1/16ページ

このカタログをダウンロードして
すべてを見る

ダウンロード(1.7Mb)

つけるだけIoT 「PUSHLOG」カタログ

製品カタログ

このカタログについて

ドキュメント名 つけるだけIoT 「PUSHLOG」カタログ
ドキュメント種別 製品カタログ
ファイルサイズ 1.7Mb
取り扱い企業 ターク・ジャパン株式会社 (この企業の取り扱いカタログ一覧)

このカタログの内容

Page1

つけるだけ IoT 「遠隔監視」をわずか10分で立ち上げ! 超小型 ←原寸大 新登場! 簡単・便利 新スタイル
Page2

プログラムや システム構築不要で 便利な新スタイルの「遠隔監視」を すぐにスタート! プログラム言語やサーバ、 わずか10分で立ち上げ! データベースに関する専門知識がなくても スタートできます。 装置の状態を 緊急時には 携帯回線 (LTE-M) 常時、記録&監視 プッシュで通知 Gateway 装置に接続し、携帯回線で クラウドにデータを送信。 簡単につながる 簡単に設定できる PLCプロトコル標準搭載 プログラムレスの簡単設定 ゲートウェイがPLCのデ 設定画面上でPLC機種 配線する バイス値をプログラムレ やデータ収集するデバイ スで読み出すので、プロ スを選択するだけ。プロ IDでWebに登録 グラムの追加や変更は プログラムレスで簡単につながる グラムは不要で、クラウ 不要。また、RS-485タイ ドやデータベースの専門 接続するPLCを選ぶ プはModbus(RTU)に ■ 各社PLC 知識がなくても遠隔監視 対応。インバータ等を8 ◎三菱電機(株) ◎パナソニック ◎(株)キーエンス デバイスSUNX(株) をスタートできます。 モニタデバイス設定 台まで接続可能です。 ◎オムロン(株) ◎芝浦機械(株) 他、順次対応予定 Webでデータ確認 2
Page3

ゲートウェイに 通信回線とクラウドシステム、 ダッシュボードまでまとめて提供 Cloud 必要なものをすべてセットで提供。 個別に検討、手配するための ゲートウェイ 通信回線 クラウドシステム ダッシュボード Gateway Viewer 時間や費用はかかりません。 Cloud お手持ちの端末で クラウドシステム 遠隔地から確認! Viewer 取得したデータを ブラウザで確認。 簡単に活用できる 充実した拡張機能 アラームメール送信 収集データが異常値になったときに 担当者にメールで異常発生を通知。 CSVダウンロード 指定した期間の収集データを ファイル保存。 WebAPI連携 収集データをユーザアプリケーションに 読み出して活用。 業務の効率化や改善につなげることが可能! 3
Page4

簡単に接続できる、設置できる ハードウェア FA仕様 小型ゲートウェイ PUSHLOGゲートウェイ LTE-M GPS Serial I/O RS-232Cタイプ GW-402 RS-485タイプ GW-404 FA機器と簡単につながる PLCプロトコル標準搭載 Modbus対応機器と接続 PLCとプログラムレスで接続するための各種プロトコルを搭載。 RS-485タイプはFA機器で標準的に使用されているModbus 今後も順次、対応メーカや接続機種を拡大予定です。 RTUを搭載。同一機種なら最大8台まで接続可能です。 メーカ 機種 インバータ モータドライバ 温調器 PLC 三菱電機 MELSEC iQ-Rシリーズ/MELSEC-Qシリーズ/ 株式会社 MELSEC-Lシリーズ/MELSEC iQ-Fシリーズ/ MELSEC-Fシリーズ(FX3U/FX3UC/FX3G/FX3GC/FX3S他) 株式会社 KV-8000シリーズ/KV-7000シリーズ/ キーエンス KV-5000シリーズ/KV-3000シリーズ/KV-1000シリーズ/ KV-700シリーズ/KV Nanoシリーズ 接点入力(2点)でセンサ等とつながる オムロン株式会社 SYSMAC CJ2シリーズ/SYSMAC CJ1シリーズ/ GW-402/404ともに外部入力2点を装備。 CPシリーズ(CP1H/CP1L/CP1E) パナソニックデバイス FP7シリーズ/FPΣシリーズ/FPXシリーズ/ センサやスイッチを接続して、データ収 SUNX株式会社 FP0/FP0R 芝浦機械株式会社 TCminiシリーズ 集のトリガとして使用したり、装置のON/ OFF状態を監視することができます。 FA現場の設置環境に対応 動作状態を一目で把握可能 FA環境で使用できる耐環境性 PUSHLOGが正常にデータ通信できているか、大型ステータス 制御盤の表面に取り付けるフロント部分は、IP64の防塵防まつ LEDで確認できます。また携帯回線、シリアル通信、I/O用モニタ 構造なので、環境が悪い現場や食品など洗浄が必要な現場で LEDを装備しているので、現場で簡単に動作状態を把握できます。 も安心して使用できます。 オプションで取付金具を準備 後付けでも簡単に設置可能 制御盤に穴あけができない場合などに使用する取付金具を 制御盤にø30の丸穴を一つ開けるだけで簡単に取り付けでき オプションで用意。L字アングルで自由度の高い取り付けが ます。また、携帯通信用アンテナを内蔵しているので、外付け 可能になります。 アンテナの設置も不要です。 取付金具(オプション) 電波強度 取付時 表示 大型 ステータス LED LOGボタン シリアル ø30 の取付穴で I/O状態表示 通信状態表示 取り付け可能 4
Page5

