1/4ページ

このカタログをダウンロードして
すべてを見る

ダウンロード(2.4Mb)

モーションキャプチャー(非接触3次元挙動計測システム)-OptiTrack-出張デモ可能!!

製品カタログ

マーカーを貼り付けた位置の3次元座標が取得でき、リアルタイムで解析した結果を表示できます。動的、静的に対応しており、ロボットの挙動計測、制御、振動台試験、材料の評価試験などでご運用可能です。

複数点の3次元座標値をリアルタイムに取得できる光学式のモーションキャプチャーシステムです。

対象物に反射マーカーを張り付け、赤外カメラにてマーカーの3次元位置座標をリアルタイムに取得で。マーカー座標より加速度、変位計測、距離・角度計測ができます。
0,1mmの精度があり、力学センサとも遜色ないデータが取得できます。

<導入メリット>
・設置が容易である。(三脚やクランプを使用し、細かい調整が不要)
・高精度である。(0,1mm精度※場合によっては0,1mm以下取得可能)
・多点計測可能。(500点以上を同時計測できる)
・導入コストがリーズナブル
・解析項目が豊富(加速度、変位・相対変位、角度、距離、回転、垂直歪、カウント等)

◎こんな方は必見です。
 •設備の挙動を可視化したい
 •ロボットを制御する高精度なツールが欲しい
 •人の動きを数値化して、マニュアル作りや教育に使いたい 

応用例:
【静的な3次元寸法をプローブで計測できるシステム】
有接触式のプローブで触れた箇所の点群データが作成でき、距離、円、高さ、幅などの寸法が計測できる3次元計測機です。

【人計測】
作業者の動きを数値化できるシステムです。手や工具にマーカーを貼り付け、姿勢や、速度などを可視化し、教育ツールや、熟練者のデジタル保存ができるものです。

【ポカよけ】
ネジやボルトの締め忘れなどを防止できるツールです。

※ご興味あれば、お客様に近い事例をお送り可能です。


用途:
物体の挙動計測、ロボットのティーチング、飛翔体(ドローンなど)の挙動計測、 自動車開閉部の変位計測、微量計測(プレス機等)、RC、鉄骨の静的試験、木造試験、作業者評価、VR用途、車体振動/剛体検査 、構造物の耐震実験、家具等の強度試験、人の歩行解析、作業効率数値化、スポーツパフォーマンス評価、リハビリ関連他

関連メディア

このカタログについて

ドキュメント名 モーションキャプチャー(非接触3次元挙動計測システム)-OptiTrack-出張デモ可能!!
ドキュメント種別 製品カタログ
ファイルサイズ 2.4Mb
関連製品
登録カテゴリ
取り扱い企業 エースポイントシステムズ株式会社 (この企業の取り扱いカタログ一覧)

この企業の関連カタログ

ロボット位置制御/ティーチングシステム_PrimeX13シーリーズ
ハンドブック

エースポイントシステムズ株式会社

このカタログの内容

Page1

導入までの流れ 商談 デモ 納品 サポート ご要望をお伺いし、 実際の現場等で 納品時には、 運用中のご質問や 適切なシステム構成を デモンストレーションし、 機材の設置や使い方の ご相談を随時承っております。 ディスカッション 導入効果を トレーニングを オンサイトサポートも させていただきます。 体感していただきます。 させていただきます。 ご相談ください。 工数短縮 受託計測 システムの購入の他、現場で試験を行う受託計測も承っております。 システムの購入は どんなデータが 弊社の専門スタッフが、現場で計測を行います。 難しいが、 取れるのか、 品質向上 データが欲しい まずデータを 失敗できない 見てみたい 試験なので、 詳細をWEBサイトで見る プロに計測して欲しい       Acuity inc.     専門家によるコンサルティング   現 新アルゴリズムの開発   場 信頼してシステテムムををおお使使いいいいたただだくために…… を特注ソフトウェアの開発 デジタル化 変 日本語対応 ソ え サポート体制 リュ る ー シ WEBサイトでソリューションの詳細を見る Acuity 課題解決 ョン 【デモ・見積もりのお問い合わせ先】 エ - ス ポ イ ン ト シ ス テ ム ズ 株 式 会 社 ソリューションカタログ 〒530-0047大阪府大阪市北区西天満1丁目11番20 号イトーピア西天満ソアーズタワー1103 Tel:06(6311)3770  Fax : 06(6311)3880   E-mail:info@acepoint.co.jp         PO004_1_1911 URL: http://www.acepoint.co.jp/
Page2

「工数短縮」「品質向上」「デジタル化」etc. ものづくりの現場で抱えている課題に対するソリューションを提供します。 動的挙動計測 3次元測定 動的な試験の実験工数を短縮したい メジャーやゲージでの測定の手間を解消したい 同時に多点の変位を高精度に計測したい 測定のヒューマンエラーを減らしたい センサーによって対象の動きを妨げずに計測したい 大型対象の3次元測定を行いたい P.4へ P.5へ 動動作分析 ポカヨケ 人間工学に基づく設計のために動作分析したい 作業中のヒューマンエラーを低減したい 熟練者の技術をデジタル化したい 細かい作業のトレーサビリティを取得したい データ取得から評価までサポートしてほしい ペーパーレスなマニュアル化を実現したい P. 6へ P. 7へ 導入のメリット 1 工数短縮を実現 2 現場にに直直接接持持ちち込込んんでで活活用用 3 リアルタイムフィードバック 対象を複数台の専用カメラで囲み、 専用のマーカーの3次元位置情報を取得します。 取得されたデータからそれぞれの専用ソフトウェアで演算を行います。 各種ソリューションを実現する 1 対象を専用のカメラで囲う システム概要 対象に貼付したマーカーを 2 専用カメラがセンシング マーカーの3次元座標値を 3 高精度に取得 3次元 リアルタイム 高精度 2 3
Page3

