1/20ページ

このカタログをダウンロードして
すべてを見る

ダウンロード(7.8Mb)

パワーアナライザ PW6001

製品カタログ

DC から高周波まで、高確度な電力解析を1台で実現する次世代パワーアナライザ PW6001をご紹介。

このカタログについて

ドキュメント名 パワーアナライザ PW6001
ドキュメント種別 製品カタログ
ファイルサイズ 7.8Mb
関連製品
登録カテゴリ
取り扱い企業 日置電機株式会社 (この企業の取り扱いカタログ一覧)

この企業の関連カタログ

照度計 FT3424/FT3425
製品カタログ

日置電機株式会社

メモリハイコーダ MR6000
製品カタログ

日置電機株式会社

AC/DC カレントセンサ CT6877, CT6876, CT6875
製品カタログ

日置電機株式会社

このカタログの内容

Page1

パワーアナライザ PW6001 POWER ANALYZER PW6001 電力変換効率追求のために DC から高周波まで、高確度な電力解析を1台で実現 次世代パワーアナライザ 製品紹介ムービー オプション追加 新機能追加
Page2

2 求められたのは、真の電力解析 周波数帯域 DC, 0.1Hz 〜 2MHz 電流センサの位相補正機能で高周波電力を今まで以上に正確に SiC をはじめとしたスイッチングデバイスの高速化により、電力測定には広い周波数帯域が求められています。高確度、 広帯域、そして高い安定性。卓越した技術に裏付けされた基本性能が詳細な電力解析を実現します。 電力基本確度 ± 0.05%(± 0.02% rdg. ± 0.03% f.s. 本体確度) ノイズにも温度変化にも強く 安定性を徹底的に追求 金属削りだしによる独自形状のソリッドシールドと、入力端子からの沿面距離を確保する光絶縁デバイス。 2つのキーデバイスで耐ノイズ性能が向上し、高い安定性と 80dB/ 100 kHz の CMRR 性能を実現しました。 また± 0.01%/℃と温度特性も向上させることで、再現性の高い測定を可能にしています。 温度特性 0.6 0.4 0.2 0 -0.2 -0.4 -0.6 0 10 20 30 40 環境温度 [℃ ] PW6001         ±0.01%/℃以内代表的なパワーアナライザ  ±0.03%/℃以内 ソリッドシールド 光絶縁デバイス 標準確度からの偏差 [%]
Page3

求められたのは、真の電力解析 3 分解能 18bit 5MS/s サンプリング PWM 波形の電力解析を正確に行うには、サンプリング定理を考慮して測定する必要があります。 PW6001は 2 MHz の測定帯域を実現するため、入力信号を 5MS/s でダイレクトにサンプリング。 折り返し誤差のない解析を可能にします。 変動の大きい負荷でも正確に測定 電力解析エンジンⅡが実現する TrueHD 18bit * 高速・5系統同時演算 18bit A/D コンバータを搭載し、広いダイナミックレン ジを実現。変動の大きな負荷でもレンジ切替なしに微 小電力まで正確に描き出します。さらにデジタル LPF により不要な高周波ノイズを除去し、正確な電力解析 を可能にします。 モード計測時の変換効率をレンジ切替なしで測定 周期検出/広帯域電力解析/高調波解析/波形解析/ モータ回転速度 FFT 解析の5系統全ての測定は独立でデジタル処理さ れ、お互いに影響を与えません。高速演算処理により、 最高確度を保ったまま 10 ms のデータ更新スピードを f.s. 測定電流 実現しています。 0 ゼロクロスフィルタ 正確な周期検出 -f.s. 広帯域電力解析 大電流と微小電流を単一レンジで測定 アナログ A/D 位相 デジタル AAF 高調波解析 入力波形 AAF 変換 補正 PW6001 内部で全て同時に 波形解析 デジタル処理。Δ -Y 変換、 Y- Δ変換も高精度に演算 デジタル LPF で S/N 比をさらに向上 デジタル AAF FFT 解析 * True HD( True High Definition):真の高分解能 * AAF(アンチエイリアシングフィルタ): サンプリング時に発生する折り返し誤 差を防止するフィルタ
Page4

4 機能と特徴 最速 10ms、最大 12ch* 豊富な電流センサラインナップ 高確度電力演算 センサ組み合わせ電力基本確度± 0.075% データ更新は 10 ms ~ 200 ms。最高確度を保ったまま高 高確度かつ最大 2,000 A の大電流測定が可能な貫通型、素 速演算が可能です。独自デジタルフィルタ技術で測定値の安 早く簡単に結線できるクランプ型、高確度と広帯域を追求した 定性も確保し、0.1 Hz から変動する周波数に自動追従して電 直接入力型など用途に応じてセンサを選択できます。さらにオ 力を測定します。 シロスコープ用のセンサも接続可能。 PW6001にセンサの電源を標準装備しています。センサの自 動認識機能により設定もスムーズです。 *6ch モデル 2 台、同期機能使用時 * ± 0.075% は PW9100 との組み合わせ確度 簡単、高精度の効率・損失演算 大容量波形ストレージで DC/AC コンバータの効率を測定するには、AC 確度だけでは オシロスコープ・PQA に迫る波形解析 なく、DC 確度も重要です。PW6001は DC 測定基本確度± 波形ストレージは 1M ワード× ( 電圧電流 6ch+ モータ解析 0.02 %rdg. ± 0.05 % f.s.* で、正確かつ安定した効率測定が 4ch)。電圧・電流波形に加えて、トルクセンサやエンコーダ できます。 信号も同時に表示します。 サンプリングと記録長例 10kS/s 時 100 秒 100kS/s 時 10 秒 パワーコンディショナなどの効率の演算式を専用画面で簡単 レベルトリガに加え、Ver3.00 より、実効値や周波数の変動 設定。最大 4 系統の効率・損失演算を同時に表示します。 でトリガがかかるイベントトリガ機能を搭載。カーソル測定機 * 本体確度 能、波形ズーム機能で波形解析のためにオシロスコープを必 要としません。 * PQA:Power Quality Analyzer 最大 6 系統独立の高調波解析 狙った波形を FFT 解析 (広帯域 /IEC) 2ch で帯域 2 MHz までの周波数解析を搭載。 基本波周波数 0.1 Hz ~ 300 kHz、解析可能帯域 1.5 MHz。 波形の解析範囲を任意に指定でき、上位 10 点のピーク値と 最大 100 次までの広帯域高調波解析と IEC61000-4-7 準拠 周波数を表示します。高調波には表れない周波数成分の観測 の高調波解析を標準搭載しています。 ができ、測定結果は保存できます。 解析範囲を指定 ピーク値の 上位 10 点を表示 インバータ入出力、それぞれの基本波に同期 アプリケーション ・モータの基本波解析 ・ワイヤレス給電の伝送波形 ・パワーコンディショナ出力波形の歪み率測定
Page5

機能と特徴 5 新機能追加 Ver.3.00 既に PW6001をお持ちの場合、ファームウェアバージョンアップ(無償)にて機能追加されます。 フラットな周波数特性 電流センサ位相補正機能 力率ゼロのときの電力も1 MHz までフラットに。電流センサ 独自のバーチャルオーバサンプリング技術が進化。 の位相補正機能と併用すれば、高周波低力率の測定も高確度 5MS/s、18bit の高分解能を維持したまま、2GS/s のオシロ に行えます。高周波リアクトル、高周波トランスの損失評価に スコープと同等の位相補正を実現。0.01°分解能で電流センサ も最適です。 の位相補正ができ、より正確な電力測定ができます。(Ver2.00 有効電力周波数特性例 以降)位相補正機能を使うことで、高周波かつ低力率な電力 10 8 600 V/ 50 A レンジ( 力率 0) の測定をより正確に行います。 150 V/ 5 A レンジ (力率 0) 6 30 V/ 1 A レンジ (力率 0) 30 4 20 位相特性をフラットに補正 2 10 0 0 -2 -4 600 V/ 50 A レンジ (力率 1) -10 150 V/ 5 A レンジ (力率 1) -6 30 V/ 1 A レンジ (力率 1) -20 -8 位相補正値として、 -30 -10 電流センサ位相特性代表値を入力 10 100 1k 10k 100k 1M 10 100 1 k 10 k 100 k 1 M (取説の 03 版以降に記載) 周波数 [Hz]周波数 [Hz] * 高周波の位相特性を更に向上させるオプションを用意しております。 * 電流センサの位相補正について技術資料をご覧いただけます。   詳しくはお問い合わせください。 D/A モニタ 複雑な演算式も本体で設定 測定値の時間的な変動を最大 8ch 表示します。電圧・電流・ 式を設定することで測定値を自由に演算します。入力できる演 電力・周波数などを最短 10 ms のデータ更新ごとにプロット 算式は最大 16 個で、sin、 log などの算術関数にも対応。演 し、微小な変化を視覚的にとらえます。 算結果を別の演算式のパラメータとして使用できるので、複雑 な演算も可能になります。 アプリケーション アプリケーション ・パワーコンディショナの FRT 解析 ・太陽光のモジュールなど多系統の効率、ロスの算出 ・モータの過渡状態電力解析 ・モータベクトル制御での Ld.Lq 算出 * FRT(Fault Ride Through):パワーコンディショナーなどの系統擾乱時における運転継続性能 ・エ プスタイン法を用いたトランスの交流 B、H 算出 X-Y プロット 多様な電力解析システムに対応 測定値同士の相関を簡単に最大2系統同時に確認できます。 LAN 通信による PC との連携を強化。HTTP サーバ機能を ユーザ定義演算機能と併用することで、測定値以外の物理量 使えば、PC/ タブレット/ スマートフォンからブラウザソフ をプロットすることもできます。 トで PW6001を遠隔操作可能。FTP サーバ機能ではネッ トワークを通してファイルを取得可能。LabVIEW ドライバ、 MATLAB ツールキットも用意しました。 アプリケーション *LabVIEW は NATIONAL INSTRUMENTS 社の登録商標です。 ・モータの特性解析 ・トランスの特性解析 *MATLAB は、Mathworks,Inc. の登録商標です。 ・パワーコンディショナの MPPT 解析 *MPPT(Maximum Power Point Tracker):最大電力点追従 電力誤差 [% f.s.] 位相差 [° ]
Page6

6 機能と特徴 高確度測定のための電流センサ専用設計 直接結線方式 電流センサ方式 測定対象の配線を引き回して、電流入力端子に接続します。 測定対象の配線に電流センサを接続します。配線や計器損失 配線抵抗や容量結合の影響が増加し、シャント抵抗による計 の影響を軽減し、高効率システムを実稼働環境に近い配線状 器損失も誤差の要因となります。 態で測定することが可能です。 直接結線方式での測定イメージ 電流センサ方式での測定イメージ 測定電流 測定電流 電流センサ 短い配線 電源 電力変換器 モータ 電源 電力変換器 モータ 長い引き回しによる 電圧に変換された信号 配線抵抗損失 挿入損失が小さい 容量結合による 漏れ電流損失 シャント抵抗の 発熱による損失 引き回しの影響が小さい シャント方式の電力計 PW6001 直接結線方式にくらべ、 電力変換器の実稼動環境により近い状態で測定可能です。 思考を妨げないユーザーインターフェイス 簡易設定と直感的で導かれるような操作性。Ver3.00 より、低力率測定 (LOW PF) モードを搭載。 手書きやソフトウェアキーボードによる 画面コピーへのメモ入力機能 波形を縦横に操る 専用キーで ソフトウェアキーボードも装備した 9 インチタッチディスプレイ デュアルノブ ワンタッチデータ保存 簡易設定画面 * 結線ミスを防ぐ結線確認機能 * リアクトル・トランス損失測定の設定を容易にする低力率測定 (LOW PF) モードを新規搭載
Page7