2年間の通信/クラウド利用料込み※ 通信/クラウド ランニング費用を気にせず使える Cloud LTE-M通信(2年間) 最大 ※PUSHLOGゲートウェイをアクティベーショ 最小 クラウドシステム(2年間) 1分周期 20 ンした翌月1日以降24ヶ月間の利用料が購 入価格に含まれます。25ヶ月目以降は、1年 デバイス ごとに延長ライセンスが必要となります。 別途携帯回線の契約不要 アンテナ/eSIM内蔵で手軽にスタート セキュアな通信環境 PUSHLOGゲートウェイ本体にアンテナを内蔵しているため、 通信には大手キャリアの携帯回線を使用。IoT向けのSSLによ 設備や装置に簡単に後付けで設置できます。また、耐環境性 るセキュリティ層を付加したMQTTS通信を行うことで、セキュ が高いチップ型SIM(eSIM)を内蔵。お客様で通信回線の契約 リティを確保しています。インターネットや共有サーバを使用 をしなくても、電源を入れれば、すぐにご使用いただけます。 しないセキュアな通信環境を構築しています。 毎月の通信費の支払い不要 クラウドシステム 携帯回線 (LTE-M) 通信費は購入価格に含まれるため、毎月の支払いは必要あり ません。 ダッシュボード 電波法技術基準適合証明取得 PUSHLOGゲートウェイは電波法に基づ く技術基準適合証明、および電気通信 LTE-M通信とは 事業法に基づく技術基準適合認定を T D210092003 取得しています。 R 003-180155 携帯高速回線であるLTEの帯域を使用するLPWA(Low PowerWideArea)です。従来のLPWAの通信速度と 比較して、上り/下りとも最大1Mbpsと高速であること 海外電波法に順次対応予定 が特長です。LTE-Mのサービスは総務省から免許を交 海外でもPUSHLOGをご使用いただけるよう、各国の電波法に 付された大手通信キャリアが提供しているため、安定し 順次対応予定です。海外での使用をご検討中のお客様は当社 た接続環境を確保できます。 までお問い合わせください。 クラウドシステムもセットだから、すぐに使える クラウド利用料もセット 最新鋭のセキュリティでデータを保護 ご契約いただく費用には2年間のクラウド利用料が含まれてい クラウドサービスには、世界最大級のクラウドコンピューティ ます。最短1分周期、最大20デバイスのデータを追加費用なし ングサービスであるMicrosoftAzureを利用。お客様の大切な でデータ収集できます。※ データを最新のセキュリティで保護します。 最 小 最 大 1 分 周 期 20 デバイス ※収集データのデータベースへの保存は13か月間までになります。保存期間 が経過するまでに、CSVダウンロードなどを利用して、お客様にて外部ファイ ルへの保存をお願いいたします。 5
Page6

