1/12ページ

このカタログをダウンロードして
すべてを見る

ダウンロード(4Mb)

インサーキットテスタ FA1220-02

製品カタログ

実装基板の生産性を向上 バッチタイプ検査装置

HIOKIの実装基板検査装置は、そこで働く"人" が輝くために進化を続けます。時間を効率よく使うための工夫、不良を確実に検出するための多彩な検査機能、そしていざという時に備える安全装備。その進化を、まずはカタログでご確認ください。

このカタログについて

ドキュメント名 インサーキットテスタ FA1220-02
ドキュメント種別 製品カタログ
ファイルサイズ 4Mb
登録カテゴリ
取り扱い企業 日置電機株式会社 (この企業の取り扱いカタログ一覧)

この企業の関連カタログ

パワーアナライザ PW6001
製品カタログ

日置電機株式会社

照度計 FT3424/FT3425
製品カタログ

日置電機株式会社

パワーメータ PW3336/PW3337
製品カタログ

日置電機株式会社

このカタログの内容

Page1

インサーキットテスタ FA1220-02 IN-CIRCUIT TESTER FA1220-02 実装基板の生産性を向上 バッチタイプ検査装置 多彩な機能で生産性向上をサポート 作業者に優しいスライドイン構造 3年保証と安全設計の証 CEマーキング
Page2

2 ひとに、やさしく 生産性、品質、そして安全 実 装 基 板の生 産 現 場。 ここで検 査 装置は 重 要な役割でありながら、決して主 役 ではあり ま せ ん。HIOKI の 検 査 装 置 は、 そこで 働く "人" が輝くために進化を続けます。たとえば開口 部を広げられるスライドイン構造。作業者はより小 さな負担で、より速くテストフィクスチャを交換でき ます。効率化によって現場にスピードと快適を届け たい。"人" のための実装基板検査装置です。
Page3

3 生産性 時間を効率よく使う 標準仕様 ワンタッチコネクタ E4268(1024CH)、 ワンタッチコネクタ E4269(2048CH) テストフィクスチャスライドイン構造 ワンタッチコネクタで自動接続 * テストフィクスチャは上下一体のまま *、スライドイ タッチパネルからの操作のみで、ワンタッチコネク ンしてセットします。装置手前のカバーを倒して低 タの接続作業が完了します。レバー操作の負担がな い位置でセットできるので、作業者の負荷が軽減さ くなり、確実にコネクターの接触を確保できます。 れます。上下テストフィクスチャの連結ケーブルを つけたままセットできるので、ケーブル脱着の工程 が不要になりました。もちろん現在 1220 シリーズ でお使いのテストフィクスチャも、従来通りお使い いただけます。 テストフィクスチャ セット手順 1 2 * ワンタッチコネクタつきで製作されたテストフィクスチャのみ 手前カバーを開ける テストフィクスチャを ワンタッチプレスダウン E4283 * スライドイン ワンタッチで検査開始 3 4 通常は、作業者が両手で2つのボタンを同時に押して 検査を開始します。ワンタッチプレスダウンは安全機 器との組み合わせにより、棒状のスイッチを軽く倒す だけで検査を開始できます。 上側テストフィクスチャをセット テストフィクスチャを固定し、 手前カバーを閉じる * 一括段取り仕様で製作されたテストフィクスチャのみ 標準仕様 * ライトカーテン E4280、背面安全扉 E4282、PLC ユニット E4285 が必要 タッチパネル PC 採用 操作にはタッチパネル PC を採用。画面切り替え、デー タの読み出し、検査スタート、マニュアル検査などの 標準仕様 基本操作をキーボードやマウスを使わず行えます。 ネット数の多い基板にも余裕の対応 検査のコアとなる計測部を高集積化。最大 2,048 ピ ン時*でも、従来機種1220-52と設置面積は同じです。 検査データ、テストフィクスチャは従来機種と上位互 換です。 従来機種 1220-52 最大 1,536 ピン FA1220-02 最大 2,048 ピン * スキャナボード 16 枚追加必要
Page4