機能と特徴 7 まるで 12ch の電力計「数値同期」 波形をそのまま転送「波形同期」 多点電力の測定に、数値同期機能が活躍します。スレーブ器 5MS/s、18bit のサンプリングデータをリアルタイム* 転送。 の電力パラメータをリアルタイムに転送し、マスタ器に集約。 スレーブ器の測定波形をそのままマスタ器に表示します。変電 マスタ器は最大 12ch の電力計として動作します。 所、プラントや鉄道といった、離れた 2 点間の電圧位相差測 定など、電力計の新しい使い方を提案します。 マスタ マスタ マスタとスレーブの マスタとスレーブの 電力パラメータを表示 波形を最大 6ch 分表示 光接続ケーブル 光接続ケーブル 最長 500 m 最長 500 m スレーブ スレーブ 波形と高調波以外の 最大 3ch 分の 電力パラメータを転送 波形データを転送 ・マスタ器画面にスレーブ器の測定値をリアルタイム表示 ・マスタ器画面にスレーブ器の波形をリアルタイム表示 ・マスタ/ スレーブ間でのリアルタイム効率 / 損失演算 ・マスタ器とスレーブ器の高調波解析、基本波解析 ・マスタ器の記録メディアに2台分のデータを保存 ・スレーブ側でトリガをかけてマスタ器の波形と同時測定 ・スレーブの測定値をマスタのユーザ定義演算に使用可能 ・スレーブ器の波形をマスタ器から D/A 出力可能 * 波形同期機能はマスタ器 / スレーブ器ともに 3ch 以上の場合のみ動作。 最大± 5 サンプリングの誤差あり 離れた2点間での位相差測定 500m 先の波形を D/A 出力 波形同期機能を使えば、最長 500 m 離れた2点間の位相関 電圧 / 電流波形をリアルタイムに転送し、マスタ器から波形 係を測定可能です。光接続ケーブルで絶縁しているため、2点 出力可能 *。メモリハイコーダと組合せて、タイミング試験と 間の接地電位が違っても安全に測定できます。 三相電力の多 ch 同時解析ができます。 光接続ケーブル 最大でアナログ 32ch +ロジック 32ch 最長 500 m メモリハイコーダ MR8827 * 出力される波形は距離により7 µs ~12 µs の 接地電位が違っても安全に測定 遅延があります。 多彩なモータ解析機能 アナログ出力と1MS/s 波形出力 (モータ解析 &D/A 出力付きモデル ) (モータ解析 &D/A 出力付きモデル ) トルク計、回転計からの信号を入力し、モータパワーの測定 最速 10 ms のデータ更新で測定データをアナログ出力。デー ができます。モータパワー、電気角などのモータパラメータを タロガーと組合せて長期の変動を記録可能です。また、電圧・ はじめ、日射計や風速計などの出力信号測定も可能です。 電流を1MS/s* で出力する波形出力機能も搭載しています。 アナログ出力 アナログ出力× 20ch 波形出力 波形出力×最大 12ch & アナログ出力× 8ch 動作モード シングル デュアル 独立入力 (本体に装備している ch 数により変わります) CH A トルク トルク 電圧 / パルス 波形出力(電圧) CH B A 相 トルク 電圧 / パルス 波形出力(電流) CH C B 相 回転数 パルス アナログ出力(電圧) 10 ms データ更新 CH D Z 相 回転数 パルス アナログ出力(電流) モータ× 2 測定対象 モータ× 1 モータと変速機 日射計 / 風速計などの出力信号 アナログ出力(電力)など 電気角 回転方向 モータパワー× 2 電圧× 2 平均化処理により 測定項目 モータパワー 回転数× 2 & パルス× 2 従来機種 3193 に 入力波形回転数 トルク× 2 または 近い出力応答も再現 トルク すべり× 2 パルス× 4 平均化アナログ出力 すべり * 波形出力時は 1MS/s で出力、正弦波で 50 kHz までを忠実に再現できます。
Page8

8 アプリケーション EV / HEV インバータ、モータ解析 パルス おすすめのポイント エンコーダ 高速データ更新 高速サンプリング 10ms 5MS/s トルク センサ バッテリ インバータ モータ 負荷 DC 確度 広帯域モード± 0.02 % rdg. 高調波解析 フレキシブルな 効率演算 耐ノイズ性 TrueHD 18bit 分解能 ユーザ定義演算 電流センサ 位相補正機能 Z 相同期 トルク信号、パルスエンコーダ波形も表示 * SiC インバータの電力測定について技術資料をご覧いただけます。 過渡状態の電力を10ms 高確度高速演算 進化した電気角測定機能 * 発進、加速のモータ挙動をはじめ、過渡状態の電力を10 ms 高効率同期モータのモータパラメータの測定や、dq 座標系に 更新で測定。最低 0.1 Hz から、変動する周波数に自動追従 よるベクトル制御の解析に必要な電気角測定機能を搭載。エ して電力を測定します。 ンコーダパルスを基準にした電圧・電流基本波成分の位相をリ Ver3.00 より搭載したモータ1回転の周期で電力演算させる アルタイムで測定できます。また、A 相 B 相パルスから正転逆 機能により、さらに安定した効率演算が可能となります。 転を検出することでトルクと回転数の 4 象限解析もできます。 d 軸、q 軸 0.1 Hz から安定して測定 インダクタンスの算出 νq - Ke·ω - R·iq Ld = ω·id R·id - νd Lq = 周期を検出して電力演算 ω·iq 10 ms 間隔でデータ更新 Ld、 Lq 値をユーザ定義演算で算出 低周波から高周波まで、周波数が変動しても基本波に自動追従。 * 電気角測定について技術資料をご覧いただけます。 Δ -Y、Y- Δ変換も標準装備し、高精度に演算。 2 つのモータパワーを同時測定 インバータモータの効率・損失評価 モータ解析機能のデュアルモードを初めて搭載。モータの2 インバータ入出力の電力とモータ出力を同時に測定すること 台同時解析が可能になりました。HEV の駆動用と発電用、そ で、インバータ/ モータ/ システム全体の効率と損失の評価が れぞれのモータパワーを同時に測定可能です。 可能です。PW6001で記録された各動作点の測定結果から、 MATLAB上で効率マップや損失マップを得ることが出来ます。 *MATLAB は、Mathworks,Inc. の登録商標です。 2モータ測定例 MATLAB による効率マップ表示例
Page9

アプリケーション 9 チョッパ回路のリアクトル損失測定 DC 昇圧 DC おすすめのポイント リアクトル TrueHD CMRR 18bit 分解能 80dB/100 kHz 電源 負荷 高速サンプリング 電流センサ 5MS/s 位相補正機能 広帯域モード 高調波解析 耐ノイズ性 ユーザ定義演算 * リアクトル損失測定について技術資料をご覧いただけます。 高周波かつ低力率デバイスの評価 センサの位相補正機能 リアクトルは、高調波電流の抑制を目的とした利用の他、チョッ PW6001のフラットで広い周波数特性に加え、センサの位相 パ回路の電圧昇降圧用としても利用されます。PW6001の優 誤差を補正することで、高周波かつ低力率デバイスの評価が れた高周波特性、高速サンプリング、耐ノイズ性能は、高周 高確度に行えます。 波かつ低力率デバイス(リアクトル、トランスなど)の評価に 大変有効です。 AC/DC カレントボックス PW9100 の位相特性補正例 ( 代表値 ) Ver3.00 より搭載した、簡易設定モードの低力率測定(LOW 2 PF) モードにより、測定をよりスピーディに行えます。 0 -2 -4 -6 位相 位相(位相補正機能使用時) -8 -10 10 100 1 k 10 k 100 k 1 M 10 M 周波数 [Hz] スイッチング周波数に同期した高調波解析 回路のインピーダンス解析 PW6001 の高 調 波 解 析は、 基 本 波 300 kHz、 帯 域 1.5 高調波解析結果とユーザ定義演算を用いることで、回路のイ MHz まで解析可能です。チョッパ回路に利用されるリアクト ンピーダンス、レジスタンス、インダクタンスの算出ができます。 ルに対して、スイッチング周波数に同期した高調波解析により、 インピーダンス解析には X-Y プロット機能が大変有効です。 各高調波次数の電圧・電流実効値や位相角が測定できます。 リアクトルのインピーダンス - 周波数特性の X-Y プロット Ls Rs ・インピーダンス Z[ Ω ] = 基本波電圧 / 基本波電流 ・直列レジスタンスRs[Ω] = Z×cos(電圧位相角 – 電流位相角) ・直列インダクタンス Ls[H] = Z × sin( 電圧位相角 – 電流位相角 )/(2 ×π×周波数 ) degree [ ° ]
Page10

10 アプリケーション PV / 風力発電用パワーコンディショナ(PCS)の効率測定 コンバータ インバータ おすすめのポイント 交流測定 電力系統 DC 確度 周波数確度 ± 0.02 % rdg. ± 0.01 Hz 風力 タービン 多彩な測定項目 イベントトリガ 太陽光 パネル パワーコンディショナ(PCS) 負荷 モータ解析 2系統 独立入力 ベクトル表示 売買電別積算 IEC モード高調波解析 PCS 固有の測定に対応 高調波解析と伝導ノイズ評価 効率、損失、基本波無効電力 Qfnd、DC リプル率、三相不 IEC61000-4-7 に対応した IEC 規格高調波測定ができます。 平衡率など、PCS に必要なパラメータを同時に表示します。 風力発電において、発電側と系統側で周波数が異なる場面で 必要な測定項目が一目でわかり、試験効率が向上します。さ は、デュアルベクトル表示により、発電側と系統側の三相平 らに、DC 電力 ch の同期ソースを出力 AC 電力 ch にするこ 衡状態を一目で把握できます。スイッチング電源等より発生す とにより、出力の AC に完全同期した、DC 電力や安定した効 るとされる 2kHz ~ 150kHz の伝導ノイズ評価は、FFT 解 率測定ができます。 析により測定できます。 DC 電力(パネル出力) 三相電力(パワーコンディショナ出力) 変換効率 リプル率 周波数 電圧総合高調波歪み 不平衡率 基本波無効電力 入力波形の FFT 解析によるノイズ測定、出力の高調波測定が可能 イベントトリガで波形解析 電圧周波数測定基本確度± 0.01Hz* イベントトリガ機能を搭載。実効値、周波数など任意の測定 PCS の各種試験に必要な周波数測定を業界トップクラスの確 項目(最大 4 項目)でトリガをかけ、イベント時の波形を最大 度、安定度で実現しました。各種パラメータと同時に、高確 100 秒間記録します。100 秒を超える波形記録が必要な場合、 度な周波数測定値を最大 6ch 同時(2台同期時は、12ch 同 D/A 出力機能(モータ解析& D/A 出力オプション)を用いて 時)に測定できます。 記録計で波形観測と記録ができ、評価システムの簡略化がで きます。(記録計に差動プローブや電流プローブを接続する必 要がありません) 電圧周波数測定値のばらつき(50ms インターバル) 50.005 50.004 1. 実効値が変動 50.003 50.002 50.001 50.000 T 2. イ ベントトリガで 49.999波形記録開始 49.998 49.997 49.996 PW6001 代表的なパワーアナライザ 49.995 0 1 2 3 4 5 時間 [s] 3. PW6001 内部メモリに 4. 100 秒以上の記録が必要な場合、 * 基本確度± 0.01 Hz は、データ更新 50 ms 以上の場合で規定されます。 最大 100 秒間記録可能 D/A 出力波形を記録計で記録 さらに周波数を高精度に測定されたい場合はご相談ください。 周波数 [Hz]
Page11

アプリケーション 11 ワイヤレス電力伝送(WPT)の効率測定 おすすめのポイント TrueHD CMRR 18bit 分解能 80dB/100 kHz 高速サンプリング 電流センサ 5MS/s 位相補正機能 広帯域モード 2系統 高調波解析 ベクトル表示 耐ノイズ性 IEC モード高調波解析 低力率電力も正確に測定 伝送周波数の高調波解析 WPT(Wireless Power Transfer / Transmission)では、 PW6001の高調波解析は、基本波 300kHz、帯域 1.5MHz エネルギーの送信 / 受信素子のインダクタンス成分により力率 まで解析可能です。例えば、EV 用途の電力伝送に利用可能な、 が低くなります。PW6001に搭載する、電流センサの位相補 85kHz 帯のスイッチング周波数を基本波とする高調波解析に 正機能を使用すれば、高周波かつ低力率の電力も正確に測定 おいて、送信 / 受信それぞれ15 次までの電圧・電流・電力お できます。WPT の測定には、広帯域電流測定ツールとの組み よび位相角が、同時に測定できます。 合わせが大変有効です。 周波数帯域 DC ~ 3.5 MHz (-3dB) 周波数帯域 DC ~ 4 MHz PW9100 CT6904 高調波バーグラフ表示 高調波 2 系統ベクトル表示 WPT の自動評価システム( 詳細については TS2400 の単品カタログをご確認ください ) WPT 評価システムTS2400 は、計測と XYZ ステージを一体化することにより、WPT の評価に必要な再現性のあるデータを自動測定 するシステムです。各種測定器の設定、送受電ワークの位置決め、データ収集を一つのソフトウェアで制御・自動測定し、解析結果を多 彩にグラフ表示することができます。 WPT の評価に必要な次の測定に対応しています。 ・電力伝送効率測定 (PW6001を使用 ) ・結合係数自動測定 ・電圧 / 温度のロギング        ・磁束密度のロギング WPT 評価システム TS2400 伝送効率の 4D グラフ表示例
Page12