動的挙動計測 3次元測定 動的挙動計測システムは、複数のカメラで対象を囲い、非接触で高精度に多点の3次元データをリアルタイムに計測、 3次元測定システムは、複数台のカメラで測定対象を囲い、マーカーの貼付された 取得データから各種物理量(変位・速度・加速度)を算出し、解析・評価するシステムです。 ワイヤレスなプローブで自由に動き回ってリアルタイムに測定できるシステムです。 課 題 1 実験工数を5分の1に短縮 課 題 1 簡単操作と測定のデジタル化で、工数の低減を実現 準備 計測 解析 準備 測定 管理 動的な試験の メジャーやゲージ 実験工数を での測定工数を 短縮したい 低減をしたい ケーブル 本で繋ぐだけ 非接触でリアルタイムに 自動処理機能を有する1 次元の動きを計測 ソフトウェアで解析の手間低減 ケーブル1本で繋ぐだけ プローブでタッチや治具を 置くだけの簡単操作 測定結果をデジタル管理3 課 題 2 100点以上の多点を同時に計測・解析可能 課 題 2 測定結果をシステム管理し、ヒューマンエラーを防止 実例 測定の 同時に多点の 7階建の構造物の挙動 ヒューマンエラーや 変位を高精度に 30mの橋梁の微細なたわみ 測定のバラつきを 計測したい 車両フレームの剛性試験 大きい対象の0.1mm以下の コンクリートの荷重試験 減らしたい 微細な変位の計測も実現 メニューアイコンに従って操作 測定後に自動でレポート出力(OK/NG判定も可能)測定者によるバラつきやヒューマンエラーを低減 課 題 3 1g以下の専用マーカーで非接触に計測 課 題 3 大物や長尺、3Dスキャナで測れない対象の形状も測定 センサーによって 実例 大型対象の 対象の動きを 小型部品の挙動 3次元測定を 妨げずに 車のワイパーの挙動 行いたい 計測したい ベアリングのコロの挙動 計測したい箇所にワイヤレスのマーカーを貼付し 対象の大きさに合わせて 透明・黒・濡れた対象等の表面を 高精度に3次元位置情報を取得 システムをカスタマイズ プローブでなぞるだけで形状測定 非接触で20m先から0.5mmのたわみ計測 加振された10mm以下のパイプの変形計測 非接触で100点以上の多点を同時計測 ワイヤレスプローブで大型装置の寸法測定 入り組んだ形状や深部の測定 倣い測定で3次元形状を測定 活 活 用 用 事 事 例 例 詳細を見る 詳細を見る 詳細を見る 詳細を見る 詳細を見る 詳細を見る 4 5
Page4

動作分析 ポカヨケ 3次元動作分析システムは、モーションキャプチャシステムを軸に目的に合わせハードウェアやソフトウェアを ポカヨケシステムは、現場で使用している環境にアドオンする事により、作業のミスや漏れを 組み合わせたシステムです。さらに有識者によるアドバイスやサポートを行っており、導入前後の不安を解消します。 防止する事を実現するシステムです。普段の作業環境でご使用いただける新しいポカヨケシステムです。 課 題 1 目的に応じたシステム構成で、エルゴノミクス解析を実現 課 題 1 空間構築が自由で、作業範囲を限定せずにポカヨケを実現 全身も 人間工学に基づく 視線も 作業中の 設計のために 部部位も ヒューマンエラーを 動作分析したい 低減したい 専用カメラ複数台を自由に配置し ご使用の道具に治具を取り付けだけで CADと位置情報の連携で 3次元のトラッキング空間を構築 高精度に位置情報をセンシング 分かりやすいフィードバック 課 題 2 動きを3次元でデジタル化し、データタととししててアアウウトトププッットト 課 題 2 製造のトレーサビリティ管理の自動化を実現 実例 熟練者の 細かい作業の 技術を 熟練者と非熟練者の比較によるコツの言語語化化 トレーサビリティを デジタル化したい ロボットによる熟練者の作業の自動化 取得したい 部品検査作業者の検査の標準化 作業結果をデジタルで一元管理 他のセンシングデバイスと同期し レポート出力も可能 双方のデータからポカを検知 課 題 3 動作分析を熟知したスタッフによる導入から運用のサポート 課 題 3 ARやプロジェクションを活用した新しいフィードバック データ取得から ペペーーパパーーレレススなな 人人のの動動ききををセセンンシングして次の行程を 評価まで ママニニュュアアルル化化をを ペペーーパパーーレレススでナビゲーション サポートしてほしい 実実現現ししたたいい 作作業業工工程程ををデデジジタル管理することで 動作分析の目的を踏まえた上で 運用中のご相談や目的の変更等 作作業業のの効効率率性性とと品質の向上に寄与 デモ事例 どう実現するか導入前にご提案 導入後も引き続きサポート シシスステテムムのの具具体体的的なな活活用用方方法法 微細な足のタップの動作解析 手指の細かい動きの解析 視線計測と同期した作業性評価 活 用 組組付付けけ位位置置検検出出 作作業業工程の可視化 事 例 締め付け忘れ防止 作業時の角度検出 侵入回数の計測 作業の順序判定 詳細を見る 詳細を見る 詳細を見る 6 7