPERO VALVE 1944 一ノ瀬製作所創業 砲金製バルブの販売開始 1949「一ノ瀬バルブ株式会社」創立 今から約60年前、 あらゆる条件に対応できる"希望"のバルブが誕生しました。 ESPERO PISTON VALVE 1955エスペロピストンバルブ 円柱形状のピストン及びバルブ本体と弾性のあるリ 一ノ瀬独自の技術を生かし開発されたそのバルブは ングパッキン間の接触面圧によって流体をシールす る構造のバルブ。 現在に至るまで、多くのプラントで信頼を得ています。 【 ESPERO : 希望、夢 】( エスペラント語) ESPERO GATE VALVE 1961 エスペロゲートバルブ 平滑な板バルブと弾性のあるリングパッキンの接触 面圧によって流体をシールする構造のバルブ。 ESPERO BALL VALVE 1962 エスペロボールバルブ ボールおよびバルブ本体と、リングパッキン間の接触 面圧によって流体をシールする構造のバルブ。 ESPERO DISCHARGE VALVE 1964 エスペロジスチャージバルブ タンクや反応容器等の底面又は側面に取付け られ、粘性がある流体やスラリー等の排出に使 用されるバルブ。 1988「株式会社一ノ瀬」に社名変更 2008 ISO14001認証取得 2013 優良法人表彰を受ける 2015 ISO9001認証取得
Page3

エスペロが 選 ばれ 続ける3 つの理 由 。 High Pressure & Temperature Complete Sealing Long Lasting & Easy Maintenance 高温・高圧に耐える特殊バルブ 完全シー ル構造 簡単メンテナンスで長寿命 独自に開発した「エスペロリングパッキン」による リングパッキ ンと弁体との シート漏れが発生しても シール構造を採用し、 接触面圧(部品間の接 触面に作用する圧力) リングパッキンと弁体との接触面圧を高めることで 汎用弁では不可能な厳しい条件に対応できる を利 用して シール性能が回復します。 「エスペロバルブ」。 流体を完全シー ルする構造です。 消耗品であるリングパッキンを新品交換することで 標準型から特殊型まで 独自で開発した リングパッキンを バルブを継続使用できます。 あらゆるニーズにお応えできる 使用した、他社に は真似できない 機械修正加工や弁体 - 弁座の摺合せは 「希望」の製品です。 特殊なパッ キンです。 不要です。
Page4

バルブ開度指示 固形物を含む流体に最適 全開・全閉位置を指示します。 固形物(スラリー、粒体等)を含む流体用と シール構造 して特別に設計されたバルブです。 板バルブとシート部リングパッキンとの接触面圧によって 操作方式 高温・高圧の流体に使用可能 流体をシールする特殊な構造です。 ハンドル式、ギア式、 シート部パッキングにより使用温度が決定さ エスペロゲートバルブの最重要部分であるリングパッキンは 空圧式(エアーシリンダ、エアーモータ) れますが、最高温度は650℃、最高使用圧 ゲートバルブ用として開発したパッキンを使用しています。 電動式、油圧式 力は5MPaまで実績があります。 流体の圧力、温度、気体、液体、腐食性等によって最適 流体が温度変化を生じても問題ありません。 な材質を選定します。 固形物の排出が可能 増し締め( 下図参照) バルブケーシング内に侵入堆積した固形物の 長時間使用してリングパッキンと本体、または板バルブ間 排出が可能です。パージ用媒体(空気、N2、 の接触面圧が減少して漏洩を生じた場合には、増し締 蒸気他)を  より投入し  より排出します。 めによって補正することが可能です。 シート部リングパッキン 増し締め用六角ナットを締め付けることにより、リングパッキリングパッキン増し締め用六角ナット 流体抵抗は最小 板バルブを挟むかたちで2枚設置し ンに圧縮力が作用し、下図のように本体及び板バルブと 六角ナットを締め込むことによ くさび形ゲートバルブの抵抗よりも少なく、相当ています。流体条件に応じて選定 り板バルブとリングパッキンの します。 管長(L/D)=3として設計すれば余裕があります。 の接触面圧を調整できるため漏洩を止めることができます。 接触面圧が増し、弁座漏れを 止めることが可能です。 板バルブ(ステンレス鋼) 簡単メンテナンス 増し締め機構図 ポート径と同径の穴があいています 研磨加工仕上 リングパッキンを取り替えるだけで、弁体弁 座のすり合わせは不要です。 増し締めが可能 板 長期使用後に微小の漏洩を生じた場合は、 バル 使用中でも簡単な増し締めによりリングパッ ブ キンの弾力が有効に働いて漏洩は止まり、 継続的に使用できます。 自動操作に最適 バルブシート部に弁が当たって閉止する構造 本体② 本体① でないため、閉止時のショックがありません。 空圧または油圧操作の場合に円滑な操作を するので、クッション装置を必要としません。 電動操作の場合は、トルクスイッチを保護用 とします。
Page5

