1/5ページ

このカタログをダウンロードして
すべてを見る

ダウンロード(1.8Mb)

【HACCP対応食品業界】 Toami on Azure Sphereの活用事例

事例紹介

食品業界における "Toami on Azure Sphere"の活用事例を記載。
今、卸売業・小売業等では、モノの監視・見える化IoTによる業務効率・廃棄ロスを削減する動きが広まりつつあります。
HACCP対応を行い、一元管理し、モノの見える化を可能にした「Azure」を活用したNSWのIotソリューションの一つである“HACCPソリューション 冷蔵庫リモート監視システム”についての記事です。
この運用方法は製造業など他業界への応用ができます。

◆詳細はダウンロードの上、ご一読ください

このカタログについて

ドキュメント名 【HACCP対応食品業界】 Toami on Azure Sphereの活用事例
ドキュメント種別 事例紹介
ファイルサイズ 1.8Mb
取り扱い企業 日本システムウエア株式会社 (この企業の取り扱いカタログ一覧)

この企業の関連カタログ

IoTプラットフォームToami(トアミ)
製品カタログ

日本システムウエア株式会社

ToamiAnalytics
製品カタログ

日本システムウエア株式会社

産業用スマートグラス「RealWear」ご紹介資料_V7.0
製品カタログ

日本システムウエア株式会社

このカタログの内容

Page1

製食造品業製に造お業界必見IoT けるIoT化は、もはや必須。鍵となでる、負の担はをロかーけコずスHトAセCキCュP対リテ応ィ。
Page2

食品製造業界必見 IoTで、負担をかけずHACCP対応 IoT導入によるコスト削減と効率化は数多くの企業で目を見張る成果を生み出しており、実用化されるシーンも多くなってきました。そ の中でもいま注目されているのが、モノの監視や可視化によって、業務効率や廃棄ロスを削減するためのIoT。卸売業・小売業の分野 での導入が広まりつつあります。今回はHACCP対応の一元管理で、食品製造業界におけるモノの見える化を可能にした日本システム ウエアが実用化を進めているIoTソリューション“ HACCPソリューション冷蔵庫リモート監視システム”を紹介します。 2021年6月から 食品事業者に義務づけられるHACCP HACCPとは「Hazard(危害)」「Analysis(分析)」「Critica(l 重要)」「Contro(l 管理)」「Poin(t 点)」の頭文字から名づけられた、食品を 製造する際の安全を確保するための管理手法のこと。例えば、微生物や異物の混入が食品の製造・出荷のどの段階で起きやすいかを 予測・分析するなど、被害を未然に防ぐガイドラインのことを言います。HACCP導入のメリットとして、社員の衛生管理に対する意識の 向上や製品の不具合発生時の原因追及と改善対応のスピードアップ、事故やクレームの減少、顧客の信頼度・国際的評価の向上、生産 性向上と利益の拡大などが挙げられます。 HACCP導入で生じる 多くの負担を軽減するシステムソリューション 導入のメリットがある一方、導入することにより生じる負担が大きいのも確かです。HACCPを導入する際には、12の手順を踏まなけれ ばなりません。その中でも特に重要な手順6から手順12までは「HACCPの7原則」と呼ばれています。 食品製造業界必見 IoTで、負担をかけずHACCP対応 | Avnet
Page3

HACCP対応するためには、これらの7原則に則った書類を準備し、施設で適切にチェックを行う必要があります。さらにその書類は定め られた保存形態・保存期間で保存しなければならず、事業者にとっては大きな負担です。 そこで日本システムウエアは、100社以上の導入実績をほこるIoTプラットフォーム「Toami」をベースに作業の効率化をはかり、蓄積 されたノウハウ・技術を継承・活用するためのHACCP対応型“冷蔵庫リモート監視システムソリューション”を開発しました。HACCPで 求められる「品質管理の徹底」「管理業務の効率化(クラウドシステムでのペーパーレス)「」有事の迅速な対応」などを網羅しています。 ■ 食品関連機器向け提供ソリューション 食品製造業界必見 IoTで、負担をかけずHACCP対応 | Avnet
Page4

企業がIoTを導入する際のハードルとなる セキュリティ面も万全 “ HACCPソリューション冷蔵庫リモート監視システム”の強みとして挙げられるのはセキュリティの堅牢さです。制御システムのトラブ ルは会社経営に致命傷を与えます。独自に創り上げた財産でもある設備構成や制御方法、設備の稼働状況や故障状況のデータなどが 流出すれば市場競争力を失いますし、サイバー攻撃により設備が制御不能になれば生産活動がストップします。実際ドイツの製鉄所で はサイバー攻撃を受けて溶鉱炉が正常にシャットダウンできなくなり、大きな損害を抱えることになりました。 そこで冷蔵庫リモート監視システムソリューションでは、ベースソリューションとして“ Toami on Azure Sphere”を採用しています。 これはノンプログラミングでの高速開発ができ、カスタマイズが可能なIoTプラットフォーム“Toami”とセキュリティプラットフォーム であるMicrosoftの“Azure Sphere”を組み合わせたIoTソリューションです。このAzure Sphereには「多層防御でのデバイス保護」 「柔軟性のある設備配置」「無線によるOSやデバイスのリアルタイム更新(OTA)」など、進化する脅威への対策となる数多くの機能が あり、企業がIoTを導入する際のハードルとなるセキュリティへの課題を解消するものになっています。その他にもハイブリッドな構成 が可能な点やオープンプラットフォームとして様々なOS、DB、言語に対応している点、堅牢なグローバルデータセンターを持っている 点など、多くのアドバンテージを持つ“Microsoft Azure”は、高水準のセキュリティ技術と圧倒的な導入事例をあわせ持つクラウド サービスです。 高度なセキュリティで現場を支える MicrosoftのAzure Sphere 食品関連機器を扱う現場においてもFirewallやVPNといった従来のネットワークレイヤのセキュリティだけでは守り切れなくなってい ます。機器そのものはローカルネットワークに繋げなくても、表示灯をダイレクトにインターネット経由で可視化したり、インターネット 接続でセキュリティを担保することはもはや必要不可欠。Azure Sphere は、インターネットに接続されたデバイスを高度なセキュリ ティで保護するエッジデバイス向けセキュアIoTプラットフォームです。多様化、複雑化が進む情報セキュリティ。そのリスクに対応する 高度なセキュア環境をMicrosoftがローコストで提供してくれます。今後爆発的に増えるIoTエッジデバイスを強固に守ることで、サー ビスプロバイダ様やエンドユーザー様はIoTサービスの運用・利用に集中することが可能に。アヴネットはAzure Sphereの独占代理 店としてMicrosoftとともに安全性の高いIoTサービス“Toami on Azure Sphere”の普及をサポートします。 食品製造業界必見 IoTで、負担をかけずHACCP対応 | Avnet
Page5

お問い合わせ先 アヴネット株式会社 エンベデッドソリューション部 Azure Sphere課 Mail:akk-azuresphere-support@avnet.com 日本システムウエア株式会社 サービスソリューション事業本部 ビジネスイノベーション事業部 Mail:ml-iot@gw.nsw.co.jp Tel:03-3770-0017 © Avnet, Inc. 2020. Avnet は米国 Avnet, Inc. の登録商標です。Avnet ロゴおよび Reach Further は 米国 Avnet, Inc. の商標です。その他、記載されている会社名、製品名は各社の登録商標、または商標です。