4 生産性 時間を効率よく使う PLC ユニット E4285 標準仕様 PLC搭載で様々な段取りを自動化 基板ごとの検査データを自動読込 二次元バーコード読み取り、ワンタッチコネクタの 基板の二次元コードを読みとり *、自動で検査データ 自動接続などの生産効率を向上させる多彩な機能は、 を読み込みます。バリエーションの違いなどによる PLC ユニットを基軸として展開されます。 多種のデータライブラリの中から自動読込、設定可 能です。 * リーダは別途購入必要 * 二次元コードリーダは別途必要 スタンプ駆動ユニット E4260、追加スタンプ駆動ユニット E4261 オートリテスト E4284 * 判定結果を基板に押印 オートリテストでコンタクト改善 テストフィクスチャにとりつけるスタンプを最大 16 テストフィクスチャと検査基板の接触不良により 個駆動します。 FAIL 判定された場合、再度プレスダウンすること E4260 は、FA1220-02 に最大 4 個追加可能です。 で接触を改善。生産の歩留まりを改善します。 E4261は、E42601台あたり最大3個追加可能です。 E4260 スタンプ駆動ユニット 4 連マニホールド & テストフィクスチャへ スタンプ Retest スタンプ駆動電磁弁 x 1 4 連マニホールド FAIL プレスアップ、 エア配管 プレスダウンして 電磁弁 再度検査 E4261 追加スタンプ駆動ユニット スタンプ駆動電磁弁 x 1 * ライトカーテン E4280、背面安全扉 E4282、PLC ユニット E4285 が必要 1220 データ作成ソフト1137-05 標準仕様 ラインを占有せずにデータ作成 世界中の工場で活躍 汎用の PC にインストールできるので、生産ラインの稼 標準ソフトは和英中対応。100V-240V フリー電源で 働状況に左右されずにデータ作成や解析が可能です。 世界中の電源電圧に対応。CE、中国 RoHS、WEEE など各種規格にも対応しています。 事務所でデータ作成 現場でデバッグ、検査
Page5

5 品質 不良検出のための多彩な検査機能 標準仕様 標準仕様 充実のコンポーネント検査 半導体をアクティブ状態で検査 電解コンデンサ極性チェックによる逆挿し検出や、 MOS-FET、J-FET のゲートに ON 電圧と OFF 電 4端子計測による m Ωオーダーの抵抗検査など多 圧を印加してドレイン - ソース間の電圧と電流を測 彩な検査を標準搭載。ATG 機能を使用すれば、複 定。活性状態で FET の動作の良否を判定します。 数の良品基板から自動的に検査データを作成可能で す。マクロ検査やコンポーネント吸収により検査ス テップを生成します。 被検査回路 被検査回路 OFF 電流および ON 抵抗値により OFF 電流と測定した電流(IDSS)に 良否判定 より良否判定 絶縁計測機能 E4210 * 標準仕様 ツェナー電圧や高電圧絶縁の検査 測定ピンが少なくても部品検査 リミットつき高電圧回路で、HV(High Voltage) 各部品の端子にピンを立てるのが難しい場合は、複数 のツェナー電圧、バリスタ動作電圧、最大 1G Ωま 部品の合成インピーダンスでの判定も可能。マクロ検 での絶縁抵抗など、検査の選択肢を拡大します。 査により良品基板の測定値を吸収、検査値とします。 ツェナーダイオードの 電流 pin1 pin2 検査イメージ 電圧を 測定 電圧 定電流を 印加 ピンを立てるスペースの 複数のコンポーネントをまとめたインピー ない基板などに ダンス測定により判定 * スキャナボード E4203 が必要 I2C 検査ユニット 1960-10 オンボードプログラミング機能 E4231 I2C 対応検査 検査後にプログラム書き込み I2C(アイスクエアシー)バスを利用して、被検査 ROM ライタを使用して検査後にフラッシュメモ 基板に実装されている IC へのデータの書き込み、 リー内蔵マイコンへのプログラム書き込みを行う機 書き込みデータのベリファイ、コントローラの DIO 能です。ROM ライタは DTS インサイト社製を使 出力が可能です。 用します。
Page6