いつでも、どこからでも ビューワ 端末のブラウザで遠隔監視 PUSHLOG Viewer 標準 詳細 トリガ/収集 外部ソフト 専用Webページで ダッシュ デバイス モニタ・設定 ボード モニタ 設定 連携 装置の状態を一目で確認可能 装置配置マップ表示 装置情報一覧表示 PUSHLOGゲートウェイの位置情報を、地図上で確認することが PUSHLOGゲートウェイの状態を、リストで表示します。接続 できます。各地の工場や納入先に設置したゲートウェイをピン 状況、アラームの発生状態、電波状態などを一括で確認するこ で表示します。アラーム発生時は、ピンの色が変わるので、各地 とができます。多数の装置にゲートウェイを設置している場合で のゲートウェイの状態を一目で把握できます。 も、画面上で装置の状態をスピーディに把握できます。 収集データを数値表示とグラフ表示で確認可能 リアルタイムモニタ/収集データ検索 リアルタイム/ヒストリカルグラフ表示 リアルタイムのデータはもちろん、期間を指定して過去に収集 収集した数値データは、グラフで表示することができます。 したデータを抽出して確認することもできます。抽出したデー 数値データだけではなく、ビットのON/OFFを同じ時系列 タはCSV形式のファイルでダウンロードできるので、Excelで開 上で確認することができます。ロジック形式でビットのON/ いてグラフ化したり、帳票に加工して日報や月報に使用するな OFFを表示するため、ビットの状態が変化したタイミングや ど、さまざまな形で活用することが可能です。 その前後の数値も把握が可能です。 グラフ化 6
Page7

リストから選択するだけの簡単設定 通信設定 トリガ/収集デバイス設定 PUSHLOGゲートウェイを接続するPLCやModbus対応機器な データ収集するPLCの内部デバイスは、デバイス種別を選択し どの外部機器の選択、通信ボーレートやウェイト時間、リトライ てアドレスを入力するだけの簡単設定。ラダープログラムの 回数などを設定できます。 知識がなくてもPLCデータの遠隔監視をスタートできます。 アラームメール送信機能 既存システムや外部ソフトとの連携が可能 上限値(下限値)を設定しておくだけで収集したデータを常時 クライアントシステムから、クラウド上のデータベースにアクセス 監視。データが設定範囲外になると、あらかじめ指定しておい できる専用APIを用意。収集したデータを既存システムで流用 た宛先にアラームメールを送信します。 したり、外部ソフトで分析したりすることが可能です。 常時監視 クラウドシステム アラーム 発生! クラウドシステム 各種 アプリケーション ソフト GW-402/404 メールで 通知 Web API ・自社システム ・BIツール ・機械学習ツール など 必要に応じてメンテナンス GW-402/404 現場に行かずに遠隔操作可能 遠隔書き込み WEB出力 PUSHLOGViewerからクラウドを通じてPLCのデバイス値を PUSHLOGViewerからゲートウェイの外部出力2点を個別に 変更できます。異常が起きたときに遠隔からクラウドを通じて ON/OFFできます。WEB上から遠隔でリセット操作などを実行 パラメータの書き込みが可能です。 可能です。 クラウドシステム クラウドシステム パラメータ 外部出力 変更要求 デバイス値 要求 書き込み 外部出力 7
Page8

ビューワ PUSHLOG Viewer データ表示の加工も簡単 表示文字列設定 スケーリング 外部機器から読み出した値を任意の文字列に置き換えて 外部機器から読み出した値をビューワ上で演算して表示、デー ビューワ上に表示できます。例えば、「0」、「1」で収集したデータ タ収集できます。四則演算、三角関数、指数・対数に対応。ビュー を「停止中」、「運転中」のように文字列に置き換えて、わかりやす ワ上で設定した数式で演算できるので、PLCの演算プログラム く表示することが可能です。 が不要になります。 運用に便利な機能を搭載 ユーザ管理 ファームウェア更新機能(OTA) 関連会社や部署の担当者をユーザ登録して、収集データや設定 PUSHLOGゲートウェイのファームウェアは、ビューワからアップ 内容を共有することができます。ユーザごとにアクセス可能な デート可能。現地に行かなくても、ビューワ上のボタンをクリッ ゲートウェイや閲覧・設定可能なメニューを制限することで、 クするだけで、ゲートウェイを最新のバージョンに更新すること セキュリティを考慮して共有することが可能です。 ができます。 最新バージョン ファームウェア 8
Page9