12 インターフェイス 各部の名称 USB メモリ RS-232C、外部 I/O GP-IB LAN 同期制御 D/A 出力 モータ解析入力部 電流プローブ入力部 GP-IB 専用アプリケーションによるデータ閲覧 同期制御 光接続ケーブルコネクタ、Duplex-LC(2芯)コマンド制御 D/A 出力 波形出力最大 12ch +アナログ出力 8ch 専用アプリケーションによるデータ閲覧 (PW6001-11~16のみ) またはアナログ出力 20ch 切替 コマンド制御 Bluetooth® ロガー接続 電流プローブ スライドカバーを移動することで高確度プローブ (Probe1)、 専用ケーブルと Bluetooth® シリアル変換アダプタを使 入力部 広帯域プローブ(Probe2)を切替 Probe1、Probe2 とも 用することで、PW6001の D/A 出力項 目 ( 最大 8 項目 ) PW6001から電源供給可能 RS-232C の測定値を弊社ロガー LR8410 に無線で送信すること モータ解析 トルク計、回転計からの信号を入力し、モータパワーの測定 ができます。 ( 見通し約 30 m*) 観測できる出力の分解 入力部 ができます。モータパワー、電気角などのモータパラメータ 能は LR8410 の分解能に依存します。 をはじめ、日射計や風速計などの出力信号測定も可能です。 * 障 害物 ( 壁、 金属の遮蔽物等 ) が存在する場合、通信が不 波形データ/ 測定データ (csv) 保存 安定になったり通信距 離が短くなったりすることがあります。 画面コピー (bmp) 保存 * Bluetooth® は Bluetooth SIG,Inc. の登録商標です。 USB メモリ インターバルデータ (csv) を最速 10 ms で 日置電機株式会社はライセンスに基づき使用しています。 リアルタイム保存 外部 I/O START/ STOP/ DATA RESET 制御 64MB インターバルデータを保存し、RS-232C と端子共通、± 5 V/ 200 mA 電源供給可能 内部メモリ あとで USB メモリに転送 LAN Gbit LAN 対応、コマンド制御専用アプリケーションによるデータ閲覧 通信コマンド取扱説明書は HIOKI ホームページよりダウンロードいただけます。https://www.hioki.co.jp ソフトウェア 制御 測定データ PW Communicator LabVIEW * MATLAB * PC アプリケーションソフトウェア PW Communicator PW Communicator は PC と PW6001を通信インターフェイス(Ethernet/RS-232C/GP-IB)で接続し、PC 上で PW6001の設定、測定値や波形データのモニタ と保存が容易に行える無償アプリケーションソフトウェアです。 PW6001をはじめ当社パワーアナライザ PW3390、パワーメータ PW3335、PW3336、PW3337 を最大 8 台まで同時に接続し、異なる機種を一括制御することが できます。測定データの PC への同時保存、測定器間の効率演算も可能です。 LabVIEW ドライバ および MATLAB ツールキット LabVIEWドライバあるいは MATLABツールキットを使用して、データ取得や計測システムの構築をおこなうことができます。サンプルプログラムも用意しております。 *LabVIEW は NATIONAL INSTRUMENTS 社の登録商標です。 ソフトウェア、ドライバは HIOKI ホームページよりダウンロードいただけます。 *MATLAB は、Mathworks,Inc. の登録商標です。 https://www.hioki.co.jp ジェネクトワン SF4000 SF4000 は PC と PW6001を Ethernet で接続し、測定データを PC PW6001 LR8450 にリアルタイムで一括表示・保存ができる無償アプリケーションソフトウェ アです。 LAN PW6001をはじめ当社メモリハイロガー LR8450、ワイヤレスロギング ステーション LR8410 などの計測器を最大 15 台まで同時に接続し、複 電力 データロガー 数測定器のデータを一括でリアルタイムにモニター・グラフ・リスト表示 が可能。電力と温度など統合的な評価・解析に大変有効です。 ジェネクトワン SF4000 を PC にダウンロード HUB
Page13

13 仕様 測定項目 電圧(U)、電流(I)、有効電力(P)、皮相電力(S)、無効電力(Q)、力率(λ)、位相角(φ)、周波数(f)、効率(η)、損失(Loss)、電圧リプル率(Urf)、電流リプル率(Irf)、電流積算(Ih)、電力積算(WP)、電圧ピーク(Upk)、電流ピーク(Ipk) 有効測定範囲 電圧、電流、電力 : レンジの1% ~ 110% ゼロサプレス範囲 OFF/ 0.1%f.s./ 0.5%f.s.から選択 OFF時にはゼロ入力時にも数値を表示することがあり 電力測定 ゼロアジャスト 電圧±10%f.s.、電流±10%f.s. ±4 mV以下の入力オフセットをゼロ補正 測定ライン 単相2線(1P2W)、単相3線(1P3W)、 確度 正弦波入力、力率1、またはDC入力、対地間電圧0 V、ゼロアジャスト後 三相3線(3P3W2M、3V3A、3P3W3M)、三相4線(3P4W) 有効測定範囲内において CH1 CH2 CH3 CH4 CH5 CH6 電圧(U) 電流(I) パターン1 1P2W 1P2W 1P2W 1P2W 1P2W 1P2W DC ±0.02% rdg.±0.03%f.s. ±0.02% rdg.±0.03%f.s. パターン2 1P3W / 3P3W2M 1P2W 1P2W 1P2W 1P2W 0.1 Hz≦f<30 Hz ±0.1% rdg.±0.2%f.s. ±0.1% rdg.±0.2%f.s. 30 Hz≦f<45 Hz ±0.03% rdg.±0.05%f.s. ±0.03% rdg.±0.05%f.s. パターン3 1P3W / 3P3W2M 1P2W 1P3W / 3P3W2M 1P2W 45 Hz≦f≦66 Hz ±0.02% rdg.±0.02%f.s. ±0.02% rdg.±0.02%f.s. パターン4 1P3W / 3P3W2M 1P3W / 3P3W2M 1P3W / 3P3W2M 66 Hz<f≦1 kHz ±0.03% rdg.±0.04%f.s. ±0.03% rdg.±0.04%f.s. パターン5 3P3W3M / 3V3A / 3P4W 1P2W 1P2W 1P2W 1 kHz<f≦50 kHz ±0.1% rdg.±0.05%f.s. ±0.1% rdg.±0.05%f.s. 50 kHz<f≦100 kHz ±0.01×f% rdg.±0.2%f.s. ±0.01×f% rdg.±0.2%f.s. パターン6 3P3W3M / 3V3A / 3P4W 1P3W / 3P3W2M 1P2W 100 kHz<f≦500 kHz ±0.008×f% rdg.±0.5%f.s. ±0.008×f% rdg.±0.5%f.s. パターン7 3P3W3M / 3V3A / 3P4W 3P3W3M / 3V3A / 3P4W 500 kHz<f≦1 MHz ±(0.021×f-7)% rdg.±1%f.s. ±(0.021×f-7)% rdg.±1%f.s. 2チャネル組合せでは、1P3W / 3P3W2Mのどちらかを選択 周波数帯域 2 MHz(-3 dB、Typical) 2 MHz(-3 dB、Typical) 3チャネル組合せでは、3P3W3M / 3V3A / 3P4Wのいずれかを選択 有効電力(P) 位相差 DC ±0.02% rdg.±0.05%f.s. − 実装チャネル数 1 2 3 4 5 6 0.1 Hz≦f<30 Hz ±0.1% rdg.±0.2%f.s. ±0.1° パターン1 3 3 3 3 3 3 30 Hz≦f<45 Hz ±0.03% rdg.±0.05%f.s. ±0.05° パターン2 – 3 3 3 3 3 45 Hz≦f≦66 Hz ±0.02% rdg.±0.03%f.s. ±0.05° パターン3 – – – – – 66 Hz<f≦1 kHz ±0.04% rdg.±0.05%f.s. ±0.05°3 1 kHz<f≦10 kHz ±0.15% rdg.±0.1%f.s. ±0.4° パターン4 – – – 3 – 3 10 kHz<f≦50 kHz ±0.15% rdg.±0.1%f.s. ±(0.040×f)° パターン5 – – 3 3 3 3 50 kHz<f≦100 kHz ±0.012×f% rdg.±0.2%f.s. ±(0.050×f)° パターン6 – – – – 100 kHz<f≦500 kHz ±0.009×f% rdg.±0.5%f.s. ±(0.055×f)°3 3 500 kHz<f≦1 MHz ±(0.047×f-19)% rdg. ±2% f.s. ±(0.055×f)° . パターン7 – – – – – 3 ・上記表中の計算式のfの単位はkHz 搭載チャネル数により選択可能な結線パターン ・電圧・電流のDC値はUdcとIdcで規定、DC以外の周波数はUrmsとIrmsで規定 3:選択可能、-:選択不可 ・同期ソースがU or Iを選択時はソースの入力が5%f.s.以上において規定 ・位相差は、 f.s. 入力時の力率ゼロで規定 入力チャネル数 最大6チャネル、電圧/電流同時1チャネル単位 ・電流、有効電力、位相差については上記確度に電流センサの確度を加算 入力端子形状 電圧 プラグイン端子(安全端子) ・6 Vレンジのみ電圧・有効電力は±0.05%f.s.を加算 Probe1 専用コネクタ(ME15W) ・Probe1使用時の電流・有効電力のDC確度に±20 µVを加算(ただし2 V f.s.) Probe2 BNC(金属) + 電源端子 ・Probe2使用時の電流・有効電力は±0.05% rdg.±0.2%f.s.を加算し、 10 kHz以上で位相に±0.2°加算 Probe2電源 +12V±0.5V、-12V±0.5V、最大600 mA、 ・0.1 Hz ~ 10 Hzの電圧・電流・有効電力・位相差は参考値 ただし3チャネルまで最大700 mAまで許容 ・10 Hz ~ 16 Hzで220 Vを超える電圧・有効電力・位相差は参考値 入力方式 電圧測定部 光絶縁入力、抵抗分圧方式 ・30 kHz<f≦100 kHzで750 Vを超える電圧・有効電力・位相差は参考値 電流測定部 電流センサ(電圧出力)による絶縁入力 ・100 kHz<f≦1 MHzで(22000/f[kHz])Vを超える電圧・有効電力・位相差は参考値 ・1000 V以上の電圧・有効電力は±0.02% rdg.加算(ただし参考値) 電圧レンジ 6 V/ 15 V/ 30 V/ 60 V/ 150 V/ 300 V/ 600 V/ 1500 V 入力電圧が1000Vより小さくなった場合も、入力抵抗の温度が 電流レンジ 400 mA/ 800 mA/ 2 A/ 4 A/ 8 A/ 20 A (20 Aセンサ時) 下がるまで影響がある (Probe1) ・600 Vを超える電圧の場合、位相差の確度に以下を加算 4 A/ 8 A/ 20 A/ 40 A/ 80 A/ 200 A (200 Aセンサ時) ・500 Hz<f≦5 kHz : ±0.3° 40 A/ 80 A/ 200 A/ 400 A/ 800 A/ 2 kA (2000 Aセンサ時) ・5 kHz<f≦20 kHz : ±0.5° 1 A/ 2 A/ 5 A/ 10 A/ 20 A/ 50 A (50 Aセンサ時) ・20 Hz<f≦200 kHz : ±1° 10 A/ 20 A/ 50 A/ 100 A/ 200 A/ 500 A (500 Aセンサ時) 測定項目 確度 皮相電力 電圧確度+電流確度± 10dgt. 20 A/ 40 A/ 100 A/ 200 A/ 400 A/ 1 kA (1000 Aセンサ時) 無効電力 皮相電力確度 + (Probe2) ( 2.69×10-4×f+1.0022-λ2- 1-λ2 ) ×100 %f.s.1 kA/ 2kA/ 5 kA/ 10 kA/ 20 kA/ 50 kA (0.1 mV/Aセンサ時) 力率 φ = ± 90°以外の場合 100 A/ 200 A/ 500 A/ 1 kA/ 2 kA/ 5kA (1 mV/Aセンサ時) cos(φ+位相差確度) × 10 A/ 20 A/ 50 A/ 100 A/ 200 A/ 500 A (10 mV/Aセンサ時、3274、3275時) ± 1- 100% rdg. ± 50dgt.cos(φ) 1 A /2 A/ 5 A/ 10 A/ 20 A/ 50 A (100 mV/Aセンサ時、3273、3276時) φ = ± 90°の場合 100 mA/ 200 mA/ 500 mA/ 1 A/ 2 A/ 5 A (1 V/Aセンサ時、CT6700、CT6701時) ± cos( φ+位相差確度 ) × 100%f.s. ± 50dgt. (0.1 V/ 0.2 V/ 0.5 V/ 1.0 V/ 2.0 V/ 5.0 Vレンジ) 波形ピーク 電圧、電流各実効値確度± 1%f.s.(f.s. はレンジの 300% を適用 ) 電力レンジ 2.40000W~9.00000MW(電圧、電流の組合せによる) f: kHz、φ : 電圧電流位相差の表示値、λは力率の表示値 クレストファクタ 3(電圧・電流レンジ定格に対して) 温湿度の影響 0℃~ 20℃または26℃~ 40℃の範囲において電圧、電流、有効電力確度 ただし1500 Vレンジは1.33、Probe2の5 Vレンジは1.5 に以下を加算 300(電圧・電流最小有効入力に対して) ±0.01% rdg./℃ (DC測定値は0.01%f.s./℃加算) 1500 Vレンジは133、Probe2の5 Vレンジは150 Probe2使用時の電流・有効電力は±0.02% rdg./℃ (DC測定値は0.05%f. 入力抵抗 電圧入力部 4 MΩ±40 kΩ s./℃加算) (50 Hz/ 60 Hz) Probe1入力部 1 MΩ±50 kΩ Probe2 入力部 1 MΩ±50 kΩ 湿度60% rh以上の環境下において 最大入力電圧 電圧、有効電力確度に ±0.0006×湿度[% rh]×f[kHz]% rdg. を加算電圧入力部 1000 V、±2000 V peak(10 ms以下) 位相差に±0.0006×湿度[% rh]×f[kHz]°を加算 入 力 電 圧 の 周 波 数 が 250 kHz か ら 1MHz ま で 同相電圧の影響 50 Hz/ 60 Hz時 100 dB以上(電圧入力端子-ケース間印加時) (1250 - f)V 100 kHz時 80 dB以上(参考値) 入力電圧の周波数が1 MHzから5 MHzまで50 V 全測定レンジに対して、最大入力電圧を印加した場合のCMRRで規定 上記のfの単位はkHz 外部磁界の影響 ±1%f.s.以下(400 A/m、DCおよび50 Hz/ 60 Hzの磁界中において) Probe1入力部 5 V、±12 V peak (10 ms以下) 力率の影響 Probe2入力部 8 V、±15 V peak (10 ms以下) φ=±90°以外の場合 ± 1- cos(φ+位相差確度) × 100% rdg. cos(φ) 対地間最大定格電圧 電圧入力端子(50 Hz/ 60 Hz) φ=±90°の場合 ±cos(φ+位相差確度)×100%f.s. 600 V測定カテゴリⅢ 予想される過渡過電圧6000 V 1000 V測定カテゴリⅡ 予想される過渡過電圧6000 V 測定方式 電圧電流同時デジタルサンプリング・ゼロクロス同期演算方式 周波数測定 サンプリング 5 MHz/ 18 bit 測定チャネル数 最大6チャネル(f1 ~ f6)、入力チャネル数による 周波数帯域 DC、0.1 Hz ~ 2 MHz 同期周波数範囲 0.1 Hz ~ 2 MHz 測定ソース 結線ごとにU/ Iから選択 同期ソース U1 ~ U6、I1 ~ I6、DC(データ更新レートで固定)、 測定方式 レシプロカル方式+ゼロクロス間サンプリング値補正 Ext1 ~ Ext2、Zph.、CH C、CH D ゼロクロスフィルタ適用波形のゼロクロスポイントより算出 結線ごとに選択可能 測定範囲 0.1 Hz ~ 2 MHz、(測定不能時は0.00000 Hzまたは ----- Hz) U or I選択時はゼロクロスフィルタ通過後の波形ゼロクロス点を基準とする データ更新レート 10 ms/ 50 ms/ 200 ms 確度 ±0.01Hz (電圧周波数測定時で、測定インターバル50ms以上、電圧測定レ アベレージが単純平均のときはアベレージ回数により可変 ンジに対して50%以上の正弦波入力かつ、45 ~ 66Hz測定時のみ)±0.05%rdg±1dgt(. 上記条件以外、測定ソースの測定レンジに対して LPF 500 Hz/ 1 kHz/ 5 kHz/ 10 kHz/ 50 kHz/ 100 kHz/ 500 kHz/ OFF 30%以上の正弦波において) 約500 kHzアナログLPF + デジタルIIRフィルタ(バタワース特性相当) OFF以外のときは、確度に±0.1% rdg.を加算。 表示形式 0.10000 Hz ~ 9.99999 Hz、9.9000 Hz ~ 99.9999 Hz、 設定周波数の1/10以下の周波数で規定 99.000 Hz ~ 999.999 Hz、0.99000 kHz ~ 9.99999 kHz、 9.9000 kHz ~ 99.9999 kHz、99.000 kHz ~ 999.999 kHz、 極性判別 電圧・電流ゼロクロスタイミング比較方式 0.99000 MHz ~ 2.00000 MHz
Page14

