1/9ページ

このカタログをダウンロードして
すべてを見る

ダウンロード(1.6Mb)

PUSHLOG事例集 ~振動センサを使った予知保全編~

事例紹介

このカタログについて

ドキュメント名 PUSHLOG事例集 ~振動センサを使った予知保全編~
ドキュメント種別 事例紹介
ファイルサイズ 1.6Mb
取り扱い企業 ターク・ジャパン株式会社 (この企業の取り扱いカタログ一覧)

このカタログの内容

Page1

P U S H L O G 事 例 集 ~振動センサを使った予兆保全編~ 株 式 会 社 G U G E N
Page2

予知保全と振動計測 予知保全とは、工場内の機械や設備の不具合や故障の兆候を事前に予知し部品を交換・修理することを意味します。 機械設備の状態が悪化すると… いつもと異なる音や熱、振動が発生 数値化して状態管理が可能 振動センサを 異音 使えば 熱 振動 機械設備が故障すると… 設備停止ロス発生 故障を未然に 設備停止ロスや、修理のコストと手間を削減 また修理に莫大なコストと時間も発生 防ぐことが 出来れば 予知保全はさまざまな計測器を用いて行われていますが、その中でも振動計測は優れたパラメータの一つです。
Page3

従来の振動計測と課題 従来の振動計測にはいくつか方法がありますが、それぞれ課題もあります。 巡回監視 常時監視 ポータブル振動計を使用し、 振動センサからのデータをエッジコンピュータや 作業者が日々現場に足を運び、点検作業を行う。 PLCで処理し、状態を常時監視する。 0.7 <課題> <課題> ・都度現場に出向いて作業を行う必要がある。 ・振動の生データをエッジ処理する必要があり、 ・結果を手作業で記録する必要がある。 処理に関するノウハウが必要になる。 ・毎回設置バラツキによる誤差が発生する。 ・各装置の導入コストが掛かる。
Page4

エッジ処理型振動センサによる予知保全 非常にシンプルな構成で、簡単に予知保全を始めることが出来ます。 エッジ処理機能付き振動・温度センサ ダッシュボード QM30VT2 (BANNER社) IoTゲートウェイ PUSHLOG RS485 (Modbus/RTU) 携帯回線 インターネット ・最大4kHzの帯域幅で二軸振動検出 ・速度/加速度実効値、ピーク速度/加速度、 尖度や波高率を内部で計算し算出。 ・Modbus/RTUに対応。
Page5

PUSHLOGを使うメリット IoTゲートウェイにPUSHLOGを使うことで様々なメリットが得られます。 ハードウェア 通信 クラウドシステム ①圧倒的に立上げが早く、導入コストを格段に抑えます。 ➡ハードウェア、携帯SIM、クラウドすべてオールインワン。 周辺機器の購入や契約手続き、設定などの手間を省略。 ②プログラムレスなので専門知識不要で簡単に運用開始できます。 ➡接続対象機器を候補から選び、対象データを指定するだけの 簡単なインターフェースなので、ITやクラウドの専門知識は不要。 プルダウンから選択 するだけの簡単設定 ③強固なセキュリティで安心してお使い頂けます。 ➡暗号化したデータをクラウドに送信。 また、クラウドも世界中で実績のあるMicrosoftのAzureを使用。
Page6

エッジ処理型振動センサの特徴 必要最小限の追加投資で振動監視のスマート化が実現できます。 エッジ処理機能付き振動・温度センサ QM30VT2 (BANNER社) ●センサ内部で演算処理 速度のRMS値やピーク値などに変換してから送信するので、 通信のデータサイズや頻度、コントローラ側の負担を低減。 ●特定周波数に限定した計算も可能 振動の特定分析による故障モードの推定など、 高度な目的にも使用可能。
Page7

活用事例(絶対値診断) ISOで定義されたしきい値を使って異常振動を検出し、アラームメールを飛ばします。 不可 しきい値 可 良 異常振動 アラーム発生 優 回転機械の振動の激しさを 示すための指標(≒しきい値)は、 ISOでも定義されています。
Page8

活用事例(相対値診断) 複数のセンサをPUSHLOGに並列接続し、装置ごとに相対比較することが出来ます。 装置A 最大31台のセンサを マルチドロップ可能 装置B 装置A: 装置B: 装置C: 装置C 1台のPUSHLOGで取り込んだ各装置のデータは、 同じグラフ上で表示したり、CSVデータとして ダウンロードできるため、簡単に相対比較できます。
Page9

<商品説明、カタログダウンロード、Web会議のお申込みなど> ホームページ https://www.gugen-inc.com/ <お問合せ> ? info@gugen-inc.com ☎ 06-6210-2226 情 報 セ キ ュ リ テ ィマ ネ ジメ ン ト シ ス テ ム ISO27001(GUGEN) ISO27017(PUSHLOG)取 得