PUSHLOG プラン/オプションライセンス紹介 PUSHLOGは、ゲートウェイ本体とLTE-M通信回線、クラウドシステム2年間の使用料がセットになった定額サービスです。 「基本プラン」をベースに必要なオプションライセンスを追加でお選びいただけます。 基本プラン プラン名 最小データ収集周期 収集デバイス数 型式 価格/期間 GW-402 ゲートウェイ本体(RS-232Cタイプ) 98,000円 基本プラン 1分 20点 GW-404 /2年 ゲートウェイ本体(RS-485タイプ) ライセンス名 型式 価格/期間 使用期間 36,000円 GL-EX1 延長ライセンス /1年 オプションライセンス 必要なときに必要なデータ点数を拡張可能 ライセンス名 最小データ収集周期 収集デバイス数 型式 価格/期間 +10点 GL-S10 ¥60,000/1年 高速データ 10秒 +20点 GL-S20 ¥120,000/1年 追加ライセンス +64点 GL-S64 ¥240,000/1年 収集データ +64点 GL-D64 ¥60,000/1年 1分 追加ライセンス +128点 GL-D128 ¥120,000/1年 ※高速データ追加ライセンス、収集データ追加ライセンスは1台のゲートウェイに対していずれかのライセンス、1型式のみ追加可能です。複数のライセンス、型式を同時に使用することは できません。※上記以外のデータ収集周期、収集デバイス数の対応につきましては、当社までお問い合わせください。 トラブル時のデータを高速収集 ライセンス名 最小データ収集周期 トリガ発生回数 型式 価格/期間 アラームレコーダ 100回まで/月 GL-R100 ¥36,000/1年 100ms 追加ライセンス 1000回まで/月 GL-R1000 ¥120,000/1年 最短100ms周期で外部機器のデータ変化を常時監視。あらかじめ設定したトリガが発生す トリガ入力 最小100ms周期 ると、トリガ前後のデータをまとめてクラウドに収集します。データ数は最大4096データを 収集可能、最大8点のデバイスを登録して監視できます。 ※収集可能なデータ数は登録するデバイス数によって変化します。例えば8点のデバイスを登録したときのデータ 数は512データになります。 設備停止メカニズムの分析 例えばワークの嚙みこみが発生したとき、停止前後のワーク位置のデータを収集して確認す ることで、原因を分析することができます。 アプリケーション例 装置トラブル要因の確認 異常信号の前後データを収集して確認することで、異常要因が操作ミスによるものか、装置 異常によるものか明確に切り分けることができます。 9
Page10

PUSHLOG Viewer 機能一覧 項 目 機 能 説 明 一覧リスト表示 アカウント内で登録しているゲートウェイの一覧とステータスを表示します。 ダッシュボード 位置情報 ゲートウェイに内蔵しているGPSの位置情報、もしくは任意に指定した座標をもとに地図上にピンを表示します。 リアルタイムモニタ ゲートウェイにが収集した最新のデータを表示します。 (リスト+グラフ) 過去10分/30分/1時間の期間を選択してグラフ表示でもデータの確認ができます。 ヒストリカルモニタ ゲートウェイが収集した過去のデータを表示します。期間を選択してデータをグラフで表示でも (リスト+グラフ) データの確認ができます。データはクラウド上に13ヶ月間保存されます。 システムアラーム ゲートウェイが携帯回線を通じてクラウドまで接続されてない場合や 携帯電波が弱くデータがクラウド上に保存されない場合などにアラームとして検出します。 詳細モニタ ユーザアラーム 収集したデータに対して検出条件を設定することで検出条件に一致したときにアラームとして表示します。 アラームをメールで通知することもできます。 WEB出力/WEBトリガ WEB出力はViewer上から本体に搭載している外部出力端子から出力を行います。 WEBトリガはViewer上からトリガを発生させます。 デバイス書込 Viewer上からデバイスの値を書き込みます。 新規ゲートウェイ登録 PUSHLOGViewerに新規ゲートウェイを登録します。 通信設定 ゲートウェイと外部機器間の通信方式(メーカや型式)や通信条件を設定します。 GPS/IO設定 GPSの使用有無/座標の登録やLOGボタンと外部入出力端子の使用方法を設定します。 外部入出力設定 本体に搭載しているLOGボタンの使用有無や、入力2点出力2点の使用方法を設定します。 ゲートウェイ設定 コントロールメモリ/ ゲートウェイをがデータ収集するときのタイムスタンプとなるソースを選択します。 時間ソース選択 トリガ条件指定 ゲートウェイがデータ収集するタイミングを設定します。 収集対象デバイス設定 収集するデータの設定をします。外部機器のデバイス種別やアドレス、データ型などを選択します。 ファームウェア Viewer上からファームウェアのアップデートを行います。 アップデート(OTA) ユーザアラーム設定 ユーザアラーム設定 収集データに対して上限値/下限値を設定することでユーザアラームの設定ができます。 通知先のメールアドレスを登録するとユーザアラームが発生したときメールで通知します。 登録済みユーザ一覧 登録しているユーザアカウントの一覧を表示します。 ユーザ管理 新規ユーザ登録 ユーザアカウントを登録します。アクセス可能なゲートウェイの選択や設定の変更や 閲覧の権限を設定することができます。 ライセンスステータス 現在使用しているライセンスのステータスと失効予定日などを表示します。 ライセンス管理 ライセンス詳細 オプションライセンスの登録と解除ができます。 外部 CSVファイル保存 ゲートウェイが取集したデータをCSVファイルで保存します。 アプリケーション 連携 WebAPI ゲートウェイが収集したデータをJSON形式で外部アプリケーションと連携できます。 10
Page11