14 積算測定 波形分解能 16bit(電圧電流波形は18bit A/Dの上位16bitを使用)サンプリング速度 電圧電流波形 常時5 MS/s 測定モード RMS/ DCより結線ごとに選択(DCは1P2Wの結線でAC/DCセンサ時のみ選択可能) モータ波形※ 常時50 kS/s(アナログDC) 測定項目 電流積算(Ih+、Ih-、Ih)、有効電力積算(WP+、WP-、WP) モータパルス※ 常時5 MS/s Ih+とIh-はDCモード時のみの測定とし、RMSモード時はIhのみ測定 圧縮比 1/1, 1/2, 1/5, 1/10, 1/20, 1/50, 1/100, 1/200, 1/500 測定方式 各電流、有効電力からのデジタル演算 (5 MS/s, 2.5 MS/s, 1 MS/s, 500 kS/s, 250 kS/s, 100 kS/s, 50 kS/s, DCモード時 サンプリングごとの電流値、瞬時電力値を極性別に積算 25 kS/s, 10 kS/s) RMSモード時 測定間隔の電流実効値、有効電力値を積算、有効電力のみ極性別 ただしモータ波形は50kS/s以下のみ 表示分解能 999999(6桁+小数点)、各レンジの1%をf.s.とする分解能から開始 記録長 1kワード / 5kワード / 10kワード / 50kワード / 100kワード / 500k 測定範囲 0 ~±9999.99 TAh / TWh ワード / 1Mワード 積算時間 10秒~ 9999時間59分59秒 ストレージモード Peak-Peak圧縮 / 単純間引き 積算時間確度 ±0.02% rdg.(0℃~ 40℃ ) トリガモード SINGLE / NORMAL(強制トリガ設定あり) 積算確度 ±(電流、有効電力の確度)±積算時間確度 NORMALでFFT解析ONのときは、FFT演算の終了を待ってトリガ待ち バックアップ機能 なし プリトリガ 記録長に対し、0% ~ 100%で10%刻み トリガ検出方式 レベルトリガ/イベントトリガ 高調波測定 1. レベルトリガ ストレージ波形のレベルの変動でトリガを検出する。 トリガソース : 電 圧電流波形、電圧電流ゼロクロスフィルタ後波形、 測定チャネル数 最大6チャネル、搭載チャネル数による マニュアル、モータ波形、モータパルス( モータ波 同期ソース 結線ごとの同期ソース設定に従う 形とモータパルスはモータ&D/A付きモデルのみ) 測定モード IEC規格モード/ 広帯域モードから選択(全チャネル共通設定) トリガスロープ : 立ち上がり、立ち下がり 測定項目 高調波電圧実効値、 高調波電圧含有率、 高調波電圧位相角、 トリガレベル: 波形に対しレンジの±300%で0.1%刻み 高調波電流実効値、 高調波電流含有率、 高調波電流位相角、 2. イベントトリガ 高調波有効電力、 高調波電力含有率、 高調波電圧電流位相差、 D /A出力で選択した測定項目の値の変動でトリガを検出する。 総合高調波電圧歪率、 総合高調波電流歪率、 具 体的には、下記で定義する4つのイベントの論理和・論理積によっ 電圧不平衡率、 電流不平衡率 て、トリガ検出条件を設定する。なお、論理積は論理和に優先する。 FFT処理語長 32bit イベント: D /A出力測定項目(D/A13~20)、不等号(<, >)、 アンチエイリアシング デジタルフィルタ(同期周波数により自動設定) 数値(0.00000~999999T)により構成される。 窓関数 レクタンギュラ EVm : D/An □ X.XXXXX y グルーピング OFF/ Type1(高調波サブグループ) / Type2(高調波グループ) (m:1~4、n:13~20、□:不等号、X.XXXXX:6 THD演算方式 THD_F/ THD_R(全結線で共通)演算次数2 ~ 100次から選択 桁の定数、y:SI接頭語) (ただし各モードの最大解析次数まで) (1)IEC 規格モード ※モータ波形とモータパルスはモータ&D/A付きモデルのみ 測定方式 ゼロクロス同期演算方式(同期ソースごとに同一ウィンドウ) FFT 解析 固定サンプリング補間演算方式、ウィンドウ内均等間引き 測定チャネル 電圧電流波形 1チャネル(入力チャネルから選択) IEC61000-4-7:2002準拠、ギャップオーバラップあり モータ波形 アナログDC 同期周波数範囲 45 Hz ~ 66 Hz FFT画面表示時のみ解析を行なう データ更新レート 200 ms固定 演算種類 RMSスペクトラム 解析次数 0次~ 50次 FFTポイント数 1,000点 / 5,000点/ 10,000点/ 50,000点 ウィンドウ波数 56 Hz未満のとき10波、56 Hz以上のとき12波 FFT処理語長 32bit FFTポイント数 4096ポイント 確度 解析位置 波形記録データ内の任意位置 周波数 高調波電圧、電流 高調波電力 位相差 アンチエイリアシング デジタルフィルタ自動(単純間引きモード時)無し(Peak-Peak圧縮モード時、Max値を使ってFFTを行なう) DC(0次) ±0.1% rdg. ±0.1%f.s. ±0.1% rdg. ±0.2%f.s. -- 45 Hz≦f≦66 Hz ±0.2% rdg. ±0.04%f.s. ±0.4% rdg. ±0.05%f.s. ±0.08° 窓関数 レクタンギュラ / ハニング / フラットトップ 66 Hz<f≦440 Hz ±0.5% rdg. ±0.05%f.s. ±1.0% rdg. ±0.05%f.s. ±0.08° 最大解析周波数 波形記録の圧縮比に連動する。 440 Hz<f≦1 kHz ±0.8% rdg. ±0.05%f.s. ±1.5% rdg. ±0.05%f.s. ±0.4° 2MHz、1MHz、400kHz、200kHz、100kHz、40kHz、20kHz、10kHz、4kHz アナログDC入力時は 20kHz、10kHz、4kHz 1 kHz<f≦2.5 kHz ±2.4% rdg. ±0.05%f.s. ±4% rdg. ±0.05%f.s. ±0.4° (上記周波数-周波数分解能)が、最大解析周波数となる 2.5 kHz<f≦3.3 kHz ±6% rdg. ±0.05%f.s. ±10% rdg. ±0.05%f.s. ±0.8° FFTピーク値表示 電圧電流それぞれピーク値(極大値)のレベルと周波数をレベル順に上から 上記表中の計算式のfの単位はkHz 10個算出 FFT演算結果において、両隣のデータが自データよりレベルが 電力は力率=1で規定 低い時をピーク値と認識 基本波が、レンジの50%以上の入力時に確度仕様を規定 電流、有効電力、位相差については上記確度に電流センサの確度を加算 1000 V以上の電圧・有効電力は±0.02% rdg.加算(ただし参考値) モータ解析 (PW6001-11 ~ -16 のみ ) 入力電圧が1000 Vよりも小さくなった場合も、入力抵抗の温度が下がるまで影響がある 入力チャネル数 4チャネル (2)広帯域モード CH A アナログDC入力/ 周波数入力/ パルス入力 測定方式 ゼロクロス同期演算方式(同期ソースごとに同一ウィンドウ)、ギャップあり CH B アナログDC入力/ 周波数入力/ パルス入力 固定サンプリング補間演算方式 CH C パルス入力CH D パルス入力 同期周波数範囲 0.1 Hz ~ 300 kHz データ更新レート 50 ms固定 動作モード シングル/ デュアル/ 独立入力 最大解析次数と 周波数 ウィンドウ波数 最大解析次数 入力端子形状 絶縁タイプBNCコネクタ ウィンドウ波数 0.1 Hz ≦ f < 80 Hz 1 100次 入力抵抗(DC) 1 MΩ±50 kΩ 80 Hz ≦ f < 160 Hz 2 100次 入力方式 機能絶縁入力およびシングルエンド入力 160 Hz ≦ f < 320 Hz 4 60次 測定項目 電圧、トルク、回転数、周波数、すべり、モータパワー 320 Hz ≦ f < 640 Hz 2 60次 最大入力電圧 ±20 V(アナログDC時/ パルス時) 640 Hz ≦ f < 6 kHz 4 50次 確度保証付加条件 入力 対地間電圧0 V、ゼロアジャスト後 6 kHz ≦ f < 12 kHz 2 50次 12 kHz ≦ f < 25 kHz 4 50次 (1)アナログ DC 入力時 (CH A/ CH B) 25 kHz ≦ f < 50 kHz 8 30次 測定レンジ ±1 V/ ±5 V/ ±10 V 50 kHz ≦ f < 101 kHz 16 15次 有効入力範囲 1% ~110%f.s. 101 kHz ≦ f < 201 kHz 32 7次 サンプリング 50 kHz/ 16bit 201 kHz ≦ f ≦ 300 kHz 64 5次 応答速度 0.2 ms(LPFがOFFの場合) 位相ゼロアジャスト キー /通信コマンドによる位相ゼロアジャスト機能あり(同期ソースがExt時のみ) 測定方式 同時デジタルサンプリング・ゼロクロス同期演算方式(ゼロクロス間加算平均) 確度 電圧(U)、電流(I)、有効電力(P)、位相差の確度に以下を加算する 測定確度 ±0.05% rdg.±0.05%f.s. 周波数 高調波電圧、電流 高調波電力 位相差 温度係数 ±0.03%f.s./℃ DC ±0.1%f.s. ±0.2%f.s. - 0.1 Hz≦f<30 Hz ±0.05%f.s. ±0.05%f.s. ±0.1° 同相電圧の影響 ±0.01%f.s.以下 入力端子-本体ケース間に50 V(DC/50 Hz/ 60 Hz)印加時 30 Hz≦f<45 Hz ±0.1%f.s. ±0.2%f.s. ±0.1° LPF OFF(20 kHz) / ON(1 kHz) 45 Hz≦f≦66 Hz ±0.05%f.s. ±0.1%f.s. ±0.1° 表示範囲 レンジのゼロサプレス範囲設定~±150% 66 Hz<f≦1 kHz ±0.05%f.s. ±0.1%f.s. ±0.1° ゼロアジャスト 電圧±10%f.s.以下の入力オフセットをゼロ補正 1 kHz<f≦10 kHz ±0.05%f.s. ±0.1%f.s. ±0.6° (2)周波数入力時 (CH A/ CH B) 10 kHz<f≦50 kHz ±0.2%f.s. ±0.4%f.s. ±(0.020×f) °±0.5° 50 kHz<f≦100 kHz ±0.4%f.s. ±0.5%f.s. ±(0.020×f) °±1° 検出レベル Low 0.5 V以下、High 2.0 V以上 100 kHz<f≦500 kHz ±1%f.s. ±2%f.s. ±(0.030×f)°±1.5° 測定周波数帯域 0.1 Hz ~1 MHz(デューティ比50%時) 500 kHz<f≦900 kHz ±4%f.s. ±5%f.s. ±(0.030×f) °±2° 最少検出幅 0.5 µs以上 上記表中の計算式のfの単位はkHz 測定確度 ±0.05% rdg.±3dgt. 300kHzを超える電圧・電流・電力と位相差は参考値 表示範囲 1.000 kHz ~ 500.000 kHz 基本波が16Hz ~ 850Hz以外の場合、基本波以外の電圧・電流・電力と 位相差は参考値 (3)パルス入力時 (CH A/ CH B/ CH C/ CH D) 基本波が16Hz ~ 850Hzの場合、6kHzを超える電圧・電流・電力と位相 検出レベル Low 0.5 V以下、High 2.0 V以上 差は参考値 位相差は同じ次数の電圧と電流が10%f.s.以上の入力において規定 測定周波数帯域 0.1 Hz ~1 MHz(デューティ比50%時) 最少検出幅 0.5 µs以上 波形記録 パルスフィルタ OFF/ 弱/ 強 (弱は0.5 µs未満、強は5 µsの正負方向パルスを無視)測定確度 ±0.05% rdg.±3dgt. 測定チャネル数 電圧電流波形 最大6チャネル(入力チャネル数による) 表示範囲 0.1 Hz ~ 800.000 kHz モータ波形※ アナログDC最大2チャネル+パルス最大4チャネル 単位 Hz/ r/min 記録容量 1Mワード×((電圧 + 電流)×最大6チャネル + モータ波形) チャネル数が少ないときも1Mワードは固定 分周設定範囲 1 ~ 60000 モータ波形はモータ&D/A付きモデルのみ 回転方向検出 シングルモードの時に設定可能(CH BとCH Cの進み遅れで検出) メモリ分割機能無し 機械角原点検出 シングルモードの時に設定可能(CH Dの立ち上がりエッジでCH Bの分周クリア)
Page15