6 品質 不良検出のための多彩な検査機能 標準仕様 イオナイザユニット E4287 確実に検査するためのプレス圧 静電気を除去して安全に検査 φ 125mm の大型プレスシリンダを標準搭載。従来 検査エリア側面に取り付けたイオナイザユニットは、 比約 1.5 倍の理論推力で確実にプレスします。 基板に帯電した静電気を除去します。 大型テストフィクスチャ対応 E4262 標準仕様 より大きい基板を検査したい ノイズによるトラブルを低減 大型テストフィクスチャ対応仕様では、最大基板サ イミュニティ(電磁感受性)、エミッション(電磁 イズ 416 mm x 340 mm まで対応可能です。 両立性)の試験を行い、EMC 規格 EN61326-1 に 検査可能な最大基板サイズ 適合。電気配線や放射ノイズによるトラブルを抑え た設計です。 無線 標準品 I/O 通信 EMC 規格 390 mm イーサネット EN61326 大型テストフィクスチャ対応 E4262 電源ライン 416 mm 標準仕様 校正ユニット1330 3 年保証と CE マーキング 計測部校正で信頼できる検査を EMC 試験や安全性の検証などによる品質評価を行 オプションにて計測部の校正をできるユニットを準 い、CE マーク * に対応しました。製品保証期間は3 備。定期的に校正作業を行うことで、トレーサビリ 年間です。 ティのとれた信頼性のある検査が可能です。 校正ユニット 1330 FA1220-02 の計測部と接続して使用 * ライトカーテン E4280、背面安全扉 E4282、PLC ユニット E4285 が必要 300 mm 340 mm
Page7

7 品質 不良検出のための多彩な検査機能 プリンタユニット E4243 標準仕様 解析用データ出力 音声ピン番号案内機能 計測データは標準機能でデータファイル出力可能。 ピンサーチ時に、ピン番号を音声で案内する機能です。 オプションのプリンタユニットを使用すれば生産現 画面を見る必要がなく、対象ピンの特定作業に集中で 場で検査結果を印字することもできます。 きます。 2、3、5、 13、8 9、…  電子データのファイル出力例 プローブで触れた ピンの番号を読み上げ E4243 プリンタユニット 標準 品質傾向を確認できる統計機能 検査ソフト上で測定値のヒストグラムを確認できま す。各ステップごとに最大 100 回の測定値と判定の データを記憶しています。 標準仕様 FAIL 時基板解析ポイントビューワ テストフィクスチャのメンテナンス時に役立つ、ピン 座標をポイント表示します *。プリントした資料を都 FAIL VIEWER UA1782 度持ち出さなくても、現場ですぐ情報が参照できます。 ワンクリックで FAIL 情報を可視化 表裏、面視、表示倍率等切り替え可能。FAIL に関連 FAIL VIEWER UA1782 は、解析用データベースの するピンは、赤色で表示。ピンサーチ時には、そのポ ビューワ機能に、部品・プローブ探索機能が搭載され イントのピン番号を大きく表示します。 た実装基板解析支援ソフトウェアです。部品の実装位 置、基板上にあるプローブのコンタクト位置の探索だ けでなく、任意のプローブ番号につながる部品の位置 もワンクリックで検索できる機能を搭載しました。もう リペア作業に部品配置図を見る必要はありません。ま た、ピン間(=パターン間)の近接箇所の検索もでき るのでブリッジ不良の探索にもお使いいただけます。 *HIOKI にてテストフィクスチャ作成の際、オプションにて「ポイント情報ファイル」 を追加いただく必要があります。検査データファイルと「ポイント情報ファイル」を ネット探索結果 同一のフォルダに入れておくことで、ビューワ機能が使用できます。
Page8