一般仕様 項目 仕様 電源電圧 DC12V(-10%)~24V(+20%) (シリアル通信インターフェースから供給時はDC5V(-0~+10%)) 消費電流 0.2A以下 (シリアル通信インターフェースから供給時(DC5V時)は0.45A以下) 使用周囲温度 0~55℃(氷結しないこと) 使用周囲湿度 10~85%RH(結露しないこと) 保存周囲温度 -20~85℃(氷結しないこと) 保存周囲湿度 10~85%RH(結露しないこと) 使用雰囲気 塵埃、腐食性ガスがひどくないこと 使用標高 2000m以下 汚染度 2(室内使用) 過電圧カテゴリ 1 耐ノイズ性 1500Vp-p以上パルス幅1µs、50n(s ノイズシミュレータによる) 耐電圧 AC1500V1分間(電源端子と入出力端子間、および外部端子一括とケース間) 絶縁抵抗 50MΩ以上(DC500Vメガにて電源端子と入出力端子間、および外部端子一括とケース間) 5~9Hz片振幅3.5mm 耐振動 9~150Hz定加速度9.8m/s² X,Y,Z各方向10回(100分間) (JISB3502,IEC61131-2準拠) 保護構造 IP64相当(フロントモジュールの前面部のみ) 外形寸法(mm) 117(L)×57(W)×46.5(H)mm突起部、取付金具除く 質量 約160g 性能仕様 項目 仕様 型式 GW-402 GW-404 UMTS LTECat.M1[LTE-M] 通信方式 技術基準適合 日本 ※海外についてはお問い合わせください。 SIM eSIM内蔵 通信規格 RS-232C×1 RS-485×1 接続インターフェース RJ45コネクタ 伝送速度 9600/19200/38400/ 9600/19200/38400/ 57600/115200bps 57600/115200/230400bps 伝送方式 全二重 半二重 スタートビット 1ビット シリアル通信 データ データビット 7/8ビット※ 形式 ストップビット 1/2ビット パリティ なし/偶数/奇数※ RS/CSフロー制御 あり — 通信フォーマット 各社通信プロトコルに準拠したコマンド-レスポンス通信 GW-404はModbus(RTU)プロトコルに準拠 伝送距離 15m 1200m 伝送台数 1台 最大8台 外部機器接続 インターフェース 通信規格 USB2.0 USB通信 接続インターフェース Mini-B 位置情報取得 測位方法 GPS 入力点数 2点 入力形式 接点入力 外部入力 コモン方式 2点/1コモン(1端子) ON時入力電流 5mA以下 接続インターフェース 端子台 出力点数 2点 出力素子 MOSFET(N-ch)(過電流保護機能あり) 定格負荷 DC30V、0.2A 外部出力 OFF時漏れ電流 100μA以下 ON時残留電圧 DC0.5V以下 コモン方式 2点/1コモン(1端子) 接続インターフェース 端子台 ※ データビット:7ビットかつパリティ:なしは設定不可 11
Page12