仕様 ラインナップ 口 径 標準型 短面間型 丸胴型 ベンチュリー型 Pipe size 50A ~ 1050A 圧 力 Pressure 真空 ~ 5MPa 温 度 Temperature -20℃ ~ +650℃ 材 質 Materials ・ステンレス ・鋳鋼 ・鋼鉄 操作方法 Operation ・手動 ・ギア ・空圧 ・油圧 ・電動 リングパッキン Ring Packing ・エスペロリング ・テフロン ・その他 バルブ開度図 回収型A 回収型B 全閉位置 中間位置 全開位置
Page6

自動操作に最適 バルブシート部に弁が当たって閉止する構 シール構造 造でないため、閉止時のショックがありません。 空圧または油圧操作の場合に円滑な操作 真円なピストンおよび本体と、リングパッキン内外周間 をするので、クッション装置を必要としません。 の接触面圧によって流体を閉止(シール)する特殊な 操作方式 電動操作の場合は、トルクスイッチを保護用 構造となっています。 ハンドル式、ギア式、 とします。 エスペロピストンバルブの最重要部分にあるリングパッ 空圧式(エアーシリンダ、エアーモータ) キンはピストンバルブ用として開発したパッキンを使用 電動式、油圧式 バルブ開度指示 しています。高温・高圧の流体に使用可能 全開・全閉及び流体流れ始め このリングパッキンは多年にわたり使用され、さらに改 を指示します。 良を加えて生み出された実績品です。 寿命が長く経済的 流体の圧力・温度・気体・液体・腐食性などによって 増し締め用六角ナット リングパッキン(グランド用) 微小な漏洩を生じた場合は使用中でも簡 最適な材質を選定します。 流体条件に応じて選定します。 単な増し締めによりリングパッキンの弾力 で漏洩は止まります。 増し締め( 下図参照) 増し締め効果がなくなっても、パイプライン 長時間使用してリングパッキンと本体、またはピストン リングパッキン(シート用) から取り外すことなくリングパッキンの取替 間の接触面圧が減少して漏洩を生じた場合には、 流体条件に応じて選定します。 えが可能です。機械加工・擦り合わせ等の 増し締めによって補正することが可能です。 特殊技術も必要ありません。 増し締め用六角ナットを締め付けてカバーを押し下げ また、部品には互換性があるので取替えに ると、リングパッキンに圧縮力が作用し下図のように本 ピストン(ステンレス鋼) よってバルブの寿命は半永久的となります。 体及びピストンとの接触面圧を調節できるため漏洩を 流体条件に応じて表面を硬化し 止めることができます。 ます。(ステライト、メテコ溶射、 WC 他) 増し締めが可能 増し締め機構図 長期使用後に微小の漏洩を生じた場合 は、使用中でも簡単な増し締めによりリン グパッキンの弾力が有効に働いて漏洩は 止まり、継続的に使用できます。 軽快なハンドル操作 ピストン 高圧用・大口径用では一般的なグローブ バルブは流体圧力により操作が非常に重 くなりますが、エスペロバルブは独自のバラ 本体 本体 ンス機構を採用して流体圧力の影響を受 けないので軽く操作ができます。
Page7