8 安全 人を、製品を、ラインを守る 残圧排気ユニット E4270 E4280 ライトカーテン 緊急時対応 うっかり事故を防止 事故は絶対に起きてはいけませんが、備えておくこ プレスダウンするテストフィクスチャに間違えて手 とは重要です。FA1220-02 は非常停止スイッチを を入れてしまうと、重大な事故につながります。ラ 標準装備。残圧排気ユニットを追加すれば、停電時 イトカーテンはテストエリアへの異物挿入を検知し、 のシリンダロックを解除できます。 プレスダウンを停止します。 非常停止スイッチ(標準) 残圧排気ユニット E4270 基板確認機能 E4265 背面安全扉 E4282 基板の正常セットを確認 背面からケーブル接続 テストフィクスチャに取り付けられたセンサとの連 フラットケーブルを用いた上下信号接続の場合に 携で、浮き、逆挿入、異種、未セットなどを検出、 は、背面安全扉があるとより安全です。インターロッ 警告を出力します。 クが他の作業者によるプレスダウンを防ぎます。 インターロック テストフィクスチャ装着確認 E4263(上側)、テストフィクスチャ装着確認 E4264(下側) テストフィクスチャ ID 判別機能 E4266 テストフィクスチャ装着確認機能 テストフィクスチャ誤設置防止 基板品種ごとの検査データに設定された ID と、テストフィ 光センサーでテストフィクスチャの位置決めピンを クスチャの ID が一致しないとプレスダウンしません。基板 チェック。テストフィクスチャが確実に装着されて とテストフィクスチャの不一致による破損事故を防ぎます。 いるか確認します。 バックアップ電源 E4242 急な停電に 位置決めピン装着時 位置決めピン未装着時 停電が発生しても本体制御コンピュータと LCD の電 源が落ちないので、正常にシャットダウンできます。 リカバリディスク FA1395 もしもの時の PC 復旧作業 * 製品個体ごとに出荷時リカバリディスクを作成。 位置決めピンにより 位置決めピンがなく OS、各環境ファイルなどを出荷時の状態に戻します。 検出光を遮断 検出光が通過 * FA1220-02 には CD/ DVD ドライブが搭載されていません。リカバリディスク FA1395 をご使用の際は、お客様にて外付け CD/ DVDドライブをご用意ください。
Page9

9 テストフィクスチャ 計測とトータルでアシスト テストフィクスチャご注文時にご指定ください テストフィクスチャご注文時にご指定ください ケーブルをつけたまま脱着 保管にも専用箱不要 上下テストフィスクチャを一体化した状態で本体に 上下テストフィクスチャを一体化した状態で保管で 装着できます。上下接続のケーブルを外す必要がな きます。下側テストフィクスチャは自立できるため、 いので、段取り替えの工数を削減できます。 保管するための専用箱は不要です。 テストフィクスチャご注文時にご指定ください ガーバデータ、マウントデータから解析用データベースを製作 リペア作業を効率化 基板の熱収縮を考慮した場合、現品からのピン立て情報を取得する従来の方法も安定なコンタクトには非常に有効な手段 です。しかし、近年の微細化と短納期という相反する要望に対応するためガーバデータやマウントデータ(部品実装情報) などの電子データからの製作が増えています。HIOKIでは単なるテストフィクスチャ製作の電子化にとどまらず、リペア 作業やテストフィクスチャのメンテナンスにも活用できる解析データベースを提供します。リペア作業も電子化されるこ とで、部品配置図、ピン配置などの紙の資料がなくなります。 高密度基板対応 基板へのストレスを最小限に抑えた設計 高精度な穴あけマシンにより、1.27mm ピッチま プレス時の基板のたわみはプリント板のみならず でピンを立てることができます。小さなポイント 部品にもストレスを与えます。長年の経験から、 へ正確にプロービングします。 たわみのないより安定したプロービングをご提供 します。 適切な検査データ 短納期 実装基板のエキスパートがデバッグを行い、適切 試作から量産までの立ち上げ時間はますます短く な許容値、WAIT 時間、ガーディングを決定します。 なってきています。早い段階でのインサーキット お客様と同じ本体でデバッグすることで納入後の テスト実施は製品の品質を保証する上で最も有効 デバッグも最小限に抑えられます。 です。HIOKI では短納期の要求に応えるために製 作工程の見直しと合理化を常に図っています。 プローブ 先端形状、径、圧力、構造を考慮し、最適なプロー ブを使用してテストフィクスチャを製作します。 テストフィクスチャ製作に必要な資料 回 路図 、部品表、生基板、実装基板 ( 複数枚 )、 豊富なオプション 部品配置図、ネットリストなど ・スタンプユニット 基 板にスタンプを押します。水性インク、 油性インクの他、印面も多種 ご用意しています。(本体側にスタンプ駆動ユニット E4260 必要 ) テストフィクスチャ製作に必要な電子データ ・コネクタ有無、逆挿入検査 ガーバーデータ・ドリルデータ (274D,274X) マウントデータ(CSV, excel 形式) スイッチプローブにより手差しコネクタの誤挿入をチェックします。 部品表(CSV, excel 形式) ・コンデンサ逆挿入検査 特 殊なプローブを使用して電解コンデンサのトップにプロービングし、逆 挿入を検出します。 ・カウンタ機能、帯電防止設計、ほか
Page10