接続機器一覧(RS-232Cタイプ GW-402) ジャンル メーカ シリーズ 機種 接続方法 通信モード Q□□CPU※1 Q00UJCPU CPUユニットRS-232Cコネクタ Q□□UCPU※2 QJ71C24N Q□□UDCPU※3 QJ71C24N-R2 Q□□UDHCPU※3 MELSEC-Q Q00JCPU Q□□HCPU Q□□UDECPU※4 QJ71C24N Q□□UDEHCPU※4 QJ71C24N-R2 MELSEC-Qシリーズ Q□□UDVCPU※4 (計算機リンク) 三菱電機(株) MELSEC-L L02CPU LJ71C24 L26CPU-BT LJ71C24-R2 MELSECiQ-R R□□CPU RJ71C24 R□□ENCPU RJ71C24-R2 FX5U 機能拡張ボード:FX5-232-BD MELSECiQ-F 特殊アダプタ:FX3U-232ADP-MB FX5UC 特殊アダプタ:FX5-232ADP FX3G 機能拡張ボード:FX3G-232-BD FX3S 特殊アダプタ:FX3U-232ADP-MB MELSEC-F FX3GC 特殊アダプタ:FX3U-232ADP-MB FX3G/U (計算機リンク) FX3U 機能拡張ボード:FX3U-232-BD FX3UC 特殊アダプタ:FX3U-232ADP-MB KV-8000 KV-XL202 KV-7500 KV-L21V KV-L20V KV-8000 KV-7000 内蔵シリアルポート直結 KV-7300 KV-XL202 KV-L21V KV-L20V KV-5000 KV-5500 KV-3000 KV-5000 (株)キーエンス KV-L21V KVシリーズ KV-1000 KV-3000 PLC KV-700 KV-1000 KV-L20V (上位リンク) KV-700 KV-N14 KV-N24 内蔵シリアルポート直結 KV-N40 KV-N10L KVNano KV-N60 内蔵シリアルポート直結 KV-NC32 KV-NC10L KV-NC20L CJ2H-CPU□□(-EIP) CPUユニットRS-232Cポート CJ2M-CPU1□ CJ1W-SCU21(-V1) CJ1W-SCU41(-V1) SYSMACCJ2 オプションボード:CP1W-CIF01 CJ2M-CPU3□ CJ1W-SCU21(-V1) CJ1W-SCU41(-V1) CJ1M-CPU□□(-ETN) CPUユニットペリフェラルポート※5 オムロン(株) SYSMACCJ1 CJ1G-CPU□□(H) CPUユニットRS-232Cポート SYSMACCJ/CPシリーズ CJ1H-CPU□□H CJ1W-SCU21(-V1) (上位リンク) CJ1W-SCU41(-V1) CP1H-X□□D□-□ オプションボード:CP1W-CIF01 CP1H-XA□□D□-□ CJ1W-SCU21(-V1) CP1H-Y□□D□-□ CJ1W-SCU41(-V1) SYSMACCP CP1L-L□□D□-□※6 CP1L-M□□D□-□ オプションボード:CP1W-CIF01 CP1E-N□□D□-□ CPUユニットRS-232Cポート AFP7CPS41E AFP7CPS31E AFP7CPS31 CPUユニットCOM0ポート パナソニック FP7 AFP7CPS41ES 通信カセット:A FP7CCS1 FPシリーズ デバイスSUNX(株) AFP7CPS31ES AFP7CCS2 (MEWTOCOL-COM) AFP7CPS31S AFP7CCS1M1 AFP7CPS21 芝浦機械(株) TCmini — 内蔵ツールポート※7 TCmini ※1 Q00JCPU、Q02CPUでは、CPUユニットRS-232Cコネクタとの接続はできません。 ※2 Q02UCPUでは、シリアルNo.の上5桁が10102以降のCPUを使用してください。 ※3 シリアルNo.の上5桁が13062以降のCPUを使用してください。 ※4 Q□□UDECPU/Q□□UDEHCPU/Q□□UDVCPUでは、シリアルNo.の上5桁が“10042”未満のQJ71C24N(-R2)は使用できません。 ※5 CPUユニットペリフェラルポートと接続する場合、CPUユニットのディップスイッチ「SW4」を「ON」に設定してください。 ※6 CP1L-L10点タイプはオプションボードを使用できないため、接続できません。 ※7 TCminiと接続するには、TCmini接続用アタッチメントOP-C002(オプション)が必要になります。 12
Page13