15 D/A 出力 (PW6001-11 ~ -16 のみ ) 演算機能 出力チャネル数 20チャネル (1) 整流方式 出力端子形状 D-sub25ピンコネクタ×1 機能 皮相・無効電力、力率の演算に使用する電圧・電流値を選択する 出力内容 波形出力/ アナログ出力(基本測定項目から選択)切り替え 動作モード rms/ mean(各結線の電圧・電流ごとに選択可能) 波形出力はCH1 ~ CH12固定 D/A変換分解能 16bit(極性+15bit) (2) スケーリング 出力更新レート アナログ出力時 10 ms/ 50 ms/ 200 ms(選択項目のデータ更新レートによる) VT(PT)比 OFF/ 0.00001 ~ 9999.99  波形出力時 1 MHz CT比 OFF/ 0.00001 ~ 9999.99  出力電圧 アナログ出力時 DC±5 Vf.s.(最大約DC±12V) (3) アベレージ(AVG) 波形出力時 ±2 V f.s./ ±1 V f.s.切り替え クレストファクタ 2.5以上 機能 高調波を含む全瞬時測定値の平均化を行なう 全チャネル共通設定 動作モード OFF/ 単純平均/ 指数化平均 出力抵抗 100 Ω±5 Ω 動作 単純平均 データ更新レートごとに単純平均回数だけ平均して出力データ更新する 出力確度 アナログ出力時 出力測定項目測定確度±0.2%f.s.(DCレベル) データ更新レートが平均回数だけ長くなる 波形出力時 測定確度±0.5%f.s.(±2 Vf.s.時)、±1.0%f.s.(±1 Vf.s.時) 指数化平均 データ更新レートと指数化平均応答速度で規定された時定 (実効値レベル、50 kHzまで) 数でデータを指数化平均する 温度係数 ±0.05%f.s./℃ アベレージ動作中はアナログ出力、保存データもすべてアベレージデータ が適用される 表示部 単純平均回数 平均回数 5 10 20 50 100 10 ms 50 ms 100 ms 200 ms 500 ms 1 s 表示文字 日本語/ 英語/ 中国語(簡体字) データ 更新レート 50 ms 250 ms 500 ms 1 s 2.5 s 5 s表示体 9型WVGA-TFTカラー液晶ディスプレイ(800×480ドット) LEDバックライト アナログ抵抗膜方式タッチパネル付き  200 ms 1 s 2 s 4 s 10 s 20 s 表示数値分解能 999999カウント(積算値も含む) 指数化平均応答 速度 設定 FAST MID SLOW表示更新レート 測定値 約200 ms(内部データ更新レートから独立) 10 ms 0.1 s 0.8 s 5 s アベレージが単純平均のときはアベレージ回数により可変 データ 波形 表示設定による 更新レート 50 ms 0.5 s 4 s 25 s 200 ms 2.0 s 16 s 100 s 入力が0%f.s. ~ 90%f.s.に変化したとき、最終安定値±1%に収まる時間 外部インターフェイス (4) ユーザ定義演算 (1)USB メモリインターフェイス 機能 設定した基本測定項目のパラメータを指定演算式で演算する コネクタ USBタイプAコネクタ×1 演算項目 基本測定項目か最大6桁の定数を4つ、演算子は四則演算子 電気的仕様 USB2.0 (High Speed) UDFn=ITEM1 □ ITEM2 □ ITEM3 □ ITEM4 供給電源 最大500 mA ITEMn :基本測定項目 or 6桁までの定数 対応USBメモリ USB Mass Storage Class対応 □:+, -, *, / のどれか一つ 記録内容 ・設定ファイルのセーブ/ロード ITEMnにはUDFnも選択可能でnの順番に演算する ・測定値/自動記録データのセーブ(CSV形式) 各 ITEMn に 対 し 選 択 可 能 な 関 数 は、neg、 sin、 cos、 tan、 sqrt、 abs、 ・測定値/記録データのコピー (内部メモリより) log10(常用対数)、 log(対数)、 exp、 asin、 acos、atan、 sinh、 cosh、 tanh 演 ・波形データのセーブ、画面ハードコピー (圧縮BMP形式) 算可能自分のn以上のUDFnがある場合は前回演算値を使用する (2)LAN インターフェイス 演算可能数 16式(UDF1 ~ UDF16) コネクタ RJ-45コネクタ×1 最大値設定 1.000µ ~ 100.0Tの範囲でUDFnごとに設定 UDFnのレンジとして機能する 電気的仕様 IEEE802.3準拠 単位 UDFnごとにASCIIで最大6文字 伝送方式 10BASE-T/ 100BASE-TX/ 1000BASE-T 自動認識 プロトコル TCP/IP(DHCP機能あり) (5) 効率・損失演算 機能 HTTPサーバ(リモート操作) 演算項目 各チャネル、結線の有効電力値(P)、基本波有効電力(Pfnd)、モータパワー 専用ポート(データ転送、コマンド制御) (Pm)(モータ&D/A付きモデルのみ) FTPサーバ(ファイル転送) 演算可能数 効率、損失それぞれ4式 (3)GP-IB インターフェイス 演算式 以下のフォーマットのPin(n)とPout(n)に演算項目を指定 Pin=Pin1+Pin2+Pin3+Pin4、Pout=Pout1+Pout2+Pout3+Pout4 方式 IEEE-488.1 1987準拠、IEEE-488.2 1987参考 |Pout| インターフェイスファンクション SH1、AH1、T6、L4、SR1、RL1、PP0、DC1、DT1、C0 η=100×|Pin| 、Loss=|Pin|-|Pout| アドレス 00 ~ 30 機能 コマンド制御 (6) 電力演算式選択 (4)RS-232C インターフェイス 機能 電力の無効電力、力率、電力位相角の演算式を選択する コネクタ D-sub9ピンコネクタ×1、9pin電源供給対応、外部制御と共用 演算式 TYPE1 / TYPE2 / TYPE3 方式 RS-232C、「EIA RS-232D」、「CCITT V.24」、「JIS X5101」準拠 TYPE1 3193や3390 TYPE1と互換 全二重、調歩同期方式、データ長:8 、パリティ:なし、ストップビット:1 TYPE2 3192や3193 TYPE2と互換 フロー制御 ハードフロー ON/ OFF TYPE3 TYPE1の力率と電力位相角の符号に、有効電力の符号を使う 通信速度 9,600bps/ 19,200bps/ 38,400bps/ 57,600bps/ 115,200bps/ 230,400bps (7) デルタ変換 機能 コマンド制御 機能 Δ-Y 3P3W3M、3V3A結線時に仮想中性点を用いて線間電圧波 LR8410 Link 対応(専用コネクタが必要) 形を相電圧波形に変換する 外部制御インターフェイスと排他的に切り替えて使用 Y-Δ 3P4W結線時に、相電圧波形を線間電圧波形に変換する (5)外部制御インターフェイス 電圧実効値など高調波を含むすべての電圧パラメータが変換後の電圧で演算される コネクタ D-sub9ピンコネクタ×1、9pin電源供給対応、RS-232Cと共用 (8) 電流センサ位相補正演算 供給電源 OFF/ON(電圧+5 V、最大200 mA) 電気的仕様 0/ 5 V(2.5 V ~ 5 V)のロジック信号、または端子を短絡/開放の接点信号 機能 電流センサの高周波位相特性を演算で補正する 機能 操作部START/STOPキーまたはDATA RESETキーと同様の動作 補正値設定 補正ポイントを周波数と位相差で設定する RS-232Cと排他的に切り替えて使用 周波数 0.1 kHz ~ 999.9 kHz(0.1 kHz刻み) (6)2 台同期インターフェイス 位相差 0.00°~±90.00° (0.01°刻み) ただし周波数の位相差から計算される時間差が0.5ns刻みで最大98µsまで コネクタ SFP光トランシーバ、Duplex-LC(2芯LC) 光信号 850 nm VCSEL、1Gbps レーザクラス分類 クラス1 表示機能 適用ファイバ 50/125 µmマルチモードファイバ相当、500 mまで 機能 接続したスレーブ器のデータをマスタ器に転送し、マスタ器で演算表示 (1) 結線確認画面 機能 選択された測定ラインパターンから、結線図と電圧電流ベクトルを表示 AUTO レンジ機能 ベクトル表示には正しい結線時の範囲が表示され、結線確認が可能起動時モード 起動時に必ず結線確認画面にする選択が可能(起動時画面設定) 機能 結線ごとの電圧、電流各レンジを入力に応じて自動的にレンジを変更する 簡易設定 商用電源 / 商用電源HD / DC / DCHD 動作モード OFF/ON(結線ごとに選択可能) / PWM / 高周波 / 低力率/その他 AUTO レンジ範囲 広い / 狭い ( 全チャネル共通 ) (2) ベクトル表示画面 広い 結線内でピークオーバーか rms 値が 110%f.s. 以上があれば 1 レンジアップ 結線内の rms 値がすべて 10%f.s. 以下で 2 レンジダウン 機能 結線別のベクトルグラフとそのレベル数値、位相角を数値表示する 狭い 結線内でピークオーバーか rms 値が 105%f.s. 以上があれば 1 レンジアップ (3) 数値表示画面 結線内の rms 値がすべて 40%f.s. 以下で 1 レンジダウン Δ -Y 変換 ON 時の電圧レンジダウンは、レンジを 1 倍して判定する 機能 搭載された最大6チャネルの電力測定値とモータ測定値を表示する3 表示パターン 結線別基本 結線組合せされた測定ラインとモータの測定値を表示 時間制御機能 測定ラインはU/ I/ P/ Integ.の4パターン選択表示 全基本測定項目から任意の測定項目を任意の位置に数値表示 4、8、16、32の表示パターン タイマ制御 OFF、10s ~ 9999h 59m 59s (1s単位) 実時間制御 OFF、スタート時刻・ストップ時刻(1min単位) (4) 高調波表示画面 インターバル OFF/ 10 ms/ 50 ms/ 200 ms/ 500 ms/ 1 s/ 5 s/ 10 s/ 15 s/ 30 s 1min/ 5min / 10min/ 15min/ 30min/ 60min 機能 高調波測定値を画面に表示する 表示パターン バーグラフ表示 指定チャネルの高調波測定項目をバーグラフ表示 ホールド機能 リスト表示   指定チャネルの指定項目を数値表示 ホールド 全測定値の表示更新を停止し現在表示中のまま固定する (5) 波形表示画面 ピークホールド機能と排他的に使用 機能 電圧・電流波形、およびモータ波形を表示する ピークホールド 全測定値を測定値ごとに最大値で表示更新 表示パターン 全波形表示、波形+数値表示、波形+ズーム表示、波形+FFT表示 ホールド機能と排他的に使用 カーソル測定対応
Page16