10 仕様 検査可能基板 本体制御部構成 詳細はテストフィクスチャの仕様による ハードウェア 産業用コンピュータ 外形寸法 標準 最大 390 (W) mm x 300 (D) mm 搭載 OS Windows10 Pro 64bit 日本語 / 英語(発注時指定) E4262 搭載時 最大 416 (W) mm x 340 (D) mm 記憶装置 SSD64GB 厚み 0.8 mm 〜 2.0 mm 操作 キーボードおよびマウス その他 質量、形状、部品搭載可能範囲はテストフィクスチャの仕様による 表示 15 型ディスプレイ プリンタ オプション プリンタユニット E4243 検査プログラム構成 外部入出力 Ethernet(LAN)100BASE -TX ×1(装置外部への引き出しは別途相談要)USB2.0 × 1、USB1.0 × 2 検査ポイント数 標準:0 ピン ( スキャナボードはオプション )最大:2048 ピン(128 ピン単位で追加可能)* グループデータ 256 グループ 安全 総当り S/O データ 2048 ピン * 機械安全部品 非常停止スイッチ、セーフティライトカーテン(E4280 搭載時)、 マクロデータ 2048 ピン * / 2048 ステップ(ピン数に無関係) 背面安全扉(E4282 搭載時) コンポーネントデータ 10,000 ステップ 警告装置 ブザー(E4285 搭載時) チャージデータ 40 組 ピンコンタクトデータ 2048 ピン * 機能仕様 IC データ 500 ステップ(最大 2048 ピン/ 1 ステップ)* ATG 機能(良品基板からの自動吸い上げ、ガードポイント自動設定)データ作成機能 良品基板からの基準値吸収、浮遊アドミッタンス吸収、残留インピー * 各項目の有効な最大ピン数は、製品に搭載されたスキャナボードの総ピン数に依存する。 ダンス吸収、グループ指定 再検査機能 リトライ、極性変更リトライ、リテスト 検査項目・範囲 自動検査時制御 FAIL ストップ、検査 JUMP、検査 HOLD 総当り S/O 検査 * 4 Ω 〜 400 k Ω 自動検査終了時の検査結果を指定された単位(各検査、グループ、 マクロ検査 1 Ω 〜 約 10 M Ω( インピーダンス) 検査結果出力 ステップなど)と指定された内容(OFF /全出力/ FAIL 出力)で 抵抗 400 μΩ 〜 40 M Ω プリンタまたはテキストデータで出力 低抵抗 40 μΩ 〜 400 m Ω( E4203 搭載時) データ出力 検査データ/統計データ/設定データをプリンタまたはテキストデータで出力 容量 10 pF 〜 400 mF 自己診断 AD 機能、DC 機能、AC 機能、スキャナボード、テストフィクスチャ、インダクタンス 1 μ H 〜 1 H 電源立上げ時、自動検査時 インピーダンス 1 Ω 〜 10 M Ω 各ピン、各検査、各グループ、全体での各不良率の集計とグラフ表示 ダイオード VF 0 V 〜 25 V 統計機能 稼動時間:累計、小計の 2 種類 ツェナーダイオード VZ 0 V 〜 25 V コンポーネント検査のヒストグラムデータ表示 ディジタルトランジスタ 0 V 〜 25 V コンポーネント検査 MOSFET オン抵抗 0 Ω 〜 1 k Ω JFET ドレイン電流 -20 mA 〜 20 mA その他機能 フォトカプラ 0 V 〜 25 V FAIL マップ表示機能 自動検査で FAIL と判定された部品名をパーツポジショ 直流電圧 0 V 〜 25 V ン別でマップに表示 直流定電圧印加直流電流測定 100 nA 〜 100 mA マスクピン設定機能 指定したピンの検査を行わないようにする設定 オープン 4 Ω 〜 4 M Ω 余剰検査機能 指定したステップの部品が未実装の際に設定 ショート 0.4 Ω 〜 400 k Ω 検査結果が他の検査と逆の判定になる ディスチャージ機能 連続 FAIL 停止 自動検査にて連続して FAIL が出た場合、設定された回電解コンデンサ極性チェック 数に達すると検査を停止する機能 IC 逆挿入検査 0 A 〜 500 μ A/ 0 V 〜 4 V パスワード保護機能 使用可能な操作をパスワード設定により制限する機能IC 検査 IC ピン間 S/O 検査 * 4 Ω 〜 400 Ω 弊社機種検査データ テキスト 検査データをテキストファイルに保存 / テキストファイ 高電圧絶縁測定 高圧ツェナーダイオード VZ 1 V 〜 100 V ファイル保存/読み込み ルから読み込む機能 高電圧測定 1mV 〜 200 V 弊社機種 1105 データ読み込み 1105 用検査データを FA1220 用検査データに変換し(E4210 と E4203 必要) 絶縁測定 200 Ω 〜 1 G Ω て読み込む機能 高電圧抵抗測定 400 m Ω 〜 1 G Ω 検査データ切り替え機能 2 つの検査データを読み込み、使用するデータを選択す *S/O: ショートオープン (A、B データ) ることができる機能 バーコード対応機能 バーコードから ID を読み込む機能 計測部 テストフィクスチャ ID チェック機能 検査データに設定した ID とバーコードから読み込んだ DC 定電圧 -200 mV 〜 10 V、4 レンジ (バーコード関連機能) ID の一致を確認する機能 DC 定電流 200 nA 〜 20 mA、11 レンジ 自動段取り機能 