接続機器一覧(RS-485タイプ GW-404) ジャンル メーカ シリーズ 機種 接続方法 通信モード設定 Q□□CPU Q00JCPU Q00UJCPU Q□□UCPU※1 MELSEC-Q Q□□UDCPU※2 QJ71C24N Q□□UDHCPU※2 QJ71C24N-R4※4 Q□□HCPU Q□□UDECPU※3 Q□□UDEHCPU※3 Q□□UDVCPU※3 PLC 三菱電機(株) MELSEC-Qシリーズ (計算機リンク) MELSECiQ-R R□□CPU RJ71C24 R□□ENCPU RJ71C24-R4 CPUユニット内蔵RS-485ポート FX5U 機能拡張ボード:FX5-485-BD 特殊アダプタ:FX5-485ADP MELSECiQ-F FX5UC CPUユニット内蔵RS-485ポート 特殊アダプタ:FX5-485ADP インバータ 東芝産業機器システム(株) TOSVERTVF VF-nC3 RS485通信コネクタ TOSVERTVFシリーズ PLC インバータ モータドライバ 各社 ModbusRTU(スレーブ)に対応する PUSHLOGGW-400シリーズ外部機器接続 Modbus通信機器 マニュアルおよび接続する外部機器のマ ModbusRTU(マスタ) 信号変換器 ニュアル等の内容をご確認ください。 表示器など ※1 Q02UCPUでは、シリアルNo.の上5桁が10102以降のCPUを使用してください。 ※2 シリアルNo.の上5桁が13062以降のCPUを使用してください。 ※3 Q□□UDECPU/Q□□UDEHCPU/Q□□UDVCPUでは、シリアルNo.の上5桁が“10042”未満のQJ71C24N(-R2)は使用できません。 ※4 CH2のみ接続可能。CH1には接続できません。 13
Page14

外形寸法図 PUSHLOG ゲートウェイ GW-402、GW-404 117 20 26.5 (57) 19.2 パネル側取付穴加工図 t 40 取付ネジ※136 2-M3×8 取付ネジ 76 ±0.1 ※2 4-ø3.8※4 4-M3×8 ø30±0.5 7.5 LOGボタン押下部 標準ケーブル 対応パネル 30.2 (ø13) 板厚 OP-C001 t=1.2~2.3mm (オプション) ※1 ø30の取付穴で取り付けるときは、中央部2か所の取付ネジで固定。 ※2 ø3.8の取付穴(4か所)で取り付けるときは、周囲4か所の取付ネジで固定。 ※3 取付ネジ(M3×8)はPUSHLOG本体に4本が付属。 ※4 周囲4か所を取付ネジで固定するときのみ必要。 中央部2か所の取付ネジで固定するときは不要。 取付金具OP-A00(1 オプション)使用時 標準ケーブル OP-C001 (40) 3000±100 (40) (14) ケーブル外径 ø5.8 (310) (30) 117 48 (57) 標準 ケーブル TCmini 接続用アタッチメント OP-C002 OP-C001 板厚t=1.5mm (オプション) 27 50.4 120±15.0 (50) 28 13 14.8 2-ø3.5 取付穴 (280) 104 2-3.5×10長穴(取付穴) 15.8 PLC接続ケーブル OP-C102、OP-C103、OP-C202、OP-C301 +100 (40) 2000-0 (44) (14) (33) ケーブル外径 ø5.8 OP-C101 OP-C201 +100 +100 (40) 2000-0 (40) (40) 2000-0 (14) (14) (ø14) (14) (10) ケーブル外径 ø5.8 ケーブル外径 ø5.8 14 20 10 26 77 57 35 (12) 70.4 15.8 20.5 4 5 60 (13.5) 40±0.1
Page15