仕様 ラインナップ 口 径 標準型 高圧用・直通型 Pipe size 6A ~ 300A 圧 力 Pressure 真空 ~ 75MPa 温 度 Temperature -20℃ ~ +350℃ 材 質 Materials ・ハステロイ ・チタン ・ステンレス ・鋳鋼 ・鍛鋼 ・鋼鉄 操作方法 Operation ・手動 ・ギア ・空圧 ・油圧 ・電動 リングパッキン Ring Packing ・エスペロリング ・テフロン ・その他 バルブ開度図 高圧用・直通型 高圧用・アングル型 Y型 全閉位置 中間位置 全開位置
Page8

自動操作に最適 ピストン(ステンレス鋼) ピストン突出し寸法(全閉時) バルブシート部に弁が当たって閉止する構 シール構造 流体条件に応じて表面を硬化し タンク及び反応容器のノズル寸 造でないため、閉止時のショックがありません。 ます。(ステライト、メテコ溶射、 法に合わせて任意に設計します。 真円なピストンおよび本体と、リングパッキン内外周間の WC 他) 空圧または油圧操作の場合に円滑な操作 をするので、クッション装置を必要としません。 接触面圧によって流体を閉止(シール)する特殊な構造 リングパッキン(シート用) 電動操作の場合は、トルクスイッチを保護用 となっています。 流体条件に応じて選定します。 とします。 エスペロジスチャージバルブの最重要部分であるリング リングパッキン(グランド用) パッキンは、ジスチャージバルブ/ピストンバルブ用として 流体条件に応じて選定します。 粘性・固着性のある流体に最適 開発したパッキンを使用しています。このリングパッキンは バルブ全開時においてピストンが流路にな 多年にわたり使用され、さらに改良を加えて生み出された い構造のため、流体の閉塞がありません。 実績品です。 流体の圧力・温度・気体・液体・腐食性などによって最適 寿命が長く経済的 な材質を選定します。 微小な漏洩を生じた場合は使用中でも簡 増し締め (下図参照) 単な増し締めによりリングパッキンの弾力 増し締め用六角ナット 長時間使用してリングパッキンと本体、またはピストン で漏洩は止まります。 間の接触面圧が減少して漏洩を生じた場合には、増 増し締め効果がなくなっても、パイプライン から取り外すことなくリングパッキンの取替 し締めによって補正することが可能です。 えが可能です。機械加工・擦り合わせ等の 増し締め用六角ナットを締め付けてカバーを押し下げ 特殊技術も必要ありません。 ると、リングパッキンに圧縮力が作用し下図のように本 また、部品には互換性があるので取替えに 体及びピストンとの接触面圧を調節できるため漏洩を よってバルブの寿命は半永久的となります。 止めることができます。 増し締め機構図 操作方式 増し締めが可能 ハンドル式、ギア式、 長期使用後に微小の漏洩を生じた場合 空圧式(エアーシリンダ、エアーモータ) は、使用中でも簡単な増し締めによりリン 電動式、油圧式 グパッキンの弾力が有効に働いて漏洩は 止まり、継続的に使用できます。 ピストン 流体の溜まりが少ない 全閉時において反応容器の底面までピス 本体 本体 トンが突き出るため未反応部が非常に少 なくなります。
Page9

仕様 ラインナップ 口 径 6A ~ 400A フランジ型 ねじ込み型Pipe size 圧 力 Pressure 真空 ~ 10MPa 温 度 Temperature -50℃ ~ +300℃ 材 質 Materials ・ハステロイ ・チタン ・ステンレス ・炭素鋼 操作方法 Operation ・手動 ・ギア ・空圧 ・油圧 ・電動 リングパッキン Ring Packing ・エスペロリング ・テフロン ・その他 バルブ開度図 ジャケット型 ギア操作式 全閉位置 中間位置 全開位置
Page10