検査データの入れ替えをバーコードから読み込んだ値を 100 mA 〜 200 mA、2 レンジ( E4203 装着時) (バーコード関連機能) 元に自動で行う機能 AC 定電圧 コンポーネント検査時 0.1 V rms、1 レンジ アプリケーション通信機能 PC と FA1220 が通信を行う機能 検査信号 インピーダンス検査時 0.2 V rms 〜 2.0 V rms 外部 I/O 制御機能 FA1220 を外部 I/O から制御する機能 AC 周波数 コンポーネント検査時 160 Hz 〜 160 kHz、4 モード 総合 PASS/FAIL スタンプ機能 自動検査時の PASS/ FAIL 判定に応じてスタンプを制御する機能 インピーダンス検査時 1.6 kHz 〜 160 kHz、2 モード FAIL 時プレスアップ禁止処理 自動検査で FAIL 判定の際、自動プレスアップを禁止する機能 HV 定電圧 1 V 〜 100 V( E4210 と E4203 必要) 自動検査終了時、エリアセンサが感知したときに、総合 HV 定電流 1 mA 〜 20 mA( E4210 と E4203 必要) エリアセンサ検出判定表示クリア機能 判定表示を消去する機能 DC 電圧計 800 μ V f.s. 〜 25V f.s.、8 レンジ 音声案内ピンサーチ機能 ピンサーチ結果を音声出力する機能 DC 電流計 100 nA f.s 〜 250 mA f.s、9 レンジ テストフィクスチャのピン座標をグラフィカルにポイン 計測部 AC 電流計 10 μ A rms 〜 10 mA rms、4 レンジ ポイントビューワ機能 ト表示する機能 HV 電圧計 25 mV f.s. 〜 250 V f.s.( E4210 と E4203 必要) HV 電流計 1.2 μ A f.s. 〜 120 mA f.s.( E4210 と E4203 必要) 一般仕様 E4201 および E4202 使用SW アナログスイッチ チャネル数 128 チャネル / 1 ボード 使用場所 屋内使用、汚染度 2、高度 2,000 m まで 入力保護 ± 15 V 使用温湿度範囲 温度 23℃± 10℃、相対湿度 75% rh 以下(結露しないこと)スキャナ部 E4203 使用SW リードリレー 保存温湿度範囲 温度 10℃〜 43℃、相対湿度 75% rh 以下(結露しないこと) チャネル数 128 チャネル / 1 ボード 雰囲気 粉じん、振動、腐食性ガスなどの雰囲気中では使用しない 入力保護 なし 振動 振動の著しい場所での使用は避ける 判定範囲 -99.9% 〜 +999.9% または 絶対値 適合規格 安全性:EN 61010-1 (E4280 および E4282 搭載時のみ適合) ガーディング 5 ポイント / ステップ EMC:EN 61326-1 (E4280 および E4282 搭載時のみ適合) 総当り S/O 検査 約 0.8 ms 〜 / ピン 製品保証期間 3 年間 マクロ検査 約 2.0 ms 〜 / ピン 電源 定格電源電圧:AC 100 V 〜 240 V( 発注時指定)単相、50Hz/ 60Hz コンポーネント検査 約 0.9 ms 〜 280 msec/ ステップ 最大消費電力:1 kVA 測定時間 チャージ検査 約 3.0 ms 〜 / 組 圧力 1 次側(供給): 0.5 MPa 〜 1.0 MPa( 乾燥エア) ピンコンタクト検査 約 1.0 ms 〜 / ピン 圧縮エア 2 次側(装置内部): 0.5MPa ± 0.1 MPa IC 検査 約 1.0 ms 〜 / ピン 消費量 150 L / min (ANR)  ※ 1 分あたり 6 枚検査として算出 絶縁計測検査 20 ms 〜 100 ms 測定対象により異なる( E4210 と E4203 必要) 寸法 ( 突起物除く ) 655 ± 20(W) mm x 705 ± 15(D) mm x 1830 ± 20(H) mm 保護機能 HV 定電流 電流リミット機能(E4210 と E4203 必要) 質量 310 ± 20 kg( 全オプション搭載時)HV 定電圧 電圧リミット機能(E4210 と E4203 必要) 塗装色 PANTONE CoolGray 1C 取扱説明書(保証書付き)× 1、テストリード× 1、アプリケーショ 機構部 付属品 ンディスク× 1、位置決めネジ× 4、 メンテナンスキー(メンテナン プレス部理論推力 6.1 kN(0.5 MPa の場合) ス扉開閉用)× 1 スタンプ 寸法図 駆動可能スタンプ数 最大 16 個 駆動可能スタンプ数 1 2 3 4 5 6 7 8 駆動可能スタンプ 必要なオプション数 E4260 1 2 数と搭載が必要な E4261 0 1 2 3 3 4 5 6 オプション数の組 合せ 駆動可能スタンプ数 9 10 11 12 13 14 15 16 必要なオプション数 E4260 3 4E4261 6 7 8 9 9 10 11 12 計測制御部構成 制御装置 シングルボードコンピュータ 搭載 OS リアルタイム OS 記憶装置 SD カード(システム起動用) 外部入出力 Ethernet(LAN)100BASE - TX × 1(PC 接続専用 ) 655 ±20 89 705 ±15 1830 ±20 955 ±50 BOARD HEIGHT 基板高さ 1340 1024
Page11