構成機器一覧 シリーズ名 品名 型式 概要 価格 GW-402 ゲートウェイ本体(RS-232Cタイプ)取付ネジ(M3x8)4本付属 ¥98,000※1 PUSHLOGゲートウェイ GW-404 ゲートウェイ本体(RS-485タイプ)取付ネジ(M3x8)4本付属 ¥98,000※1 PUSHLOGViewer — ゲートウェイ本体の登録、トリガ、収集データ設定 —※2 およびクラウドサーバに収集したデータのモニタに使用します 取付金具 OP-A001 ゲートウェイ本体を装置に直接取り付けられないときに使用します ¥4,500 シリアル通信(RS-232CまたはRS-485)用ケーブル 標準ケーブル OP-C001 ¥4,500 ケーブル長3m、片側RJ45コネクタ、片側バラ線 GW-402と三菱電機(株)製PLCMELSEC-Qシリーズ 三菱電機Qシリーズ OP-C101 CPUユニットRS-232Cコネクタとの接続用ケーブル CPU直結ケーブル ¥9,800 ケーブル長2m、片側RJ45コネクタ、片側ミニDIN6Pコネクタ GW-402と三菱電機(株)製PLCMELSEC-Qシリーズ 三菱電機Qシリーズ OP-C102 シリアルコミュニケーションユニットとの接続用ケーブル 接続ケーブル ¥9,800 ケーブル長2m、片側RJ45コネクタ、片側D-sub9ピンオスコネクタ GW-402と三菱電機(株)製PLCMELSEC-Fシリーズ 三菱電機FXシリーズ OP-C103 (FX3G/FX3GC/FX3U/FX3UC/FX3S)との接続用ケーブル 接続ケーブル ¥9,800 ケーブル長2m、片側RJ45コネクタ、片側D-sub9ピンメスコネクタ PUSHLOG キーエンスKVシリーズ GW-402と(株)キーエンス製PLCKV内蔵シリアルポートとの接続用ケーブル CPU直結ケーブル OP-C201 ¥9,800 ケーブル長2m、片側RJ45コネクタ、片側RJ11コネクタ GW-402と(株)キーエンス製PLCシリアルコミュニケーションユニット キーエンスKV-L21V/L20V OP-C202 KV-L21V/L20Vとの接続用ケーブル 接続ケーブル ¥9,800 ケーブル長2m、片側RJ45コネクタ、片側D-sub9ピンメスコネクタ オムロンCJ/CPシリーズ GW-402とオムロン(株)製PLCSYSMACCJ2/CJ1/CPシリーズとの接続用ケーブル 接続ケーブル OP-C301 ¥9,800 ケーブル長2m、片側RJ45コネクタ、片側D-sub9ピンオスコネクタ TCmini接続用アタッチメント OP-C002 GW-402を芝浦機械(株)製PLCTCminiの内蔵ツールポートに接続するときに使用します ¥9,800 使用期間延長ライセンス (1年間) GL-EX1 基本ライセンスの有効期間を1年間延長するためのライセンス ¥36,000 GL-S10 高速データ(最小10秒周期)×10点追加ライセンス/年 ¥60,000 高速データ追加ライセンス (1年間)※3 GL-S20 高速データ(最小10秒周期)×20点追加ライセンス/年 ¥120,000 GL-S64 高速データ(最小10秒周期)×64点追加ライセンス/年 ¥240,000 GL-D64 収集データ(最小1分周期)×64点追加ライセンス/年 ¥60,000 収集データ追加ライセンス (1年間)※3 GL-D128 収集データ(最小1分周期)×128点追加ライセンス/年 ¥120,000 GL-R100 アラームレコーダ標準ライセンス/年、トリガ発生回数100回/月まで ¥36,000 アラームレコーダ 追加ライセンス(1年間)※4 GL-R1000 アラームレコーダ大容量ライセンス/年、トリガ発生回数1000回/月まで ¥120,000 ※1価格には2年間の通信+クラウド利用料を含みます。 ※2サービスをご利用中のお客様は、無料でご使用いただけます。 ※3高速データ追加ライセンスおよび収集データ追加ライセンスは1台のゲートウェイに対して、いずれか1種類、1型式のライセンスのみ登録可能です。 ※4アラームレコーダ追加ライセンスは1台のゲートウェイに対して、いずれか1型式のライセンスのみ登録可能です。 15
Page16

GUGEN 製品 最新情報 ⇒ www.gugen-inc.com 株式会社 GUGEN 大阪府大阪市中央区平野町2-5-4 KTビル2F TEL 06-6210-2226 E-mail info@gugen-inc.com 2021年10月1日から株式会社アスコIoT事業推進室は 「株式会社GUGEN(グゲン)」になりました。 GW02-2110-04