1/1ページ

このカタログをダウンロードして
すべてを見る

ダウンロード(433.8Kb)

【用途例】モータと負荷と速度・速度ムラ計測

事例紹介

■ モータを用いた装置を設計する際には負荷による速度変動をより正確にとらえることが重要です。
■ F/Vコンバータで駆動モータの速度変化が計測できます。
■ F/Vコンバータ2台で、駆動モータの回転速度と、負荷側の回転速度の追従性を検証できます。
■ KAZ-723Aには偏差出力機能があり、定速回転中の速度ムラを拡大して計測できます。
■ KAZ-723は5μs以内に演算+アナログ出力応答し、詳細な速度変動を確認可能です。

計測でわかること
■ 駆動側 / 負荷側の起動や停止の様子
■ 負荷による速度変化の状態
■ 駆動側に対する負荷側の遅延時間
■ 定速回転中の速度ムラ
■ 一連の動作に要する時間

選定ポイント
1.速度計測
 ■ 1パルス応答の高速F/Vコンバータ

2.速度ムラ計測
 ■ ⊿F(偏差)モード/⊿Fオート(偏差自動追従)モード機能付きF/Vコンバータ

3.センシング
 ■ 高分解能ロータリーエンコーダ

このカタログについて

ドキュメント名 【用途例】モータと負荷と速度・速度ムラ計測
ドキュメント種別 事例紹介
ファイルサイズ 433.8Kb
取り扱い企業 ココリサーチ株式会社 (この企業の取り扱いカタログ一覧)

この企業の関連カタログ

このカタログの内容

Page1

モータと負荷と速度・速度ムラ計測 ■ モータを用いた装置の設計では、負荷による速度変動をより正確にとらえることが重要です。 ■ F/Vコンバータで駆動モータの速度変化が計測できます。(下図A) ■ F/Vコンバータ2台で、駆動モータの回転速度と負荷側の回転速度の追従性を検証できます。(下図A・B) ■ KAZ-723Aは偏差出力機能で、定速回転中の速度ムラを拡大して計測できます。(下図C) ■ KAZ-723Aは5μs以内に演算+アナログ出力応答し、詳細な速度変動の確認が可能です。 F/V KAZ F/V (A) ・ F/V (B) ・ F (C) ・ 計測でわかること ■ 駆動側 / 負荷側の起動や停止の様子 ■ 負荷による速度変化の状態 ■ 駆動側に対する負荷側の遅延時間 ■ 定速回転中の速度ムラ ■ 一連の動作に要する時間 選定ポイント 1 速度計測 ■ 1パルス応答の高速F/Vコンバータ 2 速度ムラ計測 ■ ⊿F(偏差)モード/⊿Fオート(偏差自動追従)モード機能付きF/Vコンバータ 3 センシング ■ 高分解能ロータリーエンコーダ 関連製品 1 解析用2CH F/Vコンバータ KAZ-Mighty2 2相信号(A/B相)、2ch入力、入力 0.23Hz-250kHz 1パルス応答 2 解析用 F/Vコンバータ KAZ-Mighty 2相信号(A/B相)、入力 0.23Hz-250kHz 1パルス応答 3 解析用 F/Vコンバータ KAZ-723A 入力 0.04Hz-200kHz 1パルス応答 4 ロータリーエンコーダ ロータリーエンコーダ 超小型、中空、堅牢型、薄型、高精度な光学式、ローコストな磁気式など多彩。