操作方式 固形物を含む流体に最適 レバーハンドル式、ギア式、 シートリングとボールが密着しているため、 リングパッキン構造 空圧式(エアーシリンダ、エアーモータ) 流体内に含まれる異物をシート部でボール 電動式、油圧式 ボールおよび本体との間に作用する接触面圧によって流 の回転によって拭い取るので、シート部を 体を閉止(シール)する構造となっています。 損傷することがありません。 シートリング 増し締めが可能 エスペロボールバルブの最重要部分であるリングパッキン 増し締め用グランド 長期使用後に微小の漏洩を生じた場合 はボールバルブ用として開発したパッキンを使用していま グランドを締めこむことでステム は、使用中でも簡単な増し締めによりリン す。高圧高温用シートリングパッキンとしての実績を有して を介してボールが押し下げられ ボールとシートリングの接触面圧 グパッキンの弾力が有効に働いて漏洩は います。 シートリング が増し、弁座漏れを止めることが 止まり、継続的に使用できます。 また流体の圧力、温度、気体、液体、腐食性などによって 流体条件によって選定します。 可能です。 適当な材質を選定します。 流体抵抗は最小 シートリングの保護 ボールバルブはパイプの一部と考えられるく 流体の圧力によってボールおよびシートリングには強大な圧 らいです。曲がりもなく流体の流速変化が 縮力が作用するので、シートリングは内外周面にアイレット及 ないので流体抵抗は最小です。 びリテーナーを密着し破損変形を防止しています。 この構造によって流体によるエロージョンも起こらず、耐久性 を有しています。 増し締め(下図参照) 長時間使用後、摩耗が生じて漏洩が発生した場合には 増し締めによって補整して継続使用できる構造になって います。 増し締め機構図 弁座部がくさび形状 開閉操作トルク調整ボルト 本体① 本体②
Page11

仕様 ラインナップ 口 径 ベンチュリー型 Pipe size 25A ~ 200A 圧 力 Pressure 真空 ~ 35MPa 温 度 Temperature -20℃ ~ +350℃ 材 質 Materials ・ハステロイ ・チタン ・ステンレス ・鋳鋼 ・鍛鋼 ・炭素鋼 操作方法 Operation ・手動 ・ギア ・空圧 ・油圧 ・電動 リングパッキン Ring Packing ・エスペロリング ・テフロン ・その他 ジャケット付 バルブ開度図 全閉位置 中間位置 全開位置
Page12

About us 会社概要 会社名  / 株式会社一ノ瀬 ICHINOSE Co., Ltd. 創 立  / 1949年8月(創業1944年5月) 事業内容 / 特殊弁の設計・製作・販売、 バルブと流体制御機器販売 Contact お問い合わせ 製品に関するご不明点、ご相談などお気軽にお問い合わせください。 ■ 一ノ瀬 ホームページ http://www.insins.co.jp 一ノ 瀬 検索 ■ 大阪本社 ■ 東京支店 〒550-0023 大阪市西区千代崎1-9-1 〒104-0043 東京都中央区湊1-9-8 (代表) 八丁堀ウエストコート5階 TEL 06-6582-5000 FAX 06-6582-5151 TEL 03-5566-1071 (直需営業部 特販課) FAX 03-5540-8174 TEL 06-6582-5581 FAX 06-6582-5562 ■ 北陸営業所 ■ 中四国支店 〒921-8802 石川県野々市市押野1-365 〒702-8022 岡山市南区福成2-14-20 TEL 076-227-5115 TEL 086-262-9106 FAX 076-227-5116 FAX 086-262-9108 ■ 九州支店 ■ 北九州営業所 〒816-0912 福岡県大野城市御笠川6-1-19 〒802-0821 福岡県北九州市小倉南区横代北町2-4-12 105号 TEL 092-503-1501 TEL 093-965-6255 FAX 092-503-1551 FAX 093-965-6250 ■ 台湾事務所 ■ 上海事務所 ■ シンガポール事務所