16 簡易グラフ化機能 一般仕様 (1) D/Aモニタグラフ 使用場所 屋内、高度2000 mまで、汚染度2 機能 D/A出力項目として選択された測定値を時系列でグラフ表示する 保存温湿度範囲 -10℃~ 50℃、80% rh以下(結露しないこと) 波形はデータ更新レートのデータを時間軸設定によりPeak-Peak圧縮して 描画し、データは記憶しない 使用温湿度範囲 0℃~ 40℃、80% rh以下(結露しないこと) 動作 RUN/STOPボタンで描画開始/停止 耐電圧 50 Hz/ 60 Hz ホールド、ピークホールド時は表示値を描画する 1分間にて、AC5.4 kV rms(感度電流1 mA) D/A出力項目、レンジなどの測定値に関係のある設定の変更時、クリアボ 電圧入力端子-本体ケース間、電流センサ入力端子およびインターフェイス間 タンで描画データクリア 1分間にて、AC1 kV rms(感度電流3 mA) 描画項目数 最大8項目 モータ入力端子(CH A、CH B、CH C、CH D) - 本体ケース間 描画項目 D/A出力項目のCH13 ~ CH20の設定に連動する 適合規格 安全性 EN61010 時間軸 10ms/dot ~ 48min/dot(データ更新レート未満は選択不可) EMC EN61326 Class A 縦軸 オートスケール(時間軸で画面表示範囲内のデータが画面内に収まるように動作) 定格電源電圧 AC100 V ~ 240 V、50 Hz/ 60 Hz マニュアル(表示最大値・最小値をユーザが設定) 最大定格電力 200 VA (2) X-Yプロット 外形寸法 約430W × 177H × 450D mm(突起物は含まず) 機能 基本測定項目より横軸と縦軸項目を選択しX-Yグラフ表示する 質量 約14 kg (PW6001-16の場合) データ更新レートでdot描画し、データは記憶しない バックアップ電池寿命 時計・設定条件(リチウム電池)、約10年(23℃参考値) 描画データクリアあり X1-Y1、X2-Y2の計2組のグラフ表示が可能 ゲージ表示、表示最大値・最小値設定あり 製品保証期間 3年 X1、Y1、X2、Y2はそれぞれD/A出力項目のCH13、14、15、16の設定と連動する 確度保証期間 6か月(1年確度は6か月確度×1.5) 調整後確度保証期間 6か月 確度保証条件 確度保証温湿度範囲 23℃±3℃、80% rh以下 自動保存機能 ウォームアップ時間 30分以上 機能 インターバルごとにその時の指定測定値を保存する 付属品 取扱説明書×1、電源コード×1D-sub25ピン用コネクタ×1(PW6001-1xのみ) 保存先 OFF/ 内部メモリ/ USBメモリ 保存項目 高調波測定値を含む全測定値から任意に選択 最大保存データ 内部メモリ 64 MB(約1800回データ) USBメモリ 1ファイルあたり約100MB(自動分割)×20ファイル その他の機能 データ形式 CSVファイル形式 時計機能 オートカレンダ、閏年自動判別、24時間計 実時間確度 電源ONのとき±100ppm、電源OFFのとき±3s/日以内(25℃ ) センサ識別 Probe1に接続された電流センサを自動的に識別 マニュアル保存機能 ゼロアジャスト機能 AC/DC電流センサのDEMAG信号を送出後、電圧電流の入力オフセット (1) 測定データ をゼロ補正 機能 SAVEキーにて、その時の指定測定値を保存する タッチパネル補正 タッチパネルの位置キャリブレーションを実行する 保存データごとにコメント文字を入力可能 英数字最大20文字まで キーロック キーロック中は画面にキーロックマークを表示 ※自動保存中は動作不可 保存先 USBメモリ 保存項目 高調波測定値を含む全測定値から任意に選択 データ形式 CSVファイル形式 (2) 波形データ 機能 (タッチパネル内)Save Waveformsボタンにて、その時の波形データを保存 保存データごとにコメント文字を入力可能 ※自動保存中、ストレージ中、波形データが無効のときは動作不可 保存先 USBメモリ 保存先フォルダを指定可能 コメント入力 OFF / ON 英数字記号最大40文字まで、 データ形式 CSVファイル形式(読み取り専用属性付き) バイナリファイル形式(BIN形式) (3) 画面ハードコピー 機能 COPYキーにて、その時の画面を保存先へ保存 ※自動保存中でもインターバルが1sec以上であれば動作可能 保存先 USBメモリ コメント入力 OFF/ TEXT/ 手書き TEXT時は英数字最大40文字まで 手書き時は画面に描画像貼り付け データ形式 圧縮BMP形式 (4) 設定データ 機能 FILE画面にて各種設定情報を保存先へ設定ファイルとして保存 またFILE画面にて保存した設定ファイルをロードし、設定を復元可能 ただし言語設定と通信設定を除く 保存先 USBメモリ (5) FFTデータ 機能 (タッチパネル内)Save FFT Spectrumボタンにて、その時の波形データを保存 保存データごとにコメント文字を入力可能 ※自動保存中、ストレージ中、波形データが無効のときは動作不可 保存先 USBメモリ 保存先フォルダを指定可能 コメント入力 OFF / ON 英数字記号最大40文字まで、 データ形式 CSVファイル形式(読み取り専用属性付き) 2 台同期機能 機能 接続したスレーブ器のデータをマスタ器に転送し、マスタ器で演算表示 数値同期モードでは、マスタ器は最大12チャネルの電力計として動作 波形同期モードでは、スレーブ器の最大3チャネルと波形レベルで同期し て動作する 動作モード OFF / 数値同期 / 波形同期 データ更新レートが10 msのとき数値同期は選択不可 波形同期はマスタ器が3チャネル以上の場合のみ動作 同期項目 数値同期モード データ更新タイミング、スタート/ストップ/デー タリセット 波形同期モード 電圧電流サンプリングタイミング 同期遅延 数値同期モード 最大20 µs 波形同期モード 最大5サンプリング 転送項目 数値同期モード 最大6チャネル分の基本測定項目 (モータは可能、ユーザ定義演算は不可) 波形同期モード 最大3チャネル分の電圧電流サンプリング波形 (モータは不可) ただしマスタ器のチャネルと合 計最大6チャネルまで
Page17

17 電流センサ 電流測定について技術資料をご覧いただけます。 高確度センサ 直接結線タイプ ( 入力端子 Probe1へ接続) 新開発の DCCT 方式により、50A 定格で世界最高クラスの測定帯域と測定確度を実現。パワーアナライザ PW6001のポテンシャルを最大 限に引き出す直結式電流測定ツールです。(5A 定格バージョンも用意しています。詳しくはお問い合わせください。) AC/DC カレントボックス AC/DC カレントボックス PW9100-03 PW9100-04 結線例1 既存の直接入力結線方法 外観 広帯域・高確度測定をより確かなものに。 直接入力タイプの既存電力計からの置き換えも 1 600 入力チャネル数 3ch 4ch 容易です。PW9100-03 (3chモデル)を2台 PW 定格一次電流 AC/DC 50 A 使用すれば6chの測定も可能です。 周波数帯域 DC ~ 3.5 MHz (-3dB) 測定端子 端子台(安全カバー付) M6ネジ Batte 100- 04 del )45 Hz ≦ f ≦ 65 Hz において r ± 0.02% rdg. ± 0.005% f.s(. 振幅), ± 0.1°(位相) y 基本確度 In PW 9h mo DC において ve 4c ± 0.02% rdg. ± 0.007% f.s(. 振幅) rte (r ~ 45 Hz: ± 0.1% rdg. ± 0.02% f.s. ~1 kHz: ± 0.1% rdg. ± 0.01% f.s. フルラックサイズで 周波数特性 ~ 50 kHz: ± 1% rdg. ± 0.02% f.s. Moto 試験/評価ベンチにも対応(振幅) ~100 kHz: ± 2% rdg. ± 0.05% f.s. r ~1 MHz: ± 10% rdg. ± 0.05% f.s. 3.5 MHz: -3dB Typical 入力抵抗 1.5 mΩ以下 (50 Hz/60 Hz) 結線例2 新たな測定方法の提案 使用温度範囲 0℃~ 40℃、湿度 80% rh以下(結露しないこと) 測定対象近くにPW9100を設置することで、電流測定の 同相電圧の影響 50 Hz/60 Hz 120dB以上  100 kHz 120dB以上 ための配線を短くできます。配線抵抗や容量結合などに (CMRR) (出力電圧への影響/同相電圧) よる測定値への影響を最小限に抑えることができます。 対地間最大電圧 1000 V(測定カテゴリⅡ)、600 V(測定カテゴリⅢ)、 予想される過渡過電圧 6000 V 寸法 430W × 88H × 260D mm 質量 3.7kg 4.3kg Ba 5mtte 60 01 W 100 ry P30 kHz/ 60 A 100 kHz/ 30 A Inve 10 rter 00- 04 ディレーティング W9 1 確度保証範囲 P 特性 1 10 MHz M / 0.7 A 測定配線を短く、引き回しに otor 出力ケーブル最長5m* 0 よるノイズの影響を最小限に 測定対象との距離を確保 DC 1 10 100 1 k 10 k 100 k 1M 10M 周波数 [Hz] *延長ケーブルCT9902必要 高確度センサ 貫通型タイプ ( 入力端子 Probe1へ接続) AC/DC カレントセンサ 500A 定格で、従来比 40 倍の測定帯域と高確度を両立。パワーアナライザ PW6001と CT6904 の組み合わせで最高のパフォーマンスを発揮する、世界最高クラスの電流測定ツールです。 NEW (800A 定格バージョンも用意しています。詳しくはお問い合わせください。) 外観 広帯域 4 MHz 従来比40倍の測定帯域4 MHz 定格電流 AC/DC 500 A 巻線(CT)部に新開発の対向配置分割コイルを採用し、DC~4MHzという広い測定帯域を 周波数帯域 DC ~ 4 MHz 実現しました。 測定導体 測定可能導体径 φ 32 mm 以下 Opposed Split Coil Technology 周波数特性 ( 代表特性 ) 45Hz ~ 65 Hz において 帰還電流による磁束 2 4 振幅:± 0.02% rdg. ± 0.007% f.s. 0 2 基本確度 位相:± 0.08°  帰還巻線 ( N ) DC において 測定電流による磁束 -2 0 振幅:± 0.025% rdg. ± 0.007% f.s. 磁気コア 帰還電流 出力 -4 Gain (CT6904) -2 ~ 16 Hz: ± 0.2% rdg. ± 0.02% f.s. ( vout ) Gain ( 従来貫通型センサ ) 65 Hz ~ 850 Hz: ± 0.05% rdg. ± 0.007% f.s. -6 -4Phase (CT6904) 周波数特性 ~ 10 kHz: ± 0.4% rdg. ± 0.02% f.s. 測定電流 Phase ( 振幅 ) ~ 300 kHz: ± 2.0% rdg. ± 0.05% f.s. -8 -6(CT6904, 補正後 *) ~ 1 MHz: ± 5.0% rdg. ± 0.05% f.s. フラックスゲート シャント抵抗 ( r ) -10 -8 4 MHz: ± 3dB Typical 励磁 f 検波 AMP 10 100 1k 10k 100k 1M 10M 使用温度範囲 -10℃~ 50℃ Frequency [ Hz ] 導体位置の影響 ± 0.01% rdg. 以下 ( 100A 入力、50/60Hz) 2f *パワーアナライザ PW6001の位相補正を行った場合 外部磁界の影響 400 A/m 磁界(DC および 60 Hz)において 50 mA 以下 対地間最大定格電圧 CAT Ⅲ 1000 V 出力コネクタ HIOKI ME15W 高いノイズ耐性 同相電圧除去比(CMRR)120 dB以上 (100 kHz) 寸法 139W × 120H × 52D mm、ケーブル長 3 m 独自形状のソリッドシールドで対向配置分割コイルを 同相電圧除去比 ( 代表特性 ) 200 質量 約 1000 g 完全にシールドすることにより、周囲の電圧の影響を 受けずに正確な測定が行えます。 180 1000 600 A TA:周囲温度 160 550 A 100 140 ディレーティング 特性 120 10 -10℃ ≤ TA ≤ 50°C( 1分間) -10℃ ≤ TA ≤ 30°C(連続) 100 CT6904 -10℃ ≤ TA ≤ 50°C(連続) 従来貫通型電流センサ 1 80 DC 10 100 1k 10k 100k 1M 10M 10 100 1k 10k 100k 1M 10M 周波数 [Hz] Frequency [ Hz ] 最大入力電流 [Arms] 最大入力電流 [Arms] CMRR [ dB ] Gain [ dB ] Phase [ ° ]
Page18