11 オプション 1. 基本 -1. スキャナボード リレー電源 工場 E4241 オプション スキャナボード E4201 半導体スイッチ仕様、128CH/1 枚。他形名スキャナボード との混在不可 - Yes スキャナボード E4202 半導体スイッチ ガードなし仕様 128CH/1 枚。他形名スキャナボード との混在不可 - Yes リレー電源 E4241 E4203 を2枚以上搭載する際に必要 ← Yes スキャナボード E4203 リードリレー仕様、128CH/1 枚。他形名スキャナボード との混在不可 必要 * Yes *E4203 2 枚以上搭載時 -2. 接続 PLC ユニット 工場 E4285 オプション P.3 ワンタッチコネクタ E4268 1024CH 必要 Yes P.3 ワンタッチコネクタ E4269 2048CH 必要 Yes 64 スキャナケーブル 1152-04 スキャナケーブル 64 ピン。長さ 800 mm、フラットケーブル - No -3. ピンボード( テストフィクスチャ) 工場 オプション P.9 ピンボード 1160 CP プローブ対応 No ピンボード CP1167 75mil プローブ対応。インガンプローブ対応 No 2. 生産性 PLC ユニット ライトカーテン 背面安全扉 スタンプ駆動 U 工場 E4285 E4280 E4282 E4260 オプション P.3 ワンタッチプレスダウン E4283 棒状のスイッチを軽く倒すだけで検査を開始 必要 必要 必要 - Yes P.4 PLC ユニット E4285 ← - - - Yes P.4 スタンプ駆動ユニット E4260 4 連マニホールド + スタンプ駆動電磁弁 x 1本体 1 台あたり最大 4 個搭載可能 - - - ← Yes P.4 追加スタンプ駆動ユニット E4261 スタンプ駆動電磁弁 x 1E4260 1 台あたり最大 3 個搭載可能 - - - 必要 Yes P.4 オートリテスト機能 E4284 自動でプレスアップ、プレスダウンして再度検査 必要 必要 必要 - Yes P.4 1220 データ作成ソフト 1137-05 本体以外の PC でデータ編集 - - - - No 3. 品質 スキャナボード 工場 E4203 オプション P.5 I2C 検査ユニット 1960-10 プロトコルエミュレーター:REX-USB61(ラトックシステム製)、24V 電源、 MMCT 特性ケーブル別途必要。特注対応部分あり、要事前相談 - Yes P.5 オンボードプログラミング機能 E4231 EEPROM 対応。HIOKI 指定 ROM ライター使用:AF430(DTS インサイト製) 個別の特注対応部分あり、要事前相談 - Yes P.5 絶縁計測機能 E4210 2021 年 1 月発売予定。スキャナボード E4203 必要 必要 Yes P.6 イオナイザユニット E4267 基板表面の静電気を取り除く。キーエンス社製 - Yes P.6 大型テストフィクスチャ対応 E4262 最大 400(W) × 325(D) mm プロービング可能範囲:400(W) × 315(D) mm - Yes P.6 計測部校正ユニット 1330 計測ユニットを校正 - No P.7 プリンタユニット E4243 検査結果の印刷用 - Yes 記録紙(プリンタ用) 1197 10 巻入り、長さ 30 m - No 4. 安全 PLC ユニット 工場 E4285 オプション P.8 残圧排気ユニット E4270 停電時エアを排出してロックを防止 - Yes P.8 ライトカーテン E4280 テストエリアへの異物挿入を検知し、プレスダウンを停止 - Yes P.8 基板確認機能 E4265 浮き・逆挿入・異種・未セット、検出センサ最大 3 個まで対応可能 必要 Yes P.8 背面安全扉 E4282 - Yes P.8 テストフィクスチャ装着確認機能 E4263 上側テストフィクスチャ用 必要 Yes P.8 テストフィクスチャ装着確認機能 E4264 下側テストフィクスチャ用 必要 Yes P.8 テストフィクスチャID 判別機能 E4266 基板、テストフィクスチャと検査データの照合を行う。リーダは別途購入必要 必要 Yes P.8 バックアップ電源 E4242 本体制御部コンピュータ、LCD 用(UPS) - Yes P.8 リカバリーディスク * FA1395 OS、各環境ファイルなどを出荷時の状態に戻す - No * FA1220-02 には CD/ DVD ドライブが搭載されていません。付属アプリケーションディスクを使用する際は、別途お客様にて外付け CD/ DVD ドライブをご用意ください。
Page12