18 高確度センサ 貫通型タイプ ( 入力端子 Probe1へ接続) AC/DC カレントセンサ AC/DC カレントセンサ AC/DC カレントセンサ AC/DC カレントセンサ AC/DC カレントセンサ CT6862-05 CT6863-05 CT6875, CT6875-01※ 1 CT6876, CT6876-01※ 1 CT6877, CT6877-01※ 1 NEW NEW NEW 外観 定格電流 AC/DC 50 A AC/DC 200 A AC/DC 500 A AC/DC 1000 A AC/DC 2000 A 周波数帯域 DC ~ 1 MHz DC ~ 500 kHz DC ~ 2 MHz, DC ~1.5 MHz ※ 1 DC ~ 1.5 MHz, DC ~1.2 MHz ※ 1 DC ~ 1 MHz 測定可能導体径 φ 24 mm 以下 φ 24 mm 以下 φ 36 mm 以下 φ 36 mm 以下 φ 80 mm 以下 DC, 16 Hz ≦ f ≦ 400 Hz において DC, 16 Hz ≦ f ≦ 400 Hz において DC, 45 Hz ≦ f ≦ 66 Hz において DC, 45 Hz ≦ f ≦ 66 Hz において DC, 45 Hz ≦ f ≦ 66 Hz において 基本確度 ± 0.05% rdg. ± 0.01% f.s(. 振幅), ± 0.05% rdg. ± 0.01% f.s.(振幅), ± 0.04% rdg. ± 0.008% f.s.(振幅), ±0.04%rdg.±0.008%f.s(. 振幅), ± 0.04% rdg. ± 0.008% f.s(. 振幅), ± 0.2°以内(位相)DC は規定なし ± 0.2°以内(位相)DC は規定なし ± 0.1°以内(位相)DC は規定なし ± 0.1°以内(位相)DC は規定なし ± 0.1°以内(位相)DC は規定なし ~ 16 Hz:± 0.1% rdg. ± 0.02% f.s. ~ 16 Hz:± 0.1% rdg. ± 0.02% f.s. ~ 16 Hz:± 0.1% rdg. ± 0.02% f.s. ~ 16 Hz:±0.1%rdg.±0.02%f.s. ~ 16 Hz:± 0.1% rdg. ± 0.02% f.s. 16 Hz ~ 45 Hz: ±0.05%rdg.±0.01%f.s. 16 Hz ~ 45 Hz: ±0.05%rdg.±0.01%f.s. 16 Hz ~ 45 Hz: ± 0.05% rdg. ± 0.01% f.s. 周波数特性 400Hz ~ 1kHz: ±0.2%rdg.±0.02%f.s. 400Hz ~ 1kHz: ± 0.2% rdg. ± 0.02% f.s. ~ 1 kHz:± 0.2% rdg. ± 0.02% f.s. ~ 1 kHz:± 0.2% rdg. ± 0.02% f.s. ~ 1 kHz:± 0.2% rdg. ± 0.02% f.s. ( 振幅 ) ~ 50 kHz:±1.0%rdg.±0.02%f.s. ~ 10 kHz:± 1.0% rdg. ± 0.02% f.s. ~ 10 kHz:± 0.4% rdg. ± 0.02% f.s. ~ 10 kHz:± 0.5% rdg. ± 0.02% f.s. ~ 10 kHz:± 0.5% rdg. ± 0.02% f.s.~ 100 kHz:±2.0%rdg.±0.05%f.s. ~ 100 kHz:± 5.0% rdg. ± 0.05% f.s. ~ 100 kHz: ± 2.5% rdg. ± 0.05% f.s. ~ 100 kHz:± 3% rdg. ± 0.05% f.s. ~ 100 kHz:± 2.5% rdg. ± 0.05% f.s. ~ 1 MHz: ±30%rdg.±0.05%f.s. ~ 500 kHz: ± 30 % rdg. ± 0.05 % f.s. ※ 1 ~ 1 MHz:± (0.025 × f kHz)% rdg. ※ 1 ~ 1 MHz:± (0.03 × f kHz)% rdg. ※ 1 ~ 700 kHz:± (0.025 × f kHz)% rdg. ± 0.05% f.s. ± 0.05% f.s. ± 0.05% f.s. 使用温度範囲 -30℃~ 85℃ -30℃~ 85℃ -40℃~ 85℃ -40℃~ 85℃ -40℃~ 85℃ 導体位置の影響 ± 0.01% rdg. 以内 ± 0.01% rdg. 以内 ± 0.01% rdg. 以内 ± 0.01% rdg. 以内 ± 0.01% rdg. 以内(50 A、DC ~ 100Hz) (100 A、DC ~ 100Hz) (100A、DC, 50 Hz/60 Hz) (100A、DC, 50 Hz/60 Hz) (100A、DC, 50 Hz/60 Hz) 外部磁界の影響 400 A/m 磁界(DC および 60 Hz) 400 A/m 磁界(DC および 60 Hz) 400 A/m 磁界(DC および 60 Hz) 400 A/m 磁界(DC および 60 Hz) 400 A/m 磁界(DC および 60 Hz)において 10 mA 以下 において 50 mA 以下 において 20 mA 以下 において 40 mA 以下 において 80 mA 以下 対地間最大電圧 CAT Ⅲ 1000 V CAT Ⅲ 1000 V CAT Ⅲ 1000 V CAT Ⅲ 1000 V CAT Ⅲ 1000 V 寸法 70W × 100H × 53D mm、 70W × 100H × 53D mm、 160W × 112H × 50D mm、 160W × 112H × 50D mm、 229W × 232H × 112D mm、コード長 3 m コード長 3 m コード長(CT6875:3 m, CT6875-01:10 m) コード長(CT6876:3 m, CT6876-01:10 m) コード長(CT6877:3 m, CT6877-01:10 m) 質量 約 340 g 約 350 g 約 800 g, 約 1100 g ※ 1 約 950 g, 約 1250 g ※ 1 約 5 kg, 約 5.3 kg ※ 1 TA:周囲温度 DC 1.2 kA DC 1.5 kA TA:周囲温度 TA:周囲温度 3 k 1 k 1 k 2 k100 400 700 500 1 k 80 300 ディレーティング 60 特性 200 100 100 10040 -40℃ ≤ TA ≤ 40℃( 1分) -40℃ ≤ TA ≤ 60℃( 連続) 20 100 -40℃ ≤ TA ≤ 60℃( 連続) -40℃ ≤ TA ≤ 60℃( 連続) -40℃ ≤ TA ≤ 85℃( 連続) -40℃ ≤ TA ≤ 85℃( 連続) -40℃ ≤ TA ≤ 85℃( 連続) 0 0 10 10 10 DC 1 10 100 1k 10k 100k 1M DC 1 10 100 1k 10k 100k 1M DC 1 10 100 1k 10k 100k 1M DC 1 10 100 1k 10k 100k 1M DC 1 10 100 1k 10k 100k 1M 周波数 [Hz] 周波数 [Hz] 周波数 [Hz] 周波数 [Hz] 周波数 [Hz] 受注生産品にてケーブル長変更も承っております。詳しくはお問い合わせください。 ※ 1:CT6875-01, CT6876-01, CT6877-01はコード長 10 m 仕様製品です。    この場合、1 kHz< f ≦1MHzの周波数において(CT6877-01は 1 kHz< f ≦700kHz)、振幅確度:± (0.005 × f kHz)% rdg.、位相確度:± (0.015 × f kHz)° 加算となります。 高確度センサ クランプタイプ ( 入力端子 Probe1へ接続) AC/DC カレントプローブ AC/DC カレントプローブ AC/DC カレントプローブ AC/DC カレントプローブ AC/DC カレントプローブ CT6841-05 CT6843-05 CT6844-05 CT6845-05 CT6846-05 外観 定格電流 AC/DC 20 A AC/DC 200 A AC/DC 500 A AC/DC 500 A AC/DC 1000 A 周波数帯域 DC ~ 1 MHz DC ~ 500 kHz DC ~ 200 kHz DC ~ 100 kHz DC ~ 20 kHz 測定可能導体径 φ 20 mm 以下 ( 絶縁導体 ) φ 20 mm 以下 ( 絶縁導体 ) φ 20 mm 以下 ( 絶縁導体 ) φ 50 mm 以下 ( 絶縁導体 ) φ 50 mm 以下 ( 絶縁導体 ) DC < f ≦ 100 Hz において DC < f ≦ 100 Hz において DC < f ≦ 100 Hz において DC < f ≦ 100 Hz において DC < f ≦ 100 Hz において ± 0.3% rdg. ± 0.01% f.s(. 振幅)± 0.3% rdg. ± 0.01% f.s(. 振幅) ± 0.3% rdg. ± 0.01% f.s(. 振幅) ± 0.3% rdg. ± 0.01% f.s(. 振幅) ± 0.3% rdg. ± 0.01% f.s(. 振幅) 基本確度 ± 0.1°以内(位相) ± 0.1°以内(位相) ± 0.1°以内(位相) ± 0.1°以内(位相) ± 0.1°以内(位相) DC において DC において DC において DC において DC において ± 0.3% rdg. ± 0.05% f.s(. 振幅)± 0.3% rdg. ± 0.02% f.s(. 振幅) ± 0.3% rdg. ± 0.02% f.s(. 振幅) ± 0.3% rdg. ± 0.02% f.s(. 振幅) ± 0.3% rdg. ± 0.02% f.s(. 振幅) ~ 500 Hz: ±0.3%rdg.±0.02%f.s. ~ 500 Hz: ±0.3%rdg.±0.02%f.s. ~ 500 Hz: ±0.3%rdg.±0.02%f.s. ~ 500 Hz: ±0.3%rdg.±0.02%f.s. ~ 500 Hz: ±0.5%rdg.±0.02%f.s. 周波数特性 ~1 kHz: ±0.5%rdg.±0.02%f.s. ~1 kHz: ±0.5%rdg.±0.02%f.s. ~1 kHz: ±0.5%rdg.±0.02%f.s. ~1 kHz: ±0.5%rdg.±0.02%f.s. ~1 kHz: ±1.0%rdg.±0.02%f.s. ( 振幅 ) ~10 kHz: ±1.5%rdg.±0.02%f.s. ~10 kHz: ±1.5%rdg.±0.02%f.s. ~10 kHz: ±1.5%rdg.±0.02%f.s. ~10 kHz: ±1.5%rdg.±0.02%f.s. ~ 5 kHz: ±2.0%rdg.±0.02%f.s.~100 kHz: ±5.0%rdg.±0.05%f.s. ~ 50 kHz: ±5.0%rdg.±0.02%f.s. ~ 50 kHz: ±5.0%rdg.±0.02%f.s. ~ 20 kHz: ±5.0%rdg.±0.02%f.s. ~10 kHz: ±5.0%rdg.±0.05%f.s. ~1 MHz: ±30%rdg.±0.05%f.s. ~ 500 kHz: ±30%rdg.±0.05%f.s. ~ 200 kHz: ±30%rdg.±0.05%f.s. ~100 kHz: ±30%rdg.±0.05%f.s. ~ 20 kHz: ± 30%rdg. ± 0.10%f.s. 使用温度範囲 -40℃~ 85℃ -40℃~ 85℃ -40℃~ 85℃ -40℃~ 85℃ -40℃~ 85℃ 導体位置の影響 ± 0.1% rdg. 以内 ± 0.1% rdg. 以内 ± 0.1% rdg. 以内 ± 0.2% rdg. 以内 ± 0.2% rdg. 以内(20 A、DC ~100 Hz) (100 A、DC ~100 Hz) (100 A、DC ~100 Hz) (100 A、DC ~100 Hz) (1000 A、50/ 60 Hz) 外部磁界の影響 400 A/m 磁界(DC および60 Hz)において 400 A/m 磁界(DC および60 Hz)において 400 A/m 磁界(DC および60 Hz)において 400 A/m 磁界(DC および60 Hz)において 400 A/m 磁界(DC および60 Hz)において50 mA 以下 50 mA 以下 100 mA 以下 150 mA 以下 150 mA 以下 寸法 153W × 67H × 25D mm 153W × 67H × 25D mm 153W × 67H × 25D mm 238W × 116H × 35D mm 238W × 116H × 35D mm コード長 3 m コード長 3 m コード長3 m コード長3 m コード長3 m 質量 350 g 370 g 400 g 860 g 990 g TA:周囲温度 DC720A DC1.7kA50 500 TA:周囲温度 TA:周囲温度 TA:周囲温度 1k -40℃ ≤ T 1.2kA ≤ 60°C -40℃ ≤ TA ≤ 40°C 500 1k 40 400 500 -40℃ < TA ≤ 85°C -40℃ < TA ≤ 60°C 30 300 ディレーティング -40℃ < T ≤ 85°C 100A 100 特性 20 200 100-40℃ ≤ TA ≤ 60°C -40℃ ≤ TA ≤ 40℃ -40℃ ≤ TA ≤ 85°C 50 10 100 -40℃ ≤ TA ≤ 60℃20 20 -40℃ ≤ TA ≤ 85℃ 0 0 10 10 10 DC 1 10 100 1k 10k 100k 1M DC 1 10 100 1k 10k 100k 1M DC 1 10 100 1k 10k 100k 1M DC 1 10 100 1k 10k 100k DC 1 10 100 1k 10k 100k 周波数 [Hz] 周波数 [Hz] 周波数 [Hz] 周波数 [Hz] 周波数 [Hz] 受注生産品にてケーブル長変更も承っております。詳しくはお問い合わせください。 最大入力電流 [Arms] 最大入力電流 [Arms] 最大入力電流 [Arms] 最大入力電流 [Arms] 最大入力電流 [Arms] 最大入力電流 [Arms] 最大入力電流 [Arms] 最大入力電流 [Arms] 最大入力電流 [Arms] 最大入力電流 [Arms]
Page19

19 広帯域プローブ ( 入力端子 Probe2 へ接続) クランプオンプローブ クランプオンプローブ クランプオンプローブ クランプオンプローブ 3273-50 3274 3275 3276 外観 定格電流 AC/DC 30 A AC/DC 150 A AC/DC 500 A AC/DC 30 A 周波数帯域 DC ~ 50 MHz (-3dB) DC ~ 10 MHz (-3dB) DC ~ 2 MHz (-3dB) DC ~ 100 MHz (-3dB) 測定可能導体径 φ 5 mm 以下 ( 絶縁導体 ) φ 20 mm 以下 ( 絶縁導体 ) φ 20 mm 以下 ( 絶縁導体 ) φ 5 mm 以下 ( 絶縁導体 ) DC, 45 ~ 66 Hz において DC, 45 ~ 66 Hz において DC, 45 ~ 66 Hz において DC, 45 ~ 66 Hz において 基本確度 0 ~ 30 Arms : ± 1.0% rdg. ± 1 mV 0 ~150 Arms : ± 1.0% rdg. ± 1 mV 0 ~ 500 Arms : ± 1.0% rdg. ± 5 mV 0 ~ 30 Arms : ± 1.0% rdg. ± 1mV 30 Arms ~ 50 Apeak : ± 2.0 rdg. 150 Arms ~ 300 Apeak : ± 2.0 rdg. 500 Arms ~ 700 Apeak : ± 2.0 rdg. 30 Arms ~ 50 Apeak : ± 2.0 rdg. 使用温湿度範囲 0℃~ 40℃ 0℃~ 40℃ 0℃~ 40℃ 0℃~ 40℃80%rh 以下(結露しないこと) 80%rh 以下(結露しないこと) 80%rh 以下(結露しないこと) 80%rh 以下(結露しないこと) 外部磁界の影響 400 A/m 磁界(DC および 60 Hz)において 400 A/m 磁界(DC および 60 Hz)において 400 A/m 磁界(DC および 60 Hz)において 400 A/m 磁界(DC および 60 Hz)において最大 20 mA 相当 最大 150 mA 相当 最大 800 mA 相当 最大 5 mA 相当 寸法 175W ×18H × 40D mm 176W × 69H × 27D mm 176W × 69H × 27D mm 175W ×18H × 40D mmコード長 1.5 m コード長 2 m コード長 2 m コード長 1.5 m 質量 約 230 g 約 500 g 約 520 g 約 240 g 30 500 30 25 150 25 ディレーティング 20 20100 100 特性 15 15 10 50 10 5 5 0 0 0 0 10 100 1k 10k 100k 1M 10M 100M 10 100 1k 10k 100k 1M 10M 10 100 1k 10k 100k 1M 10M 10 100 1k 10k 100k 1M 10M 100M 周波数 [Hz] 周波数 [Hz] 周波数 [Hz] 周波数 [Hz] 電流プローブ 電流プローブ CT6700 CT6701 センサの切替方法 外観 定格電流 AC/DC 5 A AC/DC 5 A ➡ 周波数帯域 DC ~ 50 MHz (-3dB) DC ~ 120 MHz (-3dB) 測定可能導体径 φ 5 mm 以下 ( 絶縁導体 ) φ 5 mm 以下 ( 絶縁導体 ) DC, 45 ~ 66 Hz において DC, 45 ~ 66 Hz において 基本確度 Typical ± 1% rdg. ± 1 mV Typical ± 1% rdg. ± 1 mV ± 3.0 %rdg. ± 1 mV ± 3.0 %rdg. ± 1 mV 高確度センサ用端子:スライドカバーを左に動かします。 CT6862-05、CT6863-05、CT6904、CT6875、 使用温湿度範囲 0℃~ 40℃ 0℃~ 40℃ CT6876、CT6877、CT6841-05、CT6843-05、80%rh 以下(結露しないこと) 80%rh 以下(結露しないこと) CT6844-05、CT6845-05、CT6846-05、PW9100-03、 PW9100-04 接続の場合 外部磁界の影響 400 A/m 磁界(DC および 60 Hz)において 400 A/m 磁界(DC および 60 Hz)において最大 20 mA 相当 最大 5 mA 相当 寸法 155W ×18H × 26D m 155W ×18H × 26D mmコード長 1.5 m コード長 1.5 m 質量 約 250 g 約 250 g 6 6 5 5 4 4 ディレーティング 3 3 特性 広帯域プローブ用端子:スライドカバーを右に動かします。2 2 1 1 3273-50、3274、3275、3276、CT6700、CT6701 接続の場合 1000 1k 10k 100k 1M 10M 100M 1G 1000 1k 10k 100k 1M 10M 100M 1G 周波数 [Hz] 周波数 [Hz] 最大入力電流 [Arms] 最大入力電流 [Arms] 最大入力電流 [Arms] 最大入力電流 [Arms] 最大入力電流 [Arms] 最大入力電流 [Arms] ➡
Page20

製品名:パワーアナライザ PW6001 形名(発注コード) 搭載チャネル数 モータ解析 &D/A 出力 価格 PW6001-01 1ch — ¥1,150,000 (税込 ¥1,265,000) PW6001-02 2ch — ¥1,450,000 (税込 ¥1,595,000) PW6001-03 3ch — ¥1,750,000 (税込 ¥1,925,000) PW6001-04 4ch — ¥2,050,000 (税込 ¥2,255,000) PW6001-05 5ch — ¥2,350,000 (税込 ¥2,585,000) PW6001-06 6ch — ¥2,650,000 (税込 ¥2,915,000) PW6001-11 1ch ○ ¥1,450,000 (税込 ¥1,595,000) PW6001-12 2ch ○ ¥1,750,000 (税込 ¥1,925,000) PW6001-13 3ch ○ ¥2,050,000 (税込 ¥2,255,000) PW6001-14 4ch ○ ¥2,350,000 (税込 ¥2,585,000) PW6001-15 5ch ○ ¥2,650,000 (税込 ¥2,915,000) PW6001-16 6ch ○ ¥2,950,000 (税込 ¥3,245,000) 付属品:取扱説明書×1、電源コード×1、D-sub25ピン用コネクタ(PW6001-11~-16のみ)×1 PW6001-16(6ch、モータ解析 &D/A 出力付き) ・測定にはオプションの電圧コード、電流センサが必要です。 ・搭載チャネル数、モータ解析& D/A 出力の有無は出荷時指定です。後からの追加はできませんのでご注意ください。 電流測定オプション ※1コード長10m仕様製品です。 品名 形名(発注コード) 仕様 価格 品名 形名(発注コード) 仕様 価格 AC/DC カレントセンサ CT6862-05 (50A) ¥120,000 (税込 ¥132,000) クランプオンプローブ 3273-50 (30A) ¥200,000 (税込 ¥220,000) AC/DC カレントセンサ CT6863-05 (200A) ¥120,000 (税込 ¥132,000) クランプオンプローブ 3274 (150A) ¥250,000 (税込 ¥275,000) AC/DC カレントセンサ CT6904 (500A) ¥500,000 (税込 ¥550,000) クランプオンプローブ 3275 (500A) ¥300,000 (税込 ¥330,000) AC/DC カレントセンサ CT6875 (500A) ¥150,000 (税込 ¥165,000) クランプオンプローブ 3276 (30A) ¥280,000(税込 ¥308,000) AC/DC カレントセンサ※ 1 CT6875-01 (500A) ¥170,000 (税込 ¥187,000) 電流プローブ CT6700 (5A) ¥230,000 (税込 ¥253,000) AC/DC カレントセンサ CT6876 (1000A) ¥200,000 (税込 ¥220,000) 電流プローブ CT6701 (5A) ¥300,000 (税込 ¥330,000) AC/DC カレントセンサ※ 1 CT6876-01 (1000A) ¥220,000 (税込 ¥242,000) AC/DC カレントセンサ CT6877 (2000A) ¥700,000 (税込 ¥770,000) 変換ケーブル CT9900 ¥9,800(税込 ¥10,780) AC/DC カレントセンサ※ 1 CT6877-01 (2000A) ¥720,000( 税込 ¥792,000) CT6862、 CT6863、 CT6841、 CT6843、 CT6844、 CT6845、CT6846 AC/DC カレントプローブ CT6841-05 (20A) ¥180,000 (税込 ¥198,000) を接続する場合に必要です。 AC/DC カレントプローブ CT6843-05 (200A) ¥180,000 (税込 ¥198,000) AC/DC カレントプローブ CT6844-05 (500A) ¥190,000 センサユニット CT9557 ¥150,000(税込 ¥165,000)(税込 ¥209,000) 最大4本の電流センサ出力波形を1chに加算してPW6001に出力。 AC/DC カレントプローブ CT6845-05 (500A) ¥190,000 (税込 ¥209,000) AC/DC カレントプローブ CT6846-05 (1000A) ¥210,000 (税込 ¥231,000) 接続ケーブル CT9904 ¥15,000(税込 ¥16,500) AC/DC カレントボックス PW9100-03 (50A, 3ch) ¥500,000(税込 ¥550,000) ケーブル長1 m、CT9557の加算波形出力端子をPW6001に接続する AC/DC カレントボックス PW9100-04 (50A, 4ch) ¥650,000(税込 ¥715,000) 場合に必要です。 電圧測定オプション L1021-01 AC100V専用 赤1本 コード長2 m L1021-02 日本国内のみ 黒1本 CATⅣ600V、CATⅢ1000V CATⅣ600V、CATⅢ1000V CATⅣ600V、CATⅢ1000V CATⅣ600V、CATⅢ1000V 電圧コード L9438-50 電圧コード L1000 接続コード L9257 グラバークリップ L9243 コンセント入力コード 9448 分岐コード 赤黒色各1本、 赤黄青灰色各1本、黒色4本 赤黒色各1本、 赤黒色各1本、電圧コードの 国内AC100 Vコンセントに バナナ分岐-バナナ、電圧入 1000 V仕様、コード長 3 m 1000 V仕様、コード長 3 m 1000 V仕様、コード長 1.2 m 先端を付け替えて使用 簡単に接続して電圧測定可能 力分岐用、コード長 0.5 m ¥2,000(税込 ¥2,200) ¥8,000(税込 ¥8,800) ¥1,600(税込 ¥1,760) ¥5,000(税込 ¥5,500) ¥1,500(税込 ¥1,650) 各¥2,000(税込 ¥2,200) 接続オプション その他 ( 別途お見積もり) 受注生産品もございます。詳しくは弊社営業所までお問い合わせください。 ・携帯用ケース ( ハードトランクタイプ、キャスタ付き ) ・D/A 出力ケーブル D-sub25 ピンー BNC(オス) 20ch 変換、コード長 2.5 m 接続コード L9217 LAN ケーブル 9642 RS-232Cケーブル 9637 ・Bluetooth® シリアル変換アダプタ用専用ケーブル1 m 絶縁BNC、 モータ入力用 クロス変換コネクタ付 9pin-9pin クロス ・ラックマウント金具(EIA 用、JIS 用) コード長 1.6 m ケーブル長 5 m ケーブル長 1.8 m ¥5,500(税込 ¥6,050) ¥3,000(税込 ¥3,300) ¥1,500(税込 ¥1,650) ・光接続ケーブル 最大 500 m ・PW9100 5A 定格バージョン ラックマウント金具 ・CT6904 800A 定格バージョン GP-IB 接続ケーブル 9151-02 接続ケーブル 9444 光接続ケーブル L6000 外部制御用 外部制御用、9pin-9pin ス 同期制御用 ケーブル長 2 m トレート、ケーブル長 1.5 m ケーブル長 10 m ¥28,000(税込 ¥30,800) ¥8,000(税込 ¥8,800) ¥30,000(税込 ¥33,000) D/A 出力ケーブル 携帯用ケース お問い合わせは ... 本 社 〒386-1192 長野県上田市小泉81 製品に関するお問い合わせはこちら 本社 カスタマーサポート 0120-72-0560 (9:00 〜12:00, 13:00 〜17:00, 土・日・祝日を除く) 0268-28-0560  info@hioki.co.jp 詳しい情報はWEBで検索 HIOKI ■本カタログの記載内容は 2021 年 3 月 1日現在のものです。 ■本カタログ記載の仕様、価格等はお断りなく改正・改訂することがあります。 ■本カタログで使用している会社名および製品名は、各社の登録商標もしくは商標です。 校正書類について 校正書類は別途ご発注をお願いします。海外へ持ち出しされる場合は注意事項があります。詳しくは弊社 HP をご確認ください。 販売店の皆様へ ご注文・修理・校正のご用命は本社受注センターまで。 TEL 0268-28-1688 FAX は弊社営業拠点と共有で受信できますので、担当営業拠点宛にお願いします。 PW6001J12-13B