HIOKI の「O」は単純な丸ではなく,楕円形をしています。これは地 球が卵を抱擁する姿をモチーフに、ひとをはぐくみ、新しいものを誕 生させ、社会の発展に貢献するというイメージをデザインしたもので す。世界初の技術開発への情熱、世界のお客様にソリューションを提 供する熱意、新たな計測価値を創造する意志。HIOKI はこれからもお 客様と社会に貢献できる企業でありつづけます。 お問い合わせは ... 本 社 〒386-1192 長野県上田市小泉81 製品に関するお問い合わせはこちら 本社 カスタマーサポート 0120-72-0560 (9:00 〜12:00, 13:00 〜17:00, 土・日・祝日を除く) 0268-28-0560  info@hioki.co.jp 詳しい情報はWEBで検索 HIOKI ■本カタログの記載内容は 2020 年 11月13 日現在のものです。 ■本カタログ記載の仕様、価格等はお断りなく改正・改訂することがあります。 ■本カタログで使用している会社名および製品名は、各社の登録商標もしくは商標です。 校正書類について 校正書類は別途ご発注をお願いします。海外へ持ち出しされる場合は注意事項があります。詳しくは弊社 HP をご確認ください。 販売店の皆様へ ご注文・修理・校正のご用命は本社受注センターまで。 TEL 0268-28-1688 FAX は弊社営業拠点と共有で受信できますので、担当営業拠点宛にお願いします。 FA1220-02J1-0YM